【2022年12月】不動産投資の初心者は何から始める?はじめ方・やり方を8つの方法に分けて解説

2022年11月24日

不動産投資 初心者
不動産投資を始めてみたいのですが、何から手を付けたらいいのかわかりません…
不動産投資の始め方について、細かくステップに分けて解説します!

この記事のポイント

  • 初心者向けの不動産投資の始め方
  • 不動産投資をこれから始める際に知っておきたいポイント
  • 初心者向けが不動産投資で失敗しないために知っておきたいポイント
  • これから不動産投資を始めるなら、「グローバル・リンク・マネジメント」がおすすめ
  • グローバルリンクマネジメントでは、満足度が97.4%(※)と高い無料セミナーを実施している
  • また、家賃見直しが7年に1回であるため、購入後に家賃の下落を抑えやすい

(※公式サイトに記載)


初心者向けの不動産投資の始め方・やり方・方法

これから不動産投資を始めることを検討している方に向けて、不動産投資の始め方を8つの手順に分けて紹介していきます。

上記を詳しく知ることで、不動産投資が初めての方でも失敗しにくい環境を整えたうえで始められるでしょう。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

1.不動産投資の基礎知識を勉強する

不動産投資を始める際は、まずは不動産投資の基本について勉強しておくことが必要になります。

不動産投資では、普段は使う機会が少ない単語や数字などを多く使用します。正確に理解せずに何となくで進めてしまうと、大きく損したり騙されたりする可能性が高くなるため、注意が必要です。

また、以下で紹介する各ステップで、正しく判断できないことも想定されるでしょう。

不動産投資を勉強する方法として、下記の3つを紹介します。

不動産投資の勉強方法

  • Web上の情報を確認する
  • 市販で販売されている書籍を読む
  • 不動産会社のセミナー参加や無料資料を読む

まずは資料請求や書籍を活用して、あなたのペースで知識を入れるところから始めると良いでしょう。基礎知識を把握した段階でセミナーに参加して、実践を意識した理解を深めていくのがおすすめです。

下記は、おすすめの資料請求箇所やセミナーを開催している不動産会社です。

不動産名 情報の形式 概要・特徴
グローバル・リンク・マネジメント 無料セミナー ・オンライン開催されるセミナーがある
・セミナーの日程が細かく公開されている
リノシー 無料資料 ・初心者向けの投資ガイドブックがもらえる
・資料請求後、初回面談でAmazonギフト券がもらえる
シーラ 無料セミナー ・元バークレイズ証券の外部講師がセミナーを担当している
・参加することで書籍を無料で受け取れる

無料の資料請求やセミナーへの参加は、2〜3社程度を目安に利用するのがおすすめです。

複数社を比較検討しながらチェックしていくと、後々の不動産会社の選定もしやすくなります。

2.不動産投資の目的と目標を明確にする

不動産投資の基本や概要を把握した段階で、不動産に投資してあなたが何を実現したいか明確にしておきましょう。

目的な目標に応じて、不動産の選定や投資方法が変わってきます。不動産会社に相談した際も、提案が大きく異なってくるでしょう。

例えば高いリスクを取ることなく副収入を得られる手段を獲得したい、相続税の対策用に投資したいなどがあります。

同じ不動産投資でもどの方法が目的を達成しやすいか、どの物件に投資するべきかという根幹の判断に影響します。時間をかけてでも、明確に設定する必要がある点です。

目標が決まった段階で、どれくらいの資金が必要になるか・それは現実的な金額であるかを併せて確かめておくと良いでしょう。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

