お金や投資の金融メディア

プロミスのおまとめローンとは?審査は甘い?メリットや申し込みの流れについても解説!

PR
promise-omatome-01

プロミスのおまとめローンは複数社からの借り入れを一つにまとめるローンです。

返済金利を低くできる可能性があり、返済日も一つにまとめられるため負担の軽減にもつながります。

プロミスおまとめローンの利用には審査があります。審査では何がチェックされるのか、対策できることはあるのかなど気になることがある方も多いことでしょう。

プロミスおまとめローンの詳細な審査基準は公表されていませんが、審査には一般的に注意すべき点と通過しやすくするコツがあります。

これからプロミスおまとめローンの特徴や審査の基準、審査に通過するためのコツを解説します。

目次

プロミスのおまとめローンの基本情報

promise-omatome-02

プロミスのおまとめローンの基本情報は次の通りです。

借り入れ利率 6.3%~17.8%
融資額 300万円まで
返済期間・回数 最終借り入れ後最長10年、返済回数は1回~120回
返済期日 5日、15日、25日、末日のいずれかから選択可能
返済方式 元利定額返済方式
申し込み条件 年齢20歳以上、65歳以下の本人に安定した収入のある方

 

主婦や学生の方でも、パートやアルバイトによる安定した収入がある場合は申し込み可能

借り換え対象となるローン 消費者金融・クレジットカードなどにおける借り入れ

(無担保ローン)

※銀行のカードローン・クレジットカードのショッピングなどを除く

担保・保証人 不要

プロミスおまとめローンの借入利率は、6.3%~17.8%です。

アコムやSMBCモビットなどほかの大手消費者金融が提供するおまとめローンでは金利上限が18.0%のサービスが多い中で、100万円未満で適用されるプロミスの上限金利17.8%は低水準でプロミスのおまとめローンにおける特徴といえます。

また、借り換え対象となるローンは消費者金融における借り入れで、銀行のカードローンは対象外です。

消費者金融のおまとめローンでは一般的な条件ですが、銀行系のおまとめローンであれば対象になることが多いため、銀行のカードローンも一本化したい場合は銀行系のおまとめローンをおすすめします。

プロミスのおまとめローンのメリット

promise-omatome-04

まずはプロミスおまとめローンのメリットを紹介します。

金利が今より低くなる可能性がある

プロミスのおまとめローンを利用するメリットとして、金利が今より低くなる可能性が挙げられます。 

カードローンの金利は、利息制限法という法律に基づいて次のとおり上限が定められています。

元本 上限利率
10万円未満 年率20.0%
10万円以上100万円未満 年率18.0%
100万円以上 年率15.0%

たとえば、3社から50万円の借り入れをしている場合の合計額は150万円です。しかし、それぞれ別の会社での借り入れなので、すべての借り入れに対して年18.0%の金利が発生します。

借り入れをプロミスのおまとめローンにまとめると、1社から150万円を借りることになります。

100万円以上の借り入れに対して発生する金利の上限は15.0%であるため、結果として金利を抑えることができるという仕組みです。 

2社以上の消費者金融系カードローンやクレジットカードのキャッシングで、それぞれ50万円以上100万円未満の借り入れをしている場合、プロミスのおまとめローンを使うと金利を下げられる可能性があるでしょう。

