タイで使えるおすすめのポケット型WiFiレンタル7選!バンコク対応のフリーWiFiも紹介

最終更新日:2023年02月02日
タイで使えるおすすめのレンタルWiFiのアイキャッチ
解決できる疑問
  • タイでおすすめのWiFiレンタルサービス
  • 空港やバンコクで使えるWiFi情報
  • パスポートを提示してフリーWiFiを使う方法

「タイ旅行で使うポケット型WiFiをレンタルしたいけど、種類が多くてどれを選べば良いかわからない」と迷っていませんか?

海外WiFiは、サービス次第で料金やオプションなどのさまざまな点が異なります。そこで、この記事ではタイでおすすめのWiFiレンタルサービス7つを厳選して詳しく解説します。

また、無料WiFiや海外ローミングなど、レンタルWiFi以外にネットを利用する手段も掲載しています。タイで快適にインターネットを使いたい人は、ぜひ参考にしてください!

山田(ヒカリク編集部)

元浪費家。10年使っていたドコモから楽天モバイルに乗り換えたのをきっかけに、楽天系サービスでポイントを貯める節約家となった。

おすすめ関連記事
海外WiFiおすすめのアイキャッチ
海外向けWiFiおすすめ10選!旅行で人気のサービスを大公開
記事を読む
イモトのWiFi グローバルWiFi 比較のアイキャッチ
イモトのWiFiとグローバルWiFiを徹底比較!
記事を読む
WiFiBOXの評判口コミ記事のアイキャッチ
WiFiBOXの評判口コミなど全情報まとめ
記事を読む

目次

タイでWiFiなどのインターネットを使う方法

タイでWiFiなどのインターネットを使う方法は4つと紹介する女の子のイラスト

  • ・スマホの海外ローミング
  • ・タイの無料WiFi
  • ・タイで使えるプリペイド式のSIMカード
  • ・タイ向けのWiFiレンタル

スマホの海外ローミング

海外ローミングの特徴

  • ・利用料金が高い傾向にある
  • ・スマホ1台でネットが使える
  • ・申し込みが必要なプランがある

海外ローミングとは、日本のスマホキャリアが提供する海外の料金プランです。スマホだけでネットを使えるので、身軽に移動できます。

しかし、ほかの方法よりネット料金が割高な可能性が高いです。海外用レンタルWiFiの2~3倍かかる場合があります。プランを間違えると高額になるので、おすすめしません。

山田さん 山田
日本で格安SIMを使っている場合は海外ローミングが使えるか事前に確認しましょう。非対応の場合があります。ドコモ・au・ソフトバンクなら問題なく使えます。

ドコモ・au・ソフトバンクの海外ローミングのプランは2種類ある

利用料金 従量プラン
のサービス名
ドコモ 1,980~
2,980円/日
海外パケ・ホーダイ
au 1,980~
2,980円/日
海外ダブル定額
ソフトバンク 1,980~
2,980円/日
海外パケットし放題
利用料金 定額プラン
のサービス名
ドコモ 200円/1時間
980円/24時間
2,480円/3日
3,980円/5日
5,280円/7日
パケットパック
海外オプション
au 490~690円/日 世界データ定額
ソフトバンク 1GB:980円/日 海外あんしん定額

海外ローミングの料金プランは従量制と定額制の2つあります。従量制のプランは申し込み不要で使えますが、利用料金が割高です。

一方で定額プランは事前申し込みが必須な代わりに、従量プランより安く利用できます。しかし、手続きや設定が面倒な場合があります。

どちらか迷っているなら、お得な定額プランのほうがおすすめです。申し込みたい場合は、以下の公式ページから手続きしましょう。

外部リンク(公式サイト)

▶ドコモのパケットパック海外オプション
▶auの世界データ定額の開設
▶ソフトバンクのあんしん定額

タイの無料WiFi(フリーワイファイ)

タイの無料WiFiの特徴

  • ・インターネットの利用料金が無料
  • ・移動するとWiFiが使えない
  • ・通信が不安定だったり使えない場合がある
  • ・個人情報を覗き見られるリスクがある

タイの無料WiFiのメリットは、ネット接続の利用料が掛からない一点に尽きます。

しかし、フリーWiFiを受信できるエリアから離れると電波が届かず、切断されます。また、使える場所にいても通信が不安定になる場合があります。

さらに、利用するWiFiによってはセキュリティ面に不安があります。回線を見ず知らずの人と共用するので、情報を誰かに盗み見られる可能性があります。

山田さん 山田
タイのフリーWiFiは、旅行費用をとにかく抑えたい人にはおすすめです。しかし、個人情報が心配な人は使わないほうが良いです。

フリーWiFiを利用するにはパスポート番号が必要な可能性が高い

タイのフリーWiFiを利用するにはパスポート番号が必須な場合がほとんどです。

政府・民間どちらのフリーWiFiを利用するにも、パスポートの提示かログインページでの番号登録を求められます。

ただし、WiFiのID(SSID)とパスワードがポスターなどで公開されている一部の場所に限って、不要な可能性があります。

タイで使えるプリペイド式のSIMカード

プリペイドSIMの特徴

  • ・インターネットの利用料金が安い
  • ・空港や通販で購入が必要
  • ・SIMカードの挿し替えや設定が必要
  • ・サポートが日本語非対応の場合がある

プリペイド式のSIMカードを買ってスマホに挿すと、タイでインターネットに繋げます。日本で使っているカードと交換したあとは、大切に保管しましょう。

プリペイドSIMは、海外ローミングよりも利用料金が安いです。ただし、挿し替えると国際電話とネットが同時に使えません

また、利用するのに設定変更が必要な場合があります。説明が日本語ではない可能性も高いので、気軽に使いたい人には向いていません。

eSIMが使えれば挿し替えなしで使える

タイ用のプリペイドSIMがeSIMに対応していれば、挿し替えなしでネットが利用できます

eSIMとは、物理的なSIMなしで通信する仕組みです。スマホ内部の部品に通信設定を書き込んで実現しています。しかしスマホがeSIMに対応していないと使えないです。

