暮らしを快適にするための情報メディア

にじさんじのオーディション倍率は?条件や応募方法を解説

PR
にじさんじのオーディション倍率は?条件や応募方法を解説!

「にじさんじのオーディション倍率はどれくらい?」
「誰でも応募できる?難易度は?」

にじさんじのオーディション受験を考えるときに、気になるのが倍率や応募資格についてです。

にじさんじとは、ANYCOLOR株式会社が運営するVTuberグループで、にじさんじに入るには高い倍率のオーディションに合格する必要があります。オーディションはVtuberやライバー未経験でも受験が可能です。

この記事では、にじさんじオーディションの概要や対策方法を解説しています。ライバーとしての実績の積み方についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

今すぐVtuberとして活動可能
IRIAM

配信アプリIRIAMは無料でVtuber経験がつめます。V活動したいけど「なにをすれば良いかわからない」「機材を用意するのが難しい」という人におすすめです。上場企業運営で安心!

\ダウンロード数150万突破/

iOSはこちら Androidはこちら
AppStoreボタン GooglePlayボタン

※提供 IRIAM Inc.

にじさんじのオーディション倍率は約1,200倍


にじさんじのオーディション倍率は約1,200倍といわれています。つまり合格率は0.1%以下の、高難易度ということになります。

にじさんじの競合VTuberグループであるホロライブの大空スバルさんが、ホロライブのオーディション倍率が1,200倍と公言しており、にじさんじのオーディションも同程度の倍率であると考えられます。

ただし、大空スバルさんがホロライブのオーディションを受けたのは2020年なので、人気が上昇しているにじさんじの現在のオーディション倍率は1,200倍よりも高い可能性もあります。

にじさんじのオーディションは未経験でも応募できる?

オーディションは未経験でも応募可能

開催日程 不定期
▶公式SNSで開催時期をチェック
対象制限 特になし
未経験・学生・未成年可能
※未成年の場合、親権者同意が必須
費用 無料
合格要点 実績があると有利

にじさんじのオーディションは未経験でも応募が可能です。オーディションには通常オーディションとバーチャル・タレント・アカデミー(VTA)のオーディションの2つがありますが、現在はVTAのみ行われています。

過去に行われたVTAオーディションの対象者を見ると、すべて「経験不問」とされているので、配信経験がなくてもオーディションに応募できます。

通常オーディションとVTAオーディションのちがい

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)のオーディションは、ライバーの候補生を募集するオーディションです。通常のオーディションと違い、育成するタレントを決めるための審査となっています。

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)では配信未経験者向けと配信経験者向け、アーティスト向けのオーディションを受けることが可能です。通常オーディションの開催が不定期なので、現状ではVTAがデビューへのきっかけになっています。

未経験でもOKのVTAオーディションはいつある?

にじさんじのバーチャル・タレント・アカデミー(VTA)オーディションは、直近では2023年5月の募集がされています。

オーディションは今後も行われると考えられますが、不定期での開催となっていますので見逃さないようにしましょう。

受験を考えている方は、VTAのX(旧Twitter)アカウントなどを定期的にチェックしておくのがおすすめです。

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)ってなに?

VTAオーディション

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)とは、「にじさんじ」のノウハウを活かした、VTuberとしてのスキルの向上を目指す育成プログラムのことです。

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)に入ることで、以下のようなことが学べます。

アカデミーで学べること

  • 配信プラットフォームに関するSEO対策
  • コンプライアンス研修
  • ライブ配信
  • ダンス

アカデミーで学ぶ中で実力が認められた場合は、ライバーとしてデビューすることが可能です。配信者としての基礎を学ぶことができるため、オーディションにも通りやすくなると言えるでしょう。

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)の応募資格

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)の応募資格は下記のとおりです。

アカデミーの応募資格

  • 継続的に活動できる、かつ優先的にスケジュールを調整できる⽅
  • 週に20時間以上(うち週に平⽇3⽇の都内での夜間レッスン)の活動スケジュールを確保できる⽅
  • 都内での⾯接に必ずご参加いただける⽅
  • 学生可(親権者の同意がある場合)

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)は入学金や講義の受講料など、学ぶための費用がかかりません。

加えて、受講中はトレーナーがサポートを行うため、安心して学ぶことができると言えるでしょう。

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)のオーディション内容

オーディションの審査フロー

  • 1.書類選考
  • 2.通話面談
  • 3.適性検査
  • 4.最終選考(都内)

バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)の配信者向けオーディションの審査フローは4段階あります。一次選考である書類選考では動画での審査も含まれています。

にじさんじの人気VTuber「月ノ美兎」さんは動画審査では行ってみたい場所について話をしたそうです。動画審査は自己PRの役割を担っているようで、自己紹介や特技の披露など、さまざまなパターンでの応募が可能となっています。

今後もオーディションは行われていくと考えられるため、バーチャル・タレント・アカデミー(VTA)に入りたい方は、今後開かれるオーディションに向けて対策をしていくようにしましょう。

にじさんじのオーディションに落ちる人の3つの特徴

にじさんじのオーディションに落ちる人の特徴には以下のような点があります。

オーディションに落ちる人の特徴

  • 志望動機がはっきりしていない
  • 具体的な活動目標が示されていない
  • 歌やゲームなど活動内容がありきたり

何千という応募がある中でありきたりな内容の応募をしても、審査員の目に止まらない可能性があります。「こういうVTuberになりたい」といったことが明確に書かれていない場合も採用されにくいと言えるでしょう。

オーディションに合格するためには、今にじさんじはどういったライバーを必要としているのかを考え、具体的にどんな活動をして何を目標にしたいかを明記して応募することが重要です。

オーディションに落ちても再受験することも可能

にじさんじのオーディションは、審査に落ちたとしても何度でも応募することが可能です。

オーディションに数回落ちた後に合格し、実際に現在活躍しているVTuberには以下のような方がいます。

再応募で合格し活躍しているVTuber

  • ラトナ・プティ
  • 本間ひまわり
  • 先斗寧

一度落ちても諦めずにオーディションを受けて合格した人もいるため、VTuberとして活躍したい気持ちが強い人は何度でもオーディションを受けることをおすすめします。

にじさんじのオーディションで意識する4つのポイント

オーディション対策は、主に以下の4つが挙げられます。

オーディションの対策一覧

  • 自己PRを作り込む
  • SNSのフォロワー数を増やしておく
  • 志望理由をしっかりまとめておく
  • 配信者としての実績を作っておく←重要

上記の4つについて詳しく見ていきましょう。

自己PRを作り込む

にじさんじのオーディション対策の1つ目は、自己PRを作り込むことです。書類選考の自己PRはオリジナリティを出すことが大切です。

自己PRでは、なりたいキャラクターや志望理由、やりたいことなどを具体的に記載するようにしましょう。

オリジナリティを出す例として、以下のようなものが考えられます。

オリジナリティのある自己PR例

  • かわいい声質を活かした歌を歌う
  • プレイするゲームを周りと差別化して登録者数を伸ばす

また、動画編集ができるなど、全く未経験の応募者との差別化を図れるアピールポイントがあればしっかりと伝えることがおすすめです。

SNSのフォロワー数を増やしておく

にじさんじのオーディション対策の2つ目は、SNSのフォロワー数を増やしておくことです。

SNSのフォロワーを増やしておくと審査に有利に働く可能性があります。SNSのフォロワー数が多いとファンを掴む素質があると思わせることが可能です。

また、既存のファンをYouTubeに誘導できるため、審査における強みの1つと言えるでしょう。

志望理由をしっかりまとめておく

にじさんじのオーディション対策の3つ目は、志望理由をしっかりまとめておくことです。特に、なぜ競合の事務所でなくにじさんじを志望しているのかを明確にしておくことが大切です。

また、具体的な目標登録者数や、登録者数以外の目標も考えておくことに加えて、目標達成の助長となる自分のスキルのアピールをすることもおすすめします。

その他、メンタルの強さに言及するなど、ライバーとして活躍する上で必要なポイントについても話せるようにしておきましょう。

配信者としての実績を作っておく


にじさんじのオーディション対策の4つ目は、配信者としての実績を作っておくことです。

配信アプリの登録者数は審査において実績として認められます。オーディションにおいては登録者数が少ないとしても、未経験者よりは有利になると考えられるでしょう。

配信者としての実績を作るのにおすすめの配信アプリは「IRIAM」(提供 IRIAM Inc.)です。また、顔出しでの配信が可能な方は「BIGO LIVE」や「Pococha」を利用しても良いでしょう。