総量規制の対象外

貸金業者は、貸金業法で定められる総量規制により申し込み者の年収の3分の1を超える金額の融資はできません。

しかし、おまとめローンは総量規制の対象外とされる場合があります。

消費者の返済にプラスとなる借り入れについては、総量規制の対象外となるルールが決められています。

具体的には、「顧客に一方的に有利になる借り換え」の場合や、「借り入れ残高を段階的に減少させる借り換え」などの場合は例外として総量規制の対象外となります。

プロミスおまとめローンについても、「段階的な返済のための借り換え」にもとづく提供であることが公式サイトで明記されています。

返済を1日にまとめられて便利

カードローンを複数利用していると、返済日がカードローンごとに設定され毎月に何度も返済日がくるため資金の管理が手間になります。 

プロミスのおまとめローンを利用すれば、ばらばらにくる返済日をプロミスの返済日にまとめることができるため、資金管理の負担を大幅に軽減できます。

保証人や担保なしで借りられる

プロミスのおまとめローンは保証人や担保がなくても借り入れできる点もメリットです。

銀行のおまとめローンも保証人や担保なしで利用できますが、融資にあたり保証会社の保証を付けています。

銀行のおまとめローンは銀行と保証会社の両方が審査をおこなうため、合否が出るまでに時間が掛かる傾向があります。

一方、プロミスのおまとめローンでは保証会社による審査はありません。

保証人や担保が不要な点は銀行系カードローンと同じですが、プロミスのおまとめローンではプロミス単体での審査のため、銀行と比較して審査に掛かる時間が短いメリットがあります。

プロミスのおまとめローンのデメリット

promise-omatome-05

続いてプロミスおまとめローンのデメリットを解説します。

銀行系おまとめローンと比べると金利が高め

一般的に消費者金融のローン金利は銀行におけるローン金利より高い傾向があります。

プロミスのおまとめローンの金利は6.3%~17.8%です。

一方、銀行系のおまとめローンの金利は各社により詳細は異なりますが、平均的には2.0%~15.0%程度です。 

金利の面では銀行系カードローンの方が有利になる点は、プロミスのおまとめローンのデメリットといえます。

利息分をおまとめローンで借りることは不可

プロミスのおまとめローンの対象は借入額の元本のみです。利息分は対象外である点に注意しましょう。

元本が大きい方の場合は利息も大きい傾向があります。そのため、借入金額が膨大な場合はプロミスのおまとめローンだと目的を達成できないかもしれません。 

利息もおまとめの対象にしたい場合は、銀行が提供するおまとめローンを使うのもひとつの方法です。

銀行のカードローンの中にはおまとめローンとして使えるものもあるため、あわせて検討することをおすすめします。

貸金業者以外からの借入はおまとめの対象外

プロミスのおまとめローンは、貸金業者からの借り入れのみを対象としており、貸金業者以外の借り入れは対象とならない点に注意が必要です。

貸金業者とは、消費者金融やクレジットカード会社などを指します。銀行は貸金業者にふくまれません。

そのため、銀行からの借り入れはプロミスのおまとめローンを使ってもまとめることは不可能です。

クレジットカードのショッピング利用分は法律上、借り入れとは認められません。したがっておまとめローンの対象外となるため、こちらも注意してください。

追加での借り入れはできない

プロミスおまとめローンで審査に通り、借り入れ限度額が決定したら、そのあとに追加の限度額増額はできません。

おまとめローンを利用している期間は、新たな借り入れおこなわず、返済に集中しましょう。 

なお別途、ほかのカードローン審査を受けて通ることができれば、追加の借り入れができますが、総量規制の関係などで審査通過は難しいケースもあるため注意が必要です。 

また、プロミスのおまとめローン契約後に他のカードローンを契約していたことが判明すると、規約違反として強制解約される危険があることも認識しておきましょう。

プロミスおまとめローンの審査は厳しい?甘い?

ここからは、プロミスのおまとめローンの審査について解説します。インターネット上では審査が甘い、厳しいなどさまざま言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

甘いか厳しいかはわからない

プロミスのおまとめローンの審査が甘いか厳しいか、明確なことはいえません。そもそも、プロミスはおまとめローンの審査基準を公表していないからです。

また、審査に通過できるかどうかは、申込者の属性によっても異なります。審査に通過した場合も落ちた場合も総合的な視点から出された結果であるため、審査の難易度とは結び付かないと考えられます。

