ドコモ光とコミュファ光の違いを徹底比較!乗り換えるならどっちにすべき?

最終更新日:2021年08月20日
「ドコモ光とコミュファ光の比較」のアイキャッチ

ドコモ光とコミュファ光の違いを徹底比較します!「ドコモ光とコミュファ光ならどっちに乗り換えるべき?」「料金や速度はどう違うの?」といった疑問を持っていませんか?

結論から言うと「ドコモユーザーにはドコモ光」「auユーザーにはコミュファ光」がおすすめです。

ドコモ光がおすすめな人
  • ドコモのスマホ利用者
  • ・普段からdポイントを使っている
  • ・フレッツ光や光コラボからすぐ乗り換えたい
  • ・東海地方以外に引っ越す可能性がある
コミュファ光がおすすめな人
  • auのスマホ利用者
  • ・回線の速さを重視している
  • ・乗り換え時の違約金をなくしたい人
  • ・お得なキャッシュバックを受けたい

両社で検討する際は「スマホセット割」を受けられるほうを選ぶのが最適です。

この記事では、ドコモ光とコミュファ光の違いを、料金や速度、キャンペーンといったさまざまな観点で比較しながら解説していきます!

石田

NTT系列のグループ会社で4年勤めたのち、当サイト「ヒカリク」のライターに転向。FPS系のオンラインゲームが好き。Apexのランクはマスター。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

ドコモ光とコミュファ光の違い早見表

天秤にかけて比較している人のイラスト 

まずは、ドコモ光とコミュファ光の違いを比較した早見表をみてみましょう。

ドコモ光とコミュファ光は、光回線を提供する会社や回線網、料金、特典などが異なります。

ドコモ光 コミュファ光
事業者 NTTドコモ 中部テレコミュニケーション
回線網 フレッツ光
(光コラボ)
独自回線
マンション
月額料金
4,400円
※プロバイダ一体型
1年目:3,380円
2年目以降:4,000円
※プロバイダ一体型
戸建て
月額料金
5,720円
※プロバイダ一体型
1年目:3,980円
2年目以降:5,215円
※プロバイダ一体型
最大速度 1Gbps 1Gbps
平均速度 243Mbps 474Mbps
スマホ
セット割
ドコモ
-1,100円/月
(最大20台まで)
au
-1,100円/月
(最大10台まで)
マンション
工事費
16,500円
無料になる
27,500円
無料になる
戸建て
工事費
19,800円
無料になる
27,500円
無料になる
エリア 全国 一部地域

ドコモ光はNTTドコモが提供する光回線です。いわゆる「光コラボ」のうちの1社で、回線網自体はフレッツ光と同じものを使っています。

光コラボ(光コラボレーション)とは
光コラボとは「フレッツ光の回線網」と「プロバイダ」がセットになった回線サービスです。ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光などが当てはまります。

コミュファ光は、自社で専用の回線網を使っているので、一部の限られた地域でしか利用できません。ただ、回線速度が速いという特徴があります。

以下では、それぞれの光回線の違いを簡単に紹介します。項目ごとに詳しい解説も後ほど記載しているので、最後までチェックして、ベストな光回線を選びましょう。

月額料金はコミュファ光のほうが安い

月額料金は、コミュファ光のほうが安いです。プランによっては505~1,740円も差があります。コミュファ光は、公式キャンペーンの適用で月額料金が割引されるからです。

ただし、両社とも持っているスマホ次第では、どちらがお得になるかが変わります。どちらも別々のキャリアで、スマホセット割を組めるからです。

料金の安さを重視する人は、所有するスマホを基準に光回線を選ぶのがおすすめです。

回線速度はコミュファ光のほうが速い

回線速度は、コミュファ光のほうが速いです。回線スペック上の最大速度は、両社とも1Gbpsですが、実際に計測した速度の平均値に違いがあります。

平均速度はドコモ光が243Mbpsに対して、コミュファ光は474Mbpsです。コミュファ光のほうが、2倍近く速いです。

ただし、一般的に回線速度は100Mbp以上あれば、どのような用途でも快適にネットが利用できると言われています。

どちらの光回線も200Mbps以上あるので、日常利用において全く問題ない速度と言えます。

対応エリアはドコモ光のほうが広い

対応エリアは、ドコモ光のほうが圧倒的に広いです。NTTの回線網を使っているので、全国で利用できます。

一方で、コミュファ光は東海地方の4県(愛知・岐阜・静岡・三重)と長野県でしか利用できません。サービス開始当初は中部電力が運営していたため、東海地方を中心に展開しています。

