NURO光とauひかりの違いを徹底比較!乗り換えるならどっちにすべき?

最終更新日:2021年09月24日
「NURO光とauひかりの違い比較」のアイキャッチ

NURO光とauひかりの違いを徹底比較します!「NURO光とauひかりならどっちに乗り換えるべき?」「料金や速度はどう違うの?」といった疑問を持っていませんか?

結論、NURO光とauひかりは、使っているスマホのキャリアに合わせるのがおすすめです

ソフトバンクの人はNURO光、auを使っているならauひかりを選びましょう。どちらの光回線も、それぞれに対応したスマホのキャリアを利用していれば「セット割」が適用できるからです。

セット割はスマホの月額料金を割引するサービスで、ネット回線の料金を抑えることはできません。しかし、結果的に毎月の費用が抑えられるので、お得に光回線を使えます。

NURO光がおすすめな人
  • ・ソフトバンクのスマホを使っている
  • ・光コラボではなく独自回線を使いたい
  • ・回線速度と料金を重視したい
  • ・動画配信やゲーム配信などをしてみたい
auひかりがおすすめな人
  • ・auのスマホを使っている
  • ・光コラボではなく独自回線を使いたい
  • ・動画視聴やゲームがラグなくできれば良い
  • ・引っ越しや転勤が多い人

どちらの光回線も通常の月額料金はほとんど変わりませんが、キャンペーンを適用するとNURO光は1年間月額980円という破格で利用できます。さらに、回線速度もNURO光のほうが優れています。

しかし、auひかりもNURO光より高額なキャッシュバックを実施して対抗しています。

また、2社とも異なる「セット割」が使えるため、どちらがお得になるかは、利用しているスマホによって変わります。

この記事では、NURO光とauひかりの違いを、料金・速度・キャンペーンといったさまざまな観点で比較しながら解説していきます!

村野

更新月のたびに光回線を乗り換える変わり者。過去に使ってきたネット回線は、フレッツ光、ソフトバンク光、OCN光、ドコモ光の4社。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

NURO光とauひかりの違い早見表

まずは、NURO光とauひかりの違いを比較した早見表をみてみましょう。

2社の大きな違いは、回線速度やスマホセット割などが挙げられます。

NURO光 auひかり
事業者 SONY KDDI
回線網 独自回線 独自回線
戸建て
月額料金
5,200円
※プロバイダ一体型
5,610円
※プロバイダ一体型
マンション
月額料金
基本5,200円
稀に
2,090~2,750円

※プロバイダ一体型
4,455円
※プロバイダ一体型
最大速度 2Gbps 1Gbps
平均速度 459Mbps 369Mbps
スマホ
セット割
ソフトバンク
-1,100円/月
(最大10台まで)
au
-1,100円/月
(最大10台まで)
戸建て
工事費
44,000円
無料になる
41,250円
無料になる
マンション
工事費
44,000円
無料になる
33,000円
無料になる
エリア 一部地域 一部地域
お得な窓口 公式サイト GMOとくとくBB

NURO光の最大の特徴は、回線速度が他の光回線よりも速いことです。スタンダードなプランでも最大通信速度が下り2Gbpsで、他の光回線よりも快適にネットを使えます。

とくに、大容量のオンラインゲームを遊んだり、ビデオ通話や動画配信などをする人に向いている光回線です。

ただし、auひかりも動画視聴やオンラインゲームなどを、ストレスなく楽しめます。回線速度はNURO光より劣りますが、NURO光以外の回線と比べた場合は、非常に速い光回線と言えます。

また、2社ともスマホの料金を割引できる「セット割」に対応しています。NURO光はソフトバンクのスマホ料金を割引でき、auひかりはauのスマホ料金を割引できます。

なお、NURO光とauひかりは独自回線のため、提供エリアが一部地域に限られるという大きな欠点を持ちます。

独自回線とは
独自回線とは、自社で設備を整えている光回線のことです。NTTとは違う設備を使っているため、導入には機器設置工事が必要です。独自回線には、auひかり、NURO光、コミュファ光などがあります。

まずは料金・速度・エリアといった項目別に、どちらが優れているのか解説します。各項目ごとの詳しい解説は、後ほどさらに記載します。

月額料金はNURO光のほうが安い

月額料金を比べてみると、NURO光のほうが安いことが分かります。

戸建て マンション
NURO光 5,200円 5,200円
または
2,090~2,750円
auひかり 5,610円 4,455円

マンションは、通常ならauひかりの料金のほうが安いです。ただし、NURO光のマンションプランを契約できた場合はNURO光が圧倒的に安くなります。

月額2,090~2,750円のプランは、マンションにNURO光の設備が整っている場合にのみ利用できます。しかし、設備が完備された物件が少ないので、安いプランを契約できる人は滅多にいません。

回線速度はNURO光のほうが速い

2社の回線速度を比較した結果、速度を重視するなら、品質が良くて速いNURO光がおすすめです。

NURO光は、通常プランでも最大通信速度が「2Gbps」と、他の光回線よりも2倍速いです。他の光回線は通常で「1Gbps」なので、他社にはない強みを持っています。

最大通信速度 平均速度
NURO光 2Gbps 459Mbps
auひかり 1Gbps 369Mbps

ただ、どちらも回線速度や回線状況が安定している独自回線なので、対人のオンラインゲームや動画配信、ゲーム配信などをするのには最適です。

対応エリアはどちらの光回線も限られている

NURO光とauひかりは、独自の回線網を使っているため、全国対応はしていません。建物問わず、一部の地域でのみ利用できます。

2社が契約できないエリアは以下の通りです。

NURO光の対応エリア外

東北/四国/沖縄

auひかりの対応エリア外

中部/関西/沖縄

この2社を検討する際は、エリア外に引っ越す可能性があるかを考慮しておきましょう。エリア外に引っ越すことになれば、どちらも解約しなくてはならないからです。

さらに詳しい解説

▶NURO光の対応エリアを確認する
▶auひかりの対応エリアを確認する

キャンペーンはどちらの光回線も豊富

2社ともキャンペーンは豊富です。分かりやすいように2社のキャンペーンを見比べてみましょう。

NURO光のキャンペーン

・44,000円の工事費実質無料
・最大45,000円のキャッシュバックが貰える
・月額料金が3ヶ月500円(4~6ヶ月は2,980円)
・1年間月額料金が980円
・引っ越し時の移転費用が実質無料
月額料金とキャッシュバックは併用不可

auひかりのキャンペーン

・キャッシュバック61,000円
・最大41,250円の工事費実質無料
・他社から乗り換える際の違約金相当還元
・他社から乗り換えで追加キャッシュバック
・引っ越し時の移転費用が実質無料