3.目的に合わせた物件やエリアを設定する

目的や目標に合わせて、物件やエリアを設定しましょう。

目的に応じて、達成しやすい物件やエリアは異なります。

例えば、不動産投資で安定した家賃収入を得たい場合、入居率の高さに期待できる都心エリアの物件を中心に探すと良いでしょう。

また、高い利回りを求めるなら、安く購入できる可能性が高まる築年数の古い物件が投資候補に入ってきます。

設定が難しいと感じる場合はざっくりと要件を決めておき、後述の不動産会社に相談しながら詰めていく方法がおすすめです。

4.不動産会社にコンタクトを取る

物件の形式やエリア像が簡単に決まった段階で、条件に合う物件を提供している不動産会社にコンタクトを取りましょう。

コンタクトを取る際は、下記の内容を確かめておくことをおすすめします。

不動産投資会社の確認ポイント

  • 担当者は親身に対応してくれて、信頼できると感じられるか
  • こちらの要望にしっかり耳を傾けてくれるか
  • 希望に合う不動産情報を提供しているか

この段階ではあなたの希望をしっかり伝えて、それに応じた対応をしてくれるかを重視するのが良いでしょう。

反対におすすめの不動産をすぐ押し付けられたり、こちらの要望から外れた内容を提案されたりした場合、他の会社を検討することも大事です。

初めての不動産とのコンタクトで不安がある場合、実際の利用者の口コミを見て判断してみることもおすすめします。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

5.不動産物件を検討する

信頼できる不動産会社と出会えた場合、その会社で投資する物件を検討しましょう。

下表は、物件を検討する際に確かめておきたいポイントの例をまとめたものです。

確認のポイント 詳細
周辺の環境 ・駅やバス停などが近くにありアクセスが良い立地にあるか
・普段の買い物に便利なコンビニや商店街などが近所にあるか
・銀行や郵便局などの施設が近所にあるか
・近隣に競合となる物件がないかどうか など
地域の状況 ・地域が今後どれぐらい発展する見込みがあるか
・人口が増加傾向にあるか
・治安状況が良好であるか
・騒音や街の綺麗さが気にならないか
・増水や土砂崩れの危険性がないかどうか など
物件の内容 ・日当たりが良いかどうか
・お風呂やトイレなど水回りは綺麗か
・部屋のデザインは想定される居住者に合ったものか
・近隣の生活音がうるさくないかどうか
・収納スペースが十分にあるかどうか
・駐車場や駐輪場が利用できるか
・宅配ボックスのような便利な設備があるか など

その地域の自然環境に関しては、国土交通省が提供している「ハザードマップ」が役立ちます。

物件の内容も大切ではありますが、自身では調整できない人口・自然環境・今後の街の発展具合などは重点的にチェックしたいところです。

6.投資用ローンの事前審査を受ける

購入したい物件が決まった段階で、購入に必要なローンの審査を受ける必要があります。

現金一括で購入できる場合は不要ですが、基本的に高額になるためローンを前提に説明していきます。なお、近年の傾向として買い付け申込書の提出順よりも金融機関審査可決順で物件購入権が得られることが多いです。

ローンを申請する際はまず、買付申込書を不動産会社に提出する必要があります。買付申込書は、物件を購入したいという意思を示すもので、下記のような情報を含む書類です。

買付申込書の記入情報

  • 物件名や建っている場所
  • 物件の構造や面積
  • 購入の希望価格
  • 手付金の額
  • 支払い方法
  • 有効期限
  • その他条件 など

物件を正式に購入することになった場合、本審査を受けることになります。ローンの事前審査を受ける場合、大きく分けて下記2つの方法から選択することになるでしょう。

方法 詳細 / メリット
自身で金融機関に直で申し込む ・好きな金融機関を選んでローンを申し込める
不動産会社と提携している金融機関で申し込む ・ローンを申し込む金融機関を探す手間が省ける
・金利の面で有利になる可能性がある
上記の特徴を踏まえて、あなたに合った方法・金額感でローンの審査に申し込むと良いでしょう。

補足として、スルガ銀行の問題以降において金融機関の貸し出し姿勢は低調です。自分で金融機関を探せるのは医師や弁護士といった一部の人に限られる傾向が続いています。

高所得帯のサラリーマンの方でも、手元に潤沢なキャッシュがない限りは提携ローン以外で調達できることは厳しい状況です。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

7.不動産物件を購入する

ローンの審査と買付申込が完了した段階で、いよいよ不動産を購入することになります。

具体的には、大きく分けて下記2点の手続きを進めていきます。

手続き 詳細
物件に関する重要事項の説明を受ける ・購入を申し込んだ不動産会社の宅地建物取引士から、
購入物件に関する重要事項の説明を受ける
・重要事項には物件についての情報や契約条件の内容、
物件の引き渡しの前の保証などが含まれる
手付金の支払い ・ここでは契約の締結を証明するために支払う
・物件価格の5~12%程度の手付金を支払う
・手付金は、売主物件の場合は最大でも20%までと規定されている

