暮らしを快適にするための情報メディア

【2021年】タマホームの坪単価はいくら?実際に建てた人の価格(総額)や他社比較

タマホーム坪単価
くらし+プロフィール
くらしプラス@編集部
30代の注文住宅編集部。後悔を残したメンバー&これからマイホーム購入を考える選抜メンバーで、詳しさは業界トップ級だと自負してます。

「タマホームの坪単価はどのくらい?」

「35坪の総額や40坪の総額はいくら?」

タマホームは「ハッピーライフ、ハッピーホーム、タマホーム」のCMで、誰もが一度は耳にしたことがある会社でしょう。しかし、CMなどの広告費を使っているぶん価格が高いか心配ですよね。

この記事では、タマホームの坪単価はもちろん、住まいを建てた方の坪単価に関する口コミ評判をまとめています。メリット・デメリット、どんな家を建てられるのかも解説しているため、タマホームで建てれば良いか判断できます!

この記事の結論

家アイコン 坪単価は45〜50万円と安い
家アイコン 30坪:1,350〜1,500万円
家アイコン 40坪:1,800〜2,000万円

くらしプラス編集部が検証しました!

注文住宅の検証画像

注文住宅おすすめ
ハウスメーカーランキング18選

タマホームの概要|コストパフォーマンスが良い住宅

タマホーム

坪単価 45〜50万円程度
会社設立 1998年6月3日
構造 木造軸組在来工法
居住タイプ 平屋、2階建て、3階建て
保証期間 初期保証10年
(条件によって、延長保証30年、60年)
新築引渡し実績数 283,000戸(2019年)

タマホームは他ハウスメーカーに比べて、コストパフォーマンスが良いことが特徴です。タマホームの創業者は、適正価格で良質な家づくりを実現するために、独自のコストダウン体制を構築してきました。

また、家が品質を維持して長持ちすることは、家族の経済的な負担の軽減や環境への配慮につながります。

タマホームが目指しているのは、耐震性や耐久性にも力を入れた優良な住宅の建築です。マイホームは建てて終わりではなく、そこから家族が安全に暮らしを営めるように工夫しています。

タマホームはこんな人におすすめ

  • 予算を抑えて注文住宅を購入したい人
  • 設備などにお金をかけたい人
  • 自己資金を多く用意できない人
  • 20代でのマイホーム建築を目指す人

タマホーム公式はこちら

タマホームの坪単価は45〜50万円【総額目安】

建坪数 本体価格
25坪(約83平米) 1,125〜1,250万円
30坪(約99平米) 1,350〜1,500万円
35坪(約116平米) 1,575〜1,750万円
40坪(約132平米) 1,800〜2,000万円
50坪(約165平米) 2,250〜2,500万円

タマホームの坪単価は、当社調べによると45~50万円前後です。他ハウスメーカーと比較すると、坪単価としては低い部類に入ります。

タマホームではコストダウンに取り組んでいるため、なるべく予算を抑えて注文住宅を建築したい人はタマホームを検討してみる価値があります。

ただし、坪単価は土地の条件や家の設備、仕様などによっても異なるので参考程度に留めてください。家を建てる際には、坪単価や本体価格も重要ですが、品質や保証内容、アフターサービスなどにも注意して総合的に判断するのがおすすめです。

タマホーム公式はこちら

人気ハウスメーカーとの坪単価比較

ハウスメーカー 坪単価 構造
タマホームタマホーム 約50万円 木造
積水ハウス積水ハウス 約80万円 木造、鉄骨
へーベルハウスへーベルハウス 約90万円 鉄骨
住友林業住友林業 約80万円 木造
ミサワホームミサワホーム 約80万円 木造
セキスイハイムセキスイハイム 約80万円 鉄骨、木造
住友不動産住友不動産 約80万円 木造
パナソニックホームズパナソニックホームズ 約90万円 鉄骨
一条工務店一条工務店 約70万円 木造
大和ハウス大和ハウス 約80万円 鉄骨、木造
スウェーデンハウススウェーデンハウス 約90万円 木造
日本ハウスHD日本ハウスHD 約70万円 木造
ヤマダホームズヤマダホームズ 約90万円 木造
三井ホーム三井ホーム 約80万円 木造
トヨタホームトヨタホーム 約80万円 鉄骨
クレバリーホームクレバリーホーム 約60万円 木造
ユニバーサルホームユニバーサルホーム 約60万円 木造
アキュラホームアキュラホーム 約80万円 木造

