お金や投資の金融メディア

プロミスで事前審査に通ったのに本審査に落ちた原因は?審査の違い・落ちないための対処法も紹介

PR
promise-preliminary-exam-01
この記事のまとめ
  • ・プロミスの本審査に落ちたのは信用情報や他社借入などが原因かも
  • ・再申込OKだけど6か月は待たないといけない
  • 他の消費者金融への申し込みは今すぐでもOK!

プロミスをチェック

プロミスをはじめとした消費者金融では、お金を借りるためには審査に通過する必要があります。

プロミスでは、本審査に望むまえに借り入れができるか判断する方法に仮審査がおこなわれます。

仮審査は本審査と比較すると通過できる可能性が高いのですが、仮審査に通過できても本審査に落ちるケースがあるでしょう。

本記事では、プロミスの仮審査に通過したのに本審査に落ちる原因や、審査の違い、落ちないための対処法について詳しく解説します。

プロミスにこれから申し込む方や仮審査に通過し本審査にすすむ方はぜひ参考にしてみてください。

【お金プラス編集部厳選】
\大手消費者金融ならこの4社/

即日融資OK・バレない・保証人不要

消費者金融 公式サイト おすすめポイント 金利 借入限度額 親会社 即日融資
(審査時間)
在籍確認・郵送物 無利息 カードレス 返済額

アコム


アコム

公式

✓初めての人も安心
利用者数NO.1
✓最短20分融資
職場への電話連絡原則なし!
3.0%~18.0% 最大800万円 三菱UFJ
ファイナンシャルグループ

(最短20分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
最大30日 月1,000円~

プロミス


プロミス

公式

✓申込が約5分で完了
Web完結で来店不要
✓98%の申込者が電話連絡なし(※1)
4.5%~17.8% 最大500万円 SMBCグループ
(最短3分)
(※2)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
初回借入日
翌日から30日
月1,000円~

アイフル


アイフル

公式

✓最大30日間利息0円
高額融資も可能
✓審査が不安な方にもおすすめ
3.0%~18.0% 最大800万円 親会社なし
(独立系)

(最短20分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
最大30日 月1,000円~

SMBCモビット


SMBCモビット

公式

✓10秒で簡易審査完了
WEB申込で電話・郵送物なし
✓返済毎にTポイント付与
✓独自の審査基準
3.0%~18.0% 最大800万円 三井住友銀行
グループ

(最短30分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
なし 月4,000円~

※1 調査期間:2023年8月1日~31日。調査対象:Webもしくは無人店舗で申し込み後に契約した方
※2 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

プロミスの事前審査と本審査の違いは?

プロミスでは、借り入れの審査を事前審査(仮審査)と本審査の2フェーズに分けています。

それぞれ確認される項目や、審査難易度が異なるため、特徴について詳しく解説します。

プロミスでの借り入れを検討している方は、事前審査と本審査の異なる点を理解したうえで申し込むようにしてください。

事前審査(仮審査)

プロミスの事前審査では、次の3つの項目をもとに申し込み者の返済能力を判断します。

  • ・生年月日
  • ・年収
  • ・現在の借り入れ金額

借り入れ診断の際に3つの項目を入力し、診断をおこなえば仮審査の結果が反映され、借り入れ可能かがわかります。

自身の返済能力について不安がある方でも事前に審査をし、確認できるためおすすめです。

ただし、事前審査の結果はあくまで参考程度に留め、本審査に通過できなければ借り入れはおこなえない点を理解しておきましょう。

また、借り入れ診断は1日に2回までおこなえるうえ、結果をもとに本審査への申し込みが可能です。

最短15秒で審査結果が通知されるため、現在借り入れができるか知りたいと考えている方は、プロミスの事前審査を利用してみるとよいでしょう。

本審査

本審査では主に申し込み者の申請情報に虚偽の内容が含まれていないか、あらためて確認をおこないます。

事前審査の際に申告した内容と実際の申請情報に間違いがあると、事前審査に通過しても本審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。

