GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とドコモ光の違いを徹底比較!どっちに乗り換えるべき?

PR
GMOとくとくBB光vsドコモ光どっちにすべき?のアイキャッチ

解決できる疑問
  • GMOとくとくBB光とドコモ光の違いはなに?
  • 比較しておすすめなのはどっち?
  • GMOとくとくBB光/GMO光アクセスの違い

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とドコモ光の違いを徹底比較します。「GMOとくとくBB光とドコモ光ならどっちに乗り換えるべき?」といった疑問を持っていませんか?

結論として「ドコモ以外のスマホユーザーはGMOとくとくBB光」「ドコモユーザーはドコモ光」がおすすめです!

この記事では、GMOとくとくBB光とドコモ光の違いについて、月額料金や回線速度、キャンペーンといったさまざまな視点で比較しながら解説していきます。ぜひ参考にしてください!

お得に使えるおすすめの光回線
GMOとくとくBB光とくとくBB光 月額料金が最安クラスの光回線
基本料が相場より約1,000円安い
WiFiルーターが無料レンタル可能
過去最高額!最大127,000円還元
一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴドコモ光 ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応
開通までモバイルWiFiが無料4/14まで限定キャンペーン実施中11月は抽選でPayPay5千円分が当たる
当サイトなら51,000円&工事費無料
一番お得なキャンペーン窓口
村野(ヒカリク編集部)

各光回線サービスに詳しい。新しい光回線やホームルーターが出るたびに、料金やコンセプトを細かく確認する真面目な性格。

目次

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)とドコモ光の違い早見表

NURO光とドコモ光の違いについて比較解説

GMOとくとくBB光 ドコモ光
マンション
月額料金
3,773円 4,400円
戸建て
月額料金
4,818円 5,720円
マンション
工事費
25,300円
実質無料
22,000円
完全無料
戸建て
工事費
26,400円
実質無料
最大速度 1Gbps・10Gbps 1Gbps・10Gbps
1ギガプラン
の平均速度
296Mbps 272Mbps
スマホセット割 なし ドコモ 1,100円/台
(最大20台まで)
契約期間 縛りなし 2年
マンション
解約費用
無料 4,180円
更新月なら無料
戸建て
解約費用
無料 5,500円
更新月なら無料
利用回線・エリア NTT回線
(全国対応)
NTT回線
(全国対応)
キャンペーン ・新規なら30,000円キャッシュバック
・他社乗り換えなら最大90,000円還元
・オプション加入で最大27,000円上乗せ
・新規工事費が実質無料
・v6プラス対応ルーター無料レンタル
・開通までモバイルWiFiを格安レンタル
・無条件で51,000円のキャッシュバック
・他社乗り換えなら15,000円上乗せ
・dポイントプレゼント
・工事費完全無料
・高性能ルーターの無料レンタル
・開通までモバイルWiFiが無料で使える
お得な窓口 ▶公式サイト ▶GMOとくとくBB
GMO
とくとくBB光
ドコモ光
マンション
月額料金
3,773円 4,400円
戸建て
月額料金
4,818円 5,720円
マンション
工事費
25,300円
実質無料
22,000円
完全無料
戸建て
工事費
26,400円
実質無料
最大速度 1Gbps・10Gbps 1Gbps・10Gbps
1ギガプラン
の平均速度
296Mbps 272Mbps
スマホ
セット割
なし ドコモ 1,100円/台
(最大20台まで)
契約期間 縛りなし 2年
マンション
解約費用
無料 4,180円
更新月なら無料
戸建て
解約費用
無料 5,500円
更新月なら無料
利用回線
・エリア
NTT回線
(全国対応)
NTT回線
(全国対応)
キャンペーン ・新規なら30,000円キャッシュバック
・他社乗り換えなら最大90,000円還元
・オプション加入で最大27,000円上乗せ
・新規工事費が実質無料
・v6プラス対応ルーター無料レンタル
・開通までモバイルWiFiを格安レンタル
・無条件で51,000円のキャッシュバック
・他社乗り換えなら15,000円上乗せ
・dポイントプレゼント
・工事費完全無料
・高性能ルーターの無料レンタル
・開通までモバイルWiFiが無料で使える
お得な窓口 ▶公式サイト ▶GMOとくとくBB