物件に関する重要事項の説明を受ける際は、説明される項目は多いですがいずれも重要事項ばかりです。

あらかじめ書類のコピーをもらい内容を確かめたうえで、説明を受けると良いでしょう。

前提として、投資用ローンの審査を受けて正式に契約が完了後、上記の手続きを踏むことになります。

8.不動産の運用を開始する

正式に物件を購入できた段階で、運用を開始することになります。

最初に運用管理を自身で担当するか、運用会社に委託するかを検討しましょう。

基本的には、物件を購入した不動産会社のサポートを、そのまま受けることがおすすめです。不動産会社で受けられる運用サポートを、シーラを例に紹介していきます。

サポート 詳細
集金代行契約 ・家賃の集金や送金を代行
・延滞家賃の督促・回収などの集金代行業務も代行可
入居者募集 ・賃貸仲介会社やポータルサイトを活用し、入居者を募集
入居者対応 ・水漏れ・騒音・設備の故障などのトラブルに対応
・入居者からの意見や問い合わせの内容のデータベース化
更新 / 解約 ・入居者の更新契約に対応
・退室後のクリーニングを実施
・敷金返還のような退室後の清算に対応
入居審査 / 賃貸借契約 ・独自の基準で入居者の信用度を審査
・賃貸借契約書類の作成
基本的には、入居者がいないという状況にならないように運用を進めていくことが重要になります。

不動産初心者で何から始めるかわからない場合にまずしたいこと

不動産初心者で何から始めるかわからない場合にまずしたいこととして、基礎知識の定着が挙げられます。

基礎知識に関しては、不動産会社が提供している「無料の資料請求」がおすすめです。実際に対面で話を聞くわけではないため、その場で営業を受けることもありません。

知識をつけて、対面で実際に不明点を解決していきたい場合は、不動産投資会社の無料セミナーもおすすめです。

セミナーは書籍とは異なり、直近の不動産市況を踏まえたリアルタイムな情報をもとにレクチャーしてもらえます。

例えば「グローバル・リンク・マネジメント」の初心者向けセミナーでは、下記のような内容を学ぶことが可能です。

セミナーの内容

  • 不動産投資の仕組み
  • 不動産投資と預貯金 / 個人年金の違い
  • 不動産投資のメリットとデメリット / リスク対策
  • 不動産投資に節税効果や生命保険効果がある理由
  • 不動産投資成功のポイント

実際に会場へ足を運ばなくても受けられる、オンラインセミナーや個別面談などもあります。

不動産会社のセミナーを受ける際は、各会社の雰囲気や特徴も併せて確認しておくと良いでしょう。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

【始める前に】不動産投資の初心者が知っておきたいポイント

不動産投資を始める前に知っておきたいポイントとして、下記の4つがあります。

上記を知ることで、できるだけ損をしないように不動産投資を進められるようになるでしょう。

不動産投資に関係するお金周りの基礎知識は、必須で身につけておくべきです。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

不動産投資で利益を得る仕組み

まずは、不動産投資で利益を得る仕組みを理解しておく必要があります。

不動産投資で利益を得る方法は、インカムゲインとキャピタルゲインの2種類です。

それぞれの特徴について、下表にまとめました。

利益を得る方法 詳細 / 特徴
インカムゲイン ・物件を貸し出して家賃で利益を得る方法
・安定した利益を継続的に得やすい
・入居者がいないと利益が得られないリスクがある
キャピタルゲイン ・物件を購入時より高い価格で売却して利益を得る方法
・インカムゲインよりも一気に大きな利益を得られる可能性がある
・リノベーションなどで物件の価値を上げる方法もある
・物件価格の減少により損失が出るリスクがある