たとえば、年収を600万円と事前審査で申告していたのにもかかわらず、本審査で400万円であることが発覚した場合審査に落とされる可能性があります。

また、本審査では申請した勤務先で実際に働いているかを確認する在籍確認がおこなわれます。

勤務先に電話をかけた場合も、実際に在籍していない、誰も連絡に気づかないなど、在籍確認が取れないと審査結果が遅くなるでしょう。

プロミスの本審査は最短20分で完了するため、即日融資を希望する方におすすめです。

プロミスをチェック

プロミスの審査で確認される主なポイント

promise-preliminary exam−03

プロミスで審査の際に確認される主なポイントは、次のとおりです。

  • ・現在の借り入れや返済状況
  • ・住まいや個人情報
  • ・収入や職業などの情報

それぞれ詳しく解説します。

ポイントを押さえたうえで、審査に臨み通過できるように対策を講じましょう。

現在の借り入れや返済状況

プロミスの審査では、現在の借り入れや返済状況について確認します。

申し込み者の借り入れ件数が多かったり、返済が滞っていたりすると、貸し倒れのリスクから審査に落とされる可能性が高くなるでしょう。

また、プロミスでは他社の申し込み履歴を信用情報機関でチェックします。

たとえば、1か月に5回他社消費者金融に申し込むと、信用情報機関の確認時によほどお金に困っているのかと判断されてしまうでしょう。

プロミスでは、現在の借り入れ状況や返済状況に加えて、申し込み状況も確認されると覚えておきましょう。

住まいや個人情報

プロミスでは、申し込み者の住まいや個人情報について審査で確認をおこないます。

申し込み者の氏名や生年月日、電話番号などの情報に加えて、賃貸か持ち家か、家族の構成など、さまざまな項目からチェックします。

たとえば、同じ年収で一人暮らしで家賃を支払う方より、実家暮らしで家賃の支払いがない方のほうが、返済には余裕があるといえるでしょう。

また、扶養家族が多い場合は、お金を貸しても貸し倒れになるリスクが高いと判断されるため、審査に落とされる可能性が高くなります。

収入や職業などの情報

消費者金融の審査では、申し込み者の収入や職業などの情報をチェックします。

お金を貸すからには適切に返済をおこなえる方でなければ、損をする可能性があるためです。

たとえば、職業が正社員や公務員の場合は、収入が安定していると判断され、審査に通過できる可能性が高まるでしょう。

反対に、個人事業主であれば収入の安定性に欠けるため、審査に通過できないケースが多々あります。

また、勤続年数が長いほど信頼度が高まり、勤務先の規模が大きいほど安定した収入が望めます。

プロミスに申し込む際は、自身の収入や職業を安定させてから申し込むと、審査に通過しやすくなるでしょう。

プロミスをチェック

プロミスの本審査に落ちた原因は?

promise-preliminary exam−04

プロミスの本審査に落ちた際に考えられる原因は、次のとおりです。

  • ・在籍確認ができなかった
  • ・提出した書類に不備があった
  • ・信用情報に傷がついている
  • ・申し込みの際に嘘の情報を記入した
  • ・すでに他社でのローンが複数ある