※上記の比較表は左右にスクロールできます

GMOとくとくBB光とドコモ光は「プロバイダ一体型」の光回線です。プロバイダを別途契約する必要はありません。

また、どちらもNTTの回線設備を使った「光コラボ」に分類されます。対応エリアは同じです。月額料金や契約期間の縛り、各種割引サービスなどの部分が違います

月額料金はGMOとくとくBB光のほうが安いですが、ドコモ光にはドコモユーザーを対象としたスマホセット割があります。お得に使える光回線を選びましょう。

村野さん 村野
以下ではそれぞれの光回線の違いを紹介します。項目ごとに詳しい解説も後ほど記載しているので、最後までチェックして、ベストな光回線を選びましょう。

GMOとくとくBB光・ドコモ光のおすすめな人の特徴

GMOとくとくBB光がおすすめな人

  • ・ドコモ以外のスマホを使っている
  • ・とにかく月額料金の安さを重視したい
  • ・契約期間の縛りがない光回線が良い
  • ・引っ越しの頻度が多い

ドコモ光がおすすめな人

  • ・ドコモのスマホを使っている
  • ・開通工事費を完全無料にしたい
  • ・信頼できる大手のサービスを選びたい

GMOとくとくBB光はドコモ以外のスマホを利用している人におすすめです。もともとの月額料金が安いので、お得に使えます。

また、契約期間の縛りがない光回線を探しているときも、GMOとくとくBB光が良いです。いつ解約しても違約金が掛かりません。

反対に、ドコモのスマホを利用しているならドコモ光が向いています。セット割を適用した場合は、GMOとくとくBB光より通信費用を抑えられます。

村野さん 村野
ちなみに、ドコモ光は開通工事費が無料なので、引っ越し時に工事費残債は掛かりません。迷ったら、シンプルにスマホキャリアで選ぶのがおすすめです。
光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 月額料金が最安クラスの光回線
基本料が相場より約1,000円安い
契約期間の縛りなしで利用できる
v6プラス対応ルーター無料レンタル
過去最高額!最大127,000円還元

一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
開通までモバイルWiFiがタダで使える
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
一番お得なキャンペーン窓口

GMOとくとくBB光とドコモ光の月額料金の違い

料金は?と疑問を持つ電卓を抱きかかえた女の子のイラスト

スマホキャリア お得な光回線
ドコモ以外 GMOとくとくBB光
ドコモ ドコモ光

スマホセット割なしならドコモ光よりGMOとくとくBB光の月額料金が安い

マンション 戸建て
GMO
とくとくBB光
3,773円 4,818円
ドコモ光 4,400円 5,720円

スマホセット割なしなら、月額料金はGMOとくとくBB光のほうが安いです。戸建て・マンションともに約1,000円近くの差があります。

格安SIMなど、スマホセット割が適用できないモバイル回線を利用しているときはGMOとくとくBB光を選びましょう。

ちなみに、ahamoはスマホセット割が適用できないのでGMOとくとくBB光のほうがお得です。

混雑時に回線速度が落ちるGMOとくとくBB光miniはもっと安い

マンション 戸建て
GMO
とくとくBB光mini
3,300円 4,400円
GMO
とくとくBB光
3,773円 4,818円

月額料金の安さだけにこだわるならGMOとくとくBB光miniを契約しましょう。

GMOとくとくBB光の別プランです。夜間帯など回線が混雑した場合に速度が落ちる可能性があるサービスです。速度の遅延を我慢できるなら候補に入ります。

しかし、インターネットを夜に利用するならあまりおすすめしません。500円未満の差なので、快適に使える通常のGMOとくとくBB光のほうがおすすめです。

関連記事

▶GMOとくとくBBminiについて徹底解説!

ドコモ光セット割を適用するとドコモ光のほうがGMOとくとくBB光よりお得

ドコモユーザーがドコモ光を契約するとドコモ光セット割が使える

マンション 戸建て
ドコモ光
※セット割適用時
3,300円 4,620円
GMO
とくとくBB光
3,773円 4,818円

※スマホ1回線分の1,100円引きで計算しています

スマホセット割を適用した場合は、ドコモ光の実質月額料金のほうが安くなります。1回線につき、スマホ料金から最大1,100円割引されます。

スマホと光回線をドコモでまとめると、ドコモ光セット割が適用されてお得です。別居している家族や、事実婚の人を含めて最大20回線まで割引されます。

また、同じファミリー割引グループに登録すれば申し込み不要で自動で割引されます。ドコモのスマホを使っている親族が多いなら、ドコモ光がおすすめです。

プラン別割引額まとめ
割引額
eximo -1,100円
irumo
irumo
(0.5GB以下)
割引なし
5Gギガホ プレミア
※受付終了
-1,100円
5Gギガホ
※受付終了
ギガライト
(7GB以下)
※受付終了
ギガライト
(5GB以下)
※受付終了
ギガライト
(3GB以下)
※受付終了
-550円
ギガライト
(1GB以下)
※受付終了
割引なし
関連記事