不動産投資では、インカムゲインを狙って運用するケースが多いと言えます。

不動産投資は、基本的には株式投資やFXのようにキャピタルゲインを狙わないため、比較的安定感を持って資産を運用することが可能です。

不動産投資に関係する税金

不動産を取得するとさまざまな税金が発生することも、認識しておく必要があります。

物件の取得時・保有時・売却時にかかる具体的な税金の例を、下記にまとめました。

税金 詳細 / 特徴
印紙税(取得時) ・物件の売買契約書に印紙を貼付して納める税金
・金銭消費貸借契約書にもかかる
・税金の額は契約書の金額によって定められている
(例:500~1,000万円なら10,000円)
登録免許税(取得時) ・物件を登記する際に支払う税金
・物件の評価額に対して一定の割合の金額を支払う必要がある
・登記の種類によって税率が異なる
(例:新規登記の場合は評価額の0.4%)
不動産取得税(取得時) ・土地や建物を購入する際に支払う税金
・都道府県に支払う地方税
・税率は4%(一部3%の軽減特約あり)
固定資産税(保有時) ・土地や建物を保有している場合、毎年1月1日時点の所有者が納付する税金
・課税標準額の1.4%
・建物によって税率が軽減される場合もある
(例:新築一戸建ての場合、3年間2分の1に軽減)
都市計画税(保有時) ・市街化区域内に物件を土地や建物を保有している場合にかかる税金
・市町村に支払う地方税
・課税標準額の0.3%
所得税(保有時・売却時) ・家賃収入や売却益を得た際に支払う税金
・物件の種類や所得金額、保有期間・売却益の額によって税率が異なる
・管理委託費用・修繕費・固定資産税・減価償却費などを
経費として計上することで軽減できる
住民税(保有時・売却時) ・家賃収入や売却益を得た際に支払う税金
・都道府県や市町村に支払う地方税
・所得の種類や期間、金額に応じてかかる

上記の税金も加味したうえで、利益を出せるような運営管理が必要になります。

サポートが充実している不動産会社で購入し、税金に関する説明も詳しく確かめておくことがおすすめです。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

不動産投資の利回りの定義

不動産投資の利回りの定義や計算方法も理解しておきましょう。

定義が理解できておらず利回りの計算が曖昧な場合、不動産投資で利益を得られるかどうか正確な判断ができません。

利回りとは、投資金額に対して得られた家賃収入や物件の売却益などの割合を指します。運用による利益額から、さまざまな経費を差し引いて計算する数字です。

注意点として、利回りには「表面利回り」と「実質利回り」があります。基本的には実質利回りをベースに、利益を得るシミュレーションを考えることが必要です。

利回りの種類 詳細
表面利回り 投資金額に対して1年間で得られる収入の割合
実質利回り 収入から物件取得費用や経費や運営費などを差し引いて計算した割合

実質利回りの計算式は、下記の通りです。

実質利回り=(不動産の運用利益(1年あたり))÷(購入費用+諸経費)×100

初めて不動産を購入する場合は、表面利回りのみを参考にしないように十分注意してください。

不動産投資のローンの仕組み

不動産を購入する際のローンには、住宅ローンと不動産投資ローンの2つがあります。

下表は、それぞれの特徴をまとめたものです。

項目 不動産投資ローン 住宅ローン
金利 1.5%~程度 0.4%~程度
審査 ・投資物件の収益性と事業性の高さ
・個人の返済能力
・個人の返済能力
・物件内容(価格・立地・築年数など)
レバレッジ効果 あり なし
メリット ・少額の投資で多くの利益を目指せる
・家賃収入でローンを返済できる
・団体信用生命保険に加入できる
・不動産投資ローンと比べて金利が低め
・・団体信用生命保険に加入できる
デメリット ・住宅ローンと比べて支払う利息が増える傾向にある
・金利の変動により収入が減る可能性がある
(※変動金利の場合)
・入居者がいない場合、自己資金で返済する必要がある
・不動産投資用の物件では利用できない
(自身で物件に住む必要がある)
・滞納した場合、住む家を失うことになる

