OCN光とソフトバンク光を徹底比較!どっちに乗り換えるべき?

最終更新日:2022年09月09日
OCN光vsソフトバンク光どっちがおすすめ?のアイキャッチ

OCN光とソフトバンク光を徹底比較して解説します!「OCN光とソフトバンク光ならどっちに乗り換えるべき?」「料金や速度はどう違うの?」といった疑問を持っていませんか?

結論として格安SIMを使っているならOCN光がおすすめです。割引がなくても月額料金が安いです。また、同じOCNブランドの格安スマホとセット割があります。

一方でソフトバンクやワイモバイルユーザーならソフトバンク光がおすすめです。どちらもスマホセット割が適用できるからです。毎月のスマホ料金が1,100円程度安くできます。

どちらの光回線も、スマホの月額料金が安くなるセット割が適用できるので、使っているキャリアに合わせて光回線を選びましょう。

OCN光がおすすめな人

  • 格安SIMを利用している
  • OCNモバイルONEを使っている
  • ・光回線の月額料金を安くしたい
  • ・とにかく快適にゲームや配信をしたい
  • ・安心できる大手を使いたい

ソフトバンク光がおすすめな人

  • ソフトバンクのスマホを使っている
  • ・ワイモバイルのスマホを使っている
  • ・PayPay残高で料金を支払いたい
  • ・現金キャッシュバックが欲しい

この記事では、OCN光とソフトバンク光の違いを、料金・速度・キャンペーンといったさまざまな観点で比較しながら解説していきます!

山田

元浪費家。10年使っていたドコモから楽天モバイルに乗り換えたのをきっかけに、楽天系サービスでポイントを貯める節約家となった。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線のキャッシュバックキャンペーン比較7選!一番お得な窓口や乗り換え特典【
記事を読む
安い光回線7選!一番安い光回線はどこ?のアイキャッチ
】本当に安い光回線7選!月額料金ではなく実質料金が一番安い光回線を選ぼう
記事を読む

OCN光とソフトバンク光の違い早見表

OCN光とソフトバンク光の違い早見表

OCN光とソフトバンク光は、どちらもプロバイダ一体型の光回線です。プロバイダと別途契約する必要はありません。

また、どちらもフレッツ光(NTT)の回線を利用する「光コラボ」です。全国対応しており、ほとんどすべての地域で利用できます。

光コラボ(光コラボレーションとは)
光コラボとは「フレッツ光の回線網」と「プロバイダ」がセットになった回線サービスです。ドコモ光、ソフトバンク光、OCN光などが当てはまります。
OCN光 ソフトバンク光
事業者 NTT
レゾナント
ソフトバンク
回線網 NTT回線
(光コラボ)
マンション
月額料金
3,960円
※プロバイダ一体型
4,180円
※プロバイダ一体型
戸建て
月額料金
5,610円
※プロバイダ一体型
5,720円
※プロバイダ一体型
最大速度 1Gbps 1Gbps
平均速度 274Mbps 315Mbps
スマホ
セット割
OCNモバイルONE
-220円/月
(最大5台まで)
ソフトバンク
-1,100円/月
(最大10台まで)
ワイモバイル
-1,188円/月
(最大10台まで)
マンション
新規工事費
16,500円 26,400円
無料になる
戸建て
新規工事費
19,800円
エリア 全国 全国

どちらもスマホセット割が適用できるので、利用しているキャリアにあわせて選ぶのがおすすめです。光回線と一緒に利用すると毎月のスマホ料金を割引してくれます。

スマホセットが利用できると安くなる

格安スマホユーザーならOCN光が良いです。もともとの月額料金が安いです。また、OCNモバイルONEと利用すると1契約あたり220円スマホ料金が割引されます。

また、ソフトバンクやワイモバイルユーザーならソフトバンク光を選ぶのがおすすめです。一緒に利用すると550~1,188円の割引を受けられます。

光回線 主な特徴
OCN光のロゴ 格安スマホユーザーに最適の光回線
マンションの月額料金が業界最安クラス
OCNモバイルとのセット割がある一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクなら最安クラスの光回線
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善
一番お得なキャンペーン窓口

月額料金はOCN光のほうが安い

月額料金はOCN光のほうが110~220円安いです。ただし、OCN光のスマホセット割の割引金額はソフトバンク光で実施しているものと比べて安いです。

OCN光のスマホセット割で割引される金額は1台あたり毎月220円です。ソフトバンク光は、スマホセット割の割引金額が1台に対して毎月1,100円と恩恵が大きいです。