▶ドコモ光セット割とは?割引額はどのくらい?

GMOとくとくBB光とドコモ光の回線速度の違いはほとんどない

「ネット回線の速度を計測している人」

  • ・回線速度はほとんど同じ
  • ・ドコモ光はプロバイダで平均速度が変わる

GMOとくとくBB光とドコモ光の回線速度の比較|違いはほとんどない

最大速度 平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
GMO
とくとくBB光
1Gbps 296Mbps 269Mbps
ドコモ光 1Gbps 272Mbps 229Mbps

参考:みんなのネット回線速度

GMOとくとくBB光とドコモ光は、最大速度と平均速度に大きな違いはありません。どちらも300Mbps程度です。

回線速度で100Mbps以上出ていれば、どんな用途でも快適にインターネットを利用できます。

快適な回線速度の目安
何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

上表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な回線速度の目安を紹介しています。

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的な使い方なら、100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

ドコモ光はプロバイダによって回線速度が変わる

プロバイダの役割の説明

ドコモ光はプロバイダが変わると、回線速度が変わります。21社から選択可能です。

プロバイダとは、回線とインターネットに繋ぐ橋渡しする存在です。各社で通信設備が違うので、回線速度が異なります。

遅いプロバイダにすると、ネット利用でストレスがたまる可能性が高くなります。ドコモ光を契約する際は、できるだけ速度が速いプロバイダを選びましょう。

ドコモ光のプロバイダごとの平均回線速度

プロバイダ 平均
回線速度
1位 GMOとくとくBB 305Mbps
2位 エディオンネット 282Mbps
3位 AsahiNet 272Mbps
4位 BIGLOBE 270Mbps
5位 BB.excite 257Mbps
6位 Tigers-net 253Mbps
7位 @TCOM 253Mbps
8位 DTI 251Mbps
9位 @nifty 212Mbps
10位 アンドライン 200Mbps
11位 楽天ブロードバンド 180Mbps
12位 WAKWAK 138Mbps

速度の詳細不明のプロバイダ

OCNインターネット/hi-ho/SIS/Ic-net/SYNAPSE/TikiTiki/@ネスク/@ちゃんぷるネット/TNC

村野さん 村野
ちなみに、かつてはドコモnetやplala、OCNというプロバイダがありました。しかし、現在は受付停止しています。新たに契約できません。

ドコモ光のプロバイダをGMOとくとくBBにすると違いがほとんどない

利用する
回線設備
プロバイダ
GMO
とくとくBB光
NTT回線 GMOとくとくBB
(選択不可)
ドコモ光 NTT回線 GMOとくとくBB
(選択時)

ドコモ光でGMOとくとくBBをプロバイダとして選ぶと、GMOとくとくBB光とほぼ同じです。

回線部分とプロバイダを比較すると、差はありません。どちらもフレッツ光の回線を利用し、プロバイダがGMOとくとくBBです。

同じ回線・プロバイダになるので、使い心地は大きく違いません。スマホセット割の適用有無や、キャッシュバックキャンペーンなどの差で選びましょう!

光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 月額料金が最安クラスの光回線
基本料が相場より約1,000円安い
契約期間の縛りなしで利用できる
v6プラス対応ルーター無料レンタル
過去最高額!最大127,000円還元

一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
開通までモバイルWiFiがタダで使える
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
一番お得なキャンペーン窓口

GMOとくとくBB光とドコモ光はどちらもIPv6に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

GMOとくとくBB光もドコモ光も、新しい接続規格であるIPv6に対応しています。

IPv6を利用すると、回線で混雑する場所を避けてスムーズに通信できます。IPoEという技術を組みあわせて使えます。

従来のIPv4とPPPoE方式の組み合わせでは、接続のセッション数が多いとき混雑しがちでした。IPv6とIPoE方式の組み合わせでは、問題を解消して快適に通信できます。

