暮らしを快適にするための情報メディア

リクルートダイレクトスカウトの評判は?口コミや特徴を徹底解説

リクルートダイレクトスカウト

「リクルートダイレクトスカウトの評判は?」

「自分に合ったスカウトをもらえる?」

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営しているハイクラス向け転職サービスです。しかし、悪い評判もあり、本当に利用すべきか不安になります。

この記事では、リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミについて紹介しています。リクルートダイレクトスカウトを利用するコツや他社との違いなどを紹介しているので、転職活動の参考にしてください。

目次

リクルートダイレクトスカウトとは?仕組み解説

リクルートダイレクトスカウト 仕組み

リクルートダイレクトスカウトとは、株式会社リクルートが運営しているハイクラス向けの転職サービスです。

リクルートダイレクトスカウトの最大の特徴は、匿名のレジュメを見た企業の担当者・ヘッドハンターが、利用者をスカウトする仕組みです。

ヘッドハンターは非公開求人を保有しているので、自分だけでは見つけられない求人も紹介してくれるメリットがあります。

リクルートダイレクトスカウトのメリット

リクルートダイレクトスカウトを利用するメリット

ヘッドハンターが転職を手助けしてくれる

ヘッドハンター一例

リクルートダイレクトスカウトでは、完全無料でヘッドハンターが求人をあなたに提案してくれます。ヘッドハンターは業界のプロなので、自分では探せない非公開案件の紹介もしています

また、リクルートダイレクトスカウトにはヘッドハンターの求人検索も存在するので、気に入ったヘッドハンターから求人紹介を受けるのも可能です。

ヘッドハンターはあなたが転職を希望する業界で人脈を持っているため、転職活動のための情報収集も手助けしてくれます。

年収800万以上のハイクラス求人を紹介してもらえる

ハイクラス求人

リクルートダイレクトスカウトは、求人の大部分が年収800万を超える管理職や専門職などハイクラス求人が豊富な転職サービスです。なかには、年収2,000万円を超えるCEOなどの求人もあります。

また、ハイクラスな求人ほど競合他社への情報漏洩を懸念するので、一般に公開されていない案件も多いです。あなたの経歴を閲覧したヘッドハンターがぴったりの求人を紹介してくれます。

顧問として活動することが可能

顧問スカウト

リクルートダイレクトスカウトでは、企業の外部顧問専門のスカウト機能があります。

自分のキャリアに自信がある方や、定年退職をしてしまい時間ができたシニア層の方は、自分のスキルを活かした副業案件を探すことも可能です。

リクルートダイレクトスカウトのデメリット

リクルートダイレクトスカウトを利用するデメリット

希望に合わないスカウトも大量にくる

リクルートダイレクトスカウトでは、多いときには1日20件以上と、スカウトメールが頻繁に届く点がデメリットです。

大量のスカウトメールの中に、自分の興味があるオファーが埋もれてしまうので、こまめにメールをチェックできないという人には不向きなサービスです。

キャリアに自信がない人は不向き

リクルートダイレクトスカウトは、応募条件を満たす案件が、少なくなってしまうので、年収600万円未満など自分のキャリアに自信がない方には使いづらいです。

キャリアに自信がない方は、リクルートエージェントなどサポートが充実した転職エージェントの利用をおすすめします。

すぐに転職したい人には適さない

自分の希望に合ったスカウトが来ない場合、転職活動を上手く進められないため、とにかく早く転職を成功させたいという人には、リクルートダイレクトスカウトは向きません。

リクルートダイレクトスカウトは、じっくりとヘッドハンターと業界の転職事情を話し合い、自分の拘りを通せることがメリットです。

リクルートダイレクトスカウトがおすすめな人

おすすめできる人

  • 管理職・専門職を考えている人
  • 年収アップを考えている人
  • 30代~50代の方
  • 市場価値を確かめたい人
  • 専門的なアドバイスが欲しい人

リクルートダイレクトスカウトは、30代~50代の管理職・専門職への転職を考えている方におすすめです。

また、一定分野に特化しているヘッドハンターに自分の経歴を評価してもらえ、面談を行うことが可能です。現状の自分の職歴で面接可能な企業がわかるので、市場価値を確かめたい人にも向いています。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違い