それぞれ詳しく解説します。

本審査に落ちた場合は、原因を特定し、解決方法を考慮したうえで次の申し込みをおこないましょう。

在籍確認ができなかった

プロミスの本審査に落ちる原因として、在籍確認ができなかったことが挙げられます。

審査内容に問題がなくても、在籍確認の電話に誰も応じない、会社側が「在籍していない」などと回答すると、本審査に落ちる可能性があります。

また、申請した会社の電話番号に間違いがあると、プロミス側から確認がおこなえないケースも考えられるでしょう。

申請の際は間違いがないかよく確認したり、いつでも電話に出られるよう準備したりするようにしましょう。

提出した書類に不備があった

提出した書類に不備があった場合も、プロミスの本審査に落ちる原因の一つです。

本審査の際には、免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類などの提出が求められます。

自身で申請した住所と本人確認書類に記載されている住所が異なる場合は、書類の不備となり審査に落とされる可能性が高くなるでしょう。

プロミスに申請する際は、内容に間違いがないか何度も確認したうえで、申し込むようにしてください。

信用情報に傷がついている

プロミスの本審査では、申し込み者の返済能力を確認するために、信用情報の確認をおこないます。

過去にカードローンを利用し、延滞した記録のある方や、クレジットカードや家賃を滞納した方などは、信用情報に傷があり本審査に落ちる可能性が高くなるでしょう。

信用情報に傷がつくと、消えるまで5〜10年程度要します。

信用情報に傷がついた状態では、新規での借り入れやクレジットカードの発行が困難になります。

プロミスに申し込む際は、自身の信用問題について問題がないか、CICやJICCなどの信用情報機関に確認を取りましょう。

信用情報機関の情報に間違いがある場合は、修正してもらうように依頼をかけるとよいです。

申し込みの際に嘘の情報を記入した

申し込みの際に虚偽の情報を申告すると、本審査に落とされる可能性は高くなるでしょう。

プロミスの本審査では、申し込み者の返済能力を判断するために年収や勤続年数、勤務先などの情報をチェックします。

審査に通過したいからと年収を多めに申告したり、正社員ではないのに正社員と偽ったりすると、すぐに発覚します。今後借り入れができなくなる可能性も考えられるため、必ず正しい情報を申告してください。

また、虚偽の申告をしたつもりはなくても、間違いがあると誤解される可能性もあるため、申請前に何度も確認をおこなうとよいです。

すでに他社でのローンが複数ある

プロミス以外に、すでに複数の借入先や、奨学金、携帯電話のローンなどがある場合は、審査に落ちる可能性が高いです。

プロミスをはじめとした消費者金融は、総量規制により申し込み者の年収3分の1以上の貸付が禁止されています。

たとえば、申し込み者の年収が300万円の場合は、100万円を超えての貸付ができません。

そのため、複数の借入先がある方で年収の3分の1以上を借りている場合は、本審査に落とされる可能性が高いです。

プロミスで新規に借り入れをおこないたいのであれば、まずは現在の借入先の完済に努めましょう。

複数の借入先を一本化するおまとめローンを利用すれば、金利の負担を減らせるほか、管理しやすくなるためおすすめです。

プロミスの本審査に落ちないための対処法

promise-preliminary exam−06

プロミスの本審査に落ちないためには、次の対処法を講じてみてください

  • ・書類の不備はなくす
  • ・他社での借り入れやローンは減らしておく
  • ・虚偽の報告はしない
  • ・在籍確認を無視しない
  • ・安定した収入を得ておく

