GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とドコモ光の違いを徹底比較!どっちに乗り換えるべき?

最終更新日:2023年01月06日
GMOとくとくBB光vsドコモ光どっちにすべき?のアイキャッチ

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とドコモ光の違いを徹底比較します!「GMOとくとくBB光とドコモ光ならどっちに乗り換えるべき?」といった疑問を持っていませんか?

結論として「ドコモ以外のスマホユーザーはGMOとくとくBB光」「ドコモユーザーはドコモ光」がおすすめです。

GMOとくとくBB光がおすすめな人

  • ドコモ以外のスマホを使っている人
  • ・とにかく月額料金の安さを重視したい人
  • ・契約期間の縛りがない光回線が良い人
  • ・引っ越しの頻度が多い

ドコモ光がおすすめな人

  • ドコモのスマホを使っている人
  • ・開通工事費を完全無料にしたい人
  • ・様々なキャンペーンを受けたい人
  • ・信頼できる大手のサービスを選びたい人

セット割を適用できるかで光回線の料金は大きく変わるので、使っているスマホのキャリアに合わせて選びましょう。

この記事では、GMOとくとくBB光とドコモ光の違いについて、月額料金や回線速度、キャンペーンといったさまざまな視点で比較しながら解説していきます!

村野(ヒカリク編集部)

各光回線サービスに詳しい。新しい光回線やホームルーターが出るたびに、料金やコンセプトを細かく確認する真面目な性格。

目次

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とドコモ光の違い早見表

NURO光とドコモ光の違いについて比較解説

GMOとくとくBB光 ドコモ光
回線網 NTT回線
(光コラボ)
NTT回線
(光コラボ)
マンション
月額料金
3,773円
※プロバイダ一体型
4,400円
※プロバイダ一体型
戸建て
月額料金
4,818円
※プロバイダ一体型
5,720円
※プロバイダ一体型
最大速度 1Gbps 1Gbps
平均速度 296Mbps 272Mbps
スマホ
セット割
なし ドコモ
-1,100円/月
(最大20台まで)
マンション
工事費
25,300円
実質無料
16,500円
完全無料
戸建て
工事費
26,400円
実質無料
19,800円
完全無料
契約期間 縛りなし 2年
マンション
解約費用
無料 4,180円
更新月なら無料
戸建て
解約費用
無料 5,500円
更新月なら無料
エリア 全国 全国
お得な窓口 ▶公式サイト ▶GMOとくとくBB
関連記事 ▶キャンペーン情報 ▶キャンペーン情報

GMOとくとくBB光とドコモ光は、どちらも「プロバイダ一体型」の光回線です。フレッツ光のようにプロバイダを別途契約する必要はありません。

ドコモユーザーならドコモ光、それ以外のスマホユーザーならGMOとくとくBB光を選ぶのがおすすめです。ドコモユーザーはドコモ光のスマホセット割でお得に利用できるからです。

村野さん 村野
以下ではそれぞれの光回線の違いを簡単に紹介します。項目ごとに詳しい解説も後ほど記載しているので、最後までチェックして、ベストな光回線を選びましょう。

月額料金はGMOとくとくBB光のほうが約1,000円安い

月額料金は、GMOとくとくBB光のほうが安いです。マンションと戸建て共に、約1,000円近くの差があります。

しかし、GMOとくとくBB光はドコモ光と違ってスマホセット割がありません。そのため、ドコモユーザーであればドコモ光のほうがお得に契約できます。

料金の安さを重視する人は、自身が利用しているスマホを基準に光回線を選びましょう。

回線速度はどちらも変わらない

回線速度に大きな差はありません。両社とも最大通信速度は1Gbpsで、実際に計測した速度の平均値も多少の違いがあるだけです。

平均回線速度は、GMOとくとくBB光が296Mbpsに対して、ドコモ光は272Mbpsです。

一般的に回線速度は100Mbps以上あれば、どのような用途でも快適にネットが利用できると言われています。どちらの光回線も快適に使用するには問題ありません

キャンペーン内容はどちらもお得

GMOとくとくBB光のキャンペーン

  • 新規なら25,000円キャッシュバック
  • ・他社乗り換えなら30,000円還元
  • ・新規工事費が実質無料
  • ・v6プラス対応ルーター無料レンタル
  • ・開通までモバイルWiFiを格安レンタル