NURO光とauひかりはのキャンペーン内容はあまり差がありません。ただし、あえて比較するなら1年間月額980円で利用できるNURO光のほうがお得です。

auひかりは、乗り換え時の違約金を最大3万円まで負担してくれるのが、NURO光と違う強みです。解約金や撤去工事費が高額な人でも、安心して乗り換えられます。

ただし、NURO光のキャンペーンのなかには併用できないものもあります。

ちなみに、NURO光がお得になるのは「公式サイト」で、auひかりは代理店の「GMOとくとくBB」から申し込んだ場合です。

GMOとくとくBBは、auひかりの公式特典と、プロバイダが独自で提供しているキャンペーンの両方を受けられます。

そのため、この記事のauひかりは、最もお得になるGMOとくとくBBから申し込んだケースで紹介していきます。

違約金はどちらも同じくらい

NURO光とauひかりの違約金は異なります。また、両社とも利用するプランによっても、契約年数と違約金に違いがあります。

違約金
NURO光 10,450円
(G2Dプラン/2年)
10,450円
(G2Tプラン/3年)
auひかり
(マンション)
7,700円
(お得プランA/2年)
10,450円
(お得プラン/2年)
auひかり
(戸建て)
10,450円
(ギガ得プラン/2年)
16,500円
(ずっとギガ得プラン/3年)

上表を見て分かるように、どちらも同じくらいの料金設定です。

NURO光とauひかりの特徴まとめ

NURO光とauひかりの主な特徴をまとめると、以下のようになります。自分に合ったほうを選びましょう!

光回線 主な特徴
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
最大45,000円のキャッシュバック
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速お得なキャンペーン窓口

料金の安さを重視するならNURO光

電卓を持った女の子のイラスト

NURO光とauひかりは、どちらもプロバイダ一体型で契約できる光回線です。プロバイダ利用料を別に支払う必要がありません。

それぞれの月額料金を表にまとめたので参考にしてください。

戸建て マンション
NURO光 5,200円 5,200円
または
2,090~2,750円
auひかり 5,610円
(関西非対応)
4,455円

戸建てプランを比較すると、NURO光のほうがauひかりと比較して安いことが分かります。

ちなみに、NURO光のマンションプランは、建物の設備状況によって料金が変わります。

建物自体にNURO光の専用設備が導入されていれば、マンションプランもauひかりより安く使えます。

ただし、設備を完備している物件はほんの僅かなので、契約できるのは稀です。

また、NURO光はキャンペーンを適用することで月額料金を安くできます。

さらに詳しい解説

▶NURO光の料金プランやお得な割引の解説
▶auひかりの料金プランやお得な割引の解説

NURO光はキャンペーンで一定期間の月額料金が安くなる

NURO光は、公式が実施している2つのキャンペーンのどちらかを適用することで、数ヶ月~1年間の月額料金が安くなります。

NURO光の割引キャンペーン

  • ・1年間月額980円キャンペーン
  • ・NURO光お試し特典(月額500円)

以下で、各割引キャンペーンの内容と月額料金について詳しく解説していきます。どちらのキャンペーンが、自分に合っているのか比べてみてください!

1年間980円キャンペーンは2年間利用するなら50,000円お得になる

NURO光G2Tプランはキャンペーンで1年間980円で利用できる

「1年間月額980円キャンペーン」は、その名の通り最大1年間の月額料金が980円になるキャンペーンです。

途中で解約する場合は、違約金や工事費の残りを支払う必要があります。しかし、トータル出費はNURO光お試し特典よりも安いです。

1年間月額980円キャンペーンを使った場合は、約2年半で50,000円ほどお得に利用できます。

月額980円
キャンペーン
通常料金
月額料金
1~12ヶ月目
980円 5,200円
月額料金
13~31ヶ月目
5,200円
合計金額
(31ヶ月間)
110,560円 161,200円

1年間月額980円キャンペーンは「なるべく安くNURO光を使いたい!」という人に、最適なキャンペーンです。

NURO光お試し特典は2年間利用するなら20,000円お得になる

NURO光G2Tプランはキャンペーンを使うとワンコインでお試し利用できる

「NURO光お試し特典」は、契約から最大3ヶ月間の月額料金が500円になる特典です。

NURO光の月額料金は本来5,200円なので、500円は破格です。またお試し期間を過ぎても2,980円の割安料金が適用されます。

NURO光お試し特典を利用すると、月額料金は以下のように変わります。約2年半で20,000円ほどお得です。

お試し特典 通常料金
月額料金
1~3ヶ月目
500円 5,200円
月額料金
4~6ヶ月目
2,980円
月額料金
7~31ヶ月目
5,200円
合計金額
(31ヶ月間)
140,440円 161,200円

NURO光お試し特典は、通常プランの契約よりも安く使えることが分かります。

もし途中で解約したくなった場合は、月額500円の間に解約しましょう。月額500円の期間中なら、解約金や工事費を支払わなくてもNURO光を解約できます。

月額980円キャンペーンが50,000円お得になるのに対し、NURO光お試し特典は20,000円しかお得になりません。ただ「気軽にNURO光を体験してみたい」という人には、最適なキャンペーンです。

どちらもセット割でスマホ料金が最大1,100円安くなる

auの光回線とスマホをセットにするとauスマートバリューの割引を受けれらる

NURO光とauひかりは、それぞれ対応したスマホのキャリアを利用していれば、スマホの料金を安くできる「セット割」が適用できます。セット割の詳細は以下のとおりです。

