eo光とソフトバンク光の違いを徹底比較!乗り換えるならどっちにすべき?

最終更新日:2021年08月20日
「eo光とソフトバンク光の違い」のアイキャッチ

eo光とソフトバンク光の違いを、徹底的に比較します!「eo光とソフトバンク光ならどっちに乗り換えるべき?」「料金や速度はどう違うの?」といった疑問を持っていませんか?

結論ソフトバンクのスマホの利用者はソフトバンク光がおすすめです。それ以外の人はeo光のほうがいいです。

eo光のほうがおすすめな人
  • ソフトバンクやY!mobile以外のスマホを使用
  • ・回線の速さを重視している
ソフトバンク光がおすすめな人
  • ソフトバンクかY!mobileのスマホを使用
  • ・フレッツ光や光コラボからの乗り換え
  • ・PayPay残高で料金を支払いたい人
  • ・関西以外に引っ越す可能性がある

結論を端的にまとめると「スマホセット割」を受けられる光回線を選ぶのが最適です。

もちろん、回線速度や細かいサービス内容に違いはありますが、実用上は大きな違いはありません。そのため、スマホセット割で安く使えるほうを選べば間違いないです。

この記事では、eo光とソフトバンクの違いを、料金・速度・キャンペーンといったさまざまな観点で比較しながら解説していきます!

村野

更新月のたびに光回線を乗り換える変わり者。過去に使ってきたネット回線は、フレッツ光、ソフトバンク光、OCN光、ドコモ光の4社。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

eo光とソフトバンク光の違い早見表

まずは、eo光とソフトバンク光の違いを比較した早見表をみてみましょう。

eo光とソフトバンク光は、光回線を提供する会社や回線網、料金、特典などが異なります。

eo光 ソフトバンク光
事業者 オプテージ ソフトバンク
回線網 独自回線 フレッツ光
(光コラボ)
戸建て
月額料金
1年目:3,248円
2年目:5,448円
※プロバイダ一体型
5,720円
※プロバイダ一体型
マンション
月額料金
2年目まで:3,326円
3年目以降:3,876円
※プロバイダ一体型
4,180円
※プロバイダ一体型
最大速度 1Gbps 1Gbps
平均速度 376Mbps 242Mbps
スマホ
セット割
au
-1,100円/月
(最大10台まで)
ソフトバンク
-1,100円/月
(最大10台まで)
工事費 戸建て:29,700円
マンション:0円
無料になる
戸建て:26,400円
マンション:26,400円
無料になる
エリア 一部地域 全国

eo光は、オプテージが提供している「独自回線」系の光回線サービスです。

独自回線とは、自社で専用の回線網を使っている光回線のことです。回線速度が安定して速い傾向にあります。

一方、ソフトバンク光はNTTの回線網を使っている「光コラボ」のうちの1社です。NTTの回線網を使っているので夜間や休日に混雑する可能性が高い光回線です。

それぞれの光回線の違いを簡単に紹介します。各項目ごとの詳しい解説も後ほど記載しているので、両社を比較してピッタリな光回線を選びましょう。

関連記事

▶eo光のメリット・デメリットの解説
▶ソフトバンク光のメリット・デメリットの解説

月額料金はeo光のほうが安い

月額料金は、eo光のほうがソフトバンク光より安いです。1年目に至っては、戸建てだと年間29,664円も安く抑えられます。

ただし、ソフトバンクのスマホユーザーなら、ソフトバンク光のほうが安くなるケースが多いです。ソフトバンクのスマホを使っていると、光回線とセットの割引を組めるからです。

そのため、料金を重視する人は、持っているスマホを基準に光回線を選ぶべきです。

関連記事

▶eo光の料金プランやお得な割引の解説
▶ソフトバンク光の料金やお得な割引の解説

回線速度はeo光のほうが速い

回線速度はeo光のほうが速いです。両社とも、最大通信速度は1Gbpsですが、実際に計測した速度の平均値に違いがあります。

平均速度は、ソフトバンク光が242Mbpsに対して、eo光は376Mbpsです。1.5倍速いです。

両社では、回線設備に違いがあるので、実際の速度に差が生じます。

関連記事

▶eo光の回線速度の評判口コミ
▶ソフトバンク光の回線速度の評判口コミ

対応エリアはeo光よりもソフトバンク光のほうが広い

対応エリアは、ソフトバンク光のほうが圧倒的に広いです。NTTの回線網を使っているので、全国で利用できます。

一方で、eo光は関西地方でしか利用できません。eo光の独自回線は、関西地方を中心に設置されているからです。

関連記事

▶eo光の対応エリアを確認する

キャンペーンはソフトバンク光のほうがお得

キャンペーンはソフトバンク光のほうがお得です。両社が実施しているキャンペーンをまとめました。

eo光のキャンペーン

  • ・eo光暮らしスタート割(最大24,000円割引)
  • ・商品券10,000円
  • ・工事費無料
  • ・他社違約金補助(最大5万円)

