お金や投資の金融メディア

新生銀行スマートカードローンプラスのキャッシングは簡単?注意点や借入れ返済方法を紹介

PR
新生銀行スマートカードローンプラス キャッシング

キャッシングサービスを利用したい方の中には「新生銀行にもカードローンはあるの?」「新生銀行のカードローンの申し込み方法は?」など疑問のある方もいるでしょう。

新生銀行には、「スマートカードローンプラス」というキャッシングサービスがあります。スマートカードローンプラスは、契約額内で何度でも借入や返済を利用できるローンです。

今回の記事では、新生銀行スマートカードローンプラスの概要や利用時の注意点のほか、実際の借入・返済の手順について解説します。

新生銀行に口座をお持ちの方、キャッシングサービスを利用したい方はぜひ参考にしてください。

新生銀行スマートカードローンプラスとは

quick-bank−02

まずは、新生銀行スマートカードローンプラスの概要について解説します。新生銀行スマートカードローンプラスは、新生銀行が運用しているキャッシングローンサービスです。

ここでは、新生銀行が運用するキャッシングローンの申し込み条件、利用限度額、借入利率、遅延損害金、保証人の有無など、基本情報について紹介します。

新生銀行が運用するキャッシングローン

新生銀行が運用するキャッシングローンは、新生銀行スマートカードローンプラスのみです。また、新生銀行スマートカードローンプラスは、2023年1月4日以降「SBI新生銀行カードローン」へと名称を変更します。

名称変更後、契約内容の変更や手続き等は必要ありません。また、サービス内容の変更もありませんので、2023年1月4日以降も変わらずサービスを利用することができます

新生銀行スマートカードローンプラスの基本情報は、次のとおりです。

申し込み条件 ・お申し込み時の年齢が満20歳以上満70歳以下の国内に居住する個人

・保証会社(新生フィナンシャル(株))の保証を受けられる方

・原則安定した収入がある方

・現在、当行の他にカードローンのご契約のない方

利用限度額 1万円以上500万円以内(1万円単位)
借入利率(実質年率) 4.5%~14.8%(実質年率)
遅延損害金 年20.0%(実質年率)
保証人の有無 担保・保証人ともに不要

新生銀行スマートカードローンプラスに申し込める方の条件は、「満20歳以上満70歳以下の国内居住者(個人)」「保証会社の補償を受けられる方」「安定した収入がある方」「新生銀行の他にカードローンの契約がない方」です。

いずれか1つでも当てはまらない場合は、新生銀行カードローンプラスの申し込みをすることができません。

また、「原則安定した収入がある方」とありますが、こちらは条件により申し込みの可否が異なります。詳しくは、新生銀行の問い合わせデスクへ直接お問い合わせください。

利用限度額は、1万円以上500万円以内です。また、限度額は1万円単位での調整が可能なため、細かい指定もできます。

借入利率は4.5%~14.8%(実質年率)、遅延損害金は年20.0%(実質年率)です。借入利率は、利用限度額等によって異なります。

また、担保や保証人等は不要です。申し込み条件に当てはまっていれば、どなたでも新生銀行カードローンプラスを利用できます

新生パワーダイレクト口座との相性抜群

「新生パワーダイレクト」は新生銀行が提供しているインターネットバンキングのサービスです。インターネットバンキングとは、Web上で金銭の融資や返済が可能なサービスです。

新生銀行カードローンプラスと新生パワーダイレクト口座を併用すると、非常に便利になります

新生パワーダイレクトを利用の方であれば、新生銀行スマートカードローンプラスの専用ページから昼夜問わず融資・返済ができるようになります。

新生銀行スマートカードローンプラスキャッシングの注意点

27500841_m

新生銀行スマートカードローンは、非常に便利なサービスです。しかし、利用時には注意しなければならない点もあります。

ここでは、新生銀行スマートカードローンプラス利用時の注意点について解説します。新生銀行スマートカードローンプラスを利用する際は、次の2点に注意しましょう。

  • ・他銀行系ローンとの併用は不可
  • ・借入は最短で翌営業日

申し込み条件にもありますが、新生銀行の他にカードローンの口座がある場合は新生銀行カードローンプラスの申し込みができません。また、金銭の借入は最短で翌営業日のため、急いでいる方は注意しましょう。

