WiMAXのおすすめプロバイダ徹底比較!料金やキャンペーンの違いは?【最新ランキング】

最終更新日:2022年05月12日
徹底解説!WiMAXのプロバイダおすすめランキング

WiMAXは、外出先に持ち運んでネットができる便利なポケットWi-Fiです。手軽に契約できるので、一人暮らしで利用する人も多いサービスです。

現在、5G対応のプロバイダだけでも13社あるので、どれを選ぶべきか迷う人も多いのではないでしょうか?

この記事では、WiMAXのプロバイダ13社を徹底比較して、おすすめの5社を紹介します。

初心者向けに、プロバイダの選び方や、各社の料金プランやランキングも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

石田

NTT系列のグループ会社で4年勤めたのち、当サイト「ヒカリク」のライターに転向。FPS系のオンラインゲームが好き。Apexのランクはマスター。

WiMAXのプロバイダは実質料金の安さで選ぶのがおすすめ

WiMAXは実質料金の安さで選ぶのがおすすめ

現在、WiMAXを使うなら実質料金が安いプロバイダを選ぶのがおすすめです。

WiMAXはどのプロバイダでも通信品質・対応エリア・データ容量が同じだからです。そのため、利用する際に掛かる費用を比べて契約先を選ぶのが一番です。

プロバイダとは
「プロバイダ」とは、スマホやパソコンといった端末と、インターネットの世界を中継している玄関口のような存在です。Webサイトを表示する、ファイルをアップロードするといった操作をするとき、端末から送られた信号はプロバイダを通してインターネットに送られます。

各社、料金や割引体系がバラバラなので3年間の実質料金で比較すると本当に安いサービスが分かります。実質料金の求め方は以下のとおりです。

WiMAXの実質料金計算方法

実質料金は、初期費用やキャンペーン割引を含めた平均月額なので、基準を合わせて公平に比較できます。

石田さん 石田

WiMAXは、プロバイダによってサービス名が違います。ちなみに、プロバイダが違っても通信品質は同じです。

ただし、プロバイダによってキャッシュバックや端末割引の有無が異なるので、実際に支払う料金もサービスによって違います。

おすすめのWiMAXのプロバイダを徹底比較【2022年5月最新】

おすすめのWiMAXを徹底比較

現行プランであるWiMAX+5G対応の「ギガ放題プラス」の実質料金をプロバイダごと比較しました。

ちなみに、従来までのプラン「ギガ放題」は、主要なプロバイダで新規受付が終了し、徐々にサービスが縮小していくことになっています。

WiMAX
プロバイダ
実質料金
(月額)
料金プランの詳細 キャンペーン
GMOとくとくBBWiMAX▼GMOとくとくBB 3,991円 初月:2,079円(日割り)
1~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月:4,389円
37ヶ月~:4,444円
キャッシュバック
(最大13,000円)
端末代無料
プラスエリアモード無料
BroadWiMAX▼BroadWiMAX 4,246円 初月:2,090円(日割り)
1~2ヶ月目:2,090円
3~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目以降:4,708円
キャッシュバック
(最大7,000円)
初期費用無料
他社違約金負担
プラスエリアモード無料
解約サポート
2台目キャンペーン
VisonWiMAX▼VisonWiMAX 4,460円 初月:0円
1ヶ月目以降:4,730円
キャッシュバック
(最大5,000円)
契約事務手数料無料
解約サポート
カシモWiMAX▼カシモWiMAX 4,462円 初月:1,408円(日割り)
1ヶ月目以降:4,455円
初月割引
端末代無料
プラスエリアモード無料
BIGLOBE ▼BIGLOBE 4,708円 初月:無料
1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目以降:4,928円
キャッシュバック
(最大15,000円)
WiMAX
プロバイダ
実質料金
月額
料金プランの詳細 キャンペーン
1位のアイコンGMOとくとくBBWiMAX▼GMO 3,991円 初月:2,079円(日割り)
1~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月:4,389円
37ヶ月~:4,444円
キャッシュバック
(最大13,000円)
端末代無料
プラスエリアモード無料
2位のアイコンBroadWiMAX▼BroadWiMAX 4,246円 初月:2,090円(日割り)
1~2ヶ月目:2,090円
3~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目以降:4,708円
キャッシュバック
(最大7,000円)
初期費用無料
他社違約金負担
プラスエリアモード無料
解約サポート
2台目キャンペーン
3位のアイコンVisonWiMAX▼VisonWiMAX 4,460円 初月:0円
1ヶ月目以降:4,730円
キャッシュバック
(最大5,000円)
契約事務手数料無料
解約サポート
4位のアイコンカシモWiMAX▼カシモWiMAX 4,462円 初月:1,408円(日割り)
1ヶ月目以降:4,455円
初月割引
端末代無料
プラスエリアモード無料
5位のアイコンBIGLOBE ▼BIGLOBE 4,708円 初月:無料
1~24ヶ月目:4,378円
25ヶ月目以降:4,928円
キャッシュバック
(最大15,000円)

その他の8社とも比較する
WiMAX
プロバイダ
実質料金
(月額)
料金プランの詳細 キャンペーン
UQWiMAX 5,237円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目:4,818円
キャッシュバック
(最大1万円)
エディオン 5,148円 4,818円 プラスエリアモード無料
ワイヤレスゲート 4,965円 4,268円 商品券20,000円分
プラスエリアモード無料
WG WiFiが無料
BIC WiMAX 5,133円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
プラスエリアモード無料
DTI WiMAX 4,935円 1~25ヶ月目:4,070円
26ヶ月目:4,620円
プラスエリアモード無料
J:COM WiMAX 4,709円 初月:無料
2~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
初月無料
端末代1万円割引
KTWiMAX 5,133円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
プラスエリアモード無料
YAMADA Air
Mobile WiMAX
5,133円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
-
WiMAX
プロバイダ
実質料金
(月額)
料金プランの詳細 キャンペーン
UQWiMAX 5,237円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目:4,818円
キャッシュバック
(最大1万円)
エディオン 5,148円 4,818円 プラスエリアモード無料
ワイヤレスゲート 4,965円 4,268円 商品券20,000円分
プラスエリアモード無料
WG WiFiが無料
BIC WiMAX 5,133円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
プラスエリアモード無料
DTI WiMAX 4,935円 1~25ヶ月目:4,070円
26ヶ月目:4,620円
プラスエリアモード無料
J:COM WiMAX 4,709円 初月:無料
2~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
月額料金割引
端末代1万円割引
KTWiMAX 5,133円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
プラスエリアモード無料
YAMADA Air
Mobile WiMAX
5,133円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
-