また、eSIMの設定はSIMカードを挿し替えるよりも複雑です。既に日本で使うために設定している場合は、削除作業も必要になります。

山田さん 山田
iPhone11シリーズ以降ならeSIMに対応しています。Androidの場合は、メーカーサイトで確認しましょう。

2021年9月以前に発売された機種は利用前にSIMロック解除が必要

発売日が2021年9月以前のスマホは、SIMロック解除が必要です。ロックされたままだと海外用のSIMが使えません。

SIMロックとは、ドコモ・au・ソフトバンクのうち1社以外の通信を利用できなくする設定です。複数の回線が使えないように、事業者によって意図的に制限されていました。

しかし、現在はロックなしの状態で販売されています。「電気通信事業法の改正」で義務づけられたからです。2021年10月以降に発売したスマホは解除不要です。

山田さん 山田

AppleのスマホでいうとiPhone14シリーズからSIMロックなしです。しかし、以前のモデルの場合はロック解除が必要な場合があります。

「設定がよくわからない」「とにかく手軽に使いたい」場合は、プリペイドSIMはおすすめしません。

タイ向けのWiFiレンタル

タイ向けWiFiレンタルの特徴

  • ・インターネットの利用料金が安い
  • ・IDとパスワードの入力だけで接続できる
  • ・WiFiルーターの持ち歩きが必要

タイで使えるWiFiレンタルは、ほかの方法よりリーズナブルな価格で利用できます。お得なサービスなら1日1,000円ほどで無制限にネットが使えます。

日本で借りてタイに到着したあと、IDとパスワードを入力するだけでネットに接続できます。

しかし、モバイルWiFi端末の持ち歩きが必要です。ほかに際立ったデメリットはありません。

タイはWiFiレンタルの利用がおすすめ

タイでネットを使うならWiFiレンタルがおすすめ!のイラスト

WiFiレンタルがおすすめな人

  • ・タイ国内の移動中にネットを利用したい
  • ・プリペイドSIMや海外ローミング設定が面倒
  • ・フリーWiFiのセキュリティの弱さが心配

タイ旅行や出張でネットを使うならWiFiレンタルがおすすめです。フリーWiFiとは違い、移動中に使えるからです。また、パスワード入力だけで簡単に接続できます。

ほかに、セキュリティが確保される点も良いです。同じWiFiを自分たちだけで使うので、他人に私的な情報を見られません。

のちほど、おすすめのレンタルWiFiを詳しく紹介しているので、参考にしてください。もし、先に知りたい場合は以下をタップして該当箇所にジャンプしましょう!

記事リンク

▼タイのWiFiレンタルおすすめ7選を紹介!

タイで使えるWiFiレンタルサービスの選び方

  • ①レンタルWiFiの利用料金が安い
  • ②用途にあったデータ容量が選べる
  • ③受け取り・返却方法を選べる
  • ④手厚いサポート体制になっている

①レンタルWiFiの利用料金が安い

ポケット型WiFiのレンタル料金が安いサービスを選ぶべきと教えている人のイラスト

タイでポケット型WiFiのレンタルを検討しているなら1日あたりの料金が安いサービスにしましょう

ポケット型WiFiレンタルの差額は、高くて1日1,000円程度あります。利用期間が延びるほど大きな負担になるので、費用を抑えられるサービスにするのがおすすめです!

②用途にあったデータ容量が選べる

用途にあった通信速度や容量が選んで海外でWiFiを使っている人々のイラスト

海外WiFiの用途
無制限 ・家族やグループなど大人数でシェアする
・旅先で動画をたくさん見る
・InstagramなどSNSをたくさん見る
・ビデオ通話をする
1~1.1GB ・2~3人でシェアする
・アプリで電話をする
300~600MB ・1人だけで使う(シェアしない)
・メールや検索など必要最低限しか使わない

用途にあったデータ容量のプランを選べるのも重要なポイントです。

使い方にあった容量にしないと、通信制限されるのが早かったり、速度が遅すぎて不快なままネットを使うはめになります。用途とレンタル料金のバランスを考えて選びましょう。

データ量を気にせずにWiFiを使うなら無制限、2~3人の旅でお店を検索する程度なら1GBが良いです。1人で連絡と検索しか使わないなら300~600MBのプランが適しています。

③受け取り・返却方法を選べる

空港でWiFi端末を受け取る人のイラスト

タイ向けのレンタルWiFiは受け取りやすい方法を選べるかが大事です。

空港受け取りを希望しているなら、利用場所で対応しているか確認しましょう。主要3空港の羽田・成田・関西国際以外だと、受付カウンターが設置されていない可能性があります。

山田さん 山田

ちなみに、宅配受け取りを指定すると申し込み期限が短くなります。配送に時間が掛かるので、空港受け取りより2~3日前に申し込みが必要です。

④手厚いサポート体制になっている

海外から電話をかけてサポートを受けている人のイラスト

海外向けのレンタルWiFiは細やかなサポートが受けられるかどうかも重要です。ネットに繋がらなかったり、機器をなくしたときでも迅速に対応してくれる会社を選びましょう。

サポートを重視するときに見るべき点は、連絡手段の多さと窓口の営業時間の長さです。方法を問わず、いつでも対応してくれるか確認して選びましょう。

山田さん 山田
続けて、タイで使えるおすすめのレンタルWiFiサービスを紹介します!

