auひかりとコミュファ光の違いを徹底比較!乗り換えるならどっちにすべき?

最終更新日:2021年09月17日
「auひかりとコミュファ光の比較」のアイキャッチ

auひかりとコミュファ光の違いを徹底比較します!「auひかりとコミュファ光ならどっちに乗り換えるべき?」「料金や速度はどう違うの?」といった疑問を持っていませんか?

結論から先に述べると、auひかりとコミュファ光のどちらを契約できるかは、実は住んでいる建物によってあらかじめ決まっています。自由に選べるわけではありません。

ただし、auひかりとコミュファ光は、どちらもまったく同じサービスというわけではないです。両社の特徴をまとめると、以下のような違いがあります。

auひかりの特徴
  • ・auのスマホ代が最大1,100円安くなる
  • ・乗り換え時の費用を負担してくれる
  • ・回線速度がコミュファ光より少し遅い
  • ・対応エリアがコミュファ光より広い
コミュファ光の特徴
  • ・auのスマホ代が最大1,100円安くなる
  • ・公式特典で1年目の料金が安くなる
  • ・回線速度がauひかりより少し速い
  • ・東海エリアでしか契約できない

auひかりとコミュファ光は、どちらも「独自回線系の光回線」で、回線速度が速く、評判が良いです。どちらを契約しても、後悔することはないでしょう。

この記事では、auひかりとコミュファ光の違いを、料金や速度、キャンペーンといったさまざまな観点で比較しながら解説していきます!

村野

更新月のたびに光回線を乗り換える変わり者。過去に使ってきたネット回線は、フレッツ光、ソフトバンク光、OCN光、ドコモ光の4社。

おすすめ人気記事
「光回線×キャッシュバック」のアイキャッチ
光回線13社のお得なキャッシュバックを徹底比較!キャンペーン窓口の選び方を解説!
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

auひかりとコミュファ光の違い早見表

まずは、auひかりとコミュファ光の違いを比較した早見表をみてみましょう。

auひかりとコミュファ光は、光回線を提供する会社や回線網、料金、特典が異なります。

auひかり コミュファ光
事業者 KDDI 中部テレコミュニ
ケーション
回線網 独自回線 独自回線
戸建て
月額料金
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
※プロバイダ一体型
1年目:3,980円
2年目~:5,215円
※プロバイダ一体型
マンション
月額料金
4,180円
※プロバイダ一体型
1年目:3,380円
2年目~:4,000円
※プロバイダ一体型
最大通信速度 1Gbps 1Gbps
平均速度 375Mbps 474Mbps
スマホ
セット割
au
-1,100円/月
(最大10台まで)
au
-1,100円/月
(最大10台まで)
工事費 33,000円
(マンション)
実質無料になる
27,500円
(建物問わず)
実質無料になる
41,250円
(戸建て)
実質無料になる
エリア 一部地域 一部地域
お得な窓口 GMOとくとくBB NNコミュニケーションズ

