OCN光でオンラインゲームは遊べる?PS4・PS5・PCゲームなどタイトル別に解説!

最終更新日:2022年09月09日
OCN光×ゲームのアイキャッチ

OCN光でオンラインゲームは快適に遊べるのか、詳しく解説します!結論から述べるとOCN光でもオンラインゲームは十分に遊べます!

ただし、IPv6インターネット接続(IPoE)を利用しないと不安定になりやすいです。

この記事では、OCN光でオンラインゲームをしたい人に向けて、どんなことに注意して契約すべきか解説していきます。

PCのオンラインゲームだけでなく、PS5やPS4、Switchなどの家庭用ゲーム機で遊びたい人も、ぜひ参考にしてください!

西久保

ゲーム攻略サイト「アルテマ」で5年間メディア運営に携わったゲーム好き。FF14とApexをこよなく愛すゲーム回線マニア。

おすすめ人気記事
ゲーム回線におすすめな光回線は?のアイキャッチ
オンラインゲームにおすすめの光回線8選!速度重視の最強ゲーム回線
記事を読む
安い光回線7選!一番安い光回線はどこ?のアイキャッチ
】本当に安い光回線7選!月額料金ではなく実質料金が一番安い光回線を選ぼう
記事を読む

OCN光でオンラインゲームをするならIPv6接続を利用すべき

OCN光 IPv4 over IPv6 解説図

OCN光でオンラインゲームをするならIPv6インターネット接続(IPoE方式)を利用すべきです。回線速度が速くなり、安定した通信が可能になるためです。

IPv6インターネット接続を利用するとどれくらい速くなるのか、実際の利用者の速度を測定している「みんなの回線速度」というサイトを使って調べました。

下り 上り Ping値
IPv6
インターネット接続
(IPoE方式)
334Mbps 214Mbps 24.34ms
PPPoE方式 191Mbps 177Mbps 28.08ms

上表のデータは、2022年2月から直近3ヶ月間の平均速度を掲載しています。

IPv6インターネット接続を利用することで、回線速度とPing値のどちらも改善されているのがわかります。

オンラインゲームをする際のPing値は、大きくても20ms前後までがおすすめです。30ms以上だと、ゲーム中にラグやフリーズする場面が増えてしまい、ストレスになります。

ちなみに、IPv6インターネット接続は標準提供されているので申し込みは不要です。

IPv6インターネット接続なら利用者の多い時間帯でも安定した通信が可能

IPv6インターネット接続を使うと、利用者の多い時間帯でも安定した通信が可能になります。回線の混雑箇所を回避する仕組みだからです。

IPv6インターネット接続の時間帯別の平均速度を、下表にまとめました。

下り 上り Ping値
439Mbps 240Mbps 23.39ms
382Mbps 260Mbps 24.86ms
夕方 367Mbps 232Mbps 25.57ms
329Mbps 227Mbps 23.9ms
深夜 381Mbps 228Mbps 25.44ms

OCN光の平均速度は下り266Mbpsです。しかし、IPv6インターネット接続を利用すると下り366Mbpsまで改善されます。

IPv6ではない従来の接続方法と比べて、かなり改善されていることがわかります。

また、どの時間帯でもPing値が安定しやすくなるので、さまざまなオンラインゲームをするのに適しています。

関連記事

▶初心者にも分かりやすいIPv4とIPv6の解説
▶OCN光のIPv6インターネット接続について詳しい解説

\最大5ヶ月間無料+工事費無料!/
OCN光の公式サイトはこちら

IPv6インターネット接続を利用するには対応ルーターが必要

スマホとルーターをWiFiで接続するイラスト

IPv6インターネット接続は申し込み不要で利用できますが、IPoE方式に対応しているルーターが必要です。対応していないルーターだと、IPv6接続ができません。

IPoE対応のルーターを準備する場合は市販のルーターがおすすめです。OCN光からレンタルもできますが、月額550円(年間6,600円)かかります。

市販品はお得なものだと3,500円ほどで購入できます。また、OCN光からレンタルできるものと同じ「WG1200HP4」は約5,400円です。

レンタルだと1年で6,600円もかかるので、市販品のほうがお得です。

市販品はOCNバーチャルコネクト対応でないとIPv6が使えない

市販のルーターを購入する場合は「OCNバーチャルコネクト」に対応しているルーターを用意する必要があります。

例えば「IPv4 over IPv6」対応と書かれていても、OCN光のIPv6に対応しているとは限りません。IPv4 over IPv6の機能は、回線会社によって仕様が異なるためです。

