JCOMからauひかりに乗り換え!メリットとデメリットや申し込み手順を解説

最終更新日:2022年11月23日
ジェイコムからauひかりに乗り換えのアイキャッチ

JCOMからauひかりの乗り換えについて解説します!auひかりは、auユーザーにとって最もおすすめの光回線です。JCOMと同じく「auスマートバリュー」で1,100円の割引を受けられます。

しかし、JCOMは公式サイトがとてもわかりづらいです。乗り換えに必要な手順、解約にかかる費用を確認できず、諦めてしまうケースも珍しくありません。

この記事では、JCOMからauひかりに乗り換えるメリットデメリットを紹介したのち、費用や手順をわかりやすく説明していきます!

村野(ヒカリク編集部)

各光回線サービスに詳しい。新しい光回線やホームルーターが出るたびに、料金やコンセプトを細かく確認する真面目な性格。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線のキャッシュバックキャンペーン比較7選!一番お得な窓口や乗り換え特典【
記事を読む
2022年最新版光回線ランキングサムネイル
光回線おすすめ比較!インターネット回線の人気ランキングと選び方!【
記事を読む

JCOMからauひかりに乗り換えるメリット5つ

手で〇マークを作っている人のイラスト画像タグ

  • 1.月額料金が安くなるなる
  • 2.auスマートバリューが継続できる
  • 3.auひかりの工事費は実質無料になる
  • 4.au回線はJCOMよりも速い
  • 5.最大66,000円のキャッシュバック最大76,000円キャッシュバック

1.月額料金が安くなる

戸建て マンション
auひかり 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
3,740~
5,720円
JCOM 1年目:6,468円
2年目:7,348円

JCOMからauひかりに乗り換えると月額料金が安くなります。auひかりはJCOMより1,600~3,600円ほど安いです。

また、auひかりは契約年数が継続するほど月額料金が安くなります。長期間で利用を考えている人におすすめです。

2.auスマートバリューが継続できる

au+auひかり auスマートバリューの説明イラスト1画像タグ

JCOMでの適用条件

ネット/電話/TVの内2つの契約が必要

auひかりでの適用条件

ネット/電話の両方契約が必要

JCOMでauのスマホ代が安くなる「auスマートバリュー」を利用していた人は、乗り換え先のauひかりでも継続して使えます

auスマートバリューとは、auユーザーがauと提携している光回線と契約すると、最大1,100円のスマホ割引が適用されるサービスです。

ただし、適用条件がJCOMとauひかりで異なります。auひかりでは、ネットと電話をセットで契約するのが条件です。

JCOMで電話とTVのセットで利用していた人は、ネットも申し込みが必要です。

関連記事

▶auスマートバリューの条件や割引額を解説

auスマートバリューの割引額一覧
割引額
使い放題MAX 5G/4G -1,100円
使い放題MAX 5G/4G
テレビパック
使い放題MAX 5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
タブレットプラン20
ピタットプラン 5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE
(1~7GB)
ピタットプラン 5G(s)
(2~20GB)
-550円
※2GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE(s)
(2~20GB)

3.auひかりの工事費は実質無料になる

現在、auひかりでは工事費が実質無料になるキャンペーンを実施しています。

公式が行っているキャンペーンなので、代理店やauショップなどのどんな窓口から申し込んでも適用されます。

本来だと戸建て41,250円、マンション33,000円かかりますが、キャンペーンによって工事費相当額の割引を毎月分割で受けられる仕組みです。実質無料で開通できます。

ただし、分割払いの途中でauひかりを解約してしまうと、工事費の残債を請求されます。戸建ては3年間、マンションなら2年間はauひかりを利用しましょう。

auひかりの工事費詳細

戸建て マンション
工事費 41,250円
キャンペーンで
実質無料
33,000円
キャンペーンで
実質無料
条件 ネット+ひかり電話 ネットのみ
割引回数 35回 23回

4.au回線はJCOMよりも速い

下り速度
(平均)
上り速度
(平均)
Ping値
(平均)
auひかり 460Mbps 410Mbps 17.7ms
JCOM 228Mbps 30Mbps 34.3ms

