フレッツ光とNURO光の違いを徹底比較!乗り換えるならどっちにすべき?

最終更新日:2021年04月02日
「フレッツ光とNURO光の比較」のアイキャッチ

フレッツ光とNURO光の違いを徹底比較します!「フレッツ光とNURO光ならどっちに乗り換えるべき?」「料金や速度はどう違うの?」といった疑問を持っていませんか?

結論、フレッツ光とNURO光では新規・乗り換え問わず、NURO光のほうがおすすめです。ただし、NURO光は契約できないケースが多い光回線でもあります。

対応エリアが狭いことや、建物の構造によって契約の可否が大きく変わるからです。

もし契約できたら、フレッツ光よりも断然お得に使えます!NURO光のほうが回線速度が速く、月額料金も安いです。さらに、NURO光は1年間月額980円で使えるキャンペーンも実施しています。

NURO光がおすすめな人
  • ・ソフトバンクのスマホを使っている
  • ・光コラボではなく独自回線を使いたい
  • ・回線速度と料金を重視したい
  • ・動画配信やゲーム配信などをしてみたい

この記事では、フレッツ光とNURO光の違いを、料金・速度・キャンペーンといったさまざまな観点で比較しながら解説していきます!

NURO光にするとお得になる理由も分かりやすく説明しているので「どちらにしよう?」と迷っているなら、ぜひ参考にしてください。

おすすめ人気記事

おすすめの光回線7選を徹底解説
▶NURO光の評判口コミなど全情報まとめ
▶フレッツ光の評判口コミなど全情報まとめ

フレッツ光とNURO光の違い早見表

まずは、フレッツ光とNURO光の違いを比較した早見表をみてみましょう。

フレッツ光とNURO光は、扱う回線網や回線速度・提供エリアなどが異なります。

フレッツ光 NURO光
事業者 NTT東日本
NTT西日本
SONY
回線網 フレッツ光 独自回線
戸建て
月額料金
東日本:約6,500円
西日本:約5,300円
※プロバイダ料込
5,217円
※プロバイダ一体型
マンション
月額料金
東日本:約5,000円
西日本:約4,900円
※プロバイダ料込
基本5,217円
稀に
2,090~2,750円
※プロバイダ一体型
最大速度 1Gbps 2Gbps
平均速度 220Mbps 459Mbps
スマホ
セット割
無し ソフトバンク
-1,100円/月
(最大10台まで)
工事費 戸建て:19,800円
マンション:16,500円
無料にならない
44,000円
無料になる
エリア 全国 一部地域

フレッツ光は基本的におすすめできません。そもそもフレッツ光は、ネット回線とは別にプロバイダを契約する必要があります。また、スマホの料金が割引になるサービス等もないので、他の光回線よりも月額料金が高いです。

さらにフレッツ光は、複数の回線業者が同じ回線網を利用しているので、回線速度が遅いといったデメリットもあります。

一方NURO光は「独自回線」なので、他社がNURO光の回線網を使うことはできません。そのため、回線速度が安定していて他の光回線よりも速いといった強みを持ちます。

ちなみに、NURO光は1年間月額980円で利用できたり、500円で試すことができたりと、ユーザーにとってお得な特典が多い光回線です。

ただし、NURO光は全国展開ではないので、提供エリアが一部地域に限られるという大きなデメリットもあります。

まずは、料金・速度・エリアといった項目別に、どちらが優れているのか解説します。各項目ごとの詳しい解説は、後ほどさらに記載します。

月額料金はNURO光のほうが安い

月額料金を比べてみると、NURO光のほうが安いことが分かります。

戸建て マンション
NURO光 5,217円 5,217円
または
2,090~2,750円
フレッツ光 東日本:約6,500円
西日本:約5,300円
※プロバイダ込
東日本:約5,000円
西日本:約4,900円
※プロバイダ込

マンションは、通常ならフレッツ光の料金のほうが安いです。ただし、NURO光の「マンションプラン」を契約できた場合は、フレッツ光よりもNURO光のほうが圧倒的に安くなります。

月額2,090~2,750円のプランは、マンションにNURO光の設備が整っている場合にのみ利用できます。しかし、設備が完備された物件が少ないので、契約できる人は滅多にいません。

回線速度はNURO光のほうが速い

2社の回線速度を比較した結果、速度を重視するなら、品質が良くて速いNURO光がおすすめです。

NURO光は、通常プランでも最大通信速度が「2Gbps」と、他の光回線よりも2倍速いです。他の光回線は通常で「1Gbps」なので、他社にはない強みを持っています。

最大通信速度 平均速度
NURO光 2Gbps 459Mbps
フレッツ光 1Gbps 220Mbps

さらに、NURO光は「独自回線」なので、NTTの回線網を利用するフレッツ光よりも、回線速度や回線状況が安定しています。

対応エリアはフレッツ光のほうが優秀

回線速度や品質的に有利なのはNURO光ですが、対応エリアではフレッツ光のほうが勝ります。

フレッツ光はNTTの回線網を利用していて、全国どこでも使えるからです。

一方NURO光は、独自回線で対応エリアが限られているので、一部の地域でしか利用できません。NURO光の対応エリアは以下のとおりです。

NURO光の対応エリア

北海道/東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬/愛知/静岡/岐阜/三重/大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良/福岡/佐賀