ドコモ光のキャンペーン

  • 無条件で40,000円のキャッシュバック
  • ・dポイントプレゼント
  • ・工事費完全無料
  • ・高性能ルーターの無料レンタル
  • ・開通までモバイルWi-Fiが無料で使える

キャンペーン内容はGMOとくとくBB光、ドコモ光どちらもお得です。2社共に一番お得に契約できる窓口から申し込んだ場合に適用できるキャンペーンで比較しています。

どちらの光回線も高額キャッシュバックに加えて、工事費無料やWiFiルーター無料レンタルなど他のキャンペーン内容も充実しているのが分かります。

GMOとくとくBB光は違約金がかからない

GMOとくとくBB光はいつ解約しても違約金がかかりません。契約期間の縛りが一切ないからです。

一方、ドコモ光は戸建てなら5,500円、マンションなら4,180円かかります。ただし、無料で契約内容を変更できる「更新月」に解約すれば請求されません。

GMOとくとくBB光とドコモ光の1番お得な申し込み窓口

以下ではGMOとくとくBB光とドコモ光の最もお得なキャンペーンサイトをご紹介します!

GMOとくとくBB光は公式サイト、ドコモ光はプロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのがそれぞれ一番お得です。

光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 新規なら25,000円キャッシュバック
他社乗り換えなら30,000円還元
新規工事費が実質無料
v6プラス対応ルーター無料レンタル

開通までモバイルWiFiを格安レンタル一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で40,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
利用者からの評価が極めて高い
一番お得なキャンペーン窓口

月額料金はドコモ光よりGMOとくとくBBのほうが安い

料金は?と疑問を持つ電卓を抱きかかえた女の子のイラスト

戸建て マンション
GMO
とくとくBB光
4,818円 3,773円
ドコモ光 5,720円 4,400円

月額料金はドコモ光よりGMOとくとくBBのほうが安いです。戸建て・マンションともに約1,000円近くの差があります。

しかし、ドコモ光はGMOとくとくBB光にない「スマホセット割」が利用できます。下記にてドコモ光のスマホセット割について詳しく解説していきます。

ドコモ光セット割でスマホ1台につき1,100円割引される

ドコモユーザーがドコモ光を契約するとドコモ光セット割が使える

ドコモ光セット割の概要

  • ・ドコモのスマホ利用料を1,100円割引
  • ・ドコモ×ドコモ光で自動適用
  • ・離れて暮らす家族も割引対象になる

ドコモ光セット割とは、ドコモのスマホが1台につき毎月最大1,100円割引される優れたサービスです。最大で20回線、離れて住んでいる家族も割引の対象となります。

ドコモ光セット割は申し込みが不要なので、条件を満たせば誰でもお得にドコモ光を利用できます。ドコモのスマホを利用している人はドコモ光の契約がおすすめです。

関連記事

▶ドコモ光セット割とは?割引額はどのくらい?

プラン別割引額まとめ

割引額
5Gギガホ プレミア -1,100円
ギガホ プレミア
5Gギガホ
ギガホ
ギガライト7GB以下
ギガライト5GB以下
ギガライト3GB以下 -550円
ギガライト1GB以下 割引なし

回線速度はGMOとくとくBB光もドコモ光も変わらない

最大速度も利用者の平均速度も差がない

最大速度 平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
GMO
とくとくBB光
1Gbps 296Mbps 269Mbps
ドコモ光 1Gbps 272Mbps 229Mbps

上表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの実際の回線速度収集しているサイトを参考に、回線業者ごとの平均速度と公式で公表されている最大速度を比べたものです。

GMOとくとくBB光とドコモ光は、最大速度と平均速度に大きな違いはありません。

一般的に回線速度は100Mbps以上あれば、快適にネットが利用できると言われています。そのため、2社共に日常的にネットを利用するのに十分な回線速度を有していると言えます。

快適な回線速度の目安
何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。ウェブサイトを見るだけであれば、どの光回線を選んでもストレスを感じることはありません。

上表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な回線速度の目安を紹介しています。

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的な使い方なら、100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

ドコモ光はプロバイダによって回線速度が変わる

「ネット回線の速度を計測している人」

プロバイダ 回線速度
1位 ドコモネット 312Mbps
2位 GMOとくとくBB 303Mbps
3位 ぷらら 288Mbps
4位 エディオンネット 285Mbps
5位 Asahiネット 278Mbps
6位 OCN 274Mbps
7位 ビッグローブ 271Mbps
8位 BBエキサイト 258Mbps
9位 DTI 257Mbps
10位 アットティーコム 250Mbps
11位 タイガースネット 243Mbps
12位 ニフティ 212Mbps
13位 アンドライン 193Mbps
14位 楽天
ブロードバンド
173Mbps
15位 WAKWAK 139Mbps