キャンペーン内容はコミュファ光のほうがお得

両社が実施しているキャンペーンをまとめた結果、コミュファ光のほうがお得です。

どちらも1番お得に契約できる窓口から申し込んだ場合に適用できるキャンペーンで比較しています。

ドコモ光×GMOとくとくBB

  • ・最大20,000円のキャッシュバック
  • ・dポイントプレゼント
  • ・工事費完全無料
  • ・高性能ルーターの無料レンタル
  • ・工事待ち期間はモバイルWi-Fiレンタル

コミュファ光×NNコミュニケーションズ

  • ・コミュファ光スタート割で料金が安くなる
  • ・代理店のキャッシュバック最大35,000円
  • ・工事費を含む初期費用がすべて無料
  • 他社サービス違約金全額還元

コミュファ光は、代理店「NNコミュニケーションズ」経由で新規申し込みすると、戸建て30,000円、マンション35,000円のキャッシュバックが貰えます。

解約費用はドコモ光のほうが安い

解約費用は、ドコモ光のほうが圧倒的に安いです。コミュファ光の場合は「解約費用」に加えて「撤去費用」も必要なので、合計で50,000円近くかかることもあります。

一方で、ドコモ光は解約金が14,300円で、撤去費用は無料です。2年ごとに訪れる更新月で解約すれば、負担はゼロ円で済みます。

ドコモ光とコミュファ光の特徴まとめ

ドコモ光とコミュファ光の主な特徴をまとめると、以下のようになります。自分に合ったほうを選びましょう!

光回線 主な特徴
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
最大2万円のキャッシュバック
工事待ち期間はモバイルWi-Fiレンタル お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口

ドコモ光よりコミュファ光のほうが月額料金は安い

電卓を持った女の子のイラスト

ドコモ光とコミュファ光は、どちらもプロバイダ一体型の光回線です。回線サービスのなかにプロバイダ利用料が含まれています。

それぞれの月額料金を表にまとめました。

戸建て マンション
ドコモ光 5,720円 4,400円
コミュファ光 1年目:3,980円
2年目~:5,215円
1年目:3,380円
2年目~:4,000円

コミュファ光の月額料金は、公式キャンペーンの「コミュファ光スタート割」を適用した金額です。ドコモ光と比べると、505~1,740円も安いです。

ただし、使っているスマホによって、どちらがお得になるかは変わります。両社ともスマホセット割が使えるからです。

ドコモ光はドコモのスマホ代が、コミュファ光はauのスマホ代が割引されます。そのため、自分の契約しているキャリアに合わせて光回線を選ぶことで、月々の負担額を抑えられます。

関連記事

▶ドコモ光の料金プランの詳しい解説
▶コミュファ光の料金プランの詳しい解説

コミュファ光はコミュファ光スタート割で月額料金が安くなる

コミュファ光は、2021年7月からスタートした「コミュファ光スタート割」という公式のキャンペーンによって、以前よりもかなり安くなりました。

キャンペーンの適用条件は、自動更新ありの2年定期契約で申し込むことです。

コミュファ光スタート割を適用させないと2,000円以上高くなることもあるので、必ず適用させたほうが良いです。

ドコモ光とコミュファ光はスマホセット割が使える

ドコモ光セット割の解説イラスト

ドコモ光とコミュファ光は、スマホセット割が使えます。スマホセット割とは、特定のキャリアのスマホ代が安くなる割引サービスです。

ドコモ光ならドコモのスマホ、コミュファ光の場合はauのスマホ代を安くできます。2つのサービスの特徴を下表にまとめたので、ぜひ参考にしてください!

ドコモ光セット割 auスマートバリュー
対象 ドコモ回線の利用料 au回線の利用料
割引額 最大
-1,100円
最大
-1,100円
割引上限数 20回線 10回線
割引範囲 離れて住んでいる
家族も対象
同居家族のみ対象
適用条件 特になし 光電話への加入

