暮らしを快適にするための情報メディア

注文住宅の坪単価の平均・相場はいくら?大手ハウスメーカーを比較

注文住宅の坪単価の平均・相場はいくら?

「注文住宅の坪単価はどれくらい?」

「ハウスメーカーごとの坪単価を知りたい」

注文住宅は、一から間取り設計が可能なため、理想の住まいを実現できます。しかし、坪単価の相場や、ハウスメーカーによって何が異なるのか気になりますよね。

そこでこの記事では、注文住宅の坪単価はもちろん、会社によって坪単価が異なる理由や、注意すべき点も紹介しています。坪単価別にハウスメーカーの商品も掲載しているので、注文住宅を建てる参考にしてください。

この記事の結論

家アイコン注文住宅の平均坪単価は94~131万円
家アイコン広告宣伝費や材料費が坪単価に影響する
家アイコン坪単価だけでハウスメーカーを選ばない

編集部が検証しました!くらしプラス

注文住宅の検証画像

注文住宅おすすめ
ハウスメーカーランキング18選

注文住宅の平均相場・坪単価

39注文住宅の平均相場・坪単価

土地なし注文住宅

エリア 床面積
(坪数)
坪単価 建築費用
全国 124.4㎡
(約37.6坪)
約94万円 3,534万円
首都圏 123.9㎡
(約37.5坪)
約101万円 3,808万円
近畿圏 127.4㎡
(約38.5坪)
約97万円 3,746万円
東海圏 126.5㎡
(約38.3坪)
約94万円 3,606万円
その他の地域 123.4㎡
(約37.3坪)
約90万円 3,356万円

出典:フラット35利用者調査

注文住宅の坪単価は、全国平均で94万円前後です。ただし、これらはあくまでも地域別での平均坪単価です。選択したハウスメーカーや、工法などによって坪単価は異なります。

土地付注文住宅

 エリア 床面積
(坪数)
坪単価 建築費用
全国 111.1㎡
(約33.6坪)
約130万円 4,397万円
首都圏 105.8㎡
(約32坪)
約161万円 5,162万円
近畿圏 111.2㎡
(約33.6坪)
約132万円 4,540万円
東海圏 114.8㎡
(約34.7坪)
約127万円 4,412万円
その他の地域 113.1㎡
(約34.2坪)
約129万円 4,397万円

出典:フラット35利用者調査

土地付きの注文住宅の坪単価は、全国平均で131万円前後です。あくまでも地域別での平均坪単価となっています。また、土地の相場価格もエリアによって異なるので、その差が価格に出ています。

▼地方別の土地相場はこちら(タップで開閉)
  •  エリア 坪単価
    首都圏 約34万円
    東北 約4万円
    関東 約35万円
    中部 約9万円
    関西 約17万円
    中国 約5万円
    四国 約4万円
    九州 約7万円

    出典:地方別の基準地価┃土地代データ

理想のマイホームを建てたい方へ
home4u

HOME4Uのココがおすすめ!

  • 無料でハウスメーカーの専門家に相談できる
  • NTTデータグループ運営で安心
  • 選び方や予算、段取りなどが分かる
  • 平日、夜でも相談可能

坪単価とは?

40坪単価とは?

坪単価は一坪あたりの建築費

坪単価とは、一坪あたりにかかる建築費のことです。坪単価を算出する際は、延床面積か施工面積のどちらかで求められ「建物価格 ÷ 延床面積(施工面積)」で計算できます。

例えば、建物価格が2,000万円で、建物の延床面積が30坪だとします。この場合「2,000万円 ÷ 30坪(延床面積)=666,667」となり、坪単価は約66.7万円になります。

注文住宅の坪単価は会社によって異なる

  • ローコスト系のハウスメーカー
  • ミドルコスト系のハウスメーカー
  • ハイコスト系のハウスメーカー

ローコスト系ハウスメーカー┃坪単価30〜50万円

ローコスト住宅とは、坪単価30〜50万円で建てられる注文住宅です。一般的に建物の価格が1,000〜2,000万円のものがローコスト住宅とされています。全国展開している会社では、タマホームなどがローコスト系のハウスメーカーと言えます。

