外構工事・エクステリア向けの情報満載

庭をコンクリートにして後悔する理由とは?快適に過ごすための対策も解説

庭をコンクリートにして後悔する理由とは?

「コンクリートの庭なら草むしりは不要?」

「庭をコンクリートにするメリットは?」

コンクリートの庭にして草むしりの面倒から解放されたい人や、庭をコンクリートするメリットを知りたい人は多いです。しかし、コンクリートの庭は照り返しが強いなどのデメリットもあるので心配です。

本記事では庭をコンクリートにすることのメリットや、コンクリート工事で後悔しないための対策を紹介します。コンクリート工事をするにあたって納得のいく庭に仕上げたいという人は、参考にしてください。

  • 【PR】タウンライフ
  • 初めて外構工事をするならタウンライフ

    タウンライフ

    タウンライフとは?

    • リフォーム部門で「利用満足度」「使いやすさ」「サイト利用者安心度」の3冠達成!※1
    • 11周年の安心と実績
    • 自社の厳しい審査をクリアした650社以上の企業が掲載

    ※1 ゼネラルリサーチ調べ(調査期間2021年4月6日~8日)

    初めての外構工事で業者選びに迷っている方は、タウンライフを利用しましょう。施工箇所や予算を入力すると、おすすめの外構業者を複数紹介してくれます。

    見積もりからプランニングまですべて無料で利用できます。業者選びで失敗したくない人は、見積もりを簡単に比較できるタウンライフを利用しましょう。

    \ 利用満足度ナンバーワン! /

    タウンライフで無料一括見積もり
    (公式サイト)

庭をコンクリートにするメリット5選

  1. 庭の手入れが必要ない
  2. 簡単に掃除できる
  3. 虫が発生しない
  4. 泥が飛び散らない
  5. DIYがしやすい

1. 庭の手入れが必要ない

手入れが必要ない

庭をコンクリートにするメリットの1つ目は、庭の手入れが必要ないことです。一面をコンクリートにすると木を植えられないので、植木を切る必要がありません。

また、草も生えてこないため、草むしりも不要です。いろどりのために草木を植えたいという方でも、必要なスペースだけあけておくことで余分なメンテナンスに時間を取られません。

メンテナンスの頻度が大きく減るので、手入れに時間を割きたくない方には庭のコンクリート工事は非常におすすめです。

2. 簡単に掃除できる

コンクリートはそもそも汚れにくく、汚れたとしてもデッキブラシで掃除すれば簡単に綺麗に保てます。

デッキブラシで落ちない場合でも、高圧洗浄機を用意しておけば大抵の汚れを落とすことが可能です。

ただし、メンテナンスの機会が減るからといって汚れを放置しすぎると汚れが落ちなくなってしまうので、週に一度は掃除しましょう。

3. 虫が発生しない

庭をコンクリートにすれば、虫が発生しません。コンクリートにした部分からは雑草が生えてこないため、虫が寄ってきません。

4. 泥が飛び散らない

雨が降った場合、草に土がついてズボンのすそや靴が汚れることは多々あります。 しかし、コンクリートだと雑草がなく汚れが付着することも少ないため、雨の日でも足元を気にせず外出できます。

また、足元だけでなく車が汚れる心配もなくなるでしょう。泥に足を取られて滑る心配がなく歩きやすくもなるため、汚れや転倒などを減らしたい方にもコンクリート工事はメリットがあります。

5. DIYがしやすい

DIYしやすい

コンクリートだと足場が平坦で安定しているため、作業台なども置きやすく、快適にDIY作業ができます。 また、掃除や片付けも楽なため、作業時間の割合を増やすことが可能です。

庭のコンクリートを考えているなら、複数の業者に見積もりを取って目的に添った業者に依頼しましょう。

タウンライフを使えば一括で複数の業者から見積りが受け取れます。無料で申し込みができるので、ぜひ活用してください。


庭をコンクリートにして後悔する理由5選

  1. 夏は照り返しが眩しい
  2. 費用がかかる
  3. 費用対効果に合わない
  4. デザインが気になる
  5. クオリティに満足できない

1. 夏は照り返しが眩しい

日差しが強く夏場は暑い

庭をコンクリートにして後悔する理由の1つ目は、夏は照り返しが眩しいことです。コンクリートは太陽の光を反射するため、照り返しで暑くなったり眩しかったりします。

夏場は反射した熱で室内温度が高くなり、結果としてエアコン代が高くなる可能性があることもデメリットの1つです。

照り返しが厳しい日は打ち水をしたり、シェードを設置して日陰を作ることで暑さをやわらげられます。庭をコンクリートにしたい方は温度の上昇を抑える対策を施すようにしましょう。

2. 費用がかかる

コンクリートは打設時だけでなく撤去時にも工事費用がかかります。 費用の目安は10,000〜15,000円/㎡であり、庭全体をコンクリートにしようとすると50万円以上必要な場合も多いです。