どちらも優秀なサービスですが、ドコモのセット割のほうが、上限や範囲、適用条件といった面で優れていることが分かります。

上記のように、各キャリアに対応したセット割を実施している回線は多いので、光回線を選ぶときは自分の使っているスマホのキャリアを優先するのがおすすめです。

ドコモ光はドコモ光セット割でスマホ料金が最大1,100円引き

ドコモ光は「ドコモ光セット割」という割引サービスを使うことで、ドコモのスマホ料金を1端末ごとに毎月最大1,100円安くできます。

ただし、割引額は契約しているスマホプランによって違います。以下で現在申し込みできるプランと、過去プランの割引額をまとめたので、参考にしてください。

割引額
5Gギガホ プレミア -1,100円
ギガホ プレミア
5Gギガホ
ギガホ
ギガライト7GB以下
ギガライト5GB以下
ギガライト3GB以下 -550円
ギガライト1GB以下 割引なし
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
ウルトラ
シェアパック100
-3,850円
ウルトラ
シェアパック50
-3,190円
ウルトラ
シェアパック30
-2,750円
ベーシック
シェアパック
(~30GB)
-1,980円
ベーシック
シェアパック
(~15GB)
-1,980円
ベーシック
シェアパック
(~10GB)
-1,320円
ベーシック
シェアパック
(~5GB)
-880円
ウルトラ
データLLパック
-1,760円
ウルトラ
データLパック
-1,540円
ベーシック
シェアパック
(~20GB)
-880円
ベーシック
シェアパック
(~5GB)
-880円
ベーシック
シェアパック
(~3GB)
-220円
ベーシック
シェアパック
(~1GB)
-110円

ちなみに、ドコモ光セット割には適用条件がないので、オプションに加入する必要もありません。そのため、ドコモのスマホを使っている人なら、だれでも割引を受けられます。

また、ドコモ光セット割は「ファミリー割引グループ」が使えるので最大20回線まで割引を受けられます。さらに、離れて暮らしている家族でも割引を受けられます。

ファミリー割引グループとは、代表の契約者から三親等までの家族を最大20名入れられるグループです。ファミリー割引グループのスマホ同士は、通話料が無料です。

関連記事

▶ドコモ光セット割についての詳しい解説

コミュファ光はauスマートバリューでスマホ料金が最大1,100円引き

コミュファ光は「auスマートバリュー」という割引サービスを使うことで、auのスマホやタブレット料金を最大1,100円安くできます。

auスマートバリューとは、auのスマホを利用する人が受けられるサービスで、最大10台まで適用できます。

適用条件として、月額330円の「光電話」を契約する必要があります。

現在、auで申し込めるプランと過去プランの割引額をまとめたので、参考にしてください。

割引額
使い放題MAX 5G/4G -1,100円
使い放題MAX 5G/4G
テレビパック
使い放題MAX 5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
タブレットプラン20
ピタットプラン 5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE
(1~7GB)
ピタットプラン 5G(s)
(2~20GB)
~2Gb:-550円
2GB超:-1,100円
ピタットプラン 4G LTE(s)
(2~20GB)
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
新auピタットプラン
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
データMAX5G
ALL STARパック(P)
-1,100円
データMAX5G
ALL STARパック
データMAX5G
テレビパック
データMAX5G
with Amazonプライム
データMAX5G
Netflixパック(P)
データMAX5G/4G LTE
Netflixパック
データMAX5G/4G LTE
auデータMAXプラン
Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン
7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
タブレットプラン20
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン5
(学割用)
auピタットプランN(s)
(2~20GB)
-1,100円
※2GB以下は-550円
※1GB以下は対象外
auピタットプラン
(2~20GB)
auピタットプラン(s)
(2~20GB)
データ定額1 -1,027円(2年間)
※3年目以降-550円
データ定額2/3 -1,027円
データ定額3cp
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
U18データ定額20 -1,551円
データ定額5/8/20 -1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額10/13/30 -2,200円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) -1,100円
LTEフラット
for DATA (m)
-1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
関連記事

▶auスマートバリューについての詳しい解説

石田さん 石田
どちらの光回線もそれぞれセット割が適用できるので、使っているスマホと同じにしたほうが断然お得になります!強い理由がない限りは、スマホのキャリアに合わせるべきです。

回線速度はコミュファ光のほうが速い

オンラインで喋っている人たちのイラスト

回線速度はコミュファ光のほうが速いです。同じ光回線であっても、実際の速度に違いがありました。

下表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考に、回線業者ごとの平均速度・応答速度を比べたものです。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
(Ping値)
ドコモ光 243Mbps 185Mbps 21.6ms
コミュファ光 474Mbps 317Mbps 17.7ms

通信速度の「bps」とは

「bps」とは、1秒間に送信できるデータ量を表した値です。数値が大きいほど通信速度が速いです。

応答速度の「ms」とは

「ms」とは、1回のデータの送受信にかかる時間を表した値です。数値が低いほど応答が速いです。

光回線の「下り」「上り」とは

通信の向きを表す用語です。「下り=ダウンロード」「上り=アップロード」を意味しています。

コミュファ光は、平均速度と応答速度がドコモ光よりも高速です。とくに、下りの平均速度はコミュファ光のほうが2倍ちかく速いです。

光回線で最速といわれる「NURO光」の平均速度が478Mbpsなので、コミュファ光の回線速度474Mbpsは最速クラスといえます。

回線の速さを重視する人は、ドコモ光よりコミュファ光のほうがおすすめです!

