YouTubeが重い!読み込みが遅い原因と試すべき対処法

最終更新日:2021年04月09日
「Youtube 重い」のアイキャッチ

YouTubeの動画が重くて再生されない、読み込みが遅い、動画がカクついてまともに見られない…。そんなお悩みを解決します!

YouTube動画は、無料で好きな動画を観たり投稿ができるので、誰でも気軽に楽しめるメディアとして広く普及しています。最近は、新しい通信技術や高性能なスマホの登場で、いつでもどこでも快適に利用できます。

しかし、テレビとは違って、動画がカクついたり、うまく読み込みができないことがあります。動画がスムーズに再生されなくて、ストレスを感じたことがある人は多いのではないでしょうか。

実は、YouTube動画が重くならない対策は、利用者側でできます。ほとんどの原因はYouTube側のトラブルが原因ではないからです。

この記事では、YouTube動画の読み込みを速くする方法についてわかりやすく解説します!

おすすめ人気記事

おすすめの光回線7選を徹底解説

YouTubeが重くなる原因

YouTubeの動画が重くなる主な原因は、以下の4つです。

YouTube動画が遅くなる4つの原因
  1. ①通信速度が遅い・速度制限されている
  2. ②機器側の不具合・性能不足
  3. ③ブラウザ・ソフト・アプリの問題
  4. ④YouTube側のトラブル

それぞれの原因について、以下で詳しく解説します。

①通信速度が遅い

回線速度が遅くてイライラしている人

YouTube動画上手く読み込めていない原因として、1番多いのは、そもそも通信速度が足りていないケースです。

YouTubeが公表しているデータによると、快適に動画を視聴するには、PCブラウザ版の標準的な画質(HD 1080p)で5Mbps以上速度が必要です。

言いかえれば、通信速度が5Mbps以下の場合はYouTubeの視聴が難しくなります。ツイッター上でも、5Mbpsを下回る速度だとYouTubeの動画がまともに見られないという口コミがあります。

ちなみに、スマホ版の標準画質(SD 480p)では1.1Mbps以上の通信速度が必要です。

また、4Kの高画質動画を見たい場合は20Mbps以上が求められます。

YouTubeの視聴で推奨される回線速度
YouTubeの視聴で推奨される回線速度の目安を下表にまとめました。

推奨される回線速度は動画の画質設定によって異なります。

動画の解像度 推奨される回線速度
4K 20Mbps
HD 1080p
(PC標準画質)
5Mbps
HD 720p
(PC標準画質)
2.5Mbps
SD 480p
(スマホ標準画質)
1.1Mbps
SD 360p 0.7bps
240p 0.5Mbps
144p 0.3Mbps

YouTubeの動画はHD 720pか1080pで再生されることがほとんどです。最低でも、HD 1080p動画を、余裕をもって再生できる5~10Mbpsの速度が望ましいです。

ちなみに8K動画の推奨速度は公開されていませんが、4K動画の4倍の画質なので、単純計算すると80Mbpsの速度が必要です。

この速度を下回ると、動画がカクついたり、まともに再生できなくなります。

通信速度が遅くなる原因は、以下の4つが考えられます。

通信速度が遅い主な原因

  • ・通信制限をかけられている
  • ・スマホで格安SIMを使っている
  • ・同じ建物のなかでたくさんの人がネットを使っている
  • ・通信障害が起きている

例えば、スマホで通信制限をかけられると128kbps(0.0128Mbps)~1Mbpsしか出なくなります。通信制限は、データ通信の上限が決まっているプランで、データを使いすぎるとかけられます。

また、格安SIMでスマホを利用している場合は、ドコモ・au・ソフトバンクよりも通信速度が遅くなりやすいです。格安SIMは、キャリアから借りた回線を利用者間で分け合う仕組みなので、エリア内の利用者が多いと速度が低下します。