OCN光の仕様に合致したルーターを用意するには、必ずOCNバーチャルコネクト対応と書かれている物を用意しましょう。

西久保さん 西久保

光回線によっては、IPv4 over IPv6の機能が「v6プラス」という名前で提供されています。ただ、ルーターがv6プラスに対応していでも、OCN光で使えるわけではありません。

必ずOCNバーチャルコネクト対応のルーターを用意してください。

オプションのv6アルファは割高なのでおすすめではない

OCN光には「v6アルファ」という、3つのサービスがセットになっているオプションパックがあります。しかし、内容に対して割高なサービスなので、おすすめではないです。

v6アルファサービス内容(月額550円)

  • ・IPoE方式対応のルーターレンタル
  • ・ホームネットセキュリティ
  • ・訪問/遠隔サポート

v6アルファでレンタルできるルーターは、IPoE方式に対応していますが市販のルーターを買ったほうが安いです。

セキュリティソフトや訪問/遠隔サポートを利用したい人にはお得ですが、ルーターのレンタルが目的の場合は損をします。

また、v6アルファへの新規申し込みは、2022年3月31日をもって終了となります。

v6アルファは24ヶ月以内に解約すると8,000円の支払いが必要

v6アルファは24ヶ月以内に解約すると違約金8,000円が発生します。24ヶ月の最低利用期間が設けられているからです。

オプションの違約金としては高額なので、加入する前に本当に必要なサービスなのかを検討しておきましょう。

ゲーム回線におすすめの光回線ランキング
GameWith光のロゴ オンラインゲームに特化した光回線
公式のテストでPing値が平均10以下
専用帯域の利用でラグを防止
月額料金が1ヶ月間無料 キャンペーンページはこちら
auひかりのロゴ 平均速度474Mbpsの高速独自回線
夜間のピーク時も安定している
最大52,000円最大76,000円キャッシュバック
auユーザーなら最安クラスキャンペーンページはこちら
ドコモ光 ドコモユーザーなら安くて速い
光コラボでも平均300Mbps出せる
当サイトなら無条件で43,000円還元
9/30までの限定キャンペーン実施中 キャンペーンページはこちら

オンラインゲームをより快適に遊ぶならIPoEアドバンスを利用すべき

OCN光のIPoEアドバンスとは?のアイキャッチ

OCN光でオンラインゲームをする際に、もっと快適にプレイしたい人はIPoEアドバンスを利用するべきです。

IPoEアドバンスとは、eスポーツなどの本格的なオンラインゲームや、ライブ配信などをする人に向けたオプションサービスです。

ラグが少なく遅延しにくいので、回線速度や安定性を求めている人に向いています。下図は、IPoEアドバンスの仕組みのイメージです。

OCN光 IPoEアドバンス 仕組みを解説している図

IPoEアドバンスの特徴2つ

  • ・IPoE方式より広帯域で通信できる
  • ・混雑原因になる通信を分離する

最大の特徴は、標準提供しているIPoE方式よりも、さらに広い帯域で通信できることです。通常の3倍大きい専用経路を利用するので、回線が安定します。

また、Windowsアップデートなどのデータ量が多い通信を分離することで、回線の混雑防止対策をしてくれます。

つまり、急なOSアップデートが開始された場合でも、ゲームやブラウザなどのメイン作業は安定しやすいです。

ただし、IPoEアドバンスは月額1,848円と少し高めなので、IPoE方式でも回線が安定しない人や、オンラインゲームを現状より快適にプレイしたい人におすすめです。

