お金や投資の金融メディア

みずほ銀行のキャッシングを申し込む方法・注意点・返済方法を解説!

PR
みずほ銀行 キャッシング 申込方法

「みずほ銀行のキャッシングの特徴は?」

「注意点や返済方法を詳しく知りたい」

上記のような疑問がある方も多いでしょう。

キャッシングはお金を借りられるため、急な出費などに対応できる便利なサービスです。

ただし、お金を借りるには金利が発生するため、借りた金額よりも多く返済する必要があります。

みずほ銀行の金利は大手消費者金融と比較して低く設定されていますが、ほかにどのような特徴があるのでしょうか。

本記事では、みずほ銀行のキャッシングの特徴に加え、注意点や具体的な返済方法を紹介します。

ぜひ最後まで読み、みずほ銀行のキャッシングに対する理解を深めてください。

目次

みずほ銀行カードローンキャッシングの特徴

enrolled−02

利用限度額 800万円
即日融資 不可
金利(年率) 2.0%~14.0%
無料利息期間 30日間
WEB完結 可能

みずほ銀行カードローンは、メガバンクのみずほ銀行が取り扱うカードローンのことです。

ここではみずほ銀行カードローンの利用限度額と金利を中心にみずほ銀行のカードローンについて詳しく解説します。

みずほ銀行カードローンの利用限度額と金利

みずほ銀行カードローンは、Web完結で融資まで受けられる便利なサービスです。

利用限度額は10万円~800万円で、借入金利は次のように決められています。

利用限度額 基準金利 引き下げ適用後の金利
10万円以上100万円未満 年14.0% 年13.5%
100万円以上200万円未満 年12.0% 年11.5%
200万円以上300万円未満 年9.0% 年8.5%
300万円以上400万円未満 年7.0% 年6.5%
400万円以上500万円未満 年6.0% 年5.5%
500万円以上600万円未満 年5.0% 年4.5%
600万円以上800万円未満 年4.5% 年4.0%
800万円 年2.0% 年1.5%

みずほ銀行の住宅ローン利用者は引き下げ後の金利が適用され、カードローンの金利が年0.5%安くなります。

銀行口座のキャッシュカードにローン機能をつけられる

みずほ銀行のカードローンは、銀行口座のキャッシュカードにローン機能を付けられます。

そのため、みずほ銀行の口座を保有していれば、審査完了後に新しいカードの作成は不要で、手元のカードでキャッシングできます。

カードを2枚持ち歩く必要もなく、財布がかさばらない点もメリットとして挙げられるでしょう。

また、キャッシング専用のカードを所有しているのを見られ、ほかの方にカードローンを利用しているとバレにくくなります。

カードローンの審査には2〜3日かかる

みずほ銀行カードローンの公式サイトに、最短融資までの日数は記載されておらず、審査には2~3日程度かかります。

そのため、即日融資を検討している方には適していません。

また申し込み者の属性やステータス、審査の混雑状況などにより、申し込みから審査結果が出るまでに1週間以上かかる場合もあります。

みずほ銀行のキャッシングを利用したい方は、早めに審査の申し込みを検討しましょう。

みずほ銀行カードローンでキャッシングするメリット

on-compass-03

ここからはみずほ銀行のカードローンでキャッシングするメリットを5つ紹介します。

  • ・大手銀行だから安心して借入できる
  • ・パソコン・スマートフォンから24時間365日申し込みできる
  • ・住宅ローン契約中なら金利がマイナス0.5%になる
  • ・他社銀行系カードローンと比較すると金利が低い
  • ・みずほダイレクトで借り入れできる