サービス リクルート
ダイレクトスカウト
ビズリーチ
開始年 2014年 2009年
料金 無料 有料
※一部無料
特徴 大手企業 ベンチャー
大手企業
公開求人数 215,038件 72,800件
ヘッドハンター 3,000以上 5,000人以上
審査の有無 なし あり

リクルートダイレクトスカウトは完全無料

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いは料金体系です。リクルートダイレクトスカウトは、すべてのサービスが無料です。

一方のビズリーチは、ヘッドハンターからのスカウトを受け取ったり、返信するのは無料ですが、ヘッドハンターを検索して相談するなど有料プランではないと利用できないサービスがあります。

ビズリーチの方がベンチャー企業が多め

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いは取り扱っている求人の種類が違います。

リクルートダイレクトスカウトは大手企業、ビズリーチは大手だけではなくベンチャーまで求人を取り扱っている傾向があります。

そのため、福利厚生やワーク・ライフバランスを考えて働きたい方はリクルートダイレクトスカウト、与えられる仕事に裁量を持って働きたい方はビズリーチをおすすめします。

ビズリーチは審査がある

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いは会員登録の際に審査があるかどうかです。ビズリーチでは会員登録の際の職務経歴書をもとに、サービス利用可能か審査が行われます

リクルートダイレクトスカウトでは、審査不要で利用できるので、自分の市場価値を確かめたいという用途で気軽に活用できます。

リクルートダイレクトスカウトの方が求人が多い

リクルートダイレクトスカウトはヘッドハンターの数ではビズリーチに負けていますが、求人数で勝っています。

リクルート社は、2014年にビズリーチに遅れること5年後にスカウト型のキャリアカーバー(現:リクルートダイレクトスカウト)を開始しました。

リクルートダイレクトスカウトは、ビズリーチと比較して運営歴が短いですが、直近ではテレビCMなどを活かしサービスを拡大しています

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違い

サービス リクルート
ダイレクトスカウト
リクルート
エージェント
種類 スカウト型 紹介型
公開求人数 215,038件 181,072件
おすすめ層 中年層
管理、専門職
全年代
全職種
アドバイザー いない いる

リクルートエージェントは総合型の転職エージェント

リクルートエージェントは総合型の転職エージェントであるため全年代・全職種の方におすすめできます。

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントはどちらも運営を行っているのはリクルート社ですが、対象としている人が違います。

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス専門の転職エージェントなので、年齢層も高く管理職などの経験者が有利に転職を進めやすいです。

リクルートエージェントは未経験者に強い

リクルーエージェントは全年代・全職種に対応している総合型転職エージェントなので、未経験の方におすすめです。リクルートエージェントでは、書類添削・面接対策などのサポートをしてくれます

一方のリクルートダイレクトスカウトは専属のコンサルタントがいないため、出会ったヘッドハンターによりサポートの質が変わってきます。

ただし、リクルートダイレクトスカウトにはヘッドハンターの検索機能があるので、裏を返せばサポートをしてくれる人を自分で選ぶことが可能です。

転職しやすいのはリクルートエージェント

リクルートエージェントの方が職種の幅や、転職しやすい仕事の紹介も行っているため転職活動を進めやすいです。

リクルートダイレクトスカウトで転職を成功させるには、専属のサポーターを見つけるまでに面談を重ねる必要があるので、転職期間がある程度必要です。

リクルートダイレクトスカウトでは、転職の期間に余裕を持って進めていくほうが、転職を成功させられるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトでスカウトメールを増やす方法

リクルートダイレクトスカウトでスカウトメールを増やす方法

数字で実績を強調

レジュメには「入社後、3ヶ月で売上を100万上げることができました。」など、自分の仕事の成果を具体的な数字を使いましょう。企業側が自分の会社に入社したあと、どういったメリットがあるのか想像してもらえるからです。