関連記事

▶GMOとくとくBB光のv6プラスについて解説
▶ドコモ光のv6プラスについて解説

どちらも高速IPv6+IPoE方式に対応している

通信方式 説明
IPv6+IPoE
(IPv4 over IPv6)
IPv4とIPv6どちらの通信も速い
どんなサイトでも快適に見られる
IPv6+IPoE IPv6の対応サイトのみ速くなる
IPv6非対応だと従来のPPPoE方式で通信するため遅い
IPv6+PPPoE 従来のPPPoE方式で通信するため、IPv4通信とほとんど同じ

ドコモ光では、IPv6+IPoE(IPv4 over IPv6)対応のプロバイダを選びましょう。

いくつか通信方式があるなかで、どんなサイトでも速くアクセスできます。プロバイダによって微妙に異なるため、確認して速いプロバイダを選びましょう。

IPv6対応のプロバイダ
利用申し込み IPv4 over IPv6
GMOとくとくBB ○のアイコン不要 対応
OCNインターネット 対応
@nifty 対応
アンドライン 対応
SIS 対応
BIGLOBE 対応
BB.excite 対応
@TCOM 対応
WAKWAK 対応
ic-net ×のアイコン必要 対応
hi-ho 対応
Tigers-net 対応
エディオンネット 対応
DTI 対応
@ネスク 対応
TiKiTiKi 対応
AsahiNet 対応
ちゃんぷる 対応
SYNAPSE 非対応
(IPoE)
楽天ブロードバンド 非対応
(IPoE)
TNC ○のアイコン不要 非対応
(PPPoE)

GMOとくとくBBとドコモ光の対応エリアに違いはない|全国で使える

ドコモ光とフレッツ光の対応エリアはどちらも日本全国

  • ・対応エリアは同じ
  • ・提供エリア外だった場合の対処法

GMOとくとくBB光とドコモ光の対応エリアは同じ

GMOとくとくBB光もドコモ光も日本全国で利用できます。ただし、エリア内でも建物や周囲の状況によっては契約できない可能性があります。

また、どちらか片方がエリア外だった場合、もう片方の光回線も契約できません。同じ回線網を使っているからです。

GMOとくとくBB光とドコモ光が対応エリア外だった場合は、以下に記載の対処方法を参考にしてください。

提供エリア外だった場合の対処法

GMOとくとくBB光とドコモ光が提供エリア外だった場合の対処法は「独自回線を試す」か「ホームルーターorモバイルWiFiを試す」の2つです。

独自回線は提供エリアが狭めですが、GMOとくとくBB光などの光コラボとは違う回線網を使用しています。そのため、独自回線系の光回線であれば契約できる可能性があります

ホームルーターとポケット型WiFiは、スマホと同じ電波を使ったサービスです。電波が届く場所なら利用可能なので、対応エリアの広さが魅力です。

独自回線に該当するサービス

NURO光、auひかり、eo光、メガ・エッグ、コミュファ光、BBIQ光、ピカラ光、auひかりちゅら など

関連記事

▶とくとくBB光が対応エリア外だった場合の対処法
▶ドコモ光が対応エリア外だった場合の対処法

GMOとくとくBB光とドコモ光の工事費はどちらも無料

「工事費無料」なイラスト

  • ・GMOとくとくBB光の工事費は実質無料
  • ・ドコモ光の工事費は完全無料

GMOとくとくBB光は工事費が「実質無料」

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス) 工事費実質無料

GMOとくとくBB光では、新規工事費が実質無料になるキャンペーンが実施されています。

本来、GMOとくとくBB光の工事費は、戸建てだと26,400円、マンションなら25,300円です。しかし、36ヶ月間にわたって継続利用することで実質0円になります。