WiMAXの選び方や抑えておくべき条件

WiMAXの選び方や抑えておくべき条件

WiMAXを選ぶ際のコツは、以下の3点です。

WiMAXの選び方や抑えておくべき条件

  • ①プランはギガ放題プラスを選ぶ
  • ②端末は最新のSpeed Wi-Fi 5G X11を選ぶ
  • ③端末代が無料になるプロバイダを選ぶ

WiMAXはどのプロバイダでも通信品質に違いはないので、上記のポイントをおさえて選べばコスパに優れたサービスが見つかります。

①プランはギガ放題プラスがおすすめ

WiMAXのプランは、月間無制限で5Gの高速通信ができる「ギガ放題プラス」がおすすめです。以下の3つのメリットがあるからです。

ギガ放題プラスのメリット

  • ・5G対応で最大速度が2.7Gbps
  • ・毎月150GB以上通信できる
  • ・追加料金なしでau回線を使って通信できる

WiMAXの無制限プランは月間のデータ容量に制限がありませんが、直近3日間の使用量が多いと速度を制限されます。

従来の無制限プランは3日で10GBの通信すると速度規制されましたが、ギガ放題プラスは制限が15GBからに緩和されました。

そのため、3日間の制限に引っかからなければ、少なくともひと月に150GB以上通常どおりの速度でネットができます。これだけ通信できれば事足りるでしょう。

また、ギガ放題プラスはオプションに加入しなくても、au回線を使った通信ができます。

5Gギガ放題プラス WiMAX2+
ギガ放題
WiMAX2+
ライトプラン
料金相場 4,800円 4,300円 3,500円
最大速度 2.2Gbps 440Mbps
※2022年以降は220Mbps
平均速度 57Mbps 28.03Mbps
月間の
データ容量
3日15GB
=150GB以上
3日10GB
=100GB以上
7GB
制限時の
最大速度
1Mbps
(翌日18~26時のみ)
128kbps
(月末まで制限)
制限時の
使用感
動画の視聴も可能 サイトの閲覧も困難
(スマホの制限と同等)
au回線
の利用
オプションなし
で利用可能

(無料)
ハイスピードプラス
エリアモードで利用可能
(月額1,100円)
5Gギガ放題プラス WiMAX2+
ギガ放題
WiMAX2+
ライトプラン
料金相場 4,800円 4,300円 3,500円
最大速度 2.2Gbps 440Mbps
※2022年以降は220Mbps
月間の
データ容量
3日15GB
=150GB以上
3日10GB
=100GB以上
7GB
制限時の
最大速度
1Mbps
(翌日18~26時のみ)
128kbps
(月末まで制限)
制限時の
使用感
動画の視聴も可能 サイトの閲覧も困難
(スマホの制限と同等)
au回線
の利用
オプションなし
で利用可能

(無料)
ハイスピードプラス
エリアモードで利用可能
(月額1,100円)

ちなみに、au回線が使える理由は、WiMAXがKDDI系列の会社だからです。

以前までは、au回線は追加オプションでしたが、5Gでは無料で使えるようになりました。

ハイスピードプラスエリアモードとは
ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX2+に加えてau4G LTEの電波を使って通信できる機能です。

そのため、通常より広い範囲でネットに繋がります。auの電波は、障害物に強い周波数(プラチナバンド800MHz帯)が使えるので、ビル街や山間部でも通信しやすくなります。

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+とauの電波を使って通信できる

また、WiMAX2+とauの電波を使って同時に通信することで、最大速度が440Mbpsから1.2Gbpsまで向上します。

ハイスピードエリアモードはキャリアアグリゲーションで回線速度が速くなる

ギガ放題プラスは5Gに対応した高速プラン

ギガ放題プラスは5G通信に対応しているので、最大2.7Gbpsの高速通信ができます。従来のWiMAX2+(4G)は最大440Mbpsなので、単純に計算して5倍の差があります。

また月間のデータ容量が無制限なので、容量を使い切ってしまう心配がありません。

直近3日間で15GB以上利用すると通信制限されますが、普通に使っているだけならほとんど通信制限されることはありません。

また、通信制限されたとしても速度が1Mbps出るので、ウェブページや標準画質の動画を見るくらいなら問題ないレベルです。

5G対応エリアの確認方法
WiMAX+5G対応エリアは、UQWiMAXの公式サイトから確認できます。

次のページで地図が表示されたら、画面上部の検索ボックスを押してください。

WiMAX+5Gの対応エリアを確認する方法①

検索ボックスを押すと、詳細検索の画面が表示されます。

WiMAX+5Gの対応エリアを確認する方法②

次に「場所選択」の項目にある入力欄に、調べたいエリアの郵便番号または住所を入力してください。「現在位置から探す」でも構いません。

住所を入力すると、指定住所周辺のマップが表示されます。赤かオレンジで塗りつぶされたエリアなら、5G通信が可能です。

WiMAX+5Gの対応エリアを確認する方法③

【地図見方】
…5G sub6 …5G NR化 …4G
外部リンク

▶WiMAX+5Gの対応エリアを確認する

ギガ放題とライトプランは主要なプロバイダで新規受付終了

ギガ放題とライトプランは、主要なプロバイダで続々と新規受付が終了されています。

実は、ギガ放題とライトプランの通信に使うWiMAX2+の電波は2022年の秋ごろに部分的に停波することが決まっています。

2022年以降も利用はできますが最大速度が440Mbpsから220Mbpsに低下します。

そのため、今から契約するなら5Gギガ放題プラスを選んだほうがいいでしょう。

石田さん 石田
公式の発表」によると、WiMAX+5Gの通信品質の向上と、エリア拡大のための処置として、WiMAX2+の通信に使う電波の周波数帯を転用すると告知されています。

