お金や投資の金融メディア

プロミスの審査時間と審査基準は?借り入れ方法から最短通過のコツ・落ちる方の特徴まで紹介

PR
promise-examination-01
この記事のまとめ
    • ・プロミスは最短20分で審査が完了し、即日融資に対応
    • ・審査が長引く原因は、申し込み情報の不備審査の集中など
    • ・審査基準は、信用情報生活状況属性情報が重要

プロミスをチェック

プロミスは、大手消費者金融系のカードローンです。

すぐにお金を借りたい方の中には「プロミスの審査時間は何時から何時までなのか」「最短何分で審査が終わるのか」このような悩みを抱いている方も多いでしょう。

プロミスは最短20分で審査が完了する「即日融資」に対応しています。

しかし即日融資を受けるためには、審査の基準をクリアした状態で審査受付時間にに申し込まなければなりません。

この記事では、プロミスの審査時間や審査に通過するコツ、審査に落ちる原因などについてまとめました。

プロミスでお金を借りて急な出費に対応したい方は、本記事を参考にスムーズに審査を通過して、即日融資を受けましょう。

【お金プラス編集部厳選】
\大手消費者金融ならこの4社/

即日融資OK・バレない・保証人不要

消費者金融 公式サイト おすすめポイント 金利 借入限度額 親会社 即日融資
(審査時間)
在籍確認・郵送物 無利息 カードレス 返済額

アコム


アコム

公式

✓初めての人も安心
利用者数NO.1
✓最短20分融資
職場への電話連絡原則なし!
3.0%~18.0% 最大800万円 三菱UFJ
ファイナンシャルグループ

(最短20分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
最大30日 月1,000円~

プロミス


プロミス

公式

✓申込が約5分で完了
Web完結で来店不要
✓98%の申込者が電話連絡なし(※1)
4.5%~17.8% 最大500万円 SMBCグループ
(最短3分)
(※2)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
初回借入日
翌日から30日
月1,000円~

アイフル


アイフル

公式

✓最大30日間利息0円
高額融資も可能
✓審査が不安な方にもおすすめ
3.0%~18.0% 最大800万円 親会社なし
(独立系)

(最短20分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
最大30日 月1,000円~

SMBCモビット


SMBCモビット

公式

✓10秒で簡易審査完了
WEB申込で電話・郵送物なし
✓返済毎にTポイント付与
✓独自の審査基準
3.0%~18.0% 最大800万円 三井住友銀行
グループ

(最短30分)
電話による在籍確認:原則なし
郵送物:原則なし
なし 月4,000円~

※1 調査期間:2023年8月1日~31日。調査対象:Webもしくは無人店舗で申し込み後に契約した方
※2 お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます

プロミスの審査時間は?

922216_m

プロミスの審査時間は最短20分ですが、最短で融資を受けるためには条件を満たす必要があります。

できるだけ早く審査に通過したい方は、条件を確認しておきましょう。

プロミスの審査は最短20分で完了

プロミスの審査は、最短20分で完了します。

しかし、最短20分で審査を通過するためには、申し込み情報を正確に記入し、信用情報が綺麗な状態である必要があります。

申し込む方の状況によっては、20分以上の時間が必要な場合もあると把握しておきましょう。

最短20分で審査結果を受け取るための条件

最短20分で審査結果を受け取るためには、次の条件を満たす必要があります。

  • ・審査時間内に申し込む
  • ・申し込み内容に不備がない
  • ・審査基準をクリアしている

プロミスの審査時間は明確に記載されていませんが、即日融資を受ける際に電話する必要があるWeb専用のフリーコールの受付時間は、8:00〜21:00と記載されています。