対応エリアが狭いと「引っ越し」や「転勤」先で使えない場合がありますが、フレッツ光のように全国展開している光回線は、利用できない心配がほとんどありません。

キャンペーンはNURO光のほうが豊富

キャンペーンはNURO光のほうが充実しています。

分かりやすいように2社のキャンペーンを見比べてみましょう。

NURO光のキャンペーン

・44,000円の工事費実質無料
・最大45,000円のキャッシュバックが貰える
・3ヶ月間月額料金が500円(4~6ヶ月は2,980円)
・1年間月額料金が980円
・引っ越し時の移転費用が実質無料
月額料金とキャッシュバックは併用不可

フレッツ光のキャンペーン

・代理店によるキャッシュバック
・2年間月額料金割引
(戸建て770円/マンション110円)

NURO光は月額料金が安くなるキャンペーンを2種類も展開しており、好きなほうを選べます。他にも、工事費が実質無料になったり、キャッシュバックキャンペーンなども実施しています。

もちろん、フレッツ光もキャッシュバックや月額料金の割引があります。しかし、元々の月額料金が高いため、NURO光よりも安くなることはありません。

違約金はフレッツ光のほうが高い

更新月以外のタイミングで解約すると発生する「違約金」は、NURO光よりもフレッツ光のほうが高くなりやすいです。

契約期間 違約金
NURO光 2年 10,450円
フレッツ光 10,450円

戸建てで2年契約の場合は、NURO光とフレッツ光の違約金自体はどちらも10,450円で、同じです。

しかしフレッツ光は、別途プロバイダの違約金が発生する可能性が高いです。プロバイダの違約金は5,000~10,000円のことが多いので、NURO光よりも請求される合計額が高くなります。

ちなみに、どちらも2年の更新月以外で解約すると「違約金」や「工事費用の残り」が一括で請求されます。

「工事費用の残り」は工事費用無料キャンペーンや分割払いを適用していると発生するものです。

工事費実質無料とは、工事費を分割をさせたうえで工事費と同額の月額割引で相殺する仕組みです。そのため分割の支払いが残っていると、違約金と一括で支払うことになります。

村野さん 村野
以下では、フレッツ光とNURO光の月額料金や回線速度の違いについて、さらに詳しく解説していきます!

料金の安さを重視するならNURO光

電卓を持った女の子のイラスト

フレッツ光とNURO光ではNURO光のほうが月額料金が安いです。

NURO光は、プロバイダ一体型の光回線なので、フレッツ光のように、プロバイダ利用料を別に支払う必要がありません。そのため、月々の支払いがフレッツ光よりも安く済みます。

それぞれの月額料金を表にまとめてみたので、参考にしてください。

戸建て マンション
NURO光 5,217円 5,217円
または
2,090~2,750円
フレッツ光 東日本:約6,500円
西日本:約5,300円
東日本:約5,000円
西日本:約4,900円

戸建てプランを比較すると、NURO光のほうがフレッツ光と比較して安いことが分かります。

ちなみに、NURO光のマンションプランは、建物の設備状況によって料金が変わります。

建物自体にNURO光の専用設備が導入されていれば、マンションプランもフレッツ光より安く利用できます。

ただし、設備を完備している物件はほんの僅かなので、契約できるのは稀です。

NURO光はキャンペーンで一定期間の月額料金が安くなる

NURO光は、公式サイトが実施している2つのキャンペーンのどちらかを適用することで、数ヶ月~1年間の月額料金が安くなります。

NURO光の割引キャンペーン

・1年間月額980円キャンペーン
・ワンコイン体験(月額500円)

以下で、各割引キャンペーンの内容と月額料金について詳しく解説していきます。どちらのキャンペーンが、自分に合っているのか比べてみてください!

「980円キャンペーン」は2年間利用するなら50,000円お得になる

「1年間月額980円キャンペーン」は、その名の通り最大1年間の月額料金が980円になるキャンペーンです。

途中で解約する場合は「違約金」や「工事費の残り」を支払う必要があります。しかし、月額料金やトータル出費は、ワンコイン体験よりも安いです。

「1年間月額980円キャンペーン」を使った場合は、約2年半で50,000円ほどお得になります。

月額980円
キャンペーン
通常料金
月額料金
1~12ヶ月目
980円 5,217円
月額料金
13~31ヶ月目
5,216円
合計金額
(31ヶ月間)
110,864円 161,727円