同様の現象は固定回線でも起こります。マンションの住人や、同居している家族が同時にネットを使うと速度が低下することがあります。

また、ネットサービスの提供元で通信障害が発生しているような場合にも、通信が遅くなることがあります。

通信速度を調べる方法

回線速度の計測はFAST.comが1番おすすめ

実際にどのくらいの速度なのか「Fast.com」というサイトにアクセスすると調べられます。アクセスするだけで回線速度の測定が開始されます。

10秒ほど待つと測定された通信速度が表示されます。5~10Mbps以上の速度が出ているか確認してください。

5Mbps未満の数値が出たり、単位がKbpsに繰り下がっていれば、速度に問題があります。

ただし、回線の問題以外に、機器側の問題で速度が低下することもあります。

佐山さん 佐山
まれに〇Gbpsという単位が表示されますが、この場合は全く問題ありません。1Gbps=1,000Mbpsなので、むしろ速すぎるくらいです。

通信制限がかかっているか確認する方法

通信量はキャリアごとの管理サイトやアプリから確認できる

通信制限がかかっているかの確認は、使っているキャリアの会員サイトからできます。下表に大手回線とサブブランドの会員サイトについてまとめました。

キャリア 会員サイト
ドコモ・ahamo my docomo
au・povo My au
ソフトバンク My Softbank
LINEMO My Menu
楽天モバイル my 楽天モバイル
UQモバイル my UQ Mobile

上の表にないY!モバイルやマイネオなどは公式サイトで確認するか、カスタマーサポートに問い合わせましょう。

通信障害の情報を調べる方法

利用している回線で通信障害が発生していた場合は、回線の公式サイトに障害情報が掲載されます。動画が重かったり、通信速度が遅いように感じたら障害情報を確認してみましょう。

主な回線業者の障害情報のページを以下にまとめたので、参考にしてください。

利用回線 回線種類 障害情報確認ページ
ドコモ
ahamo
スマホ ドコモ公式サイト
au au公式サイト
povp povo公式サイト
ソフトバンク ソフトバンク
公式サイト
LINEMO LINEMO
公式サイト
楽天モバイル 楽天モバイル
公式サイト
UQモバイル スマホ
ホームルーター
UQモバイル
公式サイト
ドコモ光 光回線 ドコモ光
公式サイト
auひかり auひかり
公式サイト
NURO光 So-net
公式サイト
ソフトバンク光
ソフトバンクエアー
光回線
ホームルーター
ソフトバンク光
公式サイト

上の表にないY!モバイルやマイネオなどは公式サイトで確認するか、カスタマーサポートに問い合わせましょう。

ちなみに、通信障害以外にも回線工事の影響でネットが繋がりにくくなることもあります。

例えば、楽天モバイルは各地で回線網の切り替え工事をしているので、近くで工事していると通信がしにくくなることがあります。

ほかの回線でも回線工事を行うことはあるので、障害情報と合わせて工事情報も確認してみてください。

②機器側の不具合・性能不足

PCで調べものしている人のイラスト

パソコンやスマホ、Wi-Fiルーターの不具合や性能不足が原因で動画がうまく再生できないことがあります。

最近の動画は高画質なので、古いパソコンやスマホだとパワー不足なことがあります。CPUやメモリの性能不足、ハードディスクの容量が不足すると機器の動作が重くなります。

もし、ヤフーのサイトですら表示されるまで3秒以上かかったり、ほかのソフトやアプリの動作もモッサリしていれば、十中八九、機器側の性能不足でしょう。

また、Wi-Fiルーターやモデムの不具合で本来の通信速度がでないことも考えられます。家中のどの端末でも、動画の視聴やネットがスムーズにできなければ通信機器の不調を疑ってみましょう。

通信機器の不具合は、対処法を一つ一つ確認しないと原因を調べられないことが多いです。対策方法については「YouTubeが重い場合の解決方法」で詳しく解説します。

パソコンが性能不足か調べる方法

Windowsのパソコンを使っている場合は、性能不足で動作が遅いか調べることができます。タスクマネージャーという画面を開くとわかります。

タスクマネージャーとは、パソコンのリアルタイムの処理能力を確認できるソフトのことです。「ctrl+Shift+Esc」キーを同時に押すと起動できます。

もし、CPUの使用率が常に100%近くであったり、メモリの使用率が9割くらいならパソコンの性能不足です。

より高い性能のパソコンを用意する必要があります。

③ブラウザ・ソフト・アプリの問題

インターネットを開くブラウザや、アプリ側に問題があるケースもあります。よくある例は、YouTubeの仕様変更後に、アプリを最新版にアップデートしないことで、正常に動画を視聴できなくなるパターンです。