セット割を含めて月額料金を比較した場合は、ソフトバンク光のほうが安くなります。

回線速度はソフトバンク光のほうが速い

両社とも最大通信速度は1Gbpsですが、利用している人の平均速度はソフトバンク光のほうが速いです。

平均速度は、ソフトバンク光が315Mbpsで、OCN光が272Mbpsです。

OCN光の数値が低く見えますが、272Mbpsもあれば問題ありません。一般的に、100Mbps以上あればどんな用途でも快適にネットができるためです。

また、どちらも同じフレッツ光のNTT回線を使っているので、回線品質に違いはありません。どちらを選んでも不自由なくインターネットを利用できます。

対応エリアはどちらの光回線も全国対応

OCN光とソフトバンク光は日本全国で利用できます。どちらも光コラボだからです。

NTTのフレッツ光と同じ回線網を使っているので対応エリアが広いです。

急な引っ越しや転勤でも、使い慣れた光回線を引き継げます。

キャンペーン内容はソフトバンク光のほうが良い

ソフトバンク光のキャンペーン

  • ・代理店の独自キャッシュバック
  • ・他社乗り換え時の違約金負担(最大10万円)
  • ・工事費が実質無料

キャンペーン内容はソフトバンク光のほうが良いです。キャッシュバックや違約金負担などの特典があるからです。

また、工事費の実質無料キャンペーンも実施しています。

一方でOCN光はキャンペーンがありません。契約特典を重視しているなら、ソフトバンク光のほうがおすすめです!

違約金に大きな差はない

更新月以外に解約をする場合に発生する違約金に大きな差はないです。どちらも5,000円程度に収まります。

請求される金額はOCN光なら3,600円で、ソフトバンク光ならマンションは4,180円、戸建ては5,720円です。OCN光のほうが安いですが、10,000円以上の差はないです。

契約日が2022年7月1日以降なら、似たような価格帯です。「消費者保護ルール」の改定で、月額料金の1ヶ月分を上限とする方針になりました。

2022年6月30日以前に契約した場合もあまり変わらない

2022年6月30日以前に契約した場合は、違約金の金額はそれぞれOCN光なら11,000円で、ソフトバンク光なら10,450円です。

金額は高いですが、差額は550円であまり差がありません。また、マンションと戸建てなど物件タイプによる金額の違いはありません。

OCN光とソフトバンク光の一番お得な申し込み窓口

OCN光とソフトバンク光の一番お得な申し込み窓口

以下では、ドコモ光とソフトバンク光の最もお得なキャンペーンサイトをご紹介します!

ロゴをタップすると、それぞれの窓口がおすすめな理由に移動できます。ぜひ参考にしてください。

光回線 主な特徴
OCN光のロゴ 格安スマホユーザーに最適の光回線
マンションの月額料金が業界最安クラス
OCNモバイルとのセット割がある一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクなら最安クラスの光回線
ソフトバンクのセット割が使えてお得
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口

月額料金はOCN光のほうが110~220円安い

月額料金はOCN光のほうがソフトバンク光より110~220円安い

月額料金はソフトバンク光よりOCN光のほうが110~220円安いです。下表で、それぞれの月額料金をまとめました。

マンション料金 戸建て料金
OCN光 3,960円 5,610円
ソフトバンク光 4,180円 5,720円

しかし、月額料金の水準としては、OCN光とソフトバンク光はほぼ変わりません。

また、どちらもスマホセット割があるので、対応しているスマホと一緒に利用するとさらに安くできます。

ちなみに、スマホセット割で割引される金額を考慮すると、ソフトバンク光のほうが安くなる場合が多いです。

OCN光はOCN光モバイル割でスマホの料金が220円割引になる

OCN光はOCN光モバイル割でスマホの料金が220円割引になる

OCN光は、格安SIMのOCNモバイルONEとセットで利用すると「OCN光モバイル割」が適用できます

OCNモバイルONEは割引なしでも安い格安スマホですが、OCN光とセットで使うと1契約あたり毎月220円割引されます。

スマホの
契約回線数
割引額 2年間の割引総額
1回線 -220円 -5,280円
2回線 -440円 -10,560円
3回線 -660円 -15,840円
4回線 -880円 -21,120円
5回線 -1,100円 -26,400円