ローコスト住宅のメリットは、建設費が安く済む点です。建物が1,000万円台なので総予算を抑えられ、月々の返済額にゆとりを持たせられます。

ローコスト住宅のデメリットは、間取りや内装などが自由設計でない場合が多い点です。決められたプランから間取りや内装、設備などを選択するため、物足りなさを感じる場合があります。

▶ローコスト住宅の詳細はこちら

ミドルコスト系ハウスメーカー┃坪単価50〜60万円

ミドルコスト住宅とは、坪単価50〜60万円帯の費用で建てられる注文住宅です。全国展開している会社では、一条工務店ヤマダホームズなどです。

メリットは、設備が充実しているにも関わらず、大手ハウスメーカーよりも安く建てられる点です。ローコスト系のハウスメーカーに比べ、設備や内装にこだわった家づくりもできます。

デメリットは、ある程度間取りが決められている点です。完全な自由設計での家づくりにこだわりたい場合は、不向きと言えます。

ハイコスト系ハウスメーカー┃坪単価70万円以上

大手ハウスメーカーは、坪単価70万円以上の注文住宅です。会社や工法によっては、坪単価が100万円を超えることも珍しくありません。全国展開している会社では、住友林業ヘーベルハウスなどが大手ハウスメーカーと呼ばれています。

メリットは、完全に自由設計の家づくりができる点です。こだわりをもって家づくりをしたい人に向いています。また、アフターサービスの充実している点も魅力です。最長60年保証や定期メンテナンスなど、安心して暮らせるサービスを受けられます。

デメリットは、金額が高いため予算に余裕がなければ、設備や仕様までにお金をかけられない点です。また、月々の返済額も大きくなるため、経済状況が良くない人には向いていません。

【坪単価別】ハウスメーカーの商品

ハウスメーカー 坪単価 構造 特徴 記事
アイフルホーム アイコンアイフルホーム 約50万円 木造
  • ・災害に強い
  • ・断熱性が優れている
  • ・低価格で注文住宅が建てられる
アイダ設計 アイコンアイダ設計 約50万円 木造
  • ・コスパが良い
  • ・狭小地での設計が得意
  • ・宿泊体験ができる
タマホーム アイコンタマホーム 約50万円 木造
  • ・坪単価が安い
  • ・断熱性が優れている
  • ・最長60年の長期保証
ロイヤルハウス アイコンロイヤルハウス 約50万円 木造
  • ・長期優良住宅に対応している
  • ・ZEH住宅に対応している
  • ・デザイン性が優れている
ユニバーサルホーム アイコンユニバーサルホーム 約60万円 木造
  • ・床暖房が標準仕様
  • ・高性能外壁材ALCを採用している
  • ・制震装置が入っている
レオハウスアイコンレオハウス 約60万円 木造
  • ・低価格で高品質の住宅が建てられる
  • ・選択できる住宅プランが豊富
  • ・保証期間が60年
オープンハウス アイコンオープンハウス 約60万円 木造
  • ・土地情報を豊富に持っている
  • ・地盤保証が充実している
  • ・耐久性が高い構造を採用している
クレバリーホーム アイコンクレバリーホーム 約60万円 木造
  • ・耐候性に優れた外壁タイルが標準仕様
  • ・耐震性が優れている
  • ・太陽光発電が初期費用無料
アーキテックプランニング アイコンアーキテック
プランニング
約60万円 木造
  • ・価格が安い
  • ・デザイン性が優れている
  • ・断熱性が優れている
一条工務店 アイコン一条工務店 約65万円 木造
  • ・断熱性が優れている
  • ・外壁タイルが標準仕様
  • ・ZEH住宅の普及率が高い
セルコホーム アイコンセルコホーム 約70万円 木造
  • ・耐震性能が高い
  • ・省エネ住宅を実現できる
  • ・輸入住宅が建てられる
日本ハウスHD アイコン日本ハウスHD 約70万円 木造
  • ・耐久性が高い
  • ・サポートサービスが充実している
  • ・省エネ設備が充実している
アキュラホーム アイコンアキュラホーム 約80万円 木造
  • ・アフターサポートが充実している
  • ・デザイン性が優れている
  • ・低価格で注文住宅が建てられる
住友不動産 アイコン住友不動産 約80万円 木造
  • ・高級感のある設備や装飾
  • ・耐震性が優れている
  • ・土地探しやリフォームも任せられる
住友林業 アイコン住友林業 約80万円 木造
  • ・安心の保証制度
  • ・断熱性が優れている
  • ・ZEHの普及率も伸びている
ミサワホーム アイコンミサワホーム 約80万円 木造
  • ・断熱性、気密性、耐久性が優れている
  • ・スキップフロアや蔵を設置できる
  • ・保証期間が長い
セキスイハイム アイコンセキスイハイム 約80万円 鉄骨、木造
  • ・太陽光発電や空調システムの性能が高い
  • ・工事する時間が短い
  • ・アフターサポートが充実
三井ホーム アイコン三井ホーム 約80万円 木造
  • ・デザイン性が優れている
  • ・住宅性能が高く地震に強い
  • ・全館空調で快適な空間を実現可能
積水ハウス アイコン積水ハウス 約80万円 木造、鉄骨
  • ・耐震性、外壁性能が高い
  • ・保証制度やアフターサービスが充実
  • ・ZEH普及率が高い
大和ハウス アイコン大和ハウス 約80万円 鉄骨、木造
  • ・最大60年まで保証期間を延長できる
  • ・デザイン性が優れている
  • ・商品ごとの耐震性能が高い
トヨタホーム アイコントヨタホーム 約80万円 鉄骨
  • ・優秀な全館空調システム
  • ・災害に強い
  • ・大開口、大空間が可能
パナソニック アイコンパナソニックホームズ 約90万円 鉄骨
  • ・3階建て住宅が得意
  • ・掃除メンテナンス不要の外壁
  • ・地震あんしん保証がある
ヘーベルハウス アイコンヘーベルハウス 約90万円 鉄骨
  • ・耐震性、耐久性が優れている
  • ・アフターサービスが充実
  • ・重量鉄骨住宅がメイン
スウェーデンハウス アイコンスウェーデンハウス 約90万円 木造
  • ・高断熱・高気密で快適
  • ・海外のデザインにできる
  • ・50年間の無料定期検診システム