全部見る

人気ハウスメーカーと坪単価を比較した場合、木造メインのハウスメーカーではタマホームの坪単価は安いことがわかります。家づくりにかける金額が安い分、太陽光発電システムや床暖房などの設備にお金をかけられます。

タマホーム公式はこちら

タマホームの坪単価に対する評判・口コミ


タマホームの坪単価の口コミを見ると、タマホームは他ハウスメーカーと比べて良心的な価格に魅力を感じているようです。また、坪単価は安いのに断熱性能がよいという評価もあります。

寒さや暑さを遮り室内温度を快適に保つことで、省エネ効果も期待できるでしょう。価格だけでなく、木材や瓦、断熱材などの面でも満足のいく家を実現できそうという声が上がっています。

タマホーム公式はこちら

タマホームの商品一覧

タマホームの商品ラインナップ

地域 商品名 特徴
5・6・7地域 ・大安心の家
・大安心の家プレミアム
・木麗な家
・木望の家
・GALLERIART
・グリーンエコの家
・和美彩
・温暖な気候で外皮の断熱や日射遮蔽など、省エネ対策を重視
・低いUa値を確保することで光熱費を削減
・オーナーの希望に応える豊富な商品展開
4地域 ・大安心の家[愛]
・大安心の家[愛]プレミアム
・木麗な家[愛]
・GALLERIART[愛]
・積雪や冬の寒さも考慮した家づくり
・サッシやガラス、断熱材などで4地域の気候に合わせた仕様
3地域 ・大安心の家[暖]
・大安心の家[暖]プレミアム
・木麗な家[暖]
・GALLERIART[暖]
・寒冷地に適した断熱等性能等級4を満たす仕様
・標準でオール電化を装備
・サッシやガラス、断熱材で3地域の気候に合わせた仕様
・水道管の凍結防止対策や選べる屋根仕様
1・2地域 ・大地の家[暖]
・木麗な家[大地]
・GALLERIART[大地]
・北海道や東北地方の積雪地帯に適した仕様
・断熱性能等級4を満たす高い断熱性と気密性
・水道管の凍結防止対策や積雪傾向に合わせた屋根仕様

日本は地域によって気候や温度に差があり、それぞれの地域の気候条件に合う建築も異なってきます。タマホームでは、日本全国を気候条件によって区分した「省エネ地域区分」に基づいて商品ラインナップを変えているのが特徴です。

▼1-7の地域区分はこちら(タップで開閉)

タマホーム公式はこちら

タマホームで建てるメリット

  1. 安定した構造
  2. 優れた断熱性
  3. 保証は最長60年まで延長できる
  4. 1年中快適な室温をキープできる

安定した構造

タマホームの木材

タマホームは、接合性能と強度の高い面材を土台・柱・梁へ直接張ることにより、外からかかる力の負担を分散し高い耐震性を確保しています。

また、基礎の底全体が鉄筋コンクリートの面構造になっているので、家の重さを分散させ、強い地震にも耐えられます。

優れた断熱性

優れた断熱性のサッシ

サッシの種類 特徴
サーモスX ・熱を通しやすいフレーム部分をスリム化
・耐久性に優れたアルミ材と断熱性に優れた樹脂形材の組み合わせ
・アルミ材を室外側と室内側に分けて樹脂部材でつないだ半樹脂サッシ
・結露対策も可能
エルスターX ・外気熱を吸収しやすいフレーム部分を縮小した樹脂サッシ
・熱を通しにくいガラス面積を大きくし、断熱性を向上

タマホームでは、断熱性能を高めるためにガラスやサッシなどの性能にもこだわっています。トリプルガラスでは、中間に1.3mmの特殊薄版ガラスを入れることで軽さを実現しながらも外気や紫外線、熱の侵入をしっかりと防げます。

保証を最長で60年延長できる

タマホームの長期保証

タマホームは、保証を最長で60年延長できます。家は建築するだけでなく、保証やアフターサービスなどのサポートも重要です。タマホームでは、初期保証として10年間の保証が用意されています。

タマホームが実施する定期点検や必要な有償メンテナンス工事を行うことで、5年ごとに保証期間を10年延長できます。

最長で30年間、そして長期優良住宅を取得した住宅では最長60年間の保証が可能です。安心して快適に暮らしていくためには、保証制度や点検サポートが充実しているのは嬉しい点です。