審査の対策により通過率を上げることは可能

審査に絶対通過する方法はありませんが、審査において不利になると言われている方の特徴があります。たとえば、次のようなケースです。

  • 短期間に複数のローンを申し込んでいる
  • 収入が少ない
  • 年収に対して借入金額が多い

すぐに解決できない問題もありますが、事前に知っておけば対策できるものもあります。対策次第では審査に通過する確率を上げることはできるといえるでしょう。

プロミスおまとめローンの審査基準

promise-omatome-06

ここからはプロミスのおまとめローンの審査基準について説明します。

信用情報

プロミスのおまとめローンの審査基準を考えるときには、信用情報について理解することが重要です。

信用情報とは申し込み者のローンやクレジットカードにおける申し込みや利用の履歴、返済の状況などが記録されている情報です。

信用情報は個人信用情報機関により記録が管理され、金融機関で共有されています。

ローンやクレジットカードの返済を延滞すると、信用情報に事故情報として記録されます。

過去に延滞をしている方は将来にまた延滞をする可能性があると考えられるため、事故情報がある方は審査の通過は困難でしょう。

過去のプロミスの利用状況

過去にプロミスから借り入れをおこない延滞したことがある方も注意が必要です。 

貸金業者では信用情報とは別に自社での顧客情報データを保有しています。プロミスで過去に延滞をしている方は、顧客情報データに記録が残っている可能性があります。

過去の利用状況が良好であれば審査に通過しやすくなる可能性がありますが、思わしくない場合は落ちることもあるかもしれません。

他社からの借入件数

他社からの借り入れ件数が多いと審査に落ちる恐れがあります。

複数社から借り入れをしている方は、一つの借り入れでは資金を賄うことができない状況であることが予想されます。

また、借り入れの返済を別の他社からの借り入れで賄うことも考えられます。

複数の会社から借り入れをしている方を多重債務者と呼びます。

多重債務者は長期的には返済が滞ることが予想されるため審査の通過は困難です。

貸金業者からの借入金額

前述したとおり、貸金業者は総量規制により申し込み者の年収の3分の1を超える融資はできません。

プロミスも貸金業者であるため貸金業法の規制が適用され、総量規制を守る必要があります。

総量規制は貸金業者ごとに年収の3分の1を判定ではなく、利用者ごとにすべての貸金業者からの借入金の合計が年収の3分の1を超えていないかで判定します。

プロミスからの借入金がなかったとしても、すでに他社から年収の3分の1近くまで借り入れていると、総量規制の観点から審査の通過は難しいでしょう。

雇用形態

雇用形態は審査において重要な基準です。

雇用形態には正社員や契約社員、パート・アルバイトなどがありますが、審査において評価が高いのは正社員でしょう。

企業の正社員は、契約社員やパート・アルバイトと比較して、雇用が継続されやすい環境にあります。 

仮に企業の業績が悪化し人員整理が実施されるときは、正社員よりも契約社員やパート・アルバイトのほうが先に対象となる傾向があるでしょう。 

正社員は雇用の安定性が高く、また収入もほかの雇用形態よりも高い傾向にあるため審査ではよい評価を受けると考えられます。

勤続年数

勤続年数も、審査の評価項目に含まれます。

一つの職場に長く勤務している実績がある方は、将来も同じ職場に勤務して安定的に収入を得ることが予想できます。

反対に転職を繰り返す方は、長期的に見た時の収入の安定性には疑問があるため審査では不利に働きます。

正社員でも転職回数が多く、一つの職場での勤続年数が短い方は審査では低い評価を受ける危険性があります。