上表の「レバレッジ効果」とは、少額の自己資金で多くの家賃収入を目指すことです。

例えば、自己資金が500万円の場合に1,000万円借り入れて投資すると、借り入れない場合と比べて投資金額が3倍になります。

実質利回りが同じであると仮定した場合、得られる家賃収入も3倍になる計算です。この場合、利息が家賃収入の2倍未満なら、手元に残る金額が増えます。

またフルローンを組む場合、頭金なしでも不動産投資を始めることが可能です。不動産投資は自己資金が少なくても、多額の投資が可能な投資方法であると言えます。

住宅ローンも紹介しましたが、基本的には「不動産投資ローン」を利用することになります。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

不動産投資の初心者が知っておきたい注意点

不動産投資の初心者が知っておきたい注意点として、下記の4つが挙げられます。

上記の注意点を把握することで、リスクを抑えた不動産投資がしやすくなるでしょう。

失敗する可能性を少しでも下げたい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

不動産会社の選定は慎重に行う

不動産会社の選定は、慎重に行うことが重要です。

不動産会社によって、得意としている物件やエリアが異なります。中には悪徳業者も少なからず存在するため、注意が必要です。

悪徳でない場合でも、営業の押しが強かったり要望を聞いてもらいにくかったりなど、相性に関する問題が発生する可能性もあります。

これらを踏まえて、不動産会社の選定では下記の点に注目すると良いでしょう。

不動産会社の確認ポイント

  • 担当者の丁寧さ / 相性
  • 運営会社の信頼性の高さ
  • 実際の利用者の口コミ評判
  • 提供している物件の内容

物件の購入後に賃貸管理などのサポートも受けることを考えている場合は、より慎重に選ぶ必要があります。

実際にセミナーへ参加してみて、あなた自身が感じたことも重視すると良いでしょう。

資金にある程度の余裕を持っておく

資金にある程度の余裕を持っておくことも必要です。

不動産投資では購入時以外にも、さまざまな費用が発生する場合が多く見られます。

例えば老朽化で建物を修繕したり、事故で設備を修理したりする必要が生じた場合は、その都度費用を支払わなければなりません。

有形資産ではあるもため、上記の不測の事態が発生して、急な出費がかかる場合があります。

フルローンなら頭金なしで投資を始めることも可能ですが、ある程度の資金の余裕は持っておいた方が安全性は高いでしょう。

目安として、ローンの返済額の半分程度の資金は確保しておきたいところです。リスクが伴うことは間違いないため、資金面の余裕は必要になります。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

不動産会社に任せ切りで購入まで進めない

不動産会社に任せ切りで購入まで進めないことも、重要と言えます。

不動産会社の営業は、物件を購入してもらいたいがために、不都合な点を伏せて営業される場合があるためです。軽微と言える不都合な点を紹介し、重要な注意点を伏せるケースも考えられるでしょう。

例えば、最寄り駅までやや遠いという点は説明し、周囲の騒音がひどい点を隠すといった具合です。

この点に関しては先述した通り自身であらかじめ勉強しておき、不明な点や致命傷となる点をくまなく質問することで対処できます。

自身の考えをしっかり持って、投資の意思決定に臨むことが大切です。

不動産は必ず儲けられるわけではないことに留意する

前提として不動産投資は、必ず儲けられるわけではない点に留意してください。

株やFXのような無形資産よりもリスクは低いと言われていますが、投資である以上損失が出るリスクは避けられません。

例えば入居者が減ったことで家賃収入も減少し、収支が赤字になるケースが考えられます。

台風や地震などにより保険で補償できない被害が出て、想定外の修繕費用のために収支がマイナスになる場合もあるでしょう。

初心者向け不動産投資会社を今すぐ見る

不動産投資はやめといた方がという声に不安がある方は「不動産投資はやめとけと言われるのはなぜ?」も参考にしてください。

不動産投資の初心者向けサポートが充実の不動産投資会社3選

不動産投資の初心者向けと言える、サポートが充実している不動産投資会社を紹介していきます。

不動産投資会社の選択肢が多く、どこに依頼するべきかわからない方はぜひ参考にしてみてください。

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメント

出典:グローバルリンクマネジメント

無料セミナーの開催 資料提供の有無 個別面談の対応
あり あり あり
会社名 株式会社グローバル・リンク・マネジメント
設立年 2005年
入居率 99.03%(※)
対応エリア 東京23区(一部エリアを除く)
取得免許 宅地建物取引業 東京都知事(4)第84454号