また、仕事で成果を出した際に、意識したことや苦難に直面した際に工夫した点などを書くようにすると、企業からスカウトを受け取りやすいです。

レジュメは詳細に書く

プロフィールや職務経歴情報の入力項目を、詳細に入力し、求人企業や転職エージェントのニーズを満たすようにしましょう。

ログイン頻度を高める

最終ログインした日時が新しいと、ヘッドハンター側から職務経歴書が表示されやすいです。

企業やヘッドハンターの目に止まるので、毎日ログインしておくと、転職意欲が高いと思われスカウトを受け取りやすくなります。

リクルートダイレクトスカウトで転職を成功させるコツ

リクルートダイレクトスカウトで転職を成功させるコツ

情報収集を積極的に行う姿勢を忘れない

リクルートダイレクトスカウトでは、ヘッドハンターが積極的に動いてくれますが、自身でも面接予定の企業について下調べをする必要があります。

下調べをすることで、ヘッドハンターへの相談内容も密度が高いものとなります。下調べには、転職会議OpenWorkなどの口コミサイトがおすすめです。

提案された求人に対して素直な意見を言う

ヘッドハンターに提案された求人に対して自分の要望はしっかりと伝えましょう。

ヘッドハンターも慈善事業でやっているわけではありません。あなたを転職に成功させることにより、企業側から手数料をもらっています。

ヘッドハンターにおすすめされた求人でも自分の要望と異なる場合、しっかりと吟味する必要があります。

リクルートダイレクトスカウトの利用の流れ

リクルートダイレクトスカウトの利用の流れ

  • STEP1

    無料申し込み・ログインを行う

    公式サイトから新規登録をクリックし、氏名や生年月日、直近の職種など必須項目の入力をします。ヘッドハンターや企業側に共有される情報なので、正しい情報を記載しましょう。

  • STEP2

    面談日程調整の連絡が入る

    レジュメを登録すると、ヘッドハンター・企業側からメッセージが届くので、気に入った人がいれば返信をして面談日程の調整をします。

  • STEP3

    求人紹介

    面談でお互いの方向性が合致すれば、求人を紹介してもらいます。ヘッドハンターは業界のプロなので、あなたにぴったりの企業を紹介してくれるでしょう。

  • STEP4

    書類応募

    応募予定の企業が決まれば、ヘッドハンター・エージェントがあなたを企業に推薦します。

    面接の日程調整や、条件交渉はヘッドハンターが進めてくれるので、あなたがやることはありません。また、辞退をする際もヘッドハンターが代行してくれるので、早めに伝えるようにしましょう。

  • STEP5

    面接

    書類選考で通過した後は企業との面接を行います。リクルートダイレクトスカウトでは、面接対策や書類添削サポートなどはありませんが、ヘッドハンターによっては丁寧に行ってくれる人もいます。

    応募企業に対する不安などもヘッドハンターに事前に相談しておきましょう。

  • STEP6

    内定通知

    企業からの内定通知はヘッドハンターを通じて、知らせてくれます。内定後はヘッドハンターと相談して、希望条件と合致しているのか吟味してください。

  • STEP7

    雇用契約

    入社の意思が固まったら雇用契約を企業と結びます。また、ヘッドハンターによっては円満退社の秘訣などの相談も請け負っています。

  • STEP8

    入社手続き

    入社手続きの際は、「年金手帳」「源泉徴収票」など必須書類が企業毎に異なるので、事前準備に必要なものを揃えて入社に備えましょう。

リクルートダイレクトスカウトの退会方法

退会手順

  1. 公式サイトにログイン
  2. 右上のメニューで「退会する」
  3. 「退会手続きへ進む」
  4. 退会理由の入力
  5. 退会内容に承諾
  6. 退会手続き終了