それぞれの注意点について、詳しく解説します。

他銀行系ローンとの併用は不可

新生銀行カードローンプラスは、他の銀行系ローンと併用ができません。また、同時申し込み等も申し込み履歴が残るため避けるようにしてください。

他の銀行系ローンと併用していることが分かった場合は、カードローン利用の停止やペナルティが課せられる場合もあります。申し込み履歴は、申し込みから6か月間保存されます

カードローンは信用が大切なため、審査の際には信用情報を必ず参照します。そのため、他社に申し込みをおこなった履歴は必ず伝わってしまうため注意してください。

借入は最短で翌営業日

新生銀行スマートカードローンプラスでは、現金の借入ができるのは最短翌営業日です。新生銀行スマートカードローンプラスでは、次の2通りの方法で借入ができます。

  • ・提携ATMによる借入
  • ・銀行口座への振込

どちらも、手数料等は必要ありません。銀行口座への振込では、会員ページもしくは電話にて借入の手続きが可能です。

ただし、借入ができるのは申し込みから最短で翌営業日です。当日の借入はできないため、必要な日が分かっているのであれば早めに申し込みをしましょう。

新生銀行スマートカードローンプラスのキャッシング借入手順・方法

gold-new-06

新生銀行スマートカードローンプラスは、非常に使い勝手の良いカードローンです。ここでは、実際に申し込みをしたい方に向けて、申し込み〜借入までの手順について詳しく解説します。

新生銀行スマートカードローンプラスの申し込みから借入までの手順は、次のとおりです。

  1. キャッシング専用フォーム・電話・郵送から申し込み
  2. 審査
  3. 詳細情報と本人確認書類を提出
  4. 口座へ振り込まれる

まずは、公式サイトのキャッシング専用フォーム・電話・郵送いずれかの方法にて申し込みをおこないます。申し込みが完了したあとは、会社側で情報の審査をおこないます

審査に通った場合は、詳細の情報や本人確認書類を提出します。借入をしたいタイミングで受付を済ませると、最短で翌営業日には口座へ振り込み、もしくはATMにて引き出しが可能です。

それぞれの詳しい手順について、具体的に解説します。

1:キャッシング専用フォーム・電話・郵送から申し込み

※電話番号:フリーダイヤル0120-456-030

平日9:00~18:00 自動音声であれば24時間365日対応

あわせて記述ください。

新生銀行カードローンプラスへの申し込みは、キャッシング専用フォーム・電話・郵送のいずれかの方法でおこないます。それぞれの申し込み方法は次のとおりです。

 

申し込み方法 詳細
キャッシング専用フォームからの申し込み 新生パワーダイレクトにおける利用の有無で、申し込み方法が異なります。

・新生パワーダイレクトを利用中の方

https://bk.web.shinseibank.com/SFC/apps/services/www/SFC/desktopbrowser/default/login?mode=2&lang=JPN&forward=RCL0201

・新生パワーダイレクトを利用していない方

https://splus.shinseibank.com/app/l/shunsoku_50.asp

電話での申し込み 電話番号:フリーダイヤル0120-456-030

平日9:00~18:00

※自動音声であれば24時間365日対応

郵送での申し込み 電話にて新生銀行「スマートカードローンセンター」へ問い合わせ

キャッシング専用フォームからの申し込みは、新生パワーダイレクトの利用有無によって申し込みフォームが異なります。

新生パワーダイレクトを利用中の場合は、会員ログインをしてから申し込みをおこないます。また、新生パワーダイレクトを利用していない方は、希望額やメールアドレス等を入力して会員登録から進めます。

