暮らしを快適にするための情報メディア

25坪の間取り実例を紹介!おしゃれな家にする方法や工夫の仕方も掲載

25坪の間取り実例を紹介!

くらし+プロフィール
くらしプラス@編集部
30代の注文住宅編集部。後悔を残したメンバー&これからマイホーム購入を考える選抜メンバーで、詳しさは業界トップ級だと自負してます。

「25坪の家はどんな間取りが実現できる?」

「25坪で理想のおうちを建てたい!」

25坪の間取りは、3LDKが多く、2~3人で住むのが丁度よい広さです。しかし、25坪の家でどんな間取りができるのか、イメージが湧かないですよね。

この記事では、延床面積25坪の家をおしゃれに建てるポイントや、コンセプト別の間取り集を掲載しています。費用相場もまとめているので、予算内で理想の間取りを実現する参考にしてください。

目次

25坪の家の広さ|間取り・家族構成

25坪の広さは約80平米

25坪の家の広さは、約80平米(平方メートル)です。一坪の大きさは、3.3平米なので、25×3.3=82.5平米、畳数で表すと約50畳です。

6人制のバレーコートの大きさが18m×9mの162平米なので、半分が25坪と考えるとイメージがしやすいでしょう。

ただし、敷地面積の広さが25坪あっても、25坪の家は建てられません。建物は、建ぺい率など敷地に対して建てられる住宅の大きさが建築基準法で決まっています。そのため、一般的に建物の坪数は、建物全ての床面積を足した数字の延床面積を指しています

【延床面積とは】
建物全ての床面積を足した数字のこと
▼家を建てる際に目にする単位(タップで開閉)
家を建てる際に目にする単位
  • ・平米=平方メートル
  • ・1坪=3.3平米
  • ・1畳=約0.5坪(1.62㎡以上)

25坪の家の間取り目安

25坪の家の間取りは、3LDKが目安です。4LDKでも問題はありませんが、各部屋のスペースが5畳以下になるため、手狭に感じるでしょう。

25坪の家のLDKは、12~17畳程度の広さが心地よく、アイランドキッチンを置いても十分なスペースが確保できます

収納スペースや駐車場などのスペースによっても前後はしますが、3LDKで25坪の間取りを考えるのが一番無難です。

25坪の家に適した家族構成

人数 都市型居住型 一般型
2人 55㎡ 75㎡
3人 75㎡ 100㎡

出典:居住面積水準|国土交通省

25坪の家に適した家族構成は、2~3人です。国土交通省が発表している居住面積水準によると、東京や大阪など都市部に住む予定であれば、3人でも問題ありません

しかし、都市部以外で25坪の家に住む場合は、約20平方メートル足りないため、LDKや部屋全体を狭くする必要があります。

そのため、25坪の家を建てる場合は、何人で住むのかを先に考えたうえで間取りを考えるのをおすすめします。

25坪の家を建てるために必要な土地の広さ

建ぺい率 敷地面積に対する建築面積の割合
容積率 敷地面積に対する延床面積の割合

25坪の家を建てるために必要な土地は、建ぺい率と容積率のかけ合わせで住宅の大きさが決まるため、場合によって様々です。

建ぺい率は、30~60%と法令で決まっています。しかし、特定行政庁が指定している角地であれば10%上乗せなど、建ぺい率は変化します。また、容積率は、前面道路の広さが12メートル以上か以下で変化します。

そのため、正確に知りたい場合は、ハウスメーカーやHOME4U「家づくりのとびら」に相談するのが良いでしょう。

▼25坪で必要な敷地面積(タップで開閉)
階数 建ぺい率 30%
容積率 100%
建ぺい率 50%
容積率 100%
建ぺい率 80%
容積率 100%
2階建て
(1・2階ともに約12坪)
約40坪 24坪 15坪
3階建て
(1・2・3階ともに約8坪)
約26坪 16坪 10坪
平屋 約83坪 50坪 約31坪