また、申し込み情報に不備があると確認作業が発生し、通常よりも審査に時間がかかる場合があるため、正確な情報を申請する必要があります。

できるだけ早くお金を工面したい方は、上記の条件を満たしつつ申し込んでみてください

最短の審査時間は土日祝日でも変わらない

プロミスは土日祝日も審査を実施しており、最短審査時間も変わりません。

しかし、自身が利用している金融機関の休業日によっては、引き出せる時間帯が翌営業日になる場合があります。

急いでお金を準備する必要がある方は、平日に申し込むようにしましょう。

プロミスをチェック

プロミスの審査基準をおさらい

promise-omatome-02

プロミスの審査に通過するためには、審査基準を満たしている必要があります。

事前に基準を確認したうえで申し込みましょう。

しかし、審査基準は公表されておらず、プロミスの審査が厳しい、緩いとは断言できません。

信用情報

信用情報は、プロミスの審査において重要な要素の一つです。

プロミスのみでなく、どのカードローン会社や銀行も審査において信用情報を重視しています。

審査の際は、信用情報機関に登録されている個人の信用履歴が確認され、過去の借入や返済状況、延滞の有無などが審査されます。

信用情報の審査の際に、過去の返済遅延や債務整理の記録などが見つかった場合は、審査に落ちる可能性が高いです。

たとえば、1年前に債務整理した方は返済能力が低く、これまで債務整理を実行した経験がない方は返済能力が高いと判断されます。

返済能力は審査において最も重要なポイントのため、信用情報の綺麗さは審査をスムーズに進めるうえで非常に重要です。

生活状況

プロミスの審査では、申し込む方の生活状況も重要な審査項目です。

生活状況の中には、住居形態や居住年数、家族構成などが含まれます

生活状況の内容によって、申し込む方の収入の安定性や信頼性が左右されるため、審査を通過するための大きな要因といえます。

たとえば、長期間同じ住所に住んでいたり家族がいたりする場合は、仕事に困っておらず収入も安定していると推測され、プラスの評価につながる可能性が高いです。

安定した生活状況は延滞や貸倒のリスクが低いと判断されることから、審査において有利に働くと覚えておきましょう。

属性情報

属性情報もプロミスの審査で考慮されるポイントです。

属性情報とは、次のような項目を指しています。

  • ・年齢
  • ・性別
  • ・職業
  • ・年収
  • ・勤め先
  • ・勤続年数

上記の情報は、申し込む方の社会的な背景や経済的な安定性を評価できる情報であり、返済能力の判断に利用されます。

たとえば、勤め先が大企業であり何十年も勤めている属性情報の方は、収入が安定しており返済能力も高いと判断されやすいです。

とくに年収は直接的な返済能力の指標に値し、高い年収は審査において有利に働く可能性があります。

しかし、属性情報だけで審査結果が決定されるわけではありません。

信用情報や生活状況なども含めて総合的に評価されるため、年収が低いからといって申し込みを避ける必要はないでしょう。

プロミスをチェック

プロミスでの申し込みと借り入れ方法

プロミスの申し込み方法と借入方法を手順ごとに解説します。

プロミスの利用を検討している方は、参考にしつつ申し込んでみましょう。

1:公式サイトから申し込みをクリック

プロミスでの借り入れを希望する際は、まず公式サイトにアクセスします。

公式サイトの上にある「初めてのお申し込み」のボタンをクリックし「お申し込みはこちら」のボタンをクリックして、申し込み画面にアクセスしましょう。

2:必要情報の入力

申し込み画面にアクセスしたら、必要な情報を入力してください。

家族構成や年収、希望借入額など、自身の情報を正確に申請する必要があります。

間違った情報を申請すると、審査に時間がかかったり審査に通過できなかったりする可能性もあるため、正しい情報を申請してください。

3:必要書類のアップロード

必要情報の申請が完了したら、身分証明書や収入証明書などの必要書類を提出する必要があります。

プロミスの審査で必要書類として提出できる書類の種類は、次のとおりです。

本人確認書類 ・運転免許証

・経歴証明書

・パスポート

・健康保険証

・マイナンバーカード

・在留カード

・特別永住者証明書