安くなるのは光回線ではなく、スマホ回線の利用料金です。最大で5契約まで割引を適用できます。

おうち割光セットでソフトバンクのスマホ料金が最大1,100円引き

ソフトバンクユーザーがソフトバンク光を契約した場合は「おうち割光セット」を適用して、スマホの利用料金を安くできます。

割引額は、契約しているスマホのプランによって以下のように変わります。

割引額
データプラン
メリハリ無制限
-1,100円
データプラン
ミニフィット+
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
データプランメリハリ -1,100円
データプラン
ミニフィット
データ定額50GBプラス
データ定額
ミニモンスター
データ定額
50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット
for 4G LTE
パケットし放題フラット
for 4G
データ定額ミニ 2GB/1GB -550円
データ定額(3Gケータイ)
パケットし放題フラット
for シンプルスマホ

また、家族含めて最大10回線まで割引を適用できます。

ワイモバイルのスマホ料金も割引される

ソフトバンク光で適用できるスマホセット割はワイモバイルも対象です。同じソフトバンク系列のスマホ回線だからです。

ちなみに、ワイモバイルとのスマホセット割の名称はおうち割光セット(A)です。内容はほぼ同じですが、サービス名が少し違います。

割引額は以下のとおりです。契約しているスマホのプランによって変わります。

割引額
シンプルS/M/L -1,188円
スマホプランL -1,100円
スマホプランM/R -770円
ポケットWiFi
プラン2
-550円
スマホ
ベーシックプラン
(S/M/R/L)
データ
ベーシックプランL
スマホプランS

ちなみにおうち割光セット(A)とワイモバイルの家族割引サービスは併用できないです。家族割を適用している人は、あらかじめ認識しておいたほうが良いです。

回線速度はソフトバンク光が速い

ソフトバンク光の回線速度のほうがOCN光より速い

利用者が計測した平均速度はソフトバンク光のほうがOCN光より速いです。

下表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考に、回線業者ごとの平均速度・応答速度を比べたものです。

下表では2022年1月26日時点の数値を記載しています。

下り 上り 応答速度
OCN光 272Mbps 194Mbps 19.5ms
ソフトバンク光 315Mbps 212Mbps 17.3ms

OCN光の下り平均速度は272Mbpsに対して、ソフトバンク光は315Mbpsです。40Mbpsほどの差があります。しかし、NTTの同じ回線設備を利用しているので大きくかけ離れてはいないです。

通信速度の「bps」とは

bpsとは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

応答速度の「ms」とは

msとは、1回のデータの送受信にかかる時間を表した値です。数値が低いほど応答が速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きのことです。下りはダウンロード、上りはアップロードを意味しています。

どちらを契約しても回線の質は変わりません。ただし、プロバイダや利用者の数などが異なるなどの理由で、ソフトバンク光の回線速度のほうがOCN光より少し速いです。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットに接続して何をするか?」によって異なります。ウェブサイトを見るだけであれば、どの光回線を選んでもストレスを感じることはありません。

下表では「Googleのヘルプページ」を参考にして、目的ごとに必要な回線速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な通信速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
Youtubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYoutube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「Youtube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば充分な速度ということがわかります。

OCN光とソフトバンク光は、どちらも平均速度が100Mbpsを超えているため、ほとんど遅いと感じることはありません。

関連記事

▶OCN光の回線速度の評判と遅いときの対処方法
▶ソフトバンク光の回線速度の評判と遅いときの対処方法

どちらの光回線もIPv6に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

OCN光とソフトバンク光は、新しい通信規格のIPv6接続に対応しています。両社ともIPv6に対応しているので、ほとんどのサイトで通信速度が上がります。

IPv6とは
IPv6とは「インターネット通信における新しいルール」のことです。正式名は「Internet Protocol Version6」ですが、省略した表現が使われる場合が多いです。

前世代の「IPv4」という方式が主流ですが、徐々に「IPv6」方式に変わりつつあります。

下表に、利用する条件や対応しているサービス名をまとめました。

IPv6通信の
接続サービス名
IPv6通信を
利用する条件
OCN光 OCN
バーチャル
コネクト
OCNバーチャルコネクトに対応しているルーターの利用
ソフトバンク光 IPv6高速
ハイブリッド
光BBユニットの利用

