お金や投資の金融メディア

プロミスでの限度額は?増額申請方法と審査の基準・通過のためのコツなどを詳しく解説

PR
promise-limit-01
この記事のまとめ
    • ・プロミスの初回利用限度額は10~50万円程度
    • ・プロミスで増額申請は可能
    • ・増額申請には安定した収入の確保他社借入の返済、返済遅延のない状態が重要

プロミスをチェック

大手消費者金融のプロミスに申し込もうとしている方のなかには「利用限度額はいくらなの」と考える方もいるでしょう。

できる限り多くのお金を借りようとしている場合は、限度額の増額ができるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

プロミスの利用限度額は申し込み時の審査で決められ、契約後に増額の申請は可能です。

本記事ではプロミスの利用限度額を増額申請する際の審査基準、限度額を増額するメリットなどについて解説します。

プロミスに申し込もうとしている方や、限度額について気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

【お金プラス編集部厳選】
\大手消費者金融ならこの4社/

即日融資OK・バレない・保証人不要

消費者金融 公式サイト おすすめポイント 金利 借入限度額 親会社 即日融資
(審査時間)
在籍確認・郵送物 無利息 カードレス 返済額

アコム


アコム

公式

✓初めての人も安心
利用者数NO.1
✓最短20分融資
職場への電話連絡原則なし!
3.0%~18.0% 最大800万円 三菱UFJ
ファイナンシャルグループ

(最短20分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
最大30日 月1,000円~

プロミス


プロミス

公式

✓申込が約5分で完了
Web完結で来店不要
✓98%の申込者が電話連絡なし(※1)
4.5%~17.8% 最大500万円 SMBCグループ
(最短3分)
(※2)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
初回借入日
翌日から30日
月1,000円~

アイフル


アイフル

公式

✓最大30日間利息0円
高額融資も可能
✓審査が不安な方にもおすすめ
3.0%~18.0% 最大800万円 親会社なし
(独立系)

(最短20分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
最大30日 月1,000円~

SMBCモビット


SMBCモビット

公式

✓10秒で簡易審査完了
WEB申込で電話・郵送物なし
✓返済毎にTポイント付与
✓独自の審査基準
3.0%~18.0% 最大800万円 三井住友銀行
グループ

(最短30分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
なし 月4,000円~

※1 調査期間:2023年8月1日~31日。調査対象:Webもしくは無人店舗で申し込み後に契約した方
※2 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

プロミスの限度額は?

