暮らしを快適にするための情報メディア

声優養成所って厳しい?いじめは?闇が深い・怖いと言われる理由を解説

PR
声優養成所って厳しい?

「声優志望だけど声優養成所は厳しいって聞く…」
「入所しても合わなかったらどうしよう…」

ネットでは声優養成所は厳しい・闇が深いという評判が多く見られます。入所のためにはお金の工面や、仕事や学業などの私生活の犠牲が必要な場合もあり、養成所選びで失敗したくない人は多いです。

しかし、本当に声優になりたいと強く思う人であれば、本記事を読んで養成所選びを成功させましょう。声優養成所に向いてる人・向かない人と、おすすめの養成所を紹介するので参考にしてください。

声優になりたい方はIRIAMで実績をつくろう
IRIAM

IRIAMが選ばれる3つの理由

  • スマホ1台で配信できる
  • 顔出しの必要なし
  • ユーザーが多く有名になりやすい

IRIAMは無料で配信可能な人気アプリです。スマホ1台で配信でき、誰でも経験が積めて、声優オーディション前に実績を作りたいという人におすすめです。

\ダウンロード数150万突破/

iOSはこちら Androidはこちら
AppStoreボタン GooglePlayボタン

※提供 IRIAM Inc.

声優養成所は厳しい!向かない人もいる

声優養成所は一定厳しい!向かない人もいる

声優業界が厳しい世界であることから、声優養成所は厳しい場所であり、向かない人もいます。

声優養成所は声優の世界を生き抜くために鍛えられる場所であり、一定の厳しさがある世界だと言えるでしょう。声優養成所に向く人、向かない人の特徴を解説します。

声優養成所に向く人の特徴

声優養成所をおすすめできる人

  • 真面目に練習に取り組める
  • 厳しい練習に耐えられる自信がある
  • 協調性がある
  • 想像力が豊かである
  • 台本を理解する読解力がある

声優養成所は、声優という目標に向けて切磋琢磨する環境です。将来のために頑張れることはもちろんですが、周囲とコミュニケーションが取れたほうが学校同様にスムーズに成長できます。

声優養成所に向かない人の特徴

声優養成所をおすすめしにくい人

  • 向上心がない
  • 意志力が低い
  • コミュニケーションが不得意
  • 遅刻や欠席が多く自己管理ができない

声優養成所に通うのであれば、向上心は必須です。プロになるための環境であり、声優業界では精神的にも肉体的にも中途半端な人は長続きしないため、情熱は重要です。

遅刻などでスタッフや共演者に迷惑をかけぬよう、自己管理も必要です。とはいえ、やる気があれば誰にでもチャンスがあるのが声優業界なので、少しでも興味がある方は資料請求だけでもするのがおすすめです。

声優養成所が厳しい・闇が深いと言われる5つの理由

声優養成所が厳しい・闇が深いと言われる5つの理由

声優養成所は厳しく、闇が深いと言われる理由は以下の5つです。

  1. 練習が大変
  2. 声優になれることを約束されていない
  3. 学費が高い場合もある
  4. 声優になれても仕事や給与がない場合もある
  5. いじめがある可能性もある

上記の5つについて、詳しく見ていきましょう。

1.練習が大変

声優養成所が厳しい・闇が深いと言われる理由の1つは、声優養成所の練習が大変なことです。声優になるためには、発声や演技力、滑舌などさまざまなスキルを磨く必要があり、自主練習も必要です。

加えて、発声のために腹筋や広背筋などの筋トレが必要な場合もあります。演技のための読解力などの練習のみでなく、肉体的な鍛錬も重要と言えるでしょう。

このように、肉体的な大変さもあることから、声優養成所の練習は厳しいと言われます。一方、養成所で厳しい練習に耐え抜くことが、厳しい声優業界でデビューした後の活動にも繋がると言えます。

2.声優になれることを約束されていない

声優養成所に通ったからといって、声優になれることを約束されているわけではありません。専門学校の中には、卒業して試験に合格することで資格を取得して職に就くパターンがあります。