auひかりは、KDDIが提供する「独自回線」系の光回線です。

独自回線とは、自社で回線網を保有していて、NTTの設備を使っていない光回線のことです。NTT回線よりもサービス提供エリアが狭い分、回線速度が速い傾向にあります。

コミュファ光は、中部電力系列の中部テレコミュニケーションが提供している「独自回線」系の光回線サービスです。

一部の地域に集中してサービスを提供しており、東海や中部地方の愛知/岐阜/静岡/三重/長野に在住の人のみ契約できます。

auひかりとコミュファ光は、どちらもプロバイダ一体型の光回線です。プロバイダ利用料を別に支払う必要はありません。

こちらの記事もおすすめ

▶auひかりの評判口コミなど全情報まとめ
▶コミュファ光の評判口コミなど全情報まとめ

auひかりとコミュファ光のどちらと契約できるかは建物によって決まる

コミュファ光の提供エリア内において、auひかりとコミュファ光のどちらを契約できるかは建物によって決まります。両方の光回線を利用できる建物はありません。

建物によって決まる理由は、コミュファ光がKDDI傘下の子会社だからです。2つの光回線を棲み分けることで、同じグループの企業同士で競合しないようにしています。

なおauひかりとコミュファ光ともに、提供エリア内であっても建物の設備によっては契約できない場合があります。

戸建ての場合はauひかりを契約できない

コミュファ光の提供エリア内の戸建てに住んでいる人はauひかりを契約できません。コミュファ光と契約するか、他の光回線を選ぶことになります。

マンションの場合は建物の設備によって決まっている

マンションの場合、auひかりとコミュファ光のどちらの光回線と契約できるかは建物の設備によって決まっています。両方とも契約できるマンションはありません。

下図は、コミュファ光の公式サイトでマンションの提供エリアを確認したものです。

コミュファ光の提供エリア

このように、auひかりが提供されているマンションでは、コミュファ光は「提供不可」となっています。

auひかりとコミュファ光が契約できない場合はソネット光プラスがおすすめ

auひかり・コミュファ光のどちらも契約できなかった場合は「ソネット光プラス」がおすすめです。NTTの回線網を利用したサービスなので、全国ほとんどの地域で利用できます。

また、auスマホのセット割である「auスマートバリュー」を利用できるため、月々の費用を抑えられます。

関連記事

▶ソネット光の評判口コミなど全情報まとめ

auひかりよりコミュファ光のほうが月額料金は安い

月額料金で比べると、auひかりよりコミュファ光のほうが安いです。

下表は、auひかりとコミュファ光の月額料金を比べたものです。公式キャンペーンによる割引を適用しています。

戸建て マンション
auひかり 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
4,180円
コミュファ光 1年目:3,980円
2年目~:5,215円
1年目:3,380円
2年目~:4,000円

マンションでauひかりを契約する場合は、建物の設備によって契約できるプランが変わります。最も一般的なタイプVは4,180円、最高値のミニギガで5,500円です。

戸建てとマンションのどちらで比べても、コミュファ光のほうが安いです。

さらに、どちらの回線もauスマホが安くなる「auスマートバリュー」が適用できるので、対応エリアに住んでいる人はコミュファ光のほうがお得です。

さらに詳しい解説

▶auひかりの料金プランやお得な割引の解説
▶コミュファ光の料金プランやお得な割引の解説

コミュファ光はコミュファ光スタート割で月額料金が安くなる

コミュファ光は「コミュファ光スタート割」という公式キャンペーンを適用させることで、月額料金が安くなります。

適用条件は、自動更新ありの2年契約をするだけです。申し込みなどの手続きは必要はなく、コミュファ光を申し込む際に「2年定期契約」を選ぶと自動適用されます。

auひかりとコミュファ光はauスマートバリューが使える

auひかりとコミュファ光は、どちらも「auスマートバリュー」が利用できます。

auスマートバリューとは、auのスマホやタブレットの料金が最大1,100円安くなる割引サービスです。割引額は、スマホのプランによって異なります。

現在、auで申し込みできるプランと過去プランの割引額をまとめたので、参考にしてください。

割引額
使い放題MAX 5G/4G -1,100円
使い放題MAX 5G/4G
テレビパック
使い放題MAX 5G/4G
Netflixパック(P)
使い放題MAX 5G
ALL STAR パック
使い放題MAX 5G
with Amazonプライム
タブレットプラン20
ピタットプラン 5G
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE
(1~7GB)
ピタットプラン 5G(s)
(2~20GB)
-550円
※2GB以下は対象外
ピタットプラン 4G LTE(s)
(2~20GB)
過去の契約プランの割引額はこちら
割引額
新auピタットプラン
(1~7GB)
-550円
※1GB以下は対象外
データMAX5G
ALL STARパック(P)
-1,100円
データMAX5G
ALL STARパック
データMAX5G
テレビパック
データMAX5G
with Amazonプライム
データMAX5G
Netflixパック(P)
データMAX5G/4G LTE
Netflixパック
データMAX5G/4G LTE
auデータMAXプラン
Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25
NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン
7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25
Netflixパック
auフラットプラン20
タブレットプラン20
auフラットプラン
7プラス
auフラットプラン5
(学割用)
auピタットプランN(s)
(2~20GB)
-1,100円
※2GB以下は-550円
※1GB以下は対象外
auピタットプラン
(2~20GB)
auピタットプラン(s)
(2~20GB)
データ定額1 -1,027円(2年間)
※3年目以降-550円
データ定額2/3 -1,027円
データ定額3cp
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
U18データ定額20 -1,551円
データ定額5/8/20 -1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
データ定額10/13/30 -2,200円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i) -1,100円
LTEフラット
for DATA (m)
-1,551円(2年間)
※3年目以降-1,027円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)

auスマートバリューの割引は、最大10台までのスマホやタブレットに適用できます。

そのため、家族全員がauのスマホを使っている家庭や、スマホとタブレットの2台持ちをしている人は、より多くの割引を受けられるのでお得です!