promise-limit-03

プロミスを含めた消費者金融では契約の際に利用限度額が設定されます。

審査により設定された限度額内の範囲内であれば、何度でも追加の借り入れが可能です。

プロミスの利用限度額について解説します。

プロミスでの借入限度額は審査時に決まる

プロミスから借り入れをおこなう場合の限度額は、申し込み時の審査により決まります。

利用限度額が決まる要素は、主に次のとおりです。

  • ・年収
  • ・職業や雇用形態
  • ・勤続年数
  • ・他社からの借り入れ状況
  • ・信用情報

ただし初回の利用限度額は10~50万円程度になる傾向があり、すぐに多額のお金を借りられるわけではありません。

初回の限度額を低く設定して、利用者の返済能力があるかを判断するケースが一般的です。

問題なく返済できる方であれば、次第に利用限度額を増額でき、プロミスは最大で500万円まで融資を受けられます。

プロミスの利用限度額は審査で決まりますが、はじめの頃は低めに設定される場合が多いため注意しましょう。

 自身の限度額の確認方法

プロミスとの契約後、自身の利用限度額は会員サービスから確認できます。

会員サービスは公式サイトのほか、アプリでも利用できるため、簡単に自身の限度額を把握できます。

アプリではほかにも次のような機能やサービスを利用できます。

  • カードレスで借り入れできる「スマホATM」
  • ・インターネット振込
  • ・インターネット返済
  • ・取引履歴照会
  • ・各種設定変更

プロミスと契約したあとは、会員サービスアプリを活用して利用限度額を確認し、ほかの機能やサービスも活用しましょう。

プロミスの限度額は増額をすることも可能

プロミス契約したあと、利用限度額の増額も可能です。

ただし借り入れや返済の実績がないと、限度額の増額をできる可能性は低いでしょう。

また他社からの借り入れが多い方や直近6か月の返済を延滞した方などは、審査に通るのは難しくなります。

増額の申し込みは、公式サイトやアプリの会員サービスからでき、プロミスコールに電話する方法もあります。

プロミスコールは、次の電話番号です。

電話番号:0120-24-0365
受付時間:平日9時00分~18時00分

プロミスへ利用限度額の増額を申し込むと、再度審査がおこなわれます。

状況に応じて収入証明書の提出が必要になるケースもあるため、依頼があれば対応しましょう。

プロミスをチェック

限度額の増額申請をする際の審査基準

promise-limit-03

プロミスへ利用限度額の増額申請をすると、審査がおこなわれます。

限度額の増額申請をする際の審査基準について解説します。

収入状況

プロミスを含めた消費者金融は、返済能力を判断する際に、安定した収入があるかどうかを審査します。

審査では安定した収入、初回申し込み時から収入の増減、雇用形態の変更などがあるかを確認されます。

契約時から勤務先が変わらずに収入が増えているのであれば、利用限度額の増額申請の審査に通れる可能性は上がるでしょう。

一方で契約時から収入が減額していたり、勤務先が変更していたりすると、審査には通りづらくなります。

プロミスに利用限度額の増額申請をしたい方は、できる限り収入を上げるようにして申し込みましょう。

返済状況

プロミスの限度額増額の審査では、返済状況もチェックされます。

滞りなく返済していれば返済能力があると判断され、利用限度額の審査には通りやすくなります。

プロミスの審査では、自社や他社返済状況を確認するうえに、住宅ローンやスマートフォンの分割払いなどの返済状況も審査の対象です。

さまざまな返済状況を確認し、期日どおりに返済していれば利用限度額の増額の審査は通りやすくなるでしょう。

プロミスはさまざまな返済の状況を確認して、問題ないと判断すれば利用限度額の増額に応じています。

借り入れ状況

利用限度額の増額を申請すると、審査で借り入れ状況も確認されます。

プロミスの利用状況や他社からの借り入れ状況を確認し、総量規制を超えていないかをチェックするためです。

総量規制では、年収の3分の1を超えた貸付を禁止しており、超えてしまう場合は利用限度額の増額ができません。

たとえば年収300万円の方の場合、プロミスや他社の消費者金融からの借り入れの総額が、100万円を超える場合は審査落ちします。

限度額増額の審査は、借入総額が総量規制を超えないために、プロミスや他社からの借り入れ状況を確認しています

プロミスをチェック

プロミスの限度額の増額を申請する方法

promise-limit-04

大手消費者金融のプロミスと契約したあとは、Webやアプリ、電話や店舗から利用限度額の増額を申請できます。

プロミスの利用限度額の増額を申請する方法について解説します。

Web・アプリからの場合

Webやアプリから、プロミスに利用限度額の増額を申請する流れは、次のとおりです。

  1. 公式サイトやアプリから限度額の増額を申し込み
  2. 必要に応じて収入証明書を提出
  3. 審査
  4. 審査に通過すれば限度額の増額

プロミスの利用限度額の増額は、申し込みから最短60秒で審査結果がわかります。

