不動産投資の成功率は?失敗率を下げて成功させるためのコツを解説

2022年8月3日

不動産投資 成功率
不動産投資の成功率はどのくらいなのでしょうか…?
不動産投資の成功率とは明確には示せないものです。しかし、成功率を上げる方法はあります。

この記事のポイント

  • 不動産投資の成功率について解説
  • 不動産投資でよくある成功率を下げる原因
  • 不動産投資の成功率を上げるポイント
  • 成功率を上げやすい不動産投資会社
  • 不動産投資の成功率を上げるなら、入居率が高く、セミナーの満足度も高いが「グローバル・リンク・マネジメント」おすすめ

上記を把握することで、不動産投資の成功率について詳しく把握できるでしょう。


不動産投資の成功率はどれくらい?

不動産投資の成功率について、下記の観点から解説していきます。

上記それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。不動産投資を成功させたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

成功率を上げやすい不動産投資会社を今すぐ見る

明確な成功率は示せない

不動産投資の成功率は、明確に示せないものです。

まず、不動産投資で何を成功と捉えるかは人によって異なります。

例えば、投資で継続的にある程度の収入が得られた時点で成功したと考える方もいれば、不動産投資のみで生計を立てられることが成功と考える方もいるでしょう。

また、成功率の参考になるような、オフィシャルのデータや統計は存在しません。成功率は明確に示せないうえに、誰もがその成功率の基準に当てはまるわけではないため、参考程度に考えておいた方が無難です。

成功率という数字にこだわり過ぎず、自身の目標を決めることが重要です。成功するということよりも失敗しない、損をしない考え方だと少し気が楽になるかもしれません。

成功率を上げることはできる

成功率は明確に示せませんが、成功率を上げようとすることは可能です。

不動産投資の成功率を上げる方法として、おおまかに下記のようなものが挙げられます。

成功率を上げる方法

  • 不動産投資についての正しい知識を身に付ける
  • 物件・管理会社の選定に時間をかける
  • 物件の購入前に必ずシミュレーションする
  • 予想できるリスクには対策しておく
  • 信頼できる不動産会社で物件を購入する

上記の詳細については、本記事下部「不動産投資の成功率を上げる5つのポイント」を参照すると良いでしょう。

他の投資方法の成功率と比較

不動産投資の成功率を、他の投資方法の成功率と比較していきます。

まず、不動産投資は一般的に、ミドルリスク・ミドルリターンとされている投資方法です。

また不動産投資の多くは不動産の売買による差額で利益を狙う「キャピタルゲイン」ではなく、定期的に得られる賃料によって利益を狙う「インカムゲイン」を目的としています。

そのため、インカムゲインを目的とした不動産投資なら、主にキャピタルゲインを狙う株や投資信託、FXなどよりも成功率は高い傾向にあると言えるでしょう。

もちろん不動産投資の種類によって、成功率は変わってくるため、注意が必要です。

不動産投資は、あなたの知識や交渉力・投資方法によって価値を調整できるため、比較的成功率を高めやすい投資方法と言えるでしょう。

成功率を上げやすい不動産投資会社を今すぐ見る

不動産投資のはじめ方に関して基礎から把握したい方は「不動産投資のはじめ方・やり方を8つの方法に分けて解説」を参考にしてください。

【失敗率が高くなる?】不動産投資でよくある失敗の原因

不動産投資でよくある失敗の原因を、下記4つの項目に分けて紹介していきます。

上記それぞれの原因について、詳しく見ていきましょう。不動産投資でありがちな失敗の原因を知ることで、失敗を回避しやすくなります。

成功率を上げやすい不動産投資会社を今すぐ見る

シミュレーション不足によるキャッシュフローのマイナス

シミュレーション不足によってキャッシュフローがマイナスとなってしまうことが、失敗の原因の1つです。

不動産投資において、物件の購入前に以下のような項目をシミュレーションして、月々のキャッシュフローを計画しておくことが重要になります。

シミュレーションが必要な項目

  • 月々の収入
  • ローンの返済
  • 維持費
  • 税金など

シミュレーションが甘いと、収入よりも支出が大きくなり損失が出てしまう場合が多いです。

具体的なシミュレーションの失敗例として、下記のようなものが挙げられます。

シミュレーションの失敗例

  • 物件の老朽化による管理費の値上がりを考慮していなかった
  • 入居者が見つからない場合の収入の減少を想定していなかった
  • 税金の計上が甘く、支出が収入を上回った
キャッシュフローのマイナスを避けるには、信頼できる不動産会社で細かくシミュレーションを取ることが大切です。