タイで使えるおすすめのレンタルWiFi7選

タイ向けレンタルWiFiのおすすめ7選を紹介する女の子のイラスト

WiFi
サービス
特徴 1日あたりの
利用料金
受け取り
方法・場所
返却
方法・場所
24時間
サポート
補償の
サービス
1位のアイコンWiFiBOXのロゴ▼WiFiBOX 利用料金が業界最安クラス
24時間いつでも受け取り・返却可能
モバイルバッテリー機能を搭載している
当日のキャンセル料がかからない
WiFiBOX公式はこちら
無制限:990円
1GB:690円
500MB:390円
空港:5ヶ所
駅:1ヶ所
空港:5ヶ所
駅:1ヶ所
チャットボット 全額補償のみ
2位のアイコンタイデータのロゴ▼タイデータ 2021年度の顧客満足度が99.8%
無制限プランのレンタル料金がお得
キャンペーンで往復送料が無料になる
タイでの利用に特化した専用サービス
タイデータはこちら
無制限:890円
1GB:640円
500MB:550円
300MB:500円
空港:4ヶ所
宅配
宅配 非対応 3つから選択可
3位のアイコンWiFiトラベルのロゴ▼WiFiトラベル シンプルな料金プランでお得
無制限プランの利用料金が安い
日本国内で1日1GBまで無料で使える
変換プラグのレンタルが無料
WiFiトラベル公式はこちら
無制限:850円
500MB:650円
空港:4ヶ所
宅配
宅配 非対応 一部補償のみ
4位のアイコンJAL ABCのロゴ▼JAL ABC 運営元の会社がJALグループなので安心
当日に予約してすぐに利用できる
JAL ABC公式はこちら
無制限:1,250円 空港:3ヶ所 空港:3ヶ所 非対応 一部補償のみ
5位のアイコンjetfiのロゴ▼jetfi コンビニや郵便局の受け取りに対応している
1日198円で日本への電話かけ放題が使える
4つから容量プランを選べるjetfiの公式サイトはこちら
無制限:1,580円
1GB:1,280円
500MB:980円
350MB:680円
空港:9ヶ所
宅配/コンビニ/郵便局
空港:9ヶ所
宅配
電話/メール 2つから選択可
6位のアイコングローバルWiFi▼グローバルWiFi 海外WiFi業界の大手で信頼性がある
LINEやSkypeで24時間問い合わせられる
グローバルWiFiはこちら
無制限:2,070円
1.1GB:1,370円
600MB:1,170円
300MB:970円
空港:17ヶ所
駅:2ヶ所
宅配
空港:17ヶ所
駅:2ヶ所
宅配
電話/メール/
LINE/Skype
5つから選択可
7位のアイコンイモトのWiFiのロゴ▼イモトのWiFi 抜群に知名度がある海外WiFiサービス
本社受け取りを指定すると受渡手数料が無料になる
イモトのWiFi公式はこちら
無制限:2,060円
1GB:1,360円
500MB:1,160円
空港:6ヶ所
宅配/本社
空港:6ヶ所
宅配/本社
電話/メール 3つから選択可
WiFi
サービス
特徴 利用料金 受け取り
方法・場所
返却
方法・場所
24時間
サポート
補償の
サービス
1位のアイコンWiFiBOXのロゴ▼WiFiBOX 利用料金が業界最安クラス
24時間いつでも受取・返却可能
モバイルバッテリー機能搭載
当日キャンセル料がかからない
WiFiBOX公式
無制限:990円
1GB:690円
500MB:390円
空港:5ヶ所
駅:1ヶ所
空港:5ヶ所
駅:1ヶ所
チャットボット 全額補償のみ
2位のアイコンタイデータのロゴ▼タイデータ 21年度の顧客満足度99.8%
無制限プランがお得
キャンペーンで往復送料が無料
タイに特化した専用サービス
タイデータ公式
無制限:890円
1GB:640円
500MB:550円
300MB:500円
空港:4ヶ所
宅配
宅配 非対応 3つから選択可
3位のアイコンWiFiトラベルのロゴ▼WiFiトラベル シンプルな料金プランで安い
無制限プランの料金が安い
国内で1日1GB無料で使える
変換プラグのレンタルが無料
WiFiトラベル公式
無制限:850円
500MB:650円
空港:4ヶ所
宅配
宅配 非対応 一部補償のみ
4位のアイコンJAL ABCのロゴ▼JAL ABC 運営元が信頼のJALグループ
当日予約して利用できる
JAL ABC公式
無制限:1,250円 空港:3ヶ所 空港:3ヶ所 非対応 一部補償のみ
5位のアイコンjetfiのロゴ▼jetfi コンビニや郵便局で受け取れる
1日198円で電話かけ放題
4つから容量プランを選べるjetfi公式
無制限:1,580円
1GB:1,280円
500MB:980円
350MB:680円
空港:9ヶ所
宅配/郵便局/
コンビニ
空港:9ヶ所
宅配
電話/メール 2つから選択可
6位のアイコングローバルWiFi▼グローバルWiFi 業界大手で信頼性がある
LINEで24時間問い合わせ可能
グローバルWiFi公式
無制限:2,070円
1.1GB:1,370円
600MB:1,170円
300MB:970円
空港:17ヶ所
駅:2ヶ所
宅配
空港:17ヶ所
駅:2ヶ所
宅配
電話/メール/
LINE/Skype
5つから選択可
7位のアイコンイモトのWiFiのロゴ▼イモトのWiFi 抜群に知名度がある海外WiFi
本社受け取りで手数料無料
イモトのWiFi公式
無制限:2,060円
1GB:1,360円
500MB:1,160円
空港:6ヶ所
宅配/本社
空港:6ヶ所
宅配/本社
電話/メール 3つから選択可