1年間月額980円キャンペーンは「なるべく安くNURO光を使いたい!」という人に、最適なキャンペーンです。

「ワンコイン体験」は2年間利用するなら20,000円お得になる

「NURO光ワンコイン体験」は、契約から最大3ヶ月間の月額料金が500円(ワンコイン)になるキャンペーンです。

NURO光の月額料金は本来5,217円なので、500円は破格です。またお試し期間を過ぎても2980円の割安料金が適用されます。

「NURO光ワンコイン体験」を利用すると、月額料金は以下のように変わります。約2年半で20,000円ほどお得です。

ワンコイン体験 通常料金
月額料金
1~3ヶ月目
500円 5,217円
月額料金
4~6ヶ月目
2,980円
月額料金
7~31ヶ月目
5,216円
合計金額
(31ヶ月間)
140,840円 161,727円

ワンコイン体験は、通常プランの契約よりも安く使えることが分かります。当然、フレッツ光と比べた場合も安いです。

もし途中で解約したくなった場合は、月額500円の間に解約しましょう。月額500円の期間中なら、解約金や工事費を支払わなくても、NURO光を解約できます。

月額980円キャンペーンが50,000円お得になるのに対し、ワンコイン体験は20,000円しかお得になりません。ただ「気軽にNURO光を体験してみたい」という人には、最適なキャンペーンです。

村野さん 村野

NURO光は割引キャンペーンを適用すると、かなりお得に利用できます。しかし、あえて比較するなら「1年間月額980円キャンペーン」のほうが長くお得に使えます。

さらにNURO光は、ソフトバンクのスマホ料金を安くできる「セット割」も適用できる強みがあります。

NURO光はソフトバンクのスマホ料金が最大1,100円安くなる

パソコン+光電話+スマホ=お得!(スマホセット割)なイラスト

NURO光は「おうち割光セット」という割引で、ソフトバンクのスマホの月額料金を1端末ごとに最大1,100円割引できます。

割引額は、契約しているスマホのプランによって以下のように異なります。

割引額
データプラン
メリハリ
-1,100円
データプラン
ミニフィット
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
データプラン50GB+ -1,100円
データプランミニ
データ定額
50GBプラス
データ定額
ミニモンスター
データ定額
50GB/20GB/5GB
データ定額
(おてがるプラン専用)
-550円
データ定額
ミニ2GB/1GB
データ定額
(3Gケータイ)
パケットし放題フラット
for 4G LTE
-1,100円
パケットし放題フラット
for 4G
4G/
LTEデータし放題フラット
4G
データし放題フラット+
パケットし放題フラット
for シンプルスマホ
-550円
ベーシックデータ定額
プランfor 4G LTE
(iPad 専用)
ベーシックデータ定額
プランfor 4G
(タブレット専用)

ちなみに「おうち割光セット」は最大10台まで適用できます。

家族全員がソフトバンクのスマホを使っている場合や、スマホとタブレットの2台持ちをしている人は、より多くの割引を受けられるのでお得です!ただし「おうち割光セット」には適用条件があります。

セット割を適用するには「光電話」に加入する必要がある

NURO光で「おうち割光セット」を適用するには、ソフトバンクの端末だけでなく「NURO光でんわ」の加入が必須です。ただ、月額料金はエリアによって以下のように変わります。

NURO光でんわ月額料金
北海道/関東 550円
東海/関西/九州 330円

最大550円かかりますが「おうち割光セット」の割引が1,100円なら、付けて損はありません。

関連記事

▶NURO光の料金とスマホセット割について

フレッツ光にはスマホの料金が安くなる「セット割」がない

フレッツ光には、NURO光や他の光回線のように、スマホ料金が安くなる「セット割」がありません。

さらに、プロバイダとネット回線の個別契約が必要で、月々の出費が高いという大きなデメリットがあります。

そのため、料金をできるだけ抑えたいのであれば、NURO光か各キャリアで「セット割」が使える光回線を検討するのがおすすめです。

光コラボならスマホの料金が安くなる「セット割」が使える

フレッツ光では「セット割」が使えないと前述しましたが、フレッツ光と同じ回線網を利用している光コラボなら、各スマホのキャリアに対応した「セット割」を適用できます。

主な光コラボ回線と、対応している「セット割」は以下のとおりです。

※回線名をクリックすると、各光回線の口コミ評判まとめの記事を読むことができます

回線名 セット割対象
ドコモ光 ドコモ端末の利用料
ソフトバンク光 ソフトバンク端末の利用料
ワイモバイル端末の利用料
ソネット光プラス au端末の利用料
ビッグローブ光

ちなみに、光コラボは全てプロバイダ一体型です。プロバイダを別途契約する必要がないため、フレッツ光よりも月額料金が安いです。

また、提供エリアも全国対応なので、フレッツ光を使うメリットはほとんどありません。

フレッツ光はプロバイダを別途契約しないとネットが使えない

フレッツ光は、回線とプロバイダの契約が別なので、インターネットを使うには、個別で契約する必要があります。

フレッツ光の月額料金は、契約するプロバイダによって変わります。プロバイダ料金の最安値は、約550円です。

例えば、マンションでフレッツ光を使う場合には以下の料金がかかります。

基本料金
(マンション)
4,455円
プロバイダ料 約550円
合計 約5,000円

フレッツ光のように契約先が2つあると、手続き・問い合わせ・支払い管理に手間がかかるという欠点もあります。

村野さん 村野

フレッツ光は、プロバイダとネット回線の料金が個別で発生し「スマホセット割」が使えません。一人暮らしの場合でも、ネットとスマホ料金を合わせた「毎月の通信費」は、10,000~15,000円と割高です。