JCOMからauひかりに乗り換えると、回線速度が速くなり快適にネットを利用できます。

JCOMは下り速度が228Mbpsですが、auひかりなら2倍の460Mbpsも出ます。上りの速度だとJCOMとauひかりで10倍以上の差があります。

JCOMは上りの速度が遅いのでFPSなどのオンラインゲームに不向きでしたが、auひかりに乗り換えればストレスなく快適に遊べます。

関連記事

▶auひかりの平均回線速度について解説

上り下り/bps/msとは
上り
下り
通信するデータの向きを表しています。上りがアップロード、下りがダウンロードです。一般的に下りの数値が重要視されやすいです。Webサイトや動画などの閲覧に影響するからです。
bps 「bit per second(ビット・パー・セカンド)」の略です。1秒あたりの情報の転送量を指し、数値が大きいほど速度が速いです。
ms 「milli second(ミリ・セカンド)」の略です。1msは1,000分の1秒を指しており、数値が小さいほど安定した通信ができます。

5.高額なキャッシュバックが受け取れる

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

JCOMからauひかりに乗り換える際に、代理店の「NNコミュニケーションズ」経由で申し込めば最大6.6万円最大7.6万円のキャッシュバックが受け取れます。

また、auひかりの回線工事費が無料になるなどのお得な特典も受け取れます。

下記の記事ではauひかりを提供している窓口のキャンペーン内容を比較しています。お得にauひかりへ乗り換えしたい人はぜひ参考にしてください。

お得な申し込み窓口を知ろう
ソフトバンク光キャンペーンサムネイル
auひかりのお得なキャンペーン!キャッシュバックがお得な代理店を徹底比較!
記事を読む
お得な申し込み窓口を知ろう
ソフトバンク光キャンペーンサムネイル
auひかりのお得なキャンペーン!キャッシュバックがお得な代理店を徹底比較!
記事を読む

auひかりで一番お得な窓口はNNコミュニケーションズ

NNコミュニケーションズのメリット

  • 最大66,000円キャッシュバック最大76,000円キャッシュバック
  • ・キャッシュバック率が99%と非常に高い
  • ・キャッシュバックの手続きが簡単

auひかりの申し込み窓口は「NNコミュニケーションズ」が一番おすすめです。キャッシュバックの手続きが最もわかりやすいからです。

申し込み時の確認電話で振込先を伝えるだけなので、99.4%の人がキャッシュバックをもらえています

他の代理店では、手続き方法が複雑だったりキャッシュバックの受け取り期間が1年先など、受け取りづらい仕組みになっています。

損をしたくない人は、確実にキャッシュバックがもらえるNNコミュニケーションズから申し込みましょう。

最大66,000円最大76,000円キャッシュバックがもらえる
NNコミュニケーションズで申し込むと、最大66,000円最大76,000円のキャッシュバックがもらえます。

条件は「ネット+auひかり電話で申し込む」ことです。

ひかり電話をつけずにネット単体で申し込んだ場合は、6,000円下がります。ひかり電話は「auスマートバリュー」の適用条件なので、auユーザーは必ず申し込みましょう。

\最大66,000円キャッシュバック!/
\最大76,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

村野さん 村野

プロバイダ特典でキャッシュバックがもらえるのはSo-net」「BIGLOBE」「@niftyの3社です。

「DTI」や「au one net」などの対象でないプロバイダに申し込むとキャッシュバックはもらえません!

キャッシュバック率99.4%の実績がある
キャッシュバック率
NNコミュニケーションズ 99.4%
GMOとくとくBB 43.4%
フルコミット 32.1%
25 28.4%
グローバルキャスト 35.2%

NNコミュニケーションズからauひかりに申し込めば、ほぼ確実にキャッシュバックがもらえます

上記の表は「東京商工リサーチ」が調査した各代理店の、2020年1月~12月までのキャッシュバック率をまとめたものです。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック率は99.4%と、他社を圧倒的に上回る数字です。なかには30%以下の代理店もあります。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック率が高いのは、受け取り手続きは申し込み時の電話で口座番号を伝えるだけで済むからです。