関連記事

▶auスマートバリュー対応の光回線と適用条件

auスマートバリューの適用には光電話の加入が必須

auスマートバリューを受けるためには、有料オプションである「auひかり電話」「コミュファ光電話」への加入が必要です。光電話の月額料金は以下のとおりです。

月額料金
auひかり電話 550円
コミュファ光電話 330円

どちらの場合も、ネット料金とは別に光電話の料金を毎月支払う必要があります。

auひかりで適用させる場合、せっかくの割引額が光電話の月額料金で相殺される可能性があります。

コミュファ光の場合、割引額の低いプランを利用しても220円はお得になります。

auひかりとコミュファ光の回線速度の違い

auひかりとコミュファ光の1ギガプランは、最大通信速度に違いはありません。利用する回線網は違いますが、どちらも最大通信速度は1Gbpsです。

最大通信速度
(下り)
最大通信速度
(上り)
auひかり 1Gbps 1Gbps
コミュファ光 1Gbps 1Gbps
通信速度のbpsとは
通信速度のbpsとは、1秒間にどのくらいのデータを送れるかを表した値です。数字の値が大きいほど通信速度が速いです。「〇Gbps」や「〇Mbps」と表現します。「1Gbps=1,000Mbps」です。

下り・上りとは
「下り」「上り」とは、ネット通信の向きを表す用語です。「下り速度=ダウンロード速度」「上り速度=アップロード速度」を意味しています。一般的には「下り速度」が重要視されます。Webサイトを開いたり、YouTube動画を再生するのは「ダウンロード」だからです。

ちなみに、光回線会社が公表している最大通信速度は、あくまで理論上の数値です。

実際に利用しているときの回線速度はもっと下がります。プロバイダやルーターを経由することで、データ通信に影響を与えるからです。

以下で、実際の平均速度も比較してみました。

実際の回線速度はコミュファ光のほうが速い

auひかりとコミュファ光の平均速度を比べると、コミュファ光のほうが速いです。どちらも最大通信速度は1Gbpsですが、実際に利用している人の実測値に差があります。

下表は「みんなのネット回線速度」というユーザーの実際の回線速度を収集しているサイトを参考に、回線会社ごとの平均速度・応答速度を比べたものです。

2021年7月時点で、直近3ヶ月で計測されたサンプルの平均値を紹介しています。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
応答速度
auひかり 375Mbps 268Mbps 19.5ms
コミュファ光 474Mbps 317Mbps 17.7ms
応答速度のmsとは
1回データを送受信するのにかかる時間を表した値のことです。1ms=0.001秒を意味していて、数値が低いほど応答が速いと言えます。

光回線の中で1番速いと言われている「NURO光」の平均速度が478Mbpsなので、コミュファ光の回線速度は光回線の中でも最速クラスと言えます。

関連記事

▶auひかりの回線速度の評判口コミ
▶コミュファ光の回線速度の評判口コミ

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。ウェブサイトを見るだけであれば、どの光回線を選んでもストレスを感じることはありません。

下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な回線速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な通信速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

フレッツ光とコミュファ光は、どちらも平均速度が100Mbpsを超えているため、ほとんど「遅い」と感じることはありません。

auひかりとコミュファ光の工事費用は実質無料になる

現在、auひかりとコミュファ光は、公式のキャンペーンで工事費用を実質無料にできます。

ちなみに、無料キャンペーンを受けない場合は、以下の工事費用がかかります。

戸建て マンション
auひかり 41,250円 33,000円
コミュファ光 27,500円

工事費用は高額なので、無料になるかどうかを事前に確認してから申し込みしましょう。

ちなみにauひかりの場合は、土日祝日に工事をすると3,300円の追加料金がかかります。土日祝日を指定して発生した3,300円は無料にはならないので注意しましょう。

コミュファ光は、土日祝日の工事でも追加費用は必要ありません。

auひかりはGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得

auひかりは、大手プロバイダのGMOとくとくBBから申し込むのが一番お得です。

GMOとくとくBBで申し込むメリット

  • 最大61,000円のキャッシュバック
  • 9月末まで総額100万円キャンペーン実施中
  • ③乗り換えならキャッシュバック3万円増額
  • ④工事費実質無料
  • ⑤初めの更新月まで光電話が無料になる
  • ⑥最新の高性能Wi-Fiルーターをプレゼント
  • ⑦申し込み前に提供状況を確認できる
  • ⑧2020年のお客様満足度が92%と高水準

GMOとくとくBBを窓口にしてauひかりに申し込むと戸建て61,000円、マンション51,000円のキャッシュバックがもらえます!