コンクリートを広く設置するとその分費用がかさむため、工事の際は庭の一部だけをコンクリートにするなど、必要十分のサイズで設置することをおすすめします。

3. 費用対効果に合わない

耐久性や水はけの良さからコンクリートにしたものの、得られるメリットが少なく費用対効果に合わない感覚になる方も多くいます。

実際に土間コンにした上で住んでみないとわからない部分もありますが、費用対効果をしっかりと考えた上で工事することが重要です。

4. デザインが気になる

雑草や虫対策としてコンクリートを敷いたものの、色などのデザインが家に合わず後悔したという声も多いです。

広い範囲をコンクリートにしてしまうと植物を植えることもできないため、庭に華やかさを持たせるのが難しくなることもデメリットの1つです。

庭全体をコンクリートにするのではなく、一部をあけて木を植えるなどすると大きく印象を変えられるため、庭の理想像をしっかりと考えた上で工事をお願いすると良いでしょう。

5. クオリティに満足できない

コンクリートは曲げや引っ張りに弱くひび割れが発生する可能性があり、溜まった水を放置すると黒ずみに発展することも考えられます。

経験が浅い業者に依頼すると色むらやひび割れなどが起こりやすくなることがあるため、なるべく劣化しづらい庭に仕上げたい方は実績のある業者に工事を頼むことが重要です。

庭をコンクリートにして後悔しないための対策

  1. 一部だけコンクリートにする
  2. できるところはDIYする
  3. 複数の業者を比較検討する

1. 一部だけコンクリートにする

一部だけコンクリート

庭全体をコンクリートにすると費用が非常に高額になります。 費用を少しでも抑えたい方は車を置くスペースのタイヤが乗る部分だけをコンクリートにしたり、植物を植える部分をあらかじめ決めておきましょう。

コンクリート部分が減ることで、費用を大きく軽減できます。本当に必要な面積はどれだけか、しっかりと考えた上でコンクリート工事を施すことがおすすめです。

2. できるところはDIYする

できるところはDIY

コンクリート工事の全てを業者に任せるのではなく、できるところはDIYすることで少しでも費用を抑えられます。

自分でも手を加えることによって、業者に任せる部分をより明確化でき、余分な費用を支払う必要もなくなります。 また、自分の理想通りにデザインもできるため、後悔しない庭づくりが可能です。

3. 優良な業者を比較検討する

比較検討

経験の浅い業者に任せると劣化が早いなど甘い仕上がりになる可能性もあり、後悔しないためには技術の高い業者への依頼が重要です。

自分で実績のある業者を見つけることは難しいので、複数業者を一括検討できるサービスを利用することがおすすめです。

無料で一括見積もりを取るならタウンライフ

無料で一括見積もりを取りたい場合は、「タウンライフ」を活用することがおすすめです。タウンライフでは一定の審査を通過した業者のみが紹介されているため、スキルレベルの高い業者で見積もりの比較ができます。

一括見積もりすることでさまざまな業者の費用が見れるため、比較的安い業者を選ぶことで費用を抑えた工事が可能です。複数の優良業者へ見積もり依頼し、比較検討したい方はタウンライフを利用しましょう。

庭のコンクリートに関連するよくある質問

庭をコンクリートでおしゃれにDIYできる?

庭をコンクリートでおしゃれにDIYすることは可能です。コンクリートの色味を家のデザインに合わせることで統一感を出すことができます。

庭のコンクリート工事はDIYで簡単にできる?

庭のコンクリート工事はDIYで簡単に対応できます。道具を使って流して固めるにはコテやブラシなどがあれば比較的簡単に工事が可能です。

コンクリートとアスファルトの違いはなに?

使用されている素材が異なります。コンクリートは「砂・砂利・水・セメント」、アスファルトは「砂・砂利・瀝青材料」が材料です。

コンクリートとドライテックの違いはなに?

吸水性の面で大きく違いがあります。豪雨の際にコンクリートは排水が遅く水たまりができますが、ドライテックは水が染み込んで水たまりができにくいということが特徴です。

コンクリートの照り返し対策の方法は?

コンクリートの照り返しは、打ち水をしたり植物を植えて影を作るなどで対策ができます。また、熱交換塗料を活用することで夏の日の熱の吸収を抑えることが可能です。

まとめ:庭をコンクリートにするならプロの業者に頼むのがおすすめ

庭をコンクリートにするならプロの業者に頼むのがおすすめです。自分でやるとひび割れや水はけに失敗するなど、仕上がりに後悔することが多いです。

庭のコンクリート工事を考えている方は、「タウンライフ」を利用することがおすすめです。タウンライフでは一定の審査を通過した優良業者のみが紹介されているので、自分で工事業者を探す手間が省けます。

また、一括で見積もりをお願いできるので、信頼できる複数の工事業者での費用検討も可能です。経験の浅い業者に当たらないか不安な方や、業者を探すのが面倒だという方は活用してみましょう。

  • 【PR】タウンライフ
  • タウンライフなら初めての外構工事も安心!