一方NURO光は、月額料金が破格になるキャンペーンや「スマホセット割」に対応しており、トータル費用を抑えられます。

回線速度はNURO光のほうが速い

PCゲームをやっている人のイラスト

実際に利用している人が計測した速度の平均値(平均速度)ではNURO光のほうがフレッツ光よりも速いです。

下表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの回線速度を収集しているサイトを参考に、2021年1月時点で調査した直近3ヶ月の平均速度・応答速度を比べたものです。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
(Ping値)
NURO光 459Mbps 436Mbps 12.0ms
フレッツ光 220Mbps 187Mbps 22.6ms

通信速度の「bps」とは

「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど速いです。

応答速度の「ms」とは

「ms」とは、1回データを送受信するのにかかる時間を表した値です。数値が低いほど速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。一般的には「下り」が重視されます。

回線速度・応答速度ともにNURO光のほうが、フレッツ光よりも速いという結果になりました。

フレッツ光は、回線網を他社と共同利用しているので、回線速度・応答速度ともに遅いのが分かります。

そのため、回線速度を重視するならNURO光がおすすめです。独自回線で混雑にも強く、回線速度も速いので、ストレスなくネットを利用できます。

最大通信速度もNURO光が速い

最大通信速度もフレッツ光とNURO光で比較してみました。結果は、圧倒的にNURO光が速いです。

NURO光は最大通信速度が2Gbpsあります。一方フレッツ光は1Gbpsしかありません。

最大通信速度
(下り)
最大通信速度
(上り)
NURO光 2Gbps 1Gbps
フレッツ光 1Gbps 1Gbps

通常プランで2Gbpsを出せるのは、今のところNURO光以外はありません。他社の通常プランはすべて1Gbpsです。

ただし、光回線会社が公表している最大通信速度は、あくまで理論上の数値です。

実際に利用しているときの回線速度はもっと下がります。プロバイダやルーターを経由することが、データ通信に影響を与えるからです。

快適な通信速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。ただウェブサイトを見るだけであれば、どの光回線を選んでもストレスを感じることはありません。

下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な回線速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な通信速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTube動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

フレッツ光は平均速度が100Mbpsを越えているので、普通は日常生活でストレスを感じることはありません。しかし、実際は混雑時に回線速度が10Mbps前後まで下がる人が多いので、ストレスを感じやすいです。

一方NURO光は平均速度が400Mbpsを超えています。フレッツ光と比べると、4倍近くの差があるため、遅いと感じることはありません。

NURO光は、とくに大量のデータのやり取りが多い人や、オンラインゲームをストレスなくやりたい人におすすめです。

関連記事

▶NURO光の回線速度について詳しい解説
▶ソフトバンク光の回線速度について詳しい解説

どちらの光回線もIPv6に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

フレッツ光とNURO光は、新しい通信規格であるIPv6接続に対応しています。

フレッツ光は「v6オプション」と呼ばれる接続方式を採用しています。ただし、フレッツ光はプロバイダによって、IPv6の対応状況や申込みの有無、利用料金などが変わります。

一方NURO光は「IPv4/IPv6デュアル方式」に対応していて、契約すれば誰でも利用できます。

デュアル方式/v6オプションとは

IPv6でインターネットに接続しながら、IPv4のみに対応したサイトも閲覧できるようにするハイブリッドな仕組みのことです。

関連記事

▶IPv6についてもっと詳しく知る

村野さん 村野

フレッツ光とNURO光は、どちらも「IPv6接続」に対応しています!

NURO光は対応機器が標準で用意されているので、契約するだけで使えますが、フレッツ光は契約するプロバイダによって状況が変わります。

そのため、以下ではフレッツ光のIPv6に対応しているおすすめのプロバイダを紹介します!

フレッツ光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

フレッツ光は、選択するプロバイダによって月額料金やIPv6利用申し込みの有無が変わります。そのため、フレッツ光のプロバイダを選ぶ際は、以下のポイントに注目してみてください。

フレッツ光のプロバイダ選びのポイント
  1. ①IPv6接続の利用申し込みが不要
  2. ②追加料金がかからない

IPv6接続に対応している主なプロバイダは以下のとおりです。また、プロバイダを選ぶ際のポイントに合っているかどうかも併せて調べたので、参考にしてください。

申し込み 追加料金
GMOとくとくBB 不要 なし
@nifty 必要
So-net
AsahiNet
BIGROBE
OCN
ぷらら
hi-ho
Yahoo!BB 513円
BB.excite 770円

主なプロバイダ10社の中で、申し込み不要かつ、IPv6を無料で利用できるプロバイダは「GMOとくとくBB」のみです。

また「GMOとくとくBB」は、特典としてIPv6接続対応の無線ルーターをレンタルできます。回線速度を改善できる機器が一式揃えられるので、プロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめです。