25坪の家をおしゃれに建てる10のポイント

10のポイント一覧

  • 吹き抜け天井を施工する
  • ビルトインガレージを設置する
  • ウォークインクローゼットで収納力を上げる
  • フロアで役割を分ける
  • スキップフロアを利用する
  • 螺旋・リビング階段を設置する
  • 中庭を設ける
  • アイランドキッチンに変更する
  • 勾配天井・屋根裏部屋を活用する
  • ルーフバルコニーを施工する

吹き抜け天井を施工する

吹き抜け天井を施工することで、25坪の家をおしゃれに彩ってくれます。吹き抜け天井は、部屋全体を広く演出してくれます。

また、吹き抜け天井と天窓や大開口の窓を合わせて施工することで、光も取り入れられる明るい間取りにもできます。しかし、天井が高いとメンテナンスや室内温度の管理が難しくなるといったデメリットがあるので注意しましょう。

例えば、暖かい空気は上に行き、寒い空気は下に溜まる関係上、エアコンの設置場所などを考える必要が出てきます。そのため、メンテナンスや部屋の間取りを考慮したうえで、吹き抜け天井を設置するのがおすすめです。

ビルトインガレージを設置する

ビルドインガレージを設置することで、車好きにはたまらない間取りにできます。

ビルドインガレージは、車を雨風から守れるだけでなく、防犯対策もできるスペースです。リビングから車が見えるように窓を設置すれば、愛車を見ながらの生活ができます

また、ガレージを趣味部屋として活用できるため、趣味のスペースとしても楽しむことが可能です。作業スペースとしても活用できるため、自分だけの空間が欲しい人におすすめです。

収納スペースを充実させる

収納スペースを充実させることで、部屋を綺麗に見せられます。収納力がない場合、部屋に物が溢れ、全体的に散らかった印象になりがちです。

寝室にウォークインクローゼットを設けたり、シューズクローゼットを設置することで、散らかる可能性が抑えられ、生活感がないおしゃれな空間を保てます

なお、収納スペースをつくる場合は、出し入れの頻度が多い場所なのか、収納したいものが十分に入る広さなのかなど、用途ごとに適切な場所に必要な広さの収納をつくるのが良いでしょう。

フロアで役割を分ける

フロアで役割を分けると、すっきりとした印象にできます。

役割をフロアで分けることで、家事動線がスッキリするだけでなく、余計な家具を置く必要がなくなるため、部屋全体にスペースができます。

例えば、3階に洗濯などの水回りをまとめることで、階段の上り下りの軽減や、採光量の確保といったメリットがある間取りになるでしょう。平屋ではなく、多層階構造で住宅を建築予定の人は、フロアで役割を変更するのをおすすめします。

スキップフロアを利用する

スキップフロアの設置が、25坪の間取りをおしゃれな空間へと変貌させてくれます。

スキップフロアは、1つの階層に異なる段差のスペースを設けることで、壁を使わないでも別空間のように認識できます。また、スキップフロアを設けることで、床下にスペースがうまれるため、収納スペースとしても活用可能です。

壁を使わないで部屋を仕切るため、開放感とコミュニケーションが自然に生まれる25坪の住宅を建てられるでしょう。

螺旋・リビング階段を設置する

螺旋階段やリビング階段は、部屋にアクセントをもたらしてくれます。

上に伸びる階段を設置することで、開放感を演出できます。また、手すりや材質を部屋の壁と反対色にするなど、自分好みに変更しやすい点もメリットです。

例えば、部屋全体は白で統一し、手すりだけ黒色を採用すると、部屋全体がシックかつ引き締まった印象にできます。そのため、25坪の間取りで平屋以外を検討しているなら、螺旋・リビング階段の設置を検討しましょう。

中庭を設ける

中庭を設けることで、25坪の間取りをおしゃれに変貌できます。中庭は一般的な庭と違い、プライバシー性が高いため、自由にレイアウトを変えられます。また、自然を常に見られる住宅にもできます。

例えば、ロの字型に建物を設計すれば、誰にも邪魔されないプライベート空間へと変貌させられます。プライベート空間の中は、子供との遊び場やBBQなど様々な用途で活躍するでしょう。