OCN光でIPv6通信する条件は、機能に対応したルーターの利用です。一方、ソフトバンク光は光BBユニットのレンタルのみです。

OCN光でIPv6通信を使うには対応ルーターが必要

OCN光でIPv6通信するには対応ルーターが必須です。「OCNバーチャルコネクト」という仕組みに対応したものを使いましょう。

公式ページの「対応ルーターの一覧」から確認して購入してください。安いもので5,000円程度です。

ちなみに、NTT東日本・西日本からホームゲートウェイという機器をレンタルする場合は、購入不要な可能性があります。念入りに、機器の型番を確認しましょう。

山田さん 山田
2022年3月31日まではv6アルファというサービスで対応ルーターがレンタル可能でした。しかし、現在はルーターを借りられません。

OCN光は通常のIPv6通信より快適になるIPoEアドバンスをオプション提供している

OCN光はIPv6オプションのIPoEアドバンスを追加するとさらに快適に利用できる

OCN光はオプションでIPv6通信をもっと快適にするIPoEアドバンスを提供しています。

IPoEアドバンスとは、IPv6通信の速度をさらに安定させるオプションです。

OCN光は追加サービスを契約しなくてもIPv6通信できますが、IPoEアドバンスを契約すると自動で混雑しにくい専用の経路で通信します。

通常契約に比べて通信速度が安定するので、土日や夜間の通信が込み合う時間帯の通信環境がより快適になります。

もし、IPoEアドバンスの詳細を知りたいなら、以下の記事を確認してみましょう。

関連記事

▶IPoEアドバンスについてわかりやすく解説

ソフトバンク光のIPv6接続は光BBユニットが必要

ソフトバンク光のIPv6通信するにはBBユニットが必要

ソフトバンク光でIPv6通信をするための条件は光BBユニットの利用です。便利な機能が使えるソフトバンク光専用のWiFiルーターを月額513円でレンタルすると使えます。

光BBユニットをレンタルしなくてもネット環境は使えます。しかし、IPv6接続ができず、回線速度は利用したときに比べて落ち込みます。

月額料金を払ってでも、光BBユニットをレンタルするのがおすすめです。

おうち割光セットを適用すると光BBユニットをお得にレンタルできる

ソフトバンク光でおうち割光セットを適用する人は、以下の3点セットをオプションパックとして550円で利用可能です。

オプション内容 選択
光BBユニット
月額513円
IPv6接続
対応ルーターの
レンタルサービス
必須
Wi-Fi
マルチパック
月額1,089円
光BBユニットに
WiFi機能(無線)を追加
ホワイト光電話
月額513円
光電話サービス いずれか
1つ選択
光電話(N)
月額550円
BBフォン
月額0円
IP電話サービス

光BBユニットとWi-Fiマルチパックの2つは選択必須です。残り1つは電話オプションから1つ選びます。新規契約で市外局番の番号を利用したい人は、ホワイト光電話です。

NTTのフレッツ光や他社の光コラボでひかり電話を利用していた人は光電話(N)を選びます。また、050からはじまる番号で問題ない人は、BBフォンを選択します。

おうち割光セットの適用条件はオプションセットの加入と対象スマホプランの契約です。割引を適用すると、自動的にオプションセットに加入されます。

おうち割光セットを適用する人は、意識せずとも光BBユニットをお得に使えます。

山田さん 山田
ちなみに、光電話でかけ放題オプションをつけると、オプションセットで550円以上かかるケースがあります。

ソフトバンク光は10ギガプランに対応

ソフトバンク光の10ギガプラン

ソフトバンク光は最大速度が10Gbpsの10ギガプランに対応しています。一方でOCN光にはありません。

通常プランの最大速度は1Gbpsのため、単純に10倍の差があります。回線速度を重視する場合は契約を視野に入れておきましょう。

ただし、対応エリアは都市部などに限定されています。

10ギガプランの詳細や対応エリアについては別の記事で詳しく解説しています。以下のリンクをタップして確認してください。

関連記事

▶ソフトバンク光の10Gプランのエリアや料金を徹底解説

対応エリアはどちらも日本全国

OCN光とソフトバンク光の対応エリアはどちらも日本全国

OCN光とソフトバンク光は日本全国で利用可能です。ただし、対応エリアでも、建物や周囲の状況次第では契約できない場合があります。

同じNTT回線を使っているので片方がエリア外だった場合、どちらも利用できません。

続けて、OCN光とソフトバンク光が対応エリア外だった場合の対処方法を説明します。

提供エリア外だった場合の対処法

OCN光やフレッツ光が提供エリア外だったときの対処法

OCN光とフレッツ光が提供エリア外だった場合の対処法は「独自回線」を試してみるか「ホームルーター」または「ポケットWiFi」を利用することです。

独自回線とは
独自回線とは、自社で設備を整えている光回線のことです。NTTとは違う設備を使っているため、導入には機器設置工事が必要です。独自回線には、auひかり、NURO光、コミュファ光、eo光などがあります。