割引サービス 対象
NURO光 おうち割光セット ソフトバンク端末の料金
auひかり auスマートバリュー au端末の料金

光回線を選ぶときは自分の使っているスマホのキャリアに合わせるのが1番おすすめです。

キャリアに合わせてセット割を適用することで、毎月の出費を抑えられるからです。

NURO光はソフトバンクのスマホ料金が最大1,100円安くなる

NURO光はおうち割光セットでソフトバンクのスマホが最大1,100円引きになる

NURO光は「おうち割光セット」という割引で、ソフトバンクのスマホの月額料金を1端末ごとに最大1,100円割引できます。

割引額は、契約しているスマホのプランによって以下のように変わります。

割引額
データプラン
メリハリ無制限
-1,100円
データプラン
ミニフィット
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
データプラン
メリハリ
-1,100円
データプラン50GB+
データプランミニ
データ定額
50GBプラス
データ定額
ミニモンスター
データ定額
50GB/20GB/5GB
データ定額
(おてがるプラン専用)
-550円
データ定額
ミニ2GB/1GB
データ定額
(3Gケータイ)
パケットし放題フラット
for 4G LTE
-1,100円
パケットし放題フラット
for 4G
4G/
LTEデータし放題フラット
4G
データし放題フラット+
パケットし放題フラット
for シンプルスマホ
-550円
ベーシックデータ定額
プランfor 4G LTE
(iPad 専用)
ベーシックデータ定額
プランfor 4G
(タブレット専用)

ちなみに、おうち割光セットは最大10台まで適用できます。

家族全員がソフトバンクのスマホを使っている場合や、スマホとタブレットの2台持ちをしている人は、より多くの割引を受けられるのでお得です!

auひかりはauのスマホ料金が最大1,100円安くなる

auスマートバリューのイメージ画像

auひかりは「auスマートバリュー」という割引で、auのスマホの月額料金を1端末ごとに最大1,100円割引できます。

auスマートバリューも最大10台まで適用が可能です。ただ、割引額はスマホのプランによって以下のように変わります。

auスマートバリューの対象プランと割引額
割引額
データMAX5G
ALL STARパック(P)
-1,100円
データMAX5G
ALL STARパック
データMAX5G
テレビパック
データMAX5G
Netflixパック(P)
データMAX5G
Netflixパック
データMAX5G
with Amazonプライム
データMAX5G
データMAX4G LTE
Netflixパック
データMAX4G LTE
タブレットプラン20
ピタットプラン5G(s)
(2~20GB)
-550円
ピタットプラン4G LTE(s)
(2~20GB)
ピタットプラン5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン4G LTE
(1~7GB)
過去の契約プランの割引金額はこちら
割引額
新auピタットプラン
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
auデータMAXプラン
Netflixパック
-1,100円
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン
7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
タブレットプラン20
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン5
(学割用)
auピタットプランN(s)
(2~20GB)
-1,100円
※2GB以下は-550円
※1GB以下は対象外
auピタットプラン
(2~20GB)
auピタットプラン(s)
(2~20GB)
データ定額1 -1,027円(2年間)
※3年目以降-550円
データ定額2/3 -1,027円
データ定額3cp
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
U18データ定額20 -1,551円
データ定額5/8/20 -1,551円(2年)
※3年目以降-1,027円
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額10/13/30 -2,200円(2年)
※3年目以降-1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) -1,100円
LTEフラット
for DATA (m)
-1,551円(2年)
※3年目以降-1,027円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

ちなみに、NURO光とauひかりのセット割を適用するためには、キャリア端末を利用していること以外にも条件があります。以下で詳しく解説します。

NURO光とauひかりのセット割には光電話が必須

NURO光やauひかりでセット割を適用するには「NURO光でんわ」または「auひかり電話」の加入が必須です。

auひかり電話の料金は月額550円です。

一方、NURO光でんわは地域によって、月額料金が違います。北海道や関東は月額550円で、東海・関西・中国・九州は月額330円です。

村野さん 村野

月額料金の安さは、どちらの光回線も負けていません。ただ、圧倒的に料金が安いのはNURO光です。

ちなみに、2社ともスマホの料金を安くできるセット割が使えるので、トータル費用を抑えられます。

回線速度はNURO光のほうが速い

PCゲームをやっている人のイラスト

実際に利用している人が計測した速度の平均値(平均速度)ではNURO光のほうがauひかりよりも速いです。

下表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの回線速度を収集しているサイトを参考に、2021年1月時点で調査した直近3ヶ月の平均速度・応答速度を比べたものです。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
(Ping値)
NURO光 459Mbps 436Mbps 12.0ms
auひかり 369Mbps 315Mbps 17.7ms

通信速度の「bps」とは

「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど速いです。

応答速度の「ms」とは

「ms」とは、1回データを送受信するのにかかる時間を表した値です。数値が低いほど速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。一般的には「下り」が重視されます。

回線速度・応答速度ともにNURO光のほうがauひかりより速いという結果になりました。

ただ、どちらも独自回線で混雑に強く、回線速度も速いので、ストレスなくネットを利用できます。

関連記事

▶NURO光の回線速度についての評判口コミ
▶auひかりの回線速度についての評判口コミ

最大通信速度もNURO光が速い

最大通信速度も圧倒的にNURO光のほうが速いです。

NURO光は最大通信速度が2Gbpsあります。一方auひかりは1Gbpsしかありません。

最大通信速度
(下り)
最大通信速度
(上り)
NURO光 2Gbps 1Gbps
auひかり 1Gbps 1Gbps

通常プランで2Gbpsを出せるのは、今のところNURO光以外はありません。他社の通常プランはすべて1Gbpsです。

ただし、光回線会社が公表している最大通信速度は、あくまで理論上の数値です。

実際に利用しているときの回線速度はもっと下がります。プロバイダやルーターを経由することが、データ通信に影響を与えるからです。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。ただウェブサイトを見るだけであれば、どの光回線を選んでもストレスを感じることはありません。

下表では「Googleのヘルプページ」の記載を参考に、目的ごとに必要な速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTube動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

NURO光とauひかりは、平均速度が300Mbpsを越えているので、日常生活でストレスを感じることは、ほぼありません。

どちらも、リモートワークで大量のデータをやり取りしたり、オンラインゲームで友人と遊んだりすることに向いています。ただ、より良い環境を求めるならNURO光がおすすめです。