自然を常に身近に感じたい人や採光量の確保、子供を安心して遊ばせるスペースが欲しい人は、中庭の設置がおすすめです。

アイランドキッチンに変更する

アイランドキッチンは、間取りをおしゃれにしたい人におすすめです。アイランドキッチンの構造上、壁に面していないため、ダイニングテーブルをくっつけるなど、生活スタイルによって様々な形に変更できます

また、出入りがしやすく、開放感があるため、料理や作業をしながらでも、部屋を一望できる点もメリットでしょう。

ただし、一般的なキッチンよりもスペースが必要な点と、匂いが充満しやすい点などデメリットもあるため、慎重に考える必要があります。

勾配天井・屋根裏部屋を活用する

勾配天井・屋根裏部屋の活用も25坪の間取りをおしゃれにできるのでおすすめです。

勾配天井は、屋根にそった形の天井のことで、水平な屋根よりも開放感が得られます。また、収納スペースになりがちな屋根裏部屋と勾配天井を組み合わせることで、趣味や映画鑑賞が行えるスペースへと変貌させられます。

ルーフバルコニーを施工する

ルーフバルコニーは、25坪の間取りに自由度を追加してくれます。ルーフバルコニーの特徴は、誰にも邪魔されないプライベート空間でリラックスができる点です。

友人を呼んでBBQや、家族でリラックスする場所など、様々な用途での活用ができるため、多層階構造であればおすすめです。

25坪の家の間取り集【コンセプト別】

実例1|カフェのように規格住宅をアレンジした家

延床面積 85.71m2(25.9坪)
敷地面積 122.80m2(37.1坪)
家族構成 30代夫婦+子ども2人
商品名 SQUARE-スクエアー
メーカー ジグソー栃木

参考:建築実例|SUUMO

こちらの住宅は、規格住宅を自分好みにアレンジした住宅です。白の壁と無垢材の床などが、カフェのような空間を演出しています。

間取りは3LDKで、リビング階段とアイランドキッチンを採用しています。リビング階段は、家族とのコミュニケーションが増えるため、常に明るい雰囲気にしてくれそうです。

実例2|リビング階段と梁を活かした天井が特徴的な住宅

延床面積 84.01m2(25.4坪)
敷地面積 108.68m2(32.8坪)
家族構成 夫婦+子ども1人
商品名 GLAMP
メーカー BinO湘南

参考:建築実例|SUUMO

こちらの住宅は、リビング階段と梁を活かした天井が特徴的な住宅です。リビング階段と勾配天井の相性は非常に良く、開放感をより一層感じさせてくれます。

玄関先にある大型収納は、2つの方向からLDKに繋がっているのが特徴的で、多くの収納場所も確保した満足のいく住宅に仕上がっているそうです。

実例3|玄関とリビングの仕切りがない住宅

延床面積 81.15m2(24.5坪)
敷地面積 322.99m2(97.7坪)
家族構成 本人
商品名 「凛」zero-1
メーカー 島野工務店

参考:建築実例|SUUMO

こちらの住宅は、玄関とリビングの仕切りがないのが特徴的な平屋です。玄関からリビングまでをつなぐことで、開放感がある一つの空間へと変貌させています

室内の色を白とウッドの茶色で統一しており、落ち着いた印象を与えてくれます。

実例4|吹抜けとロフトがある住宅

延床面積 84.25m2(25.4坪)
敷地面積 106.21m2(32.1坪)
家族構成 夫婦+子ども2人
商品名 Ees
メーカー アイ工務店

参考:建築実例|SUUMO

こちらの住宅は、吹抜けとロフトがある住宅です。また、1階と2階の間に1.5階を設けているのも特徴的で、子供たちの遊び場になっているそうです。

間取りは、3LDKとロフトがついており、子供が育っても安心できる広さが確保されています。ロフトは、将来ベッドにする予定とのことで、無駄のないスペース活用ができる間取りになっています。