スマホのアプリから動画を視聴している人は、アプリ最新版かどうか確認しましょう。使っているスマホに合わせて、下記のアプリストアから確認できます。

iPhone Android端末
App Store Playストア

もし、更新ボタンが表示されていたら、そのままアップデートしてください。

ブラウザに問題がある場合は、確認方法がないので対処法を試してみて、改善されるか試してみるしかありません。

パソコンからYouTubeを見ている人は「YouTubeが重い場合の解決方法」で解説する対処方法を実践してみてください。

④YouTube側のトラブル

YouTube側でなんらかのトラブルが生じると、うまく動画が視聴できなくなることがあります。誰しもが真っ先に思い浮かぶ原因ですが、実際にYouTube側のトラブルであることは少ないです。

動画の読み込みが重くなる原因は、9割以上が回線や機器側に問題があると言っても過言ではありません。

ちなみに、もしもYouTube側のトラブルなら、ユーザー側では対策の施しようがありません。YouTubeの動画がうまく再生されないときは、ほかの原因を疑ってユーザー側でできる対策をするのがいいです。

YouTubeが重い場合の解決方法

注目ポイントを挙げている女の子

YouTube動画が重い・読み込めないときの具体的な解決方法について解説します。動画の読み込みが遅く感じる人は、参考にしてください。

対策法は、数が多いので箇条書きして以下にまとめました。リンクを押すと、詳細な対処方法を確認できます。

上記の対処法を試せば、動画が重くなる症状はほとんどの場合なくなります。一つ一つ試していきましょう。

①スマホやPCを再起動する

スマホをいじっているイラスト

まず、最初に試すべき解決方法は、パソコンやスマホ・タブレットの再起動です。何か不具合を感じたときは、再起動だけで解決することがあります。

パソコンやスマホは、長時間使っていると動作が遅くなることがあります。見えないところで、いくつものプログラムが動き続けているので、一部のプログラムがパソコンの動作に影響を与えることがあります。

また、YouTubeを見ているアプリに問題があれば、アプリの再起動で動作が改善することもあります。

ともあれ、動作を遅くしている原因が視聴アプリとは限らないので、端末自体を再起動するのが手っ取り早いです。

②ルーターやホームゲートウェイも再起動する

ルーターを再起動するイラスト

Wi-Fiルーターやホームゲートウェイのような通信機器の再起動で動作が改善するケースもあります。パソコンやスマホの再起動で改善しなければ試してください。

Wi-Fiルーターのような機器は、24時間365日使い続けているので、たまに調子が悪くなることがあります。一度、通信機器を再起動することで、動画の視聴がスムーズになることも多いので試してみてください。

とくに複数の機器で動画が重くなっていた場合は、効果が期待できます。

佐山さん 佐山
回線業者からレンタルした通信機器が古かったり、不調な場合は交換してもらえるケースがあります。一度、回線業者に問い合わせて、機器に問題がありそうなら交換してもらいましょう。

③YouTubeアプリを使う

スマホやタブレットからYouTube動画を見る人は、公式のアプリを使うと読み込みが軽くなることがあります。公式のアプリは、YouTube動画がスムーズに再生されるように最適化されているからです。

ChromeやSafariのようなインターネットブラウザは、いろんな機能がついているので専用アプリと比べると重くなりがちです。

とくに最近のiPhoneは、YouTubeアプリが最初から入っていないので、Appleストアからインストールするようにしましょう。

④ブラウザのタブ数を減らす

ブラウザのタブを開きすぎると、パソコンやスマホの動作が重くなる

ブラウザのタブ数を減らすことで、動作が改善することがあります。タブとは、ネットをしているときに、戻るボタンの上に表示されるページリストのことです。

ChromeやSafari、Edgeのようなブラウザでネットをしていると、複数のページを開いたままになることがあります。

実は、タブを開きすぎると、YouTube動画の読み込みが遅くなることがあります。パソコンのメモリを圧迫してしまうからです。

とくにパソコンのスペックが高くないと、影響が出やすいです。タブを何十個も使っていたら、必要のないものは閉じてください。

ブラウザとは

ブラウザとは、インターネットを見るためのソフト(アプリ)の総称です。例えば、Google ChromeやSafari、Microsoft Edgeなどのソフトのことをブラウザと呼びます。WindowsのパソコンならEdge、androidのスマホならChromeが使われます。

⑤ブラウザのキャッシュを削除する

ブラウザのキャッシュを削除すると、すべてのサイトの読み込み速度が上がる可能があります。キャッシュとは、一度アクセスしたサイトのページデータを一時的に記録する仕組みのことです。