正確には、分割払いしている工事費と同額を毎月割引される仕組みです。36回に分けて割引されることで、実質無料になります。

36ヶ月以内の解約で残債を請求される

工事費実質無料のキャンペーンで割引を受けている期間中(36ヶ月以内)にGMOとくとくBB光を解約すると、工事費の残りを一括請求されてしまいます

毎月の割引特典が、解約以降は受けられなくなるためです。GMOとくとくBB光を契約するなら、短期での解約は避けるのがおすすめです。

解約タイミングごとの残債金
マンション 戸建て
12ヶ月目 16,632円 17,424円
24ヶ月目 8,316円 8,712円
36ヶ月目 完済 完済

ドコモ光は工事費が「完全無料」

ドコモ光は工事費無料キャンペーンを実施している

ドコモ光はGMOとくとくBB光と異なり、工事費が完全無料になるキャンペーンを実施しています。完全無料の場合は、途中で解約しても工事費の残債が発生しません。

実質無料の場合、仮に利用開始から6ヶ月後に契約解除すると、残期間で払うはずだった工事費が「一括で請求」されます。

ドコモ光のように工事費が完全無料なら、いつ解約しても残債の支払いがないので安心です。

光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 月額料金が最安クラスの光回線
基本料が相場より約1,000円安い
契約期間の縛りなしで利用できる
v6プラス対応ルーター無料レンタル
過去最高額!最大127,000円還元

一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
開通までモバイルWiFiがタダで使える
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
一番お得なキャンペーン窓口

GMOとくとくBB光とドコモ光のキャンペーンは充実している

GMOとくとくBB光のキャンペーン

  • 新規なら30,000円キャッシュバック
  • ・他社乗り換えなら最大90,000円還元
  • ・オプション加入で最大27,000円上乗せ
  • ・新規工事費が実質無料
  • ・v6プラス対応ルーター無料レンタル
  • ・開通までモバイルWiFiを格安レンタル

ドコモ光のキャンペーン

  • 無条件で51,000円のキャッシュバック
  • ・他社乗り換えなら15,000円上乗せ
  • ・dポイントプレゼント
  • ・工事費完全無料
  • ・高性能ルーターの無料レンタル
  • ・開通までモバイルWiFiが無料で使える

キャンペーンはどちらもお得な内容が揃っています。上記の内容は、それぞれ最もお得な窓口から申し込んだ場合です。

どちらの光回線も高額キャッシュバックに加えて、工事費無料やWiFiルーター無料レンタルなど他のキャンペーンも充実しています。

また、ドコモ光ではドコモユーザーには嬉しいdポイントプレゼントも実施されています。

GMOとくとくBB光は最大127,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施中

GMOとくとくBB光は最大127000円のキャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBB光では期間限定で、最大127,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

乗り換えなら最大90,000円、新規でも30,000円のキャッシュバックがもらえます。指定されたオプションと10Gプランに加入すれば、さらに最大37,000円追加されます。

当サイト限定のキャンペーンで、いつ終了するかわかりません。検討しているなら、すぐに手続きましょう! までの期間限定キャンペーンなので、お得な特典を受け取れるうちに手続きしましょう!

ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込むと51,000円還元

ドコモ光×GMOとくとくBBの窓口から申し込むと51,000円キャッシュバックがもらえる

ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込むと、オプション不要で51,000円のキャッシュバックがもらえます。本来は有料オプションに加入しないと還元額が下がります。

しかし、当サイト「ヒカリク」の限定窓口経由だと、オプション加入不要で最高額の51,000円がもらえます!

誰でも最高額のキャッシュバックが受け取れるので、ドコモ光を利用するなら当サイト限定ページから申し込むのがおすすめです。

光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 月額料金が最安クラスの光回線
基本料が相場より約1,000円安い
契約期間の縛りなしで利用できる
v6プラス対応ルーター無料レンタル
過去最高額!最大127,000円還元

一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
開通までモバイルWiFiがタダで使える
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
一番お得なキャンペーン窓口
関連記事

▶GMOとくとくBB光のキャンペーン情報まとめ
▶ドコモ光のお得なキャンペーン情報まとめ

どちらもWiFiルーターが無料で利用できる

型番(メーカー) データ転送速度
ドコモ光 Archer AX5400
(TP-Link)
最大4,804Mbps
WRC-X3200GST3-B
(ELECOM)
最大2,402Mbps
GMOとくとくBB光 WXR-1750DHP2
(BUFFALO)
最大1,300Mbps
WSR-2533DHP2
(BUFFALO)
最大1,733Mbps
WSR-2533DHP3
(BUFFALO)
最大1,733Mbps
PA-WG2600HS
(NEC)
最大1,733Mbps
PA-WG2600HS2
(NEC)
最大1,733Mbps
WRC-2533GST2
(ELECOM)
最大1,733Mbps