IPoEアドバンスは安定しやすくなるオプション

IPoEアドバンスは、専用の広帯域ネットワークを使用して回線を安定させるオプションなので回線速度が劇的に速くなることはないです。

回線が混雑しやすい時間帯に速度が安定しない人や、日頃から回線が不安定な人であれば、IPoEアドバンスの効果を実感しやすいです。

また、本格的なオンラインゲームなど大量のデータ通信を行う人は、回線が安定しやすくなり快適にゲームを楽しめます。

IPoEアドバンスの利用には対応ルーターが必要

IPoEアドバンスの利用には、OCNバーチャルコネクト対応のルーターが必要です。つまり、IPv6インターネット接続ができる環境であれば利用できます。

ただし、IPoEアドバンスを利用するには、いくつか注意点もあります。さらに詳しい解説は、関連記事からご覧ください。

関連記事

▶OCN光のIPoEアドバンスについて詳しい解説

ルーターとパソコンを有線接続すると回線速度が速くなる

PCゲームをやっている人のイラスト

ルーターとパソコンを有線接続すると、回線速度が速くなり安定した通信ができます。

無線接続(Wi-Fi)はコードがないので便利ですが、回線速度が遅くなりやすいです。さらに、Ping値が高くなりやすく、不安定になるというデメリットもあります。

実際に、無線接続から有線接続に変えた人の口コミをTwitterで探したところ、回線速度が5倍以上も速くなったという人がいました。

\最大5ヶ月間無料+工事費無料!/
OCN光の公式サイトはこちら

OCN光でオンラインゲームをしている人の口コミ

二人でテレビゲームをしているイラスト

OCN光でオンラインゲームをしている人の口コミを紹介します。

まずは、当サイトで実施したアンケートの回答の中から、実際にOCN光でオンラインゲームをしている人の意見を集めました。

女性のアイコン
重いFPSでもスムーズに遊べる30代女性 / 埼玉県
75点 / 100点
30代女性
埼玉県
75点 / 100点
プロバイダOCN
IPv6接続利用中
建物の種類マンション
ハードPS4
料金
OCN光の料金は少し安い
回線速度
OCN光の回線速度は少し速い
キャンペーン
OCN光のキャンペーンの質は平均的
オプション
OCN光のオプションサービスはやや良い
よく遊ぶゲーム
Apex/バイオ
平均速度
180Mbps
契約して良かったと思う点
月額料金が安いから契約したんですけど、回線速度が速くてびっくりしました。おかげさまでオンラインゲームも全然ラグがでないし、夜中でも快適にゲームができて楽しめてます。
契約して不満に思っている点
とくにないんですけど、強いて言うならルーターが無料でついてこないとこですかね。私は家電量販店で5千円くらいの安いヤツ買いました。
2021年06月13日
不満な男性のアイコン
遅いと感じる時間のほうが多い20代男性 / 静岡県
35点 / 100点
20代男性
静岡県
35点 / 100点
プロバイダOCN
IPv6接続利用無
建物の種類マンション
ハードSwitch
料金
OCN光の料金は少し高い
回線速度
OCN光の回線速度はやや遅い
キャンペーン
OCN光のキャンペーンの質はとても悪い
オプション
OCN光のオプションサービスはやや悪い
よく遊ぶゲーム
モンハンライズ
平均速度
50Mbps
契約して良かったと思う点
初期費用が掛からなかったことくらいですかね。あと、うちのマンションは光回線の工事が済んでたので、開通までに時間がかからなかったのも良かったです。
契約して不満に思っている点
評判が良かったから契約したんですけど、全然ダメですね。とくに夜間や週末はかなり遅くなります。わざと遅くしてIPoEアドバンスを契約させる気なのでは、、、なんて勘ぐりたくなるくらいです。
2020年12月03日
男性のアイコン
配信もサクサクで快適です!30代男性 / 大阪府
85点 / 100点
30代男性
大阪府
85点 / 100点
プロバイダOCN
IPv6接続利用中
建物の種類戸建て
ハードPC
料金
OCN光の料金は少し安い
回線速度
OCN光の回線速度は速い
キャンペーン
OCN光のキャンペーンの質はやや良い
オプション
OCN光のオプションサービスはやや良い
よく遊ぶゲーム
デドバイ
平均速度
520Mbps
契約して良かったと思う点
リアルタイムでゲーム実況などの配信をやってますが、ラグが出たことはほとんどないです!回線速度は500Mbps以上でてるし、混雑する時間帯でも300を切ったことはほとんどありません!キャンペーンも充実しているし、文句なし!
契約して不満に思っている点
不満はないです!強いて言うなら、もう少し安くしてほしいくらいですかね!
2020年06月18日
女性のアイコン
たまーにラグる時がある20代女性 / 京都府
65点 / 100点
20代女性
京都府
65点 / 100点
プロバイダOCN
IPv6接続利用中
建物の種類戸建て
ハードPS4
料金
OCN光の料金は少し安い
回線速度
OCN光の回線速度は平均的
キャンペーン
OCN光のキャンペーンの質は平均的
オプション
OCN光のオプションサービスはやや悪い
よく遊ぶゲーム
フォトナ/DbD
平均速度
260Mbps
契約して良かったと思う点
回線が遅いと感じたことはないですね。基本的にはスムーズに遊べてるし、動画を見る時もサクサクです。あと、IPv6がオプション追加なしで使えるのも良いですね。
契約して不満に思っている点
重いゲームだとたまにラグりますね。あと、時間帯によってはたまに重くなることも。IPoEアドバンスが気になってるので加入してみようかと。
2021年01月16日