実例5|中庭のプライバシーを確保した住宅

延床面積
81.75m2(24.7坪)
敷地面積 184.97m2(55.9坪)
家族構成 夫婦
商品名 ECOの家(スタンダード)
メーカー たくみ工房

参考:建築実例|SUUMO

こちらの住宅は、家の形をコの字型にすることで、中庭のプライバシーを確保した住宅です。中庭に面した窓は、大開口にし、光と開放感を演出しています。

また天井は、吹き抜け天井を採用しており、白を基調とした室内との相乗効果でより明るい室内にしているそうです。

実例5|木の温もりを感じる住宅

延床面積 86.95m2(26.3坪)
敷地面積 221.70m2(67.0坪)
家族構成 夫婦+犬
商品名 R+house
メーカー カイテキホーム

参考:建築実例|SUUMO

こちらの住宅は、木の温もりをどこでも感じられるように建てられたそうです。特に木の材質はこだわっており、天井のシナベニヤやレッドシダーなど、好きな木材をふんだんに使ったそうです。

間取りは2LDKと小屋裏収納がついています。片流れの屋根と屋根裏部屋を合わせることで、おしゃれな空間に仕上げています

実例6|遊び心が詰まった住宅

延床面積 81.25m2(24.5坪)
敷地面積 374.26m2(113.2坪)
家族構成 夫婦(30代)+子ども1人
商品名 GYM(ジム)
メーカー 丸和住宅

参考:建築実例|SUUMO

こちらの住宅は、遊び心が詰まったリビングが特徴的です。白のアイランドキッチンからは、リビングダイニングから外までを一望でき、子供たちを常に見守れる設計にしたそうです。

間取りは3LDKで、子供が広々と遊べる子供リビングもあります。また、室内には中二階を設けており、将来の子供部屋として活躍予定だそうです。

実例7|ガレージハウスがある平屋

延床面積 84.46m2(25.5坪)
敷地面積 217.68m2(65.8坪)
家族構成 本人
商品名 オリジナルスタイル
メーカー タナカホームズ

参考:建築実例|SUUMO

こちらの住宅は、正面に構えたガレージハウスが特徴的です。バイクが2台置けるように設計したガレージハウスは、室内と繋がっており、雨でも濡れずにバイクの手入れができます。

間取りは2LDKで、玄関に土間収納をつけるなど、部屋が散らからないように工夫しているそうです。

理想の注文住宅を手に入れる方法

  • 専門家からアドバイスをもらう
  • 複数社から見積もりと間取りプランを入手
  • 予算シミュレーションを行う

「予算内で家を建てられるのか不安…」「家づくりの進め方や段取りが分からない」など気になることがあると思いますが、この3つの方法を行うことで理想のマイホームにグッと近づけます。

特にハウスメーカーを決める際には、絶対に複数社から見積もりをもらいましょう。複数社から見積もりを取っただけで、数百万安くなったという口コミもあります。

専門家からアドバイスをもらう

home4u

「家づくりのとびら」利用のメリット
・利用料はすべて無料
NTTデータグループ運営で安心
・家づくりプラン作成サービスあり
・平日でも相談可能
オンライン相談で家でできる
・専門家の中立的な立場でアドバイス
営業は一切なし!
利用者が解決出来たこと
・自分に合うハウスメーカーの選び方が分かった
・予算内で家を建てられるかどうかが分かった
・家づくりの進め方や段取りが分かった

初めて家を建てるときは、誰もが分からないことばかりで、どの情報が正しいのか分からなく困りますよね。

家は「一生の買い物」なので、自分が納得できるように専門家からの意見をもらい、正しい知識を持って進めることが重要です。

HOME4U「家づくりのとびら」では、無料でハウスメーカーの専門家に相談ができ、希望を叶えるハウスメーカーが見つかるまでサポートしてくれます。オンラインで家から無料相談ができるので、ぜひ一度相談してみてください。

複数社から見積もりと間取りプランを入手

ハウスメーカー複数社から見積もりや間取りプランをもらうのは、正直大変です。しかし、home4uなら120社以上のハウスメーカーから、一括依頼で最大5社のプラン作成依頼が可能です。

