楽天ひかりとOCN光の違いを徹底比較!乗り換えるならどっちにすべき?

最終更新日:2022年05月13日
楽天ひかりとOCN光乗り換えるならどっち?のアイキャッチ

楽天ひかりとOCN光の違いを徹底比較します!「楽天ひかりとOCN光はどっちがいいんだろう」「光回線を安く使いたいけどよくわからない」といった疑問を持っていませんか?

結論としては楽天モバイルユーザーなら楽天ひかり一択です!セット割で1年間の通信料が無料になるため、ほかの光回線よりも断トツで安くなります。

楽天ひかりがオススメな人
  • ・楽天モバイルを利用している
  • ・楽天モバイルに乗り換えたい
  • ・楽天関連のサービスを利用している
OCN光がオススメな人
  • ・OCNモバイルを使っている
  • ・安くて速い回線を使いたい

今回は2つの光回線を価格・速度・キャンペーンといった様々な点で比較していきます。

光回線 おすすめ理由
楽天ひかりのロゴ 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が上がる
IPv6接続で回線速度も速い 一番お得なキャンペーン窓口
OCN光 全国対応の光回線の中で最安クラス
マンションの月額料金が業界最安クラス
OCNモバイルとのセット割がある
ゲーマー向けの高速オプションがある一番お得なキャンペーン窓口
田村

元携帯ショップ店員。安さを求めて、これまでに10社のスマホキャリアを利用してきた経歴を持つ。現在は楽天モバイルとLINEMOを併用中。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
】光回線のキャッシュバックキャンペーン比較一覧!お得な選び方や即日窓口について
記事を読む
おすすめの光回線
】おすすめの光回線を徹底解説!
記事を読む

楽天ひかりとOCN光の比較早見表

楽天ひかり OCN光
戸建ての
月額料金
5,280円 5,610円
マンションの
月額料金
4,180円 3,960円
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度 222Mbps 270Mbps
契約期間 3年 2年
解約金 10,450円 11,000円
キャンペーン スマホとセットで
1年間無料
(4/5まで)
スマホ
セット割
なし 1回線ごとに
220円割引
戸建て
工事費
19,800円 19,800円
マンション
工事費
10,450円 16,500円

楽天ひかりとOCN光の最も大きな違いはキャンペーンです。

楽天ひかりは楽天モバイルとあわせて使うと1年間無料になります。一方、OCN光は特筆すべきキャンペーンを実施していません。

楽天モバイルと併用するなら、楽天ひかりのほうがOCN光よりも断然お得です。

楽天ひかりとOCN光の月額料金の違い

電卓を持った女の子のイラスト

楽天ひかり OCN光
戸建て料金 5,280円 5,610円
マンション料金 4,180円 3,960円

戸建てだと楽天ひかりが安く、マンションならOCN光がお得です。

ただし、 現在、楽天ひかりはお得なキャンペーンを実施しているため、特典を適用した状態で比較しましょう。

キャンペーンを適用できるなら楽天ひかりのほうがお得

キャンペーンの割引を適用するならOCN光よりも楽天ひかりのほうがお得です。

楽天ひかりは、楽天モバイルと併用することで1年間の月額料金が無料になります。また、その他スマホユーザーでも1年間割引が受けられてお得です。

楽天ひかりの割引キャンペーン

楽天モバイルとセットで1年間月額料金0円
楽天ひかりだけの場合は1年間月額料金2,200円割引

田村さん 田村

以下では、キャンペーン適用後の料金を戸建て・マンションでまとめています。楽天モバイルの有無で切り替えられるので、ぜひ活用してください。

キャンペーン適用後の料金【戸建て】

楽天ひかり OCN光
1~12ヶ月 0円 5,610円
13ヶ月目以降 5,280円
3年総額 126,720円 201,960円
楽天ひかり OCN光
1~12ヶ月 3,080円 5,610円
13ヶ月目以降 5,280円
3年総額 163,680円 201,960円

戸建ての場合は楽天ひかりがオススメです。楽天モバイルの契約有無に関わらず、楽天ひかりの3年間の総額のほうがOCN光より安くなるからです。

キャンペーン適用後の料金【マンション】

楽天ひかり OCN光
1~12ヶ月 0円 3,960円
13ヶ月目以降 4,180円
3年総額 100,320円 142,560円
楽天ひかり OCN光
1~12ヶ月 1,980円 3,960円
13ヶ月目以降 4,180円
3年総額 124,080円 142,560円