全部見る

▶ハウスメーカー坪単価ランキングはこちら

【坪単価30〜50万円】ローコスト住宅

タマホーム「大安心の家」

タマホーム「大安心の家」

出典:大安心の家┃タマホーム

大安心の家は、タマホームのベストセラー商品として多くのユーザーから支持を受ける住宅です。ローコスト住宅としてコストを抑えつつ最新システムを採用するなど、ムダを省き快適性を高める工夫がされています。

また、ローコスト住宅では難しいとされる、家族の要望を叶える自由設計や、最長60年の長期保証などに対応しているのも魅力です。

タマホーム「木麗な家」

木麗な家

出典:木麗な家┃タマホーム

木麗な家は、ローコスト住宅としてより価格が抑えられた商品です。家族構成や、家族それぞれによってライフスタイルは異なりますが、自由設計の木麗な家ではこだわりの家づくりができます。

価格は抑えられていますが、季節による気候の変化が大きい日本の風土に合った「木造軸組在来工法」を採用し、耐久性も重視されているのも安心です。

【木造軸組在来工法とは】
柱と梁によって建物を支える構造が特徴の日本で古くから使われている工法

【坪単価50〜60万円】ミドルコスト住宅

一条工務店「i-smart」

i-smart

出典:i-smart┃一条工務店

i-smartは、業界最高峰の機能性と高いデザイン性が両立されている商品です。外内ダブル断熱構法を採用し高断熱性・高気密を実現しています。そのため、季節に左右されることなく室内温度を快適に保ち冷暖房などの光熱費も抑えられます。

また、標準仕様の充実もi-smartの魅力です。キッチンやバスルームなどの機能面、収納の多さなどデザイン性に配慮しつつ、さまざまな工夫がされています。

ヤマダホームズ 「スーパーフル装備住宅」

スーパーフル装備住宅

出典:スーパーフル装備住宅┃ヤマダホームズ

スーパーフル装備住宅は、標準設備としてエアコンや照明、カーテン、家電などが装備されている商品です、また、装備されている設備は、グレードが高いものが用意されているので、入居からすぐに快適な生活ができます。