本来は、2回目以降の読み込みデータ量を減らすことで、読み込みが速くなります。例えば、画像の多いサイトでも、2回目以降ならスイスイ表示されます。

ただし、キャッシュ容量があまりにも増えすぎてしまうと、かえって読み込みが遅くなります。すべてのサイトの読み込みスピードに影響があるので、YouTube動画の読み込み速度も例外ではありません。

ちなみに、パソコンでキャッシュを削除する手順は、ブラウザによって違います。以下で、ブラウザの種類ごとに削除方法を解説します。

Google Chromeでキャッシュを削除する方法

Google Chromeでキャッシュを削除する方法を解説します。はじめに、画面右上のメニューから、その他のツールの項目にある「閲覧履歴を削除」を選択してください。

Google Chromeでキャッシュを削除する方法-手順1

すると、以下のような画面が表示されます。キャッシュされた画像とファイルにだけチェックを入れて「データ削除」を押してください。

Google Chromeでキャッシュを削除する方法-手順2

以上の操作をすることで、キャッシュが削除されます。

Microsoft Edgeでのキャッシュを削除する方法

Microsoft Edgeでキャッシュを削除する方法を解説します。はじめに、画面右上のメニューから、設定を選択してください。

Microsoft Edgeでキャッシュを削除する方法-手順1

設定画面が表示されたら、左メニューにある「プライバシーとセキュリティ」をクリックしてください。

Microsoft Edgeでキャッシュを削除する方法-手順2

最後に「キャッシュされたデータとファイル」を選択して、クリアボタンを押してください。

Microsoft Edgeでキャッシュを削除する方法-手順3

以上の操作で、キャッシュの削除は完了です。

Firefoxでキャッシュを削除する方法

Firefoxでキャッシュを削除する方法を解説します。はじめに、画面右上のメニューから「オプション」を選択してください。

Mozilla Firefoxでキャッシュを削除する方法-手順1

左メニューの「プライバシーとセキュリティ」を開いて、Cookieとサイトデータという項目を探してください。項目の中にあるデータ消去というボタンを押してください。

Mozilla Firefoxでキャッシュを削除する方法-手順2

するとのデータを削除というウィンドウが表示されます。ウェブコンテンツのキャッシュというチェックボックスがあるので、選択して消去してください。

Mozilla Firefoxでキャッシュを削除する方法-手順3

以上の操作で、キャッシュの削除は完了です。

⑥ブラウザの拡張機能をオフにする

ブラウザの拡張機能を削除すると、YouTube動画が軽くなることがある

パソコンのブラウザからYouTubeを見ている場合は、拡張機能をオフにすると動画のカクつきが改善されることがあります。

いくつも機能が動いているせいで、動作がモッサリすることがあるので試してみましょう。拡張機能をオフにする手順はブラウザによって異なります。

以下で、ブラウザ別の設定方法を解説します。

Google Chromeで拡張機能をオフにする方法

Google Chromeで拡張機能をオフにする方法を解説します。はじめに、画面右上のメニューから、その他のツールの項目にある「拡張機能」を選択してください。

Google Chromeの拡張機能をオフにする方法-手順1

そしたらパソコンのなかに入っている拡張機能一覧が表示されます。追加してある拡張機能をオフにしてください。

Google Chromeの拡張機能をオフにする方法-手順2

拡張機能の右下のバーを左側に移動すると、オフになります。

一旦、すべてをオフにして、動作が改善されれば拡張機能が原因です。機能を使わないときか、動画の視聴時に拡張機能をオフにすれば、スムーズに動画を視聴できます。

Microsoft Edgeで拡張機能を停止する方法

Microsoft Edgeで拡張機能をオフにする方法を解説します。はじめに、画面右上のメニューから「拡張機能」を選択してください。

Microsoft Edgeの拡張機能をオフにする方法-手順1

すると、以下のような拡張機能の一覧が表示されます。青いバーを横にスライドすると、拡張機能がオフになります。