マンションやアパートの場合でも、楽天ひかりのほうがオススメです。

楽天モバイルユーザーなら、楽天ひかりは100,320円、OCN光が142,560円です。楽天ひかりのほうが4万円以上安いです。

楽天モバイルを使わない場合でも、楽天ひかりのほうが約2万円安いです。

田村さん 田村
以下では、2社のキャンペーンをより詳しく解説していきます。

どちらもお得なキャンペーンを実施している

キャンペーン一覧
楽天ひかり ・楽天モバイルとセットで1年間無料
・楽天モバイルとセットで工事費無料
・コラボ光から乗り換えの場合は1万円還元
・楽天ポイントの還元率が+1倍
OCN光 ・OCNモバイルONEとのセット割
・IPoEアドバンスが初月無料

楽天ひかりのキャンペーン一覧

  • ・楽天モバイルとセットで1年間無料
  • ・楽天ポイントの還元率が+1倍

楽天モバイルユーザーなら楽天ひかりが1年間無料のイラスト

楽天ひかりは、楽天モバイルとセットで利用すると、1年間の通信費が無料になります。さらに、開通工事費もかかりません。

月額料金と開通工事費を合計すると戸建てだと83,160円、マンションなら66,660円もお得になります。

また、楽天モバイルを使わない場合は、1年間毎月2,200円の割引を受けられます。

楽天のポイント還元率アップ

楽天サービスの愛用者のイラスト

楽天ひかりを利用すると楽天市場を利用したときにもらえるポイントが+1倍になります。

楽天ユーザーは「SPU」(スーパーポイントアッププログラム)によって、楽天関連サービスのポイント還元率が上がっていきます。

楽天ひかりも対象になっているので楽天系サービスをたくさん利用する人にオススメです。

SPU対象のサービス一覧

SPUの対象となる楽天のサービスを一覧にまとめました。全てのサービスを網羅すれば、還元率は15倍になります。

ポイント倍率
楽天ひかり +1倍
楽天モバイル +1倍
楽天カード +2倍
楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード
+2倍
楽天銀行+楽天カード +1倍
楽天保険+楽天カード +1倍
楽天証券 +1倍
楽天トラベル +1倍
楽天モバイルキャリア決済 +0.5倍
楽天市場 +0.5倍
楽天ブックス +0.5倍
楽天kobo +0.5倍
楽天Pasha +0.5倍
RakutenFashion +0.5倍
楽天TV・NBARakuten +1倍
楽天ビューティー +1倍

通常は10,000円の買い物で100ptが還元されます。還元率が最大の場合は、同じ購入額でも1500pt還元されるようになります。

\楽天モバイルユーザーは1年間無料!/
3月1日~4月5日までの限定キャンペーン中
\新規は工事費無料!乗り換えなら1万円が貰える!/
楽天ひかりキャンペーンページ

OCN光はOCNモバイルONEを利用しているとスマホ代割引

OCN光セット割の解説イラスト

OCNが提供している格安simサービスの「OCNモバイルONE」を併せて使うことで、1端末あたり220円の割引が受けられます。家族でOCNモバイルを使っていたりするとお得です。

例えば、家族4人でOCNモバイルを使っていてOCN光を契約すると、スマホ代が合計880円安くなります。

OCN ADSL「フレッツ」を使っていた場合

OCN ADSL「フレッツ」を利用していて、OCN光に乗り換える場合は、別のキャンペーンがあります。

OCN ADSL「フレッツ」を利用していると、今回のキャンペーンは適用できないので注意してください。

OCN ADSL「フレッツ」キャンペーン
  • ①新規回線工事費が最大18,000円まで無料
  • ②2年目までの月額料金割引
  • ③戸建ては14,000円、マンションは4,000円のキャッシュバック

\全国対応の光回線で特に速度が速い!/
OCN光の公式サイトはこちら

回線速度はOCN光のほうが速い

回線速度は、楽天ひかりよりもOCN光のほうが速いです。下記の表は「みんなのネット回線速度」というサイトを参考に、実際の利用者の平均速度をまとめたものです。

楽天ひかり OCN光
最大速度 1Gbps
平均速度
(下り)
222Mbps 270Mbps
平均速度
(上り)
190Mbps 194Mbps
応答速度 26.98ms 22.94ms

光回線の通信速度を比較するときは「平均速度」を比較したほうがいいです。光回線事業者が公表している「最大通信速度」は理論上の数値だからです。実際同じNTT回線事業者同士でも「平均速度」は会社によって異なります。