もちろん、キャッシュフローがマイナス=失敗とも限りません。後述のローンを利用してレバレッジ・団体信用保険、インフレの状況など総合的に考えましょう。

想定外の事態による収益の減少・出費の増大

想定外の事態による収益の減少・出費の増大も、失敗の原因の1つです。

不動産投資に限ったことではありませんが、想定外の事態にも備えられる余裕のある資金状態で投資することをおすすめします。

物件の月々の維持管理がギリギリの状態で不動産に投資すると、下記のような想定外の事態が起きた際に対処できなくなってしまう可能性が高いでしょう。

想定外の事態の例

  • 地震や大雨などの災害による物件の修繕費の発生
  • 入居者の家賃滞納による収益の減少
  • 景気の低迷や物件周辺の環境変化による物件価値の下落
ある程度のトラブルが発生することは覚悟して、資金に余裕を持つことが重要です。

なお、当然にはなりますが修繕が発生しにくいもの・丈夫なものを選ぶ、損害保険によるリスクヘッジなども有効です。

成功率を上げやすい不動産投資会社を今すぐ見る

物件の選定ミス

物件の選定ミスも、不動産投資で失敗する大きな要因の1つです。

物件の選定に失敗してしまうと、下記のようなリスクが発生する恐れがあります。

物件の選定ミスによるリスク

  • 入居者が見つからず賃料収入がなくなってしまう
  • 維持費ばかりがかかり支出が収入を上回ってしまう
  • 物件の資産価値が下がり、物件の売却時に利益が得られなくなる

上記のようなリスクを避けるためにも、基本的に下記のような物件は避けた方が無難です。

避けた方が良い物件

  • 家賃が相場より高い
  • 立地条件が悪く交通アクセスが不便
  • 古い設備で老朽化が激しい
  • 特定のポイントのみに強みがある(例:大学が近く学生からの需要に期待できる)
営業マンの勧める物件でも、自身できちんと吟味してから購入するようにしましょう。

知識不足による判断ミス

失敗の原因として、不動産投資に関する知識不足によって引き起こされる判断ミスも無視できません。

不動産投資においてさまざまな決定を下す際、知識がないと1つの判断ミスで重大な損失を引き起こしてしまう場合があります。

具体的には、営業担当の言うことを吟味せずに物件を購入した結果、利益が出にくい物件をつかまされたというミスは良い例です。

他には、サブリース契約の内容が理解できていないために、メリットが少ない条件で手数料のみ取られるという事態も知識不足による判断ミスと言えます。

また知識が不足していると、不動産関連の詐欺の被害に遭う可能性もあるでしょう。

不動産投資を実践する際は、ある程度知識を身に付けておき正しく判断できる状況にしていくことが重要です。

成功率を上げやすい不動産投資会社を今すぐ見る

成功させるためには?不動産投資の成功率を上げる5つのポイント

不動産投資の成功率を上げるポイントとして、下記の5点が挙げられます。

上記のポイントそれぞれについて、詳しく見ていきましょう。成功率を上げたいと考えている方は、チェックしておいて損はありません。

成功率を上げやすい不動産投資会社を今すぐ見る

不動産投資についての正しい知識を身に着ける

不動産の正しい知識を身に付けることが、成功のためのポイントです。

不動産投資についての正しい知識を身に付けることで、下記のような事態を防げます。

正しい知識を身に着けることで防げること

  • 法律や税金関連のトラブル
  • 物件の選定ミス
  • 不動産関連の詐欺被害 など

正しい知識を持つことで上記のようなリスクを未然に防げるようになり、成功する確率も上げられるようになるでしょう。

不動産投資の知識を得る手段には、インターネット上で公開されている経験者の記事を読む・不動産投資会社主催のセミナーに参加するなどの方法があります。

無料のものも多いため、積極的に活用しましょう。書籍を購入して学習する場合も、投資金額と比べて多額の費用はかかりません。

なお、書店にはたくさんの関連本が並んでいます。自身と違うやり方が紹介されたりしていると不安になることもあるでしょう。いろんな意見を参考にして、あなたに合った方法を取り入れることが重要です。