②モバイル端末なら最新のSpeed Wi-Fi 5G X11がおすすめ

Speed Wi-Fi 5G X11は、WiMAXのデータ端末で最大速度が一番速いです。X11の最大速度は2.7Gbpsです。

従来のWiMAX2+用の端末と比較すると、速度のスペックが2倍以上向上しています。WiMAX2+の端末は最大速度が440Mbps~1.2Gbpsしかありません。

また、以前まで有料オプションだったau4GLTEの電波を使った通信が無料でできます。そのため、これまでよりも電波の受信がしやすくなっています。

WiMAX+5G
5Gギガ放題
プラス
WiMAX2+
ギガ放題
ライトプラン
対応端末 NEW
Speed Wi-Fi
5G X11
NEC製のモバイルWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X11」
(NEC製)
10月18日発売
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi
SCR01
モバイルWi-Fi「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」はサムスン製
(サムスン製)
Speed Wi-Fi
NEXT W06
HUAWEI製のモバイルWi-Fi「W06」
(HAUWEI製)
Speed Wi-Fi
NEXT WX06
NEC製のモバイルWi-Fi「WX06」
(NEC製)
最大速度 下り:2.7Gbps
(2,700Mbps)
上り:183Mbps
下り:2.2Gbps
(2,200Mbps)
上り:183Mbps
下り1.2Gbps
(1,237Mbps)
上り:75Mbps
下り:440Mbps
上り:75Mbps
通信回線 au 5G
(ミリ波非対応)
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
※au回線は有料オプション
端末重量 174g 207g 125g 127g
連続待受
時間
約490時間 約790時間 約800時間 約700時間
同時接続
台数
16台 10台 16台 16台
画面
サイズ
2.4インチ 5.3インチ 2.4インチ 2.4インチ
通信規格 Wi-Fi4~6
IEEE802.11
ax/ac/
n/a/b/g/
Wi-Fi4・5
IEEE802.11
ac/n/a/g/b
Wi-Fi4・5
IEEE802.11
ac/n/a/g/b
Wi-Fi4・5
IEEE802.11
ac/n/a/g/b
WiMAX+5G
5Gギガ放題
プラス
WiMAX2+
ギガ放題
対応端末 Speed Wi-Fi
5G X11
NEW
NEC製のモバイルWi-Fi「Speed Wi-Fi 5G X11」(NEC製)
Galaxy 5G
Mobile Wi-Fi
SCR01
モバイルWi-Fi「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」はサムスン製(サムスン製)
Speed
Wi-Fi
NEXT W06NEC製のモバイルWi-Fi「WX06」(HAUWEI製)
Speed
Wi-Fi
NEXT WX06NEC製のモバイルWi-Fi「WX06」(NEC製)
最大速度 下り:2.7Gbps
(2,700Mbps)
上り:183Mbps
下り:2.2Gbps
(2,200Mbps)
上り:183Mbps
下り1.2Gbps
(1,237Mbps)
上り:75Mbps
下り:440Mbps
上り:75Mbps
通信回線 au 5G
(ミリ波非対応)
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
※au回線は有料オプション
端末重量 174g 207g 125g 127g
連続待受
時間
約490時間 約790時間 約800時間 約700時間
同時接続
台数
16台 10台 16台 16台
画面
サイズ
2.4インチ 5.3インチ 2.4インチ 2.4インチ
通信規格 Wi-Fi4~6
IEEE802.11
ax/ac/
n/a/b/g/
Wi-Fi4・5
IEEE802.11
ac/n/a/g/b
Wi-Fi4・5
IEEE802.11
ac/n/a/g/b
Wi-Fi4・5
IEEE802.11
ac/n/a/g/b

現在、従来のWiMAX2+の端末は品薄状態です。また、プロバイダによっては、WiMAX2+の新規受付を終了しています。

WiMAX2+のプランは通信速度やデータ容量が5Gより劣るもの、500~700円くらい安い料金で契約できます。

どうしてもWiMAX2+にしたいなら、BroadWiMAXがおすすめです。現在、WiMAX2+を取り扱っているプロバイダで最安だからです。

\WiMAX2+の在庫アリ/

「HOME 5G L11」や「HOME L02」は持ち運び不可能なホームルーター端末

Speed Wi-Fi HOME 5G L11やL02は屋内専用のホームルーターです。

ホームルーターはポケットWiFiより通信が安定しますが、外出先に持ち運んで使えません。

主に、家族数人で住む家庭や、自宅の家電をたくさん接続する人向けの端末です。

WiMAX+5G
5Gギガ放題
プラス
WiMAX2+
ギガ放題
ライトプラン
対応端末 Speed Wi-Fi HOME 5G L11
.ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」
.
(ZTE製)
Speed Wi-Fi HOME L02
ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L02」
(HUAWEI製)
最大速度 下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
下り:1.0Gbps
上り:75Mbps
通信回線 au 5G
(ミリ波対応)
WiMAX2+
au 4G LTE
WiMAX2+
au 4G LTE
端末サイズ 高さ:18.2cm
横幅:  7.0cm
縦幅:12.4cm
高さ:17.8cm
横幅:  9.3cm
縦幅:  9.3cm
同時接続台数 30台 40台
通信規格 IEEE802.11
ax/ac/n/a/b/g
(Wi-Fi4~6)
IEEE802.11
ac/n/a/g/b
(Wi-Fi4~5)
有線接続 2台
(1,000Mbps)
2台
(1,000Mbps)

ホームルーターは、ポケットWiFiと違って同時接続数が多く、有線接続に対応しています。

関連記事

▶本当におすすめなホームルーター5選

③端末代が無料になるプロバイダを選ぶ

WiMAXを利用する際は、端末代が無料のプロバイダを選ぶと、初期費用をグッと抑えられます。端末は2万円程度なので、月額料金が安さだけで選ぶと割高になることがあります。