しかし、声優には資格はなく、声優養成所に通ったからといって声優デビューが約束されているわけではありません。

厳しい練習を経ても声優になれるとは限らないことから、声優養成所は闇が深いと言われています。当然といえば当然のことなので、深く気にするポイントとは言えません。

3.学費が高い場合もある

声優養成所が厳しい・闇が深いと言われる理由の3つ目は、学費が高いことです。

声優養成所で週1回学ぶ場合の相場は、入所金は7〜16万円、年間受講料は21〜40万円。年間受講料は年度ごとにかかるため、2年間通う場合は大体50〜80万円近くかかる計算です。

また、その他にも交通費やテキスト料、入所審査料なども必要です。ネットで調べることはもちろん、事前に各声優事務所に資料請求をして、予算を確認しておきましょう。

▶ヒューマンアカデミーに資料請求はこちら(公式)

4.声優になれても仕事や給与がない場合もある

声優養成所での卒業試験に合格し、晴れて声優事務所に所属できたとしても、仕事が回ってこない可能性もあります。

声優養成所を卒業したから個人に仕事が来るというパターンはほとんどなく、事務所に来た仕事を受けるというのが基本です。加えて、事務所から仕事が回ってこないこともあり得ます。

そういった場合は、声優としての給与が稼ぎにくいです。養成所のうちに腕を磨くことはもちろん、プロや事務所とのコネクションを築く機会もあるので、積極的にアピールしておきましょう。

5.いじめがある可能性もゼロではない

声優養成所内では生徒同士がライバル同士になるため、競争心や嫉妬などからいじめが起こる場合があります。

また、幅広い年齢層の生徒がいるため、世代間のコミュニケーション不足からいじめに発展するケースも考えられるでしょう。

もちろん、基本的にはいじめが起こる環境にはありません。無用なトラブルを招かないように、声優養成所に入所した場合は、協調性を持って他者と接しておきましょう。

声優養成所の雰囲気は?

レッスンの雰囲気

レッスンの雰囲気

声優養成所のレッスンは学校と比べてレベルが高いこともあり、緊張感のある真面目な雰囲気です。

声を出すレッスンの前はウォーミングアップをしておかないと声が出ないため、レッスン前にしっかりと声出しをすることもあります。

また、声優になるために養成所に通っていることから、モチベーションが高い生徒が多い傾向です。審査前などはより緊張感が高まるため、真剣にレッスンを受けられるでしょう。

声優養成所の中には見学ができる養成所もあるため、実際に足を運びレッスンの雰囲気を見てみるのもおすすめです。

生徒の雰囲気

生徒の雰囲気

声優養成所の生徒は年齢層が幅広いため、和気藹々というよりは真剣味のある雰囲気な養成所が多いです。

演技の経験がある人が入所してくることもあり、意識が高い傾向にあります。そのため、よりレベルの高い生徒がいる環境に身を置きたい人には声優養成所はおすすめです。

また、向上心を持った生徒が多いため、競争意識を持って声優養成所での生活を送ることができます。

声優養成所を選ぶ際の5つのポイント

声優養成所を選ぶ際の5つのポイント

続いて、声優養成所を選ぶ際のポイントについて以下の5項目で解説していきます。

  1. 理不尽な厳しさはないか
  2. 提携プロダクションの豊富さ
  3. 過去実績はどうか
  4. 授業の時間帯や曜日が自身の都合にあうかどうか
  5. 聞いたことのない養成所は選んではいけない

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1.理不尽な厳しさはないか

声優養成所を選ぶ際のポイント1つ目は、理不尽な厳しさはないかどうかです。声優養成所の練習が厳しいといっても、生徒の性格など練習の関係のないところで叱責されることは許されません。