詳しく解説します。

大手銀行だから安心して借入できる

みずほ銀行は3大メガバンクの一つです。

1923年に設立されて、現在は総資産が約200兆円、店舗数は国内で460以上、海外にも90近く存在します。

約100年も続く大手銀行が提供しているカードローンであるため、安心して借入できます

パソコン・スマートフォンから24時間365日申し込みできる

みずほ銀行のカードローンは、銀行口座を保有していれば、パソコンやスマートフォンから24時間365日いつでも申し込みできます。

日中は仕事や育児で忙しい方でも、夜や土日の空いた時間に申し込みできるため、安心です。

住宅ローン契約中なら金利がマイナス0.5%になる

みずほ銀行の基準金利は年2.0%~年14.0%です。

ただし、みずほ銀行の住宅ローンに契約している方は、カードローンの金利がマイナス0.5%となります。

そのため、普通に借りるよりもお得に借り入れできます

金利が下がれば、毎月の返済の負担も減るため、積極的に活用しましょう。

他社銀行系カードローンと比較すると金利が低い

みずほ銀行のカードローンは金利が低い点も魅力です。

他社の銀行系カードローンと比較してみます。

金利(年率) 利用限度額
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5% 800万円
三井住友銀行カードローン 1.5%~14.5% 800万円
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6% 500万円
横浜銀行 1.5%~14.6% 1000万円

金利の最大値はみずほ銀行のカードローンが低くなります。

金利が高くなるのは、借り入れ額が少額の時であるため、「今月は少しお金が足りない」と考えている方は、みずほ銀行のカードローンがおすすめです。

みずほダイレクトで借り入れできる

みずほダイレクトとは、銀行に行かずにさまざまな取引をおこなえるインターネットバンキングサービスです。

みずほダイレクトのメリットは次の通りです。

  • ・店舗やATMでの振込に比べて手数料がお得
  • ・万全のセキュリティ対策で不正アクセスを防止
  • ・みずほダイレクト通帳なら記帳の手間いらず
  • ・24時間いつでも取引が可能
  • ・みずほダイレクトアプリで簡単・便利に

みずほダイレクトを使うと、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも借り入れできます

家から一歩も出ることなく自身の口座に振り込みされるため、手間が省けます。

みずほ銀行カードローンでキャッシングする際の注意点

pass-acom-05

ここからはみずほ銀行のカードローンでキャッシングする際の注意点を4つ紹介します。

  • ・即日融資は利用できない
  • ・専業主婦(主夫)は仕事がなければ審査に通りにくい
  • ・住宅・教育・多目的ローンの方が金利が低い
  • ・返済日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生する

詳しく解説します。

即日融資は利用できない

みずほ銀行のカードローンは即日融資ができません。

なぜなら、カードローン申請者が反社会的勢力に属している方でないか、警察庁のデータベースで照会する審査が必要であるためです。

そのため、即日融資を検討している方には適していないでしょう。

紹介手続きやそのほかの審査で1営業日以上の日数がかかります。

そのため、みずほ銀行のカードローンで即日融資はできません

みずほ銀行のキャッシングを利用したい方は、早めに審査の申し込みを検討しましょう。

専業主婦(主夫)は仕事がなければ審査に通りにくい

みずほ銀行のカードローンの審査に通過するためには、次の条件を満たす必要があります。

  • ・契約時、満20歳以上満66歳未満の方
  • ・安定かつ継続した収入の見込める方
  • ・保証会社の保証を受けられる方

安定かつ継続した収入の基準は、毎月一定の収入を得られるのかどうかを指します。

サラリーマンの場合は、毎月決まった日に一定の給与を得られるため、安定かつ継続した収入が得られています。

勤務形態は関係なく、正社員は審査に通過できて、派遣社員は審査に通過できないことはないため、安心してください。

しかし、仕事がなければ審査に通過しにくいため、専業主婦(主夫)の方は不利となります。

住宅・教育・多目的ローンの方が金利が低い

みずほ銀行のカードローンと比較して、住宅や教育、多目的ローンの方が金利は低く設定されています。

種類 金利
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
住宅ローン(20年固定金利) 3.65%(3.85%)
みずほ銀行教育ローン(固定金利) 4.450%
みずほ銀行多目的ローン(固定金利) 6.800%