WiMAXのプロバイダで端末代が無料なのはGMOとくとくBB・VisionWiMAX・カシモWiMAXの3社です。

ちなみに、BroadWiMAXやBIGLOEWiMAXは端末代を負担する必要がありますが、月額料金が安いので上記の3社くらいの実質料金で利用できます。

おすすめのWiMAXランキング
GMOとくとくBBのロゴ
▼GMO
支出を抑えたい人におすすめ
実質料金が3,991円
端末代金が無料
3年間の実質料金が最も安い
一番お得なキャンペーン窓口【100×60】GMOとくとくBB WiMAX+ 5G
Broad WiMAXのロゴ
▼Broad
WiMAX
他社から乗り換える人におすすめ
実質料金が4,246円
他社の違約金を負担して貰える
一番お得なキャンペーン窓口
VisonWiMAX
▼Vision
WiMAX
サポートを重視する人におすすめ
実質料金が4,460円
端末代金が無料
365日サポートを受けられる一番お得なキャンペーン窓口
カシモWiMAXのロゴ
▼カシモWiMAX
常に同じ料金で利用できる
実質料金が4,462円
端末代金が無料
初月以降は料金がずっと変わらない
一番お得なキャンペーン窓口
BIGLOBE
▼BIGLOBE
WiMAXで契約期間が最短の1年
実質料金が4,708円
2年目以降違約金ゼロ
口座振替対応のプロバイダで最安
一番お得なキャンペーン窓口 
石田さん 石田
以下では、おすすめのサービスについて詳しく解説します。

1位:最安はGMOとくとくBBWiMAX

モバイルWiFi「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBBは、70社あるWiMAXのプロバイダの中で実質料金が最安です。端末代は無料なので、初期費用もほとんど掛かりません。

そのため、とにかく支出を安く抑えたい人にピッタリのサービスです。

おすすめ度評価 GMOとくとくBBの総合評価はとても良い
月額料金 初月:2,079円(日割り)
1~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月:4,389円
37ヶ月~:4,444円
3年間の
平均料金
3,991円
データ容量 無制限
(直近3日間で15GB)
最大速度
(5Gプラン)
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
初期費用 3,300円
※事務手数料のみ
端末の料金 21,780円
特徴 ・キャッシュバック13,000円
実質料金が最安
端末代が無料
・他社の違約金を負担してもらえる
・プラスエリアモードが無料
お得な申し込み窓口 公式サイト【100×60】GMOとくとくBB WiMAX+ 5G
関連記事 GMOとくとくBBWiMAXの
評判を詳しく見る

GMOとくとくBBWiMAXは、本来月額1,100円のプラスエリアモードが無料で使えます。

プラスエリアモードを使うと通信エリアが広がるので、通常より快適に利用できます。

最新の端末が無料で使える

GMOとくとくBBWiMAXは最新端末が無料

GMOとくとくBBWiMAXは、どの端末を選んでも無料なので、最新モデルの「Speed Wi-Fi 5G X11」を選びましょう。

旧モデルのGalaxy 5G Mobile WiFiは最大速度が2.2Gbpsですが、X11は最大2.7Gbpsなのでスペックが高くなっています。

もし、家のなかでしか使わないなら、ホームルーターの「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」がおすすめです。据え置きタイプなので持ち運びはできませんが通信が安定しています。

GMOWiMAXで利用できる5G端末

  • ・Speed Wi-Fi 5G X11
  • ・Galaxy 5G Mobile WiFi
  • ・Speed Wi-Fi HOME 5G L11

プラスエリアモードが無料

GMOとくとくBBWiMAXはプラスエリアモードが無料

GMOとくとくBBWiMAXは、ネットの速度が安定しやすくなるプラスエリアモードが無料で使えます。

プラスエリアモードは、プラチナバンド(700~800Mhz)を使った通信ができるので、高い建物が立ち並ぶビル街や山間部でも電波をキャッチしやすいです。

そのため、都市部のカフェやレストラン、旅行先でも通信が安定しやすいです。

WiMAX5Gの通信に使う電波帯

※WiMAXは、auの電波を使った通信も可能。

ちなみに、UQWiMAXやBIGLOBEのような大手他社は、1,100円の追加料金が掛かります。

GMOとくとくBBはWiMAXはお得なキャッシュバックを受けられる

GMOとくとくBBWiMAXは、2種類のキャッシュバックから好きな特典を選べます。

キャッシュバック金額
新規契約キャッシュバック 13,000円
他社乗り換え特典 最大20,000円

他社乗り換え特典は、他社の回線サービスやプロバイダの違約金・工事費の残債を補填してくれる制度です。実際に請求された費用を最大20,000円までキャッシュバックして貰えます。

それぞれの特典は併用ができないので、他社乗り換え特典は解約費用が13,000円を超える場合に利用するのがおすすめです。

auスマートバリューの割引に対応

GMOとくとくBBWiMAXの5Gギガ放題プラスは、auスマートバリューに対応しています。

auスマートバリューとは、auのスマホとWiMAXをセットで利用すると受けられるセット割引のことです。

携帯のプランによっては最大で1,100円スマホ代が安くなります。最大で10台まで割引できるので、家族でauの端末を使う家庭ならかなりお得です。

実は、同じWiMAX+5Gのサービスでも必ずauスマートバリューに対応しているとは限りません。公式サイト上に対応状況が明記されているのは以下の3社のみです。

auスマートバリュー対応のサービス

  • ・GMOとくとくBBWiMAX
  • ・UQWiMAX
  • ・カシモWiMAX

auのスマホユーザーなら、上記の3社のなかで料金が安いGMOとくとくBBWiMAXがおすすめです。

auスマートバリューの割引額

auの現行プランで割引対象のものは以下のとおりです。

割引額
使い放題MAX 5G/4G -1,100円
使い放題MAX 5G/4G
テレビパック
使い放題MAX 5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
タブレットプラン20
ピタットプラン 5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE
(1~7GB)
ピタットプラン 5G(s)
(2~20GB)
-550円
※2GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE(s)
(2~20GB)