ソフトバンク光のキャンペーン

  • ・代理店のキャッシュバック最大37,000円
  • ・工事費無料
  • ・他社違約金補助(最大10万円)

ソフトバンク光は、新規契約するとキャッシュバック最大37,000円や、乗り換え時の費用を最大10万円まで負担して貰えます。

早い話、キャンペーン金額がソフトバンク光のほうが圧倒的に高いので、お得です。

解約費用は1年目以内ならソフトバンク光のほうが安い

解約費は、ソフトバンク光のほうが安いです。eo光は13,200円ですが、ソフトバンク光の場合は10,450円です。

ただし、eo光は2年目以降の解約金が6,600円以下になるので、ソフトバンク光より安くなります。

ちなみに撤去工事費は11,000円かかります。撤去工事が求められる場合、解約金に加えて費用がかかるので、賃貸の人は覚えておきましょう。

eo光とソフトバンク光の特徴まとめ

eo光とソフトバンク光の主な特徴をまとめると、以下のようになります。自分に合ったほうを選びましょう!

光回線 主な特徴
eo光のロゴ auで関西地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
1年目の月額料金が約3,000円 お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンクでマンションなら最安
ソフトバンクのセット割が使えてお得
ワイモバイルの料金も安くなる
乗り換え費用を最大10万円負担
公式と代理店からキャッシュバックをもらえる お得なキャンペーン窓口

月額料金が安いのはeo光

eo光もソフトバンク光も、どちらもプロバイダ一体型の光回線です。回線サービスのなかにプロバイダ利用料が含まれています。

それぞれの月額料金を表にまとめました。

戸建て マンション
eo光 [1年目]3,248円
[2年目]5,448円
[1~2年目]
3,326円
ソフトバンク光 5,720円 4,180円

eo光は、契約年数によって月額料金が変わります。上表を見ると、それでもソフトバンク光よりも安いことが分かります。

ただし、所有するスマホ次第で、両社とも毎月の負担額が大きく変わります。それぞれ特定のスマホキャリアとセット割を組めるからです。

以下では、両社の「スマホセット割」の違いについて、分かりやすく解説していきます!

さらに詳しい解説

▶eo光の料金プランとお得な割引の解説
▶ソフトバンク光の料金とお得な割引の解説

eo光とソフトバンク光のスマホセット割の違い

ソフトバンク光は、ソフトバンクの端末を使っていると「おうち割光セット」でスマホ代が安くなります。

一方で、eo光はauのスマホを使っている人は、スマホ代が割引かれます。eo光は、KDDIと提携しているので「auスマートバリュー」という割引オプションが使えるからです。

スマホセット割 割引対象
eo光 auスマートバリュー au回線の利用料
ソフトバンク光 おうち割光セット ソフトバンク回線の利用料

光回線を選ぶときは自分の使っているスマホのキャリアに合わせるのが1番おすすめです。

割引額が1,000円、2,000円変わることがざらにあるからです。

キャリアに合ったセット割を活用することで、スマホ料金が安くなり、毎月の出費を抑えられます。

eo光は「auスマートバリュー」割でauのスマホ料金が最大1,100円引き

eo光は、auのスマホとセットで割引を受けられます。KDDIと提携しているので「auスマートバリュー」というスマホとのセット割が使えます。

割引額は、契約しているスマホのプランによって、以下のように異なります。

割引額
データMAX5G
ALL STARパック(P)
-1,100円
データMAX5G
ALL STARパック
データMAX5G
テレビパック
データMAX5G
Netflixパック(P)
データMAX5G
Netflixパック
データMAX5G
with Amazonプライム
データMAX5G
データMAX4G LTE
Netflixパック
データMAX4G LTE
タブレットプラン20
ピタットプラン5G(s)
(2~20GB)
-550円
ピタットプラン4G LTE(s)
(2~20GB)
ピタットプラン5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン4G LTE
(1~7GB)
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
新auピタットプラン
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
auデータMAXプラン
Netflixパック
-1,100円
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン
7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
タブレットプラン20
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン5
(学割用)
auピタットプランN(s)
(2~20GB)
-1,100円
※2GB以下は-550円
※1GB以下は対象外
auピタットプラン
(2~20GB)
auピタットプラン(s)
(2~20GB)
データ定額1 -1,027円(2年間)
※3年目以降-550円
データ定額2/3 -1,027円
データ定額3cp
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
U18データ定額20 -1,551円
データ定額5/8/20 -1,551円(2年)
※3年目以降-1,027円
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額10/13/30 -2,200円(2年)
※3年目以降-1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) -1,100円
LTEフラット
for DATA (m)
-1,551円(2年)
※3年目以降-1,027円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