25坪の家の費用相場

総額目安は土地なしで約2,300万円

土地なし費用 全国 首都圏 近畿圏 東海圏 その他地域
住宅面積
(坪数)
124.4㎡
(約38坪)
123.9㎡
(約38坪)
127.4㎡
(約39坪)
126.5㎡
(約38坪)
123.5㎡
(約37坪)
建築費用 3,534万円 3,809万円 3,742万円 3,606万円 3,356万円
土地あり費用 全国 首都圏 近畿圏 東海圏 その他地域
住宅面積
(坪数)
111.1㎡
(約33坪)
105.8㎡
(約32坪)
111.2㎡
(約33坪)
114.8㎡
(約34坪)
113.1㎡
(約34坪)
建築費用 4,397万円 5,162万円 4,540万円 4,412万円 3,949万円

出典:フラット35利用者調査|住宅金融支援機構

25坪の家の総額目安は、全国で約2,300万円、土地ありの場合は、約3,300万円です。ただし、坪数と費用をもとに計算した相場なので、あくまでも1つの目安程度にしましょう。

総額費用の内訳は、建築費と付帯工事費、その他の費用で構成されています。土地代購入を含む場合は、土地代が3~4割、建築費用が6~7割で予算配分すると良いです。しかし、インターネットなどでおおよその金額しかわかりません。

HOME4U「家づくりのとびら」では、無料でハウスメーカーの専門家に相談ができ、詳しい見積もりが貰えます。夢のマイホームを失敗しないためにも、必ず利用しましょう。

建物本体の工事費

本体工事費用は、1,600万円~3,000万円程で注文住宅を建てる際にかかる費用の大半を占めています。本体工事費用の内訳は、仮設工事費用、基礎工事費用、窓やドア、空調工事、断熱材の設置の5つです。

付帯工事費

付帯工事費は、総費用の2割程で建物以外にかかる費用を指します。付帯工事費の内訳は、外構工事費や地盤改良費用が含まれます。また、土地に古い住宅が残っている場合は、解体工事費が必要になるため、注意しましょう。

【外構工事費とは】
庭や門、柵、駐車場などに必要な費用のこと

諸費用・その他費用

諸費用やその他費用は、設計料をのぞく建物を建てるうえで必要な費用を指します。諸費用・その他費用の内訳は、税金や登記費用、建築確認申請費用などが含まれます。

税金は建築費などによって異なりますが、登記を依頼する司法書士への登記費用は10万~20万円程度、建築確認申請費用は10~20万円程度必要です。

25坪の家で費用を抑えるポイント

ローコスト系のハウスメーカーで家を建てる

ローコスト系のハウスメーカーで家を建てる方法は、間取りやデザイン、設備のグレードにこだわりがない人におすすめです。

また、ローコスト住宅は、工期が短いため、子供の入学や転勤によって引っ越しを急いでいる人にもおすすめです。

家の形をシンプルにする

家の形を凹凸の少ないシンプルにすることで、建築費のコストダウンにつながります。また、1階と2階の形が同じ総2階にすることで、材料の無駄がなく、構造的にも安定したつくりになります。

屋根の形は、断熱性能が良く雨漏りやメンテナンスリスクの少ない切妻屋根や、屋根面積の小さい片流れ屋根にするとコストを抑えられます。

ただし、コストダウンを意識してシンプルすぎるデザインにすると、外観の見た目が寂しくなる可能性があります。シンプルな家では、外壁の色分けをしたり、窓の位置や数を工夫しましょう。

家の中の間仕切りを減らす

間仕切りの数をできるだけ減らし、オープンな間取りにすると、ドアや壁などの建材にかかる費用を安くできます。オープンな間取りは開放感があり、家族の存在をいつも身近に感じられるメリットもあります。

ただし、間仕切りがないので、夏・冬の冷暖房が効きにくいという問題点もあります。そのため、断熱性・気密性に優れた構造を選択する必要があります。

水回り設備をまとめる

水回り設備を家の中の1ヵ所にまとめると、工事費が安くなります。キッチンや洗面所、浴室、トイレなどの水回り設備には配管工事が伴います。これらをまとめて配置すると、配管工事が複雑になることを防げます。

また、道路と近い距離に水回り設備を設置すると、引き込みが短くなりコストを抑えられます。1階と2階の各階にトイレを設置する際は、上下で同じ配置にすると無駄な工事費を抑えられます。

