NURO wireless 5Gの評判レビュー!他社のホームルーターと比較してどうなの?

最終更新日:2022年08月18日
NUROwireless5Gのサービス最新情報

NURO wireless 5G最新情報をまとめました!

「他社のホームルーターとの違いは?」「NURO wireless 5Gはいつからサービスが始まるの?」「回線速度や月額料金は?」などの疑問がある人は、ぜひ参考にしてください!

池田

当サイト「ヒカリク」の管理人。各光回線やモバイルWi-Fiのプランを比較することが日課。お得なプランがすぐに判断できる。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線のキャッシュバックキャンペーン比較7選!一番お得な窓口や乗り換え特典【
記事を読む
安い光回線7選!一番安い光回線はどこ?のアイキャッチ
】本当に安い光回線7選!月額料金ではなく実質料金が一番安い光回線を選ぼう
記事を読む

NURO wireless 5Gとは

NURO wireless 5Gは最大4.1Gbpsの回線が月額4,950円で利用できるサービス

NURO wireless 5Gとは、ソニーが提供するマンション専用のホームルーターサービスです。

5Gの電波で通信するインターネットサービスなので、光回線が導入できない建物でも快適なネット環境を導入できます。

運営会社 ソニーネットワーク
コミュニケーションズ
月額料金 4,950円
回線最大速度 下り:4.1Gbps
上り:2.6Gbps
データ容量 無制限
通信制限 なし
有線LANポート 4つ
無線LAN
(WiFi)
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(WiFi4~6対応)
データ端末 レンタル
無料
契約事務手数料 3,300円
スマホセット割 なし
提供エリア 東京/神奈川/埼玉/大阪
の一部地域
(北海道/東海/九州も対応予定)
最低利用期間
(契約年数)
なし
固定電話オプション なし
テレビオプション なし
キャンペーン 24ヶ月継続利用で
10,000円キャッシュバック
公式サイト NURO wireless 5G

NURO wireless 5Gは、現在サービスの提供がまだ始まっていません。そのため、契約年数や実際の回線速度などの情報は不明です。

以下では、 時点で分かる情報を解説します。

NURO wireless 5Gは2022年4月1日から一般提供開始

NUROwireless5Gのサービス提供開始予定は2022年春頃

NURO wireless 5Gは、2022年4月1日からサービスの一般提供が開始されました。公式サイトから申し込めます。

現在】エントリーキャンペーンを実施中

NURO wireless 5Gに申し込むと10,000円のキャッシュバックが貰える

現在、NURO wireless 5Gを契約すると10,000円のキャッシュバックが貰えます

適用条件は24ヶ月間継続利用することです。期間中に解約すると返金を求められる場合がありますが、ほかに難しい条件はありません。

NURO wireless 5Gの開通後に簡単な手続きをするだけ特典を受けられます。

キャッシュバックを受け取るまでの流れ

  1. 1.NURO wireless 5Gにエントリーする
  2. 2.申し込み手続きをする
  3. 3.ログインIDの案内メールを受け取る
  4. 4.サービスの利用開始
  5. 5.開通から6ヶ月後に受取手続きをする

キャッシュバックの受取申請は、利用開始から6ヶ月後に届く案内メールに沿って手続きするだけです。

関連サイト

▶NURO wireless 5Gの公式サイトはこちら

NURO wireless 5Gの評判レビュー

提供開始直後なため実測値やPingの情報はまだない

NURO wireless 5Gは2022年4月から提供が始まったばかりのサービスなので、平均速度やPing値などの情報がまだありません。

Twitterには、上記のように利用を検討している人の口コミがあるだけでした。

当サイトでは独自にNURO wireless 5Gのアンケートを収集しているため、新しい情報が入り次第、記事を更新いたします。

月額料金は他社と同じくらい

NUROwireless5Gの月額料金は5,000円前後の予定

NURO wireless 5Gの月額料金は4,950円です。

先発してサービスを提供しているドコモhome5Gと同じ金額です。

月額料金
NURO wireless 5G 4,950円
ドコモhome5G 4,950円
auホームルーター5G 5,170円
ソフトバンクエアー5G 5,368円