(※2020年10月時点 公式サイトに記載)


グローバル・リンク・マネジメントとは

グローバル・リンク・マネジメントは、物件の開発から販売・管理までワンストップで提供している不動産会社です。

東証プライムに上場している企業が運営していることから、社会的な信頼性も高いと言えるでしょう。

おすすめの人
1.ユーザー満足が高いセミナーを受けたい人
グローバル・リンクマネジメントは、自社開催のセミナー満足度が97.4%(※)と高水準である会社です。
※公式サイトに記載
セミナーは初心者向けの内容が中心で、全体のセミナーのあとで個別相談も受け付けています。
セミナーの種類には来場型やオンライン型などがあり、住んでいる場所に関係なく利用しやすいでしょう。
朝や夕方以降など1日に複数回開催されていることから、時間帯の面でも参加しやすいセミナーです。
2.家賃見直しが7年に1回|購入後の家賃の下落を抑えたい人
グローバル・リンク・マネジメントでは、35年間のサブリース契約で家賃の見直し回数を少なくすることが可能です。
多くの不動産会社では2年ごとに見直すため、家賃が下がる期間が多くなってしまいます。
この点、グローバル・リンク・マネジメントは7年更新であり、家賃下落の機会を減らすことが可能です。
さらに1回あたりの減額も5%以内と下限が設定されているため、大幅な下落を心配する必要もありません。
グローバルリンクマネジメントのセミナーは、これから不動産投資を始める方は受けておいて損はないと言えます。

RENOSY(リノシー)

renosy(リノシー)

出典:リノシー

無料セミナーの開催 資料提供の有無 個別面談の対応
あり あり あり
会社名 株式会社GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)
設立年 2013年
入居率 99.5%(※)
対応エリア 東京都内中心
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第9135号
建設業 東京都知事許可(特-3)第145636号
建設業 東京都知事許可(般-3)第145636号
マンション管理業 国土交通大臣(1)第034425号
小規模不動産特定共同事業者 東京都知事(1)第1号

(※2021年2月時点 公式サイトに記載)


RENOSY(リノシー)とは

RENOSY(リノシー)は、不動産投資の売り上げ実績が3年連続でNo.1(※)である人気の高い不動産会社です。

※ 東京商工リサーチによる中古マンション投資の売上実績(2022年3月調べ)

資料を請求することで、初心者向けのガイドブックももらえます。この資料請求に費用はかかりません。

おすすめの人
1.特典あり!お得に不動産投資の始め方を相談したい人
リノシーでは不動産投資に関する資料請求と個人面談を完了することで、5万円分(税込)のAmazonギフト券をもらえます(2022年7月時点)。
資料にはリノシーで実際に投資しているオーナーの物件事例や収支のシミュレーションが含まれるため、参考にしやすいでしょう。
具体的なイメージが湧かず、不動産投資に不安感がある方にもおすすめです。
2.初期費用を抑えて不動産投資を始めたい人
リノシーでは初めての方でも不動産投資を始めやすいように、初期費用を抑えた投資方法を用意しています。
例えば、1万円から投資できるクラウドファンディング型の投資形態を提供中です。また、リノシーに支払う仲介手数料が無料である点も見逃せません。
このクラウドファンディング型では、多額の費用をかけずに不動産投資を始められるため、最初は大きなリスクを取りたくない方でも安心感があります。
リノシーでは、勉強をしながらお得な特典ももらえるため、本格的に始めるか悩んでいる場合でも損はありません。

RENOSY(リノシー)の口コミ評判に関して詳しく知りたい方は「RENOSY(リノシー)の不動産投資の口コミまとめ!」も参考にしてください。

SYLA(シーラ)

無料セミナーの開催 資料提供の有無 個別面談の対応
あり あり あり
会社名 株式会社SYLA
設立年 2010年
入居率 99.0%(※)
対応エリア 東京都中心
取得免許 宅地建物取引業 国土交通大臣(1)第9715号
マンション管理業 国土交通大臣(2)第034026号
特定建設業 東京都知事 許可(特-3)第154266号
(※SYFORMEの入居率 公式サイトに記載)
SYLA(シーラ)とは