どちらの光回線もIPv6に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

NURO光とauひかりは、新しい通信規格であるIPv6接続に対応しています。

NURO光は「IPv4/IPv6デュアル方式」、auひかりは「デュアルスタック方式」というサービス名称で提供しており、契約すれば誰でも利用できます。

デュアル方式/デュアルスタック方式とは

IPv6でインターネットに接続しながら、IPv4のみに対応したサイトも閲覧できるようにするハイブリッドな仕組みのことです。

さらに詳しい解説

▶NURO光のIPv6接続について詳しく知る
▶auひかりのIPv6接続について詳しく知る

どちらの光回線も10ギガプランに対応している

NURO光とauひかりは、最大通信速度が10Gbpsになる10ギガプランに対応しています。

単純に、通常プランよりも回線速度が何倍も早くなるプランです。そのため、大量にデータ通信を利用する人は、高速プランの契約も視野に入れておくと良いでしょう。

ただし、通常プランより料金が高く、対応エリアが狭いといったデメリットもあります。

さらに詳しい解説

▶NURO光10Gプランの評判口コミ
▶auひかり10Gプランの評判口コミ

どちらの光回線も限られた地域でしか契約できない

日本地図

NURO光とauひかりは限られたエリアでしか契約できません。どちらの光回線も、NTTとは違う独自の回線網を使っているからです。

ただし、あえて優劣をつけるなら、auひかりのほうがNURO光よりも提供エリアが広いと言えます。以下に提供エリア外の地域をまとめたので、参考にしてください。

auひかりの対応エリア外

大阪/京都/兵庫/和歌山/奈良/滋賀/静岡/愛知/岐阜/三重/沖縄

NURO光の対応エリア外

青森/秋田/山形/仙台/福島/鳥取/島根/山口/香川/徳島/愛媛/高知/沖縄

また、auひかりはマンションプランなら、対応エリア外であっても契約できることがあります。反対にNURO光は、提供エリア内であっても契約できないマンションがあります。

さらに詳しい解説

▶NURO光の対応エリアを詳しく確認する
▶auひかりの対応エリアを詳しく確認する

auひかりが対応エリア外ならauスマートバリューが使える光回線がおすすめ

auひかりが対応エリア外なら、auスマートバリューが使える他社の光回線がおすすめです。

auスマートバリューが適用できれば、毎月の出費が少なく済むからです。

以下でauスマートバリューが使える光回線を地域別に出してみました。検討する際の参考にしてください。

※表のなかの青い文字をクリックすると、評判や口コミを解説した記事に移動できます

回線名 主な提供地域
ソネット光プラス 全国
eo光 関西
(大阪/京都/兵庫/和歌山/奈良/滋賀)
コミュファ光 中部
(静岡/愛知/岐阜/三重)
メガエッグ光 中国
(広島/岡山/山口/島根/鳥取)
ピカラ光 四国
(香川/愛媛/徳島/高知)
BBIQ光 九州
(福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島)
auひかりちゅら 沖縄限定

ソネット光プラスは「光コラボ」なので、地域問わず全国で利用できます。ただし、回線速度は確実に独自回線よりも劣ります。

光コラボ(光コラボレーション)とは
光コラボとは「フレッツ光の回線網」と「プロバイダ」がセットになった回線サービスです。ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光などが当てはまります。

回線速度を重視するなら、ソネット光プラス以外の独自回線から選ぶと良いでしょう。

さらに詳しい解説

▶auスマートバリューの割引額と適用条件

NURO光が対応エリア外ならソフトバンク光がおすすめ

NURO光が対応エリア外だった場合は、auひかりよりもおうち割光セットが使えるソフトバンク光がおすすめです。

他の光回線だとセット割が適用できず、毎月の出費が大きくなってしまうからです。

関連記事

▶ソフトバンク光の評判口コミなど全情報まとめ

キャンペーンはどちらも豊富でお得

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

キャンペーンはどちらも豊富でお得です。それぞれのキャンペーンをまとめると、以下のようになります。

NURO光のキャンペーン

  • ・44,000円の工事費無料
  • ・最大45,000円のキャッシュバックが貰える
  • ・月額料金が3ヶ月500円(4~6ヶ月2,980円)
  • ・1年間月額料金が980円
  • ・引っ越し時の移転費用が無料
  • 月額料金と高額キャッシュバック併用不可

auひかりのキャンペーン

  • ・最大41,250円の工事費実質無料
  • ・最大61,000円のキャッシュバックが貰える
  • ・他社から乗り換える際の違約金還元
  • ・他社から乗り換えで追加キャッシュバック
  • ・引っ越し時の移転費用が実質無料

とくに注目すべきキャンペーンについて詳しく解説していきます。

NURO光はキャンペーンで月額料金が破格になる

NURO光はキャンペーンで、通常5,200円の月額料金が破格になります。

2021年7月現在で実施しているキャンペーンは、3ヶ月間月額500円で利用できるNURO光お試し特典と、1年間月額料金が980円になるキャンペーンです。

分かりやすいように、以下で2種類のキャンペーンの特徴をまとめました。

1年間980円キャンペーンの特徴

・1年間は月額980円で利用できる
・13ヶ月目から月額5,200円
・途中解約は解約費用がかかる
・年間費用は110,760円
・キャッシュバックと併用できない

NURO光お試し特典の特徴

・3ヶ月は月額500円で利用できる
・3ヶ月以内なら解約費用が無料
・4~6ヶ月目は月額2,980円
・年間費用は140,640円
・キャッシュバックと併用できない

どちらもお得なキャンペーンですが1年間980円特典のほうがおすすめです。お試し特典より、1年間で29,800円安く済むからです。

980円キャンペーンを通常と比較した場合

1年間980円キャンペーンを適用した場合と通常料金を比べると、キャンペーンを適用したほうが、通常よりも50,000円ほどお得です。

980円
キャンペーン
通常料金
月額料金
1~12ヶ月目
980円 5,200円
月額料金
13~31ヶ月目
5,200円
合計金額
(31ヶ月間)
110,560円 161,200円