ちなみに、現在は受付終了した古いプランでも割引を受けられます。

割引額
新auピタットプラン
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
データMAX5G
ALL STARパック(P)
-1,100円
データMAX5G
ALL STARパック
データMAX5G
テレビパック
データMAX5G
with Amazonプライム
データMAX5G
Netflixパック(P)
データMAX5G/4G LTE
Netflixパック
データMAX5G/4G LTE
auデータMAXプラン
Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン
7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
タブレットプラン20
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン5
(学割用)
auピタットプランN(s)
(2~20GB)
-1,100円
※2GB以下は-550円
※1GB以下は対象外
auピタットプラン
(2~20GB)
auピタットプラン(s)
(2~20GB)
データ定額1 -1,027円(2年間)
※3年目以降-550円
データ定額2/3 -1,027円
データ定額3cp
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
U18データ定額20 -1,551円
データ定額5/8/20 -1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額10/13/30 -2,200円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) -1,100円
LTEフラット
for DATA (m)
-1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

GMOとくとくBBWiMAXは他社より安い

GMOとくとくBBWiMAX+5Gギガ放題プラスは月額4,158円

GMOとくとくBBは、他社より3年間の月額料金・端末代の合計額が安く済みます。

下表で他社と比較しました。キャッシュバックを受けられる場合は、3年間の費用から差し引いて計算しています。

3年間の費用
合計
GMOとくとくBB
WiMAX
143,684円
BroadWiMAX 152,852円
VisionWiMAX 160,550円
カシモWiMAX 160,633円
BIGLOBEWiMAX 160,650円

GMOとくとくBBを選べば、他社より10,000~25,000円費用が安く済みます。WiMAXはどのサービスも品質は変わらないので、GMOとくとくBBがおすすめです。

\WiMAXの5Gが最安水準で使える/

2位:他社からの乗り換えならBroadWiMAX

モバイルWiFi「BroadWiMAX」

BroadWiMAXは、他社のネットサービスから乗り換えたときの違約金を負担してくれます。

もし、乗り換えの時に違約金が発生するなら、GMOとくとくBBよりお得になるケースが多いです。

違約金負担特典は、他社のモバイルWiFiのほか、光回線・ケーブルテレビ・ADSLなど、全てのネット回線が対象になります。

おすすめ度評価 BroadWiMAXの総合評価は良い
月額料金 初月:2,090円(日割り)
1~2ヶ月目:2,090円
3~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目~:4,708円
3年間の
平均料金
4,246円
データ容量 無制限
(直近3日間で15GB)
最大速度
(5Gプラン)
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
平均速度 不明
初期費用 無料
端末の料金 21,780円
特徴 ・キャッシュバック7,000円
・初期費用無料
・37ヶ月間割引される
口座振替とクレジット払いに対応
他社の違約金を負担してもらえる
・プラスエリアモードが無料
・2台目同時契約でCB5,000円
お得な申し込み窓口 公式サイト
関連記事 BroadWiMAXの
評判を詳しく見る

BroadWiMAXは、クレジット払いのほか口座振替にも対応しています。他社はクレジット払いしか対応していないことがほとんどです。

プラスエリアモードが無料

BroadWiMAXはプラスエリアモードが無料

BroadWiMAXは、プラスエリアモードが無料で使えます。

プラスエリアモードを使うと、電波が受信しにくいビル街や山間部でも、安定して通信しやすくなります。

他社のWiMAXでもプラスエリアモードは利用できますが、1,100円の追加料金が掛かるケースがあります。

もし、外出先での利用がメインでも、BroadWiMAXは電波状況をあまり気にすることなく、安心して利用できます。

プラスエリアモードとは
プラスエリアモードとは、通常より広いエリアで通信ができたり、ネットの速度が安定しやすくなるオプションです。

通常より優れている理由はプラチナバンドという700~800MHzの周波数を通信に使えるからです。プラチナバンドは、遠くまで電波が届きやすく、建物のような障害物に遮られにくい特徴があります。

そのため、高い建物の多いビル街や、山奥でも電波をキャッチしやすくなります。

WiMAX5Gの通信に使う電波帯

プラスエリアモードは月額1,100円のオプションですが、一部のプロバイダでは無料で提供されています。

プラスエリアモードが
無料のプロバイダ
プラスエリアモードが
有料のプロバイダ
・GMOとくとくBBWiMAX
・BroadWiMAX
・カシモWiMAX
・VisonWiMAX
・DTIWiMAX
・ワイヤレスゲート
・BICWiMAX
・KTWiMAX
・エディオン
・UQWiMAX
・BIGLOBEWiMAX
・J:COMWiMAX
・YAMADA Air Mobile

口座振替に対応している

BroadWiMAXは、口座振替に対応した数少ないプロバイダの一つです。

実は、口座振替が選べるプロバイダはBroadWiMAXとUQWiMAX、BIGLOBEWiMAXの3社だけです。ほかのプロバイダはクレジットカード払いのみ対応です。

ただし、口座振替を選ぶならBIGLOBEWiMAXのほうが実質料金は安くなります。

BroadWiMAXは口座振替にすると、初期費用無料特典が適用できないので20,743円の費用が発生します。

BroadWiMAX UQWiMAX BIGLOBEWiMAX
月額料金 初月:2,090円(日割り)
1~2ヶ月目:2,090円
3~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目~:4,708円
1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目~:4,818円
初月:無料
1~2年目:4,378円
3年目以降:4,928円
初期費用 24,043円
※事務手数料込
3,300円 3,300円
端末代 21,780円 21,780円 21,912円
キャッシュバック 7,000円 10,000円 15,000円
実質料金 4,822円 4,965円 4,708円
BroadWiMAX UQWiMAX BIGLOBEWiMAX
月額料金 初月:2,090円(日割り)
1~2ヶ月目:2,090円
3~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目~:4,708円
1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目~:4,818円
初月:無料
1~2年目:4,378円
3年目以降:4,928円
初期費用 24,043円
※事務手数料込
3,300円 3,300円
端末代 21,780円 21,780円 21,912円
キャッシュ
バック
7,000円 10,000円 10,000円
実質料金 4,822円 4,965円 4,708円