独自回線は、NTTとは別の回線設備を利用するので、契約できる可能性があります。

また、ホームルーターやポケットWiFiなど無線通信のネット回線であれば、光回線が利用できない場所でも使えます。

以下の記事で、おすすめの独自回線サービスとホームルーターやポケットWiFiの選び方を詳しく解説しています。気になる人はタップして開いてください。

関連記事

▶独自回線でおすすめのNURO光の全情報まとめ
▶おすすめのホームルーター5選を徹底解説!
▶おすすめのポケットWiFiを徹底比較!

キャンペーン内容はソフトバンク光のほうが充実している

ソフトバンク光のキャンペーン内容のほうが良い

ソフトバンク光のキャンペーン

  • ・代理店の独自キャッシュバック
  • ・他社乗り換え時の違約金負担(最大10万円)
  • ・工事費が実質無料

キャンペーン特典はソフトバンク光のほうが充実しています。代理店の独自キャッシュバックに加えて、他社から乗り換える際にかかる解約費用を100,000円まで負担してもらえます。

また、工事費が実質無料になるので初期費用をあまり気にせず利用できます。

一方で、OCN光ではキャンペーンを実施していません。

ソフトバンク光は乗り換え時の費用を最大10万円まで還元

ソフトバンク光は乗り換え時の費用を最大10万円まで還元してくれる

ソフトバンク光では、他社からソフトバンク光に乗り換えた際に発生した違約金を還元してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」というキャンペーンがあります。

具体的には、違約金や撤去工事費などが、最大10万円までキャッシュバックされます。乗り換え時の費用が10万円を超えることはまずないため、自己負担は実質なくなります。

キャンペーンの適用条件は、開通してから5ヶ月目の末日までに、他社違約金などの支払いがわかる証明書をソフトバンク光に提出することです。

提出方法は「My SoftBank」からアップロードするか、郵送するか好きなほうを選べます。

具体的な補償範囲

「あんしん乗り換えキャンペーン」の対象となるのは、以下の内容です。

対象になるもの 対象外のもの
回線撤去費用や違約金 回線解約を伴わないテレビやオプション解約料
長期割引利用時の違約金・解除料金 オプションで購入したサービスの割賦金残債
テレビ撤去費用 元回線のプラン変更料
電話撤去費用 携帯電話違約金(セット割適用の場合でも)
フレッツ光以外の
工事費残債
転用時のフレッツ光工事費残債
モバイルブロードバンド
回線解除料金
モバイルブロードバンド端末の割賦残債
他社転用の際のプロバイダ解除料金 ソフトバンク系列サービスの解除料金

基本的な乗り換え費用は補償される、という認識で構いません。

しかしソフトバンクのサービス間で乗り換える場合は対象外です。例えば、ソフトバンクエアーからソフトバンク光に乗り換える場合が該当します。

関連記事

▶ソフトバンク光のキャンペーン情報を徹底解説

違約金・撤去工事費はどちらも月額料金程度

違約金 撤去工事費 合計金額
OCN光 3,600円 0円 3,600円
ソフトバンク光
(マンション)
4,180円 4,180円
ソフトバンク光
(戸建て)
5,720円 5,720円

違約金・撤去工事費の合計はどちらも月額料金程度しか請求されません。

消費者保護ルール」の改定で、2022年7月以降に契約した場合の違約金が月額料金の1ヶ月分を上限とする方針になったためです。また、互いに撤去工事は不要です。

請求される金額はOCN光なら3,600円で、ソフトバンク光ならマンションは4,180円、戸建ては5,720円です。OCN光のほうが安いですが、3,000円以上の差はありません。