SYLA(シーラ)は、読売テレビや産経ニュースなどメディア実績が豊富で、安心感がある不動産業者です。

シーラのユーザーに選ばれる理由は77%が既存顧客の紹介(※)とあるように、利用者の満足度が高いサービスと言えます。

※公式サイト記載

おすすめの人
1.投資を断る場合もあり|利用者目線で提案を行う会社で不動産投資を始めたい人
シーラでは無理に不動産投資を始めさせるのではなく、利用者の資産や運用目的を考慮して提案するスタンスを取っています。
投資を始めることで利用者が損してしまうと判断した場合は、投資を断るケースもあるほどです。
相談することで押し売りやしつこい営業を受ける不安がある場合でも、安心感を持って利用しやすいでしょう。
2.購入後の物件の管理も一緒に任せたい方
シーラは物件を購入したあとも、さまざまな観点からサポートしてくれる不動産会社です。
具体的なサポートとして、下記のような内容が挙げられます。
・家賃の集金や送金、延滞家賃の督促や回収などの集金業務の代行
・賃貸仲介会社やポータルサイトを活用して、物件への入居者を募集
・物件で起きるさまざまなトラブルやクレームに素早く対応
シーラで手厚いサポートを受けることで、身の丈に合った投資を実行できて、損をする可能性を避けられます。

SYLA(シーラ)の口コミ評判に関して詳しく知りたい方は「シーラ(SYLA)の不動産投資の口コミ評判はどう?」も参考にしてください。

上記以外のおすすめの不動産投資会社に関して知りたい方は「不動産投資会社おすすめ人気12選を比較!」も参考にしてください。

【比較】不動産投資の初心者向けの物件はどれ?

不動産投資の物件を比較して、紹介していきます。

上記の内容を知ることで、初めての不動産投資でその物件が良さそうか判断できるようになるでしょう。

物件選びの指針を把握したい方は、ぜひチェックしてみてください。

初心者向け不動産投資会社をもう一度見る

一棟マンション・アパート

不動産投資の対象物件として、一棟マンション・アパートがあります。

一棟マンション・アパートは一度にまとまった高額の家賃収入を狙える点や、長期的な収入を得やすい点がメリットです。

一方金銭面や運用面で、物件を購入するハードルは高い傾向にあります。

長期運用がメインとなるため、現金が必要な際に売却することもやや難しくなるでしょう。初心者向けの投資物件とは言いにくい物件です。

一棟マンション・アパートは、ある程度不動産投資の経験を積んでいて、投資資金も潤沢に用意できる方におすすめします。

区分マンション

不動産投資の対象物件として、区分マンションがあります。

区分マンションは1室単位で物件を購入できるため、比較的少ない資金で投資を始めることが可能です。

また、物件管理を管理会社に任せられるため、入居者募集・集金業務・入居者への対応などにかかる手間も省けます。

ただし他の投資方法と比較すると、家賃収入は少なくなりやすい物件です。部屋以外の共用部分の管理費用がかかる場合もあります。

区分マンションは、これから不動産投資を始めたいと考えている初心者の方におすすめの物件と言えるでしょう。

初心者向け不動産投資会社をもう一度見る

戸建て

不動産投資の対象物件として、戸建てがあります。

中古の物件である場合、少ない資金でも不動産投資を始められる物件です。

物件が広い場合が多いことから家賃を高く設定しやすく、利回りを良くしやすいです。また、賃貸での入居期間が長くなることにも期待できるでしょう。

ただし、物件を定期的にメンテナンスする必要があります。中古物件の場合は購入時点で、リフォーム・リノベーションが必要となる場合も多いです。

戸建ては、不動産投資で高利回りを目指したい方におすすめの物件です。また、不動産投資に手間をかける時間的余裕がある方にもおすすめできます。

初心者向け不動産投資会社をもう一度見る

不動産投資の初心者や始め方に関するよくある質問

不動産投資に成功するための条件とは?