ちなみに、他社の乗り換え違約金が掛かる場合でもBIGLOBEWiMAXのほうが良いです。違約金の負担額は19,000円が上限だからです。

関連リンク

▼BIGLOBEWiMAXの詳細情報を確認する

他社からの乗り換え違約金を肩代わりしてくれる

BroadWiMAXは他社からの乗り換え違約金を肩代わりしてくれる

BroadWiMAXは、他社から乗り換え違約金を最大19,000円までキャッシュバックしてくれます。

違約金は1万円前後で済むケースが多いので、解約費用の負担なく乗り換えも可能です。

他社のWiMAXやモバイルWiFiのほか、光回線やケーブルテレビ、ADSLなど、全てのネットサービスが特典の対象です。

他社の違約金一覧
違約金 撤去工事費
UQWiMAX 1,100円
GMOとくとくBB
WiMAX
1~12ヶ月:20,900円
13~24ヶ月:15,400円
25ヶ月以降:10,450円
カシモWiMAX
(5G)
1~24ヶ月:41,000円
25~36ヶ月:36,000円
38ヶ月以降:10,450円
カシモWiMAX
(WiMAX2+)
1~12ヶ月:20,900円
13~2ヶ月:15,400円
25ヶ月以降:10,450円
VisonWiMAX
(5G)
1~12ヶ月:28,050円
13~24ヶ月:21,450円
25ヶ月以降:14,300円
VisonWiMAX
(WiMAX2+)
1~12ヶ月:20,900円
13~24ヶ月:15,400円
25ヶ月以降:10,450円
BIGLOBE
WiMAX
1~12ヶ月目:1,100円
13ヶ月目以降:なし
フレッツ光 東日本:10,450円
西日本:11,000円
+プロバイダの違約金
無料
ドコモ光 戸建て:14,300円
マンション:8,800円
無料
auひかり 3年契約:6,500円
2年契約:7,700円
31,680円
戸建てのみ
ソフトバンク光 2年プラン:10,450円
5年プラン:16,500円
無料
楽天ひかり 10,450円 無料
NURO光 10,450円 11,000円
ソネット光プラス 20,000円 無料
ビッグローブ光 戸建て:11,900円
マンション:9,500円
31,680円
OCN光 戸建て2,400円
マンション:1,200円
無料
@nifty光 2年プラン:10,450円
3年プラン:22,000円
無料
ぷらら光 35,000円 無料

もし、途中解約で他社から回線を乗り換えたいなら、BroadWiMAXがおすすめです!

\期間限定7,000円キャッシュバック/
他社の違約金19,000円負担もアリ!

Broad WiMAXの窓口はこちら

3位:手厚いサポートを受けたいならVisionWiMAX

ポケットWiFi「VisonWiMAX」

ネットの接続にあまり詳しくない人は、VisionWiMAXがおすすめです。365日電話でサポートが受けられるからです。

実は、ほかのプロバイダはサポートに定休日があったり、メール対応のみのケースがあります。いつでも手厚いサポートを受けたいならVisionWiMAXを選びましょう。

おすすめ度評価 VisionWiMAX総合評価はどちらかというと良い
月額料金 初月:無料
1ヶ月目以降:4,730円
3年間の
平均料金
4,460円
データ容量 無制限
(直近3日間で15GB)
最大速度
(5Gプラン)
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
平均速度 不明
初期費用 無料
端末の料金 無料
特徴 ・キャッシュバック5,000円
・初期費用無料
・端末代無料
・解約時違約金無料
・プラスエリアモードが無料
お得な申し込み窓口 公式サイト
関連記事 VisionWiMAXの
評判を詳しく見る

VisonWiMAXは、もしものときのサポートサービスが充実しています。端末の保証サービスや、サービスに満足できなかった時に他社回線に無料で切り替えられるサービスを実施しています。

3種類の端末補償サービスを選べて安心

VisionWiMAXは「安心サポート」のオプションに加入すれば、万が一端末が故障しても無償で修理して貰えます。

安心サポートは補償内容によって、以下の3種類から選べます。

オプション 補償内容
安心サポート
(月額330円)
・端末の故障を無料で修理か交換
(水濡れは対象外)
・バッテリーの劣化
安心サポート
ワイド

(月額605円)
・水濡れを含む端末故障を無料で修理か交換
・バッテリーの劣化
安心サポート
デラックス

(月額935円)
・水濡れを含む端末故障を無料で修理か交換
・バッテリーの劣化
・修理交換対応時、代替機をレンタル可能
・年1回充電アダプタとケーブルをプレゼント

どれを選んでも端末の故障に加えて、バッテリーの劣化に対する補償を受けられます。電池の持ちが悪くなっても、端末を買い直す必要がありません。

ちなみに、安心サポート(月額330円)に加入して、2年でバッテリー交換した場合の支払い総額は7,920円です。

端末を新たに買うと2万円くらい費用が掛かるので、加入して損をすることはありません。

契約期間中でも特定の回線への乗り換えなら違約金が掛からない

VisionWiMAXは「いつでも解約無料アシスト」というサービスを使うと、契約期間の途中でも違約金を負担することなく別の回線に乗り換えられます。

8日のキャンセル期間が過ぎてから、通信速度や電波感度に不満が出てきても安心です。

また、VisionWiMAXは端末代が無料なので解約時に残債を請求されることもありません

WiMAXでしっかり通信できるか不安だという人は、VisionWiMAXを検討しましょう!

\サポートを重視する人におすすめ/
VisionWiMAXの窓口はこちら

4位:ずっと同じ料金で使いたいならカシモWiMAX

ポケットWiFi「カシモWiMAX」

カシモWiMAXは、初月以降の月額料金が4,455円から変わりません。

途中で月額料金が高くなるサービスを避けたい人におすすめのサービスです。

おすすめ度評価 カシモWiMAXの総合評価はやや良い
月額料金 初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
3年間の
平均料金
4,462円
データ容量 無制限
(直近3日間で15GB)
最大速度
(5Gプラン)
下り:2.7Gbps
上り:183Mbps
平均速度 不明
初期費用 3,300円
※事務手数料のみ
端末の料金 0円
特徴 ・初月は月額1,408円
・初月以降ずーっと4,455円
・端末代無料
・プラスエリアモードが無料
お得な申し込み窓口 公式サイト
関連記事 カシモWiMAXの
評判を詳しく見る

カシモWiMAXは、最新の端末やプラスエリアモードのオプションが無料です。料金プランがシンプルで、初期費用や不要なオプション代を節約できるのが特徴のサービスです。