それぞれ詳しく解説します。

書類の不備はなくす

プロミスの本審査に通過するためには、書類の不備をなくすようにしてください。

プロミスは、入力情報をもとに信用情報機関に照会をし、情報が正しいか確認します。

仮に、虚偽の申告をしていなくても書類に不備があれば、虚偽の申告をしたと判断され審査に落とされる可能性が高くなります。

また、書類に不備があれば担当者がチェックするために多くの時間を要するでしょう。

消費者金融のメリットである審査速度の速さが失われます。

プロミスへ申し込みをする前に、本人確認書類や申し込み情報などに不備がないか何度も確認をしたうえで、申し込みましょう。

他社での借り入れやローンは減らしておく

他社での借り入れやローンが複数ある場合は、まずは完済に努めましょう。

プロミスをはじめとした消費者金融は、総量規制により年収の3分の1を超える金額の貸付がおこなえません。

そのため、プロミスでの借り入れにより年収の3分の1を超える場合は、本審査に落とされる可能性が高いです。

借入先が複数ある方は、おまとめローンの利用がおすすめです。

おまとめローンとは、複数の借入先を一つにまとめ、返済していくローンになります。

一つに集約すれば、返済の管理が簡単になるほか、金利の低いローンにまとめると、金利による負担を減らせるため、支払い総額が減ります。

複数の借入先がある方や、返済の管理を簡単にしたいと考えている方は、おまとめローンを利用してみてください。

虚偽の報告はしない

プロミスの審査に通過したいのであれば、虚偽の報告は控えましょう。

収入面に不安があり、申請の際に年収を多めに入力したり、在籍していない企業の名前を申告したりするケースがあります。

プロミスでは、書類や信用情報機関、在籍確認などを通じて申し込み者の返済能力を判断します。

たとえば、在籍していない企業を申請すると、在籍確認の際に嘘がすぐに発覚するでしょう。

虚偽の報告が発覚すると、審査に落とされるのみではなく、今後借り入れができなくなるようなペナルティを課せられる可能性も考えられます。

プロミスを利用したいのであれば、虚偽の報告は控え、正しい情報を申請するようにしてください。

在籍確認を無視しない

プロミスでは、申し込み者が申請した勤務先に実際に在籍しているかを確認するために在籍確認をおこないます。

原則として電話での在籍確認をおこないませんが、必要と判断された場合のみ電話がかかってきます。

審査に通過できても、在籍確認を無視したり、気付かない間に社内の方が電話に出て「いません」と回答したりすると、本審査に落とされる可能性が高くなるでしょう。

また、申請した会社の電話番号に間違いがあると、無視したつもりはなくてもプロミスが在籍確認をおこなえません。

常に電話に出られるように準備したり、間違えた情報を申告しないように入念に確認したりして、在籍確認に確実に応じられるようにしましょう。

安定した収入を得ておく

プロミスをはじめとした消費者金融の本審査では、申し込み者の返済能力を重要視しています。

フリーランスやアルバイトのように毎月の収入が安定しない職種よりも、安定した収入が得られる正社員や公務員の方が通過できる可能性が高いです。

また、社員数が少ない小規模の企業よりも、有名企業や大手企業などが通過できる確率が高くなります。

さらに、勤続年数についても返済能力を確認するための一つの指標です。

転職したての方と比較すると、数年同じ企業に勤めている方がすぐに会社をやめるリスクも低く、本審査に通過できる傾向にあります。

プロミスの本審査に通過したい場合は、まずは収入を安定させることを考えましょう。

プロミスをチェック

プロミスの審査についておさらい

promise-preliminary exam−07

プロミスの審査について詳しく解説します。

申し込みから契約までの流れや、プロミスの審査の通過率はどのくらいなのかについて紹介します。

プロミスの審査の流れがわからない方や、審査に通過できるか不安に感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

プロミスの申し込みから契約までの流れ

プロミスの申し込みから契約までの流れは、次のとおりです。

  1. プロミスの公式サイトにアクセス
  2. 今すぐ申し込みをクリック
  3. 氏名や勤務先情報などの必要情報を入力
  4. アップロード、またはアプリで本人確認書類を提出
  5. 審査結果の連絡
  6. 契約

プロミスの申し込みは、Webかアプリでの申し込みが可能です。

Webでの申し込みは、即日融資ができるほか、来店や郵送物が不要なためスムーズに契約をおこないたい方におすすめといえるでしょう。

また、申し込みには本人確認書類の提出が求められます。

次の書類を事前に準備しておき、スムーズに手続きを済ませましょう。

  • ・運転免許証
  • ・パスポート
  • ・健康保険証
  • ・マイナンバーカード
  • ・在留カード、特別永住者証明書

審査結果については即日にわかり、すぐの融資が可能であるため、即日融資を希望する方は、ぜひ参考にしてみてください。

プロミスの審査の通過率

仮審査では、氏名と住所、連絡先、勤務先情報の入力により、最短15秒で借り入れできるかの審査が受けられます。

本審査のように在籍連絡はおこなわれませんが、安定した収入や信用情報に問題がないか確認する必要があるでしょう。

プロミスの本審査に関しては、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の2024年3月期4月〜9月の月次データによると36.1%〜42.3%の通過率と記載があるため、平均通過率は39.2%です。