正しい知識を身に付けると共に、併せて不動産投資の失敗例も参考にしておくと良いでしょう。

物件・管理会社の選定は時間をかけて行う

物件・管理会社の選定に時間をかけることも、成功率を上げるポイントの1つです。

不動産投資では大きなお金が必要になるため、一度物件を購入してしまうとそれを長く保有することになります。

そのため物件選び・管理会社選びで失敗してしまうと、以降の収益や支出に大きな影響を与えることになるでしょう。

不動産会社は何社かと相談し、あなたの運用目的に合う会社を選定することが重要です。投資に失敗しないためにも、物件・管理会社選びは妥協せず時間をかけることをおすすめします。

収益が出やすい物件は人気であるためなかなか購入できませんが、焦って選ぶのではなくじっくり吟味することが大切です。

成功率を上げやすい不動産投資会社を今すぐ見る

物件の購入前に必ずシミュレーションを行う

物件の購入前に必ずシミュレーションしてみることも、重要なポイントです。

入念なシミュレーションなしに物件を購入してしまうと、キャッシュフローがマイナスになったり、ローンの返済に苦労したりすることがあります。

上記のような事態を防ぐためにも、下記のような点に注意してシミュレーションを実施すると良いでしょう。

シミュレーション時に注意するポイント

  • 物件の管理費・設備費・修繕費も考慮する
  • 不動産の減価償却や取得税の変化なども想定に入れて税金を計算する
  • 物件の資産価値の変化にも考慮しておく

物件に関しては、戸数の少ないマンションは運用中に値上げになる可能性が高いです。目安としては40室以上をおすすめします。

自身でシミュレーションしてみることも大切ですが、専門家にもチェックしてもらうことで安心感を高められます。

予想できるリスクは対策をしておく

予想できるリスクに対策しておくことも、成功率を上げるために重要なポイントです。

不動産投資にはさまざまなリスクが存在します。そのうち、予想できるものはあらかじめ対策しておくことで、いざというときに支出を減らしたり損失を防いだりすることが可能です。

具体的なリスク対策としては、下記のようなものが挙げられます。

リスク対策の例

  • 火災保険や地震保険に加入する
  • ローンが返済できなくなった時のために「団体信用生命保険」に加入する
  • 入居者が見つからなかった時のために家賃保証の契約をしておく
リスク対策には費用がかかりますが、大きな損失を防ぎたいなら必須です。

成功率を上げやすい不動産投資会社を今すぐ見る

信頼できる不動産会社で物件を購入する

信頼できる不動産会社で物件を購入することも重要です。

実績や売上業績が豊富な信頼できる不動産会社を選ぶことで、トラブルなく物件を購入できる確率を高められます。

また、詐欺被害を防ぐためにも、信頼できる不動産会社かどうかを見極めることは大切です。

なお、信頼できる会社は物件購入後のアフターフォローも充実している傾向があり、手厚いサポートに期待できます。

将来的なメリットの観点からも、信頼できる不動産会社で物件を購入すると成功率を高められるケースが多いでしょう。

会社の信頼性のみでなく、担当者が信頼できそうかどうかも併せて判断することが必要です。

成功率を上げやすい不動産投資会社2選

ここからは成功率を上げやすい不動産投資会社を2社厳選してご紹介します。

それぞれの投資会社について詳しく見ていくことで、あなたに合った信頼できる投資会社が見つかるでしょう。

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

出典:グローバル・リンク・マネジメント

入居率 販売実績 セミナー・個別相談会の開催
98.95%(2022年7月時点) 掲載あり(販売戸数は不明) あり
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
設立年 2005年3月
対応エリア 東京23区(一部エリアを除く)・横浜駅・川崎駅周辺
運用管理代行 あり
取得免許 宅地建物取引業 東京都知事(4)第84454号

グローバルリンクマネジメントとは

グローバル・リンク・マネジメントは、複数のマンションシリーズを提供する不動産投資会社です。物件の企画から分譲管理まで、一手に引き受けています。

セミナーの累計参加者数は、2020年6月に4,000名(※)を突破しており、定評があります。
(※公式サイトに記載)