Microsoft Edgeの拡張機能をオフにする方法-手順2

一旦、すべてをオフにして、動作が改善されれば拡張機能が原因です。機能を使わないときか、動画の視聴時に拡張機能をオフにすれば、スムーズに動画を視聴できます。

Firefoxで拡張機能をオフにする方法

Firefoxで拡張機能をオフにする方法について解説します。はじめに、画面右上のメニューから「アドオン」を選択してください。

Google Chromeの拡張機能をオフにする方法-手順1

左のメニューの「拡張機能」という項目を開くと、機能の管理画面が表示されます。

Mozilla Firefoxの拡張機能をオフにする方法-手順2

拡張機能名の横に表示されている青いバーを左側に移動すると、機能を無効化できます。

一旦、すべてをオフにして、動作が改善されれば拡張機能が原因です。機能を使わないときか、動画の視聴時に拡張機能をオフにすれば、スムーズに動画を視聴できます。

⑦Wi-Fiルーターの近くで動画を見る

Wi-Fiルーターと違う部屋でスマホを扱っているイラスト

Wi-Fiルーターの近くでYouTube動画を視聴すると、動画をスムーズに再生しやすいです。距離が離れた場所や、別の部屋から通信をすると、Wi-Fiの通信速度が低下するからです。

Wi-Fiから距離が離れると受信感度が低下します。なるべく、近い距離で通信をすることが大切です。

Wi-Fiの通信速度が低下すれば、当然YouTubeの動画の読み込みも遅くなります。

離れた部屋でWi-Fiを使いたい場合はメッシュWi-Fiという機器の利用がおすすめです。Wi-Fiのアクセスポイントを増やして、受信エリアを広げることができます。

佐山さん 佐山
パソコンの場合は、有線接続にするとWi-Fi通信よりも速い通信ができます。ルーターとパソコンの利用場所次第では検討するといいでしょう。

⑧Wi-Fiの接続先を変更する

Wi-Fiの接続先を変更することで、速度が改善できる場合があります。

Wi-Fiルーターは「2.4GHz」と「5GHz」という2種類の電波を飛ばせるモデルがあります。それぞれメリットデメリットがあるので、特徴に合わせて接続先を選ぶのがおすすめです。

2.4GHzと5GHzのWi-Fiの特徴について、以下にまとめました。

2.4GHzの特徴

  • ・いろんな機器で対応している
  • ・電波が遠くまで届きやすい
  • ・障害物があっても通信速度が低下しにくい
  • ほかの家電の電波干渉を受けやすい

5GHzの特徴

  • ・2.4GHzより高速な通信できる
  • ・電波干渉を受けにくい
  • 電波が遠くまで届かない
  • 障害物があると速度が遅くなりやすい
  • ・対応していない通信機器がある

5GHzのほうが速く通信できますが、利用環境によっては2.4GHzのほうが速く通信できることもあります。

2.4GHzの電波は広範囲で使えますが、電子レンジやBluetoothを使う機器が近くにあると電波干渉を受けて、速度低下しやすいです。

5GHzなら電波干渉を受けず、より高速な通信ができます。一方で、Wi-Fiから遠い場合は2.4GHzのほうがスムーズに通信できる場合があります。

通信が遅いように感じたら、一度もう片方の電波に切り替えてみるといいでしょう。スマホやパソコンでWi-Fi設定を開いて、同じような名前で末尾が違う接続先があればそちらを選択するだけです。

たいていは以下のように接続先の名前によって、電波が割り振られています。

周波数ごとのWi-Fiアクセスポイント名の例

ちなみに、バンドステアリングという機能がついたWi-Fiルーターの場合は、通信状況に応じて自動で電波が切り替えられます。

そのため手動による切り替え作業は不要です。

⑨セキュリティ対策ソフトを変える

セキュリティ対策ソフトを変えると、YouTube動画の読み込みの遅さが改善されることがあります。

高性能すぎるセキュリティソフトを使っていると、パソコンの性能不足で動作が重くなることが多いです。パソコンのスペックに合わせてセキュリティソフトを選ぶと、ストレスなく動画を視聴できます。

まずは、一旦セキュリティソフトの動作をオフにした状態で、スムーズにYouTube動画が再生されるか試しましょう。もし、問題なく再生できればセキュリティソフトの変更を検討してください。