本審査では、申請した内容に間違いがないか確認されたり、在籍確認がおこなわれたりし、仮審査に通過したからとはいえ必ず通過できるとは限りません。

虚偽の報告は控え、在籍確認も問題なく応じられるように事前準備を怠らないようにしましょう。

プロミスの審査受付時間

プロミスの審査受付時間は、次のとおりです。

申し込み方法 受付時間
電話、自動契約機 9時〜21時
インターネット、アプリ 24時間365日

電話や自動契約機を利用する場合は、受付時間が9時〜21時となります。

一方、インターネットやアプリなど携帯電話やPCから申し込みたい場合は、24時間365日対応のため、自身の好みのタイミングで申し込み可能です。

ただし、審査時間は9時〜21時となるため、即日融資を希望する場合は余裕を持って申し込みましょう。

またプロミスの審査は、土日祝日にも対応しています。

平日が忙しいサラリーマンの方も、自身の都合のよいタイミングでプロミスへの申し込みを検討してみてください。

プロミスをチェック

事前審査に通ったけど本審査に落ちた場合の対処法

promise-interest-02

プロミスの仮審査(事前審査)に通ったけど本審査に落ちてしまった方におすすめの対処法は、次の2つです。

  • ・再度申し込む
  • ・他の消費者金融へ申し込む

それぞれの対処法について、詳しく解説します。

再度申し込む

プロミスの本審査は、一度落ちたからといって申し込めなくなるものではありません。

申し込み自体は何度でもできるため、どうしてもプロミスを利用したいならば再度申し込むことができます。

ただし、1回目の審査に落ちた理由を考えずに次の審査に申し込みをしても落ちる可能性が高いため注意してください。

収入面で否決されたのか、勤続年数で否決されたのかなど、原因を特定し対策を講じたうえで再度申し込みをしましょう。

また、一度審査に落ちた場合は少し時間を置いてから申し込むようにしてください。

プロミスへの申し込み記録は、信用情報に6か月程度残ります。

過去に審査落ちした経歴が残った状態では、審査落ちする確率が高くなるため注意が必要です。

他の消費者金融へ申し込む

プロミスの事前審査に通ったけど本審査に落ちた場合は、他の消費者金融への申し込みも検討しましょう。

審査基準は各社で異なると考えられているため、プロミスの審査に落ちたからといって他の消費者金融の審査にも落ちるとは限りません。

プロミスの仮審査に通ったならば基本的な属性には問題ないと考えられるため、他の消費者金融の審査に通過できることは十分に考えられます。

即日融資が可能な点や金利など、大手消費者金融のサービスはどこも似ています。そのため、プロミスでなくても希望に合う可能性は十分考えられるでしょう。

プロミスをチェック

プロミス以外におすすめの消費者金融3選

promise-none-03

プロミス以外の消費者金融に申し込むならば、次に紹介する3つの消費者金融がおすすめです。

それぞれの消費者金融の特徴について、詳しく解説します。

アコム

スクリーンショット 2024-01-29 153255

POINT

  • 利用者数No1のカードローン
  • セブン銀行で手続きOK
  • はじめての方におすすめ!
申込条件 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、アコム社の基準を満たす方
年金収入のみの申し込み ×
専業主婦の申し込み ×(配偶者貸付なし)
学生の利用 ○(20歳以上に限る)
金利 3.0~18.0%
契約極度額 1~800万円
審査時間 最短20分
即日融資の可否 ○(土日祝もOK)
無利息期間 あり(契約日の翌日から30日間)
※契約が初めての方限定
電話による在籍確認 原則なし
Web完結
カードレス

プロミスの審査に落ちてしまった方は、アコムの申し込みを検討してみてください。「融資までの最短時間が20分」「原則として電話による在籍確認がない」など、基本条件はアコムと非常に似ています。

最高利用限度額は800万円とプロミスの500万円より高いため、将来的に大きなお金を借りたいと思ったときはアコムの方が役立つ可能性もあります。

アコムマンスリーレポートによれば、2023年11月時点におけるアコムの新規貸付率は42.9%でした。大手の中でも比較的高いのが特徴です。

アコムをチェック

アイフル

スクリーンショット 2024-01-29 163454

POINT

  • 独自審査で柔軟な審査
  • 最短20分で融資OK※1
  • 他社審査に落ちた方におすすめ!
申込条件 満20歳以上69歳までの定期的な収入がある方
年金収入のみの申し込み ×
専業主婦の申し込み ×(配偶者貸付なし)
学生の利用 ○(20歳以上に限る)※2
金利 3.0~18.0%
契約限度額 1,000円~800万円
審査時間 最短20分※3
即日融資の可否 ○(土日祝もOK)
無利息期間 あり(契約日の翌日から30日間)
※契約が初めての方限定
電話による在籍確認 原則なし
Web完結
カードレス