ちなみに「auスマートバリュー」を受けるには、光電話へ加入する必要があります。光電話のサービス自体にオプション料金はありませんが、月額314円の電話アダプタ代が必須です。

ただ、オプション費用よりも、割引額のほうが大きいので活用しましょう。

「auスマートバリュー」の割引は最大10台までのスマホ・タブレットが対象です。

家族全員がauの端末を利用する家庭や、スマホとタブレットを2台持ちしている人は、お得になります!

5人家族ならば5,500円引きになるってこともあります。

「おうち割光セット」でソフトバンクのスマホ料金が最大1,100円引き

ソフトバンク光では、ソフトバンクのスマホを使っていると、スマホの通信料を割引できます。割引オプションの「おうち割光セット」を適用できるからです。

割引額は、契約しているスマホのプランによって以下のように異なります。

割引額
データプラン
メリハリ
-1,100円
データプラン
ミニフィット
データ定額
50Gプラス
データプランミニ
データ定額
ミニモンスター
データ定額
50GB/20GB/5GB
データ定額
(おてがるプラン専用)
-550円
データ定額
ミニ2GB/1GB
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
パケットし放題フラット for 4G LTE -1,100円
パケットし放題フラット for 4G
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
パケットし放題フラット for シンプルスマホ -550円
ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(iPad 専用)
ベーシックデータ定額プラン for 4G
(タブレット専用)

「おうち割光セット」の割引は最大10台までのスマホ・タブレットが対象になります。

例えば、5人でソフトバンクのスマホを使っていたら、5,500円の割引を受けられるケースがあります。

さらに詳しい解説

▶おうち割光セットの割引額と適用条件の解説

ワイモバイルのスマホ料金も安くなる

ソフトバンク光の「おうち割光セット」では、ワイモバイルのスマホも料金が割引されます。

割引額は、契約しているスマホのプランによって以下のように異なります。

割引額
スマホプランL -1,100円
スマホプランR/M -770円
スマホプランS -550円
スマホベーシックプラン
データベーシックプランL

ちなみに、ワイモバイル独自の割引制度として「家族割引」があります。しかし、家族割引はおうち割光セットと併用できません。

また、家族割引は毎月550円の割引しか受けられないので、スマホプランL以外を利用している人は、おうち割光セットを選んだほうがお得です。

割引適用には月額550円のオプションへ加入が必要

「おうち割光セット」の割引を受けるためには、月額550円のオプションに加入する必要があります。

オプションには5種類あり、下記の表から3つを選び、それぞれ申し込みます。

本来は、それぞれに月額料金がかかりますが、おうち割光セットの申し込み者は3つセットで550円で利用できます。

オプション 内容
光BBユニット
※必須
IPv6接続に対応しているルーター
Wi-Fiマルチパック
※必須
光BBユニットにWi-Fi(無線LAN)を追加する
ホワイト光電話 光電話サービス
光電話(N)
BBフォン IP電話サービス

上記のうち「光BBユニット」と「Wi-Fiマルチパック」は必須です。残りは「光電話」か「IP電話」のサービスから1つ選びます。

「光BBユニット」は、最新の接続方式である「IPv6接続」に対応しているルーターです。ソフトバンク光を使うには必須といえるオプションなので、加入して損はありません。

村野さん 村野
月額料金を安く済ませるなら、スマホセット割が適用できる回線を1番に検討しましょう。スマホの契約数にもよりますが、1番お得になることが多いです。ただしY!mobileは、割引額が少し低いです。事前にどれだけ割り引かれるか確認して、光回線を検討しましょう。

回線速度はeo光のほうが速い

回線速度はeo光のほうがソフトバンク光より速いです。同じ光回線ですが、実際に利用する人の平均速度には、大きな違いがありました。

下表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考に、回線業者ごとの平均速度・応答速度を比べたものです。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
(Ping値)
eo光 376Mbps 301bps 18.0ms
ソフトバンク光 242Mbps 170Mbps 19.9ms

通信速度の「bps」とは

「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

応答速度の「ms」とは

「ms」とは、1回のデータの送受信にかかる時間を表した値です。数値が低いほど応答が速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。

回線速度は、平均速度・応答速度共にeo光のほうがソフトバンク光よりも高速でした。

回線の速さを重視する人は、ソフトバンク光よりeo光のほうがおすすめです!