どちらの光回線も10ギガプランに対応している

フレッツ光とNURO光は、最大通信速度が10Gbpsになる10ギガプランにも対応しています。

単純に、通常プランよりも回線速度が何倍も早くなるプランです。そのため、大量にデータ通信を利用する人は「高速プラン」の契約も視野に入れておくと良いでしょう。

ただし、早くなる分追加料金があったり、対応エリアが狭くなったりといったデメリットもあります。

関連記事

▶NURO光10Gプランの評判や口コミ

対応エリアはフレッツ光のほうが広い

日本地図

フレッツ光とNURO光の対応エリアの違いは以下のとおりです。

NURO光 一部地域
フレッツ光 全国

フレッツ光は日本全国で利用できます。フレッツ光は、全国に普及しているNTTの回線網を利用しているからです。

一方NURO光は、回線速度は最高峰に優れていますが、独自回線のため対応エリアが限られています。NURO光の対応エリアは以下のとおりです。

北海道 札幌市/小樽市/千歳市/恵庭市/石狩市/江別市
関東 東京/神奈川/埼玉/千葉/茨城/栃木/群馬
東海 愛知/静岡/岐阜/三重
関西 大阪/兵庫/京都/滋賀/奈良
九州 福岡/佐賀

NURO光は、東北・中国・四国・沖縄地方では対応していません。

また、提供エリア内の地域だったとしても、市区町村によっては対応エリア外になる場合があります。

関連記事

▶NURO光の対応エリアについて詳しく知る

NURO光が対応エリア外だった場合はソフトバンク光がおすすめ

NURO光が対応エリア外だった場合は「おうち割光セット」が使えるソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光は、ソフトバンクの端末や、ワイモバイルのスマホ料金が安くなる「おうち割光セット」を適用できます。さらに、全国展開しているため、使えないエリアがほとんどありません。

関連記事

▶ソフトバンク光の評判口コミなど全情報まとめ

キャンペーンはNURO光のほうがお得

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

キャンペーンはNURO光のほうがお得です。それぞれのキャンペーンをまとめると、以下のようになります。

NURO光のキャンペーン

  • ・44,000円の工事費無料
  • ・最大45,000円のキャッシュバックが貰える
  • ・月額料金が3ヶ月500円(4~6ヶ月2,980円)
  • ・1年間月額料金が980円
  • ・引っ越し時の移転費用が無料
  • 月額料金とキャッシュバックは併用不可

フレッツ光のキャンペーン

  • ・代理店によるキャッシュバック
  • ・2年間月額料金割引
  • (戸建て770円/マンション110円)

特に注目すべきキャンペーンについて詳しく解説していきます。

NURO光はキャンペーンで月額料金が破格になる

NURO光はキャンペーンで通常5,217円の月額料金が破格になります。

2021年1月現在で実施しているキャンペーンは、3ヶ月間月額500円で利用できる「ワンコイン体験」と「1年間月額料金が980円」になるキャンペーンです。

分かりやすいように、以下で2種類のキャンペーンの特徴をまとめました。

1年間月額980円キャンペーンの特徴

・1年間は月額980円で利用できる
・13ヶ月目から月額5,217円
・途中解約は解約費用がかかる
・年間費用は110,864
・キャッシュバックと併用不可

ワンコイン体験の特徴

・3ヶ月は月額500円で利用できる
・3ヶ月以内なら解約費用が無料
・4~6ヶ月目は月額2,980円
・年間費用は140,840
・キャッシュバックと併用不可

パッと見どちらもお得なキャンペーンですが、とくに適用したほうが良いのは「1年間月額980円キャンペーン」です。2種類のトータルの年間費の差が29,976円で「1年間月額980円キャンペーン」のほうが安いからです。

月額980円と通常料金を比較した場合

1年間月額980円キャンペーンを適用した場合と通常料金を比べると、1年間月額980円キャンペーンを適用したほうが、通常よりも50,000円お得です。

980円
キャンペーン
通常料金
月額料金
1~12ヶ月目
980円 5,217円
月額料金
13~31ヶ月目
5,216円
合計金額
(31ヶ月間)
110,864円 161,727円

ただし、ワンコイン体験とは違い、途中で解約すると「違約金」「工事費の残り」「機器撤去費用」などを支払う必要があります。

ワンコイン体験と通常料金を比較した場合

ワンコイン体験を適用した場合と通常料金を比べると、ワンコイン体験を適用したほうが通常よりも20,000円お得なのが分かります。

ワンコイン体験 通常料金
月額料金
1~3ヶ月目
500円 5,217円
月額料金
4~6ヶ月目
2,980円
月額料金
7~31ヶ月目
5,216円
合計金額
(31ヶ月間)
140,840円 161,727円