おすすめの人
1.35年間の家賃保証システムで安定的に収益を確保したい人
グローバルリンクマネジメントは、7年更新の35年間の家賃保証システムを提供している会社です。保証賃料の下げ幅も5%までと下限が定まっています。
そのため、長期間の運用でも家賃収入が減少しにくい不動産投資が可能です。また、更新の度に高額の賃料引き下げを迫られるリスクも少なくできます。
2.満足度97.4%(※)のセミナーで不動産投資の知識をつけたい人
グローバルリンクマネジメントが主催しているセミナーは、利用者の満足度が97.4%(※)と高い数字を誇っています。
セミナーでは、下記のような内容を教えてもらうことが可能です。
・不動産投資のメリット / デメリット
・危険な不動産の特徴 など
セミナーで不動産投資の知識を得ることは、成功率を上げるうえでも重要となります。質の高いセミナーを主催していることは、評価に値するポイントでしょう。
(※公式サイトに記載)
何から勉強していいかわからない方は、まずはセミナー参加をおすすめします。

SYLA(シーラ)

入居率 販売実績 セミナー・個別相談会の開催

99.8%(SYFORME)

3,000戸以上

あり
会社名 株式会社シーラ
設立年 2010年
対応エリア 東京・横浜 など
運用管理代行 あり
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9715号
マンション管理業 国土交通大臣(2)第034026号
特定建設業 東京都知事 許可(特-3)第154266号

SYLAとは

SYLAは、オリジナルブランドである「SYFORME」や不動産クラウドファンディングである「利回りくん」を提供する不動産会社です。

読売テレビや産経ニュースなど多数のメディア紹介実績があり、提携金融機関も20行以上であることから信頼性が高い企業と言えます。

おすすめの人
1.入居率99%以上!空室リスクをできるだけ抑えて投資したい人
SYLAは入居率が99%以上であり、比較的空室リスクを抑えた不動産投資が可能です。その結果、安定的な不動産投資の成功率も上げやすくなっています。
入居率が高い理由は、物件の立地を交通の便が良いエリアに絞っているためです。また物件のデザイン性が高く、入居者からのニーズを満たしている点も高い入居率につながっています。
2.手厚いアフターフォロー!物件購入後の維持管理もサポートしてほしい人
SYLAは、物件購入後の維持管理も手厚くサポートしてくれます。SYLAが提供しているアフターフォローの具体例は、下記の通りです。
・物件の設備や外観の維持、修繕提案などの建物管理
・集金代行、入居者募集などの賃貸管理
手厚いサポートにより、SYLAは不動産投資の成功率を上げる手助けになってくれる可能性が高いでしょう。

SYLA(シーラ)に関して詳しく知りたい方は「シーラ(SYLA)の不動産投資の口コミ評判はどう?メリット・デメリットを解説」も参考にしてください。

また、上記以外の不動産投資会社も検討したい方は「おすすめの会社を紹介|不動産投資をするならどこがいい?」も参考にしてください。

成功率が高いのは?不動産投資の種類を紹介

ここでは、不動産投資の種類について成功率の観点から紹介しています。

種類 概要・成功率から見たメリット / デメリット
一棟マンション・一棟アパート投資 ・高い購入費用、維持費用がかかる
・入居者が確保できる場合は、安定的な収入が得られる
・ワンルームマンションと比べてハイリスク・ハイリターン
ワンルームマンション投資 ・一棟マンション、一棟アパートと比べて購入費用が少なく済む
・収入次第では、フルローンを組んで物件を購入できる
・家賃の滞納や空室が出ると収入がなくなる可能性がある
戸建て投資 ・比較的安く購入できる物件もある
・長く借りてくれることに期待できる
・入居者がいないと収入は発生しない
・中古の場合は修繕費やリフォーム費用が必要になる
REIT ・比較的少額から投資可能
・投資先を複数に分散できる
・証券化されているため換金しやすい
・価値変動のリスクが高い
・自身の裁量で不動産の運用はできない
不動産クラウドファンディング ・10,000円程度の少額から投資できる
・投資物件を選択できる
・価値変動のリスクが比較的低い
・優先劣後形式なら値下がりしても一定の損失がカバーされる
・運用期間が終わるまで換金できない
駐車場経営 ・初期費用を抑えやすい
・将来的に売却しやすい
・リターンは低くなりやすい
・固定資産税が建物がある場合よりも高い