さらに9月17日~9月30日の期間限定で、抽選で200名にAmazonギフト券5,000円が当たる総額100万円キャンペーンを実施中です!

auひかりを契約しようと考えている人は、この機会を逃さないようにしましょう!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

公式サイトよりもキャッシュバック額が50,000円以上お得

GMOとくとくBBは、auひかりの公式サイトから申し込むよりもキャッシュバック額が50,000円以上お得です!

auひかりは、窓口によってキャッシュバック額が違います。例えば、公式サイトから申し込むと10,000円の還元です。しかし、GMOとくとくBBでは最大61,000円がもらえます!

キャッシュバック
(戸建て)
キャッシュバック
(マンション)
GMOとくとくBB 61,000円 51,000円
auひかり
(公式サイト)
10,000円 10,000円
NEXT 52,000円 47,000円
@nifty 30,000円 30,000円
So-net なし なし

上記の表は、条件を同じにするために、すべてネット+光電話で申し込んだ場合のキャッシュバック額を載せています。

光電話はauスマートバリューの適用条件なので、auユーザーにとってデメリットではないです。しかも、GMOとくとくBBは最初の更新月まで光電話が無料になります!

光電話の無料特典はGMOとくとくBBだけが実施しているので、どこよりもお得にauひかりを利用できます!

GMOとくとくBBは今年で12周年!
\9月末まで特別キャンペーン実施中!/

利用者からの評判がとても良い

GMOとくとくBB×auひかりのお客さま満足度は92%と高評価

GMOとくとくBBは、実際の利用者からとても高く評価されている大手プロバイダです。

約2万人から意見を収集し、公表している「オリコン顧客満足度ランキング」では、プロバイダ部門において2年間連続で第1位を獲得しています!(2019、2020年)

GMOとくとくBBは、とくに「通信速度・安定性」に関する評価が高いです。実際、auひかりのプロバイダ別の実測値を比べると、他社よりも平均速度が速いです。

プロバイダ名 利用者の平均速度
1位 GMOとくとくBB 513Mbps
2位 so-net 402Mbps
3位 au one net 389Mbps
4位 BIGLOBE 369Mbps
5位 @nifty 362Mbps

キャッシュバンクが多いだけでなく、GMOとくとくBBのサービス自体が高品質ということが分かります。ほかのプロバイダよりも、auひかりを快適に使えます!

他社乗り換えならキャッシュバック増額で合計91,000円がもらえる

GMOとくとくBBでauひかりに乗り換えるとキャッシュバック額が増額される (1)

ほかの光回線からauひかりに乗り換えるのにGMOとくとくBBを使うと、キャッシュバックが最大30,000円増額されて、合計91,000円になります!

戸建て、マンションのどちらの場合でも、増額される金額は同じです。乗り換えの際に違約金や撤去工事が発生したとしても安心です!

戸建て マンション
基本
キャッシュバック
61,000円 51,000円
乗り換え時の
キャッシュバック増額
最大30,000円 最大30,000円
合計 最大91,000円 最大81,000円
\最大9.1万円のキャッシュバックが貰える!/

 

コミュファ光はNNコミュニケーションズから申し込むのがおすすめ

コミュファ光に申し込むときは、代理店である「NNコミュニケーションズ」を窓口にするのが1番おすすめです。最大35,000円のキャッシュバックが貰えます。

キャッシュバックを受け取るために、有料オプションへの加入は不要です。

キャッシュバックの条件としてオプションへの加入を必須にしている業者が多いので、NNコミュニケーションズはかなり良心的です。

申し込みのタイミングで口座情報を伝えるだけで、最短2ヶ月で振り込まれます。

ちなみにキャッシュバックの金額は、建物の種類によって異なります。戸建てが30,000円、マンションは35,000円です。

しかもコミュファ光の公式特典と、代理店独自のキャンペーンの両方を受けられます。そのため、公式サイトから申し込むよりもお得です!

\オプション不要!35,000 円キャッシュバック!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

光回線会社の比較の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