1位:WiFiBOX|業界最安クラスの料金で簡単に使える

WiFiBOXのロゴ

運営会社 株式会社テレコムスクエア
データ容量 無制限/1GB/500MB
利用料金 無制限:990円/日
1GB:690円/日
500MB:390円/日
受取手数料 無料
利用できる受取
場所・方法
成田空港/羽田空港/関西国際空港/中部国際空港/福岡空港/東京駅
利用できる返却
場所・方法
成田空港/羽田空港/関西国際空港/中部国際空港/福岡空港/東京駅
24時間
サポート
チャットボットのみ
※有人対応は平日9~18時
当日予約 可能(当日手数料なし)
補償サービス 一部補償:220円/日
補償以外の
オプション
5G通信 非対応
申し込み窓口 ▶WiFiBOX公式サイト
関連記事 ▶WiFiBOXの評判口コミ

WiFiBOXは、2022年4月に提供開始された新しいレンタルWiFiです。Wi-Ho!(ワイホー)の後継サービスとしてリリースされ、低価格と機能的な面でたちまち人気サービスになりました。

申し込みから受け取り・返却まで非接触で完結するのが大きな特徴です。Web予約後は、空港や駅に設置されている専用BOXから取り出すだけです。返却は差し込むだけで済みます。

低価格に抑えながら、ウイルスの感染予防と手軽さを兼ねた提供方法を採用しています。利用者にメリットが多い、先進的なサービスです!

WiFiルーターとモバイルバッテリー機能が一体化している

WiFiBOXはモバイルバッテリー機能が内蔵されている

モバイル
バッテリー機能
搭載
バッテリー容量 5,000mAh
付属ケーブル USB Type-A
(本体充電用)
USB Type-C
Micro USB
Lightning

WiFiBOXはモバイルルーターのほかにモバイルバッテリー機能を合わせ持っています。1つの端末で2種類の使い方ができる画期的なサービスです。

しかも、スマホの充電に必要なケーブルは本体に付属しています。ポーチで持ち歩く他社のサービスと比べて、少ない荷物で旅行できます。

また、スマホを充電しながらインターネットに接続可能です。WiFiBOXとスマホがあれば、タイでWiFiに困ることなく快適に過ごせます!

山田さん 山田
他社でWiFiルーターとモバイルバッテリーを他社で別々に借りるより、WiFiBOXのほうがコンパクトにまとまります!

WiFiBOXは各種手数料が無料で使える

WiFiBOXをおすすめしている人のイラスト

支払いが不要な手数料一覧

  • ・クレジットカード手数料
  • ・商品手配手数料(受け取り手数料)
  • ・当日申し込み手数料

WiFiBOXは受け取りなどにかかる各種手数料が無料です。他社のレンタルWiFiは、借りるときに送料や事務処理の手数料として500円程度かかる場合が多いです。

返却キットを同封する場合は1,000円以上かかります。しかし、WiFiBOXはすべて無料です!空港や駅にあるBOXから抜き取って、返却時は差し込むだけだからです。

また、ほかにもクレジットカード手数料や当日申し込みの手数料が掛からず、合計費用が圧倒的にお得です。まだ、タイで使うレンタルWiFiを迷っているならWiFiBOXにしましょう!

\無制限プランが業界最安クラス!/
WiFiBOXの公式サイトはこちら

2位:タイデータ|利用者の満足度が高い

タイデータのロゴ

運営会社 株式会社インバウンドプラットフォーム
データ容量 無制限/1GB/500MB/300MB
利用料金 無制限:890円/日
1GB:640円/日
500MB:550円/日
300MB:500円/日
受取手数料 550円
※キャンペーンで無料
利用できる受取
場所・方法
宅配、成田空港/羽田空港/関西国際空港/中部国際空港
利用できる返却
場所・方法
宅配
24時間
サポート
非対応
(受付時間:11~17時)
※土日祝日は16時まで
当日予約 不可
補償サービス 一部補償:200~300円/日
全額補償+旅行保険:500円/日
補償以外の
オプション
翻訳機/モバイルバッテリー
5G通信 非対応
申し込み窓口 ▶タイデータ公式サイト

タイデータは、株式会社インバウンドプラットフォームが提供するタイ国内専用のレンタルWiFiです。

2021年度の顧客満足度が99.8%あり、ユーザーの期待に沿っています。しかも、累計で80万人以上が利用しており、よく海外旅行する人には名の知れたサービスです。

電波が繋がりやすいレンタルWiFi

タイデータの電波は、とても繋がりやすいです。タイ最大手の通信会社TRUE社の回線を利用しているからです。

TRUE社は以前業界2位でしたが、2022年の合併によってタイのモバイル回線シェア50%以上を占める最大手キャリアになりました。業界3位だったDTAC社と手を組んでいます。

日本でいうと、auとソフトバンクが合併してドコモを抜いたようなイメージです。繋がりやすさが最優先なら、対応エリアが圧倒的に広いタイデータにしましょう!

キャンペーンで往復送料が無料になる

タイデータの往復送料無料キャンペーン

タイデータは、いまだけキャンペーンで往復送料が無料です。運営会社が運送費を負担してくれるので、費用が少なく済みます。

通常、往復送料は1,100円かかります。しかも、タイデータは受け取りと返却で手数料が掛かるサービスなのでお得なキャンペーンです。

もし、キャンペーン期間中にタイ旅行や出張の予定があるなら、タイデータを選びましょう!特典を適用できれば、お得に利用できます!