ドコモ光はプロバイダによって回線速度が変わる

ドコモ光は、選んだプロバイダによって回線速度が大きく変わります。

どのくらい速度が違うのか、参考までに、ドコモ光の中で最も速度が速いプロバイダの「GMOとくとくBB」が公表している回線速度をご紹介します。

GMOとくとくBBが公表しているドコモ光の平均速度

上図は、GMOとくとくBBの公式サイト上に掲載されています。

下りの平均速度が346Mbpsなので、ドコモ光の回線全体の平均より100Mbp以上も速いことが分かります。

最大通信速度はどちらも変わらない

ドコモ光とコミュファ光の最大通信速度は、どちらも1Gbpsです。下り・上りの最大速度は、両社で違いはありません。

最大通信速度
(下り)
最大通信速度
(上り)
ドコモ光 1Gbps 1Gbps
コミュファ光 1Gbps 1Gbps

ただし、光回線業者が公表する「最大通信速度」は、あくまで理論上の数値です。

ざっくり言うと、実際には絶対にでない速度です。プロバイダや、通信機器を経由することで、通信ロスが必ず生じるからです。

そのため、光回線を検討する際は、平均速度で比較しましょう。

関連記事

▶ドコモ光の回線速度は速いのか徹底解説
▶コミュファ光の回線速度は速いのか徹底解説

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。ウェブサイトを見るだけであれば、どの光回線を選んでもストレスを感じることはありません。

下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な回線速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な通信速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的な使い方なら、100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

ドコモ光とコミュファ光は、200Mbpsを超える平均速度なので、ほとんど「遅い」と感じることはありません。

関連記事

▶回線速度はどれくらいが普通なのか徹底解説

どちらの光回線もIPv6に対応している

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

ドコモ光もコミュファ光も、新しい接続規格であるIPv6に対応しています。

ドコモ光は「IPv4 over IPv6」に対応しているプロバイダを選べば、ほとんどのサイトで通信速度が上がります。

コミュファ光は「デュアルスタック方式」に標準対応していて、契約すれば誰でもIPv6が使えます。

IPv4 over IPv6/デュアルスタック

IPv6に対応したサイトだけでなく、IPv4にのみ対応したサイトも閲覧できるようにするハイブリッドな仕組みのことです。IPv4 over IPv6は、IPv6の仕組みをIPv4接続にも適用させる仕組みです。IPデュアルスタックは、閲覧先のサイトによって、IPv4接続とIPv6接続を自動的に切り替える仕組みです。

関連記事

▶ドコモ光のIPv6についての詳しい解説
▶コミュファ光のIPv6についての詳しい解説

ドコモ光はIPv4 over IPv6対応のプロバイダを選ぶべき

ドコモ光のプロバイダのうち、下表の16社がIPv4 over IPv6に対応しています。この中からプロバイダを選択することになりますが、選ぶ際のポイントは次の2点です。

プロバイダを選ぶ際のポイント
  • ①「IPv4 over IPv6」の利用申し込みが不要
  • ②対応ルーターが無料でレンタルできる

下表では、プロバイダごとに選ぶ際のポイントに対応しているか比較しています。ぜひ参考にしてください。

利用
申し込み
ルーターの
無料レンタル
GMOとくとくBB 不要
plala
@nifty
BIGLOBE
ドコモnet ×
@T COM
WAKWAK
DTI 必要
andline
スピーディア
インターネット
サービス
hi-ho
OCN
@ちゃんぷる
ネット
Tigers-net.com
IC-NET ×
BB.excite