村野さん 村野

他の代理店では、書類やメールの申請でキャッシュバックを受け取る場合があります。返信を忘れてしまうと、当然もらえません。

しかも、開通から数ヶ月待たないと申請メールが届かないこともあります。高額なキャッシュバックでも、もらえないと意味がありません

\最大66,000円キャッシュバック!/
\最大76,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

JCOMからauひかりに乗り換える6つデメリットや注意点

注意をうながす女の子のイラスト画像タグ

  • 1.乗り換えスタートサポートが使えない
  • 2.違約金や撤去費用が必要な場合がある
  • 3.auひかりTVは地デジとBSに非対応
  • 4.JCOMの撤去工事が必要
  • 5.解約でメールアドレスや電話が使えなくなる
  • 6.低速プランでも十分なら割高になる

1.auひかりの乗り換えスタートサポートが使えない

JCOMからauひかりの乗り換えでは、「乗り換えスタートサポート」が使えません

「乗り換えスタートサポート」とは、他社からの乗り換えで発生した違約金を最大30,000円までauひかりが負担してくれるサービスです。

しかし「auスマートバリュー」が適用されるJCOMは対象外のため、自身で違約金を支払う必要があります。

ただ、auひかりで受け取れるキャッシュバックでJCOMの違約金はほとんど補えます。

村野さん 村野
JCOMの違約金の目安は約3万円です。当サイトおすすめの「NNコミュニケーションズ」経由で申し込めば5万円以上のキャッシュバックがもらえるので、違約金を払っても訳半分は残ります!

2.違約金や撤去費用が発生する場合がある

請求額が高い!なイラスト画像タグ

JCOMは契約更新月以外で解約すると違約金が発生します。加えて、解約に伴う回線の撤去工事の費用も発生します。

解約費用は契約プランによって異なりますが、10,000~20,000円ほど必要です。

更新月や費用の詳細はJCOMの「マイページ」から確認できます。

具体的なJCOMの解約金の詳細は、下記の項目で詳しく解説します。

関連項目

▼JCOMで発生する解約金詳細

3.auひかりTVは地デジとBSに非対応

auひかりのテレビサービス最大2カ月無料

auひかりのTVサービスはNHKや日本テレビが映る地デジやBS放送には対応していません

auひかりを契約して一般のテレビ番組を見る場合は、地デジ用のアンテナを立てるかJCOMのTV契約を残す必要があります。

アンテナで地デジの受信が困難な地域は、ネット回線だけの解約がおすすめです。

4.JCOMの撤去工事が必要

室内の光回線工事のイメージイラスト

JCOMからauひかりに乗り換える際は、JCOM回線の撤去工事が必要です。

JCOMはケーブルテレビの固定回線からインターネットに繋げているので、設備を残しても他の光回線と使いまわせません

auひかりだけでなく、ドコモ光やNURO光などに乗り換える際にも撤去工事は必須です。

JCOM NET契約者は工事不要にできるがネットが使えない期間ができてしまう

「JCOM NET1G/5G/10G」プランはauの光回線を利用しているので、auひかりへの乗り換えで工事を不要にできます。

ただし、auひかりの申し込みより先にJCOMの解約が必須です。そのため、ネットが使えない期間が発生してしまいます

ネットが使えなくなる期間をさけるなら、先にauひかりの回線工事をしてからJCOMの解約の連絡をしましょう。

村野さん 村野
ポケットWi-Fiやスマホのテザリング機能を使って、光回線が使えなくなる期間を補える人は工事不要でも大丈夫ですね。

JCOMの撤去工事は「部分撤去」と「全撤去」の2種類ある

JCOMを解約したときの撤去工事は「部分撤去」と「全撤去」の2パターンあります。

「部分撤去」は作業員がレンタル機器を回収するだけです。「全撤去」はレンタル機器の回収と、電柱から建物まで引き込み線まで撤去する方法です。

撤去方法は選べることが多いので、費用が安く済む部分撤去にするのがおすすめです。部分撤去の費用は5,280円ですが、全撤去は10,780円かかります。

村野さん 村野
賃貸物件に住んでいる場合は、管理会社や大家さんに事前確認した上で撤去の方法を選びましょう。あとでトラブルになる可能性があります。

5.JCOMの解約で固定電話が使えなくなる

JCOMのサービスをまとめて解約すると、固定電話が使えなくなります。固定電話を使うには、auひかりの固定電話が必要です。

もし、TVや電話のサービスを残したい場合は、JCOM解約の連絡時に「ネット回線のみの解約希望を」伝えましょう。

また、auの光電話に乗り換える際に、電話番号を引き継げない場合があります。下記の表にまとめたので参考にしてください。

参考サイト

▶電話番号継続の詳細について(au公式)