Twitterでの評判口コミ

OCN光でオンラインゲームをしている人の評判をTwitterで探したところ「快適にゲームができる」という口コミが多かったです。

ただし、中には「回線速度が遅い」という口コミもいくつかありました。

このように体感に差が生まれる原因として考えられるのは、不満な口コミをしている人はIPv6インターネット接続を利用していない可能性が高いです。

また「LANケーブルを変えたら速くなった」という口コミもあるように、周辺機器や住んでいるエリアなどの環境も影響するため、一概にOCN光が悪いとは言えません。

\最大5ヶ月間無料+工事費無料!/
OCN光の公式サイトはこちら

オンラインゲームをするために必要な回線速度は約70Mbps

bpsは「毎秒どれくらいのデータを送受信できるか」を表している

オンラインゲームをするために必要な回線速度は約70Mbpsほどあれば問題ありません。

ネットでは色々な憶測があり、100~200Mbps以上ないと無理と言われていることも多いです。しかし、実際は70Mbpsでも十分快適に遊べます。

とくに100~200Mbps以上ないと難しいと言われているゲームジャンルはFPSやTPSで、大規模な人数とリアルタイムで戦うゲームです。

FPSジャンルは回線速度が速ければ有利と言われていますが、300Mbpsや500Mbpsといった高速な回線は必要ありません。単純に遊ぶだけであれば、70Mbpsでも十分です。

FPSやTPSの快適な回線速度の目安は以下のとおりです。

回線速度 回線速度による影響
70Mbps以上 ストレスなくプレイできる
フリーズやラグがない
50~70Mbps 問題なくプレイできる
稀にフリーズやラグが起きる
30~50Mbps プレイできるがストレスを感じる
フリーズやラグが起きやすい
0~30Mbps まともにプレイできない可能性が高い
フリーズやラグが頻繁
切断される

FPSやTPSで回線速度が速いほうが良いと言われているのは、プレイ中の情報処理に影響するからです。

例えば、50Mbpsでプレイしている人は、70Mbps以上で遊んでいる人と比べて情報処理が遅く、ラグやフリーズが起きる頻度が高いです。

相手プレイヤーと対峙した瞬間にラグやフリーズが発生すると、撃ち負ける原因になるので、回線速度は速いに越したことはありません。

ただし、FPSやTPSで重要なのは回線速度よりも、後ほど詳しく説明する応答速度(Ping値)のほうが重要です。

▼応答速度について先に知りたい方はこちら▼

FPS以外のオンラインゲームの回線速度は30Mbpsあれば十分

FPSやTPS以外のオンラインゲームで遊ぶ場合の回線速度は約30Mbpsあれば十分です。

育成・RPG・シミュレーションといったジャンルは、シューティング系のゲームと比べて回線速度をあまり求めません。30Mbpsもあれば快適にプレイできます。

回線速度別のプレイ感覚を表にまとめると、以下のとおりになります。

速度 快適さ
(FPS以外のゲーム)
30Mbps以上 とても快適
10~30Mbps 快適
5~10Mbps まあまあ快適
1~5Mbps 画面がカクつく
1Mbps以下 画面がカクつく
高画質表示できない