スピードテストをする人のイラスト

楽天ひかり222Mbps、OCN光270Mbpsです。ただし、日常的な利用であれば100Mbpsあれば快適に利用できます。どちらを選んでも普段のネットの利用に不便はありません。

通信速度の「bps」とは

  • 「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した単位です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

応答速度の「ms」とは

  • 「ms」とは、1回のデータの送受信にかかる時間を表した単位です。数値が小さいほど応答が速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

  • 通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。
快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な通信速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な通信速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

IPv6は楽天ひかりとOCN光のどちらも対応している

IPv6を利用したIPoE通信はどちらも対応しています。

IPv6とはIPv4から進化した新しいIPアドレスの管理の仕方です。IPv6に対応した通信方式を利用することで、今までより高速化した通信を実現しています。

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

関連記事

▶IPv6とは?確認方法などを初心者にわかりやすく解説!

楽天ひかりのIPv6の注意点

楽天ひかりは 現在、ルーターのレンタルを行っていません。IPv6に対応したルーターを自分で用意する必要があります。

さらに、楽天ひかりはクロスパス対応ルーターを用意しなければ、IPv6が利用できません。自分で購入する際には注意が必要です。

IPv6対応のルーターを買おうとする女の子のイラスト

楽天ひかりの公式HPでは、対応しているルーターが複数紹介されているので、そちらから購入すれば問題ありません。

関連記事

▶楽天ひかりにオススメの対応ルーターとは?

OCN光のIPv6について

OCN光では、IPv6に対応したルーターを月額550円でレンタルできます。自分で探して購入する必要がないので、詳しくない人でも安心です。

自分で購入する際にも公式サイトで3,980円から購入できます。

2021年6月からIPoEアドバンスという上位プランの提供が開始された

OCN光には「IPoEアドバンス」という、より上位のIPv6オプションもあります。通常のIPv6よりもラグが少なく遅延に強いため快適なインターネット環境も実現できます。

IPoEアドバンスのロゴ

ただし、追加料金として月額1,848円がかかります。

IPoEアドバンスでなくてもIPv6通信は可能なので、オンラインゲームや仕事で大容量通信をしないのであれば通常プランで十分です。

関連記事

▶OCN光のIPoEアドバンスは速くなる?サービスの全貌と申し込み方法を解説!

対応エリアはどちらも全国対応

日本地図のイラスト

楽天ひかりとOCN光はどちらもフレッツ光を利用した光コラボ回線なので、基本的に日本全国で利用できます。

急な引っ越しがあったとしても継続して使えるので、解約金で無駄な出費がかかりません。

契約期間は楽天ひかりのほうが長い

カレンダーを見て期間を待っているイラスト

楽天ひかり OCN光
契約期間 3年 2年
解約金 10,450円 11,000円
期限なしプラン なし あり

楽天ひかりは契約期間が3年と一般的な光回線の契約と比べて長く設定されています。更新月以外で解約する際は10,450円がかかるので注意しましょう。

OCN光も2年以内の途中解約の場合は11,000円かかります。解約は更新月にしたほうが無駄な出費を抑えられます。

OCN光の期限なしプラン
OCN光には期限なしプランもありますが、月額料金が毎月1,000円程度高くなります。キャンペーンも対象外になります。直近で引っ越しの予定があるなどの特別な理由がなければ、2年プランをオススメします。

契約期間なし 2年契約 差額
マンション 5,170円 3,960円 1,210円
戸建て 6,820円 5,610円 1,210円

楽天ひかりとOCN光はプロバイダと一体型の光回線

楽天ひかり OCN光
楽天ブロードバンド OCNプロバイダ

プロバイダとはインターネットに接続するために必要となる窓口です。

本来は光回線と別々で契約が必要だったものですが、近年は回線契約と一体型のものが増えています。インターネットの料金がまとめて請求されるためわかりやすいです。

楽天ひかりとOCN光は一体型のため、上記以外のプロバイダは選択できません。乗り換えの際には、プロパイダが変更になるので気をつけましょう。

オプションサービスはOCN光のほうが充実している

オプションサービスを比較すると、楽天ひかりよりもOCN光のほうが豊富です。

自分に必要なサービスがカバーされているか、契約する前に確認しましょう。

主なオプションサービスをご紹介します。

楽天ひかりで利用できるオプション

楽天ひかりで利用できる主なオプションは以下の3つです。

電話設定サポート(2回目以降2,200/月)