関連記事

▶eo光の回線速度の評判口コミ
▶ソフトバンク光の回線速度の評判口コミ

最大通信速度はどちらも変わらない

eo光とソフトバンク光の最大通信速度は、どちらも「1Gbps」です。下り・上り、どちらでも違いはありません。

最大通信速度
(下り)
最大通信速度
(上り)
eo光 1Gbps 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps 1Gbps

ただし、光回線業者が公表する「最大通信速度」は、あくまで理論上の数値です。

ざっくり言うと、現実的に出るスピードではありません。プロバイダや、通信機器を経由することで、通信ロスが必ず生じるからです。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。ウェブサイトを見るだけであれば、どの光回線を選んでもストレスを感じることはありません。

下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な回線速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な通信速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的な使い方なら、100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

eo光とソフトバンク光は、平均回線速度が100Mbpsを超えているため、ほとんど「遅い」と感じることはありません。

オンラインゲームをしたり、作成した動画のアップロードをするような人は、回線が速いeo光のほうがおすすめです。

どちらの光回線もIPv6に対応している

eo光もソフトバンク光も、新しい通信規格であるIPv6に対応しています。

eo光は「デュアルスタック方式」に標準対応しているので、回線を契約するだけで誰でも簡単にIPv6が使えます。

ソフトバンク光は「IPv6高速ハイブリッド」に対応しています。ただし、オプションである「光BBユニット」のいレンタルが必要なので、別途で料金がかかります。

IPv4 over IPv6/IPv6高速ハイブリッドとは

IPv6でインターネットに接続しながら、IPv4のみに対応したサイトも閲覧できるようにするハイブリッドな仕組みのことです。

ソフトバンク光はおうち割光セット適用で無料でIPv6を利用できる

ソフトバンク光で「IPv6高速ハイブリッド」を利用するためには「光BBユニット」のレンタルが必須です。市販のルーターを用意しても、ソフトバンク光ではIPv6を利用できません。

光BBユニットは、月額513円のオプションです。ただし、ソフトバンクのスマホユーザーは「おうち割光セット」を適用すれば、実質無料でレンタルできます。

さらに詳しい解説

▶eo光のIPv6について詳しく知る
▶ソフトバンク光のIPv6について詳しく知る

「おうち割光セット」とは

「おうち割光セット」とは、ソフトバンクのスマホとソフトバンク光をセットで契約することで、スマホの月額料金が550~1,100円割引されるサービスです。

「おうち割光セット」を適用するには、3つのオプションへの加入が必要です。オプションは5種類から選べます。

本来は、それぞれに月額料金がかかりますが、おうち割光セットの申し込み者は3つセットで550円で利用できます。

オプション内容
光BBユニット
※必須
IPv6接続対応のルーター
Wi-Fiマルチパック
※必須
光BBユニットに
Wi-Fi機能(無線)を追加
ホワイト光電話 光電話サービス
光電話(N)
BBフォン IP電話サービス

上表のうち「光BBユニット」と「Wi-Fiマルチパック」の2つは選択必須です。残り1つは「光電話」か「IP電話」から選びます。

つまり「おうち割光セット」を使う場合には、必ず「光BBユニット」に申し込むことになります。

そして「おうち割光セット」の割引金額は最低でも550円のため、ソフトバンクユーザーであれば、実質無料で「光BBユニット」を利用できるというわけです。

ソフトバンクのスマホを使っている人は、必ず「おうち割光セット」に申し込みましょう。

どちらの光回線も10ギガプランに対応している

eo光とソフトバンク光は、10ギガプランに対応しています。最大通信速度は10Gbpsです。

単純に計算すると、通常の1Gbps回線と10倍の差があります。

回線速度重視の人にはピッタリのプランですが、どちらも提供エリアが限られているので誰でも契約できるわけではありません。

eo光は、大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井の一部エリアで10ギガプランを利用できます。ソフトバンク光はさらに対応エリアが限定され、大阪市内でしか使えません。