30Mbpsほどの速度でも快適に遊べる理由は、ゲームプレイに繊細な動きが求められないからです。

反対に、FPSや格闘ゲームなどは、フレーム単位の変化が重要になるため、より速い通信速度が必要です。

ただし、30Mbps程度の速度だと、アップデートなどで膨大なデータのダウンロードが発生した場合、完了するまでに長時間かかります。

アップデートなどに時間をかけたくないのであれば、回線速度が100Mbps以上出る光回線を選びましょう。

ゲームは回線速度だけでなく応答速度(Ping値)も重要

pingの説明

オンラインゲームなどをするうえで重要な点は、回線速度だけでなく、応答速度を示す「Ping値」も重要です。

応答速度を表すPing値とは、自分の端末から送ったデータに対して、相手のサーバーから反応が返ってくる速さを表す値です。主に、応答速度・Ping値・レイテンシと呼ばれています。

Ping値の単位は「ms」と表記され、ミリセカンドと読みます。

msの単位

  • ミリセカンド(ミリ秒=1/1,000秒)
  • ・1ms=0.001秒
  • ・10ms=0.01秒
  • ・100ms=0.1秒

上記のとおり、応答速度は小さければ小さいほどサーバー間で返ってくる反応速度が速いです。とくにゲームにおいては、回線速度よりもPing値が重視されます。

例えば、ボタン入力した動作が、すぐに反映されないと負ける要因になります。

Ping値が低いほど、即座に行動が反映されるので、FPSやTPSなど繊細な動きをするゲームはPing値が重要です。

ゲームタイトル別の回線速度目安

なにかを調べているイラスト

数あるオンラインゲームの中から、人気のあるゲームタイトル別の快適な回線速度と、応答速度の目安を以下でまとめました。

快適な回線速度目安 快適な応答速度目安
Apex Legends
(PC/PS5/PS4/Switch)
70Mbps以上 15ms以下
VAROLANT
(PC)
Fortnite
(PC/PS5/PS4/Switch)
バトルフィールド
(PC/PS5/PS4/Xbox)
Call of Duty
(PC/PS5/PS4)
レインボーシックス
シージ
(PC/PS5/PS4/Xbox)
Dead by Daylight
(PC/PS5/PS4/Switch)
50Mbps以上 30ms以下
Minecraft
(PC/PS5/PS4/Switch)
30Mbps以上
モンスターハンター
ライズ
(Switch)
スプラトゥーン2
(Switch)
大乱闘
スマッシュブラザーズ
(Switch)
スーパーマリオ
ブラザーズ
(Switch)

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)・VALORANT(ヴァロラント)・Fortnite(フォートナイト)などは、多くの人とリアルタイムで対人戦をするゲームです。