また、ワンコイン体験は途中解約したくなったとしても、3ヶ月間の間であれば「違約金」「工事費」「機器撤去費用」などを支払わなくて済みます。

なお、どちらも「キャッシュバックキャンペーン」との併用はできません。

そのため、月額料金の割引を取るか、一括現金で貰うかは好きなほうを選びましょう。

NURO光は新規契約で最大45,000円のキャッシュバックが貰える

NURO光 キャッシュバック
NURO光は新規契約なら、最大45,000円のキャッシュバックが貰えます。

ただし、この高額なキャッシュバックを受けられるのは公式サイトから申し込んだ場合のみです。

NURO光は、キャッシュバックの条件によくある「有料オプションの加入」も必要ないので、無条件でキャッシュバックを受けられます。また、キャッシュバックとは別で「工事費用」も無料にできます。

他の申し込み窓口のキャッシュバックは、有料オプション不要だと還元率が下がったり、そもそも有料オプションに加入しなければ貰えないことが多いです。

余計な費用をかけないためにも、NURO光の「公式サイト」から申し込むのがおすすめです。

外部サイト

▶NURO光の高額キャッシュバック申し込み窓口はこちら

NURO光の工事費用は実質無料になる

NURO光は「NURO光の公式サイト」から申し込むことで、工事費を実質無料にできます。

工事費の無料キャンペーンを受けない場合は、戸建て・マンション問わず44,000円の費用が発生します。

工事費が無料にならない場合の金額は高額なので、無料になるのかどうかを確認してから申し込みしましょう。

ちなみに、どちらも土日祝日に工事をすると3,300円の追加料金がかかります。土日祝日を指定して発生した3,300円は無料にならないので注意しましょう。

フレッツ光の工事費用は無料にならない

NURO光は工事費を無料にできますが、フレッツ光は必ず工事費用が発生します。戸建てが19,800円で、マンションなら16,500円です。

そのため、工事費用を無料にしたいなら、NURO光やフレッツ光の回線網を利用している「光コラボ」の光回線がおすすめです。

村野さん 村野
キャンペーンが豊富で、お得なのはNURO光です。工事費用が無料なうえに月額料金を安くできる恩恵は大きいです。さらに「セット割」も適用できるので、月々の費用を抑えられます。

解約金・撤去工事費の合計額はフレッツ光のほうが安い

天秤にかけて比較している人のイラスト 

両社の違約金と撤去工事費をまとめて比較しました。

本来は工事費の残りの費用も関わりますが、分割回数や解約時期での変動が大きいので、ないものと考えた場合で比較しています。

違約金 撤去工事費 合計額
フレッツ光 10,450円 0円 10,450円
NURO光 10,450円 11,000円 21,450円

2社の解約時の費用を比べると、フレッツ光のほうが、解約時の出費を11,000円安く抑えられることが分かります。

ちなみに「違約金」「撤去費用」「工事費の残り」などは、すべて一括で請求されます。

ただし、違約金は両社ともに決められた時期に解約すれば支払わずに済みます。1番不要な費用なので、よっぽどの理由がない限りは「更新月」で解約するのがおすすめです。

どちらの光回線も契約年数は2年間

フレッツ光とNURO光の契約年数はどちらも2年間です。そのため、2年以内に解約すると違約金が発生します。ただし「更新月」なら違約金は不要です。

契約年数 違約金不要の
期間
フレッツ光 2年 25~26ヶ月目
NURO光 2年 25ヶ月目

もちろんプランによって契約年数が違ったり、そもそも契約年数の縛りがないプランもあるので、自分にあったプランを選びましょう。

ただし、契約年数の縛りがないプランは月額料金が高いです。そのため、基本的には費用を抑えられるプランがおすすめです。

契約年数の縛りこそありますが、更新月に解約すれば違約金は発生せず、毎月の費用を抑えられるので、引っ越しや転勤が多くない限り契約して損はありません。

村野さん 村野

解約費用を抑えたい人は、フレッツ光がおすすめです。

フレッツ光は基本的に撤去費用が必要ありません。NTTの回線網を利用していて、全国どこでも展開している光回線だからです。

一方NURO光は「独自回線」で特殊なため、1度契約してしまうと解約時に撤去費用がかかります。

フレッツ光はプロバイダを自由に選べる

フレッツ光は、プロバイダを別途で契約する必要がある光回線なので、自分の好きなプロバイダを選んで契約することができます。

一方NURO光は、プロバイダ一体型なので、任意のプロバイダを選べません。NURO光なら「ソネット」のみです。

プロバイダ一体型は、プロバイダを選べる光回線から乗り換えた場合、利用していたオプションが引き継げないといったデメリットがあります。また、逆も同じことが言えます。

新規契約ならまったく影響はありませんが、他の光回線からフレッツ光やNURO光に乗り換える場合は、あらかじめ確認しておきましょう。

フレッツ光で選ぶプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

フレッツ光でよく選ばれる、主なプロバイダは以下の10社ですが、とくにおすすめなのは「GMOとくとくBB」です。

  • GMOとくとくBB・@nifty・ソネット
  • AsahiNet・BIGLOBE・OCN・ぷらら
  • hi-ho・Yahoo!BB・BB.excite