また、どちらも契約した月から数えて24~26ヶ月目に解約すれば違約金の請求を回避できます。時期が良ければ、解約費用は全くかかりません。

山田さん 山田
ただし、契約期間を定めていない契約の場合は、いつ解約しても違約金がかかりません。

2022年6月30日以前に契約した場合はどちらも1万円程度

違約金 撤去工事費 合計金額
OCN光 11,000円 0円 11,000円
ソフトバンク光 10,450円 10,450円

2022年6月30日以前に契約した場合の違約金は10,000円程度です。ほとんど差はありません。

違約金の金額は高いですが、550円の差です。また、どちらもマンションと戸建てで金額が同じシンプルな体系になっています。

どちらもプロバイダを選べない

OCN光とソフトバンク光はどちらもプロバイダを選べない光回線です。OCN光ならOCN、ソフトバンク光はYahoo!BBです。

プロバイダを選べないデメリットは、独自のオプションサービスが引き継げないことです。

例えば、フレッツ光で使っていたプロバイダで専用のメールアドレスを使っていた場合、乗り換えると必ずプロバイダが変わるので、メールアドレスは消失する可能性が高いです。

しかし、専用のメールアドレスではなく、無料のメールアドレスを利用していればほとんど影響ありません。

山田さん 山田
一部のプロバイダは、乗り換え後もメールアドレスだけ使い続けられます。

OCN光とOCN光withフレッツは全く別のサービス

OCN光とOCN光withフレッツは別のサービスです。誤って契約しないように気をつけましょう。OCN光withフレッツは、フレッツ光の契約です。

契約先がまとまるか、分かれているかで異なります。下表に見やすくまとめました。

回線契約 プロバイダ契約
OCN光 NTTレゾナント
OCN光
withフレッツ
NTT東日本
NTT西日本
NTT
レゾナント

OCN光の契約先は、回線もプロバイダもNTTレゾナントです。2022年7月1日にNTTコミュニケーションズから変更になりました。

ちなみに、以下のように混乱しているユーザーがいました。

紛らわしいサービス名なので間違えて手続きしないようにしましょう。以下のボタンから申し込めば、確実にOCN光を契約できます。

\最大5ヶ月間無料+工事費無料!/
OCN光の公式サイトはこちら

オプションはどちらも充実している

OCN光とソフトバンク光のオプションはどちらも充実している

OCN光もソフトバンク光もオプションはどちらも充実しています。

OCN光はIPoEアドバンスを選べるのが特徴です。ソフトバンク光はスマホセット割を適用するために加入必須なオプションがあります。

下記でそれぞれ解説しているので、必要なオプションを選びましょう。

OCN光の主なオプション

OCN光で利用できる主なオプションは以下のとおりです。

概要
IPoEアドバンス
月額1,848円
IPoE(IPv4 over IPv6)方式の快適な次世代インターネット接続を、さらに高品質で超快適なインターネット環境へアップデートする有料オプションサービス
OCN
プレミアム
サポート
月額550円
PC、スマホ、タブレットや周辺機器に関する困りごとを、専門スタッフが電話やリモートサポートで解決するサービス
マイセキュア
月額550円
最大5台の端末に使えるウイルス対策ソフト
OCN ひかり電話
月額550円
NTTの固定回線よりも通話料が安い。もともとの固定電話の番号をそのまま使える
テレビオプション
月額825円
アンテナ不要で地デジ/BS/CSデジタル放送を視聴できる

ソフトバンク光の主なオプション

ソフトバンク光で利用できる主なオプションは以下のとおりです。

内容
ホワイト光電話
月額513円
ソフトバンクが提供する固定電話サービス。市外局番からはじまる電話番号を使える
BBフォン
月額0円
ソフトバンクが提供するIP電話サービス。050からはじまる電話番号が付与される
光電話(N)
月額550円
NTTが提供する固定電話サービス。市外局番からはじまる電話番号を使える
光BBユニット
月額513円
IPv6高速ハイブリッド通信や固定電話の利用に必要なルーターをレンタルできるサービス
Wi-Fiマルチパック
月額1,089円
光BBユニットにWiFi機能を追加するサービス。光BBユニットとあわせて契約する
ソフトバンク光テレビ
月額825円
地上波/BSデジタル放送が受信できるサービス別途契約が必要ですが、スカパーの視聴も可能です。アンテナが付けられない家に住んでいる人は、加入すればテレビが見られる
リモートサポート
サービス(N)
月額550円
パソコンや周辺機器・ソフトウェアなどに関する困りごとを電話や遠隔操作などでサポートしてくれるサービス
Yahoo!BB
基本サービス
月額330~605円
Yahoo!メールやYahoo!ウォレットなどが利用できるサービス

上表とは別に光BBユニット、Wi-Fiマルチパック、電話がセットでお得になるオプションセットも存在しています。

また、細かなオプションはまだまだあります。ソフトバンク光のオプションについては、別の記事で詳しく説明しています。気になっている人は、以下をタップして確認してください。

関連記事

▶ソフトバンク光のオプションを徹底解説!