電話で申し込む場合、平日9:00〜18:00であれば実際にデスクの方と話しながら手続きを進められます。また、自動音声であれば365日24時間受付が可能です。

郵送で手続きを進めたい場合も、まずはフリーダイヤルに電話をおこないます。その際、「郵送での申し込み希望」であることを伝えてください。

2:審査

申し込みが完了したあとは、審査がおこなわれます。こちらの審査では、きちんと返済能力があるかどうか、他銀行系のローンに対する申し込みがないか等について精査されます。

審査結果は、次の時間帯でお知らせがあります。

平日・土曜日・日曜日・祝日 8:10〜21:50
毎月第3日曜日 8:10〜19:00

申し込みの手続きが完了したのち、基本的には当日中に画面上でお知らせとなります。また、年末年始は審査結果のお知らせが上記の時間帯でおこなわれないっこともあります

上記時間外における申し込みの場合、翌日の8時以降にメールもしくは電話で連絡があります。また、記載漏れや申告内容に誤りがある場合、借入の希望に添えないこともあるため注意しましょう。

3:詳細情報と本人確認書類を提出

審査に通ったあとは、詳細情報の通知や本人確認書類の提出が必要となります。本人確認書類は、「本人確認書類2点」もしくは「本人確認書類1点と住所確認書類1点」の合計2点が必要です。

また、50万円を超えた金額を契約する場合、「収入を証明する書類」の提出が必要となります。具体的には、次のとおりです。

本人確認書類 運転免許証をご用意ください。運転免許証をお持ちでない方は、本人確認書類としていずれも有効期限内、または現在有効な次のいずれかの本人確認書類を用意してください。

・健康保険証

・パスポート

・個人番号カード(マイナンバーカード)

・在留カード

・特別永住者証明カード

住所確認書類 現在お住まいのご住所が記載されている次のいずれかの書類(原本)を用意してください。

・公共料金の領収書(ガス・電気・水道・固定電話(NTT)・NHK)

・住民票の写し

・印鑑登録証明書

収入を証明する書類 次のいずれかの書類の最新のものを用意してください。

・源泉徴収票

・住民税決定通知書

・納税通知書

・確定申告書

・所得(課税)証明書

本人確認書類は、必ず有効期限内のものを用意してください。運転免許証を持っている場合は運転免許証を、そうでない場合は健康保険証やマイナンバーカード、パスポートなどを提示します。

住所確認書類を提出する場合は、現在住んでいる住所が記載されている書類の原本を用意してください。公共料金の領収書や住民票の写し、印鑑登録証明書などがこれにあたります。

また、収入を証明する書類が必要な場合、最新の書類を用意してください。源泉徴収票のほか、住民税決定通知書、納税通知書、確定申告書、所得証明書などがこれにあたります。

4:口座へ振り込まれる

申し込み手続きが完了したあとは、必要なタイミングで借入の受付をおこないます。借入の受付は、会員ページや電話、もしくは提携ATMで可能です。

銀行口座への振込の場合、会員ページもしくは電話にて受付をおこないましょう。新生パワーダイレクトを利用する場合、会員ページからの申し込みが便利です。

また、提携ATMでの借入は手数料が無料です。ATMを利用する場合は、契約後に郵送されるローンカードを利用します。借入ができる時間帯は、次のとおりです。

利用曜日 時間帯
月曜日 5:00〜23:50
火曜日・水曜日 0:10〜23:50
木曜日 1:30〜23:50
金曜日・土曜日・日曜日 0:10〜23:50
第3日曜日 0:10〜20:00

ファミリーマート内にあるゆうちょATMでは、第3月曜日は7:00からの利用、セブン銀行ATMは第2、最終日曜日の3:00~4:00は利用不可です。

また、設置ATMやメンテナンスなどで利用できないケースもあるため注意してください。

カードがあれば提携ATMから借入れも可能

契約手続き完了後、郵送でローンカードが届きます。ローンカードでは、提携ATMにて必要な現金の借入が可能です。

そのため、カードがあればお近くのATMやATM設置のコンビニにて現金の借入ができるようになります。すぐに現金が手元に必要なタイミングで非常に便利なため、ぜひ有効活用してください。