実績作りにおすすめのライブ配信アプリ

にじさんじのオーディションは不定期開催であり、合格するためには実績を作っておくことが重要です。

VTuberとしての配信実績を作るのにおすすめの配信サービスは「IRIAM」(提供 IRIAM Inc.)と「BIGO LIVE」「Pococha」の3つです。

それぞれについて、料金や始め方などを詳しく解説します。うまくいけばお金も稼げるので、まずダウンロードするのがおすすめです。

IRIAMの特徴と経験の積み方

IRIAM

IRIAMはイラストを1枚用意するだけでVTuberとして配信ができるサービスです。

配信に費用がかかることはなく、顔を出したくないという方には嬉しい配信サービスだと言えるでしょう。

IRIAMでは本人の顔ではなくイラストを用いた配信を行うため、キャラクターになりきって配信できるため、にじさんじでのVTuberとしての活動を見据えた練習が可能です。

iOSはこちら Androidはこちら
AppStoreボタン GooglePlayボタン

※提供 IRIAM Inc.

IRIAMの登録から配信までの手順

IRIAMの配信までの手順

  • 1.アプリのダウンロード
  • 2.メールアドレスやAppleID等で会員登録
  • 3.各アプリでのアカウント連携、メール認証
  • 4.アプリトップの「ライブ」をタップ
  • 5.配信で使用するイラストのアップロード
  • 6.「配信スタート」をタップ

IRIAMは、6段階の手順を踏むことで、配信を開始できます。イラストを使って手軽にVTuberとして配信が可能なので、顔を出さずに配信経験を積みたい方におすすめです。

BIGO LIVEの特徴と経験の積み方

BIGO LIVE(BIGOLIVE)

BIGO LIVE(ビゴライブ)は、顔出しで配信を行うサービスです。

ラジオ配信を利用すれば、顔出しせずに配信することも可能です。また、新人ライバー奨励プログラムや宝探しなど、ライブ配信を利用したイベントが盛りだくさんなので、初心者でもゲーム感覚で配信の実績を積めます。

一部のイベント入賞者には、ニューヨークのタイムズスクエア広告のモデルとして起用されるなど、大きな実績につながることもあります。

BIGO LIVEの登録から配信までの手順

BIGO LIVEの配信までの手順

  • 1.アプリのダウンロード
  • 2.連携したいSNSやアカウントをタップ
  • 3.各アプリでのアカウント連携
  • 4.アプリ下部の配信ボタンをタップ
  • 5.タイトルを入力し配信スタートをタップ

BIGO LIVEは、5段階の手順で配信を開始できます。GoogleやAppleID、各種SNSでアカウントを作成していれば、面倒な登録作業を一切せずに配信できるため「すぐに実績を作りたい」「試しに配信してみたい」という方は始めてみましょう。

Pocochaの特徴と経験の積み方

Pococha

Pocochaは顔出しで配信を行うサービスです。

IRIAMと違い、実際に自分の顔を出して配信を行うため、人前で話をすることに慣れることができます。そのため、Pocochaでの配信経験は面接など直接顔を合わせる審査に活きてくると言えるでしょう。

また、顔に自信がある方は登録者数を増やしやすいため、配信実績作りに有利に働く可能性があります。

登録者数が多く得られた場合は、にじさんじのライバーとして活動できるようになった際にファンを誘導できる可能性があるため、審査における強みになるでしょう。

▶Pocochaの公式サイトはこちら

Pocochaの登録から配信までの手順

Pocochaの配信までの手順

  • 1.アプリのダウンロード
  • 2.連携したいSNSやアカウントをタップ
  • 3.認証でIDとパスワードを入れてログイン
  • 4.アプリ下部の「◎」ボタンをタップ
  • 5.タイトルを入力し配信スタートをタップ

Pocochaは、5段階の手順で配信を開始できます。実際に顔を出して配信の経験を積みたい方におすすめなので、配信の実績を作りたい方は始めてみましょう。

まとめ:オーディション合格のために実績作りが重要

にじさんじのオーディションは不定期開催となっており、次いつ応募が始まるかはわかりません。

オーディションに合格するためには、まずIRIAMやBIGO LIVE、Pocochaを使って動画配信から始めるところからチャレンジしてみましょう。

今すぐVtuberとして活動可能
IRIAM

配信アプリIRIAMは無料でVtuber経験がつめます。V活動したいけど「なにをすれば良いかわからない」「機材を用意するのが難しい」という人におすすめです。上場企業運営で安心!

\ダウンロード数150万突破/

iOSはこちら Androidはこちら
AppStoreボタン GooglePlayボタン

※提供 IRIAM Inc.

配信の実績作りはIRIAMがおすすめ

AppStoreボタン
GooglePlayボタン
目次