OCN光とソフトバンク光のあいだで乗り換える際の注意点

OCN光とソフトバンク光のあいだで乗り換える際の注意点4つ

「OCN光からソフトバンク光へ乗り換える」あるいは「ソフトバンク光からOCN光へ乗り換える」ときには、以下の4つの注意点があります。

以下で、それぞれについて解説します。

①スマホセット割がなくなる

両社間で乗り換えるとスマホセット割が使えなくなります。例えば、おうち割光セットを適用していて、ソフトバンク光からOCN光に乗り換えるとセット割が適用されません。

セット割を適用している人は、スマホの利用料金が高くなるので注意しましょう。

ちなみに、スマホセット割を適用していない人は関係ありません。

②事業者変更の手続きが必要になる

OCN光とソフトバンク光は事業者変更で回線を変更できます。どちらもフレッツ光の回線網を使っている光コラボだからです。

事業者変更とは
事業者変更とは、光コラボ回線から他の光コラボやフレッツ光に乗り換えることを指します。転用と同様に、NTT設備は同じものを使うので、工事不要で乗り換えできます。

事業者変更は新規契約とは違い工事費が不要です。新規契約してしまうと、工事費が20,000円程度かかってしまうので、必ず事業者変更を選択しましょう。

ただし、乗り換え前の光回線で工事費用が完済していないと、事業者変更後に残債を一括請求されます。

③IPv6通信を使う場合は対応機器が必要

どちらの光回線もIPv6通信を利用するには対応機器が必要です。

OCN光はOCNバーチャルコネクトに対応しているルーターです。また、ソフトバンク光なら光BBユニットが必要です。

購入もしくはレンタルで用意しないとIPv6通信が使えません。快適に光回線を利用するため、あらかじめ確認しておきましょう。

記事内リンク

▲OCN光でIPv6通信を使うために必要な機器
▲ソフトバンク光でIPv6通信を使うための機器

④更新月以外で乗り換えると違約金が発生する

どちらの光回線も乗り換える時期は契約更新月がおすすめです。更新月以外に解約してしまうと違約金が請求されます。

請求される違約金はOCN光なら11,000円で、ソフトバンク光なら10,450円かかります。

ただし、OCN光からソフトバンク光へ乗り換えるときはあまり乗り換えるタイミングを気にする必要はないです。キャンペーンで違約金を負担してくれます。

OCN光やソフトバンク光がおすすめな人の特徴

OCN光やソフトバンク光がおすすめな人のまとめ

最後にOCN光とソフトバンク光、それぞれの光回線がおすすめな人の特徴を振り返っておきましょう。

結論として、使っているスマホが格安SIMならOCN光、ソフトバンクまたはワイモバイルならソフトバンク光がおすすめです。

OCN光がおすすめな人

  • 格安SIMを利用している
  • OCNモバイルONEを使っている
  • ・光回線の月額料金を安くしたい
  • ・とにかく快適にゲームや配信をしたい

ソフトバンク光がおすすめな人

  • ソフトバンクのスマホを使っている
  • ワイモバイルのスマホを使っている
  • ・乗り換え時の費用を安く抑えたい
  • ・PayPay残高で料金を支払いたい
  • ・現金キャッシュバックが欲しい
  • ・フレッツ光や光コラボから乗り換え

できるだけ通信料金を抑えたいのであれば、利用しているスマホキャリアに合わせて光回線を選びましょう。スマホセット割を適用して、毎月の支払い額を抑えられます。

光回線 主な特徴
OCN光のロゴ 格安スマホユーザーに最適の光回線
マンションの月額料金が業界最安クラス
OCNモバイルとのセット割がある一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクなら最安クラスの光回線
ソフトバンクのセット割が使えてお得
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口

OCN光は回線速度が速くて安定しているおすすめの光回線

OCN光は、回線速度が速く安定している光回線です。ラグが少なく遅延に強いため、オンラインゲームやテレワークなどに向いています

回線速度が速いのは、OCN光が「IPv4 over IPv6」という新しい接続方式を標準提供しているからです。無料で、従来よりも速い通信を利用できます。

また、さらに快適な速度を求めるなら「IPoEアドバンス」の利用もおすすめです。月額1,848円の有料オプションですが、どの光回線よりも安定したネット環境を構築できます。

全国対応の光回線で、回線速度を重視するならOCN光がおすすめです!