【坪単価70万円以上】ハイコスト住宅

住友林業「My Forest BF」

My Forest BF

出典:My Forest BF┃住友林業

My Forest BFは、ビッグフレーム構法を採用した住宅です。ビッグフレーム構法は、幅560mmのビッグコラムとメタルタッチ接合による構法なので、耐震性・耐久性に優れています。

木造であるにも関わらず柱や壁の使用を抑えられるので、大開口や大空間の開放的な空間をつくりだせます。そのため、家族それぞれのライフスタイルに合った、自由度の高い間取りを叶えられます

ヘーベルハウス「FREX3」

FREX3

出典:FREX3┃ヘーベルハウス

FREX3は、重鉄を採用した3階建て商品です。独自の重鉄の骨太部材を接合するシステムにより、室内に開放的で丈夫な大空間をつくり出せるのが特徴です。そのため、自由度が高く、家族それぞれの希望を叶えられます。

また、接合システムだけでなく、制振装置サイレスやALCコンクリート・ヘーベルなどによって、地震と火災に強いのも魅力です。

会社によって坪単価が異なる理由は?

41会社によって坪単価が異なる理由は?

ハウスメーカーと工務店の違い

ハウスメーカーは坪単価が高い

ハウスメーカーは広告宣伝費やモデルハウスなどに費用をかけているため、坪単価が高くなりがちです。モデルハウスの運営には、建設費や出展料、スタッフの人件費、光熱費、維持費などのコストが必要です。

また、大手のハウスメーカーであれば、テレビCMや各媒体へ広告を打つなど、宣伝にも多くのコストをかけています。これらのコストが、坪単価に影響をもたらしています。

工務店は坪単価が安い

工務店は広告宣伝費や材料費を抑えているため、注文住宅より坪単価が安くなっています。工務店では、建築に直接関連しない運営費や広告費のコストを削減して、販売価格を抑えています

また、規格化されている住宅であれば大量生産・大量発注できるため、材料費や設備費などをコストダウンできます。

ハウスメーカーごとによる違い

ハウスメーカーごとの坪単価には、構造の違いやアフターサービスの充実度、広告宣伝費、材料費などが影響しています。

ハウスメーカーでは、独自で工法を開発しており、それらの開発や実験などにコストがかかります。技術開発や、繰り返し行われる耐震実験などには、材料や時間だけでなく維持費、人件費などのコストも必要です。

広告宣伝費もそれぞれの会社で異なります。坪単価が高い大手では、毎日のようにテレビCMを流し、有名人を起用しているハウスメーカーがほとんどです。また、建てた家にかける保証年数や、アフターサービスの内容によって坪単価に差が出ます。

坪単価で注意したいこと

42坪単価で注意したいこと

  • 木造だからといって安いとは限らない
  • 坪単価だけでは予算が分からない
  • 坪単価にどこまで含まれているのか確認する
  • 坪単価だけで依頼する会社を選ばない
  • なぜこの金額なのか説明してもらう

木造だからといって安いとは限らない

木造だからといって安いとは限りません。一般的に木造は、鉄骨造などと比べて安いとイメージされますが、一概にそうとも言えません。

例えば、大手ハウスメーカーと言われる住友林業やミサワホームなどは、木造をメインとした家づくりをしていますが、坪単価は80万円を超えます

坪単価が80万円を超えている理由として、独自の工法を開発していたり、アフターサービスを充実させている点が挙げられます。構造だけでなく、使用している木の種類や工法によって坪単価も異なります。

坪単価だけでは予算が分からない

ハウスメーカーを選ぶ際に、住宅展示場を訪れて「坪単価はいくらですか?」と質問する人は多いでしょう。モデルハウスの坪単価は気になりますが、坪単価だけでは注文住宅の予算の参考にはなりません。

坪単価に含まれるのは本体工事費のみで、塀や庭などの外構工事費、地盤改良工事費などは含まれないことに注意しましょう。住宅展示場を訪問した際は、全体の資金計画を概算で見せてもらうのがおすすめです。