初回無料(開通後60日間以内)で、PC1台+スマホ、タブレット、ゲーム機、TVのいずれか2台まで設定してもらえるサービスです。

スーパーセキュリティ(385円/月)

3台まで12ヶ月無料で使えるセキュリティソフトです。Windows、Mac、Androidに対応していて、組み合わせは自由です。セキュリティ能力が高いビットディフェンダー・エンジンを搭載しています。

ひかり電話(550円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。従来のアナログ電話の料金と比べると、月額550円と安く利用できます。

\楽天モバイルユーザーは1年間無料!/
3月1日~4月5日までの限定キャンペーン中
\新規は工事費無料!乗り換えなら1万円が貰える!/
楽天ひかりキャンペーンページ

OCN光で利用できる主なオプション

OCN光で利用できる主なオプションは以下の6つです。

IPoEアドバンス(1,848円/月)

従来のIPv6接続であるIPv4 over IPv6より、高品質で超快適なインターネット環境へアップデートする有料オプションです。従来の帯域幅の3倍の経路、WindowsUpdateなどの大きなデータ通信を自動分離することで、より混雑に強くなっています。

OCN V6アルファ(550円/月)

Wi-Fiルーターのレンタル、セキュリティ対策機能や遠隔サポートなど、ルーターでの接続やセキュリティ対策のサポートをしてくれるオプションです。

マイセキュア(275~550円/月)

5台まで利用できるセキュリティソフトです。Webroot社が提供します。OSはWindows、Mac、Androidに対応していて、組み合わせは自由です。

ひかりTV for OCN(2年契約1,650円/月)

ひかりTV for OCNに加入すると、50種類の専門チャンネルや、13万以上のビデオオンデマンドが視聴できます。OCN光の通信回線を利用するためアンテナ工事等は不要です。

OCN光テレビ(825円/月)

OCN光を利用して、地上デジタル放送や無料のBS放送が視聴できます。別途有料契約すると、スカパーも視聴できます。

ひかり電話(550円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。月額550円なので、従来のアナログ電話の料金と比べると、かなり安く利用できます。

\全国対応の光回線で特に速度が速い!/
OCN光の公式サイトはこちら

楽天ひかりは公式サイトからの申し込みが最もお得

楽天ひかりは公式サイトから申し込むのが最もおすすめです。楽天のスマホとセットで利用すれば、月額料金が1年間無料になる破格のキャンペーンを実施しているからです!

楽天ひかり公式サイトのメリット

  • 楽天モバイルとセットで1年間無料で使える
  • ・楽天市場のポイント還元率が+1倍になる
  • ・他社スマホでも月額料金の割引がある
  • 楽天モバイルとセットで1年間無料で使える
  • 3/1~4/5までの期間限定キャンペーン中
  • ・楽天市場のポイント還元率が+1倍になる
  • ・他社スマホでも月額料金の割引がある

無料キャンペーンを適用すれば、マンションなら50,160円、戸建てなら63,360円もお得に利用できます。

さらに3月1日~4月5日までの期間限定で、新規なら工事費が完全無料、他社からの乗り換えなら1万円キャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中です!

楽天ひかりは3月1日~4月5日まで限定キャンペーンを実施中

楽天ひかりを契約するなら、お得なキャンペーン期間中に公式サイトから申し込みましょう!

\楽天モバイルユーザーは1年間無料!/
3月1日~4月5日までの限定キャンペーン中
\新規は工事費無料!乗り換えなら1万円が貰える!/
楽天ひかり公式のサイトはこちら

OCN光は回線速度が速くて安定しているおすすめの光回線

OCN光は、回線速度が速く安定している光回線です。ラグが少なく遅延に強いため、オンラインゲームやテレワークなどに向いています

回線速度が速いのは、OCN光が「IPv4 over IPv6」という新しい接続方式を標準提供しているからです。無料で、従来よりも速い通信を利用できます。

また、さらに快適な速度を求めるなら「IPoEアドバンス」の利用もおすすめです。月額1,848円の有料オプションですが、どの光回線よりも安定したネット環境を構築できます。

全国対応の光回線で、回線速度を重視するならOCN光がおすすめです!