ただし借り入れ額が50万円を超える方や、他社との合計借入額が100万円超える場合は、収入証明書の提出を求められます。

収入証明書の提出を求められたら、源泉徴収票や給与明細などの、有効な書類を提出しましょう。

電話からの場合

プロミスの利用限度額増額の申し込みは、電話でもおこなえます。

電話対応時間である平日9時00分~18時00分にプロミスコールに電話をかけ、オペレーターに利用限度額を増額したい旨を伝えましょう。

本人確認や必要な情報を聞かれるため、電話で答えれば申し込み完了ですが、Webやアプリからの申請と同様に、収入証明書が必要なときもあります。

電話での申し込みだと本人確認がおこなわれ、Webやアプリからの申請と比べて時間がかかる点がデメリットです。

インターネットが苦手な方以外は、Webやアプリから利用限度額の増額を申し込むのをおすすめします。

 店舗での場合

利用限度額の増額は、プロミスの自動契約機でも申し込めます。

インターネットが苦手なうえに、プロミスコールの対応時間外の場合は、自動契約機での申し込みが便利です。

プロミスの自動契約機は、9時00分~21時00分で土日祝日も対応しています。

ただし自動契約機をほかの方が利用していた場合は、終わるまで待つ必要があるのと、申し込み後に30分程度審査の結果を待たなければなりません。

希望する利用限度額により、収入証明書が必要なケースもあるため、自動契約機で限度額の増額を申し込む際は注意しましょう。

プロミスから増額の案内がくる場合も

利用限度額の増額は自身で申し込む以外に、プロミスから増額の案内がくる場合もあります。

プロミスから増額の案内が届く条件は、主に次のとおりです。

  • プロミスとの契約が1年以上
  • ・目安として3か月~6か月程度の返済の実績
  • ・返済中に延滞なし

プロミスと契約して一定期間、滞りなく返済を続けていると限度額の増額の案内がきます。

案内がきたとはいえ必ず審査に通過できるわけではありませんが、プロミスから案内がくる時点で利用限度額を増額できる可能性は高いでしょう。

プロミスの利用限度額を増額したい方は、借り入れたお金を滞りなく返済して信頼を積み上げましょう。

プロミスをチェック

プロミスで増額申請をするメリット

promise-limit05

消費者金融のプロミスで増額申請をすると金利を下げられたり、急な出費に対応できたりするなどのメリットがあります。

プロミスで増額申請をするメリットについて解説します。

金利が下がる可能性がある

プロミスで増額申請できれば、金利を下げられる可能性があります。

借り入れの際にかかる金利は審査により決まりますが、利用限度額が高いほど金利が下がる傾向があるためです。

プロミスの金利は4.5%~17.8%ですが、利用限度額が100万円を超えれば利息制限法により、金利は15.0%以下になります。

また利用限度額を増額しても、借り入れる額を今までと変更しなければ、金利のみの引き下げが可能です。

プロミスの利用限度額を増額したい方は、目安として限度額100万円以上になるように申し込めば、金利を下げられる可能性があります。

急な出費にも対応できる

プロミスでの利用限度額を増額すれば、急な出費に対応できるようになります。

利用限度額が上がると今までよりも多くのお金を借りられて、利用できる選択肢が増えるため、さまざまな出費に活用できます。

家電品の買い替えや冠婚葬祭、思いがけないケガや病気など、急な出費がある際に、利用限度額が多ければ安心です。

またWebから増額申請は24時間365日受け付けており、最短60秒で審査結果が出るため、急いでいるときにも利用できます。

急な出費に対応できるようになる点が、プロミスの利用限度額を増額するメリットの一つです。

 新たに他社で借り入れる必要がなくなる

プロミスで利用限度額を増額すると、ほかの消費者金融から借り入れる必要がなくなります。

複数社からお金を借りている場合、消費者金融ごとにいくら借り入れがあり、返済金額がいくらなのか管理が複雑になります。

借り入れる先をプロミスのみにできれば、借り入れや返済日がまとめられて、お金の管理が楽になる点がメリットです。

複数社から借り入れている場合は返済日が異なるため、不注意による残高不足で返済が遅れるおそれがあります。

返済が遅れると遅延損害金が発生し余計なコストを支払う必要があり、よいことはありません。

プロミスを含めた複数社から借り入れをしている方は、プロミスでの利用限度額を増額し、借り入れる先を一つにまとめる方法がおすすめです。

プロミスをチェック

プロミスで増額申請をするデメリット

promise-limit-06

プロミスで増額申請をするのは、メリットのみではなくデメリットもあります。

デメリットを把握していないと困る可能性もあるため、よく確認しましょう。

プロミスで増額申請をするデメリットについて解説します。

増額申請中は追加の借り入れができない

利用限度額の増額を申請している間は、追加の借り入れができなくなります。

増額申請の審査で増額できる場合もあれば、減額になる可能性もあるためです。

利用限度額までお金を借りてないとしても、増額申請中は追加の借り入れできません。