そのため、関西で10ギガの回線を使うには、ほとんどeo光に限定されます。

村野さん 村野
10ギガプランにすれば回線速度は速くなります。ただ、その分月額料金もはね上がります。eo光の場合は、10ギガより安い5ギガプランもあるので、検討してみるといいでしょう。
さらに詳しい解説

▶eo光の10ギガ・5ギガプランの評判口コミ
▶ソフトバンク光の10ギガプランの評判口コミ

eo光の対応エリアは関西と福井県だけ

eo光の提供エリアは、関西地方と福井県だけです。ソフトバンク光は全国対応なので、提供エリアの広さではeo光は劣ります。

eo光の対応エリア
関西:大阪/京都/兵庫/奈良/滋賀/和歌山
中部:福井

また、上記の提供エリア内であっても、自治体によっては契約できない場合があります。全域をカバーしているわけではないからです。

eo光の対応エリアの詳しい情報は、別のページで解説しています。自分で検索する方法も紹介しているので、よければ参考にしてください。

また、提供エリア内でも地域や建物により、対応できない場所があります。

村野さん 村野
関西地方以外に引っ越す可能性がある人は、ソフトバンク光のほうが無難です。関西以外に引っ越す場合、eo光は解約するしかないからです。
さらに詳しい解説

▶ eo光の対応エリアを詳しく確認する
▶ ソフトバンク光の対応エリアを詳しく確認する

キャンペーンはソフトバンクのほうがお得

キャンペーンはソフトバンク光のほうがお得です。それぞれ主なキャンペーンをまとめると、以下のようになります。

eo光のキャンペーン

  • ・eo光暮らしスタート割(最大24,000円割引)
  • ・商品券10,000円
  • ・工事費無料
  • ・他社違約金補助 最大5万円

ソフトバンク光のキャンペーン

  • ・代理店のキャッシュバック最大37,000円
  • ・工事費無料
  • ・他社違約金補助 最大10万円

ソフトバンク光は、公式よりもお得な代理店「エヌズカンパニー」から申し込んだ場合で、eo光は「公式サイト」から申し込んだ場合を記載しています。どちらも1番お得になる窓口のキャンペーンで比較しています。

キャンペーン内容を比べると、ソフトバンク光のほうが圧倒的にお得です。

例えば、eo光はキャンペーンの割引額と、商品券の金額を合計しても最大で24,000円です。一方で、ソフトバンク光は、キャッシュバック37,000円が貰えます。

また、他社違約金補助の金額は、ソフトバンク光はeo光の2倍もあります。

ソフトバンク光は代理店のキャッシュバック37,000円が貰える

ソフトバンク光は、代理店「エヌズカンパニー」経由で申し込むと、キャッシュバックが貰えます。金額は37,000円です。

しかも、オプション加入のような面倒な条件がありません。回線の申し込み手続き後、エヌズカンパニーから電話が来るので、案内に沿って手続きするだけです。

キャッシュバックは、最短で2ヶ月後に指定口座に振り込まれます。

eo光暮らしスタート割で月額料金が安くなる

eo光は、公式のキャンペーン「eo暮らしスタート割」で月額料金が安くなります。この割引は、自動適用されます。

戸建ての場合、1年間2,000円割引になります。12ヶ月間の合計割引額は24,000円です。

マンションは、2年間500円割引きになります。24ヶ月で12,000円割引を受けられます。

eo光は回線開通から1ヶ月後に商品券10,000円分が送付される

eo光は、利用開始から1ヶ月後に、10,000円の商品券が送られてきます。

また、ソフトバンク光と同様で、面倒なオプション加入は不要です。ネットから申し込むだけで、商品券を貰えます。

他社違約金補助で乗り換え費用の負担がなくなる

eo光とソフトバンク光は、他社からの乗り換えで発生した解約費用を負担して貰えます。

例えば、回線やプロバイダの違約金、工事費の残債、モバイルWi-Fiの解約金など負担して貰えます。両社で、負担内容に大きな違いはありません。

大きな違いは、補助額です。eo光は最大5万円ですが、ソフトバンク光は最大10万円です。

正直、5万円以上解約費用がかかることは稀です。結局のところ、解約費用を賄えるなら、どちらでも違いはありません。

ただし、eo光はマンションの場合、15,000円までしか負担して貰えません。乗り換え前には、事前に解約費用がどれだけかかるか、きちんと調べましょう。

村野さん 村野
キャンペーン内容は、ソフトバンク光のほうがいいです。eo光は、キャッシュバックよりも、月額料金を安くしたい人向けです。ちなみに、ソフトバンク光の公式から申し込む場合は、eo光のほうがお得になるケースが多いです。申し込む際は、窓口も慎重に選びましょう。