ドコモ光は選んだプロバイダによって回線速度が大きく変わります。

いくらドコモ光が速くても、遅いプロバイダを選んでしまうと本来の回線速度が出ないこともあります。

ドコモ光でプロバイダをGMOにすればとくとくBB光と全く同じスペック

ドコモ光でプロバイダをGMOとくとくBBにした場合、GMOとくとくBB光と全く同じスペックとなります。

どちらもフレッツ光の回線を利用し、プロバイダがGMOとくとくBBになるからです。

料金やキャンペーン内容は2社で異なりますが、回線を利用する仕組みは同じになると覚えておきましょう。

光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 新規なら25,000円キャッシュバック
他社乗り換えなら30,000円還元
新規工事費が実質無料
v6プラス対応ルーター無料レンタル

開通までモバイルWiFiを格安レンタル一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で40,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
利用者からの評価が極めて高い
一番お得なキャンペーン窓口

どちらの光回線もIPv6に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

GMOとくとくBBもドコモ光も、新しい接続規格であるIPv6に対応しています。

IPv6は従来のIPv4と接続方式が異なります。回線の混雑する箇所を避けて通信することで、安定した高速通信を実現しています。

関連記事

▶GMOとくとくBB光のIPv6について解説
▶ドコモ光のIPv6について解説

ドコモ光はIPv4 over IPv6対応のプロバイダを選ぶべき

ドコモ光はIPv4 over IPv6対応のプロバイダを選ぶのがおすすめです。

「IPv4 over IPv6」とは、IPv6でインターネットに接続しながら、IPv4のみに対応したサイトも閲覧できるようにするハイブリッドな仕組みのことです。

「IPv4 over IPv6」に対応しているプロバイダを選べば、ほとんどのサイトで通信速度が上がります。

IPv4 over IPv6対応のプロバイダ

利用
申し込み
ルーターの
無料レンタル
GMOとくとくBB 不要
plala
@nifty
BIGLOBE
ドコモnet ×
@T COM
WAKWAK
DTI 必要
andline
スピーディア
インターネット
サービス
hi-ho
OCN
@ちゃんぷる
ネット
Tigers-net.com
IC-NET ×
BB.excite

対応エリアはどちらも全国

ドコモ光とフレッツ光の対応エリアはどちらも日本全国

GMOとくとくBB光もドコモ光も日本全国で利用できます。ただし、対応エリアでも、建物や周囲の状況によっては契約できない可能性があります。

また、同じ回線網を使っている光コラボのため、どちらか片方がエリア外だった場合、もう片方の光回線も契約できません。

以下で、GMOとくとくBB光とドコモ光が対応エリア外だった場合の対処方法を紹介しています。ぜひ参考にしてください!

提供エリア外だった場合の対処法

GMOとくとくBB光とドコモ光が提供エリア外だった場合、「独自回線を試す」か「ホームルーターorポケットWiFiを試す」のが取れる2つの対処法です。

独自回線は提供エリアが狭めですが、GMOとくとくBB光などの光コラボとは違う回線網を使用しています。そのため、独自回線系の光回線であれば契約できる可能性があります

ホームルーターとポケットWiFiは、スマホと同じ電波を使ったサービスです。電波が届く場所なら利用可能なので、対応エリアの広さが魅力です。

独自回線に該当するサービス

NURO光、auひかり、eo光、メガエッグ光、コミュファ光、BBIQ光、ピカラ光、auひかりちゅら など

関連記事

▶GMOとくとくBB光が対応エリア外だった場合の対処法
▶ドコモ光が対応エリア外だった場合の対処法

工事費はどちらも無料

「工事費無料」なイラスト

GMOとくとくBB光とドコモ光は、どちらも工事費が無料です。

しかし、それぞれで工事費が無料になるシステムが多少異なります。以下では2社の工事費無料について詳しく解説していきます。

GMOとくとくBB光は工事費が「実質無料」

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス) 工事費実質無料

GMOとくとくBB光では、新規工事費が実質無料になるキャンペーンが実施されています。

本来、GMOとくとくBB光の工事費は、戸建てだと26,400円、マンションなら25,300円です。しかし、36ヶ月間にわたって継続利用することで実質0円になります。