期間限定!往復の送料が無料
\安くて人気のタイ専用レンタルWiFi!/
タイデータ公式はこちら

3位:WiFiトラベル|シンプルなメニューで料金が安い

WiFiトラベルのロゴ

運営会社 エクスモバイル株式会社
データ容量 無制限/500MB
利用料金 無制限:850円/日
500MB:650円/日
受取手数料 宅配:650円
空港:1,100円
利用できる受取
場所・方法
宅配、成田空港/羽田空港/関西国際空港/中部国際空港
利用できる返却
場所・方法
宅配のみ
24時間
サポート
非対応
9:30~12:00/13:00~18:00
当日予約 不可
補償サービス 一部補償:レンタル料金の15%
補償以外の
オプション
変換プラグ/モバイルバッテリー/翻訳機/スマホ/タブレット
5G通信 非対応
申し込み窓口 ▶WiFiトラベル公式

WiFiトラベルは、エクスモバイル株式会社が提供するリーズナブルなレンタルWiFiです。安価な代わりに、サービス内容はシンプルです。

選べるデータ容量は、無制限と500MBの2つのみです。また、受け取りに対応している空港が4つしかありません。

WiFiルーターの受け取りやすさや補償などのサポートをあまり重視しないなら、おすすめできます。

海外プランでも日本国内で1日1GBまで利用できる

WiFiトラベルは日本で1日1GBまで利用できる

WiFiトラベルは、どの海外プランを選んでも日本で1日1GBまで利用可能です。WiFiを受け取った当日に通信確認できます。

日本国内でWiFi設定、通信確認してから出発できます。ほかのレンタルサービスは、現地に行かないと通信確認できません。

山田さん 山田
日本で1GB以上使っても追加料金は掛かりません。通信制限で速度が遅くなるだけで済みます。

WiFiトラベルは無制限プランの料金が安い

WiFiトラベルは無制限プランの料金が安いです。1日850円で済みます。価格は大手の海外WiFiのおよそ半分以下です。

タイ向けの無制限プランのレンタル料金相場は2,000円程度です。また、ドコモ・au・ソフトバンクの海外ローミングも同等なので、WiFiトラベルは格段にお得です。

旅行費用をとにかく抑えたいなら、WiFiトラベルを選びましょう!サポートはあまり期待できませんが、コスパの良いレンタルWiFiです。

\シンプルなサービスで無制限プランが安い!/
WiFiトラベル公式はこちら

4位:JAL ABC

JAL ABCのロゴ

運営会社 株式会社JALエービーシー
データ容量 無制限
利用料金 1,250円/日
受取手数料 空港:無料
宅配:763円
利用できる受取
場所・方法
羽田空港/成田空港/関西国際空港
利用できる返却
場所・方法
羽田空港/成田空港/関西国際空港
24時間
サポート
非対応
(受付時間:9~17時)
当日予約 可能
補償サービス 一部補償:210円/日
補償以外の
オプション
翻訳機/携帯電話/衛星電話/モバイルバッテリー
5G通信 非対応
申し込み窓口 ▶JAL ABC公式

JAL ABCのWiFiレンタルは、日本航空グループの「JALエービーシー」が提供しています。

タイ向けに提供しているプランは、無制限のみです。利用料は1日あたり1,250円とWiFiBOXやタイデータに比べて260~360円ほど高くつきます。

しかし在庫があるときは当日レンタルできます。緊急で海外WiFiが必要になった場合でも手配できる便利なサービスです!

5位:jetfi

jetfiのロゴ

運営会社 株式会社 MAYA SYSTEM
データ容量 無制限/1GB/500MB/350MB
利用料金 無制限:1,580円/日
1GB:1,280円/日
500MB:980円/日
350MB:680円/日
受取手数料 空港:無料
宅配/コンビニ/郵便局:660円
受取場所 宅配、コンビニ、郵便局、成田空港/羽田空港/関西国際空港/中部国際空港/新千歳空港/秋田空港/松山空港/鹿児島空港/那覇空港
利用できる返却
場所・方法
宅配、成田空港/羽田空港/関西国際空港/中部国際空港/新千歳空港/秋田空港/松山空港/鹿児島空港/那覇空港
24時間
サポート
電話/メール
当日予約 非対応
補償サービス 全額補償:330円/日
全額補償+旅行保険:770円/日
補償以外の
オプション
端末保証/かけ放題機能/事前受取/コンセント変換プラグ
5G通信 非対応
申し込み窓口 ▶jetfiの公式サイト
関連記事 ▶jetfiの評判口コミ

jetfiは受け取りやすさがウリのレンタルWiFiです。日本全国、約51,000ヶ所から受け取り場所を指定できます。

コンビニはファミリーマート・ローソン・ミニストップに対応しています。そして、全国の郵便局の店舗も対象です。くわえて、自宅への宅配が選べます。

また、1日あたり198円でかけ放題が使えます。WiFiルーターの機能で、日本へ簡単に電話できます。受け取り場所やかけ放題にこだわるなら、レンタルWiFiはjetfi一択です!