上表のように各社の月額料金に差はないので、実際の口コミや評判をもとに利用するサービスを選ぶのが最適です。

NURO wireless 5Gが提供開始してからしばらく様子を見るか、現時点で評判の良いサービスを検討するといいでしょう。

関連記事

▶ドコモhome5Gの評判口コミはこちら
▶auホームルーター5Gの評判口コミはこちら
▶ソフトバンクエアー5Gの評判口コミはこちら

NURO wireless 5Gの回線速度

NUROwireless5Gの回線速度

NURO wireless 5Gの最大速度は4.1Gbpsです。

他社のホームルーターは5G対応モデルなら最大速度が2.1~4.7Gbpsなので、速いほうだといえます。

最大速度
NURO wireless 5G 4.1Gbps
ドコモhome5G 4.7Gbps
auホームルーター5G 2.7Gbps
ソフトバンクエアー5G 2.1Gbps

ソフトバンクエアー5Gと比べると、NURO wireless 5Gは最大速度が約2倍です。

NURO wireless 5Gはミリ波に非対応

NUROwireless5Gはミリ波に非対応

NURO wireless 5Gは、ミリ波の電波を使った通信には非対応です。

ミリ波とは、5G通信で利用する電波の1つです。5G通信で利用する電波の中で、最も大容量かつ高速通信が可能です。

ただし、建物や住宅の壁のような障害物があると電波が遮断されやすく、電波の届く範囲が狭いというデメリットがあります。

そのため、実は他社のホームルーターでもミリ波対応のモデルが現状出回っていません。

ミリ波の対応
NURO wireless 5G 非対応
ドコモhome5G
(HR01)
auホームルーター5G
(HOME 5G L12)
ソフトバンクエアー5G
(Airターミナル5)

ちなみに、現在はミリ波の対応のホームルーターのサービスが提供される予定はありません。

池田さん 池田
NUROwireless5Gの運営から、将来的にミリ波への対応を検討していくと発表がありましたが、いまのところ具体的な計画はありません。

通信制限はない

NUROwireless5Gは通信制限がない

NURO wireless 5Gは、月間の通信量や3日で10GBまでいった通信制限がありません。何日間にどれだけ通信しても速度制限されることはないので、データ量を気にせず利用できます。

ただし、一般的な家庭では使わないくらい大容量の通信を継続的にした場合に限り、通信規制をすることはあります。ほかの利用者の通信に影響する可能性があるからです。

厳しい通信制限はありませんが、非常識な用途での使用は避けましょう。

有線接続の最大速度は5Gbps

NUROwireless5Gは有線接続で最大2.5Gbpsの速度が出る

NURO wireless 5Gは、有線接続の最大速度が5Gbpsです。

端末本体に有線LANの差し込み口が4つありますが、そのうちの1つが5Gbps通信に対応しています。

有線LANの種類 差し込み口の数
最大5Gbpsタイプ 1つ
最大1Gbpsタイプ 3つ

ちなみに他社のホームルーターは差し込み口が1つしかありません。

しかも、有線接続の最大速度は1Gbpsです。ホームルーターと基地局間の最大速度がいくら速くても、1Gbps以上の速度が出ません。

NURO wireless 5Gは、基地局との通信速度が最大4.1Gbpsです。5Gbpsタイプの差し込み口を使えば、通信性能を最大限発揮することが可能です。

池田さん 池田
有線LANの差し込み口が1つだけでもスイッチングハブを使えば、有線接続できる台数をあとから増やせます。ただし、有線接続の最大速度はあとから変えることはできません。有線接続でネットを使いたい人は、このことを踏まえて端末を選ぶ必要があります。

市販品のパソコンは有線接続しても1Gbpsが限界

NUROwireless5Gは市販のパソコンでは2.5Gbps通信できないことが多い

市販のパソコンの有線接続は、ほとんど5Gbpsの高速通信に対応していません。市場に流通しているパソコンは、ほぼ最大通信速度が1GbpsのLANポートが採用されています。

そのため、NURO wireless 5Gの5Gbpsの差し込み口にパソコンを繋げても、最大1Gbpsの通信になることが多いです。

池田さん 池田
市販のパソコンを5Gbps通信に対応させるには外付けのアダプタを接続する必要があります。そこまでしないなら、どのホームルーターを選んでも端末の性能において違いを感じることは少ないでしょう。