ドコモ光とGMOとくとくBB光は、どちらも申し込むだけで高性能なWiFiルーターを無料でレンタルできます。

ドコモ光はGMOとくとくBBの窓口、GMOとくとくBB光は公式サイトからの申し込みでルーターの無料レンタルが可能です。

GMOとくとくBB光は違約金が掛からない

「契約期間の縛りがない」を表現したイラスト

戸建ての
違約金
マンションの
違約金
GMO
とくとくBB光
無料
ドコモ光 5,500円 4,180円

GMOとくとくBB光は契約期間の縛りがないため違約金がかかりません。急な引っ越しなどがあってもすぐに対応できるのが魅力です。

ドコモ光は戸建てなら5,500円、マンションなら4,180円の違約金が発生します。ただし、更新月に解約すれば違約金がかかりません。

関連記事

▶ドコモ光の解約方法や違約金の詳細まとめ

GMOとくとくBB光とドコモ光の一番お得な申し込み窓口

光回線 主な特徴
光回線「GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)のロゴ」 月額料金が最安クラスの光回線
基本料が相場より約1,000円安い
契約期間の縛りなしで利用できる
v6プラス対応ルーター無料レンタル
過去最高額!最大127,000円還元

一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
高性能ルーターが無料レンタルできる
開通までモバイルWiFiがタダで使える
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
一番お得なキャンペーン窓口

GMOとくとくBB光は公式サイト、ドコモ光はプロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのがそれぞれ一番お得です。

他の窓口だと上記内容よりも特典が少なくなるので、2社のどちらかを契約するなら記載の窓口を利用しましょう。

GMOとくとくBB光とドコモ光へ乗り換える手順

GMOとくとくBB光からドコモ光へ事業者変更のイラスト

乗り換える手順

  1. 1.事業者変更承諾番号を発行する
  2. 2.ドコモ光をWebから申し込む
  3. 3.工事不要で切り替えが完了
  4. 4.レンタル機器を返却する

GMOとくとくBB光で事業者変更承諾番号を発行します。「BBnavi」にアクセスして、の、その他のお手続きから取得可能です。

次に「GMOとくとくBB」からドコモ光に申し込みましょう。手続きが終わると折り返しの連絡があり、切替日が決まります。

あとは、切替日まで待ちましょう。必要な書類や機器は事前に届きます。回線が切り替わって、設定すればドコモ光に乗り換えが完了します。

関連記事

▶ドコモ光に事業者変更する方法

ドコモ光からGMOとくとくBB光へ乗り換える手順

ドコモ光からGMOとくとくBB光へ事業者変更のイラスト

事業者変更で乗り換えをする手順

  1. 1.事業者変更承諾番号を発行する
  2. 2.GMOとくとくBB光をWebから申し込む
  3. 3.工事不要で切り替えが完了する
  4. 4.レンタルしていた機器を返却する

ドコモ光からGMOとくとくBB光へ乗り換える場合は、まず事業者変更承諾番号を取得しましょう。0120-800-000へ電話すれば、すぐに取得可能です。有効期限は15日間です。

次に、乗り換え先「GMOとくとくBB光」に申し込みましょう。切り替え日は最短で8日後に設定できます。工事の立ち会いは不要なのでいつでも大丈夫です。

あとは、必要な書類や機器が郵送されてくるので切替日まで待ちましょう。回線が変わって、初期設定すればGMOとくとくBB光に乗り換えが完了します。

関連記事

▶GMOとくとくBB光に事業者変更する方法

GMOとくとくBB光とドコモ光のあいだで乗り換える際の注意点

ドコモ光とフレッツ光のあいだで乗り換える際の注意点

  • ①ドコモ光セット割がなくなる
  • ②ドコモ光は更新月でなければ違約金が発生
  • ③新規契約ではなく事業者変更で乗り換え
  • ④GMOとくとくBB光の工事費残債に注意

①ドコモ光セット割がなくなる

ドコモ光からGMOとくとくBB光に乗り換えるとドコモ光セット割がなくなります

毎月のスマホ代が高くなってしまうので、ドコモから別のスマホキャリアへの乗り換えも検討しましょう。

②ドコモ光は更新月でなければ違約金がかかる

契約満了日と翌月・翌々月が更新月の場合

ドコモ光の違約金は、更新月に解約すると発生しません。ドコモ光は、契約期間が2年間なので24ヶ月周期で更新月がきます。

ドコモ光の更新月は3ヶ月間なので、24~26ヶ月周期で違約金がかかりません。

例えば、2020年3月に契約していたら、24ヶ月後の2022年3~5月が更新月です。ドコモ光の2年契約は自動更新される仕組みなので、更新月移行の解約は違約金が発生します。