不動産投資を成功させるための条件は、さまざまです。

ある条件を1つ満たせば、成功できるというわけではありません。成功に近づくために必要となる条件の例として、下記のような行動が挙げられます。

成功に近づくために必要なこと

  • 不動産投資の正しい知識を身につける
  • 利回りや収入などを丁寧にシミュレーションする
  • あらかじめリスクへの対応を考えておく

不動産投資の成功率を高める方法や注意点に関して詳しく知りたい方は「不動産投資の成功率は?」も参考にしてください。

初心者向け不動産投資会社をもう一度見る

不動産投資は危険性が高い?

不動産投資は投資の一部であるため、危険性が高いとまでは言えないにしてもリスクは存在します。

しかし有形資産であるため、株のような無形資産と比較してリスクは低いと言えるでしょう。

一般的に、不動産投資は「ミドルリスク・ミドルリターン」と表現される場合が多いです。

不動産投資はいくらから始められる?

不動産投資はいくらから始められるかは、投資形態や投資物件によって異なります。

そのため、一律にいくら必要と言うことは不可能です。自己資金が何千万円も必要になる場合もあれば、1万円(税込)から始められる方法もあります。

運用する目的を明確にして、投資形態を吟味することが大切です。

初心者向け不動産投資会社をもう一度見る

不動産投資は少ない資金でも始められる?

不動産の投資形態によっては、1万円(税込)からでも始めることが可能です。

例えば不動産クラウドファンディングなら、1口1万円(税込)で始められるものがあります。実際、シーラが展開する「利回りくん」は1口1万円(税込)で出資することが可能です。

これから不動産投資を始めたいと考えている方にとって、不動産ファンディングは利用しやすい方法と言えます。

少額で不動産投資を始める方法に関して詳しく知りたい方は「【月1万円から】不動産投資を少額で始める4つの方法」も参考にしてください。

不動産投資の疑問点はどこで聞けばいい?

不動産投資の相談先は、聞きたい内容や困っている内容によって異なります。

この点で、不動産投資全般に関して相談できるのは「不動産会社」です。疑問をどこに聞くべきか自身で判断できない方は、まずは不動産会社に問い合わせしてみることをおすすめします。

疑問を解消できる可能性がありますし、解消できない場合でも次の相談先のヒントを得られるでしょう。

不動産の相談方法や相談場所に関して詳しく知りたい方は「不動産投資の相談はどこでする?」も参考にしてください。

初心者向け不動産投資会社をもう一度見る

この記事の監修者

竹下 昌成

竹下 昌成

ファイナンシャルプランナー

詳しく見る ▼

プロフィール

竹下FP事務所
TAC専任講師。CFP宅建士賃金業務取扱主任者住宅ローンアドバイザースカラシップアドバイザー。理論だけでなく実体験や実例に基づいた相談を心がけ、幅広い知識でかしこく生きるためのサポートを実施。タマホームFPとして相談実績600件超。

保有資格

CFP,宅建士,賃金業務取扱主任者,住宅ローンアドバイザー,スカラシップアドバイザー

監修者の身元

https://fptakeshita.jimdofree.com/

専門ジャンル

不動産投資,住宅ローン

この記事を書いた人

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等の内容や効果等について何らの保証もするものではありません。

※本サイトにおける記事等の内容は、本サイト内で紹介されている商品やサービス等を提供する企業の意見を代表するものではなく、各記事等の作成者等の個人的な意見にすぎないことをご了承ください。

※本サイト内の記事等で紹介している商品やサービスの内容等については、当該商品やサービスを提供している企業様へご確認ください。

※本サイト内の記事等の内容は、当該記事等の作成日または更新日現在のもので、当該記事等を閲覧なさっている時点で提供されている商品やサービスの内容を必ずしも反映していません。ご了承ください。

※本サイトにおける記事等の内容に関し、明示、黙示または法定のものも含め、何らの保証(商品性を有していること、満足のいく品質であること、特定の目的に適合していること、正確性、平穏な利用、および第三者の権利を侵害していないことに関する黙示の保証も含みますが、これらに限られません。)をするものではありません。

※なお、当サイトで紹介する口コミはあくまで個人の感想です。感想には個人差がありますので、現状のサービス内容については公式サイトをご確認ください。また、手続きの成約などを保証するものではありません。

※各サービスの情報表の内容は、公式サイトに記載の情報を参考にしています(記事執筆時点の情報です)