解約金は2年目以降ならeo光のほうが安い

両社の解約金を比較しました。工事費の残債はないものとして、戸建て契約の場合で比較しています。

1年目 2年目以降
eo光 13,200円 6,600円以下
ソフトバンク光 10,450円

解約金は、1年目ならソフトバンク光のほうが2,750円安いです。ただし、2年目以降はeo光のほうが3,850円安くなります。

1年で解約することはまれだと思うので、ほとんどの人にとっては、eo光のほうが解約金は安いでしょう。

eo光は2年目以降の解約金が割引プランによって違う

eo光は、2年目以降の解約金が、適用する割引プランによって違います。契約プランごとの、2年目以降の違約金について、下の表にまとめました。

2年目の違約金 3年目以降の違約金
割引適用なし 0円
即割 6,600円 0円
長割 2,074~6,223円

即割(そくわり)

契約から2年間の月額料金が割引されるオプション。戸建て専用。

長割(ちょうわり)

月額料金が3年目と6年目を区切りに割引される戸建て専用オプション。
3年目に5%割引、6年目には10%割引される。3年の自動更新契約。

eo光の割引プランは、適用開始される時期が異なります。そのため「即割」と「長割」を受ける場合は、利用年数によって違約金が変わると考えてください。

ちなみにマンションの場合は解約金が無料です。即割と長割を適用できないからです。

長割の違約金詳細
「長割」は、3年自動更新の割引プランで、割引開始時期や更新からどのくらい経っているかで違約金の額が変わります。

「長割」の適用年数ごとの違約金は、下表のとおりです。

違約金
1年目 6,223円
2年目 4,149円
3年目 2,074円

例えば、利用開始した年に解約すると、もっとも高い6,223円が適用されます。ただ、3年目なら2,074円で済みます。

短期の契約を考えている方は「長割」を使わないほうが良いケースもあります。

ソフトバンク光は2年毎の更新月は解約金無料

ソフトバンク光でスタンダードなプランでは、2年おきに違約金なしで解約できるタイミングがあります。2年の自動更新契約だからです。

期間中の解約は費用が発生しますが、満了月なら無料です。例えば2021年1月に回線を契約した場合は、2年後の2023年1月が満了月になります。

eo光は撤去工事費が11,000円かかる

eo光は、撤去工事費が11,000円かかります。撤去工事とは、建物内に引き込んだ光回線を撤去する工事です。

eo光の場合は、希望者のみ解約時に撤去工事を行います。ほとんどの人は、不要です。

賃貸で建物内に回線を後付けした場合に限って、退去時に撤去工事を求められることがあります。物件によって要不要が分かれるので、あらかじめ管理会社に確認しましょう。

ちなみにソフトバンク光では撤去工事費が無料です。

村野さん 村野
撤去工事が必要ならばソフトバンク光のほうが安いですし、必要なければeo光のほうが、たいてい安くなります。1年以内に解約をする人が少ないからです。そもそも、解約費用を抑えるなら、違約金がかからない更新月に解約しましょう。

eo光とソフトバンク光はプロバイダを選べない

eo光とソフトバンク光は、プロバイダを選ぶことができません。eo光のプロバイダはeo光、ソフトバンク光は、Yahoo!BBのみです。

ちなみに、Yahoo!BBは、ソフトバンクが運営するプロバイダサービスです。

つまり両社とも、1社で回線サービスとプロバイダサービスを一貫して提供しています。

このように、一貫してサービスを提供することで、安い料金を実現しています。

その代わりに、eo光とソフトバンク光は、プロバイダを選べないのです。

プロバイダが選べなくてもデメリットはほぼない

プロバイダが選べなくても、デメリットが生じる人は、ほとんどいません。

デメリットを挙げるとすると、プロバイダで独自に加入していたオプションが引き継げない点です。例えば、プロバイダでメールサービスを使っていた場合は、引き継げません。

ただし、どんなプロバイダであっても、一通りオプションが揃っているので問題ありません。メールサービスは、eo光もソフトバンク光でもあります。

光電話や光テレビ、セキュリティのオプションもあります。

現在契約中のプロバイダで、特殊なオプションに加入しているわけでなければ、一度前向きに乗り換えを検討しましょう。

村野さん 村野
プロバイダが選択できなくても、デメリットになるケースはあまりありません。むしろ、支払い先を統一したり、問い合わせ先が分かりやすくなったりするというメリットのほうが大きいでしょう。
さらに詳しい解説