トラブルや故障で相談可能|24時間365日対応

実際に住んでみてトラブルが起こったときには、24時間365日対応しているコンシェルジュに相談できます。

例えば、水回りのトラブルや故障など、日常生活で困ってしまう問題に対して至急で相談できるのは安心でしょう。このほかにも、地盤保証制度や住宅瑕疵担保責任保険、シロアリ10年補償などが用意されています。

1年中快適な室温をキープ

タマホームの優れた断熱性

タマホームの家づくりでは、室内温度を冬は暖かく夏は涼しく保つことができるように工夫されています。特に、高断熱住宅「大地の家」では、ZEHの断熱レベルを上回るUa値0.37W/(㎡‣K)を実現しています。

省エネを実現しながら、一年を通して室内の温度をキープして快適に過ごすことができるでしょう。年間の光熱費の節約にも一役買っています。

タマホームで建てるデメリット

  1. 価格が高騰する可能性がある
  2. 初期保証が10年と他メーカーに比べて短い
  3. ZEH普及率が低い

価格が高騰する可能性がある

タマホームは木造を中心したメーカーのため、ウッドショックによって価格が高騰する可能性があります。ウッドショックとは、輸入木材の価格が高騰し手に入りにくくなっている現象です。

新型コロナウイルス感染症の影響などを受けて米国や中国などで住宅建設が進み、世界的な木材の需要が上がっていると言われています。日本でも輸入木材が不足し、国産木材の需要が急激に上がる可能性があります。

輸入・国産ともに木材の取り合いになってしまい、価格が上がると予測されます。木材を中心としているタマホームでも、価格に影響が出る可能性があるでしょう。

初期保証が10年と他メーカーに比べて短い

タマホームの初期保証の期間は10年です。大手ハウスメーカーの保証年数と比べると、20年ほど短いです。点検や有償メンテナンスを行うことによって条件を満たした場合は、最長で30年や60年までの保証延長も可能です。

ただ、初期保証の期間だけで比べると、ほかの大手ハウスメーカーより短くなっています。安心して長く暮らしていきたいと思う人や大手ハウスメーカーと比較している人にとっては、初期保証の期間に関して少し不安を感じてしまうところでしょう。

ZEH住宅の普及率が低い

タマホームはZEHの普及率が低いといえます。ZEH住宅は、断熱や省エネだけでなく創エネの機能を兼ね備え、消費するエネルギーが創出するエネルギー以下になる住宅です。

現時点でタマホームでのZEHの普及率は高くなく、2020年度の実績は2%となっています。

しかし、高断熱化・高効率設備の搭載や太陽光発電システムの搭載によってZEHに対応した「大安心の家 ZERO」の発売や今後のZEH販売目標の設定などから、タマホームでも取り組みに力を入れていることが伺えます。

出典:SII公開データ

タマホーム公式はこちら

【失敗しない】ハウスメーカー選びの重要なポイント

  • 複数社から見積もりを取る
  • オリジナルの間取りプランをもらう
  • 土地情報も一緒に探してもらう

「総額どのくらいの金額なの?」「実際の間取りプランが見たい!」など気になることがあると思いますが、この3つの方法を行うことで理想のマイホームにグッと近づけます。

特にハウスメーカーを決める際には、絶対に複数社から見積もりをもらいましょう。複数社から見積もりを取っただけで、数百万安くなったという口コミもあります。

無料で複数社の間取りが貰える「タウンライフ」

タウンライフ

ハウスメーカー複数社から見積もりや間取りプランをもらうのは、正直大変です。

一括資料請求サイト「タウンライフ」なら、大手含む約600社から任意で選び「見積もり」「間取りプラン」「土地情報」が無料でもらえます。

間取りについての要望は細かく設定できるので、理想のマイホームにあわせたプランをもらうことができます。

※筆者は電話営業などを受けませんでした

▶土地探しのアドバイスを受けたい方はこちら

タマホームでどんな家が建つ?