ただし、NURO光お試し特典とは違い、途中で解約すると「違約金」「工事費の残り」「機器撤去費用」などを支払う必要があります。

NURO光お試し特典と通常を比較した場合

NURO光お試し特典を適用した場合と通常料金を比べると、NURO光お試し特典を適用したほうが、通常よりも20,000円ほどお得なのが分かります。

お試し特典 通常料金
月額料金
1~3ヶ月目
500円 5,200円
月額料金
4~6ヶ月目
2,980円
月額料金
7~31ヶ月目
5,200円
合計金額
(31ヶ月間)
140,560円 161,200円

また、NURO光お試し特典は途中解約したくなったとしても、3ヶ月間の間であれば違約金、工事費、機器撤去費用などを支払わなくて済みます。

なお、どちらもキャッシュバックキャンペーンとの併用はできません。

そのため、月額料金の割引を取るか、一括現金で貰うかは好きなほうを選びましょう。

どちらも高額キャッシュバックが貰える

NURO光とauひかりは、どちらも高額のキャッシュバックが貰えます。NURO光は最大45,000円、auひかりは最大61,000円です。

ただし、申し込み窓口を間違うと、キャッシュバックの金額が減ったり、貰えない場合があります。また、キャッシュバックを受けるための条件なども異なります。

NURO光の高額キャッシュバックは公式サイトで貰える

NURO光で高額キャッシュバックを貰えるのは公式サイトから申し込んだ場合のみです。

NURO光は、キャッシュバックの条件によくある有料オプションの加入も必要ないので、無条件でキャッシュバックを受けられます。また、キャッシュバックとは別で工事費用も無料にできます。

他の申し込み窓口のキャッシュバックは、有料オプション不要だと還元率が下がったり、そもそも有料オプションに加入しなければ貰えないことが多いです。

NURO光を検討するなら、余計な費用をかけないためにも、NURO光の公式サイトから申し込むのがおすすめです。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/

auひかりの高額キャッシュバックはGMOとくとくBBで貰える

auひかりで高額キャッシュバックを受けられるのは、公式ではなくプロバイダであるGMOとくとくBBから申し込んだ場合のみです。

ただし、最大の61,000円を貰うためには、月額550円のauひかり電話に加入しなければいけません。

しかし、GMOとくとくBBを窓口にした場合は、最初の更新月までの2年間、光電話を無料で使えます。

ちなみに、auひかり電話の加入はauスマートバリューや工事費実質無料などの適用条件にもなっています。

より多くの特典を受けるために必要なオプションなので、auひかりと契約するなら加入しておくと良いでしょう。

9月30日15:00まで限定
\キャッシュバック5,000円増額中!/

どちらの光回線も工事費用は実質無料

NURO光はNURO光の公式サイトで、auひかりはGMOとくとくBBから申し込むことで、工事費を実質無料にできます。

NURO光の場合、申し込めばキャンペーンが自動適用されます。

一方で、auひかりの場合は、戸建てかマンションかによって条件が変わります。マンションなら自動適用されますが、戸建ての場合はauひかり電話の加入が必要です。

工事費の無料キャンペーンを受けない場合は、以下の費用が発生します。

戸建て マンション
 NURO光 44,000円
auひかり 41,250円 33,000円

工事費が無料にならない場合の金額は高額なので、無料になるのかどうかを確認してから申し込みしましょう。

ちなみに、どちらも土日祝日に工事日指定をすると、3,300円の追加料金がかかります。追加料金は無料にならないので注意しましょう。

auひかりは他社から乗り換えた際の費用を最大3万円まで負担してくれる

auひかりはNURO光とは違い、他社から乗り換える際に掛かった費用を最大3万円まで負担してくれる「auひかり乗りかえスタートサポート」というサービスを実施しています。

違約金以外に、工事費の残りの請求があった場合も対象になるため、負担額を激減できます。

また、同時にauスマートバリューを新規で適用すると、最大1万円が追加還元されます。

ただし、乗りかえスタートサポートを受けるには条件があり、場合によっては対象外になることもあります。

キャンペーン適用に必要な2つの条件

auひかり乗りかえスタートサポートを適用するためには、以下の2つの条件を満たす必要があります。

  • ・auひかり電話に加入する
  • ・2~3年間の継続利用を約束する

auひかり電話は、月額550円のオプションサービスです。auスマートバリューや、追加キャッシュバックなどに必要な条件なので、難しくはありません。

また、auひかりの契約年数も条件に含まれるので注意してください。戸建てなら3年、マンションなら2年間の継続利用が条件に組み込まれています。

もし、期間満了前に解約してしまった場合、解約金などに含まれる違約金とは別に「キャンペーン違約金」が発生します。戸建てなら11,000円、マンションなら7,700円です。

違約金を負担してもらえるのは提携外の光回線のみ

違約金を最大3万円まで負担してくれるキャンペーンは、非常にお得なので利用しない手はありません。しかし、違約金を負担してもらえるのはKDDIと提携していない回線のみです。

そのためau系列にあたる以下の光回線は、乗り換え時の費用を負担してもらえません。

違約金負担対象外の光回線
ソネット光プラス、コミュファ光、eo光、ピカラ光、メガエッグ光、BBIQ光、ビッグローブ光、auひかりちゅら、エディオンネット、@nifty光、@TCOMヒカリ

ただし、上記の光回線でも、auスマートバリューを適用できるプラン以外で契約しているなら、違約金負担を受けられます。

村野さん 村野

キャンペーンはどちらも豊富で、お得な内容になっています!