正確には、分割払いしている工事費と同額を毎月割引される仕組みです。36回に分けて割引されることで、実質無料になります。

36ヶ月以内に解約すると残債を請求される

工事費実質無料のキャンペーンで割引を受けている期間中(36ヶ月以内)にGMOとくとくBB光を解約すると、工事費の残りを一括請求されてしまいます

毎月の割引特典が、解約以降は受けられなくなるためです。GMOとくとくBB光を契約するなら、なるべく短期での解約は避けるのがおすすめです。

解約タイミングごとの残債金
マンション 戸建て
12ヶ月目 16,632円 17,424円
24ヶ月目 8,316円 8,712円
36ヶ月目 完済 完済

ドコモ光は工事費が「完全無料」

ドコモ光は工事費無料キャンペーンを実施している

ドコモ光はGMOとくとくBB光と異なり、工事費が完全無料になるキャンペーンを実施しています。完全無料の場合は、途中で解約しても工事費の残債が発生しません。

実質無料の場合、仮に利用開始から6ヶ月後に契約解除すると、残期間で払うはずだった工事費が「一括で請求」されます。

ドコモ光のように工事費が完全無料なら、いつ解約しても残債の支払いがないので安心です。

光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 新規なら25,000円キャッシュバック
他社乗り換えなら30,000円還元
新規工事費が実質無料
v6プラス対応ルーター無料レンタル

開通までモバイルWiFiを格安レンタル一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で40,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
利用者からの評価が極めて高い
一番お得なキャンペーン窓口

GMOとくとくBB光は違約金がかからない

電卓を持った女の子のイラスト

戸建ての
違約金
マンションの
違約金
GMO
とくとくBB光
無料
ドコモ光 5,500円 4,180円

GMOとくとくBB光は契約期間の縛りがないため違約金がかかりません。急な引っ越しなどがあってもすぐに対応できるのが魅力です。

ドコモ光は戸建てなら5,500円、マンションなら4,180円の違約金が発生します。ただし、更新月に解約すれば違約金がかかりません。

関連記事

▶ドコモ光の解約方法や違約金の詳細まとめ

ドコモ光はプロバイダを選べる

選択肢がたくさんあるイラスト

ドコモ光は、プロバイダを全23社から選択できます。プロバイダは通信速度に直接関係するので、慎重に選ぶ必要があります。

ドコモ光のプロバイダにはタイプAとBがあり、通信品質に差はないものの、料金がタイプAのほうが220円安いです。

ドコモ光のプロバイダで最もおすすめなのは「GMOとくとくBB」です。タイプAかつ、ドコモ光のプロバイダの中でも、トップクラスの通信速度を誇ります。

タイプAのプロバイダ(17社)

GMOとくとくBB、ドコモネット、ぷらら、ビッグローブ、DTI、ニフティ、BBエキサイト、SIS、アンドライン、hi-ho、アイシーネット、楽天ブロードバンド、エディオンネット、シナプス、タイガースネット、TikiTiki、ネスク

タイプBのプロバイダ(6社)

OCN、アットティーコム、Asahiネット、TNC、ちゃんぷるネット、WAKWAK

関連記事

▶ドコモ光のプロバイダで最もおすすめなのは?

GMOとくとくBB光はプロバイダが固定

GMOとくとくBB光は、ドコモ光のようにプロバイダを選べません。

GMOとくとくBB光のプロバイダは「GMOとくとくBB」で固定です。速度も十分に出るため、わざわざプロバイダ選ぶ手間を省けるとも言えます。

キャンペーンはどちらも充実している

GMOとくとくBB光のキャンペーン

  • 新規なら25,000円キャッシュバック
  • ・他社から乗り換えなら30,000円還元
  • ・新規工事費が実質無料
  • ・v6プラス対応ルーター無料レンタル
  • ・開通までモバイルWiFiを格安レンタル

ドコモ光のキャンペーン

  • 無条件で40,000円のキャッシュバック
  • ・dポイントプレゼント
  • ・工事費完全無料
  • ・高性能ルーターの無料レンタル
  • ・開通までモバイルWi-Fiが無料で使える

キャンペーンはどちらもお得な内容が揃っています。上記の内容は、それぞれ最もお得な窓口から申し込んだ場合です。

どちらの光回線も高額キャッシュバックに加えて、工事費無料やWiFiルーター無料レンタルなど他のキャンペーンも充実しています。

また、ドコモ光ではドコモユーザーには嬉しいdポイントプレゼントも実施されています。

光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 新規なら25,000円キャッシュバック
他社乗り換えなら30,000円還元
新規工事費が実質無料
v6プラス対応ルーター無料レンタル