※カッコ内の金利は、保証料を前払いしない方式

お金を借りる目的が住宅や教育である場合は、カードローンよりも住宅・教育・多目的ローンで借りた方がお得になるケースもあります。

返済日を過ぎてしまうと遅延損害金が発生する

お金が足りずに、みずほ銀行カードローンの約定返済ができなかった場合、遅延損害金が発生します。

遅延損害金とは、支払いが遅くなってしまったときの損害金のことで、通常の利息よりも金利が高く設定されています。

みずほ銀行カードローンの場合も例外ではなく、年19.9%です。

みずほ銀行カードローンの遅延損害金は、次のように算出されます。

遅延損害金=借入残高×19.9%÷365日(うるう年の場合は366日)×遅延日数

年19.9%は、返済予定日の次の日から発生します。

遅延損害金を含めたお金が返済されれば、通常の金利に戻るため、できる限り早く返済しましょう。

みずほ銀行カードローンのWeb完結でキャッシングを申し込む手順

pass-acom-06

ここからは実際にみずほ銀行カードローンのWeb簡潔で申し込む手順を紹介します。

  1. 公式サイトからキャッシングを申し込む
  2. みずほ銀行・保証会社の審査
  3. 審査結果がメールアドレスに届く
  4. 必要書類登録用URLを開きカードローンの口座開設をする
  5. 口座開設完了の連絡がメールアドレスに届く
  6. キャッシングが開始できる

申し込み時には本人確認書類と年収を確認できる書類のコピーが必要です。

■本人確認書類

  • ・運転免許証
  • ・パスポート(写真およびご住所のページ)
  • ・印鑑証明書
  • ・特別永住者証明書
  • ・運転経歴証明書
  • ・各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • ・住民票
  • ・在留カード
  • ・住民基本台帳カード

■年収を確認できる書類

  • ・源泉徴収票
  • ・納税証明書
  • ・住民税決定通知書または課税証明書

1:公式サイトからキャッシングを申し込む

みずほ銀行の公式サイトに行くと「みずほ銀行普通預金口座あり」と「みずほ銀行普通預金口座なし」のボタンが用意されています。

あなたがみずほ銀行普通預金口座を保有しているかどうか確認し、該当している方を選択してください。

画面に沿って名前や住所などの必要項目を入力し、記載が完了したら送信しましょう。

2:みずほ銀行・保証会社の審査

みずほ銀行と保証会社による所定の審査がおこなわれます。

保証会社より、申し込み内容について本人に電話で問い合わせをする場合もあります。

連絡がとれない場合は、申し込みが取り下げられる可能性もあるため、電話に出られるようにしておきましょう。

3:審査結果がメールアドレスに届く

審査が完了したら、結果がメールアドレスに届きます。

迷惑メールの設定をしていると届かない可能性があるため、申し込み前までに調整しておきましょう。

4:必要書類登録用URLを開きカードローンの口座開設をする

みずほ銀行より必要書類登録用URLが送付されます。

メールに記載されている手順に沿って手続きしてください。

5:口座開設完了の連絡がメールアドレスに届く

カードローンの口座開設が完了したら、メールアドレスに連絡が届きます

6:キャッシングが開始できる

キャッシングが利用できる状態となっているため、ATMなどに向かいキャッシングを開始しましょう。

お金を借りるときは、返済が困難となることを防ぐため、必要最低限で借りることをおすすめします。

みずほ銀行カードローンの借入金を返済する3つの方法

enrolled-03

ここからはみずほ銀行カードローンの借入金を返済する方法を紹介します。

  • ・毎月10日の自動引き落とし
  • ・ATMから任意返済
  • ・みずほダイレクトで返済

詳しく解説します。

毎月10日の自動引き落とし

みずほ銀行カードローンで借り入れたお金は、毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)に返済する必要があります 

みずほ銀行で開設した返済用普通口座から自動的に引き落としされるため、お金を入れておけばとくに何もする必要はありません。

しかし口座残高が不足している場合は、引き落としができず、延滞となってしまいます。

「足りないことを知っていたけど、入れなかった」など悪意のある入金忘れでなくても、延滞料金がかかるため、注意してください。

毎月の支払日前日までに、口座の残高が返済額以上あるのか確認しておきましょう。

ATMから任意返済

指定されたATMを利用して、任意のタイミングで返済できます。 

みずほ銀行カードローンの任意返済ができるATMは、次のとおりです。

  • ・みずほ銀行ATM
  • ・コンビニATM(イーネット・ローソン銀行・セブン銀行)