工事費用が無料なうえに、月額料金を安くできる恩恵は大きいです。さらに2社ともセット割を適用できるので、月々の費用を抑えられます。

解約金・撤去工事費の合計額は戸建てならNURO光のほうが安い

天秤にかけて比較している人のイラスト

両社の違約金と撤去工事費をまとめて比較しました。

本来は工事費の残りの費用も関わりますが、分割回数や解約時期での変動が大きいので、ないものと考えた場合で比較しています。

違約金 撤去
工事費
合計額
NURO光 10,450円
(G2D・G2T)
11,000円 21,450円
auひかり
(マンション)
7,700円
(お得A)
7,700円
10,450円
(お得)
10,450円
auひかり
(戸建て)
10,450円
(ギガ得)
31,680円 42,130円
16,500円
(ずっとギガ得)
48,180円

比べてみると、戸建てならNURO光が、マンションならauひかりのほうが安く済むことが分かります。

ちなみに違約金、撤去費用、工事費の残りは、すべて一括で請求されます。

ただし、違約金は両社ともに決められた時期に解約すれば支払わずに済みます。1番不要な費用なので、よっぽどの理由がない限りは「更新月」で解約するのがおすすめです。

契約年数は光回線によって変わる

契約年数は、どちらの回線も契約するプランによって違います。

下表に、プランごとの契約年数をまとめました。契約年数によって、更新月(無料で解約できる期間)が違います。

契約年数 更新月
NURO光
(G2D)
2年 25~26ヶ月目
NURO光
(G2T)
3年 36~38ヶ月目
auひかり
(ギガ得/お得A)
2年 24~26ヶ月目
auひかり
(ずっとギガ得)
3年 36~38ヶ月

違約金の支払額も以下のように変わります。ただし上表に記載した更新月に解約するなら、違約金はかかりません。

違約金
NURO光 10,450円
(G2Dプラン/2年)
10,450円
(G2Tプラン/3年)
auひかり 7,700円
(お得プランA/2年)
10,450円
(お得プラン/2年)
10,450円
(ギガ得プラン/2年)
16,500円
(ずっとギガ得プラン/3年)

契約年数の縛りがないプランも選べますが、縛りがない代わりに月額料金が高くなるためおすすめしません。

契約年数の縛りこそありますが、更新月に解約すれば違約金は発生せず、毎月の費用を抑えられます。引っ越しや転勤が多くない限りは、年数縛りのプランを契約して損はありません。

NURO光は契約時期により更新月が変わる

NURO光の更新月は契約した時期によって変わります。具体的には、2021年7月以降に契約した場合は3ヶ月間、それ以前に契約した場合は1ヶ月間です。

3年契約 2年契約
2021年6月まで 3年プランなし 25ヶ月目
2021年7月以降 36ヶ月目
37ヶ月目
38ヶ月目
24ヶ月目
25ヶ月目
26ヶ月目

上表のように、更新月が2ヶ月増えていることが分かります。

auひかりは契約時期により更新月が変わる

auひかりの更新月は契約した時期によって変わります。具体的には、2021年6月以降に契約した場合は3ヶ月間、それ以前に契約した場合は2ヶ月間です。

3年契約 2年契約
2021年5月まで 37ヶ月目
38ヶ月目
25ヶ月目
26ヶ月目
2021年6月以降 36ヶ月目
37ヶ月目
38ヶ月目
24ヶ月目
25ヶ月目
26ヶ月目

上表のように、更新月が1ヶ月増えていることが分かります。

村野さん 村野

auひかりとNURO光は、どちらも独自回線で特殊なため、1度契約してしまうと解約時に撤去費がかかります。

ただし、引っ越しが多い人は、NURO光よりもauひかりのほうが良いです。NURO光は提供エリアが極端に狭く、引越し先で利用できずに解約になる可能性が高くなるからです。

auひかりはプロバイダを自由に選べる

auひかりは、以下の8つのプロバイダから好きなものを選べます。

auひかりで選べるプロバイダ一覧

・@nifty
・ソネット
・ビッグローブ
・GMOとくとくBB
・au one net
・@TCOM
・DTI
・ASAHIネット

ただし、一度プロバイダを選んだら解約するまで選び直すことはできません。そのため、auひかりでプロバイダを選ぶ際は慎重に選択しましょう。

どちらの光回線もオプションは充実している

なにかを調べているイラスト

光テレビや光電話などのオプションはどちらも充実しています。

オプションの利用を考えているのであれば、事前に確認しておくのがおすすめです。

NURO光で利用できるオプション

NURO光で利用できる主なオプションは以下の3つです。

NURO光でんわ(550円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。NTTの電話料金よりも遥かに安く、月額550円で利用できます。また、NURO光のおうち割光セットの適用条件でもあります。

ひかりTV for NURO(1,650円/月)

ひかりTV for NUROに加入すると、79種類の専門チャンネルや、13万以上のビデオオンデマンドが視聴できます。NURO光の通信回線を利用しているので、アンテナ工事等は不要です。

リモートサポート(550円/月)

NURO光forマンション向けにある有償サポートサービスです、PCの疑問や不安などを何度も相談でき、操作などが分からない場合は遠隔操作で助けてくれます。

auひかりで利用できるオプション

auひかりで利用できる主なオプションは以下の3つです。

auひかり電話(550円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。NTTの電話料金よりも遥かに安く、月額550円で利用できます。auスマートバリューや、キャッシュバックなどの適用条件でもあります。

auひかりテレビサービス(1,628円/月)

auひかりテレビサービスは、6ジャンルの専門チャンネルから選べる「ジャンルパック」と、47種類の専門チャンネル全てが見れる「オールジャンルパック」があるビデオオンデマンドです。テレビ・BSやCSは見れません。

無線LAN機器レンタル(550円/月)

ケーブルレスでWi-Fi接続ができる機器です。auスマートバリュー適用で無料でレンタルできます。

安心ネットフィルター(209円~/月)