正社員以外の雇用形態でも、同じ職場での勤続年数が長ければ審査でプラスの要素になるでしょう。

安定した収入の有無

安定した収入の有無も、プロミスのおまとめローンの利用においてとても重要な要素になります。 

プロミスのおまとめローンの利用条件は、20歳以上65歳以下で本人に安定した収入があることです。

おまとめローンの返済は毎月一定額を銀行口座から引き落とすことでおこなわれます。

毎月の返済を確実に実行するためには、毎月収入があることが望ましく返済の確実性を高めます。

一時的な収入では長期にわたる返済能力としては疑問が残ります。

一時的にお金があると油断して無駄に使う可能性や、収入を得た時点で使うことで残らない可能性もあるからです。

住宅や家族構成などの生活状況

住宅や家族構成などの生活状況も審査ではチェックされます。

融資する側から見たときに、借り入れ者が返済をおこなわずにいなくなること、つまり夜逃げされることは貸し倒れにつながる大きなリスクです。

審査では夜逃げしづらい状況にある方のほうが高く評価されるでしょう。

たとえば、すでに家を購入して持ち家に住んでいる方は、自身の資産である持ち家を放棄していなくなる可能性は低いと考えられます。

また、社宅や準社宅のように会社の補助を受けて住居を手配している方も会社への勤務を継続する可能性が高いため、夜逃げのリスクは低いと考えられるでしょう。

一方で、ワンルームの賃貸アパートなどは比較的移動がしやすい住居形態であり、審査においてプラスの評価にはなりづらいです。 

家族構成についても独身の単身世帯の場合は自らの判断のみで移動できることから、夜逃げのリスクがありよい評価とはならないでしょう。

一方で、配偶者や両親がいる場合は、資金が足りなくなった場合には頼る相手が近くにいるわけですから返済能力の評価にはプラスの要素と考えられます。

プロミスおまとめローンに通るためのコツ

promise-omatome-05

続いてプロミスのおまとめローン審査に通るためのコツを解説します。

他社からの借り入れは減らしておく

プロミスのおまとめローンに申し込みをする前に、可能な限り他社からの借り入れは減らしておきましょう。

総量規制の上限に近づけば近づくほど、貸金業者は法令遵守の観点から審査を通過させることに対して慎重になる可能性が高いです。

また総量規制の上限近くまで借り入れしている利用者は、返済能力の評価も低いと考えられます。

他社からの借り入れが多い方はプロミスのおまとめローンで借り入れを一本化しても、将来にわたり返済ができない可能性があり、審査に落ちる恐れがあります。

おまとめローンで一本化するからと油断せず、可能な限り返済できる借り入れを減らしておくほうが審査では有利に働くでしょう。

同時に複数のローンに申し込まない

おまとめローンを申し込む際には、同時に他社のローンへ申し込む多重申し込みは避けましょう。 

多重申し込みは審査する際に、個人信用機関の情報を通じてプロミスに把握されています。 

多重申し込みする方は資金繰りが苦しい生活をする傾向があり、審査ではマイナスの要素となります。

一社の申し込みでは借りられるか不安になるからと多重申し込みすると、審査ではマイナスに働きます。

とりあえず多くの会社に申し込みすれば1社くらいは審査に通ると考えて、手当たり次第にローンを申し込むことは誤りです。

申し込みの際に虚偽の申告をしない

申し込みの際に虚偽の申告をしないことも重要です。

ローンの申し込みには自身の年収や勤務先、勤続年数など個人的な情報を申告します。

年収や勤続年数など多少ごまかしてもばれないと考え、現実よりも良い数字を申告する行為は慎みましょう。ケアレスミスなどの誤りでも虚偽の申告とみなされる恐れがあるため、注意してください。