有料版ソフトならESETインターネットセキュリティ、無料版ソフトならアバスト、AVGあたりなら動作が軽いです。

⑩YouTube動画の画質を落とす

YouTube動画の画質を落とすのも、スムーズに視聴する一つの手です。もちろん、画質は落ちますが、途中で止まったり、カクつく症状を抑えやすいです。

画質変更は、再生画面からできます。右下の設定アイコンを押して「画質」という項目を選択してください。

YouTube動画の画質設定方法-手順1

通信速度が遅くても、480p以下の画質を選ぶと、スムーズに再生できます。スマートフォンの場合は、場所によって通信速度が変化しやすいので、とくに有効的な方法です。

YouTube動画の画質設定方法-手順2

ただし、240p以下にすると動画内の字幕が読みにくくなったりします。場所や動画ごとに画質を選択するといいでしょう。

⑪パソコン・スマホ・ネット機器を買い替える

パソコン・スマホ・ネット機器を買い替える

パソコンやスマホ、ネット機器を買い替えが最も効果的な解決方法です。端末のスペックがそれなりにあれば、設定変更による対策はそもそも必要ないことが多いです。

端末側の設定が煩わしく感じる人は、買い替えが1番の近道です。とくに端末のスペックを確認せずに購入した人は、検討を視野に入れたほうがいいです。

また、端末を長年使っていると、いつの間にか現代のサービスを使うには性能が不足していることがあります。機器ごとの買い替え年数の目安について紹介するので、一度参考にしてください。

買い替え目安
スマホ 2年
タブレット 2~4年
パソコン 4~5年
Wi-Fiルーター 7~10年
LANケーブル

スマホやタブレットは2年であっという間にスペックが変わります。また、サポートも終了する年数なので、それ以上長く使うことは厳しいです。

パソコンやWi-Fiルーターのほうが買い替えスパンが長いですが、気づけば上記の年数が経過しているという人が結構います。今使っている機器は、いつ買ったのか確認しましょう。

パソコンのスペック目安

新しくパソコンを買い替える場合は、以下のスペック以上のものを推奨します。

スペック
CPU ・Intel i3以上
・AMD Ryzen3以上
メモリ 8GB以上
ストレージ 256GB以上(SSD推奨)

日常用途レベルなら、最低限上記のスペックは満たすようにしてください。50,000~70,000円で買えます。

ちなみに、パソコン選びに失敗する人が購入した端末は、以下の条件に当てはまることが多いです。

パソコン選びに失敗した例

  • ・CPU:Intel Celeron
  • ・メモリ:4GB

上記の失敗条件にあてはまるパソコンは、安いパソコンに多いです。

ちなみに、値段が安くなくても、子供の学習用にパソコンに失敗条件にあてはまるものが多いです。

文部科学省が学習用に推奨しているパソコンのスペックが、失敗例の条件にもろに当てはまるものだからです。ネット上では地雷PCと揶揄されているので、購入はおすすめできません。

佐山さん 佐山
ちなみに、利用中のパソコンのメモリやストレージが不足しているときは、交換が可能な場合があります。買い替えより安価なので、部品交換に自信がある人はチャレンジしてみるといいでしょう。

⑫スマホのデータチャージをする

パケットチャージの画面

スマホの通信容量を使い切って通信制限された場合は、データチャージをしましょう。通信制限が解除されて元の速度に戻ります。

データチャージとは、1ヶ月に利用できる通信容量を超過したときに、料金を支払うことで通信容量を一回だけ割増できる仕組みのことです。キャリアによっては、パケットチャージと呼ばれることもあります。

例えば、3GBプランでデータ容量を使い切っても、1GBのデータチャージをすれば、さらに1GB分普通の速度で通信ができます。

データチャージは、それぞれのキャリアの管理画面やアプリ上からできます。ウェブサイトからは以下のページからチャージができます。

キャリア 会員サイト
ドコモ・ahamo my docomo
au・povo My au
ソフトバンク my Softbank
LINEMO My Menu
楽天モバイル my 楽天モバイル
UQモバイル my UQ Mobile

上の表にないY!モバイルやマイネオなどは公式サイトで確認するか、カスタマーサポートに問い合わせましょう。

⑬スマホの契約プランを見直す

スマホを使っていて通信制限を受ける場合は、契約プランを見直しましょう。

例えば、3ギガプランを契約していた場合なら、月間の通信量が3GBを超えると、最大速度を制限されます。5ギガプランなら5GB以上、5ギガプランなら5GB以上の通信で速度制限されます。

速度制限されると、動画の視聴がまともにできないくらい、通信が遅くなります。毎月、通信制限がかかるようなら、プラン変更したほうがいいです。

月ごとのデータ使用料や残量について知りたい場合は「My docomo」「My au」「My Softbank」といった、キャリアごとのマイページで確認できます。

毎日1時間YouTube動画を見る場合は無制限プランがおすすめ

毎日、1時間YouTube動画を見る場合は無制限プランがおすすめです。

例えば、週5日通勤時間中に動画を見る場合、最低画質だとしても約7GBのデータを消費するからです。動画の画質や、視聴時間によっては、もっと容量が必要です。

参考に、画質設定ごとの1GBあたりの視聴可能時間の目安を下表にまとめました。

1GBあたりの視聴可能時間
PC標準画質(720p) 90分(1.5時間)
スマホ標準画質(480p) 120分(2時間)
低画質(360p) 180分(3時間)