GMOとくとくBBは平均速度が速いうえに、高性能なWi-Fiルーターを無料でレンタルできます。

他にもキャッシュバックがあったりと、キャンペーン内容が豪華です。以下にプロバイダを「GMOとくとくBB」にした場合のメリットをまとめました。

GMOとくとくBBのメリット
  1. ①平均速度がトップクラスに速い
  2. ②Wi-Fiルーターが無料かつ高性能
  3. ③最高20,000円のキャッシュバック
  4. ④ウイルス対策ソフトが1年間無料
  5. ⑤高速通信が可能な10Gプランに対応
村野さん 村野
GMOとくとくBBは、数あるプロバイダの中でも豪華な特典が得られます!フレッツ光のプロバイダ選びに迷ったら「GMOとくとくBB」を選んでおけば、失敗しません。

どちらの光回線もオプションは充実している

なにかを調べているイラスト

光テレビや光電話などのオプションはどちらも充実しています。ただし、フレッツ光とNURO光では、料金やサービスの内容に違いがあります。

オプションの利用を考えているのであれば、事前に確認しておくのがおすすめです。

フレッツ光で利用できるオプション

フレッツ光で利用できる主なオプションは以下の3つです。

ひかり電話(550円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。NTTの電話料金よりも遥かに安く、月額550円で利用できます。NTTで利用していた電話番号を引き継げます。

フレッツ光テレビ(825円/月)

地上デジタル放送や無料のBS放送を視聴できます。フレッツ光の通信回線を利用しているので、アンテナ工事は不要です。また、別途契約が必要ですが、スカパーの視聴も可能です。

サポートオプション

電話や遠隔操作、訪問修理などが受けられるサービスです。サポートのレベルに応じて金額が変わります。インターネット初心者の人におすすめのオプションです。

NURO光で利用できるオプション

NURO光で利用できる主なオプションは以下の3つです。

NURO光でんわ(550円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。NTTの電話料金よりも遥かに安く、月額550円で利用できます。また、NURO光の「おうち割光セット」の適用条件でもあります。

ひかりTV for NURO(1,650円/月)

ひかりTV for NUROに加入すると、79種類の専門チャンネルや、13万以上のビデオオンデマンドが視聴できます。NURO光の通信回線を利用しているので、アンテナ工事等は不要です。

リモートサポート(550円/月)

NURO光forマンション向けにある有償サポートサービスです、PCの疑問や不安などを何度も相談でき、操作などが分からない場合は遠隔操作で助けてくれます。

村野さん
村野

オプション機能をあえて比較するなら、NURO光のほうが豊富です!ピックアップしたオプション以外もあります。

NURO光で加入すべきオプションは「おうち割光セット」の適用条件になっている「光電話」です!セット割は、スマホの料金が安くなり、月々の負担を減らせるのでおすすめです。

フレッツ光とNURO光のあいだで乗り換える際の注意点

注目ポイントを挙げている女の子

「フレッツ光からNURO光」あるいは「NURO光からフレッツ光」に乗り換える際には、以下の4つの注意点があります。

乗り換え時の注意点

  • ①解約費用が発生する
  • ②セット割が使えなくなる
  • ③フレッツ光で貯めたポイントは消える
  • ④必ず工事が発生する

以下で、それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

①解約費用が発生する

フレッツ光とNURO光は契約年数が2年です。そのため、更新月以外でフレッツ光または、NURO光を解約すると「違約金」が発生します。

契約年数 違約金 更新月
フレッツ光 2年 10,450円 25ヶ月~
26ヶ月目
NURO光 10,450円 25ヶ月目

ただし、更新月で解約するのであれば「違約金」は不要です。

乗り換えを検討するなら、無駄な費用がかからないように、できるだけ更新月で解約しましょう。

工事費用を分割していた場合は残りを一括請求される

契約している光回線の「工事費用」を分割で支払っていて、残額がある場合は、解約する際に残りを一括で請求されます。

一括で工事費用を支払っている場合は、解約しても「違約金」や「機器撤去費用」のみで済みます。

NURO光は撤去費用も必要

NURO光は独自回線なので、賃貸だと解約する際に「撤去費用」が必ずかかります。

フレッツ光は、NTTの回線網を利用しているので、撤去費用は基本無料です。

違約金 撤去工事費 合計額
フレッツ光 10,450円 基本無料 11,000円
NURO光 10,450円 11,000円 21,450円

違約金と撤去費用に加え、工事費用の残りがあると、トータル費用はもっと高くなるので注意しましょう。

②セット割が使えなくなる

フレッツ光からNURO光に乗り換える場合は、スマホの料金が安くなる「おうち割光セット」を利用できる可能性があります。

逆にNURO光からフレッツ光に乗り換えると「セット割」は使えません。フレッツ光自体に「セット割」の制度がないからです。

ちなみに「おうち割光セット」は、以下の適用条件を満たした際に利用できます。

NURO光「おうち割光セット」適用条件

・ソフトバンクのスマホを利用している
・NURO光電話に加入する
※関東:月額550円/関西:月額330円

「セット割」は、月々の負担を抑えられるサービスなので、利用しない手はありません。ただし、NURO光からフレッツ光に乗り換えるのはおすすめできません。ユーザーにとって利点がほぼないからです。