プラスエリアモードが無料

カシモWiMAXは、本来月額1,100円のプラスエリアモードが無料で使えます。

高層ビルが立ち並ぶビル街や、山間部で電波状況が悪ければ、プラスエリアモードを使うことで改善されることがあります。

街中のカフェやレストラン、旅行先や出張先でネットをすることが多ければ、必須のオプションです。

プラスエリアモードとは
プラスエリアモードとは、通常より広いエリアで通信ができたり、ネットの速度が安定しやすくなるオプションです。

通常より優れている理由はプラチナバンドという700~800MHzの周波数を通信に使えるからです。プラチナバンドは、遠くまで電波が届きやすく、建物のような障害物に遮られにくい特徴があります。

そのため、高い建物の多いビル街や、山奥でも電波をキャッチしやすくなります。

WiMAX5Gの通信に使う電波帯

プラスエリアモードは月額1,100円のオプションですが、一部のプロバイダでは無料で提供されています。

プラスエリアモードが
無料のプロバイダ
プラスエリアモードが
有料のプロバイダ
・GMOとくとくBBWiMAX
・BroadWiMAX
・カシモWiMAX
・VisonWiMAX
・DTIWiMAX
・ワイヤレスゲート
・BICWiMAX
・KTWiMAX
・エディオン
・UQWiMAX
・BIGLOBEWiMAX
・J:COMWiMAX
・YAMADA Air Mobile

途中で料金が高くなる回線を避けたいなら最適

カシモWiMAXは、そこそこの安さで常に同じ金額でサービスを利用したい人にピッタリのサービスです。

WiMAXはお得な割引を実施しているサービスが多いですが、そのほとんどが数年間しか安い料金で利用できません。

GMO
WiMAX
Broad
WiMAX
カシモ
WiMAX
1~2ヶ月 2,079円 2,090円 4,455円
(初月のみ1,408円)
3~36ヶ月 4,389円 3,894円
37ヶ月以降 4,444円 4,708円

数年しかお得な割引を受けられないサービスよりも、ある程度安くて金額が変わらないほうがいいならカシモWiMAXを選びましょう!

\ずーっと月額4,455円のまま!/
カシモWiMAXの窓口はこちら

5位:1~2年程度の利用ならBIGLOBEWiMAX

ポケットWiFi「BIGLOBEWiMAX」

3年間もWiMAXを使う予定がない人には、BIGLOBEWiMAXがおすすめです。契約期間が1年間だけで、2年目以降はいつ解約しても違約金が掛からないからです。

他社は3年契約のケースが多いので、BIGLOBEは短期的にWiMAXを使いたい人に適したプロバイダです。

おすすめ度評価 BIGLOBEWiMAXの総合評価はどちらかというと良い
月額料金 初月:無料
1~2年目:4,378円
3年目以降:4,928円
3年間の
平均料金
4,708円
データ容量 無制限
(直近3日間で15GB)
最大速度
(5Gプラン)
下り:2.2Gbps
上り:183Mbps
平均速度 不明
初期費用 3,300円
※事務手数料のみ
端末の料金 21,912円
特徴 ・キャッシュバック15,000円
・初月無料
・2年間550円割引
・口座振替とクレジット払いに対応
お得な申し込み窓口 公式サイト
関連記事 BIGLOBEWiMAXの
評判を詳しく見る

BGLOBEWiMAXは、実は口座振替を希望するなら、実質料金が一番安く済むサービスです。

そのため、口座振替を希望する人にも、最適なサービスです。

契約期間が1年間のみ

BIGLOBEWiMAXは契約期間が1年間だけで、2年目以降はどのタイミングで解約しても違約金を請求されることはありません。

また1年以内の解約でも違約金は1,100円だけです。

そのため、1~2年程度で解約する可能性があるなら、BIGLOBEWiMAXは最適な選択肢だと言えます。

口座振替対応のプロバイダで実質料金が一番安い

通信量を口座振替で支払う場合は、BIGLOBEWiMAXの実質料金が一番安いです。

BIGLOBEWiMAX BroadWiMAX UQWiMAX
月額料金 初月:無料
1~2年目:4,378円
3年目以降:4,928円
初月:2,090円(日割り)
1~2ヶ月目:2,090円
3~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目~:4,708円
1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目~:4,818円
初期費用 3,300円 24,043円
※事務手数料込
3,300円
端末代 21,912円 21,780円 21,780円
キャッシュバック 15,000円 7,000円 10,000円
実質料金 4,708円 4,822円 4,965円
BIGLOBEWiMAX BroadWiMAX UQWiMAX
月額料金 初月:無料
1~2年目:4,378円
3年目以降:4,928円
初月:2,090円(日割り)
1~2ヶ月目:2,090円
3~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目~:4,708円
1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目~:4,818円
初期費用 3,300円 24,043円
※事務手数料込
3,300円
端末代 21,912円 21,780円 21,780円
キャッシュ
バック
15,000円 7,000円 10,000円
実質料金 4,708円 4,822円 4,965円

WiMAXのプロバイダで口座振替に対応しているのは、BIGLOBE・BroadWiMAX・UQWiMAXの3社です。

BroadWiMAXは、口座振替を選ぶと初期費用無料特典が適用できないので、20,743円の費用を請求されます。

そのため、口座振替を選択する場合は、BIGLOBEWiMAXのほうが実質料金は安いです。

\1年間使えばいつ解約しても違約金ゼロ!/
BIGLOBEWiMAXの窓口はこちら

どのプロバイダを選んでもエリア・通信速度・データ容量は同じ

WiMAXはどのプロバイダでも品質に違いがない

WiMAXの回線設備を管理しているのは「UQWiMAX」を運営するUQコミュニケーションズ株式会社です。

UQWiMAX以外の、GMOとくとくBBやBIGLOBEのようなプロバイダは、UQコミュニケーションズから回線を提供してもらってサービスを運営しています。

つまり、プロバイダが提供して貰っている回線は、UQWiMAXで利用しているものと全く同じです。どのプロバイダを選んでも対応エリアや通信速度、データ容量に違いはありません。