電話申し込みの場合は専用フォームで状況確認ができる

電話での申し込みの場合、公式サイトの専用フォームから審査状況の確認が可能です。氏名や生年月日、電話番号等を入力することで、審査状況が確認できるようになります

新生銀行スマートカードローンプラスのキャッシング返済方法

nisa-merit-5

新生銀行スマートカードローンプラスで現金の借入をしたあとは、必ず返済をする必要があります。返済の方法は、次の3通りです。

  • ・提携ATMからの返済
  • ・銀行口座からの自動引き落とし
  • ・パワーダイレクト口座からの返済

提携ATMから返済する場合は、郵送されるローンカードを利用します。また、銀行口座から引き落とす場合は口座の登録が必要となります。

パワーダイレクト口座から引き落とす場合は、口座の登録など手続きが必要ないため便利です。それぞれの返済方法について、具体的に解説します。

提携ATMから返済

全国のコンビニなどに設置してあるATMにて、新生銀行スマートカードローンプラスの返済が可能です。提携ATMからの返済をおこなう場合は、郵送されるローンカードを利用します。

実際の操作手順は、次のとおりです。

  1. 提携ATMの機器にカードを挿入する
  2. セブン銀行ATMの場合は、画面左下に表示される「カードローン」のボタンを押す
  3. 「ご返済」のボタンを押す
  4. 返済金額を入力し、画面に表示されるボタンを押す
  5. 確認がある場合は、金額の確認をして確定する
  6. 返済完了

コンビニに設置されている端末により、利用できる時間帯や曜日が異なる場合があるため注意してください。詳しい情報については、各社のサイトを確認することをおすすめします。

コンビニエンスストアの場合、次の提携ATMが利用可能です。

  • ・セブン銀行
  • ・ローソンATM
  • ・イオン銀行
  • ・イーネット
  • ・ファミリーマート
  • ・デイリー
  • ・ポプラ
  • ・セイコーマート

コンビニの店舗により、ATM端末の設置がない場合もあります。また、端末によっては「カードローン」ボタンではなく「クレジットカード・プリペイドカード」等の記載となっているケースもあるため注意してください。

銀行口座より自動引き落とし

わざわざATMに行くのが面倒、返済を忘れそうな方は、銀行口座から自動引き落としが便利です。銀行口座の登録や引き落としの設定をすることで、支払いを忘れることなく返済ができます。

銀行口座からの自動引き落としを希望する場合は、カードローン申し込み時に「銀行口座からの自動引き落としを希望する」という旨を窓口へ伝えてください。

引き落としに必要な書類や情報等の説明があるため、指示に従って情報の記載・入力等を行いましょう。

銀行により、引き落としがかかる際に手数料が必要となるケースもあります。詳しくは、新生銀行カードローンプラスの窓口もしくは引き落としを希望する銀行へお問い合わせください。

パワーダイレクト口座から返済

新生パワーダイレクトの口座を持っている場合は、インターネットバンキングからの自動引き落としが利用可能です。こちらも借入金額が自動で引き落としとなるため、振り込み忘れなどの心配がありません。

パワーダイレクト口座からの返済を希望する場合は、申し込み用紙に必要事項を記入して郵送をしてください。「新生銀行総合口座パワーフレックス 振替依頼書」は公式サイトからダウンロード可能です。

こちらから申し込みをおこなうことで、自動的に新生銀行総合口座パワーフレックスが自動引き落とし講座として登録されることとなります。

ただし、振替依頼書の送付から自動引き落としまでは、所定の日数を要します。そのため、すぐに振替ができるわけではありません。

すでに借入をおこなっている場合、口座振替の手続きが返済日までに間に合わないケースもあります。そのため、次回の返済日までにはなるべく余裕を持って手続きをおこなうようにしてください。

