お金や投資の金融メディア

プロミスで収入証明書を求められる条件は?必要書類や提出方法・収入証明なしで借りる方法も解説

PR
プロミス収入証明・アイキャッチ
この記事のまとめ
    • ・収入証明書が必要となるのは利用限度額・他社借入合計額が基準額を超える場合
    • ・提出可能書類は、源泉徴収票確定申告書所得証明書給与明細書などがある
    • ・収入証明書なしで借入する場合は50万以下虚偽の情報を提供しないこと

プロミスをチェック

消費者金融のプロミスでお金を借りようとしている方のなかには「どのようなときに収入証明書が必要なの」と考える方もいるでしょう。

できれば収入証明書の提出なしでお金を借りたい方も多く、自身の場合はどちらなのか不安になります。

プロミスでお金を借りる際に収入証明書が必要になるのは、利用限度額が50万円を超えるケースと、他社との借入合計額が100万円を超える場合です。

本記事ではプロミスで収入証明書を求められるパターンや、収入証明書の提出方法、使用できる書類などを解説します。

プロミスでお金を借りようとしている方や、収入証明書について知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【お金プラス編集部厳選】
\大手消費者金融ならこの4社/

即日融資OK・バレない・保証人不要

消費者金融 公式サイト おすすめポイント 金利 借入限度額 親会社 即日融資
(審査時間)
在籍確認・郵送物 無利息 カードレス 返済額

アコム


アコム

公式

✓初めての人も安心
利用者数NO.1
✓最短20分融資
職場への電話連絡原則なし!
3.0%~18.0% 最大800万円 三菱UFJ
ファイナンシャルグループ

(最短20分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
最大30日 月1,000円~

プロミス


プロミス

公式

✓申込が約5分で完了
Web完結で来店不要
✓98%の申込者が電話連絡なし(※1)
4.5%~17.8% 最大500万円 SMBCグループ
(最短3分)
(※2)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
初回借入日
翌日から30日
月1,000円~

アイフル


アイフル

公式

✓最大30日間利息0円
高額融資も可能
✓審査が不安な方にもおすすめ
3.0%~18.0% 最大800万円 親会社なし
(独立系)

(最短20分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
最大30日 月1,000円~

SMBCモビット


SMBCモビット

公式

✓10秒で簡易審査完了
WEB申込で電話・郵送物なし
✓返済毎にTポイント付与
✓独自の審査基準
3.0%~18.0% 最大800万円 三井住友銀行
グループ

(最短30分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
なし 月4,000円~

※1 調査期間:2023年8月1日~31日。調査対象:Webもしくは無人店舗で申し込み後に契約した方
※2 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

プロミスで収入証明を求められるパターン

promise-income-proof-02

大手消費者金融のプロミスから借り入れる際、収入証明書を求められるパターンは、次のとおりです。

  • ・利用限度額が50万円を超える場合
  • ・最後に提出した収入証明書から3年以上経過している場合
  • ・他社との借入合計額が100万円を超える場合

それぞれのパターンを解説します。

利用限度額が50万円を超える場合

プロミスに申し込む際、収入証明書を求められるのは、利用限度額が50万円を超える場合です。

消費者金融を含む貸金業者は、申し込み者の返済能力の調査を義務付けられており、方法の一つとして収入証明書の提出を求めています。

アコムやレイク、アイフルやSMBCモビットでも、利用限度額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です。