開通までモバイルWiFiを格安レンタル一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で40,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
利用者からの評価が極めて高い
一番お得なキャンペーン窓口
関連記事

▶GMOとくとくBB光のキャンペーン情報まとめ
▶ドコモ光のお得なキャンペーン情報まとめ

GMOとくとくBB光とドコモ光のあいだで乗り換える際の注意点

ドコモ光とフレッツ光のあいだで乗り換える際の注意点

乗り換え時の注意点

  1. ①ドコモのセット割がなくなる
  2. ②ドコモ光は更新月でなければ違約金が発生
  3. ③新規契約ではなく事業者変更で乗り換え
  4. ④GMOとくとくBB光の工事費残債に注意

①ドコモのセット割がなくなる

ドコモ光からGMOとくとくBB光に乗り換えるとドコモのセット割がなくなります。

毎月のスマホ代が高くなってしまうので、ドコモから別のスマホキャリアへの乗り換えも検討しましょう。

②ドコモ光は更新月でなければ違約金がかかる

契約満了日と翌月・翌々月が更新月の場合

ドコモ光の違約金は、更新月に解約すると発生しません。ドコモ光は、契約期間が2年間なので24ヶ月周期で更新月がきます。

ドコモ光の更新月は3ヶ月間なので、24~26ヶ月周期で違約金がかかりません。

例えば、2020年3月に契約していたら、24ヶ月後の2022年3月~5月が更新月です。ドコモ光の2年契約は自動更新される仕組みなので、更新月移行の解約は違約金が発生します。

③新規契約ではなく事業者変更で乗り換え

光コラボから光コラボに事業者変更の説明イラスト

光コラボ同士で乗り換える場合は、新規契約ではなく事業者変更で申し込みましょう。

事業者変更なら開通工事なしで乗り換えられるからです。また、契約していた光回線の解約手続きも不要です。

ただし、先に契約中の光回線を解約しないようにしましょう。解約すると新規扱いとなり、事業者変更が利用できなくなります。

④GMOとくとくBB光は36ヶ月以内の解約だと工事費の残債が一括請求

GMOとくとくBB光を36ヶ月以内に解約すると、工事費の残りを一括請求されます。

工事費の支払いは36回の分割払いのため、途中で解約してしまうと毎月の特典が受けられなくなるからです。

GMOとくとくBB光から乗り換えるなら、キャンペーン期間の終わった36ヶ月以降がおすすめです。

GMOとくとくBB光やドコモ光がおすすめな人まとめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

GMOとくとくBB光がおすすめな人

  • ドコモ以外のスマホを使っている人
  • ・とにかく月額料金の安さを重視したい人
  • ・契約期間の縛りがない光回線が良い人
  • ・引っ越しの頻度が多い

ドコモ光がおすすめな人

  • ドコモのスマホを使っている人
  • ・開通工事費を完全無料にしたい人
  • ・様々なキャンペーンを受けたい人
  • ・信頼できる大手のサービスを選びたい人

最後に、GMOとくとくBB光がおすすめな人と、ドコモ光がおすすめな人の特徴を振り返っておきましょう。

結論として、使っているスマホがドコモ以外ならGMOとくとくBB光、ドコモのスマホならドコモ光がおすすめです。

料金の安さを重視するなら使っているスマホに合わせた光回線を選ぶべきです。セット割がある光回線なら月々のスマホ代を抑えられるため、お得に利用できます。

GMOとくとくBB光は当サイト限定ページから申し込むのが最もお得

GMOとくとくBB光_キャッシュバック

GMOとくとくBB光の限定LP

当サイト限定特典

  • 乗り換えなら35,000円還元
  • 新規でも32,000円がもらえる
  • ・工事費が実質無料になる
  • ・月額料金が110円安くなる
  • ・契約期間の縛りなしで契約できる

GMOとくとくBB光は、当サイト限定の特設サイト経由で工事費が実質無料になります!

通常の工事費はマンションなら25,300円、戸建てなら26,400円なので、初期費用をグッと抑えられます。

また、特設サイトから申し込んだ場合は、ほかの窓口よりも月額料金が110円安くなります。わずかな金額ですが、継続して使うほど差が広がります。

さらに2月1日から、以下2種のキャンペーンを実施中です!乗り換えなら35,000円、新規でも32,000円のキャッシュバックが貰えるので、お得に契約したい人は必見です!