養成所での厳しさが声優になるための助長であるかどうかは、養成所を選ぶ上で重要です。

こういったレッスン内容以外の面は公式サイトの情報からではわかりづらいため、無料の学校見学に参加するなどして雰囲気をつかんでおくことをおすすめします。

2.提携プロダクションの豊富さ

声優養成所を選ぶ際のポイント2つ目は、提携プロダクションの多さです。声優養成所によって、提携プロダクションの数は異なります。

例として、ヒューマンアカデミーは以下のようなプロダクションと提携しています。

  • ・青二プロダクション
  • ・アクロスエンタテインメント
  • ・大沢事務所

提携プロダクションが多い声優養成所は仕事のオーディションを受ける機会が多くなります。そのため、声優デビューのチャンスや成長の機会が多くなると言えるでしょう。

3.過去実績はどうか

声優養成所を選ぶ際のポイント3つ目は、過去実績です。特に、どの程度の期間で何人がデビューしているかやどんな卒業生にいるかなどの情報は、声優を目指す上で重要な情報です。

例として、インターナショナルメディア学院の過去実績は、入所3ヶ月以内のデビューが71名、3年以内のデビューが1,170名と明記されています。

デビュー者数の割合は各養成所によって大きく異なるため、声優養成所を選ぶ際にはしっかり確認することがおすすめです。

4.授業の時間帯や曜日が自身の都合にあうかどうか

声優養成所を選ぶ際のポイントとして、授業の時間割や曜日が自身の都合にあうかどうかも重要です。

声優養成所のレッスンはいつでも行われているわけではなく、養成所によってさまざまです。例えば、全日制の養成所もあれば夜間、週末でのレッスンをおこなっている養成所もあります。

特に社会人の方の場合は、休日や勤務時間によって受講可能時間が大きく左右されることが考えられます。事前に資料請求して、カリキュラムを確認しておきましょう。

▶全日制・夜間制を選べるヒューマンアカデミー

5.聞いたことのない養成所は避ける

声優養成所の名を語る、怪しい養成所には注意しましょう。声優に100%デビューできるというような甘い言葉を誘い文句に、高額な授業料を請求する悪徳業者がいます。

入所後に気づいても、契約書などに縛られて高額な学費をとられるといった話もあります。

声優事務所を選ぶ際は、過去実績や有名声優の在籍確認、そして複数の養成所があるかをチェックしましょう。複数の拠点をもつ養成所は、悪徳業者にはできないやり方なので安心できます。

おすすめの声優養成所

声優養成所のおすすめは、「ヒューマンアカデミー」「インターナショナル・メディア学院」「日本ナレーション演技研究所(日ナレ)」の3つです。

校舎数やコースの多さも考慮すると、ヒューマンアカデミーが一番おすすめです。

声優養成所 厳しさ 応募 校舎 受講回数 レッスン料 レッスン時間 レッスン内容
ヒューマンアカデミー ★★★✩✩ 一般入試
AO入試
東京各地・札幌校・仙台校・横浜校・名古屋校・大阪校など計22校 週1回または全日制
※夜間あり
160,000円〜1,700,000円
(※夜間コース、全日制で変動)
1時間25分~ ボイトレ・業界研究・演技・ボディメイク・声優ワークショップ・ダンスなど
インターナショナル
・メディア学院
★★✩✩✩ 入所申し込み
オーディション
東京校・岡山校・高松校・宇都宮校など計21校 24回〜96回 132,000円〜528,000円 2時間 ボイトレ・マイクパフォーマンス・リズムトレーニングなど
日本ナレーション
演技研究所
★★★★✩ 入所審査 代々木校・池袋校・名古屋校・大阪校など計16校 週1回または週2回 165,000円〜360,000円 2時間 発声・アフレコ実習・朗読・演技など

それぞれの養成所について詳しくみていきましょう。各声優養成所の特徴に合わせて、自分に合ったものを探してみてください。

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは全日制コース夜間コースなどがあり、ライフスタイルに合わせた通い方が可能で、校舎数が22と多いことも強みです。

夜間コースでは週1回から通うことができ、仕事で忙しい方でも気軽に通うことができるでしょう。また、発声のためのボディメイクやダンスなど、幅広いレッスン内容があることも特徴の1つです。