自身の収入を証明できない場合は、返済能力も証明できないと判断され、提出しないと借り入れはできません。

プロミスとの契約で、利用限度額が50万円を超える場合は、収入証明書の提出を求められるため、有効な書類を提出しましょう。

最後に提出した収入証明書から3年以上経過している場合

最後に収入証明書を提出したときから3年以上経過している場合も、再度収入証明書の提出が必要です。

収入証明書は最新の書類が好ましく、3年前と現在の収入に変化が生じている可能性があります。

レイクでも収入証明書を提出してから3年以上経過している場合、再度提出を求められます。

他社では3年としていないケースもありますが、一度収入証明書を提出していたとしても、時間が経過していたら再提出する必要があるでしょう。

プロミスでは最後の提出から3年以上経過していれば、現在の収入を証明するために、収入証明書を提出する必要があります。

他社との借入合計額が100万円を超える場合

他社とプロミスからの借入合計額が100万円を超える場合も、収入証明書の提出を求められます。

収入の3分の1を超える貸付を禁止している総量規制が関係しており、自身の収入を証明しなけば、借り入れができません。

たとえば借入合計額が100万円になる場合、融資を受けたければ自身の年収が300万円以上だと証明する必要があります。

ただしクレジットカードや住宅ローン、銀行のカードローンなどは、総量規制の対象外です。

プロミスからお金を借りると、借入合計額が100万円以上になる方は、求められたとおりに収入証明書を提出しましょう。

プロミス収入証明書の提出方法

promise-income-proof-01

申し込みの際、プロミスへの収入証明書の提出はWebからおこない、Web以外でも提出できます

プロミスに収入証明書を提出する方法について解説します。

Webから提出する場合

Webから収入証明書提出は、公式サイトスマートフォンのアプリからおこないます。

提出方法の手順は次のとおりです。

  1. 公式サイトアプリからプロミスへの申し込み
  2. 収入証明書の画像をアップロード
  3. 審査
  4. 審査に通過したら申し込み完了

公式サイトから申し込む場合、入力したメールアドレス宛に書類提出の案内が届くため、記載されているURLから収入証明書をアップロードします。

アプリの場合は、「アプリでかんたん本人確認」からアップロードしましょう。

画像で提出するため、顔写真や文字が認識できるようにし、画像が見切れないように気をつける必要があります。

Web以外から提出する場合

公式サイトから申し込んだあと、収入証明書をプロミスの自動契約機で提出する方法もあります。

自動契約機にあるスキャナー機能を使用して、収入証明書の提出が可能です。

プロミスの自動契約機を使用すると、備え付けの電話で不明点を聞ける、ローンカードをすぐに受け取れるなどのメリットがあります。

ただし申し込み後、審査完了まで待つ時間がかかるため、忙しい方には向いていません。

プロミスのオペレーターにわからない点を聞きながら申し込みしたい方や、すぐにローンカードを欲しい方は、自動契約機での提出がよいでしょう。

プロミス公式Webサイトからの提出がおすすめ

基本的にプロミス公式サイトから申し込み、収入証明書の提出もおこなう方法がおすすめです。

公式Webサイト経由からのほうが申し込みやすく、自動契約機だとその場で審査を待たなければなりません。

プロミスの審査は最短20分で完了しますが、状況により時間がかかる可能性もあります。

Webからの申し込みであれば、24時間365日いつでも申し込めるうえに、審査している時間は別のことができます。

仕事やプライベート、家事育児などに忙しい方は、審査の結果を待たなくても済む、プロミスの公式Webサイトから申し込みましょう。

プロミスをチェック

プロミスで収入証明書として使用できる書類

promise-income-proof-03

申し込みをWeb完結できるプロミスで、収入証明書として使用できる書類は次のとおりです。

  • ・源泉徴収票
  • ・確定申告書
  • ・所得証明書
  • ・給与明細書
  • ・税額通知書
  • ・源泉徴収票

プロミスに提出できる収入証明書を一つずつ解説します。

源泉徴収票

会社員であれば年末調整後に勤務先から受け取れる、源泉徴収を収入証明書として使用できます。

勤務先が発行しており、年収や控除額、所得額などが記載されているため、プロミスに収入を証明できる書類の一つです。

一般的には12月頃に給与明細と一緒に受け取れて、消費者金融をはじめ銀行のローンを組む際にも有効です。

源泉徴収を提出する日が、1月1日から2月末日であれば前々年以降のもの、3月31日から12月31日までの場合は、前年度の書類が必要になります。

会社員の方はプロミスから収入証明書を求められた場合、毎年勤務先から受け取る源泉徴収を提出するとよいでしょう。

確定申告書

プロミスに収入証明書として提出できる書類の一つが確定申告書です。

確定申告書はフリーランスや個人事業主、副業で一定の利益を得ている方が税務署に提出する書類で、1年間の収入が記載されています。

前年度の収入や所得、控除額などを記入して、毎年2月から3月にかけて税務署に提出します。

そのためプロミスでは、収入証明書として確定申告書を提出する場合、1月1日から3月31日は前々年度のものでも問題ありません

フリーランスや個人事業主の方は、税務署に提出している確定申告書をプロミスへ提出する収入証明書として使用できます。

所得証明書

所得証明書もプロミスに提出できる収入証明書として有効です。

所得証明書とは市町村役場が発行しており、前年度の収入額や所得額が記載されているため、自身の収入の証明になります。

マイナンバーカードがあれば、コンビニに設置してあるマルチコピー機でも発行でき、ほかの収入証明書が用意できない方におすすめです。

所得証明書の提出が、1月1日から6月30日の場合は前々年度以降の書類、7月1日から12月31日の場合は前年度の書類の提出になります。

所得証明書を発行する際は、手数料が数百円かかるため注意しましょう。

ほかに収入証明書がない方は、コンビニや市町村役場で発行できる、所得証明書の提出が向いています。

給与明細書

プロミスへの収入証明書の提出は、勤務先の給与明細でも可能です。

給与明細は毎月の給与や所得、所得税などが記載されているため、現在の収入を証明できる書類です。

プロミスへの収入証明書として給与明細を提出する際は、次の分を用意しましょう。

  • ・直近1年に賞与を得た場合:直近2か月の給与明細+1年分の賞与明細
  • ・直近1年に賞与がない場合:直近2か月の給与明細分

給与明細は1年分の収入を証明する書類ではないため、直近2か月分と賞与の明細で、年収を把握します。

給与明細を収入証明書として提出する場合、勤務先の会社名や自身の氏名が記載されているかを確認してから提出しましょう。

税額通知書

プロミスに収入証明書を提出する場合、税額通知書も使用できる書類です。

税額通知書とは住所がある自治体が、前年の所得から住民税を算出し、税額を通知する書類を指します。

税額通知書には所得額や控除額などが記載されているため、収入証明書として使用できます。

給与から住民税が天引きされている方には届かず、住民税を自身で納付する特別徴収にている方に届く書類です。

所得証明書と同様に税額通知書の提出が、1月1日から6月30日の場合は前々年度以降の書類、7月1日から12月31日の場合は前年度の書類が有効です。

自宅に税額通知書がある方は、プロミスへ提出する収入証明書の一つとして使用できるのを覚えておきましょう。

プロミスをチェック

収入証明なしで借り入れする方法はある?