実際は動画以外の用途でデータ通信が発生するので、動画で使うデータ容量にプラス3GB以上必要なケースが多いです。

動画をとにかく観る人は、データ無制限プランがおすすめです。データ容量の上限がないので、通信制限を気にする必要がありません。

もしくは、ahamoやLINEMOのような20GB以上のサービスでもいいでしょう。たいていの人は、通信上限を超えることがありません。

ちなみに、ビッグローブモバイルなら、動画の通信が無制限になる「エンタメフリー」オプションに加入する選択肢もあります。ただ、人口密集地では動画視聴がスムーズに視聴できないことがあります。

活動範囲が郊外中心の人なら、検討するといいでしょう。

⑭高速通信ができるIPv6 IPoE接続を使う

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

光回線の場合、通信速度はIPv6 IPoE接続機能を使うと速くなる場合があります。パソコンやスマホの買い替えは費用がかかるので、まずはIPv6 IPoE接続を試すことをおすすめします。

IPv6 IPoEとは、ネット上で回線が混雑しやすいルートを回避して、通信をする仕組みです。とくに平日の夜間や休日に、YouTube動画が重くなる人は試してみる価値があります。

ただし、全ての光回線が対応しているわけではありません。IPv6 IPoE接続の対応状況について、下表にまとめました。

IPv6 IPoE対応状況
フレッツ光 プロバイダによる
ドコモ光
ソフトバンク光
ソネット光プラス
楽天ひかり
ビッグローブ光
OCN光
@nifty光
ぷらら光
IIJmioひかり
enひかり
@ TCOM
エキサイト光 プランによる
アサヒネット光 プランによる
auひかり
NURO光
eo光
コミュファ光
BBIQ光
メガエッグ光
ピカラ光
J:COM ×
U-NEXT光 ×
イッツコム光 不明

IPv6 IPoE接続は、NTTの回線設備を使うドコモ光やソフトバンク光のようなサービスなら、対応していることが多いです。

ちなみに、auひかりやNURO光のような独自回線は、IPv6 IPoE接続を提供していません。ただし、そもそも通信の混雑が発生しにくい仕組みなので問題ありません。

IPv6 IPoEは、NTTの回線網で発生する特定の混雑現象を回避する接続方法です。auひかりやNURO光は独自の回線設備を使うので、NTT回線のような混雑現象は発生しません。

どうしてもYouTubeが重いなら光回線の乗り換えがおすすめ

家でYouTubeを観ている人は、光回線の乗り換えがおすすめです。機器の設定や、契約プランに問題がなければ、回線品質がネックになっている可能性が高いからです。


また、初期費用がかからないうえに、月々の料金が安くなるケースが多いです。

そのため、機器の買い替えをする前に回線の乗り換えを試してみるのもアリです。読み込みの遅い原因が端末側だったとしても、デメリットが生じないからです。

以下で、おすすめの光回線について、ご紹介します。

本当に選ぶべき光回線はたった7社

100社以上ある光回線ですが、 現在、本当におすすめできるのは7社だけです。

お使いのスマホキャリアによって変わるので、どこの光回線にすべきか迷っている方は参考にしてください!

おすすめ光回線の選び方

おすすめ光回線の選び方

三瓶さん 三瓶
基本的にはスマホに合わせた光回線を選んで、以下のようにセット割を適用させるとお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

光回線ごとで、 最もお得なキャンペーンを展開中の優れた窓口をご紹介します。

とくにドコモ光は新規契約でも乗り換えでも、通常よりかなりお得な還元キャンペーン中です。ぜひ期間中に検討してみてください!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
最大2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円)
工事待ち期間はモバイルWi-Fiレンタル お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
最大77,000円のキャッシュバック
auのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円 お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでマンションなら最安
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる お得なキャンペーン窓口
ソネット光プラスのロゴ 格安スマホなら最安クラスの光回線
全国対応の光回線で料金がとにかく安い
auのセット割にも対応している お得なキャンペーン窓口

光回線の初心者向け解説の記事

  •  

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    光回線ごとの記事一覧