リクルートダイレクトスカウトの退会手続きは、公式サイトから行います。手続き時間としては数分で終了します。

退会理由に関しては、「転職活動をする時間がない」など正直な理由を書いて問題はありません。

また、お世話になったヘッドハンターがいれば、事前に転職活動を中断する旨を一言伝えましょう。

リクルートダイレクトスカウトと併用におすすめの転職エージェント

ビズリーチ【ハイクラス転職者支持率No.1】

ビズリーチ画像

ビズリーチは求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えるハイクラス向け転職サイトです。

年収や年齢に応じて登録審査がありますが、20代の経験の浅い人や、年収500万円未満の方でも審査に通るので、まずは登録をしてみましょう。

ビズリーチの評判・口コミ

笑顔な顔アイコン
TATさん|30代前半|男性|営業|2021.10.16
良い点
|企業側とダイレクトに繋がれる
企業側が必要としてくれているのが非常に大きなモチベーションになりました。また、仲介業者を挟むことがないので、双方にとってメリットが大きいプラットフォームなので職場のミスマッチも少ないと思います。実際に面接に行った際も、転職エージェント経由で行った時に比べて、空気が少し和やかな感じがしました。
悪い点
|エージェントからのメールが多い
企業案件ではなく、ヘッドハンターやエージェントからのメールが非常に多いです。おそらく仕事を受注するために、職歴などは細かく見られておらず、一から説明する必要があるのであまりオススメしません。企業側からしかメールを送れないようにもう少し制御して頂きたいと思います。
笑顔な顔アイコン
usagitukimiさん|40代前半|男性|経営者・役員|2021.10.14
良い点
|自分に合った仕事を紹介して貰えた
年収UPが目的でこのサイトを利用しました。 提案される求人は全て待遇の良い物ばかりです。 求人の数も多く私のスキルや経験に合ったものを紹介して貰えました。 頻繁にスカウトメールが届き、選ぶ余裕もあったので良かったです。
悪い点
|求められるスキルや経験が高い
求人の内容を見ると私にはそぐわない高度な技術やスキルが求められる職もありました。もう少し選別してスカウトしてくれれば良かったです。 また、中には適切な説明が受けられない求人もありました。 有料会員になっていたのでこの点だけは残念です。

リクルートエージェント【求人数No.1】

リクルートエージェント画像

リクルートエージェントは業界最大の30万件以上の公開求人を保有しており、あらゆる業種への転職に対応できる転職エージェントです。

また、業界最大手のノウハウを活かした、書類添削や面接対策などサポート体制が充実しているので、転職未経験者は併用しておいて間違いありません。

実際にリクルートエージェント利用者の6割以上が年収アップを実現させています

リクルートエージェントの評判・口コミ

笑顔な顔アイコン
かりんさん|40代前半|女性|専業主婦(夫)|2022.04.02
良い点
|入口がしっかりしてた
有名な会社とはいえ、入口がしっかりしてないと不安を感じてしまいますが、それはありませんでした。事前アンケートやメールでの対応は良かったと思います。色々なエージェントがありますが、選択肢の一つに入れてもいいと思います。
悪い点
|担当者によって差が出る
仕事をしながらエージェント登録して次の仕事を探していました。何度かやり取りをしましたが、時間を守ってくれないことが多くて信用がなかったしやる気あるのかな?という対応だったので、他のエージェントに頼みました。
笑顔な顔アイコン
ハクビシンさん|40代前半|男性|マーケティング・企画|2022.03.11
良い点
|求人案件の多さと求人票の質
大手のエージェントなだけあって案件数は本当に多いです。また、求人票の内容も他社と比べると、情報量が豊富で職種の内容がよくわかるので、イメージしやすいです。その情報に加えて、各企業に対して営業担当がいるので、さらに突っ込んだ質問も回答してくれて、応募したい企業のイメージが、最も具体的に持てるエージェントです。
悪い点
|応募しないなら使わないで、という雰囲気
担当エージェントがいったことが全てです。「とにかく数を応募すること」、と言われましたが、転職をする気があるなら一気に大量に応募して、リクルートエージェントを使ってほしい、という内容でした。じっくり転職に臨みたかったので、応募数が少なかったのですが、その状況が続くと、担当者からの連絡がなくなり、サポートが終了しました。転職は焦って急いでするものではないので、急かされる部分はイマイチです。