promise-income-proof-04

プロミスから収入証明書なしで借り入れするためには、借入希望額を50万円以下にし、申し込みの際に虚偽の情報を記載しない必要があります。

収入証明書を提出しないで、お金を借りる方法について解説します。

借入希望額を50万円以下に抑える

収入証明書の提出なしでプロミスから借り入れをしたい場合は、借入希望額を50万円以下に抑える方法があります。

プロミスは利用限度額が50万円を超える際に、収入証明書の提出を求められるため、借入希望額を50万円以下にすれば、提出なしで借り入れが可能です。

収入証明書の提出をしたくない方は、プロミスに申し込む際の借入希望額を50万円以下にして申し込みましょう。

ただし借入希望額を50万円以下にしても、申し込みの際に収入証明を求められる場合もあります。

また契約後にプロミスから収入証明書を求められるケースもあるため、基本的には提出できるように用意しておきましょう。

借入希望額を50万円以下にすれば、収入証明書なしで借り入れできる可能性はありますが、絶対ではありません。

申し込みの際に虚偽の情報を入力しない

収入証明書なしでプロミスから借り入れをしたい場合は、申し込みの際に虚偽の情報を入力しないようにしましょう。

申し込んだ内容に虚偽の疑いがある場合、返済能力を確認するために追加書類として、収入証明書の提出を求められます。

とくに年収や勤続年数、勤務先などの情報は、虚偽のないように入力する必要があります。

プロミスは信用情報機関から申し込み者の信用情報を確認し、他社への申し込み情報や借り入れ状況などを確認できるため、正確な情報を入力しましょう。

また故意ではないとしても入力情報に誤りがあれば、収入証明書の提出を求められる可能性もあります。

プロミスに申し込む際は、申告内容に虚偽の情報は入力せず、また情報に誤りがないように申し込みましょう。

プロミスをチェック

プロミスの収入証明書に関するよくある質問

promise-income-proof-05

大手消費者金融のプロミスに提出する収入証明書に関して、よくある質問に回答します。

収入証明書を無視してもよいか、自営業やフリーランスはどの書類を提出すればよいか気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

収入証明の提出は無視してもよい?

プロミスから収入証明書の提出を求められた場合、無視してはいけません。

提出しないまま放置しておくと、プロミスから再び収入証明を求める連絡が来ます

収入証明書の提出依頼がある場合、提出しなければ新規の契約はできないため、収入を証明できる書類を提出しましょう。

プロミスと契約中に収入証明書を求められた場合、提出しなければ融資が停止するおそれがあります。

提出の依頼がある際は、無視してもよいことはないため、自身が用意できる書類を選んでから提出しましょう。

自営業・フリーランスの場合は何を提出すればよい?

自営業やフリーランスの場合に提出できる収入証明書は、次のとおりです。

  • ・確定申告書
  • ・所得証明書
  • ・税額通知書

自営業やフリーランスの方は1年に1回確定申告をおこなうため、確定申告書の提出がおすすめです。

また住んでいる自治体から送られてくる、税額通知書も収入証明書として提出できます。

確定申告書と税額通知書が見当たらない場合は、所得証明書がよいでしょう。

マイナンバーカードがあればコンビニのマルチコピー機で発行でき、なければ市町村役場で発行できます。

所得証明書の発行には手数料がかかるため、できる限り確定申告書か税額通知書を提出しましょう。

まとめ

promise-income-proof-06

プロミスで収入証明書を求められるパターンや提出方法、収入証明書なしで借り入れする方法などを解説しました。

大手消費者金融のプロミスから借り入れる際に、収入証明書を求められるパターンは次のとおりです。

  • ・利用限度額が50万円を超える場合
  • ・最後に提出した収入証明書から3年以上経過している場合
  • ・他社との借入合計額が100万円を超える場合

またプロミスに提出する収入証明書として使用できる書類は、次の5つです。

  • ・源泉徴収票
  • ・確定申告書
  • ・所得証明書
  • ・給与明細書
  • ・税額通知書

プロミスから収入証明書を求められた方は、書類を提出してください。

また収入証明なしで借り入れしたい場合、本記事で解説した内容を参考に、必要なお金を用意しましょう。

プロミスをチェック

〈参考〉
プロミス公式サイト

目次