申し込み不要のプロバイダでは、開通と同時にIPv4 over IPv6」が使えるようになります。

また、無料でIPv4 over IPv6に対応したルーターをレンタルできれば、費用を抑えられます。市販のルーターを購入すると3,000円以上はかかります。

両方の条件を満たしているプロバイダは「GMOとくとくBB」「plala」「@nifty」「BIGLOBE」の4社です。

関連記事

▶ドコモ光のプロバイダ選びで重要なポイント

対応エリアはドコモ光のほうが広い

日本地図

対応エリアは、ドコモ光のほうが圧倒的に広いです。コミュファ光は一部地域のみの対応ですがドコモ光は全国で利用可能です。

コミュファ光の提供地域は、東海4県(愛知・岐阜・静岡・三重)と長野のみです。

また、上記の提供エリア内であっても、自治体によっては契約できない場合があります。

コミュファ光の対応エリアの詳細は、別記事で詳しく解説しています。検索する方法も紹介しているので、よければ参考にしてください。

関連記事

▶コミュファ光の提供エリアの詳しい解説

コミュファ光がエリア外のauユーザーならソネット光プラスがおすすめ

auユーザーで、コミュファ光が対応エリア外だった場合や導入できなかったときは、全国でau系列の割引サービスを受けられるソネット光プラスがおすすめです。

ちなみに、東海地域ではauひかりを契約できないことがほとんどです。コミュファ光に対応していない物件に住んでいた場合は、ソネット光プラスで割引を受けるといいでしょう。

関連記事

▶ソネット光の評判口コミなど全情報まとめ

キャンペーンはコミュファ光のほうがお得


キャンペーン内容は、コミュファ光のほうがお得です。それぞれのキャンペーンをまとめると、以下のようになります。

ドコモ光×GMOとくとくBB

  • ・最大20,000円のキャッシュバック
  • ・dポイントプレゼント
  • ・工事費完全無料
  • ・高性能ルーターの無料レンタル
  • ・工事待ち期間はモバイルWi-Fiレンタル

コミュファ光×NNコミュニケーションズ

  • ・コミュファ光スタート割で料金が安くなる
  • ・代理店のキャッシュバック最大35,000円
  • 工事費を含む初期費用がすべて無料
  • 他社サービス違約金全額還元

上記の内容は、最もお得な窓口から申し込んだ場合です。ドコモ光はプロバイダの「GMOとくとくBB」が、コミュファ光は代理店の「NNコミュニケーションズ」が1番お得です。

コミュファ光では、35,000円のキャッシュバックを受け取れます。また、コミュファ光スタート割を適用させると月額料金が割引されるので、ドコモ光より安く利用できます。

ドコモ光は、最大20,000円のキャッシュバックと、dポイントが貰えます。また、高性能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるといった特典もあります。

石田さん 石田

キャッシュバックや月額割引がある点で、コミュファ光のキャンペーンのほうがお得です。

ただし、ドコモ光のキャンペーンにも強みはあるので、どちらも優秀な特典と言えます。

解約金・撤去工事費はドコモ光のほうが安い

解約金と撤去工事費は、ドコモ光のほうが安いです。コミュファ光が解約の際に支払うのが「解約金」と「撤去工事費」に対し、ドコモ光は解約金のみで済むからです。

両者の解約金と撤去工事費の金額は以下のとおりです。

解約金 撤去工事費
ドコモ光 14,300円 無料
コミュファ光 24,200~51,700円 13,200円

ドコモ光は、14,300円の解約金がかかりますが、撤去費用は基本無料です。

一方でコミュファ光は、解約金に加えて必ず撤去費用がかかります。そのため解約費はドコモ光のほうが必ず安いです。

関連記事

▶ドコモ光の解約手順や解約金についての解説

コミュファ光の解約金は利用年数によって変わる

コミュファ光の解約金は、利用年数によって変わります。年数ごとの費用を、公式サイトを元に下表へまとめました。

ネット+光電話 ネット+光電話+光TV
2年以内 最大47,000円 最大87,670円
2~3年目 最大31,022円 最大70,094円
3~4年目 最大22,694円 最大52,463円
4~5年目 22,000円 最大47,300円
5年目以降
42,900円

コミュファ光の解約金は、利用年数が短いほど高いです。3年以内に解約したり、エリア外に引っ越す予定がある人は、契約をおすすめできません。

ちなみに、ネットのみの場合は、満了月のタイミングなら費用をかけずに解約できます。

石田さん 石田
コミュファ光の解約金は、非常に高いです。そのため、短期の利用には絶対に不向きです。長期的に利用するか分からないなら、ドコモ光や他の光回線を検討すべきです。