詐欺や不正アクセスの対策に必須。利用者の年齢に合わせて、閲覧できるサイトを制限することも可能です。年齢別に6種類から制限を選べます。

村野さん 村野

どちらもオプションは充実していますが、加入必須と言えるのは「光電話」だけです。2社ともおうち割光セットやauスマートバリューの適用条件になっているからです。

その他のオプションは、自分に必要があれば契約すると良いでしょう。

NURO光は開通工事が2回あり手間と時間がかかる

電柱から一軒家に光ケーブルを引いている工事の様子のイラスト

auひかりは工事が1回で済みますが、NURO光は宅内と屋外で、2回の開通工事が必要です。また、2回とも必ず立ち会いが必須になっています。

ただし、以下の条件を満たせば、NURO光の工事は1回で済ませられます。

NURO光の工事を1回で済ますための条件

・NTT東日本エリアに住んでいる
・戸建ての物件である
・5,500円の追加費用を払う
※土日祝日指定は追加で3,300円かかる

限定的ではありますが、条件が合えば宅内と屋外の工事を同じ日に指定できるため、多くの手間を省けます。

また、通常より圧倒的に早く開通できるので、すぐにネットを使いたい人にもおすすめです。

しかし、予約の混み具合により同日に指定できないこともあるので、工事希望日の2ヶ月前には予約しておくと良いでしょう。

NURO光が開通するまでにかかる期間

NURO光が開通するまでにかかる期間は、公式サイトによると「1~3ヶ月程度」になっています。しかし、1ヶ月で開通できるのは極めて稀です。

とても人気の光回線で、工事が混み合っていることが多く、早くても2ヶ月、遅くて半年程度を目安に動くと良いでしょう。

NURO光とauひかりのあいだで乗り換える際の注意点

注目ポイントを挙げている女の子

「NURO光からauひかり」あるいは「auひかりからNURO光」に乗り換える際には、以下の6つの注意点があります。

乗り換え時の注意点

  • ①解約費用が発生する
  • ②セット割が適用できなくなる
  • ③対応エリアが違う
  • ④電話番号が引き継げない
  • ⑤プロバイダの変更が必要な場合がある
  • ⑥必ず工事が発生する

以下で、それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

①解約費用が発生する

NURO光とauひかりは、プランによって2年または3年の契約年数が設定されています。

どちらも更新月以外で解約すると違約金が発生します。

NURO光の違約金

・「G2Dプラン/2年」
10,450円(更新月:24~26ヶ月目)
・「G2Tプラン/3年」
10,450円(更新月:36~38ヶ月目)

auひかりの違約金

・「お得プランA/マンション2年」
7,700円(更新月:24~26ヶ月目)
・「お得プラン/マンション2年」
10,450円(更新月:24~26ヶ月目)
・「ギガ得プラン/戸建て2年」
10,450円(更新月:24~26ヶ月目)
・「ずっとギガ得プラン/戸建て3年」
16,500円(更新月:36~38ヶ月目)

とくにauひかりは、プランによって違約金も変わります。乗り換えを検討するなら、無駄な費用がかからないように、できるだけ更新月で解約しましょう。

工事費分割の残りを請求される場合がある

契約している光回線の工事費用を分割で支払っていて、残額がある場合は、解約する際に残りを一括で請求されます。

一括で工事費用を支払っている場合は、解約しても違約金や機器撤去費用のみで済みます。

どちらの光回線も撤去費用がかかる

NURO光とauひかりは独自回線なので、賃貸だと解約する際に撤去費用が必ずかかります。費用は以下のとおりです。

違約金 撤去
工事費
合計額
NURO光 10,450円
(G2D・G2T)
11,000円 21,450円
auひかり
(マンション)
7,700円
(お得A)
7,700円
10,450円
(お得)
10,450円
auひかり
(戸建て)
10,450円
(ギガ得)
31,680円 42,130円
16,500円
(ずっとギガ得)
48,180円

違約金と撤去費用に加え、工事費用の残りがあると、トータル費用はもっと高くなるので注意しましょう。

②セット割が適用できなくなる

NURO光や、auひかりのあいだで乗り換える場合は、セット割であるおうち割光セットやauスマートバリューを継続利用することはできません。

そもそもセット割は、対応しているスマホのキャリアに適用できるものだからです。

③対応エリアが両社とも違う

NURO光とauひかりは、対応エリアが大きく違うデメリットがあるので注意が必要です。

auひかりが利用できないのは関西在住かつ、戸建ての場合のみですが、NURO光は東北・四国・沖縄地方で利用できません。

そのため、少しでも引っ越す可能性がある場合は、全国対応している他の光回線か、対応エリアがNURO光よりも広い、auひかりにしておくのが無難でしょう。

関連記事

▶NURO光の対応エリアを確認する
▶auひかりの対応エリアを確認する

④電話番号が引き継げない

NURO光とauひかり間の乗り換えでは、利用していた光電話の番号は引き継げません。

ただし、光電話を使う前に利用していたNTTの番号は「アナログ戻し」で引き継ぐことが可能です。

「アナログ戻し」とは
アナログ戻しとは、これまで利用していた光電話(光回線)をアナログ電話(電話専用回線)に戻すことです。一度アナログ電話の契約を経由することで、番号を引き継ぐことが可能です。

⑤プロバイダの変更が必要な場合がある

どちらも乗り換える際に、プロバイダの変更が必要になる可能性があります。

NURO光に乗り換えると、プロバイダがソネット固定になり、auひかりは8つの中から選択できます。

そのため、auひかり側でソネット以外のプロバイダを選んでいた場合や、NURO光から乗り換える際に、ソネット以外のプロバイダを選ぶと、もともと使っていたプロバイダ独自のサービスは、継続利用できません。

⑥必ず工事が発生する

NURO光とauひかりは独自回線なので、どちらに乗り換えても必ず工事が発生します。

独自回線は、フレッツ光の回線網を利用する光コラボとは違い、工事が不要な「転用」や「事業者変更」ができないからです。

転用・事業者変更とは
転用とは、NTTのフレッツ光から光コラボに乗り換える手続きのことです。事業者変更とは、光コラボの回線から他の光コラボに乗り換えることを指します。

回線サービスの提供元が変わっても、使っている設備はNTTのままなので、工事不要で乗り換えが可能です。

まとめ:NURO光やauひかりがおすすめな人

メモ帳を持った女の子のイラスト

料金の安さを考えるなら使っているスマホと同じ光回線を選ぶべきです。セット割の適用で月々のスマホ代が減り、毎月の支払いが抑えられるからです。

NURO光とauひかりは、それぞれ対応したスマホキャリアでセット割が使えます。ソフトバンクのスマホを利用しているならNURO光、auのスマホを使っているならauひかりで適用できます。

セット割は、光回線の料金の割引ではありませんが、1端末あたり最大1,100円割引になるので、結果的に出費が少なくて済みます。

そのため、光回線はセット割を軸に考えて選ぶことが大切です。他にも、キャンペーンに必要な条件としてセット割を指定している光回線もあるので、基本的にはキャリアに合わせると良いでしょう。