\全国対応の光回線で特に速度が速い!/
OCN光の公式サイトはこちら

楽天ひかりとOCN光のあいだで乗り換える際の注意点

注意をうながす女の子のイラスト

①楽天ひかりから乗り換えると1年無料キャンペーンがなくなる

楽天ひかりを契約してから1年間は乗り換えをオススメしません。

楽天ひかりの利用開始から1年以内にOCN光に乗り換えると無料キャンペーンから外れてしまいます。乗り換えるタイミングを正しく判断しないと、大きく損をしてしまいます。

②楽天ひかりから乗り換えるとポイント還元率が下がる

楽天ひかりのサービス利用中は、楽天ポイントの還元率が+1倍されています。楽天ひかりは、スーパーポイントアッププログラムの対象サービスだからです。

スーパーポイントアッププログラムとは、楽天のサービスを利用する数によって、楽天ポイントの還元倍率が加算される仕組みです。

そのため、楽天ひかりから乗り換えると楽天ポイントの還元率が下がります。楽天のサービスをたくさん利用する人は、デメリットを考慮して乗り換えの検討をしましょう。

③新規契約ではなく事業者変更で乗り換える

楽天ひかりとOCN光は、どちらもフレッツ光の回線網を使っている「光コラボ」なので事業者変更で回線を変更できます。

事業者変更は新規契約とは違い開通工事費が不要です。新規契約してしまうと、工事費がかかってしまうので、必ず事業者変更を選択しましょう。

光コラボから光コラボに事業者変更の説明イラスト

④違約金が不要な月に乗り換えるべき

どちらの光回線も、乗り換える際は契約更新月に解約することを心がけましょう。

更新月以外に解約してしまうと、11,000~14,500円の違約金が発生してしまうため、余計な費用がかかってしまいます。

どうしても更新月以外に乗り換えたい場合は、他社の違約金を負担してくれる光回線を選びましょう。更新月以外でも違約金なしで乗り換えが可能です。

楽天ひかりの現在実施しているキャンペーンでは、光コラボからの乗り換えの負担が軽減されています。光コラボからの乗り換えで10,000円のキャッシュバックが受けられるからです。

⑤無線ルーターが別途必要

もしも、元の光回線でルーターをレンタルしていた場合は、乗り換え時に返却しなくてはいけません。きちんと返却しないと、違約金を請求される可能性があります。

その後、乗り換え先にあった方法で新しいルーターを用意しましょう。

楽天ひかりはルーターのレンタルを実施していないので、乗り換え後は自分で購入する必要があります。

楽天ひかりとOCN光の比較まとめ

楽天モバイルを利用している方、楽天関連サービスをよく利用する方なら楽天ひかりがオススメです。1年間基本料無料で総額60,000円以上もお得に使えるからです。

光回線 おすすめ理由
楽天ひかりのロゴ 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率があがる
IPv6接続で回線速度も速い 一番お得なキャンペーン窓口
OCN光 全国対応の光回線の中で最安クラス
マンションの月額料金が業界最安クラス
OCNモバイルとのセット割がある
ゲーマー向けの高速オプションがある一番お得なキャンペーン窓口

私たちが厳選する優良光回線

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめするのはドコモ光・ソフトバンク光・auひかり・楽天ひかり・ビッグローブ光の5社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、楽天ひかりは楽天モバイルと組み合わせれば光回線の料金が1年間無料になります。

光回線 おすすめ理由
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で2万円が貰える(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
利用者からの評価が極めて高い
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える4月30日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
ソフトバンクのセット割が使えてお得
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大62,000円のキャッシュバック最大7.6万円がもらえる(5/31まで)
格安スマホユーザーにもおすすめ 一番お得なキャンペーン窓口
楽天ひかり 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が1%UPする
IPv6接続で回線速度も速い
4月5日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ビッグローブ光 格安スマホなら最安クラスの光回線
無条件で40,000円のキャッシュバック
今なら追加で1万円が貰える(5/16まで)
高性能WiFiルーターが12ヶ月無料
工事費が実質無料になる一番お得なキャンペーン窓口

上記5社は大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

ドコモユーザーならドコモ光が最も安い

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っているすべての人におすすめの光回線です。

ドコモの携帯料金が安くなる唯一の光回線なので、ドコモユーザーなら他のどのサービスよりも料金を抑えられます!

また、業界No.1のシェアを誇り、みんなに選ばれている人気の光回線でもあります。料金が安いだけでなく、速度やキャンペーン、サポートといった全ての面で優秀です。

ヒカリク限定特典!
\オプション不要で20,000円キャッシュバック!/
4月30日までの限定キャンペーン実施中!
\抽選で200名にAmazonギフト5千円分が当たる/
GMOとくとくBBはこちら

回線速度がダントツに良いのはNURO光

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック!/

光回線の違いの記事

  • 光回線ごとの記事一覧