ドコモ光とコミュファ光はプロバイダを自由に選ぶこともできる

代理店の窓口で申し込みしているイラスト

ドコモ光とコミュファ光は、プロバイダを自由に選択できます。

そのため、プロバイダ独自のキャンペーンも受けることができます。プロバイダによっては、公式よりもお得になるケースがあります。

コミュファ光の場合は、プロバイダ別契約専用のセレクトプランにすると、自由にプロバイダを選択できます。

ただし、セレクトプランは基本料金のほかにプロバイダ料が発生します。プロバイダと個別に契約する必要があるからです。

ドコモ光は、他社のプロバイダを選んでも、ドコモ光で一括契約になります。他社のプロバイダでも、プロバイダ一体型プランとして扱われるので、月額料金は変わりません。

以下で、ドコモ光とコミュファ光のプロバイダについて、詳しく解説します。

ドコモ光は24社からプロバイダを選べる

ドコモ光は、24社の中から自由にプロバイダを選べます。選択ができるプロバイダは、契約するタイプによって異なります。

タイプAで選べるプロバイダ

ドコモnet、GMOとくとくBB、@nifty、BIGLOBE、plala、DTI、andline、hi-ho、ic-net、Tiger-net、エディオンネット、TikiTiki、楽天ブロードバンド、BB.excite、SYNAPSE、スピーディア、@ネスク、コアラ(COARA)

タイプBで選べるプロバイダ

OCN、@TCOM、@ちゃんぷるネット、AsahiNet、TNC、WAKWAK

契約タイプは、主にタイプAとタイプBがあります。両者の違いは月額料金で、タイプAのほうが220円安いです。

通信品質の差はないので、こだわりがなければ、タイプAを選びましょう。

関連記事

▶ドコモ光の全プロバイダを徹底比較

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが1番おすすめです。

実際に契約したユーザーからの評価が非常に高く、最大20,000円のキャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられるからです。

ドコモ光×GMOとくとくBBのおすすめ理由

  • ・利用者からの評価が極めて高い
  • ・最大20,000円キャッシュバックがもらえる
  • ・プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・開通工事費が無料になる
  • ・セキュリティソフトが1年間無料

GMOとくとくBBは、ドコモ光のプロバイダ全24社の中で回線速度が最も速いです。

ドコモ光は、選んだプロバイダによって速度や料金が大きく変わるので、契約して満足できるかは、プロバイダで決まるといっても過言ではありません!

関連記事

▶プロバイダGMOとくとくBBの評判口コミなどまとめ

コミュファ光のセレクトプランで選べるプロバイダ

コミュファ光のセレクトプランで選べるプロバイダは、10社あります。

コミュファ光のプロバイダ一覧

so-net、BIGLOBE、@nifty、au one net、hi-ho、エディオンネット、ODN、IIJmio、TNC、MediaCat

一体型プランで選べるプロバイダはコミュファしかないので、ほかのプロバイダを選びたい場合はセレクトプランにしましょう。

セレクトプランは割高になる

セレクトプランを選ぶと、コミュファ光の一体型プランよりも割高になります。回線代とは別に、プロバイダ利用料がかかるからです。

例えば、セレクトプランの1ギガコースを選ぶと、1年目の回線使用料(戸建て2,880円、マンション2,280円)に加えて、プロバイダ料が1,122~2,200円かかります。

すべてのケースでプロバイダ一体型よりも割高になるので、よほど強いこだわりがなければ、選択型のプランは避けましょう。

石田さん 石田
プロバイダは、ドコモ光なら「GMOとくとくBB」で、コミュファ光は「コミュファ」が1番おすすめです。料金と通信速度の両面で、他のプロバイダよりも優れています。
関連記事

▶コミュファ光のプロバイダに関する詳しい解説

オプションサービスの内容には両社とも違いはない

選択肢がたくさんあるイラスト

オプションサービスの内容は、ドコモ光・コミュファ光ともに大きな違いがありません。

コミュファ光は、ネットを契約するとあらかじめ光電話がセットになっていますが、ドコモ光も希望すれば光電話を契約できます。

契約後、オプションサービスの違いで困ることはないでしょう。

ドコモ光の主なオプションサービス

ドコモ光で利用できる主なオプションサービスは、以下の4つです。

ドコモ光電話(550円/月)

光回線を使った固定電話サービスです。NTTの電話料金と比べて月額500円と安く利用できます。

ドコモ光テレビオプション(825円/月)