JCOMからauひかりに引き継げる電話番号

電話番号を発番した
当時の電話サービス
番号継続可否
NTT加入電話
JCOM「JCOM PHONE」 ×

低速プランでも十分なら割高になる

月額料金
JCOM 12Mコース
(12Mbps)
3,476円
JCOM 40Mコース
(40Mbps)
4,576円
auひかり 戸建て
(1Gbps)
3,740~5,720円
auひかり マンション
(1Gbps)
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円

JCOMには回線速度が遅い分、月額料金が安く設定されているプランがあります。auひかりより1,000円ほど月額料金が安いです。

あまりネットを使わず遅い速度でも十分な人が、auひかりに乗り換えると割高になってしまいます。

auひかりは1Gbpsの回線速度が出ますが、SNSをみたりメールのやり取りをする程度ならJCOMの低速プランから乗り換える必要はありません。

JCOMからauひかりへの乗り換え費用詳細

費用は?と疑問を持つ電卓を抱きかかえた女の子のイラスト画像タグ

  • 1.auひかりの事務手数料
  • 2.auひかりの工事費(実質無料)
  • 3.JCOMの違約金
  • 4.JCOMの撤去工事費用
  • 5.JCOMの工事費残債
  • 6.JCOMの利用料金

1.auひかりの契約に3,300円の事務手数料がかかる

JCOMからauひかりに乗り換える際はauひかりの事務手数料3,300円がかかります。

事務手数料はauひかりに限らず、ほとんどの光回線で請求されます。

2.工事費はキャンペーンで無料になる

auひかり 工事費実質無料キャンペーン画像タグ

auひかりは、公式キャンペーンで開通工事費を実質無料にしてくれます。2~3年継続して利用すれば、工事費の分割金額と同額を毎月割引する仕組みです。

ただし、工事費の支払い期間内に解約してしまうと、割引が終了し工事費の残債を実費で請求されます。

3.違約金は契約した時期で変わる

契約したタイミング 違約金
2022年6月30日まで 3,850~38,500円
2022年7月1日以降 1,100~4,950円

J:COMの違約金は、2022年7月1日に金額が改定されました。ただし、2022年6月30日までの契約は、従来の違約金が適用されます。

そのため、同じ内容のプランでも契約したタイミングで費用が異なることがあります。間違えないようにしましょう。

2022年6月30日までに契約した場合のプランごとの違約金

戸建て マンション
スマート
お得プラン
22,000円 11,000円
スマート
お得プラン+
スマート
お得プランミニ
9,350円 3,850円
スマート
お得プランミニ+
スマートもっと
お得プラン
(九州限定)
1年目:38,500円
2年目:27,500円
3年目:16,500円
27,500円
スマート
お得セレクト
16,500円 11,000円
スマートお得
オンデマンド
NETパック 9,350円 9,350円
J:COM NET
特別コース

2022年7月1日以降に契約した場合のプランごとの違約金

戸建て マンション
スマート
お得プラン
4,950円
スマート
お得プラン+
スマート
お得プランミニ
1,100円
スマート
お得プランミニ+
スマートもっと
お得プラン
(九州限定)
4,400円
スマート
お得セレクト
4,950円

違約金を払いたくなければ更新月に解約する

戸建て マンション
契約期間 2年間
(24ヶ月)
1年間
(12ヶ月)
更新月
(違約金不要で解約できる)
満了月と翌月
(24~26ヶ月目)
満了月と翌月
(12~13ヶ月目)