審査の結果が出たあとであれば、審査後の利用限度額までの借り入れは、再びできるようになります。

そのため増額申請をするタイミングは、追加で借り入れる必要のないときにする必要があります。

追加の借り入れができずに困らないように、時期を考慮してから利用限度額の増額申請をするようにしましょう。

限度額の減額につながる場合も

利用限度額の増額を申請しても審査の結果、減額になる可能性もあります。

審査落ちのみのときもありますが、借り入れや返済状況、収入や仕事の変化により、利用限度額が減額されるケースもあるため注意が必要です

増額を申請したにもかかわらず、限度額が減額されたらお金に困る方もいるでしょう。

他社からの借り入れがある方や、転職をして間もない方などは、限度額が減額になる可能性があります。

またプロミスから融資を受けたお金を滞りなく返済するようにすると、限度額が減額される可能性を減らせます。

増額申請をすると減額になる可能性がある方は、申し込むタイミングを十分に考慮するとよいでしょう。

プロミスで増額申請に通るためのコツ

promise-limit-07

プロミスで増額申請の審査に通るためには、いくつかのコツがあります。

利用限度額を増額しやすくなる方法について解説します。

安定した収入を得ておく

安定した収入を得ておくと、プロミスの限度額の増額申請に通りやすくなります。

アルバイトやパート、派遣社員や契約社員の方は、正社員になると安定した収入を得ていると判断されやすく、おすすめできる方法です。

雇用形態の変更が難しい方は勤続年数を長くする、ダブルワークで収入を得るなどの方法もあります。

正社員の方であれば、仕事で収入を上げたり副業で収入を得たりする方法もあり、年収の総額が上がれば増額申請の際に有利です。

自身の状況にあわせて、できる限り安定した収入を得るようにすると、利用限度額を増額する際の審査に通りやすくなります。

今ある借り入れを全額返済する

プロミスから借り入れがある方は、全額返済する方法も有効です。

借り入れを一度全額返済すると、審査の際に返済能力があると判断されやすく、利用限度額を増額できる可能性を上げられます。

またプロミスでの借り入れと返済の実績もあれば、信頼を積み上げられます。

ただし手元のお金に余裕がある場合のみできる方法のため、無理やり全額返済する必要はありません。

全額返済が難しい方は、まず期日に遅れずに返済を続け、余裕があるときに繰り上げ返済をおこないましょう。

プロミスの借り入れを全額返済したり、滞りなく返済を続けたりすると、限度額の増額申請の審査に通過しやすくなります。

他社での借り入れは無くしておく

他社からの借り入れがある方は、すべて返済しておく方法もおすすめです。

複数の消費者金融から借り入れている場合、審査に悪影響が出る可能性があるためです。

他社から借り入れていて、さらにプロミスで利用限度額を増額しようとすると、返済能力疑われるおそれがあります。

プロミスの借り入れを全額返済する方法と同様に、手元のお金に余裕があるときは、他社の借り入れは完済しておきましょう。

増額申請の審査では、自身の信用情報をチェックされるため、他社の借り入れを全額返済していれば、返済能力があると判断されやすくなります。

ほかの消費者金融からの借り入れがある場合は、できる限りなくしてから、限度額の増額申請をおこないましょう。

プロミスをチェック

プロミスで増額申請に落ちる原因

promise-limit-07

増額申請をしたにもかかわらず、プロミスの審査に落ちるケースも考えられます。

プロミスで増額申請に落ちる原因について解説します。

プロミスを利用しはじめたばかりの方

期日どおりに返済をしても、プロミスを利用しはじめたばかりの方は、増額申請の審査には通れません。

プロミスでの利用実績が十分でなければ、利用限度額を増額しても返済できるかが、判断しづらいためです。

目安として6か月以上はプロミスを利用して、返済実績を積み上げると、増額申請の審査に通りやすくなるとされています。

プロミスでの利用限度額を増額したい方は、現在の借り入れを期日どおりに返済し続けましょう。

別途お金を借りる必要があれば、他社の消費者金融への融資を申し込む必要があります。

返済に遅れたことがある方

6か月以内にプロミスへの返済期日に遅れた方は、増額申請の審査で落ちる可能性が高くなります。

プロミスの返済を延滞した事実は、約束を守れず返済能力が低いと判断されるためです。

自身のミスで残高が不足し、延滞した場合でも増額申請の審査に落とされるおそれがあります。

目安として3か月~6か月間は、期日どおりに返済していれば、利用限度額の増額ができる可能性があるでしょう。

仮に61日以上返済が遅れた場合は信用情報に傷がつき、プロミスからの融資が停止されるおそれがあるうえに他社からの借り入れも難しくなります。

借りたお金は決められた期日どおりに返済し、6か月以上返済を続けてから増額申請をするようにしましょう。

他社からの借り入れがある方

プロミス以外の消費者金融から借り入れがある方は、増額申請の審査に落ちる可能性が高くなります。

他社から借り入れしているにもかかわらず、利用限度額の増額をしようとする行為は、お金に余裕がないと判断されるおそれがあるためです。