WiFiの通信規格は他社と違いがない

NURO wireless 5Gが対応しているWiFi通信の規格は、他社と違いがないです。

WiFi6
(11ax)
WiFi5
(ac)
WiFi4
(11n)
NURO wireless 5G
ドコモhome5G
(HR01)
auホームルーター5G
(HOME 5G L12)
ソフトバンクエアー5G
(Airターミナル5)

5G対応のホームルーターは、通信速度の速さがアピールポイントのサービスなので、どれも最新のWiFi6に対応しています。

そのため、快適な通信ができるかどうかは、端末の性能よりも利用場所で基地局の電波を受信できることが条件になります。

NURO wireless 5Gの初期費用

NURO wireless 5Gの初期費用

NURO wireless 5Gの初期費用は契約事務手数料の3,300円のみです。

光回線のような開通工事が不要なので、初期費用をかなり抑えられます。

池田さん 池田
NURO wireless 5Gはスマホのように基地局の電波を受信して通信するので、コンセントに挿して設定さえすれば開通できます。そのため、初期費用と開通までの期間が少なく済みます。

NURO wireless 5Gの端末代がかからない

NUROwireless5Gの端末はレンタル

NURO wireless 5Gの通信端末は、無料でレンタルできます。端末の買取は不要なので、初期費用は事務手数料3,300円以外に一切掛かりません。

数万円の端末を購入する必要がないのは、嬉しいポイントです。

データ端末の購入は不要でも他社よりお得ではない

他社のホームルーターは、契約したときに端末の買い取りが必要です。

ただし、キャンペーンで端末代が無料になるケースがほとんどなので、初期費用は事務手数料3,300円しか掛かりません。

端末の購入費用
ドコモhome5G 39,600円
実質無料になる
auホームルーター5G 39,600円
実質無料になる
ソフトバンクエアー5G 71,280円
実質無料になる

他社のホームルーターは、端末代の支払いを36回の分割払いにすると、36ヶ月間同額の割引を受けられます。

つまり、サービスを利用し続けていれば、端末代金の支払いが実質発生しません。

そのため、NURO wireless 5Gは端末の購入が不要ですが、結局のところ他社と支払い額に違いはありません。

池田さん 池田

他社のホームルーターは、端末費の分割払い期間中に解約すると、未払いの費用を一括請求されます。解約すると、未払い分の割引を受けられなくなるからです。

一方、NURO wireless 5Gは無料レンタルなので、あとから端末代を請求されるリスクがないことはメリットといえます。

端末を壊したり紛失すると損害金を請求される

NURO wireless 5G端末を壊したり紛失すると損害金を請求される

NURO wireless 5Gの通信端末は無料で使えますが、壊れたり失くしたりすると損害金を請求されます。

損害金は61,500円なので、端末は大切に扱いましょう。

NURO wireless 5Gは全国対応のサービスではない

NURO wireless 5Gの対応エリアは北海道・東京・神奈川・埼玉・千葉・愛知・静岡・岐阜・三重・京都・大阪・兵庫・奈良・福岡・佐賀

NURO wireless 5Gは全国対応のホームルーターではありません

2022年4月時点での対応エリアは東京・神奈川・埼玉・大阪の一部地域のみです。

今後12の都道府県で拡大予定

NURO wireless 5Gの利用可能エリアはまだまだ少ないですが、今後以下の12の地域でも対応予定です。

今後対応予定の地域
北海道 北海道
関東 千葉
東海 愛知/静岡/岐阜/三重
関西 兵庫/京都/奈良
九州 福岡/佐賀

ちなみに、上記のエリアでも事前にエントリーしておくと、サービス提供可能になり次第連絡を受け取れます。

NURO wireless 5Gを利用するには物件の対応が必要

NURO wireless 5Gの利用には物件の対応が必要

NURO wireless 5Gは基地局の電波を使って通信しますが、どこでも使えるわけではありません。

NURO wireless 5Gに対応したマンションのみで利用できます。非対応のマンションや戸建て住まいなら残念ながら契約できません

対応物件が限られているのはローカル5Gのサービスだから

NURO wireless 5Gの対応物件が限られているのは「ローカル5G」という種類の通信サービスだからです。

NURO wireless 5Gで採用されているローカル5Gは、マンションに小規模な基地局を設置することで、建物の内部でのみ通信を可能にする仕組みです。

携帯の基地局と違って、どこでも電波を受信できるわけではありません。そのため、NURO wireless 5Gを利用できるのは、基地局が設置済みのマンションに限られます。