プロバイダ別の実質料金比較
実質料金 月額料金
GMOとくとくBB
WiMAX
3,991円 初月:2,079円(日割り)
1~2ヶ月目:2,079円
3~36ヶ月:4,389円
37ヶ月~:4,444円
Broad
WiMAX
4,246円 初月:2,090円(日割り)
1~2ヶ月目:2,090円
3~37ヶ月目:3,894円
38ヶ月目~:4,708円
VisionWiMAX 4,460円 初月:無料
1ヶ月目以降:4,730円
カシモWiMAX 4,462円 初月:1,408円
1ヶ月目以降:4,455円
BIGLOBE
WiMAX
4,708円 初月:無料
1~2年目:4,378円
3年目以降:4,928円
J:COM
WiMAX
4,709円 初月無料
1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
DTI
WiMAX
4,935円 1~25ヶ月目:4,070円
26ヶ月目以降:4,620円
ワイヤレスゲート 4,965円 4,268円
BICWiMAX 5,133円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目以降:4,818円
YAMADA Air
Mobile WiMAX
KTWiMAX
エディオン 5,148円 1~24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降4,818円
UQWiMAX 4,965円 1~25ヶ月目:4,268円
26ヶ月目~:4,818円
石田さん 石田
通信品質に違いはないので、プロバイダを選ぶ際は実質料金を重視するといいでしょう。

違約金や契約年数はプロバイダによって違う

WiMAXのや契約年数はプロバイダによって違う

違約金や契約期間は、プロバイダごとに別々に設定されています。解約時の違約金は安ければ1,100円ですが、高い場合は4万円を超えるケースもあります。

長く使い続ける気がない人は、違約金や契約期間の違いをきちんと比べてサービスを検討しましょう。

契約期間 違約金
UQWiMAX 2年 1,100円
BIGLOBE
WiMAX
1年 1~12ヶ月目:1,100円
13ヶ月目以降:なし
GMOとくとくBB
WiMAX
3年 1~12ヶ月:20,900円
13~24ヶ月:15,400円
25ヶ月以降:10,450円
カシモWiMAX 3年 1~24ヶ月:41,000円
25~36ヶ月:36,000円
38ヶ月以降:10,450円
Vison
WiMAX
3年 1~12ヶ月:28,050円
13~24ヶ月:21,450円
25ヶ月以降:14,300円
JCOM
WiMAX
なし なし
DTI
WiMAX
3年 10,450円
ワイヤレスゲート 3年 21,780円
BICWiMAX 2年/3年 2年:1,100円
3年:10,450円
YAMADA Air
Mobile WiMAX
2年 1,100円
KTWiMAX 3年 10,450円
エディオン 2年/3年 2年:1,100円
3年:10,450円

1~2年程度の利用ならBIGLOBEWiMAXを契約して、利用しなくなった端末は売るのがおすすめです。

もし、1~2年以内に解約する予定がなければ、3年契約で安いサービスを契約して一回目の更新月でサービスを乗り換えるのがおすすめです。

WiMAXの申し込みから利用開始までの3つの手順

WiMAXの申し込みから利用開始までの手順

WiMAXを申し込んでから開通するまでの流れは、以下の3ステップです。

  1. ①申し込み手続きをする
  2. ②2~3日後に機器を受け取る
  3. ③スマホやPCのWi-Fi接続設定をする

WiMAXは、光回線のように開通工事がないので、申し込みの流れがシンプルです。

難しい点はありませんが、以下で開通までの流れを詳しく解説します。

①申し込み手続きをする

はじめに利用したいプロバイダのサイトから、申し込みをしましょう。このときに、実質料金が安いサービスを申し込むのがポイントです。

プロバイダによっては、お得な割引を受けられないことがあるので、以下の一覧から好きなものを選ぶといいでしょう。

利用したいサービスの申し込みページを開いたら、氏名・住所・連絡先などの情報を入力してください。

必須事項を全て入力して送信すれば、申し込みは完了です。

②2~3日後に機器を受け取る

2~3日後に機器を受け取る

サービスに申し込んでから。2~3日後にデータ端末が自宅に郵送されてきます。

配達時に不在ならポストに不在票が入っているので、必ず連絡をして在宅時間に配達して貰いましょう。

ちなみに、マンションに宅配ボックスがあれば、ボックスに空きがあれば不在でも配達して貰えます。

③スマホやPCのWi-Fi接続設定をする

スマホやPCのWi-Fi接続設定をする

データ端末を受け取ったら、はじめにSIMカードを機器に挿入してください。

SIMカードを挿すと通信が可能になるので、スマホやノートパソコンとWiFi接続する設定をしましょう。Wi-Fi接続するためのSSIDという情報を登録すると接続できます。

SSIDは、端末の設定画面で確認できます。詳しくは、同封されている説明書を確認してください。

おすすめのWiMAXに関するまとめ

おすすめのWiMAXに関するまとめ

WiMAXは、実質料金の安さで選ぶのが1番です。なぜなら、WiMAXはどのプロバイダを選んでも回線速度や対応エリア、データ容量が同じだからです。

もし、キャッシュバックを実施しているプロバイダを選ぶ場合は、受取申請を忘れないようにしましょう!

おすすめのWiMAXランキング
GMOとくとくBBのロゴ 支出を抑えたい人におすすめ
実質料金が3,991円
端末代金が無料
3年間の実質料金が最も安い
一番お得なキャンペーン窓口
Broad WiMAXのロゴ 他社から乗り換える人におすすめ
実質料金が4,246円
他社の違約金を負担して貰える
一番お得なキャンペーン窓口
VisonWiMAX サポートを重視する人におすすめ
実質料金が4,460円
端末代金が無料
365日サポートを受けられる一番お得なキャンペーン窓口
カシモWiMAXのロゴ 常に同じ料金で利用できる
実質料金が4,462円
端末代金が無料
初月以降は料金がずっと変わらない
一番お得なキャンペーン窓口
BIGLOBE WiMAXで契約期間が最短の1年
実質料金が4,708円
2年目以降違約金ゼロ
口座振替対応のプロバイダで最安
一番お得なキャンペーン窓口

ポケットWiFi・WiMAXの記事

  • 光回線の評判口コミ