コンビニATMで支払いができると、設置台数が大幅に増えるため、便利です。

1円単位で返済できますが、硬貨の取扱をしていないATMでは1,000円単位での返済となるため、注意しましょう。

みずほダイレクトで返済

みずほダイレクト返済を利用している方であれば、パソコンやスマートフォンから任意返済をおこなえます。 

24時間いつでも返済可能で、コンビニなどのATMまで足を運ばなくても任意返済できるため、手間を削減できます。

みずほダイレクトを利用するためには、申し込みをする必要があります。

公式サイトから新規申し込みをおこないましょう。

みずほ銀行カードローンの審査で確認されるポイント

nisa-kouza-02

ここからはみずほ銀行カードローンの審査で確認されるポイントを紹介します。

  • ・安定した収入があり返済能力があるかどうか
  • ・複数社から借入をしていない
  • ・返済の遅延・債務整理など信用情報にキズがないか
  • ・在籍確認で勤務先の証明ができるか
  • ・保証会社の審査に通過するか

審査に通過するためにも、理解しておきましょう。

安定した収入があり返済能力があるかどうか

安定した収入の基準は、毎月一定の収入を得られるのかどうかを指します。

サラリーマンとして働いている場合は、毎月決まった日に一定の給与を得られるため、安定した収入と返済能力に関してはクリアできます。

金融機関は、貸したお金を回収できないことを恐れており、確実に返済してもらえることを証明するために安定した収入を利用者に求めています

そのため収入の高い・低いはあっても、安定して収入を得ているかどうかを審査しています。

また、毎月の一定の収入を得られていれば、勤務形態は問われません。

正社員だから審査に通過できて、派遣社員だから審査に通過できないことはないため、安心してください。

複数社から借入をしていないか

複数社から借入していないかどうかもチェックされるポイントです。

複数の業者から借りている方は何らかの理由で、お金を多く必要としていると推測できます。

融資する側は貸し出しをおこなうリスクが高いと判断し、新しく申し込んだ業者の審査に通りづらくなります。

「でも他社に申し込んだことなんて、バレないのでは」と考える方もいるでしょう。申し込み履歴は6か月間記録されており、同時に申し込みしていることは審査時にバレます。

返済の遅延・債務整理など信用情報にキズがないか

返済の遅延をしたり、過去に債務整理をしたりして、信用情報にキズがないのかどうかも重要なポイントです。

信用情報にキズがあると、返済能力がないと認識され、審査に通りずらくなります。

金融事故を起こしているか確認できる機関は次の3つです。

キズがあるかどうかは数千円で確認できるため、審査が不安な方や審査になかなか通過できない方は、確認してみることをおすすめします。

また、借りたお金は期日までにきちんと支払いをおこない、キズをつけないようにしましょう。

在籍確認で勤務先の証明ができるか

みずほ銀行のカードローンに申し込むと、会社に在籍確認されます。

在籍確認で勤務先の証明ができるかどうかも審査のポイントです。

在籍確認ができないと、申し込み者が記入した会社に実際に在籍しているかわからないためです。

たとえばAさんがみずほ銀行のカードローンに申し込みをして、誰もが知るようなX社に勤めていると申告しても、在籍確認ができないとそれが嘘か本当かわかりません。

在籍確認ができない方に貸し出しをするのは、リスクが高くなります。

在籍確認は、基本的に職場に電話をかけて本人が電話に出ることで確認されます

もし席を外して電話に出られなくても、代わりに電話に出た方が「ただいま席を外しています」など答えてくれれば、在籍自体はしていることが確認でき、在籍確認は完了です。

在籍確認は基本的に会社名を名乗らずにおこなわれるため、電話が来たとしても会社のほかの方にバレることは基本的にありません。

保証会社の審査に通過するか

みずほ銀行のキャッシングの審査に通過する基準に、「保証会社の保証を受けられる」などの条件もあります。

保証会社は、審査業務と保証業務をおこないます。

審査業務とは、カードローンを利用するためにおこなう審査のことを指します。また、保証業務とは、利用者が返済遅延した場合に、利用者に代わって返済金を立て替える業務のことです。 

上記のことから、万が一利用者が返済できなくなった時に返済金を立て替える可能性がある保証会社の審査を受けて「保証してもよい」と認められる必要があります。

最短即日融資が受けられるおすすめのカードローン3選

enrolled-06

みずほ銀行などのメガバンクがカードローンの審査を早めてくれることは考えにくいです。 

どうしてもすぐに現金が必要な場合は、消費者金融カードローンで借りましょう。

ここでは即日融資が可能な大手消費者金融を紹介します。

  • ・プロミス
  • ・アコム
  • ・レイク

詳しく解説します。

プロミス

金融機関名 プロミス
融資までの時間 最短25分
実質年率 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
無利息期間 初回利用の翌日から30日間無利息