一般的にFPS・TPSと呼ばれるゲームジャンルは、フレーム単位で求められる速度が高いです。そのため、快適に遊ぶために必要な回線速度は70Mbps以上になります。

また、応答速度(Ping値)も低ければ低いほど、ゲームプレイは有利になります。

逆にモンハンやスプラトゥーン、スマブラといったアクション系のオンラインゲームは、そこまで速度を重視しなくても問題ありません。

少人数規模でのオンラインプレイになるため、求められる回線速度や応答速度もFPSとは違い、多少遅くても問題なくプレイできます。

FPSやTPSゲームの回線速度目安は70Mbps以上で応答速度は15ms以下

上述した中にある、エーペックスレジェンズや、フォートナイトといったFPSやTPSジャンルを快適に遊ぶためには、回線速度が70Mbps以上あると良いです。

さらに、撃ち負けないプレイとなると、応答速度(Ping値)も低くないと難しいです。Ping値の目安は15ms以下が望ましいです。

もちろん20ms以上でも問題なく遊べますが、15msと比べると、ラグやフリーズ、サーバーの切断などが起こりやすくなります。

FPSジャンルにおける、応答速度(Ping値)の快適な目安は以下のとおりです。

応答速度(Ping値) 快適さ
0~10ms とても快適
ラグがほぼない
10~15ms 快適にプレイできる
ごく稀にラグが起きる
15~30ms 問題なくプレイできる
稀にラグが起きる
30~50ms ストレスを感じる
ラグが起きる
サーバーから切断される
50ms以上 まともにプレイできない
ラグが頻繁に起きる
サーバーから切断される

上表のとおり、Ping値が一桁台だと快適にプレイできるのが分かります。Ping値が低いほどラグが起きにくくなるので、撃ち負けることも少なくなります。

例えば、プロゲーマーや、ストリーマーのPing値は一桁の場合がほとんどです。それほど、FPSにおけるPing値は重要です。

もちろん回線速度もある程度ないと、そもそもゲームが起動できなかったり、画面がカクついてまともにプレイできない現象が起こります。

そのため、回線速度は最低でも70Mbps以上あると安心です。

アクションゲームなどの回線速度目安は30Mbps以上で応答速度は30ms以下

アクションゲーム・MMO系・RPGなどのゲームジャンルの快適な回線速度の目安は30Mbps以上です。

応答速度(Ping値)はゲームタイトルにもよりますが、30ms以下であれば、基本的なプレイに支障はありません。

実際の応答速度が50~100ms前後だったとしても遊べます。ただし、50ms以上だと、ラグ・フリーズ・サーバー切断が頻繁に起こりやすいため、30ms以下が望ましいです。

ゲームジャンル別に応答速度の目安を振り分けると、以下のようになります。

ゲームジャンル 応答速度(Ping値)目安
FPS・TPS系 15ms以下
格闘系 20ms以下
MOBA・MMO系 30ms以下
アクション系 50ms以下
RPG系 50~100ms前後
TCG系

50msほどのPing値でもオンラインゲームを遊べることが分かります。

ただ、Ping値は小さいに越したことはないです。「絶対にFPSを遊ばない!」という人であれば、あまり気にする必要はないですがさまざまなゲームを遊びたいなら20ms以下を目安にすると良いでしょう。

OCN光は回線速度が速くて安定しているおすすめの光回線

OCN光は、回線速度が速く安定している光回線です。ラグが少なく遅延に強いため、オンラインゲームやテレワークなどに向いています

回線速度が速いのは、OCN光が「IPv4 over IPv6」という新しい接続方式を標準提供しているからです。無料で、従来よりも速い通信を利用できます。

また、さらに快適な速度を求めるなら「IPoEアドバンス」の利用もおすすめです。月額1,848円の有料オプションですが、どの光回線よりも安定したネット環境を構築できます。

全国対応の光回線で、回線速度を重視するならOCN光がおすすめです!

\最大5ヶ月間無料+工事費無料!/
OCN光の公式サイトはこちら

結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で43,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える9月30日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック最大7.6万円がもらえる
独自回線なので通信品質がとても良い 一番お得なキャンペーン窓口
楽天ひかり 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が1%UPする
4月5日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
他社違約金を2万円分還元(9/30まで) 一番お得なキャンペーン窓口
使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめ

スマホセット割でお得になることを表現したイラスト

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、楽天ひかりは楽天モバイルと組み合わせれば光回線の料金が1年間無料になります。

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならhome5G

ドコモhome 5Gのロゴ

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、ホームルーターのhome5Gがおすすめです。ドコモのスマホと同じ回線を使っているので、日本全国どこでも利用できます。

また、工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。

さらに、5G対応で最大通信速度は4.2Gbpsと速いです。実測値の平均も200Mbpsあり、光回線と同じくらい快適に使えます!

\当サイト限定!18,000円分の特典還元!/
home5Gの一番お得な窓口はこちら
OCN光の記事
  • 光回線の評判口コミ