ドコモ光の通信回線を利用して、地上デジタル放送や無料のBS放送が視聴できます。別途契約が必要ですが、スカパーの視聴も可能です。

ひかりTV for docomo(2年契約2,750円/月)

ひかりTV for docomoに加入すると、79種類の専門チャンネルや、13万以上のビデオオンデマンドが視聴できます。ドコモ光の通信回線を利用しているので、アンテナ工事等は不要です。

ネットトータルサポート(550円/月)

機器に関する不具合や不明点を、オンラインでサポートしてもらえるサービスです。電話以外に、現地での修理対応やデータ復旧なども実施しています。

コミュファ光の主なオプションサービス

コミュファ光で利用できる主なサービスは、以下の4つです。

光電話

光回線を使った固定電話サービスです。コミュファ光のネットサービスを申し込むと、光電話もセットで提供されます。ネットと光電話のセットは、実はネット単体契約より支出が安く済みます。光電話を使わない人も加入したままがいいです。

光テレビ

テレビの電波が入りにくい地域や建物でも、ネット回線を通して地デジ・BSを視聴できます。また、別オプションで映画やドラマ、アニメなどのCS専門チャンネルの視聴もできます。

コミュファ光ビデオ U-NEXT(550円~/月)

動画配信サービスU-NEXTを月額550円から利用できます。映画やドラマ・アニメなどの20,000本のタイトルがラインナップされています。また、U-NEXTを通常契約するよりも、安い料金パックで提供されています。

安心サポートPlus(880円/月)

パソコンや、ネット周りの疑問・トラブルを解決してくれるサービスです。サポートは、電話・訪問のほか、リモートで遠隔地から画面を共有しながら受けられます。セキュリティソフトや、修理サービスもセットになっています。

どちらも10ギガプランを提供している

PCゲームをやっている人のイラスト

ドコモ光もコミュファ光も、最大通信速度10Gbpsの10ギガプランに対応しています。単純計算で、通常の1ギガプランの10倍速度がでるので、回線速度を重視する人におすすめです。

ただ、ドコモ光とコミュファ光を比べると、コミュファ光のほうが優秀です。コミュファ光のほうが10ギガプランの対応地域が広いうえに、料金も安いためです。

ドコモ光 コミュファ光
月額料金
(戸建て)
6,930円 1年目:4,980円
2年目~:5,870円
月額料金
(マンション)
対応エリア 愛知県 名古屋市 の一部地域 愛知・岐阜・三重・静岡の一部地域

ドコモ光の10ギガプランは、戸建て限定のプランです。マンションなどの集合住宅に住んでいる人は契約できません。

コミュファ光の10ギガプランは、戸建てとマンションのどちらでも契約できます。また、月額料金も変わりません。

ちなみにコミュファ光は、5ギガプランもあります。ただ、10ギガプランと比べて100円しか変わらないので、より速い10ギガプランのほうがおすすめです。

石田さん 石田
10ギガプランも、両社ともスマホセット割が使えます。そのため、ドコモのスマホユーザーなら、ドコモ光がいいでしょう。そのほかのスマホユーザーならコミュファ光がおすすめです。
関連記事

▶ドコモ光の10Gプランの評判口コミ
▶コミュファ光の10G・5Gプランの評判口コミ

ドコモ光とコミュファ光のあいだで乗り換える際の注意点

引っ越しのイラスト

「ドコモ光からコミュファ光」「コミュファ光からドコモ光」へ乗り換える場合には、以下の3つの注意点があります。

乗り換え時の注意点

  • ①コミュファ光は対応エリアが狭い
  • ②セット割対象のキャリアが変わる
  • ③コミュファ光は解約費用が高い

以下で、注意点について詳しく解説します。

①コミュファ光は対応エリアが狭い

コミュファ光は対応エリアが狭いです。愛知・岐阜・静岡・三重・長野の一部地域のみでしか使えません。

対応エリア外に居住の人はもちろん、今後エリア外に引っ越す可能性がある人は、ドコモ光からコミュファ光への乗り換えはおすすめできません。

また、コミュファ光へ乗り換える際は、あらかじめ居住する物件で利用可能か調べましょう。先に、ドコモ光の解約処理を行ってしまうと、コミュファ光が契約できなかった場合に困ってしまいます。