基地局が未導入のマンションなら設置リクエストができる

NURO wireless 5Gの基地局が未導入のマンションなら対応リクエストできる

もし、住んでいる物件がNURO wireless 5G未対応の物件でも、対応エリア内ならば設備の設置をリクエストできます。

リクエストは申し込みページからエントリーすることでできます。もし同じ物件内である程度エントリーが集まれば、基地局を設置します。

基地局が設置されるとNUROから連絡が届くので、そのあとに正式な申し込み手続きをすると利用できます。

7日間お試し利用できる

NUROwireless5Gは7日間のトライアル期間がある

NURO wireless 5Gは、7日間の試用期間があります。実際に利用したときに、電波状況が悪かったり、通信速度に不満があれば費用を掛けずに解約できます。

ただし、ホームルーターを受け取ってから8日以降に解約すると、月額料金を請求されます。

サービス開始後に契約するなら、試用期間のうちにインターネットが問題なく使えるか確認しましょう。

NURO wireless 5Gの評判口コミ

NURO wireless 5Gの評判口コミ

NURO wireless 5Gは、2022年4月1日開始のサービスなので、利用者の評判情報はありませんでした。

しかし、光回線が導入できないマンションに住んでいる人からは、サービス開始前の段階で期待する口コミが多数投稿されていました。

利用開始から申し込みまでの流れ

NURO wireless 5Gの利用開始から申し込みまでの流れ

NURO wireless 5Gを申し込んでから、利用開始までの流れは以下の4ステップです。

基地局が設置済みのマンションでも、利用開始まで早くて5日が目安です。

NURO wireless 5Gの利用開始までの流れ

  1. 1.「公式サイト」からエントリーする
  2. 2.案内に従って申し込み手続きをする
  3. 3.支払い方法を登録する
  4. 4.ホームルーターを設置する

公式サイトからエントリーする際は、ページの下のほうにある「エントリーに進む」ボタンをタップしてください。

NURO wireless 5Gの申し込みページ

ページ上部の「お申し込み」ボタンを押すと、一旦別のページにアクセスする必要があるので、少しわかりにくいです。

NURO wireless 5Gのお申込みボタンを押すと直接エントリーページが表示されない

NURO wireless 5Gに申し込む

▶NURO wireless 5Gの公式サイトはコチラ

エントリーしただけではすぐに契約できるとは限らない

NURO wireless 5Gはエントリーしただけではすぐに契約できるとは限らない

申し込むときの注意点は、エントリーページ上で対応エリアだと表示されていても利用できるとは限らないことです。

エントリーした時点では、住んでいるマンションに基地局が設置してあるか判定できないからです。もし、対応物件なら3営業日程度で連絡がきます。

連絡が来たあとに、正式な申し込み手続きと支払い方法の登録をすると、ホームルーターが自宅に届きます。

ホームルーターが届いたら端末をコンセントに挿して、接続設定をするとネットが使えるようになります。

NURO wireless 5Gについてのまとめ

NUROwireless5Gについてのまとめ

NURO wireless 5Gの大きな特徴は最大速度が4.1Gbpsなことです。従来のホームルーターやポケットWiFiより高速な通信が可能です。

月額料金も平均的な水準なので、気軽に使えます。ただし、以下のデメリットや注意点があります。

  • ・一部のマンションでしか契約できない
  • ・市販PCは有線接続だと最大1Gbpsが限界

NURO wireless 5Gは限られたマンションでしか利用できません。また、利用する端末の通信速度がそもそも遅ければ、ホームルーターの性能を発揮できないでしょう。