J:COMは更新月のタイミングで解約すれば、違約金を請求されません。更新月とは、契約期間満了後の無料で契約内容を変更できる期間のことです。

J:COMの契約期間は、戸建てなら2年間、マンションだと1年間です。更新月は契約満了月・翌月・翌々月の3ヶ月間です。

戸建てなら24~26ヶ月目、マンションは12~14ヶ月目なら違約金なしで解約可能です。J:COMを解約する場合は、なるべく更新月を選びましょう。

村野さん 村野
JCOMの一部のプランは、契約期間が戸建て3年、マンション2年の場合があります。解約する際はマイページ上で契約期間を確認しておきましょう。

4.JCOMの撤去工事費は5,280~10,780円かかる

部分撤去 全撤去
戸建て 5,280円 10,780円
集合住宅 5,280円
集合住宅
(直接配線方式)
10,780円

JCOMの撤去工事は「部分撤去」と「全撤去」で料金が異なります

アパートやマンションなら、部分撤去と全撤去の費用は変わらず5,280円です。

ただし、お部屋に直接ケーブルを引き込む「直接配線方式」の場合は、必然的に全撤去方式となり、10,780円かかります。

ちなみに、賃貸物件だと管理会社の意向で撤去工事の種類が決まっていることがあります。

2022年7月1日以降に契約した場合は金額が違う

部分撤去
(部分解約)
全撤去
(全解約)
戸建て 4,950円 10,780円
マンション 4,950円
マンション
(直接配線方式)
10,780円

2022年7月1日以降の契約は部分撤去費が4,950円です。契約内容の規定が変わり、費用が少し安く設定されています。

5.JCOMを短期解約すると工事費残債が一括請求される

JCOMを短期解約すると工事費残債が一括請求される

マンション 戸建て
工事費 13,200円 39,600円
分割期間 12ヶ月/24ヶ月 24ヶ月/36ヶ月
1ヶ月あたりの
負担額
12ヶ月:1,100円
24ヶ月:550円
24ヶ月:1,650円
36ヶ月:1,100円

JCOMの開通工事費は分割払いです。解約時に工事費を払い終えていなければ、残債を一括払いする必要があります

上表は、建物種別ごとの工事費用と分割期間をまとめたものです。マンションで1年未満、戸建てで2年未満に解約する人は、工事費残債の支払いが発生します。

ちなみに、JCOMはキャンペーンで「工事費実質無料」になっている可能性が高いです。実質無料の仕組みは、工事費の分割払いと同じ金額が毎月割引される仕組みです。

工事費払い終える前に解約した場合は、工事費の残り分の支払いが必要です。工事費の残債分は割引を受けられないからです。

2022年6月以前に契約した人の工事費残債

集合住宅
(12回)
集合住宅
(24回)
戸建て
(24回)
戸建て
(36回)
開通時 13,200円 39,600円
6ヶ月目 6,600円 9,900円 29,700円 33,000円
12ヶ月目 完済 6,600円 19,800円 26,400円
18ヶ月目 3,300円 9,900円 19,800円
24ヶ月目 完済 完済 13,200円
30ヶ月目 6,600円
36ヶ月目 完済
集合住宅
(12回)
集合住宅
(24回)
戸建て
(24回)
戸建て
(36回)
開通時 13,200円 39,600円
6ヶ月目 6,600円 9,900円 29,700円 33,000円
12ヶ月目 完済 6,600円 19,800円 26,400円
18ヶ月目 3,300円 9,900円 19,800円
24ヶ月目 完済 完済 13,200円
30ヶ月目 6,600円
36ヶ月目 完済

2022年7月1日以降の契約は工事費が違う

マンション 戸建て
工事費 18,480円 47,520円
分割期間 12ヶ月/24ヶ月 24ヶ月/36ヶ月
1ヶ月あたりの
負担額
12ヶ月:1,540円
24ヶ月:770円
24ヶ月:1,980円
36ヶ月:1,320円