②セット割の対象キャリアが変わる

ドコモ光からコミュファ光へ、あるいはコミュファ光からドコモ光へ乗り換えると、割引対象のキャリアが変わります。

スマホセット割を使っていた人は、今までのスマホのままでは割引を受けられません。スマホのキャリアも変えないと、料金が上がってしまいます。

③コミュファ光は解約費用が高い

コミュファ光は、解約費用が高い光回線です。解約するタイミングによっては、合計で6万円以上かかります。

そのため、コミュファ光は、短期の利用に向くサービスではありません。

一応、長く利用するほど、解約金は下がります。最低でも、3年以上は利用する前提で契約しましょう。

ドコモ光やコミュファ光がおすすめな人

メモ帳を持った女の子のイラスト

最後に、ドコモ光とコミュファ光がおすすめな人の特徴を振り返りましょう。

結論として、使っているスマホのキャリアがドコモならドコモ光、auならコミュファ光がおすすめです。

ドコモ光がおすすめな人

  • ドコモのスマホ利用者
  • ②普段からdポイントを使っている
  • ③フレッツ光や光コラボから乗り換えたい
  • ④東海地方以外に引っ越す可能性がある

コミュファ光がおすすめな人

  • auのスマホ利用者
  • ②回線の速さを重視している
  • ③乗り換え時の違約金をなくしたい人
  • ④高額なキャッシュバックを受けたい

料金の安さを重視する人はスマホセット割を組めるほうを選ぶのがおすすめです。セット割を組むと、毎月のスマホ代が安くなって、結果的に毎月の支出が減ります。

ドコモ光とコミュファ光の1番お得な申し込み窓口

以下、ドコモ光とコミュファ光の最もお得なキャンペーンサイトをご紹介します!

下表の光回線のロゴをタップしていただければ各窓口の詳しい解説に移動できるので、ぜひご利用ください。

光回線 主な特徴
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーにとって最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
最大2万円のキャッシュバック
工事待ち期間はモバイルWi-Fiレンタル お得なキャンペーン窓口
コミュファ光のロゴ auで東海地方なら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
回線速度がトップクラスに速い お得なキャンペーン窓口

ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込むのが1番お得

ドコモ光に申し込むならプロバイダのGMOとくとくBBを窓口にするのがおすすめです。

実際に契約したユーザーからの評価が非常に高く、20,000円のキャッシュバックを筆頭に、様々なメリットを受けられるからです。

ドコモ光×GMOとくとくBBのおすすめ理由

  • ・利用者からの評価が極めて高い
  • ・2万円キャッシュバックが無条件で貰える
  • ・プロバイダ24社の中で最も回線速度が速い
  • ・高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ・開通工事費が無料になる
  • ・セキュリティソフトが1年間無料
  • ・開通するまでモバイルWi-Fiが無料で使える

本来、オプション加入無しの場合はキャッシュバックが5,500円しかありません。

しかし当サイト限定のキャンペーンページを使えばオプション不要でキャッシュバックが最高額の20,000円に上がります!

これは、他の代理店や、ドコモ光の公式サイトと比べて最もお得なキャンペーンです。

また、GMOとくとくBBは、ドコモ光で選べるプロバイダのなかで性能が1番良いです。他のプロバイダよりも回線速度が速く、評判がとても良いです。

ドコモ光に申し込むならGMOとくとくBBを活用しましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

コミュファ光はNNコミュニケーションズから申し込むのが1番お得

コミュファ光も最もお得な申し込み窓口は代理店のNNコミュニケーションズです。

公式キャンペーンの工事費実質無料やコミュファ光スタート割などに加えて、代理店独自のキャッシュバックを受けられるからです。

以下、申し込み窓口ごとのキャッシュバック金額や条件についてまとめてみました。

金額 受取時期
NN
コミュニケーションズ
最大35,000円 2ヶ月後
フルコミット 最大35,000円 7ヶ月後
グローバルキャスト 最大30,000円 7ヶ月後
BIGLOBE 5,000円 11ヶ月後

NNコミュニケーションズ経由でコミュファ光を契約すると、最大35,000円のキャッシュバックが貰えます。

もらえる金額は数ある窓口の中で最も高く、マンションが35,000円、戸建てが30,000円です。また、コミュファ光が開通してから最短2ヶ月後にキャッシュバックがもらえます。

さらに、キャッシュバックの申請方法も簡単です。申し込み時に振込口座を伝えるだけで済むので、手続きを忘れる心配もないです。

コミュファ光と契約するなら、代理店のNNコミュニケーションズから申し込みましょう。

\オプション不要!35,000 円キャッシュバック!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

光回線会社の比較の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