返済方式は原則残高スライドリボルビング方式

借入金額の返済方式は、原則「残高スライドリボルビング方式」となります。残高スライドリボルビング方式とは、支払い残高を毎月一定にすることで月々の負担を減らす方式です。

月々の支払い金額が一定となるため、前月の借入金額が増えたとしても支払い金額は一定です。ただし、返済には毎月一定の借入利率がかかるため注意しましょう。

契約金額に応じた借入利率は、次のとおりです。

契約金額 借入利率
1万円〜99万円 14.80%
100万円 12.00%
200万円 9.00%
300万円 7.00%
400万円 4.50%

返済金額のシミュレーションで確認できます。ただしこちらは参考値ですので、実際の返済金額とは異なるケースもあります。

キャッシングの返済は前倒し可能

新生銀行スマートカードローンプラスでは、返済の前倒しが可能です。当月に利用したキャッシングは、返済日以前からも返済ができます。

当月の返済については、返済日当日の14日前から可能です。そのため、忘れる前に早めに返済したい方にもおすすめです。

また、15日以上前に返済を行なった場合、前回の返済に対する追加返済となります。こういった場合、次の返済日(27日)にも返済が適用となるため注意してください。

新生銀行スマートカードローンプラスのキャッシングに関するよくある質問

ok-paypay-08

最後に、新生銀行スマートカードローンプラスのキャッシングに関するよくある質問に回答します。今回回答するよくある質問は、次の2点です。

  • ・自動引落し設定で金融機関が定休日の際はいつ引き落としされる?
  • ・残高不足などで引落しができなかった場合はどうなる?

引き落とし日が定休日のケース、残高不足等が原因で引き落とせなかったケースについて、不明点がある方は参考にしてください。

また、他に疑問点や不明点がある場合は、新生銀行カードローンプラスのお問い合わせ窓口まで連絡をしましょう。

自動引き落とし設定で金融機関が定休日の際はいつ引き落としされる?

自動引き落とし日に金融機関が定休日の場合は、原則引き落とし日の次回営業日に引き落としとなります。そのため、普段とc同じように口座にお金を用意しておけば問題ありません。

ただし、利用する金融機関によっては引き落とし日が異なるケースもあります。どうしても不安な場合は、提携している銀行へ問い合わせてみましょう。

残高不足などで引き落としができなかった場合はどうなる?

残高不足などが原因で自動引き落としができなかった場合は、翌営業日以降に毎日自動的に引き落としがかかります。また、約定返済日が休業日と重なった場合、翌営業日中に引き落としがおこなわれます。

そのため、残高不足に気づいた時点で早めに入金してください。自動引き落としがされなかった場合、返済できるまでの日数に応じて遅延損害金が発生するケースもあります。

まとめ

income-black-04

今回の記事では、新生銀行スマートカードローンプラスの概要や利用時の注意点のほか、実際の借入・返済の手順について解説しました。

新生銀行スマートカードローンプラスは、カードローンにて現金の借り入れができるキャッシングサービスです。一時的に現金が手元に必要なとき、非常に便利です。

また、新生パワーダイレクト口座をお持ちの方は、インターネットバンキングが利用できます。インターネットバンキングから借入の申し込みや返済もできるため、すでに新生銀行へ口座をお持ちの方には非常におすすめのキャッシングサービスです。

新生銀行スマートカードローンプラスを利用する際は、他銀行との併用はできません。また、振り込みは最短翌営業日となり、即日での借入はできないため注意してください。

実際の借入・返済の手順は、新生パワーダイレクト口座の有無により異なります。新生パワーダイレクトの口座があると、手続きが非常にスムーズです。

新生銀行スマートカードローンプラスを利用している方、または利用を検討している方で、まだ新生銀行へ口座をお持ちでない場合は、ぜひ新生パワーダイレクト口座の利用を開始しましょう。

<参考>
新生銀行スマートカードローン

目次