収入証明書類 ・源泉徴収票

・確定申告書

・税額通知書

・所得(課税)証明書

・給与明細書+賞与明細書

本人確認書類の住所と現住所が異なる場合は、補助書類として公共料金の明細や住民票の写しなどもあわせて提出する必要があります。

また、収入証明書類は借入希望金額が50万円を超える場合や他社との合計で50万円以上借りる場合などに限り必要です。

自身に必要な書類を準備しておき、スムーズに審査を通過しましょう

4:審査結果の確認・契約手続き

書類を提出すると、プロミス側で審査がおこなわれます。

審査結果は最短20分で確認でき、契約はオンライン上で完結するため、非常に手軽です。

5:借り入れ

契約手続きが完了すると、借り入れが可能になります。

プロミスでは、インターネット振込やコンビニATM、プロミスATMなどの豊富な借り入れ方法があります。自身が利用しやすい方法で借りましょう。

借り入れ後は、計画に沿って返済日までに必ず返済してください。

プロミスをチェック

最短でプロミスの審査に通過するためのコツ

最短でプロミスの審査に通過するためのコツは、次のとおりです。

  • ・審査時間内に申し込む
  • ・申し込み情報の不備をなくす
  • ・安定した収入を得ておく
  • ・借り入れ金額を年収の3分の1に抑える

一つずつ解説します。

審査時間内に申し込む

プロミスの審査に最短で通過するためには、審査時間内に申し込む必要があります。

審査の受付時間は24時間ではないため、受付時間外に申し込んだ場合、翌日以降の審査の対象になります。

即日融資を受けるためには、その日のうちに審査を通過する必要があると覚えておきましょう。

また、申し込む時間帯も重要です。

たとえ審査受付時間内に申し込めても、混雑している時間帯に申し込むと審査に時間がかかり、最短で通過できません。

休日は避けて平日に申し込むと、比較的スムーズに審査に通過できます。

プロミスの営業時間や審査の混雑状況を事前に把握し、適切なタイミングで申し込んでみてください。

申し込み情報の不備をなくす

申し込み情報の不備をなくすと、さらに審査をスムーズに通過できます。

申し込み書類の記入漏れや誤りは、審査過程での確認作業を発生させ、審査の時間を延長させる原因になります。

申し込み書類は慎重に記入し、提出を求められる必要書類も事前に準備しておくとよいでしょう。

審査を通過しやすくするために虚偽の情報を申告する方もいますが、審査で確実に発覚します。必ず事実のみを申告してください。

また、記載する情報の内容のみでなく、顔写真も鮮明なものを利用しないと、写真で顔を確認できず時間がかかる可能性があります。

今すぐにお金が必要な方は、写真や申請する内容に不備がない状態で申請し、スムーズに審査を乗り越えましょう。

安定した収入を得ておく

安定した収入があると、スムーズに審査に通過できる可能性が高まります。

定期的かつ安定した収入があれば、返済能力の高さの証明になり、審査に引っかかる可能性が低くなります。

反対に、安定した収入がない方は返済能力があるのかないのかの判断に迷うため、審査に時間がかかる可能性が高いです。

現在安定した収入がない方は、アルバイトやパートとして働いたあとに申し込むと、スムーズかつ審査に通過できる可能性が高まります。

正社員である必要はないため、短い期間のみでも安定した収入を得ておいてください。

借り入れ金額を年収の3分の1に抑える

借り入れ希望金額は、自身の年収の3分の1以下に設定しないと審査に通過できません。

貸金業法内で定められている総量規制と呼ばれるルールに基づき、借入額が年収の3分の1を超える場合、審査に通過できなくなります。

総量規制は、借主の過剰な借入れを防ぐ目的で定められたルールです。

総量規制を守らずに貸し付けるとペナルティを受けるため、すべてのカードローン会社は年収の3分の1以上の金額を貸し付けることはありません。

反対に、借入希望金額を年収の3分の1以内に設定し、その他の基準をクリアしていれば、審査に通過できる可能性は高まります。

お金に困っている方は、総量規制の範囲内の金額を申請し、最短で審査に通過しましょう。

プロミスをチェック

プロミスの審査に落ちる原因

プロミスの審査に落ちる主な要因は、次のとおりです

  • ・申し込み条件を満たしていなかった