また、他社からの借り入れ状況も正確に申告する必要があります。

貸金業者は審査の専門家であり、過去からの申し込み者のデータや審査に関するノウハウを蓄積しています。

申告事項での虚偽が起きやすい箇所も把握しており、虚偽の申告をおこなえばデータや申告内容につじつまの合わない部分が発生してすぐにばれるでしょう。

プロミスのおまとめローン申し込みの流れ

ここからはプロミスのおまとめローンにおける申し込みの流れを紹介します。

1:自動契約機・電話から申し込み

プロミスのおまとめローンの申し込みは、自動契約機もしくは電話(プロミスコール)からおこないます。

通常のカードローンではインターネットからの申し込みが可能ですが、おまとめローンではできないため注意が必要です。 

自動契約機と電話からの申し込み受付時間はともに9:00~21:00(※契約機により営業時間が異なります。)で、土日や祝日も申し込み可能です。

2:審査

申し込みをすると自動契約機の場合はその場で申し込みに必要な書類が発行され、提出すると審査が開始します。

電話の場合は申し込みに必要な書類が郵送されてくるため、返送してプロミスに到着すれば審査開始となります。

おまとめローンの審査では、本人確認書類と収入証明書の両方を提出する必要があります。通常のカードローンであれば収入証明書を提出しないで済むこともありますが、おまとめローンは絶対必要になることを認識しておきましょう。

3:必要書類の記載・返送

自動契約機での申し込みの場合は、審査結果の回答後、契約手続きをおこない借り入れが可能になります。 

郵送での手続きの場合は審査終了後に、契約手続きに必要な書類が郵送されます。

必要事項を記載の上、返送しましょう。

プロミスで書類受領後、借り入れが可能となります。

プロミスのおまとめローンで、本人確認書類として提出できる書類は次の通りです。

    • 運転免許証(経歴証明書も可)
    • ・パスポート(2020年2月3日以前に申請し、住所欄に現在の自宅住所が記載)
    • マイナンバーカード(通知カードは不可)※
    • 在留カードあるいは特別永住者証明書

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

また、収入証明書類として提出できる書類は次の通りです。

現在の勤め先の収入について、最新の書類を用意しましょう。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書(収入額と所得額の記載があるもの)
  • 給与明細書(直近2か月分)+賞与明細書(直近1年分)(賞与明細書が手元にない場合は、直近2か月分の給与明細書)

プロミスのおまとめローンに関するよくある質問

promise-omatome-07

プロミスのおまとめローンに関するよくある質問と回答を解説します。

電話での在籍確認は必須?

プロミスのおまとめローンの審査では、原則として職場への電話による在籍確認はおこないません。

審査の結果により在籍確認の電話をする場合でも、申し込み者の同意を得ずに連絡はしません。

なお、在籍確認をおこなう場合には本人が電話に出られなくとも、職場の代わりの方が出て申し込み者が不在であることを伝えてくれれば、申し込み者が職場で働いていることがわかるため在籍確認完了となります。

おまとめローンと借り換えの異なる点は?

おまとめローンに似た言葉として借り換えがあります。

おまとめローンは複数社のローンを一本化するローンです。 

主に複数社からの借り入れをまとめることで、利用者の借金すべての返済を計画的に実行する目的を持ちます。

一方で、借り換えは一つのローンを別のローンに乗り換えることで、一対一の関係が成り立ちます。

今利用しているローンよりも条件がよいローンが見つかったときなどに借り換えることがあります。

プロミスおまとめローンの審査通過率は?

プロミスのおまとめローンのみの審査通過率は公表されていません。

プロミスの無担保ローン全体での2023年度の審査通過率は34.7%~42.3%です。

平均的には40%前後の通過率のため、おまとめローンの審査通過率も準ずるものと予測されます。

ただし、おまとめローンの申し込み者はすでに複数社のカードローンを利用している方のため、平均よりは通過率が低い可能性があります。

まとめ

promise-omatome-08

プロミスのおまとめローンは複数社からの借り入れを、段階的な返済するために一つにまとめるサービスです。 

返済の金利が低くなる、あるいは返済日が一つにまとめられて負担が軽減されるメリットがあります。

ただし、審査に通過できなければ利用できません。審査では本人に安定した収入があるか、勤務形態や勤続年数などの返済能力を総合的に判断されます。 

審査に通るコツは、他社からの借り入れを減らすことや同時に複数のローンは申し込まないこと、そして虚偽の申告はしないことの3点が挙げられます。

プロミスのおまとめローンの利用を考えている方は、解説を参考に十分な審査対策をしてください。

<参考リンク>
プロミスおまとめローン

目次