実例1|家族一緒の時間を楽しめる快適な家

タマホームの実例1

美しい外観デザインが特徴的なこの家は、5人のお子さんをもつご夫婦が建てた念願のマイホームです。

大家族で来客も多いことから、LDKに加えてセカンドリビングやサードリビングを設置するなど、リビングにこだわりをもって設計されました。

また、ダイニングとキッチンを横並びにすることで家事がしやすく、見た目もすっきりとホテルライクな生活空間を演出しています。

実例2|みんなが笑顔になる快適な家

タマホームの実例2

おしゃれなテラス空間のような長い軒を備える外観が印象的です。屋根と一体型の太陽光パネルが設置されており、遠くから眺めても美しい家です。

使い勝手のよさを第一に考えた家族用スペースには、家事が楽になるように動線を考えた工夫が盛り込まれています。吹き抜けのリビングには開放感があり、家族の憩いの場となっています。

実例3|シンプルデザインの平屋住まい

タマホームの実例3

モダンで洗練されたシンプルデザインが特徴的な平屋タイプのこちらの家は、豊かな自然の中に映える美しい住まいです。

薪ストーブの設置やサーフボードを収納できる玄関土間、小上がりの畳スペースを設けた寝室など、オーナーの夢をふんだんに盛り込んだ個性的な家に仕上がっています。

大きな窓によって明るくて風通しのよいリビングが実現され、今では家族団らんのためのかけがえのない空間です。暗くなりがちな玄関には、足元に小窓を設けることで光を採り入れられます。

実例4|吹き抜けや窓で明るく開放的な家

タマホームの実例4

三角屋根やヨーロッパ調の親子ドアが特徴的なこちらの家には、光を採り込んで明るく暮せるように多くの窓が備え付けられています。LDKには吹き抜けがあり、開放的な空間となっています。

家族と会話を楽しみながら料理ができるオープンキッチンは、白を基調としたスタイリッシュな印象です。

実例5|厳寒の冬でも快適な家

タマホームの実例5

冬の寒さが厳しい秋田県に建築されたこちらの家は、タマホームの断熱性能が活かされ、寒い時期でもエアコンだけで暖かく快適に過ごせる住まいです。室内を快適な温度に保つために、玄関には風除室を設置して冷気の侵入をシャットアウトします。

また、白と茶色によって統一してコーディネートされたおしゃれなLDKやアーチ形の壁を設けたキッチンなど、外観だけでなくインテリアもこだわった美しい住まいです。

※建築実例はタマホーム公式サイトを参照

タマホーム公式はこちら

タマホームの展示場と対応エリア

エリア 都道府県
北海道 北海道
東北 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
北陸 新潟、富山、石川、福井
関東 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、
栃木、群馬、山梨
東海 長野、愛知、岐阜、静岡、三重
近畿 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山
中国 鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国 徳島、香川、愛媛、高知
九州 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄

タマホームでは、全国に営業所やモデルハウスを展開しています。実際に足を運んでみてタマホームの建築を体験してみることで、ほかのハウスメーカーと比較するのもおすすめです。

タマホームの展示場はこちら

タマホームの坪単価・特徴まとめ

  • 坪単価は45万円~50万円
  • 他社と比較すると安め
  • 耐震性・断熱性がしっかりしている

タマホームの坪単価は、大手のハウスメーカーの中では安い傾向にあります。独自のコストダウン戦略によって、買い手が適正価格で良品質な注文住宅を実現できるように工夫されています。

断熱性能や耐震性・耐久性にも強いこだわりがあり、安心して長く暮らしていける住まいづくりを提案してもらえるでしょう。

限られた予算の中でも自由設計で望み通りの家を建てたいと思っている人は、モデルルームに足を運んで実際にタマホームの技術力を確認したり見積もりを出してもらったりするのもおすすめです。

タマホーム公式はこちら

無料一括見積もりなら「タウンライフ」がおすすめ

タウンライフ

一括資料請求サイト「タウンライフ」なら、大手含む約600社から任意で選び「見積もり」「間取りプラン」「土地情報」が無料でもらえます。

間取りについての要望は細かく設定できるので、理想のマイホームにあわせたプランをもらうことができるので使ってみてください。

※筆者は電話営業などを受けませんでした

▶土地探しのアドバイスを受けたい方はこちら

関連記事
注文住宅おすすめランキング18選
セキスイハイムの評判 住友林業の評判
住友不動産の評判 積水ハウスの評判
ミサワホームの評判 パナソニックホームズ
の評判
一条工務店の評判 タマホームの評判
大和ハウスの評判 ヘーベルハウスの評判
スウェーデンハウス
の評判
三井ホームの評判
トヨタホームの評判 クレバリーホームの評判
アキュラホームの評判 アイダ設計の評判
アイフルホームの評判 桧家住宅の評判
坪単価一覧
ミサワホーム 住友林業
へーベルハウス 積水ハウス
タマホーム 一条工務店
三井ホーム トヨタホーム
パナソニックホームズ 大和ハウス
スウェーデンハウス -
目次