doda【利用者満足度No.1】

doda画像

dodaは、利用者満足度No.1の転職エージェントです。職務経歴書作成や年収査定など転職サポートツールが豊富な点が特徴です。

また、公開求人数が13万件程度あり、地域、業種問わず仕事を探せます

職務経歴を詳細に記入すると、書類選考なしの特別オファーが企業から届き内定にもつながるので、ぜひこの機会にdodaを試してみましょう。

dodaエージェントの評判・口コミ

笑顔な顔アイコン
ひめかさん|30代後半|女性|IT関連|2021.01.25
良い点
|クライアントファーストで満点!
転職活動時、3社の転職エージェントとお付き合いしましたが、求人数も書類選考通過数も圧倒的にDODAさんが一番でした。 クライアントのニーズや特性を正しく把握し、且つ企業側が求めている人材像とマッチするかどうかを、的確に判断いただいた結果だと思います。 また、毎日電話で状況確認や悩み事がないかどうかをヒアリングしてくれたり、本当にクライアントのことを考えて、フォローしてくれます。 手厚いサポートを受けたい方、働きながら転職活動してあまり自分で手を動かす時間がない方にはオススメの転職エージェントです。
悪い点
|ほぼないですが・・・
私は最初の内定が決まった後くらいに担当者が変更になりました。 最後どこを選択するか、あと転職先を決めた後の前職との退職交渉も難航したのですが、そこは別の担当者が引き継ぐことになってしまったので、過去の経緯等改めて説明したりと余計な工数が発生しました。 可能であれば最後まで同じ担当者に担当いただきたかったです。
笑顔な顔アイコン
名無しさん|30代前半|女性|金融|2021.01.28
良い点
|担当者が熱心で応対が良い
登録したらすぐに担当者からの連絡がありました。どのような業種が良いのか、転職をするうえで外すことができない条件はあるかなどしっかりと聞き取りをしてくれました。また初めての転職活動であることを伝えると、経験談を交えながらアドバイスをして下さり励ましてくれました。電話終了後すぐにおすすめ求人を入れてくれており対応がはやいなと感じました。
悪い点
|田舎の求人が少ない
地方での転職活動でしたが求人情報が少なかったです。 サポート体制がしっかりしていたので前向きに検討していたのですが、条件にあう求人が見つからずに断念しました。営業やSEなどが多くもう少し事務の方充実させてもらえればなと思いました。

リクルートダイレクトスカウトのよくある質問

よくある質問 目次

どのくらいの年収から利用できるの?

利用制限はありません。ただし、求人検索では入力欄に年収600万以上しかないため、同程度の年収があることが望ましいです。

リクルートダイレクトスカウトでは即戦力となることがスカウト基準となるため年収600万以下の場合、スカウトされる確率が低くなってしまいます。

ヘッドハンターからの返信に期限はあるの?

ヘッドハンターからのスカウトの返信期限は14日間です。ただし、対象の求人枠が埋まってしまったら、もちろん応募できないので、興味があればすぐに返信するようにしましょう。

アプリはあるの?

リクルートダイレクトスカウトには公式アプリが存在しません。そのため公式サイトを利用する必要があります。

利用料金はどのくらい?

リクルートダイレクトスカウトは完全無料のサービスです。利用料金がかからないので、安心して転職活動に集中できます。

利用がバレることはあるの?

個人情報がしっかりと守られているので、会社や知人にリクルートダイレクトスカウトを利用していることはバレることはありません。

また、レジュメ表示設定から特定の企業からスカウトなど連絡が来ないようにブロックも可能です。誤って就業先の企業に連絡をしないように事前にブロック設定をしておきましょう。

おすすめの年齢は?

30代~50代です。リクルートダイレクトスカウトは、レジュメの経歴をもとにヘッドハンターがスカウトを行うので、キャリアを積み上げていて企業の即戦力となりうる中年層の方が転職に有利なためです。

まとめ

リクルートダイレクトスカウトは、株式会社リクルートが運営しているハイクラス向けの転職エージェントです。

企業の担当者・ヘッドハンターがあなたをスカウトする仕組みなので、時間がないビジネスマンにおすすめの転職エージェントです。

リクルートダイレクトスカウトは、登録から利用まですべて無料なので、気軽に登録から始めてみましょう。

目次