  • ・在籍確認に応じなかった
  • ・信用情報に傷がついている
  • ・一度に複数のカードローンに申し込んだ

順番に解説します。

申し込み条件を満たしていなかった

申し込み条件を満たしていないと、プロミスの審査に落ちます。

プロミスの公式サイトには、申し込み条件として18~74歳の本人に安定した収入がある方と記載されており、年齢と収入の条件を満たさない方は申し込みできません。

たとえば、中学生や専業主婦、無職などの方は、プロミスの申し込み条件を満たさないため、申し込みの対象外です。

多くのカードローン会社は、対象年齢と安定した収入を条件として掲げています。

プロミスのみ厳しい条件が定められているわけではないため、プロミスの申し込み条件をクリアしていない方は他社も利用できない可能性が高いです。

収入の条件を満たしていない方は、アルバイトやパートで安定した収入を確保してから申し込みましょう。

在籍確認に応じなかった

在籍確認に応じないと、プロミスの審査には通過できません。

カードローン会社は、法律によって在籍確認するように定められており、確認できない場合は審査に通過できない仕組みです。

在籍確認とは、借主が申請した勤め先に本当に勤務しているのかを確認するための手続きです。

電話による在籍確認が一般的であり、避けたり応答しなかったりすると、借主の信用性に疑問が生じ、審査において不利に働きます。

仮に理由があっても、適切に対応しない場合は勤務実態がないと判断され、審査に通過できません。

基本的には、勤め先への電話で在籍確認が実施されます。

自身が対応できない可能性がある場合は、会社の方に伝言を残しておきましょう。

信用情報に傷がついている

信用情報に傷がある場合も、プロミスの審査に落ちる可能性が非常に高いです。

過去に長期間返済を延滞していたり、債務整理を実行していたりする方は、返済能力が低いと判断され、審査に通過できない可能性があります。

信用情報の傷は一生残るわけではなく、最大でも10年ほど経過すれば綺麗な状態に戻ります。

自身の信用情報に傷がついているのかわからない方や現在の状況を確認したい方などは、信用情報機関に情報開示請求をおこない、現在の状態を確認してみてください。

一度に複数のカードローンに申し込んだ

複数のカードローンに同時に申し込むと、審査において不利に働きます。

一見関係ないように思えますが、一度に多くのカードローンに申し込む方は相当お金に困っており、融資をするにはリスクが高いと判断されやすくなります。

複数の申し込みが信用情報機関に記録されると、今後の借入の審査に響く可能性も高いです

必要以上に多くのカードローンに申し込むのは避け、信用情報を綺麗な状態に保ちつつ、プロミスに絞って申し込みましょう。

プロミスから借りたら終わり?口コミ・評判をチェック!

プロミスを初めて利用する方は、利用者の口コミを参考にして、自身に最適な消費者金融なのかを確認してみましょう。

プロミスの審査に関するよい口コミ・評判

プロミスの審査に関するよい口コミや評判は次のとおりです。

即日融資が可能で 必要な時にすぐ借りられて助かりました。

※引用元:プロミス のクチコミ・評判|カードローンカタログ – Yahoo!ファイナンス

 

すごく早い!審査時間も案外短くその日から借り入れ出来た

※引用元:プロミス のクチコミ・評判|カードローンカタログ – Yahoo!ファイナンス

 

女性専用を利用したので一番はじめの手続き確認電話が同性で安心感がある。

※引用元:プロミス のクチコミ・評判|カードローンカタログ – Yahoo!ファイナンス

 

即日融資に対応しており助かった、審査時間が短かった、女性専用窓口で審査を受けられた、このような内容が見られました。

プロミスは即日融資に対応しており、スムーズに審査を通過できればすぐにお金を借りられます。

女性専用の窓口を利用すると、申し込む際に女性のスタッフと電話でき、安心しつつお金を借りられる点も高く評価されています。

プロミスの審査に関する悪い口コミ・評判

プロミスの審査に関する悪い口コミや評判は次のとおりです。

50万以下ならなら身分証明書だけで借りられると唄っておきながら、10万借りようとしたら、まだ身分証明書の登録もしてないのにプロミスから電話があり、勤務先の証拠の提示を申し込まれた…