水回りが近い位置に配置されていると、家事動線からも無駄が減り、家事が楽になるメリットもあります。家族にとって使いやすい位置を考えながら、水回り設備をまとめて配置しましょう。

設備・建材のグレードを下げる

設備や、建材のグレードを下げれば、コストダウンにつながります。床材や窓、外壁、水回り設備などは、グレードによって価格が変わります。

理想の家づくりでは、設備や建材にもこだわりたくなりますが、生活の中で必要かどうかを検討しましょう。

例えば、床材に用いられる無垢材は、見た目が美しく高級感が出ます。しかし、自然素材なので費用が高く、メンテナンスなどの日々の手入れが必要です。

外構工事で費用を削る

外構工事は、こだわりが多いとオプション費用が積み重なり費用が高くなります。外構とは、門扉やフェンス、玄関アプローチ、カーポート、植林などが挙げられます。

希望を取り入れながらコストダウンするには、追加したい設備のグレードを下げる、安い資材を選ぶなど、削れる部分は削りましょう。外構工事でコストを削減できれば、建物自体に費用をかけることも可能です。

自分で手配できるものはする

すべての作業を業者に任せると、ラクですがそのぶん費用がかかります。

たとえば、家具家電の買い替えによって引っ越し荷物が少ない場合は自分で行ったり、エアコンがある場合は新築で使い回すなどの工夫をしてみましょう。

設備の必要性を吟味する

設備のオプションを選ぶ際は、必要かどうかをよく吟味してから追加を決めましょう。たとえば、おしゃれなデザインの外壁タイルを全面施工すると費用がかさむため、アクセントとして一部にだけ施工するなどがおすすめです。

また、床暖房を設置する場合は、すべての床下に配置させるのではなく、家族が集まるリビングに限定するなど、必要な場所にのみ設置すると費用を抑えられます。

25坪の家を建てたい人によくある質問

25坪の家だと車が何台停められる?

25坪の家だと、車1台が限界でしょう。一般車であれば、2.8m×6mの広さが必要になり、居住空間を圧迫します。そのため、駐車場を設けるなら、平屋ではなく多層階構造にするのをおすすめします。

建ぺい率や容積率は自分で決められるの?

建ぺい率や容積率は自分で決められません。法令できまっているため、詳しく知りたい人は、ハウスメーカーやHOME4U「家づくりのとびら」に相談するのが良いでしょう。

【必見】希望にあったハウスメーカーを探したい方

home4u

初めての家づくりだと、「何から進めていいのか」「専門用語ばかりで分からない」など困りますよね。そんな方におすすめなのがHOME4U「家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」に相談すれば、ハウスメーカーと関係ない立ち位置で、専門家の中立的な意見がもらえるので、利用者に最適なプランを紹介してもらえます。

さらに、ユーザーにとってメリットがある「住宅ローン減税緩和」や「すまい給付金増額」など、税制優遇に関しても無料相談できるので、注文住宅を考えているなら必ず相談しましょう。

利用手順
1.相談予約する(日時指定)
2.事前アンケートの記入
3.専門アドバイザーとの相談・要望整理
4.【必要に応じて】ハウスメーカーと打合せ

※筆者は電話営業などを受けませんでした

まとめ

25坪の間取りをおしゃれにするためには、リビング階段や勾配天井がおすすめです。また、収納スペースを充実させることで、部屋が常に片づけられるため、綺麗な状態をキープしやすいです。

しかし、平屋や多層階構造の住宅など、25坪の住宅にも幅広く種類があります。そのため、自分にあった住宅の形、間取りを決めるためにもHOME4U「家づくりのとびら」を無料で利用しましょう。

HOME4U「家づくりのとびら」であれば、ハウスメーカー専門家に相談できるうえに、理想とする家が建てられるハウスメーカーも紹介してくれます

関連記事
30坪の間取りをおしゃれに建てるポイントは?30坪の間取りを
おしゃれに建てるポイント

35坪の間取り実例を紹介!35坪の
間取り実例を紹介

40坪の間取り実例を紹介!40坪の
間取り実例を紹介

50坪の間取りをおしゃれに建てるポイントは?50坪の間取りを
おしゃれに建てるポイント

目次