2022年7月1日以降の契約からは工事費が変わりました。1ヶ月あたりの分割額が違うので残債の計算を間違えないようにしましょう。

2022年7月以降に契約した人の工事費残債

マンション
(12回)
マンション
(24回)
戸建て
(24回)
戸建て
(36回)
開通時 18,480円 47,520円
6ヶ月目 9,240円 13,860円 35,640円 39,600円
12ヶ月目 完済 9,240円 23,760円 31,680円
18ヶ月目 4,620円 11,880円 23,760円
24ヶ月目 完済 完済 15,840円
30ヶ月目 7,920円
36ヶ月目 完済
マンション
(12回)
マンション
(24回)
戸建て
(24回)
戸建て
(36回)
開通時 18,480円 47,520円
6ヶ月目 9,240円 13,860円 35,640円 39,600円
12ヶ月目 完済 9,240円 23,760円 31,680円
18ヶ月目 4,620円 11,880円 23,760円
24ヶ月目 完済 完済 15,840円
30ヶ月目 7,920円
36ヶ月目 完済

6.JCOMの利用料金は日割りにならない

光回線は一般的に初月の利用料金は日割り計算になります。しかしJCOMの利用料金は日割りになりません

解約月は、必ず1ヶ月分の利用料金が請求されるため「JCOMの解約」と「auひかりの開通日」は月末のほうがお得です。

例えば、JCOMを11月1日解約、auひかりを11月1日開通にすると、JCOMとauひかりの利用料はそれぞれ1ヶ月分かかるので、割引なし換算で5,000円ほど損します。

JCOMからauひかりへの乗り換え手順

スマホで申し込みをする人のイラスト画像タグ

  • 1.auひかりに新規申込をする
  • 2.auひかりの開通工事日を決める
  • 3.JCOMの解約手続きをする
  • 4.回線の開通工事に立ち会う
  • 5.通信機器の接続設定をする
  • 6.JCOMの撤去工事に立ち会う

1.auひかりに新規申し込みをする

PCで調べものしている人のイラスト

まずは、auひかりに新規申し込みをしましょう。おすすめの窓口は最大6.6万円最大7.6万円のキャッシュバックがもらえる「NNコミュニケーションズ」です。

また、So-netをプロバイダに選ぶとキャッシュバック額が10,000円増額されます。

ちなみに、auの光電話やTVサービスを利用したい人は、初めに申し込んでおくのがおすすめです。

後日、光電話やTVを申し込むと改めて別日の工事が必要になり二度手間になります。

先にJCOMを解約するのは避けましょう。ネットが使えなくなる期間ができてしまうためです。

\最大66,000円キャッシュバック!/
\最大76,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

2.auひかりの開通工事日を決める

問い合わせの電話をかけているイラスト

新規申し込みが完了すると、申し込んだ窓口から契約の内容確認と開通工事日の日程を調整します。

開通工事には立ち会いが必要なので、都合の良い日程を調整しましょう。

土日祝日に開通工事を希望すると別途費用3,300円が発生します。

3.JCOMの解約手続きをする

auひかりの工事日が決まったら、JCOMの解約手続きをします。ネットが使えなくなる期間をなくすため、auひかりの開通工事日以降の解約がおすすめです。

解約は電話かWebサイトから可能です。Webからだと折り返しの電話待ちが必要なので、電話からが手短に済みます。

また、JCOMは地域によって最終的な解約窓口が違います。カスタマーセンターに電話をかけ、担当の窓口を教えてもらいましょう。

解約の電話では、撤去工事の内容と日程も決定します。なるべく解約日ギリギリまで使えるように撤去工事日を調整するのが良いです。

JCOMへの連絡先

J:COMカスタマーセンター 0120-999-000(受付時間:9時~18時)
J:COM解約受付ページ 解約フォームはこちら

4.回線の新規開通工事に立ち会う

電柱から一軒家に光ケーブルを引いている工事の様子のイラスト画像タグ

立ち会いのもと、光回線の工事を行います。工事は原則本人の立ち会いが必要なので、事前に日程調整をしておきましょう。

auひかりの工事は、屋外・宅内の両方の工事になるため、全部で1~2時間ほどかかります。その間は立ち会いが必要なので、当日は時間を空けておきましょう。

5.通信機器の接続設定をする

LANケーブル2つ持って比べているイラスト

接続手順一覧

  1. 1.ONUと光コンセントを接続する
  2. 2.ONUとホームゲートウェイを接続する
  3. 3.パソコンや電話に接続する
  4. 4.配線が終わったら電源コンセントを挿し込む
  5. 5.パソコンやスマホの設定をする

auひかりが開通したら、上記にまとめた手順にそって通信機器を設定します。

契約したプランや届いた通信機器によって詳細が異なるので、下記の参考資料から自分に合った設定ガイドを参考にしてください

参考資料

▶auひかり接続設定ガイド一覧(公式)