不動産投資には、上記のような種類があります。

上記の中で成功率が一番高いもの・低いものなど、ランキング形式で紹介することは難しいです。なぜなら、運用期間や収益を得る形態などが大きく異なるためです。

しかし、不動産クラウドファンディングやREITは出資額が少なくても始められるため、高額の投資が不安な方にはおすすめできます。ただし、大きな利益を得ることは難しいでしょう。

不動産投資でまとまった金額の利益を得たい方は、マンション投資や戸建て投資がおすすめです。

中でも「マンション投資」は不動産会社からさまざまなサポートを受けられる場合が多いため、自身の手間をかけずに投資したい方におすすめします。

成功率を上げやすい不動産投資会社をもう一度見る

不動産投資の成功率から見た特徴

不動産投資の成功率から見た特徴として、下記のようなものが挙げられます。

不動産投資の成功率から見た特徴まとめ

  • 不動産の売買によって収益を獲得する「キャピタルゲイン」で成功することは、株式投資やFXと同様に難しい
  • 賃料で中長期的に収入を得るのはそこまで難しくない傾向にある
  • 株やFXのように価値が短期間で急落する可能性は比較的低いため、一瞬の判断で失敗してしまうような事態は多くはない
  • 災害や入居者とのトラブルなど、不確実なリスクは存在する

不動産投資では、基本的に物件が稼ぐため、オーナーが誰でも物件自体の収益力は同じです。この点から、再現性が高いと言えます。

メリット、デメリットがそれぞれあるため、あなたの投資目的や許容範囲に応じて選択することが必要です。

成功率を上げやすい不動産投資会社をもう一度見る

不動産投資の成功率に関するよくある質問

不動産投資で成功する人は一握り?

不動産投資における成功の定義にもよりますが、不動産投資だけで生計を立てられるほど成功している方は少ないと言えます。

ただし不動産投資の成功率はあなた次第で上げることが可能であるため、不動産投資で成功したい方は本記事の内容を参考にすると良いでしょう。

成功率を上げるポイントを意識したりありがちな失敗を把握したりすることで、成功に至る道へと近付けるようになります。

成功率を上げやすい不動産投資会社をもう一度見る

不動産投資に成功しやすいのはどんな人?

一概に成功する人の特徴を示すことは不可能ですが、不動産投資で成功する人は下記のような特徴がある場合が多いと言えます。

不動産投資に成功しやすい人

  • 中長期的な視点を持ち計画性がある
  • 短期的な利益を得ようとしない
  • 自身で正しい情報を選択できる

不動産投資は、基本的に中長期的に収益を上げていく投資形態になります。目先の利益にとらわれずに、計画性を持って投資できる方が成功しやすい傾向にあります。

不動産投資に関する正しい情報を身に付け、取捨選択できる方も成功しやすい傾向があると言えるでしょう。

不動産投資にリスクはある?

不動産投資にもリスクは存在します。

ただし不動産投資に限らず、どの投資にも一定のリスクはあるものです。リスクを考慮することは重要ですが、過剰に恐れる必要はありません。

不動産投資のリスクとして有名なものには、下記の8つがあります。

不動産投資のリスク

  • 家賃減収
  • 空室
  • 物件価値低下
  • 金利上昇
  • 家賃の滞納
  • 設備修繕
  • 自然災害
  • 管理会社の倒産 など

上記のリスクについてさらに詳しく知りたい方は「不動産投資はやめとけと言われるのはなぜ?」も参照してください。

成功率を上げやすい不動産投資会社をもう一度見る

この記事の監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

竹下FP事務所
TAC専任講師。CFP宅建士賃金業務取扱主任者住宅ローンアドバイザースカラシップアドバイザー。理論だけでなく実体験や実例に基づいた相談を心がけ、幅広い知識でかしこく生きるためのサポートを実施。タマホームFPとして相談実績600件超。

保有資格

CFP,宅建士,賃金業務取扱主任者,住宅ローンアドバイザー,スカラシップアドバイザー

監修者の身元

https://fptakeshita.jimdofree.com/

専門ジャンル

不動産投資,住宅ローン

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。