    タウンライフ

    初めて外構工事をするなら、完全無料のタウンライフ一括見積もりがおすすめです。優良外構業者650社から比較ができるので、外構工事の最新相場がわかります。

初めての外構工事でおすすめの記事

編集部が選ぶおすすめ記事
ガーデンプラスの口コミ・評判は?ガーデンプラス評判 外構工事は一括見積もりがおすすめ|見積もりサイトの比較や外構工事業者の選び方を解説 外構の見積もりの取り方
タウンライフ外構の口コミ・評判は?タウンライフ評判 外構工事の費用相場は?おしゃれで安くリフォームするコツ外構工事の費用相場
手入れのいらない庭をDIYするコツ!手入れ不要の庭DIY 外構がしょぼい3つの理由|失敗事例と対策外構がしょぼい理由
外構工事ローンアイキャッチ外構工事で使えるローン 自分でもできる外構DIYおすすめ7選!外構DIYおすすめ7選
カーポートの値段相場と設置費用3カーポート値段相場 ウッドデッキの費用相場は?3ウッドデッキ費用相場
目隠しフェンスの費用を解説!3目隠しフェンス費用相場 外構工事駐車場アイキャッチおしゃれな駐車場

地域別おすすめ外構業者

北海道・東北エリア

北海道
札幌市 千歳市 江別市
旭川市 函館市 北広島市
苫小牧市 北見市
青森県
青森市 八戸市 弘前市
秋田県
秋田市
岩手県
盛岡市 奥州市 北上市
山形県
山形市 鶴岡市
福島県
郡山市 いわき市 福島市
白河市
宮城県
仙台市 大崎市 石巻市
名取市

関東エリア

東京都
世田谷区 杉並区 練馬区
あきる野市 八王子市 町田市
日野市 足立区 府中市
江戸川区 大田区 中央区
小金井市 青梅市 葛飾区
三鷹市 多摩市 調布市
稲城市 小平市 立川市
板橋区 西東京市
神奈川県
横浜市 相模原市 藤沢市
厚木市 横須賀市 武蔵野市
平塚市 川崎市 大和市
秦野市 小田原市 鎌倉市
伊勢原市 綾瀬市 海老名市
埼玉県
加須市 深谷市 鴻巣市
草加市 上尾市 越谷市
幸手市 川口市 桶川市
三郷市 さいたま市 熊谷市
久喜市 川越市 狭山市
入間市 新座市 所沢市
行田市 羽生市 蓮田市
富士見市 八潮市 春日部市
本庄市 日高市 飯能市
千葉県
千葉市 柏市 市原市
野田市 松戸市 流山市
八千代市 佐倉市 船橋市
市川市 茂原市 成田市
我孫子市 印西市 習志野市
旭市
栃木県
宇都宮市 佐野市 那須塩原市
小山市 栃木市 足利市
鹿沼市 真岡市 大田原市
群馬県
太田市 伊勢崎市 前橋市
高崎市 桐生市
茨城県
水戸市 古河市 土浦市
つくば市 日立市 牛久市
鹿嶋市 神栖市 石岡市
笠間市 守谷市 取手市
ひたちなか市

中部エリア

新潟県
長岡市 新潟市 上越市
燕市 三条市 新発田市
長野県
長野市 松本市 上田市
飯田市 佐久市 伊那市
安曇野市
石川県
金沢市
富山県
富山市
岐阜県
岐阜市 可児市 大垣市
関市
静岡県
富士市 浜松市 静岡市
藤枝市 磐田市
愛知県
岡崎市 安城市 豊田市
春日井市 一宮市 西尾市
瀬戸市 名古屋市 豊橋市
東海市 江南市 あま市
稲沢市 小牧市 豊川市
三重県
津市 鈴鹿市 伊勢市
松阪市 伊勢市 名張市
桑名市

近畿エリア

大阪府
大阪市 高槻市 岸和田市
堺市 和泉市 箕面市
豊中市 枚方市 八尾市
吹田市 宝塚市 三木市
京都府
京都市
奈良県
奈良市
和歌山県
和歌山市
兵庫県
姫路市 明石市 神戸市
高砂市 西宮市 川西市
三田市
鳥取県
鳥取市 米子市

中国・四国エリア

広島県
広島市 福山市 府中市
東広島市
岡山県
岡山市 倉敷市
山口県
山口市 周南市 宇部市
防府市 岩国市 下関市
島根県
松江市 出雲市
香川県
高松市
愛媛県
松山市 今治市 西条市
高知県
高知市

九州エリア

福岡県
福岡市 北九州市 久留米市
飯塚市 宗像市 春日市
長崎県
長崎市 大村市
大分県
大分市
宮崎県
宮崎市
熊本県
熊本市 八代市
鹿児島県
霧島市 鹿屋市 鹿児島市

タウンライフオーバーレイ

タウンライフオーバーレイ