6位:グローバルWiFi

グローバルWiFiのロゴ

運営会社 株式会社ビジョン
データ容量 無制限/1.1GB/600MB/300MB
利用料金 無制限:2,070円/日
1.1GB:1,370円/日
600MB:1,170円/日
300MB:970円/日
※4Gの場合
受取手数料 550円
利用できる受取
場所・方法
宅配、コンビニ、成田空港/羽田空港/渋谷ちかみち/関西国際空港/中部国際空港/伊丹空港/新千歳空港/旭川空港/仙台空港/新潟空港/小松空港/福岡空港/北九州空港/大分空港/宮崎空港/鹿児島空港/那覇空港/みやこ下地島空港/JR宮崎駅
利用できる返却
場所・方法
宅配、成田空港/羽田空港/渋谷ちかみち/関西国際空港/中部国際空港/伊丹空港/新千歳空港/旭川空港/仙台空港/新潟空港/小松空港/福岡空港/北九州空港/大分空港/宮崎空港/鹿児島空港/那覇空港/みやこ下地島空港/JR宮崎駅
24時間
サポート
電話/メール/LINE/Skype
当日予約 可能
補償サービス 一部補償:220円/日
全額補償:330~550円/日
全額補償+旅行保険:550~770円/日
補償以外の
オプション
翻訳機/フォトプリンター/モバイルバッテリー/GoPro/360°カメラ/変換プラグ/USBアダプター/イヤホン/折り畳み傘/USBカーチャージャー/iPadmini/乗り継ぎオプション
5G通信 対応
申し込み窓口 ▶グローバルWiFi公式
関連記事 ▶グローバルWiFiの評判口コミ

グローバルWiFiは、業界大手の海外WiFiサービスです。受け取れる場所・オプション・補償サービスの選択肢がすべて他社より多いです。とくにサポートのレベルがずば抜けています

他社は24時間の問い合わせに対応していないこともありますが、グローバルWiFiは対応しています。また、連絡方法で電話・メール以外にLINEやSkypeでも質問が可能です。

レンタル料金が多少割高でも、クオリティの高いサービスを受けたいならグローバルWiFiにしましょう!

7位:イモトのWiFi

イモトのWiFiのロゴ

運営会社 エクスコムグローバル株式会社
データ容量 無制限/1GB/500MB
利用料金 無制限:2,060円/日
1GB:1,360円/日
500MB:1,160円/日
受取手数料 550円
※本社受け取りなら無料
利用できる受取
場所・方法
本社、成田空港/羽田空港/関西国際空港/中部国際空港/福岡空港/新千歳空港
利用できる返却
場所・方法
本社、成田空港/羽田空港/関西国際空港/中部国際空港/福岡空港/新千歳空港
24時間
サポート
電話/メール
当日予約 可能
補償サービス 一部補償:220円/日
全額補償:330円/日
全額補償+旅行保険:550円/日
補償以外の
オプション
補償オプション/モバイルバッテリー/翻訳機/電源タップ/コンセント変換プラグ
5G通信 非対応
申し込み窓口 ▶イモトのWiFi公式
関連記事 ▶イモトのWiFiの評判口コミ

イモトのWiFiは、テレビCMや広告で知名度が高い海外向けのレンタルWiFiです。

しかし、知名度以外に他社のレンタルWiFiより優れている点は、ほぼありません。料金が他社より高く、オプションや補償サービスの選択肢も平凡です。

世間に知られている有名なレンタルWiFiを選びたいときだけ、イモトのWiFiにしましょう。

タイ向けレンタルWiFiを使う際の4つ注意点

海外で利用するレンタルWiFiで確認すべき注意点を挙げている人のイラスト

  • ・返却期限を過ぎると延滞料金が掛かる
  • ・端末や書類を紛失すると緊急連絡できない
  • ・キャンセル期限はサービスで異なる
  • ・ルーターの故障や紛失で損害金が掛かる

返却期限を過ぎると延滞料金が掛かる

タイ向けのWiFiルーターは返却期限を超えると、延滞料金が発生します。例えば、イモトのWiFiなら1日ごとに2,200円かかります。

返却期限はサービスや返却方法によって異なるので、あらかじめ調べておきましょう。

サービス別の延滞料金一覧

1日あたりの延滞料金
WiFiBOX 1日分の利用料
タイデータ 1日分の利用料
WiFiトラベル 1日分の基本利用料の1.5倍
JAL ABC 1日分の利用料
jetfi 2,200円
グローバルWiFi 以下のいずれか
・1日分の利用料
・1,970円
イモトのWiFi 2,200円

端末や書類を紛失すると緊急連絡できない

端末や説明書などの一式を紛失すると緊急連絡できません。WiFiルーターをレンタルしたら、まず問い合わせ先を控えておきましょう。

おすすめの方法は、スマホで写真を撮ったうえで手書きメモすることです。一部の荷物を紛失しても、どちらかは残るようにしましょう。

キャンセル期限はサービスで異なる

タイ向けのレンタルWiFiはサービスごとにキャンセル期限が異なります

例えば、WiFiBOXなら受け取り当日までキャンセル無料です。一方で、グローバルWiFiだと出発日の3日前がキャンセルのリミットとして設定されています。

しかも、グローバルWiFiのキャンセル料金は利用料の100%です。長期旅行や出張の予定が変更になると、数万円単位の損失になる可能性があります。

サービス別のキャンセル料と期限の一覧

キャンセル
料金
キャンセル
期限
WiFiBOX 利用料の100% 出発日の
当日まで
タイデータ 1,650円 出発日の
3日前まで
WiFiトラベル 利用料の100% 受取日の
3日前まで
JAL ABC 1,000円 出発日の
4日前まで
jetfi 2,100円 受取日の
4日前まで
グローバルWiFi 利用料の100% 出発日の
4日前まで
イモトのWiFi 2,100円 出発日2日前
17時まで

タイ向けポケット型WiFiのレンタル方法や利用手順

海外向けポケット型WiFiのレンタル方法や利用手順を説明している女性のイラスト

  1. 1.Webサイトから予約する
  2. 2.WiFiルーターを受け取る
  3. 3.タイでWiFiを利用する
  4. 4.WiFiルーターを返却する

1.Webサイトから予約する

タイ向けレンタルWiFiおすすめランキング
WiFiBOXのロゴ 利用料金が業界最安クラス
24時間いつでも受取・返却可能
モバイルバッテリー機能搭載
当日キャンセル料がかからないWiFiBOX公式はこちら
タイデータのロゴ 2021年度の顧客満足度99.8%
無制限プランがお得
キャンペーンで往復送料が無料
タイに特化した専用サービスタイデータ公式はこちら
WiFiトラベルのロゴ シンプルな料金プランで安い
無制限プランの料金が安い
国内で1日1GB無料で使える
変換プラグのレンタルが無料WiFiトラベル公式はこちら