そのため、無理にNURO wireless 5Gを契約するより、同じ価格帯の他社のサービスを合わせて検討することをおすすめします。

ホームルーターはドコモhome5Gが一番

ドコモhome5Gロゴマーク

ホームルーターを使うなら、ドコモhome5Gがイチオシです。ホームルーターのなかで通信品質がずば抜けて優れているからです。

月額料金は各社差がないので、ホームルーターは通信品質を重視して選ぶのが一番です。

おすすめ度評価 総合評価はとても良い
月額料金 4,950円
(4G/5G共通料金)
5G最大速度 下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
4G最大速度 下り1.7Gbps
上り131.3Mbps
利用者の
平均速度
下り:145Mbps
データ容量 無制限
速度制限 月間の制限:なし
直近3日の制限:不明
セット割対象 ドコモ
(home5Gセット割)
キャッシュバック 15,000円
端末代金 39,600円
実質無料になる
お得な
申込窓口
▶Wiz
関連記事 ▶ドコモhome5Gの
評判を詳しく見る
▶ドコモhome5G
実測値まとめ

ドコモhome5Gの長所は回線速度の速さだけではありません。他社のような厳しい速度制限がありません

例えば、ひと月に30GB通信すると、通信速度が遅くなるような制限は実施していません。

公式は大量のデータ通信をすると速度制限をすると告知していますが、 現在実際に制限された報告がありません。

そのため、動画の視聴やテレワークのような用途でも快適に利用できます。

実際の回線速度が速い

通信の安定性を重視する場合はドコモhome5G一択です。平均速度が他社より2~3倍速いからです。

ドコモhome5Gの平均速度は他社の2~3倍

上記のグラフは「みんなの回線速度」という、ユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考にまとめたものです。

ドコモhome5Gの平均速度だけ、突出して速いことがわかります。

大手の光回線サービスと平均速度を比較してもあまり劣りません。

平均速度
ドコモhome5G 145Mbps
ドコモ光 243Mbps
フレッツ光 220Mbps
楽天ひかり 189Mbps

もし、ホームルーターで快適にネットをしたいなら、絶対にドコモhome5Gがおすすめです!

\当サイト限定で15,000円キャッシュバック/

従来の4G通信でも速い

ドコモhome5Gは5G通信に対応しているから回線速度が速い

ドコモhome5Gは、従来の4G通信でもかなりスピードが出ます。最大速度は、5G通信なら4.7Gbps、4G通信は1.7Gbpsです。

また、Twitterの口コミ情報によると、実測値は5Gで120~400Mbps、4GLTEで60~180Mbpsです。

最大速度 実測値の目安
5G通信 4.7Gbps
(4,700Mbps)
120~400Mbps
4GLTE通信 1.7Gbps
(1,700Mbps)
60~180Mbps

「5G」「4G/LTE」とは

「5G」「4G/LTE」とは、スマホやモバイルWi-Fiの通信で使う電波の種類のことです。それぞれの大きな違いは通信速度です。5Gは新しい通信技術を使っているので、4Gより高速な通信ができます。

5G通信は一部の地域でしか使えませんが、ドコモhome5Gは4GLTE通信でも60~180Mbps出ます。他社のホームルーターは45Mbps前後なので比較的速いです。

池田さん 池田
以下では、利用者の実際の口コミ評判を紹介します。

利用者の口コミ評判が良い

ドコモhome5Gは利用者の口コミ評判が良い

ドコモhome5Gの口コミ評判は全体的に高評価でした。

「300~400Mbpsで速度が安定している」「5Gのエリア外でも快適」「4日で250GBの通信をしても速度制限されない」という好意的なコメントが多かったです。

ドコモhome5Gは100Mbps以上出ることが多いので、ほとんどの用途で快適にネットができます。

ドコモhome5Gの一番お得な窓口は?

home5Gの最もお得な申し込み窓口は、GMOとくとくBBです。18,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

他の窓口と比較しても還元率が最も高く、メールで簡単に申請できます。

\当サイト限定!18,000円分の特典還元!/
GMOとくとくBBはこちら

申し込み窓口の比較

GMOとくとくBB Wiz NN
コミュニケーションズ
還元額 18,000円分 15,000円 15,000円
受け取り期間 4ヶ月後 不明 1ヶ月後
申請方法 メール 不明 電話

\当サイト限定!18,000円分の特典還元!/
GMOとくとくBBはこちら

ホームルーターの記事
  • 光回線の評判口コミ