さらに別の消費者金融から借り入れをするケースも考えられ、プロミスから返済能力を疑われてもおかしくはありません。

他社から借り入れている方が、すべて増額申請の審査に落ちるわけではないものの、できる限り他社からの借り入れを返済してから申し込みましょう。

他社からの借り入れを返済していれば返済能力を証明でき、利用限度額を増額できる可能性を上げられます。

審査に落ちてすぐ再申請をした方

プロミスに増額申請をして審査に落ちた場合、すぐに再申請したとしても審査には通れません。

一度審査をしてから時間が経過していない場合は、申し込み者の状況に変化はないと判断されるためです。

目安として6か月以上は期間を空けてから、もう一度増額を申請しましょう。

自身が審査に落ちた原因を考えて、できる限り改善すると次回の審査に通れる可能性を上げられます。

増額申請の審査に落ちた方はすぐに申し込まずに、まずは安定した収入を得る、他社からの借り入れを完済するなどの対策をおこないましょう。

限度額が年収の3分の1を超えてしまう方

プロミスで利用限度額を増額すると、借入総額が年収の3分の1を超える方は審査に通過できません。

貸金業法で定められた総量規制により、年収の3分の1を超える貸付は禁止されています。

そのためほかの消費者金融で借り入れようとしても、借入総額が年収の3分の1を超える場合は、お金を借りられません。

ただし銀行のカードローン総量規制の対象外で、借り入れできる可能性あります。

総量規制に抵触するおそれがある方は、現在の借り入れを減らす方法を考えたほうがよいでしょう。

プロミスの限度額に関するよくある質問

promise-limit-08

大手消費者金融のプロミスの限度額に関して、よくある質問をまとめました。

増額申請での審査時間や在籍確認などが気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

増額申請から審査完了までにかかる時間は?

プロミスに増額申請をして、審査完了にかかるまでの時間は最短で60秒です。

公式サイトからであれば24時間対応しており、土日祝日も含めた365日いつでも申し込めます。

ただし電話や無人契約機での増額申請の場合、最短30分程度かかるため、急いでいる方は公式サイトからの申し込みがおすすめです。

プロミスに限度額の増額を申請したい方は、店舗への訪問不要で郵送物もない、公式サイトから申し込みましょう。

増額申請の場合も在籍確認はある?

プロミスで増額申請をする際、勤務先に在籍確認の電話がくる可能性あります。

新規契約や限度額の増額の審査では、勤務先への電話や書類などの在籍確認は必ずおこなわれるためです。

契約時に在籍確認をしても、増額申請の際に勤務先が変更されている可能性もあります。

どのように在籍確認がおこなわれるかはわかりませんが、必ず在籍確認はあると認識しておきましょう。

勤務先に在籍確認の電話があり、勤務している確認が取れなければ、審査には通過できません。

増額申請の際に必要な書類は?

プロミスへ増額申請する際、次の条件に該当する方は収入証明書を提出する必要があります。

  • 希望借入額が50万円を超える場合
  • ・希望借入額と他社との利用残高が100万円を超える場合

該当しない場合でも、収入証明書の提出を求められるケースがあります。

収入証明書として提出できる書類は、次のとおりです。

  • ・源泉徴収票
  • ・確定申告書
  • ・税額通知書
  • ・所得(課税)証明書
  • ・給与明細書

いずれも直近の書類のみ有効で、給与明細書は直近2か月分と1年分の賞与明細書が必要です。

プロミスから収入証明書を求められた場合は、有効な書類を提出しましょう。

 プロミスから増額申請案内の電話をもらうには?

プロミスから増額申請案内の電話をもらいたければ、プロミスから優良な顧客だと判断される必要があります。

お金を貸しても問題なく返済できる方であれば、多く利用したほうがプロミスにメリットがあるためです。

明確な基準はありませんが、プロミスを利用してから6か月~1年間以上、期日どおりに返済していると、増額申請案内の電話がくる可能性があります。

プロミスから借り入れをして、将来的に増額申請をしたい方は、滞りなく返済を続けましょう。

返済を続けているとプロミスから優良な顧客と判断されて、増額申請案内の電話がくるようになります。

まとめ

promise-limit-09

プロミスの利用限度額を増額申請する際の審査基準、限度額を増額するメリットやデメリットなどについて解説しました。

消費者金融のプロミスで増額申請をする際の審査基準は、自身の収入や返済、借り入れの状況で判断されます。

プロミスで増額申請をすると、金利が下がる可能性があり、新たに他社で借り入れる必要がなくなる点がメリットです。

増額申請は安定した収入を得たり、現在の借り入れを完済したりすると、審査に通過できる可能性を上げられます。

プロミスでの利用限度額を増額したい方は、本記事で解説した内容を参考に増額を申請し、急な出費に備えましょう。

プロミスをチェック

<参考リンク>
プロミス公式サイト

目次