オンラインコースも準備しているため、校舎が遠い方でも入所できます。ヒューマンアカデミーは校舎数も多く、さまざまなレッスンが受けられる声優養成所と言えます。

インターナショナル・メディア学院

インターナショナル・メディア学院

インターナショナル・メディア学院はアニメ「ドラゴンボール」のベジータ役を務める声優の堀川りょうさんが運営する声優養成所です。

入所3年以内にデビューした声優数が1,170名と実績豊富です。学院生のうちからアニメやゲームのオーディションへ参加可能で、デビューのチャンスが比較的多い養成所だと言えるでしょう。

レッスンは月2コマから受講可能であり、上限コマ数は設定されていません。コマ数ごとにレッスン料金がかかりますが、多くの授業を短期間に受講したい方におすすめの声優養成所です。

日本ナレーション演技研究所

日本ナレーション演技研究所

日本ナレーション演技研究所(日ナレ)は、年間レッスン料が165,000円からと比較的リーズナブルな価格設定であることが強みです。

週1回または週2回からコースを選択できるため、週末に練習したい方におすすめの声優養成所です。アフレコ実習やドラマ制作の形式を取り入れたレッスンなどがあり、実践的な技術を学べます。

自身のスケジュールに合わせて比較的安い金額で学びたい方におすすめの声優養成所といえます。

養成所が向いていない人の声優の目指し方

声優養成所が向いていない人の対処法として、以下の2点を紹介します。

  • ・少人数制の声優養成所を検討する
  • ・養成所に通わず声優を目指す道を考える

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

少人数制の声優養成所を検討する

少人数制の声優養成所を検討する

声優養成所が向いていない人の対処法の1つ目として、少人数制の養成所を検討をおすすめします。

声優養成所は幅広い年齢層の人が多く集まるため、多人数の組織が苦手な方には向いていない可能性があります。

また、多人数でのレッスンでは自分のペースで学ぶことが難しくなるため、周りについていけず脱落する可能性もあります。

そういった場合は、10~20人ほどの少人数制の声優養成所の利用がおすすめです。

少人数でのレッスンになるため、各個人のペースに合わせて学び、生徒とも密に関わることが可能です。

養成所に通わず声優を目指す道を考える

養成所に通わず声優を目指す道を考える

声優養成所が向いていない人の対処法の2つ目は、養成所に通わず声優を目指す道を考えるということです。

声優養成所に通わずに声優になった方の例として、花澤香菜さんや花江夏樹さんが挙げられます。

花澤香菜さんは中学生の頃に声優オーディションに合格し、デビューを果たしているそうです。

また、花江夏樹さんは声優事務所に直接自身のボイスサンプルと声優を志望する内容のメールを送り、オーディション後に事務所に所属しています。

声優になるには決まった道があるわけではないため、養成所に通わないで目指すというのも一つの手段だと言えるでしょう。

声優養成所にまつわるよくある質問

声優養成所の入所のオーディションの難易度は?

声優養成所の入所オーディションの合格倍率は3~5倍程度です。大きな声優養成所だと、300人前後がオーディションを受けて、60人ほどが合格できるということです。

つまり声優養成所の倍率は、比較的高くはない(合格しやすい)数字だと言えます。

そのため、声優になりたいけど入所オーディションに合格する自信がないという方でも、ひとまず受けてみるというのが重要だと言えるでしょう。

厳しい声優養成所のほうがいいって本当?

声優業界は狭き門であり、プロの声優になれる人はごく一握りです。

従って、大変さに慣れるという点でも声優養成所は厳しい場所に通う方がメリットがあると考えられます。

また、声優になってからも競争の世界であるため、意識高く生徒同士が競い合う風潮が強い声優養成所に通う方が精神面でも鍛えられると言えるでしょう。

まとめ:声優養成所はプロになる最短距離の1つ

声優の世界は競争が激しく厳しい世界のため、声優を目指す人が集まる声優養成所も安易な環境ではありません。プロの声優を目指すには、厳しい練習を乗り越える覚悟が必要であると言えます。

今回紹介した声優養成所のように、厳しいだけではなく、さまざまな特色や強みを持った声優養成所があります。

どの声優養成所が自分に合っているかや、真面目に練習に取り組めるのはどこかなど、多くの声優養成所をしっかりと比較して選ぶようにしましょう。

目次