▶eo光のプロバイダについての解説
▶ソフトバンク光のプロバイダについての解説

オプションサービスには差がない

両社とも、基本的なオプションサービスのラインナップには、大きな差はないです。光電話、光テレビ、セキュリティオプションのようなものは、一通り揃っています。

eo光で利用できるオプションサービス

eo光で利用できる主なオプションサービスは、以下の4つです。

eo光テレビ

地デジ・BS・専門チャンネルの視聴ができる。また、オンデマンドサービスもあるので、好きな番組や見逃した番組を、スマホからいつでもどこでも視聴できる。月額は視聴コースによって異なります。

eo光電話(314円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。光電話のオプションへ加入すると、月額314円の電話アダプタ代を支払うことで利用できます。

リモートサポートプラス(220円/月)

パソコンの不具合や、ネットの困りごとをオンラインでサポートして貰えるサービスです。オペレーターと画面を共有できるので、説明がしづらい症状でも解決に向けてサポートしてもらいやすいです。

セキュリティパック(275円/月)

パソコンをウイルスや迷惑メールからの脅威から守るためのオプションです。ウイルス対策ソフト「マカフィー マルチアクセス」を5台の端末まで入れられます。

ソフトバンク光で利用できるオプションサービス

ソフトバンク光で利用できる主なオプションは、以下の4つです。

ソフトバンク光テレビ(825円/月)

ソフトバンク光の通信回線を利用して、地上デジタル放送や無料のBS放送が視聴できます。別途契約が必要ですが、スカパーの視聴も可能です。アンテナが付けられない家に住んでいる人は、加入すればテレビが見られるようになります。

ホワイト光電話(513円/月)

光電話を使った固定電話サービスです。NTTの電話料金よりも基本料が1,000円ほど安く済みます。

サポートオプション

電話や遠隔操作、訪問修理などが受けられるサポートオプションです。サポートのレベルに応じて金額が変わるので、インターネット初心者の人におすすめのオプションです。

BBセキュリティ

BBセキュリティは、ウイルスや迷惑メールなど、インターネットの脅威からパソコンやスマホを守ってくれます。1アカウントごとに料金が変わるので、必要に応じた数を契約しましょう。

村野さん 村野
オプションサービスの内容に大きな違いはありません。そのため、オプションの違いでサービスの利用に悪影響がでる人は、ほとんどいないでしょう。

eo光とソフトバンク光のあいだで乗り換える際の注意点

「eo光からソフトバンク光」あるいは「ソフトバンク光からeo光」に乗り換える際には、以下の3つの注意点があります。

乗り換え時の注意点

  1. ① eo光は関西以外で利用できない
  2. ② セット割の対象キャリアが変わる
  3. ③ 回線の乗り換えでも工事が必要

以下で、注意点について詳しく解説します。

① eo光は関西以外で利用できない

eo光は、関西エリアと福井県の一部のみでしか利用できません。関西エリア外に引っ越す可能性があるなら、ソフトバンク光からeo光への乗り換えはおすすめできません。

転勤が多いような人ならば、全国で利用できるソフトバンク光を利用したほうがいいです。

② セット割の対象キャリアが変わる

ソフトバンク光からeo光へ、あるいはeo光からソフトバンク光へ乗り換えると、割引対象のスマホキャリアが変わります。

スマホセット割を使っていた人は、今までのスマホのままでは割引を受けられません。スマホのキャリアも変えないと、料金が上がってしまいます。

③ 回線の乗り換えでも工事が必要

ソフトバンク光とeo光の間で乗り換えをするときは、必ず工事が必要です。通信に使用する回線網が異なるからです。

ソフトバンク光は、NTTの回線網を使用しています。一方で、eo光は独自の回線網を用意して使用しています。

そのため、ソフトバンク光から光コラボへの乗り換えのように、工事なしで乗り換えはできません。

申し込みから利用開始までは、1ヶ月程度必要です。

eo光やソフトバンク光がおすすめな人まとめ

最後に、eo光・ソフトバンク光がおすすめな人について、まとめます。

eo光のほうがおすすめな人

  1. ①ソフトバンクやY!mobile以外のスマホを使用
  2. ②回線の速さを重視している

ソフトバンク光のほうがおすすめな人

  1. ①ソフトバンクかY!mobileのスマホを使用
  2. ②フレッツ光や光コラボからの乗り換え
  3. ③PayPay残高で料金を支払いたい人
  4. ④関西以外に引っ越す可能性がある

月額費用を抑えたい人は「スマホセット割」を受けられる光回線を選ぶのが最適です。

どちらでもスマホ割が組めない人なら、月額が安いeo光がいいでしょう。スマホ割が使えないなら、eo光のほうが安くなる場合が多いです。

ただし、全国転勤があるようなケースならば、ソフトバンク光のほうがいいでしょう。eo光は関西以外では使えません。

eo光とソフトバンク光の1番お得なキャンペーンサイト

以下では、en光とソフトバンク光の最もお得なキャンペーンサイトをご紹介します!