※1,※3 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます
※2 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で当社基準を満たす方

他の消費者金融と異なり、アイフルは銀行グループに属しておらず、独立した経営をおこなっています。

銀行グループに属する消費者金融とは違った独自の審査基準を持っていると考えられるため、プロミスの審査に落ちた方でも審査に通過できるかもしれません。

アイフルの月次データによれば、2023年11月時点における新規成約率は39.3%で、プロミスとあまり変わりません。

プロミスと比べて特別に審査が厳しいとは考えられないため、プロミスの仮審査に通った方であればアイフルを契約できることは十分考えられるでしょう。

アイフルをチェック

SMBCモビット

スクリーンショット 2024-01-29 172043

POINT

  • 返済時にVポイントが貯まる!
  • 最短10秒のスピード審査!
  • 独自の審査基準!
申込条件 満20歳~74歳の安定した収入のあること(高校生は除く)
年金収入のみの申し込み ×
専業主婦の申し込み ×(配偶者貸付なし)
学生の利用 ○(20歳以上に限る)
金利 3.0~18.0%
契約限度額 1~800万円
審査時間 最短30分
即日融資の可否 ○(土日祝もOK)
無利息期間 なし
電話による在籍確認 原則なし
Web完結
カードレス

SMBCモビットは、プロミスと同じSMBCグループに所属する三井住友カード株式会社が提供するカードローンブランドです。

新規成約率は公表されていませんが、プロミスと同じSMBCグループに所属していることを考えると、それほど違いはないと考えられます。

SMBCモビットが三井住友カードのカードローンブランドとして生まれ変わったのは2023年であるため、最近のことです。

カードローンやクレジットカードは、リニューアルすると新規顧客を集めようとします。そのため、審査基準が通常と異なることは考えられるでしょう。

SMBCモビットをチェック

プロミスでの審査に関するよくある質問

promise-preliminary exam−08

プロミスの審査に関する次のよくある質問について回答します。

  • ・仮審査と本審査それぞれにかかる時間
  • ・事前審査に通過したあとでもキャンセル可能か
  • ・審査に否決された場合に再度申し込みはできるか

それぞれ詳しく解説するため、同様の悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

事前審査・本審査それぞれにかかる時間は?

プロミスの事前審査と本審査にかかる時間はそれぞれ次のとおりです。

事前審査 最短15秒
本審査 最短1時間

審査の内容や条件により審査時間は異なりますが、事前審査は最短15秒、本審査は最短1時間と非常に迅速です。

ただし、審査受付時間は平日、土日祝日ともに21時までとなります。

即日融資を希望する場合は21時までに余裕を持って申し込むようにしましょう。

また、電話での申し込みの場合は契約可能額の連絡までに30分〜1時間程度要します。

自身に最適な申し込み方法を選択し、スムーズに手続きを進めましょう。

事前審査に通過した後でもキャンセルはできる?

プロミスの事前審査に通過したあとでもキャンセルは可能です。

事前審査では本人確認や在籍確認がおこなわれておらず、通過したまま何もしない、キャンセルの旨を伝えるなどすれば、申し込みがキャンセルされます。

また、キャンセルにより信用情報に傷がつく心配もないため、事前審査の時点で不要となった場合も安心といえるでしょう。

事前審査後にキャンセルした場合は、必要となった場合に再度プロミスの公式サイトから申し込んでみてください。

まとめ

promise-preliminary exam−09

プロミスには、年収や勤務先などの簡単な項目から返済能力を事前に判断する仮審査と、情報の正確性を判断する本審査に分けられます。

いずれも通過率は50%前後となり、審査で確認される内容や、落ちないための対策を講じる必要があるでしょう。

審査に落ちる原因としては、在籍確認ができなかったり、信用情報に傷がついていたりと、さまざまです。

また、プロミスの本審査に落ちた場合は、すぐに申し込むのではなく6か月程度時間を置き、落ちた原因を特定するようにしてください。

審査のポイントや特徴を抑えたうえで、プロミスに申し込み、借り入れをおこないましょう。

プロミスをチェック

<参考リンク>
プロミス公式サイト

 

 

目次