プロミスはSMBCグループの大手消費者金融です。

プロミスでは、独自の振込キャッシングサービス「瞬フリ」を導入しています。原則24時間365日土日・夜間でも申し込み可能です。

最短10秒で振込完了となるため、土日祝日に急いで融資を受けたい方にもおすすめです。

また、初回利用日の翌日から有効になる30日間無利息サービスも利用できます。

ほかの大手消費者金融では、契約日から30日が一般的であるのに対し、利用時から30日であるため、先に申し込みをしておいてもお得です。

アコム

金融機関名 アコム
融資までの時間 最短30分
実質年率 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
無利息期間 契約日の翌日から30日間無利息

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属する大手消費者金融です。

審査前に3秒診断を利用でき、年齢と年収、アコム以外のカードローンの借入金額を入力すれば審査通過の可能性をすぐに判断できます。

本審査は最短30分で完了し、インターネットやATMから24時間借入や返済が可能です。

そのため、日中は仕事や育児などで忙しい方も安心して借り入れができるでしょう

また、店舗以外に自動契約機むじんくんが全国に設置されています。

店舗の営業時間は18時ですが、無人契約機は21時までのため仕事帰りでも利用できます。

レイク

金融機関名 レイク
融資までの時間 最短25分
実質年率 4.5%~18.0%
借入限度額 500万円
無利息期間 契約日の翌日から60日間無利息

レイクは新生銀行グループの大手消費者金融です。

申し込みから仮審査の結果表示を最短15秒でできるスピード審査が特徴です。

レイクでは、実際に借りる前にお借入れ診断も利用できます。

申し込み者の生年月日や年収、他社借入金額と借入件数を入力すると、借入可能かどうかの結果が表示されます。

実際に申し込んでみて審査に通過しなかった場合、時間を無駄にしてしまいます。お借入れ診断をすれば、無駄な時間を省けます。

そのほかにWebからの申し込みで初回契約日翌日から60日間利息0円、もしくは初回契約日翌日から借入金額のうち5万円まで180日間利息0円のサービスも展開中です。

お得に利用したい方は、レイクを利用してみてください。

みずほ銀行のキャッシングに関する良くある質問

review-acom-08

みずほ銀行のキャッシングに関して、よくある質問をまとめました。

困っている項目があれば、ぜひ参考にしてください。

  • ・Web完結でも自宅に郵送物は届きますか。
  • ・リモートで出社する社員がいない場合は在籍確認はどうなりますか。
  • ・ゆうちょ銀行ATMでも借り入れできますか。

詳しく解説します。

Web完結でも自宅に郵送物は届きますか。

Web完結であっても、自宅に郵送物が届きます。

そのため、どうしても自宅に郵送物が届いてほしくない方は、Web完結はおすすめできません

みずほ銀行よりも金利は高くなりますが、SMBCモビットやアイフルなどの「郵送物や電話は原則なし」と明言している消費者金融の検討をしましょう。

リモートで出社する社員がいない場合は在籍確認はどうなりますか。

みずほ銀行カードローンに申し込むと、審査の過程で必ず在籍確認がおこなわれます。

基本的には「職場に電話をかける」ことで在籍確認をおこないますが、出社する社員がいない場合は、みずほ銀行の店舗窓口もしくはカードローン専用フリーダイヤルに電話して相談してみましょう。

場合によっては、「社員証などの書類」で確認となることもあるため、電話での在籍確認が不安な方は相談してみましょう。

ゆうちょ銀行ATMでも借り入れできますか。

ゆうちょ銀行ATMでも借り入れできます。

ゆうちょ銀行のほかに、全国のみずほ銀行や提携金融機関、コンビニなどのATMで利用できます。

まとめ

tell-acom-02

メガバンクのみずほ銀行が提供するキャッシングについて解説しました。

みずほ銀行のキャッシングに関する情報をまとめます。

利用限度額 800万円
即日融資 不可
金利 年2.0%~14.0%
無料利息期間 30日間
WEB完結 可能

キャッシングの申し込みは、面倒な手間のかからないWEB完結申し込みがおすすめです。

本記事で紹介した注意点や手順などを踏まえて、みずほ銀行のキャッシングを有効に活用してください。 

<参考リンク>
みずほ銀行公式サイト

目次