\最大5ヶ月間無料+工事費無料!/
OCN光の公式サイトはこちら

ソフトバンク光の申し込み窓口は代理店エヌズカンパニーがおすすめ

ソフトバンク光の申し込みはエヌズカンパニーが1番おすすめ

ソフトバンク光の申し込みはエヌズカンパニーを窓口にするのが1番おすすめです!

正規代理店エヌズカンパニーがおすすめな理由

  • ①新規開通で37,000円キャッシュバック
  • ②キャッシュバックにオプション条件なし
  • ③申込時の電話でキャンペーン手続き完了
  • ④乗り換えでも15,000円キャッシュバック
  • ⑤10万円まで乗り換え費用を負担してくれる
  • ⑥新規/乗り換えどちらでも工事費が実質無料
  • ⑦開通までソフトバンクエアーが無料

エヌズカンパニーを窓口にしてソフトバンク光に申し込むとオプション不要で37,000円のキャッシュバックがもらえます!

例えば、公式サイトから申し込むと、キャッシュバックがないので損をします。一方、エヌズカンパニーでは、特別な条件なしに37,000円がもらえます!

キャッシュバック 適用条件 受取時期
エヌズカンパニー 37,000円 なし 2ヶ月後
Yahoo!BB 最大35,000円 日曜または
5のつく日に申し込み
5ヶ月後
ソフトバンク
公式サイト
なし
ソフトバンク
ショップ
店舗による
家電量販店 店舗による

しかも、エヌズカンパニーは申し込み時にかかってくる電話に応対するだけで、キャンペーンの手続きが完了します。

メールの返信や、書類の郵送などの必要がないため、もらい忘れの心配がありません!

オプション不要でキャッシュバックがもらえる!
\新規なら3.7万円!転用や事業者変更で1.5万円!/
エヌズカンパニーの窓口はこちら

ソフトバンクから6年連続表彰されている

エヌズカンパニーがソフトバンクからもらった感謝状

エヌズカンパニーは、お客様満足度が高いことが評価され、ソフトバンク光を提供しているソフトバンクから6年連続で表彰されています。

お客様満足度が高い理由は、キャッシュバックの手続きが電話1本でできることや、キャッシュバックの受け取りが最短2ヶ月と短く、受け取り忘れが発生しづらいからです。

オプション不要でキャッシュバックがもらえる!
\新規なら3.7万円!転用や事業者変更で1.5万円!/
エヌズカンパニーの窓口はこちら

他社からの乗り換えにかかった費用を10万円まで還元してくれる

ソフトバンク光に他社から乗り換えた場合は違約金や撤去工事費を満額還元

ほかのネット回線を使っている人がソフトバンク光に切り替える場合、乗り換えにかかる違約金や撤去工事費を10万円まで還元してもらえます!

乗り換え違約金還元の対象になる費用例

  • ・定期契約の解除による違約金
  • ・プロバイダ解約の違約金
  • ・使っていた回線の撤去費用

乗り換え費用の負担がほとんどなくなるのは、大きなメリットです。ただし「キャンペーンは予告なく終了」となっています。

乗り換えを検討している人は、この機会を逃さないようにしましょう!

\乗り換え費用を最大10万円還元!/
結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で43,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える9月30日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック最大7.6万円がもらえる
独自回線なので通信品質がとても良い 一番お得なキャンペーン窓口
楽天ひかり 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が1%UPする
4月5日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
他社違約金を2万円分還元(9/30まで) 一番お得なキャンペーン窓口
使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめ

スマホセット割でお得になることを表現したイラスト

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、楽天ひかりは楽天モバイルと組み合わせれば光回線の料金が1年間無料になります。

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならhome5G

ドコモhome 5Gのロゴ

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、ホームルーターのhome5Gがおすすめです。ドコモのスマホと同じ回線を使っているので、日本全国どこでも利用できます。

また、工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。

さらに、5G対応で最大通信速度は4.2Gbpsと速いです。実測値の平均も200Mbpsあり、光回線と同じくらい快適に使えます!

\当サイト限定!18,000円分の特典還元!/
home5Gの一番お得な窓口はこちら
光回線の違いの記事
  • 光回線の評判口コミ