③新規契約ではなく事業者変更で乗り換え

光コラボから光コラボに事業者変更の説明イラスト

光コラボ同士で乗り換える場合は、新規契約ではなく事業者変更で申し込みましょう

事業者変更なら開通工事なしで乗り換えられるからです。また、契約していた光回線の解約手続きも不要です。

ただし、先に契約中の光回線を解約しないようにしましょう。解約すると新規扱いとなり、事業者変更が利用できなくなります。

④GMOとくとくBB光は36ヶ月以内の解約だと工事費の残債が一括請求される

GMOとくとくBB光を36ヶ月以内に解約すると、工事費の残りを一括請求されます。

工事費の支払いは36回の分割払いのため、途中で解約してしまうと毎月の特典が受けられなくなるからです。

GMOとくとくBB光から乗り換えるなら、特典期間の終わった36ヶ月以降がおすすめです。

GMOとくとくBB光とドコモ光に関してよくある質問

「?」のイラスト

どっちの回線サービスがおすすめ?

A.

GMOとくとくBB光がおすすめな人

  • ドコモ以外のスマホを使っている人
  • ・月額料金の安さを重視したい人
  • ・契約期間の縛りがない光回線が良い人
  • ・引っ越しの頻度が多い

ドコモ光がおすすめな人

  • ドコモのスマホを使っている人
  • ・開通工事費を完全無料にしたい人
  • ・様々なキャンペーンを受けたい人
  • ・信頼できる大手サービスを選びたい人

GMOとくとくBB光とドコモ光は、おすすめできる人がそれぞれ異なります。自身に合った回線を選ぶのが良いでしょう。

2社のあいだで乗り換える方法は?

A.

GMOとくとくBB光とドコモ光のあいだで乗り換えは、事業者変更で行えます。

2社はどちらも光コラボの回線サービスなので、事業者変更により工事不要で乗り換えられます。

契約期間の違いはある?

A.

GMOとくとくBB光は契約期間の縛りがありません。

対してドコモ光は2年が主流で、2年を過ぎると自動更新されます。

解約違約金はいくら?

A.

戸建ての
違約金
マンションの
違約金
GMO
とくとくBB光
無料
ドコモ光 5,500円 4,180円

GMOとくとくBB光は解約違約金が無料です。ドコモ光は戸建てなら5,500円、マンションだと4,180円かかってしまいます。

なお、ドコモ光は更新月に乗り換えれば違約金が発生しません。

GMOとくとくBB光とドコモ光の違いまとめ

「まとめ!」と言っている女の子のイラスト

GMOとくとくBB光とドコモ光の違い

  • ・月額料金はGMOとくとくBB光のほうが安い
  • ・GMOとくとくBB光は契約期間縛りがない
  • ・スマホセット割を適用するとドコモ光がお得
  • ・ドコモ光は工事費が完全無料
GMOとくとくBB光とドコモ光の共通点
  • ・同じNTT回線を利用している(光コラボ)
  • ・光回線の対応エリアが同じ
  • ・GMOとくとくBBをプロバイダで使える

GMOとくとくBB光とドコモ光の違いは、月額料金や割引などのキャンペーン特典です。迷っている場合は、利用しているスマホキャリアに合わせて決めましょう!

ドコモのスマホセット割が適用できないキャリアを使っているならGMOとくとくBB光にしましょう。反対に、割引を適用できるならドコモ光にするのがおすすめです。

ほかに、GMOとくとくBB光は期間縛りがない、ドコモ光は工事費無料のメリットがあります。また、どちらも高額キャッシュバックがもらえる、優良でおすすめの光回線です!