③フレッツ光で貯めたポイントは消える

フレッツ光からNURO光に乗り換える前には「フレッツ光メンバーズクラブ」や「CLUB NET-west」で貯めたポイントを使い切りましょう。

1度乗り換えてしまうと、ポイントが全て消滅してしまうからです。フレッツ光のサービスで貯まったポイントは、ギフトカードなどに交換できます。

④必ず工事が発生する

フレッツ光からNURO光に乗り換える場合や、NURO光からフレッツ光に乗り換える場合は、必ず工事が発生します。NURO光が独自回線だからです。

独自回線は、NTTの回線網を利用するフレッツ光や「光コラボ」とは違い、工事が不要な「転用」や「事業者変更」ができません。

そのため、独自回線から乗り換える場合や、独自回線に切り替える際には、必ず工事をしなければいけません。

NURO光は開通工事が2回あり手間と時間がかかる

電柱から一軒家に光ケーブルを引いている工事の様子のイラスト

NURO光は「宅内」と「屋外」で、2回の開通工事が必要です。また、2回とも必ず立ち会いが必須になっています。

他の光回線の開通工事は1回で終わるので、NURO光は開通までに手間と時間がかかります。

ただし、以下の条件を満たせば、NURO光の工事は1回で済ませられます。

NURO光の工事を1回で済ますための条件

・NTT東日本エリアに住んでいる
・戸建ての物件である
・5,500円の追加費用を払う
※土日祝日指定は追加で3,300円かかる

限定的ではありますが、条件が合えば「宅内」と「屋外」の工事を同じ日に指定できるため、多くの手間を省けます。

また、通常よりも圧倒的に早く開通できるので、急いでる人にもおすすめです。

しかし、予約の混み具合により同日に指定できないこともあるので、工事希望日の2ヶ月前には予約しておくと良いでしょう。

NURO光が開通するまでにかかる期間

NURO光が開通するまでにかかる期間は、公式サイトによると「1~3ヶ月程度」になっています。しかし、1ヶ月で開通できるのは極めて稀です。

とても人気の光回線で、工事が混み合っていることが多く、早くても2ヶ月、遅くて半年程度を目安に動くと良いでしょう。

フレッツ光よりもNURO光のほうが圧倒的におすすめ

メモ帳を持った女の子のイラスト

フレッツ光は利点がほぼないので、おすすめできません。一方NURO光は、契約できるなら最もおすすめできる光回線です。月額料金や、回線速度、セット割、キャンペーンなど、様々な点でフレッツ光よりも優秀です。

ただ、NURO光は対応エリアが極端に狭いといった大きなデメリットや「セット割」がソフトバンクしか使えないといった難点もあります。

もし、NURO光が対応エリア外で利用できなかった場合は、ソフトバンク光を契約すると良いでしょう。全国で使えるうえに、NURO光と同様の「セット割」を適用できます。

最後に、NURO光がおすすめな人の特徴を振り返ってみましょう。

NURO光がおすすめな人

  • ①ソフトバンクのスマホを使っている
  • ②光コラボではなく独自回線を使いたい
  • ③回線速度と料金を重視したい
  • ④動画配信やゲーム配信などをしてみた

NURO光は、ソフトバンクの端末を利用していたり、公式のキャンペーンを適用することで月々の費用を抑えられます。

ソフトバンク以外の端末を利用している人は、それぞれ「セット割」に対応している光回線のほうが安く済みます。

関連記事

▶NURO光の評判口コミ全情報まとめ

本当に選ぶべき光回線はたった7社

100社以上ある光回線ですが、 現在、本当におすすめできるのは7社だけです。

お使いのスマホキャリアによって変わるので、どこの光回線にすべきか迷っている方は参考にしてください!

おすすめ光回線の選び方

おすすめ光回線の選び方

三瓶さん 三瓶
基本的にはスマホに合わせた光回線を選んで、以下のようにセット割を適用させるとお得です!

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

光回線ごとで、 最もお得なキャンペーンを展開中の優れた窓口をご紹介します。

とくにドコモ光は新規契約でも乗り換えでも、通常よりかなりお得な還元キャンペーン中です。ぜひ期間中に検討してみてください!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
最大2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円)
工事待ち期間はモバイルWi-Fiレンタル お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
最大77,000円のキャッシュバック
auのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円 お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口
NURO光のロゴ ソフトバンクで戸建てなら最安
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
ソフトバンクのセット割が使えてお得 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでマンションなら最安
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる お得なキャンペーン窓口
ソネット光プラスのロゴ 格安スマホなら最安クラスの光回線
全国対応の光回線で料金がとにかく安い
auのセット割にも対応している お得なキャンペーン窓口

光回線会社の比較の記事

  •  

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!NNコミュニケーションズからの申し込みが一番お得!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    回線速度の速さを求めるなら1番おすすめ!公式サイトから45,000円キャッシュバック!

    光回線ごとの記事一覧