6.JCOMの撤去工事に立ち会う

ダンボールを受け渡しているイラスト画像タグ

JCOMの撤去工事に立ち会います。原則、JCOMを解約すると作業員がレンタル機器を回収しに来ます。

建物の状況によっては、自分が住んでいる部屋だけでなく、アパートやマンションの共有部での作業が発生する場合があります。

共有部での作業がある場合は、管理会社に「JCOMの撤去作業で共有部分の作業がある」ということを日程と合わせて伝えておくとトラブルになりにくいです。

稀に郵送でレンタル品を返却することがある

JCOMへ返却する機器の例

  • ・セットトップボックス(リモコン含む)
  • ・ケーブルモデム
  • ・電話用モデム
  • ・各機器付属のACアダプタ
  • ・レンタルHDD
  • ・メッシュWi-Fi

JCOMは、稀に撤去工事ではなく「レンタル品を郵送してください」という案内を受けることがあります。

レンタル品を期日以内に返却しなかった場合は買取になってしまうことがあります。なるべく早めに機器返却しましょう。

JCOMの主なレンタル品の買取価格
機器の名称 買取価格
テレビ STB
(セットトップボックス)
6,000円
SmartTVBox 7,500円
4K STB 22,000円
HDD内蔵4K STB 29,000円
録画用HDD 6,000円
160M無線モデム 5,000円
無線D-ONU 7,000円
ネット HGW
(ホームゲートウェイ)
13,000円
高速用/D-ONU 17,000円
高速用/HGW 19,000円
関連サイト(公式サイト)

▶JCOMのレンタル機器の買取価格の詳細

auひかりはNNコミュニケーションズから申し込むのが一番お得

auひかりに申し込むなら正規代理店のNNコミュニケーションズが一番おすすめです。

ほかの代理店と比べて手続きが簡単で、キャッシュバックの受け取り率が99%と高いからです。しかも最大6.6万円最大7.6万円のキャッシュバックがもらえます。

NNコミュニケーションズのメリット

  • キャッシュバック率が99%と非常に高い
  • 最大66,000円のキャッシュバック最大76,000円キャッシュバック
  • ③利用者からの評価が極めて高い
  • ④工事費が実質無料になる
  • ⑤KDDIから15期連続で表彰されている
  • ⑥キャッシュバック手続きが電話だけで完結

実際にキャッシュバック率を比較したデータを見ると、他の代理店より圧倒的に高いことがわかります。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック率

どれだけキャッシュバック金額が多くても、実際にもらえなければ意味がありません。受け取れずに後悔しないためにも、NNコミュニケーションズから申し込みましょう!

\最大66,000円キャッシュバック!/
\最大76,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口
結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で40,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える10月31日まで限定キャンペーン実施中11月30日まで限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大66,000円のキャッシュバック最大76,000円キャッシュバック
独自回線なので通信品質がとても良い 一番お得なキャンペーン窓口
楽天ひかり 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が+1倍
4月5日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
最大で5.2万円還元(12/27まで) 一番お得なキャンペーン窓口
使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめ

スマホセット割でお得になることを表現したイラスト

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、楽天ひかりは楽天モバイルと組み合わせれば光回線の料金が1年間無料になります。

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならhome5G

ドコモhome 5Gのロゴ

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、ホームルーターのhome5Gがおすすめです。ドコモのスマホと同じ回線を使っているので、日本全国どこでも利用できます。

また、工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。

さらに、5G対応で最大通信速度は4.2Gbpsと速いです。実測値の平均も200Mbpsあり、光回線と同じくらい快適に使えます!

\当サイト限定!18,000円分の特典還元!/
home5Gの一番お得な窓口はこちら
J:COM光の記事
  • 光回線の評判口コミ
    ドコモhome5G(GMOとくとくBB)のバナー