GMOとくとくBB光は当サイト限定ページから申し込むのが最もお得

GMOとくとくBB光は最大127000円のキャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBB光の限定LP

当サイト限定特典

  • 最大127,000円キャッシュバック
  • 今なら抽選でAmazonギフト券が当たる
  • ・工事費が実質無料になる
  • ・月額料金が10%以上安くなる
  • ・契約期間の縛りなしで契約できる
  • ・高性能なWiFiルーターが無料レンタル可能

GMOとくとくBB光は、当サイト限定の特設サイト経由で工事費が実質無料になります!通常の工事費はマンションなら25,300円、戸建てなら26,400円なので、初期費用をグッと抑えられます。

また当サイト限定で、までの期間限定で、最大127,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンを実施しています。光回線の中でもトップクラスの還元額です。

さらに11月22日~11月30日まで、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円分が当たるキャンペーンも開催中です。

GMOとくとくBB_Amazonキャンペーン

最大127,000円のキャッシュバックは過去最高額です!GMOとくとくBB光を契約するなら、お得な特典を受けられる今申し込みましょう。

ヒカリク限定キャンペーン!
\工事費が実質無料&月額料金が110円安くなる!/
当サイト限定!
\最大127,000円キャッシュバック/
とくとくBB光の公式サイトはこちら

ドコモ光は「GMOとくとくBB」からの申し込みが一番お得

2024年4月現在、ドコモ光の最もお得な申し込み窓口は「GMOとくとくBB」です。公式キャンペーンの適用はもちろん、他のプロバイダ代理店と比べて圧倒的に特典も優れています。

当サイトの限定特設ページからの申し込みで、オプション追加なく51,000円もらえます。また、違約金が掛かる場合に15,000円キャッシュバックを増額してくれます。

GMOとくとくBBのキャンペーン
オプション不要で51,000円※窓口最高額
・他社違約金の発生時に還元額15,000円増額
・高性能WiFiルーターを無料レンタルできる
・訪問サポートが初回無料になる
・セキュリティソフトが1年間無料で使える
・開通までモバイルWiFiが無料レンタル可能

+

ドコモ光の公式キャンペーンの内容
・ドコモ光新規工事料無料特典
・ドコモ光セット割
・dポイントプレゼント特典
・光★複数割
・ドコモ光期間限定割引

高性能WiFiルーターを無料でレンタルできる点など、ほかの特典も優秀です。ドコモ光で一番お得なキャンペーン窓口を探しているのなら、GMOとくとくBBが理想です。

当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
4/14まで期間限定で増額中!
\52,000円キャッシュバックがもらえる/
当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック!/
ドコモ光×GMOとくとくBBはこちら

結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

2024年4月は限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で51,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWiFiが無料で使える4/14まで限定キャンペーン実施中11月30日まで限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
最大50,000円キャッシュバック
高性能WiFiルーターが必ずもらえる
他社の乗り換え費用を10万円まで還元 一番お得なキャンペーン窓口
auひかりauひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大94,000円キャッシュバック
独自回線なので通信品質がとても良い
4/14まで限定キャンペーン実施中
一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光とくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
過去最高額!最大127,000円還元 一番お得なキャンペーン窓口

光回線を契約するなら使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめです。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

【2024年4月】一番人気はドコモ光

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモのスマホを使っているすべての人におすすめの光回線です。

ドコモの携帯料金が安くなる唯一の光回線なので、ドコモユーザーなら他のどのサービスよりも料金を抑えられます!

また、業界No.1のシェアを誇り、みんなに選ばれている人気の光回線でもあります。料金が安いだけでなく、速度やキャンペーン、サポートといった全ての面で優秀です。

当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック/
4/14まで期間限定で増額中!
\52,000円キャッシュバックがもらえる/
当サイト限定特典!
\オプション不要で51,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBはこちら

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円分の特典がもらえるのも大きな魅力です。

4/21まで期間限定で増額中!
\無条件で55,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で45,000円キャッシュバック/
公式サイト限定!
\無条件で45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならGMO WiMAX

GMOとくとくBBWiMAX

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、GMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。無線通信を利用したネット回線で、日本全国どこでも利用できます。

工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。また、最短で申し込みの翌日に端末が届きます

さらに、高額キャッシュバックや合計40,000円以上の割引キャンペーンを実施しています。手軽かつお得にネット環境を揃えるなら、GMOとくとくBB WiMAXを契約しましょう。

\最大57,000円キャッシュバック!/
4/14まで期間限定で増額中!
\最大58,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB WiMAXはこちら
光回線の違いの記事






















































































































































































  • 光回線の評判口コミ
    ドコモ光×GMOとくとくBBのバナー