特典詳細
GMOとくとくBB光_35000円キャッシュバック 一律35,000円キャッシュバック
・他社違約金があれば適用可能
・違約金額に関係なく一律で貰える
GMOとくとくBB光_32000円キャッシュバック 誰でも32,000円キャッシュバック
・申し込むだけで適用可能
当サイト「ヒカリク限定」特典

とくに違約金負担特典は、他社でかかった違約金が5,000円でも一律で35,000円がもらえる破格のキャンペーンです。

お得にGMOとくとくBB光を利用するなら、当サイト限定ページ経由で申し込みましょう。

ヒカリク限定キャンペーン!
\工事費が実質無料&月額料金が110円安くなる!/
当サイト限定
\最大35,000円分キャッシュバック!/
とくとくBB光の公式サイトはこちら

ドコモ光は「GMOとくとくBB」からの申し込みが一番お得

ドコモ光はヒカリク限定のGMOとくとくBB特設ページから申し込むのがお得

2023年2月現在、ドコモ光の最もお得な申し込み窓口は「GMOとくとくBB」です。公式キャンペーンの適用はもちろん、他のプロバイダ代理店と比べて圧倒的に特典も優れています。

当サイトの限定特設ページからの申し込みで、オプション追加なく40,000円もらえます。また、違約金が掛かる場合に10,000円キャッシュバックを増額してくれます。

GMOとくとくBBのキャンペーン
オプション不要で40,000円※最短翌月
・他社違約金の発生時に還元額10,000円増額
・高性能WiFiルーターを無料レンタルできる
・訪問サポートが初回無料になる
・セキュリティソフトが1年間無料で使える
・開通までモバイルWiFiが無料レンタル可能

+

ドコモ光の公式キャンペーンの内容
・ドコモ光新規工事料無料特典
・ドコモ光セット割
・dポイントプレゼント特典
・光★複数割
・ドコモ光期間限定割引

高性能WiFiルーターを無料でレンタルできる点など、ほかの特典も優秀です。ドコモ光で一番お得なキャンペーン窓口を探しているのなら、GMOとくとくBBが理想です。

ヒカリク限定特典!
\オプション不要で40,000円キャッシュバック!/
1月31日までの限定キャンペーン実施中!
\抽選で200名にAmazonギフト5千円分が当たる/
ヒカリク限定特典!
\オプション不要で40,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBはこちら

結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で40,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWiFiが無料で使える1月31日まで限定キャンペーン実施中11月30日まで限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
最大38,000円キャッシュバック
高性能WiFiルーターが必ずもらえる
他社の乗り換え費用を10万円まで還元 一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大66,000円のキャッシュバック最大80,000円キャッシュバック
独自回線なので通信品質がとても良い 一番お得なキャンペーン窓口
楽天ひかり 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が1%UPする
4月5日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
最大で3.5万円還元(当サイト限定) 一番お得なキャンペーン窓口

光回線を契約するなら使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、楽天ひかりは楽天モバイルと組み合わせれば光回線の料金が1年間無料になります。

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

【2023年2月】一番人気はドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っているすべての人におすすめの光回線です。

ドコモの携帯料金が安くなる唯一の光回線なので、ドコモユーザーなら他のどのサービスよりも料金を抑えられます!

また、業界No.1のシェアを誇り、みんなに選ばれている人気の光回線でもあります。料金が安いだけでなく、速度やキャンペーン、サポートといった全ての面で優秀です。

ヒカリク限定特典!
\オプション不要で40,000円キャッシュバック!/
1月31日までの限定キャンペーン実施中!
\抽選で200名にAmazonギフト5千円分が当たる/
ヒカリク限定特典!
\オプション不要で40,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBはこちら

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならhome5G

ドコモhome 5Gのロゴ

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、ホームルーターのhome5Gがおすすめです。ドコモのスマホと同じ回線を使っているので、日本全国どこでも利用できます。

また、工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。

さらに、5G対応で最大通信速度は4.2Gbpsと速いです。実測値の平均も200Mbpsあり、光回線と同じくらい快適に使えます!

\当サイト限定!18,000円分の特典還元!/
home5Gの一番お得な窓口はこちら
光回線の違いの記事
















































































































































































  • 光回線の評判口コミ
    ドコモhome5G(GMOとくとくBB)のバナー