最後に、NURO光がおすすめな人と、auひかりがおすすめな人の特徴をそれぞれ振り返ってみましょう。

NURO光がおすすめな人

  • ①ソフトバンクのスマホを使っている
  • ②光コラボではなく独自回線を使いたい
  • ③回線速度と料金を重視したい
  • ④動画配信やゲーム配信などをしてみたい

auひかりがおすすめな人

  • ①auのスマホを使っている
  • ②光回線コラボではなく独自回線を使いたい
  • ③動画視聴やゲームがラグなくできれば良い
  • ④引っ越しや転勤が多い人

上記を参考にして、自分に当てはまる条件や、スマホのキャリアに合わせて、少しでもお得な光回線を決めてみてください。

光回線 主な特徴
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
最大45,000円のキャッシュバック
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速お得なキャンペーン窓口

NURO光とauひかりの1番お得なキャンペーンサイト

以下では、NURO光とauひかりの1番お得なキャンペーンサイトをご紹介します!

それぞれの窓口がなぜおすすめなのか、理由も解説しているので、ぜひ参考にしてください!

NURO光の申し込み窓口は公式サイトが一番おすすめ

NURO光の45,000円キャッシュバック

NURO光に申し込むなら公式のキャンペーンページを窓口にするのが一番おすすめです!

高額キャッシュバックをはじめ、さまざまなメリットを受けられるからです。

NURO光の公式キャンペーンがおすすめな理由

  • ①オプション不要で4.5万円キャッシュバック
  • ②44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ③ネットや光電話の設定サポートが無料
  • ④申し込みと同時に工事日を選択できる
  • ⑤高速無線LAN機能が無料で利用可能

NURO光のキャンペーンページを窓口にすると無条件で45,000円のキャッシュバックをもらえます!

しかも、追加オプションの加入といった条件は一切ありません!

適用条件 キャッシュバック
公式サイト なし 45,000円
価格.com 41,370円
ライフサポート 36,000円
アウンカンパニー 光電話オプション加入 35,000円

ほかの窓口から申し込むと、キャッシュバックのためにオプション加入が必要だったり、そもそもの還元額が低かったりします。

公式キャンペーンの45,000円という金額は、NURO光で貰えるキャッシュバックの最高額です!絶対に損をしない特典なので、ぜひ活用しましょう!

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/

44,000円の工事費が実質無料になる

「工事費無料」なイラスト

NURO光は、公式サイトのキャンペーンページから申し込むことで、開通工事費が実質無料になります!

本来ならば、NURO光の工事費は44,000円と高額です。3年契約の場合は1,222円の36回払い、2年契約は1,833円の24回払いです。

キャンペーンを利用することで負担をゼロにできるのは、大きなメリットです。

開通工事までの待機期間を最短にできる

カレンダーを見て期間を待っているイラスト

NURO光は、公式サイトから申し込むことで開通までの待期期間を最も短くできます!

公式のキャンペーンページなら、申し込みと同時に工事日を指定できるからです。

代理店をとおしてNURO光に申し込んでしまうと、仲介業者があいだに入るため、工事日の決定に余計な手間がかかってしまいます。

NURO光は開通までの期間が長い光回線です。しかし、公式の窓口から申し込めば、待期期間を最短にできます!

\最短でNURO光の工事日を決定できる!/

auひかりはGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得

auひかりは、大手プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得です。

GMOとくとくBBで申し込むメリット

  • 最大61,000円のキャッシュバック
  • 9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ③乗り換えならキャッシュバック3万円増額
  • ④工事費実質無料
  • ⑤初めの更新月まで光電話が無料になる
  • ⑥最新の高性能Wi-Fiルーターをプレゼント
  • ⑦申し込み前に提供状況を確認できる
  • ⑧2020年のお客様満足度が92%と高水準

GMOとくとくBBを窓口にしてauひかりに申し込むと戸建て61,000円、マンション51,000円のキャッシュバックがもらえます!

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

auひかりを契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

9月30日15:00まで限定
\キャッシュバック5,000円増額中!/

公式サイトよりもキャッシュバック額が50,000円以上お得

GMOとくとくBBは、auひかりの公式サイトから申し込むよりもキャッシュバック額が50,000円以上お得です!

auひかりは、窓口によってキャッシュバック額が違います。例えば、公式サイトから申し込むと10,000円の還元です。しかし、GMOとくとくBBでは最大61,000円がもらえます!

キャッシュバック
(戸建て)
キャッシュバック
(マンション)
GMOとくとくBB 61,000円 51,000円
auひかり
(公式サイト)
10,000円 10,000円
NEXT 52,000円 47,000円
@nifty 30,000円 30,000円
So-net なし なし

上記の表は、条件を同じにするために、すべてネット+光電話で申し込んだ場合のキャッシュバック額を載せています。

auひかりは光電話を利用しないとスマホセット割が適用できません。しかし、GMOとくとくBBなら光電話が最大36ヶ月間無料になり、セット割のデメリットがなくなります。

光電話の無料特典はGMOとくとくBBだけが実施しているので、どこよりもお得にauひかりを利用できます!

9月30日15:00まで限定
\キャッシュバック5,000円増額中!/

利用者からの評判がとても良い

GMOとくとくBB×auひかりのお客さま満足度は92%と高評価

GMOとくとくBBは、実際の利用者からとても高く評価されている大手プロバイダです。

約2万人から意見を収集し、公表している「オリコン顧客満足度ランキング」では、プロバイダ部門において2年間連続で第1位を獲得しています!(2019、2020年)

GMOとくとくBBは、とくに「通信速度・安定性」に関する評価が高いです。実際、auひかりのプロバイダ別の実測値を比べると、他社よりも平均速度が速いです。

プロバイダ名 利用者の平均速度
1位 GMOとくとくBB 513Mbps
2位 so-net 402Mbps
3位 au one net 389Mbps
4位 BIGLOBE 369Mbps
5位 @nifty 362Mbps

キャッシュバンクが多いだけでなく、GMOとくとくBBのサービス自体が高品質ということが分かります。ほかのプロバイダよりも、auひかりを快適に使えます!

\最大9.1万円のキャッシュバックが貰える!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

光回線会社の比較の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