まず、レンタルWiFiのトップページを開いて、申し込みボタンを押します。

次に以下の項目を入力・選択して、手続きを済ませましょう。選んだサービスで多少異なりますが、項目はほとんど同じです。

申し込み時に入力・選択する項目

  • ・出発日と帰国日
  • ・受取と返却する場所
  • ・渡航先の国や地域
  • ・利用する容量
  • ・レンタルする台数
  • ・オプション
  • ・メールアドレス
  • ・名前や住所などの個人情報
  • ・カード情報などの支払方法

2.WiFiルーターを受け取る

WiFiルーターの受け取り方法・場所

  • ・受付カウンター
  • ・貸し出しBOX(ロッカー)
  • ・宅配
  • ・コンビニ
  • ・郵便局

Webで予約したあと、出発前に指定した方法でWiFiルーターを受け取ります。

空港内の受付カウンターや貸し出しBOXなら当日受け取りになります。ほかの方法を指定しているときは、前日より早くWiFiルーターをもらいます。

空港内の移動に慣れていない人は、事前に受け取れる宅配やコンビニ・郵便局を選びましょう。旅行や出張で場所を把握しているならカウンターや貸し出しBOXのほうが手軽です。

3.タイでWiFiを利用する

海外でWiFi接続してスマホを触っているイメージ

タイに到着したら、スマホのWiFi設定をしてインターネットに接続しましょう。

空港でフリーWiFiを使えますが、1度WiFiルーターの接続を確認しておくのがおすすめです。いざというときに接続できないと、対処に困ります。

4.WiFiルーターを返却する

タイから日本に戻ったらWiFiルーターを返しましょう。返却方法は、申し込んだときに指定しています。

おすすめの返却方法は、回収BOXか返送パックの利用です。飛行機の到着時刻によっては、空港の受付カウンターで返せない可能性があるからです。

ちなみに営業時間とは関係なく、返却が遅れると延滞料金を請求されます。方法を問わず、忘れずに返しましょう。

WiFiルーターの紛失や故障で損害金を請求される

WiFiルーターを破損させたり紛失すると、損害金が掛かります。

紛失の場合、20,000~40,000円になる可能性が高いです。水濡れや落下などの破損なら、一部損失の費用を請求されます。

一部損失でも10,000円程度になるパターンが多いので、追加費用の請求が不安なら補償オプションつけて申し込みましょう。

タイで利用できる主な無料WiFi

街で無料のWiFiを使っている人のイラスト

  • ・Free Public WiFi (ICT_FREE_WiFi)
  • ・空港で使える無料WiFi
  • ・ショッピングモールのフリーWiFi
  • ・カフェやレストランなどの無料WiFi
  • ・ホテルなど宿泊先で使えるWiFi

Free Public WiFi (ICT_FREE_WiFi)

駅でFree Public WiFiを使っている人のイラスト

Free Public WiFiはタイ政府が提供しているフリーWiFiです。タイ全土の駅やバス停、公共施設や観光地まで幅広く使えます。

ただし、民間で提供している無料WiFiより速度が遅いです。高画質の動画をじっくり見るには向いていません。Web検索で使う程度なら大丈夫です。

事前に利用登録したあと、スマホでWiFiをONにして「ICT_FREE_WiFi」を選べばすぐに使えます。

Free Public WiFiの利用登録にはパスポートが必要

タイのFree Public WiFiの利用登録には、パスポートが必要です。登録方法は、空港などのサービスセンター受付とWeb申し込みの2つあります。

サービスセンターの場合は、パスポートの提示でWiFiのパスワードを発行してもらえます。Webから手続きするときは、アカウント登録時にパスポートの番号を入力します。

おすすめは、Webからの手続きです。サービスセンターは待ち時間が長くなる可能性が高いです。フリーWiFiに接続したあと、すぐに設定を済ませましょう。

山田さん 山田
ちなみに、旅行者の利用登録はパスポートですが、タイ国民は国民IDカードの番号を入力して登録します。

空港で使える無料WiFi(バンコクのスワンナプーム空港など)

空港でフリーWiFiを使っている人のイラスト

タイの空港で使えるフリーWiFi

  • ・@AirportAISFreeWiFi
  • ・@AirportTrueFreeWiFi

タイでは、現地の大手通信会社が提供している空港の無料WiFiが使えます。各社でWiFiを管理しているので、接続先が複数あります。

以前は、タイの大手キャリア3社AIS・TRUE・DTACで3つの無料WiFiがありました。しかし、現在はフリーWiFiが2つになっていると予想されます。

理由は、2022年にTRUE社とDTAC社が合併して新TRUE社になったからです。2社から1社になったときに、DTACのフリーWiFiを1つ減らしている可能性があります。

タイの国際空港でフリーWiFiを使えるのは1回2時間まで

タイの主な国際空港で無料WiFiを利用できるのは、1度の接続で2時間までです。待機時間が長くない限りは十分使える時間です。

ちなみに、空港にいるのが2~4時間なら「@AirportAISFreeWiFi」と「@AirportTrueFreeWiFi」を1回ずつ使いましょう。最大で4時間分利用できます。

フリーWiFiが利用できるタイの空港一覧

  • ・ドンムアン空港
  • ・スワンナプーム国際空港
  • ・プーケット国際空港
  • ・チェンマイ国際空港
  • ・ハートヤイ(ハジャイ)国際空港
  • ・ウタパオ国際空港
  • ・ウドーンターニー国際空港