坪単価にどこまで含まれているのか確認する

坪単価は、会社ごとに含まれる内容が異なるため、坪単価にどこまで含まれているのか確認しましょう。ハウスメーカーや工務店など会社によって、解体工事費や地盤改良工事費などが坪単価に含まれている会社もあれば、含めていない会社もあります。

また、太陽光発電や全館空調などの設備も、標準なのかオプションなのかで全体の費用も異なってきます。そのため、坪単価にはどこまで含まれているのか、事前に確認する必要があります。

坪単価だけで依頼する会社を選ばない

ハウスメーカーや工務店は、坪単価だけで選ぶことはおすすめできません。営業マンとの相性や、会社の体制なども重視して検討しましょう

家は建ててからも長期間住み続けます。しかし、建てたハウスメーカーや営業マンとは、家が完成してからも付き合いが続いていくものです。

相性が悪く相談しづらかったり、トラブル時の対応が悪かったりすると安心できません。坪単価も重要ですが、安心して暮らすためにも営業マンとの相性も重視しましょう。

なぜこの金額なのか説明してもらう

坪単価は明確な定義はなく、ハウスメーカーや工務店など会社によって異なります。そのため、なぜこの金額になるのか、根拠を説明してもらいましょう。

例えば、同じ条件の建物を解体するにも、会社によって解体工事費の金額は異なります。一社だけの金額では、安いのか高いのか判断できません。4社以内で会社を比較し、金額に乖離がある場合は都度確認する必要があります。

坪単価を抑えるにはどうする?

43坪単価を抑えるにはどうする?

坪単価を抑えるには、建物の形をシンプルにするのも一つの方法です。凹凸のないシンプルな形にすることで、コストを削減できます。構造的にもメリットがあり、1・2階の柱や、壁の位置を揃えた総2階は、コストを抑えつつ地震に強くなります。

ただ、シンプルにしすぎると安っぽい家になってしまうこともあるため、外観デザインなど工夫する必要はあります。

▶安っぽい家の特徴の詳細はこちら

費用を抑えるべきでないところ

44費用を抑えるべきでないところ

  • 構造
  • 外壁・屋根材
  • アフターサービス

構造は目に見えない部分なので、本当に費用をかけるべきかどうか迷う人もいるでしょう。しかし、構造によって20年・30年経つと、床に反り曲がった形になる、たわみが出るなどの不具合が出てくることがあります。

特に、外壁と屋根材はメンテナンス費用やリフォーム費用が高いため、できるだけメンテナンス不要なものを最初から選んでおきたいところです。初期費用を抑えるために安い外壁や屋根を選ぶと、早い時期に定期的な塗装や補修が必要になります。

アフターサービスについては、できるだけ長く保証してくれるところや、契約した会社に依頼するのがおすすめです。また、大手ハウスメーカーでは、最長60年の長期保証や数年ごとのサービスを受けられる場合があります。

まとめ

坪単価は、注文住宅を購入するうえで重視すべきポイントですが、アフターサービスの内容や営業マンとの相性も無視できません。そのため、坪単価だけでなく総合的に納得できる会社を選びましょう

依頼する会社で悩んだ際は、HOME4U「家づくりのとびら」に相談するのがおすすめです。HOME4U「家づくりのとびら」であれば、専門アドバイザーが疑問点を無料でわかりやすく解決してくれます。

理想のマイホームを建てたい方へ
home4u

HOME4Uのココがおすすめ!

  • 無料でハウスメーカーの専門家に相談できる
  • NTTデータグループ運営で安心
  • 選び方や予算、段取りなどが分かる
  • 平日、夜でも相談可能
関連記事
平屋価格平屋の価格はいくら?
予算を抑える方法も紹介
注文住宅 相場注文住宅の相場
30・40坪の実例も紹介
注文住宅の見積もり注文住宅の見積もり
注意点・流れ
注文住宅 予算注文住宅の
予算の決め方
家を建てる費用家を建てる費用は
いくら必要?
注文住宅ハウスメーカーおすすめ18選注文住宅おすすめハウス
メーカーランキング18選
目次