※引用元:プロミス のクチコミ・評判|カードローンカタログ – Yahoo!ファイナンス

 

最悪の対応でした。書類から、写真まで何回も、いろいろ催促の電話があり送ったら、今回はすいませんがと言う対応でした。

※引用元:プロミス のクチコミ・評判|カードローンカタログ – Yahoo!ファイナンス

 

勤務先に勤めている証拠の提示を求められた、書類や写真の催促に対応したものの結局借りられなかった、このような内容が見られました。

基本的には勤務先の証拠を提示するように求められることはなく、在籍確認の電話で確認されますが、場合によっては勤務先に勤めている証拠の提示を求められる場合もあるようです。

また、申し込む際は身分証明書や写真、収入証明書類などの必要書類を提出したあとに審査が実施されるため、書類や写真を提出しても審査に通過できない可能性はあります。

プロミスをチェック

プロミスの審査に関するよくある質問

ここでは、プロミスの審査に関するよくある質問に回答します。

審査が長引く原因は?

プロミスの審査が長引く原因は次のとおりです。

  • ・申し込み情報に誤りや不備がある
  • ・申し込みが集中している
  • ・虚偽の申告をした

申し込み情報に誤りや不備がある場合は、確認作業が必要になり審査時間が延長されます。

申し込みが集中するタイミングで申し込む場合は順番を待つ必要があり、審査に時間がかかります。

しかし、審査が長引いても虚偽の申告がなく申し込み条件をクリアしていれば審査に通過できるため、安心して待ちましょう。

プロミスの審査通過率は?

プロミスの審査通過率は、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の月次データで確認できます。

たとえば、2024年3月期の11月の月次データを確認すると、成約率は35.6%と記載されています。

しかし、成約率は時期によって大きく変動するため、あまり参考にせずに申し込みましょう。

申し込みにおすすめの時間帯は?

申し込みにおすすめの時間帯は平日の午前中です。

平日の午前中は比較的申し込みの数が少なく、すぐに審査される可能性が高いといえます。

反対に年末年始やゴールデンウィークなどの時期は申し込みが増加し、審査に時間がかかりやすいです。

電話での在籍確認を避ける方法はある?

プロミスを利用する際に、電話での在籍確認を避ける方法はあります。

そもそも、プロミスは原則電話での在籍確認を実施していません。

事前にプロミスコールに連絡し、書類での在籍確認を相談すると電話での確認を回避できる可能性が高いです。

しかし、審査の結果によっては電話での在籍確認が選択される可能性があるため、確実に電話での在籍確認を避けられるわけではありません。

審査に落ちてしまった場合はどうすればよい?

審査に落ちた場合は、原因を推測する必要があります。

むやみに申し込んでも、一度審査に落ちた方は2回目も落ちる可能性が高いです。

審査に落ちる主な原因には、信用情報の問題や収入不足、申し込み情報の不備などがあります。

原因を把握したうえで改善点を見つけ、対策してから申し込むと、審査に通過できる可能性が高まります。

まとめ

今回は、プロミスの審査時間や審査基準、審査に通過するためのコツなどについて解説しました。

プロミスの審査は最短20分で完了しますが、審査時間外に申し込むと審査の時間が長引き、即日融資を受けられない可能性が高いです。

即日融資を受けたい方は、審査時間内に正確な情報を記入して申し込む必要があります。

夕方以降は審査が混み合うため、タイミングを見計らって申し込みましょう。

審査に通過したい場合は、返済能力が高いと判断される必要があります。

安定した収入を確保したり借り入れ金額を年収の3分の1に抑えたりするのも重要です。

今すぐにお金を工面する必要がある方は、プロミスに審査基準を満たした状態で申し込み、スムーズに借り入れを成功させましょう。

プロミスをチェック

<参考リンク>
プロミス公式サイト

目次