タイにあるほとんどの国際空港でフリーWiFiが提供されています。

トラブルがなければ、空港の滞在時間は限られるのでフリーWiFiで十分な可能性が高いです。

山田さん 山田
ちなみに、空港ラウンジは専用のフリーWiFiが使える場所が多いです。乗り継ぎなどの事情で長居する場合は活用しましょう。

ショッピングモールで利用できるフリーWiFi

タイのショッピングモールでWiFiを使っている人のイラスト

タイでは主要なショッピングモールでフリーWiFiが提供されています。利用方法は2パターンに分かれます。

1つは、WiFiに接続したあとメールアドレスやパスポート情報を登録するパターンがあります。もう1つは、インフォメーションカウンターでパスポートを提示する場合です。

どちらにせよパスポートは必要ですが、複雑な手続きは一切ありません。ショッピングモールは、フリーWiFiを気軽に利用できる場所です。

フリーWiFiが利用できる主要の大型ショッピングモール

  • ・ターミナル21
  • ・エンポリアム
  • ・エムクオーティエ
  • ・ゲイソンプラザ
  • ・サイアムディスカバリーセンター
  • ・セントラルワールド

上記の大型ショッピングモールはWiFiを無償で使えます。

一方で、フリーWiFiを提供していないショッピングモールもあります。建物の設備で利用できないときは、施設内にある個別の飲食店で無料WiFiを使いましょう。

とくに、フリーWiFi以外の通信手段を用意しない場合は、下調べしておくのがベターです。あらかじめ目的地に無料のWiFiスポットがあるか確認しておきましょう。

山田さん 山田
施設によっては、無償で使える時間が1時間で終わる場合もあります。お目当ての場所があるなら、フリーWiFiの対応と利用制限時間の両方を確認しておくのが良いです!

カフェ・外食チェーンなどの無料WiFi

カフェでフリーWiFiを利用している人のイラスト

タイのカフェやレストランでもフリーWiFiを利用できます。バンコク周辺は賑わっているので、対応しているお店が多いです。

しかし、チェーン店の系列ごとにフリーWiFiの利用登録が必須なので、別のお店に入ると再登録の手間が掛かります。

山田さん 山田
チェーン店以外のほうが簡単に利用できる場合があります。IDとパスワードを掲示していれば、利用登録なしで使える可能性があるからです。

1会計で45分~2時間の利用制限がある

フリーWiFiを提供しているカフェチェーン店

  • ・スターバックス
  • ・Cafe Amazon
  • ・mezzo Coffee
  • ・True Coffee
  • ・TOM N TOMS COFFEE
  • ・Coffee World
  • ・マクドナルド(ファストフード店)

タイのカフェチェーンでは1会計で45分~2時間の利用制限があります

レシートに印刷されたパスワードやQRコードでWiFiに接続します。長居するときは、会計を分けて2品以上の注文が必要です。

マックは、1回の会計で45分間WiFiを利用できます。一番長いのはスタバで、1会計で2時間ほど使えます。スタバのWiFiの利用条件はよく変わるので、参考情報として見ましょう。

山田さん 山田
ちなみに、タイのコンビニはWiFiを提供していません。少しだけ使いたい場合でも、カフェで注文が必要です。

ホテルなど宿泊先で使えるWiFi

じっくり時間を掛けてネットを使いたいなら、ホテルなど宿泊先で無償提供されているWiFiを利用しましょう。

カフェやレストランと違って、利用時間の制限がない可能性が高いです。

また、ほかのフリーWiFiより速度が安定しやすいです。ショッピングモールなどよりも利用人数が限られています。

タイ向けおすすめWiFiサービスまとめ

「まとめ!」と言っている女の子のイラスト

タイで使えるレンタルWiFiのメリット

  • ・WiFiのレンタル料金が安い
  • ・IDとパスワードだけで簡単に接続できる
  • ・Webで手軽に申し込める
  • ・フリーWiFiより安全に通信できる
  • ・移動中にインターネットを使える

タイでネットに接続するなら、WiFiレンタルが一番おすすめです。利用料金が安く、ID・パスワード入力だけの簡単な設定で接続できます。

また、手軽にWeb申し込みできたり、フリーWiFiより安全に通信できるなどのメリットがあります!

タイ旅行や出張で使うインターネットサービスを迷っているなら、以下からタイでおすすめのレンタルWiFiを選びましょう!

タイ向けレンタルWiFiおすすめランキング
WiFiBOXのロゴ 利用料金が業界最安クラス
24時間いつでも受取・返却可能
モバイルバッテリー機能搭載
当日キャンセル料がかからないWiFiBOX公式はこちら
タイデータのロゴ 2021年度の顧客満足度99.8%
無制限プランがお得
キャンペーンで往復送料が無料
タイに特化した専用サービスタイデータ公式はこちら
WiFiトラベルのロゴ シンプルな料金プランで安い
無制限プランの料金が安い
国内で1日1GB無料で使える
変換プラグのレンタルが無料WiFiトラベル公式はこちら
海外WiFiサービスのまとめ・比較
海外WiFiおすすめ イモトのWiFi
グローバルWiFi
評判・口コミ
WiFiBOX グローバルWiFi
イモトのWiFi jetfi
海外WiFiのキャンペーン情報
WiFiBOX
キャンペーン
-
旅行先別
おすすめのレンタルWiFi
韓国 台湾
タイ -
国内の空港・駅別
おすすめのレンタルWiFi
東京駅 -
ポケットWiFi・WiMAXの記事
















































































































































































  • 光回線の評判口コミ
    ドコモhome5G(GMOとくとくBB)のバナー