それぞれの窓口がなぜおすすめなのか、理由も解説しているので、ぜひ参考にしてください!

eo光は公式サイトが1番お得

eo光は、代理店や家電量販店の窓口よりも公式サイトから申し込むのが1番お得です。公式サイトでは、以下の3つの特典を受けられます。

eo光の公式サイト特典
①「最大1万円の商品券」か「12,800円相当の家電」をもらえる
② 乗り換え費用を最大5万円負担してもらえる
③ 開通時の工事費が実質無料になる

ちなみに、家電を選ぶよりもキャッシュバックのほうがお得です。家電は指定された物が貰えるだけで、好きな物を選べません。

また、eo光を申し込む際は必ず公式サイトから申し込むようにしましょう。手続きを行う窓口によって、受けられるキャンペーンが変わってしまうからです。

\工事費実質無料+他社違約金5万円まで還元/

ソフトバンク光の申し込み窓口は正規代理店エヌズカンパニーが一番おすすめ

ソフトバンク光の申し込みはエヌズカンパニーが1番おすすめ

ソフトバンク光の申し込みは、正規代理店のエヌズカンパニーを窓口にするのが一番おすすめです!

正規代理店エヌズカンパニーがおすすめな理由

  • ①新規開通で37,000円キャッシュバック
  • ②キャッシュバックにオプション条件なし
  • ③申込時の電話でキャンペーン手続き完了
  • ④初めての開通なら月額料金が2年間安くなる
  • ⑤乗り換えでも15,000円キャッシュバック
  • ⑥10万円まで乗り換え費用を負担してくれる
  • ⑦乗り換え時の工事費が実質無料
  • ⑧開通までソフトバンクエアーが無料

エヌズカンパニーを窓口にしてソフトバンク光に申し込むとオプション不要で37,000円のキャッシュバックがもらえます!

ソフトバンク光は、窓口によって、キャンペーンの内容が違います。例えば、公式サイトから申し込むとキャッシュバックがないので、損をします。

一方、エヌズカンパニーでは、特別な条件なしに37,000円がもらえます!

キャッシュバック 適用条件 受取時期
エヌズカンパニー 37,000円 なし 2ヶ月後
Yahoo!BB 最大37,000円 日曜または
5のつく日に申し込み
5ヶ月後
ソフトバンク
公式サイト
なし
ソフトバンク
ショップ
店舗による
家電量販店 店舗による

しかも、エヌズカンパニーは申し込み時にかかってくる電話に応対するだけで、キャンペーンの手続きが完了します。

メールの返信や、書類の郵送などの必要がないため、もらい忘れの心配がありません!

\オプション不要!37,000円キャッシュバック/

初めてネット回線を開通する人なら2年間1,100円安くなる

ソフトバンク光のハッピーバリュー!キャンペーン

これまでネットを引いていなかった人が、初めての回線としてソフトバンク光を選んだ場合には、月額料金が2年間1,100円安くなります。

2021年9月から始まったキャンペーンで、終了時期は未定です。「自宅のネット環境を整えたい!」という人は、ぜひ活用しましょう。

他社からの乗り換えにかかった費用を10万円まで還元してくれる

ソフトバンク光に他社から乗り換えた場合は違約金や撤去工事費を満額還元

ほかのネット回線を使っている人がソフトバンク光に切り替える場合、乗り換えにかかる違約金や撤去工事費を10万円まで還元してもらえます!

乗り換え違約金還元の対象になる費用例

  • ・定期契約の解除による違約金
  • ・プロバイダ解約の違約金
  • ・使っていた回線の撤去費用

また、ソフトバンク光の開通工事費も実質無料になります!

乗り換え費用の負担がほとんどなくなるのは、大きなメリットです。ただし「キャンペーンは予告なく終了」となっています。乗り換えを検討している人は、早めに申し込みましょう。

\乗り換え費用を最大10万円還元!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

光回線会社の比較の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