GMOとくとくBB光の回線速度の速さは?みんなの平均通信速度は遅い?速い?【GMO光アクセス】

最終更新日:2022年08月19日
GMOとくとくBB光速度のアイキャッチ

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)は速いのか、遅いのか?実際はどのくらいの速度が出るのか?といった疑問を解決します!

GMOとくとくBB光の最大速度は「1Gbps」です。下表で他の光回線と比較しました。

最大速度
(下り)
最大速度
(上り)
GMOとくとくBB光 1Gbps 1Gbps
NURO光 2Gbps 1Gbps
auひかり 1Gbps 1Gbps
ソフトバンク光 1Gbps 1Gbps
ドコモ光 1Gbps 1Gbps
フレッツ光 1Gbps 1Gbps

ただし、上表の最大通信速度はあくまで理論上の数字であり、実際にこの速度が出るわけではありません。利用者の「平均速度」を比べてみると、下表のような差があります。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
GMOとくとくBB光 346Mbps 300Mbps
NURO光 478Mbps 413Mbps
auひかり 375Mbps 268Mbps
ソフトバンク光 299Mbps 192Mbps
ドコモ光 243Mbps 185Mbps
フレッツ光 249Mbps 187Mbps

実際の速度が最大通信速度より遅くなるのは、住んでいる建物や、使っている機器、プロバイダの処理能力、利用者数といった影響を受けるからです。

光回線の速さを知りたい場合は「利用者からの評判・口コミ」と「平均速度」から判断することが重要です。

本記事では、実際にGMOとくとくBB光を契約している人の評判や口コミを調査したうえで、計測された平均速度を交えながら詳しく解説していきます!

※「GMO光アクセス」は、2022年から「GMOとくとくBB光」に改称されました。

村野

各光回線サービスに詳しい。新しい光回線やホームルーターが出るたびに、料金やコンセプトを細かく確認する真面目な性格。

おすすめ人気記事
GMOとくとくBB光キャンペーンのアイキャッチ
GMOとくとくBB光のキャンペーンまとめ!キャッシュバック特典はある?【GMO光アクセス】
記事を読む
「GMO光アクセスの評判について」のアイキャッチ
GMOとくとくBB光の評判口コミなど全情報まとめ
記事を読む
安い光回線7選!一番安い光回線はどこ?のアイキャッチ
】本当に安い光回線7選!月額料金ではなく実質料金が一番安い光回線を選ぼう
記事を読む

GMOとくとくBB光(GMO光アクセス)の回線速度は速い

GMO光アクセス・GMOとくとくBB光の回線速度は速い

GMOとくとくBB光の回線速度は、利用者から速いと評価されています。

実際の利用者から収集した評判・口コミを調査した結果、利用者の過半数が「回線速度が速い」と評価していました。具体的な調査結果については、下表をご覧ください。

ちなみに、口コミや評判は「Twitter」と「当サイトによる独自アンケート」の2つの方法で収集しています。

速い 遅い
合計 7件 1件
Twitter 5件 0件
アンケート回答 2件 1件

なお、今回の調査は「2021年1月~7月の間に新しく投稿された評判・口コミ」を対象に実施しています。

その中から、内容を「速い」「遅い」に分類し、それぞれの件数をカウントしました。

ただ、GMOとくとくBB光は投稿されている口コミがそもそも少なく、知名度の低い光回線サービスです。Twitterの投稿数は、大手回線業者の10分の1以下でした。

ヒカリクの調査結果では「WiMAXから切り替えたらとても快適」「速度が少し遅くなった」という回答がありました。

以下では、実際に収集した評判や口コミを、それぞれ紹介します!

Twitterで収集した速度に関する口コミ

Twitterに投稿された速度に対する評判・口コミは以下の通りです。

速い 遅い
Twitter 5件 0件

「速度制限のあるWiMAXから乗り換えたら快適」「夜も速度低下しない」という速度に関してメリットを感じている内容が多いです。

当サイトで収集した速度に関する口コミ

知名度が低いため、当サイトが実施した利用者アンケートでも回答数が少なかったです。

ヒカリクが実施したアンケート結果では、回線速度が速いという意見が多数派でした。

速い 遅い
アンケート回答 2件 1件

アンケート結果でも、GMOとくとくBBのUQ WiMAXを利用していて乗り換えたというユーザーがほとんどでした。WiMAX回線と比べて、GMOとくとくBB光の光回線は速いといった口コミが目立ちます。

不満そうな男性のアイコン30代男性
通話が安定して仕事がしやすくなった。
GMOのWiMAXを利用していたのですが、在宅勤務でビデオ会議をするとかなりの頻度で音声が途切れて仕事に支障をきたしていました。仕事にならなかったので、GMOとくとくBB光に乗り換えました。今では、音声の途切れがほとんどなくなり、乗り換えて本当に良かったと思っています。
不満そうな女性のアイコン20代女性
速度制限の解消だけではなく、速くなった 
動画の見すぎでWiMAXがよく速度制限されるようになったのでGMOとくとくBB光を契約しました。速度制限がなくなっただけでもよかったのですが、読み込み中になることも少なくなった気がします。工事の立ち会いとかはめんどくさかったけど、GMOとくとくBB光にしてよかったと思います。
不満そうな男性のアイコン30代男性
どの時間帯もちょっと遅く感じる 
格安SIM、格安スマホで運用していて、固定費を下げるために月額料金が安いGMOとくとくBB光にした。以前はauひかりを使っていてどの時間帯でも特に遅いと感じることはなかったが、GMOとくとくBB光にしてからどの時間帯も少し遅い気がする。安さとのトレードオフということで割り切ってはいるが、ちょっと残念。

auひかりやNURO光などの速い回線から乗り換えると、比較的回線が速いGMOとくとくBB光でも少し遅く感じることがあります。

GMOとくとくBB光は回線速度が速い

GMO光アクセス・GMOとくとくBB光は平均速度が速い

GMOとくとくBB光の回線速度は速いです。利用者の口コミでも、速度に満足している意見が多かったです。

また、他社光回線では珍しく、公式サイトでエリア別に実測した平均速度を公表しています。

北海道、東京、神奈川、埼玉は都道府県単位での計測で、それ以外はまとまった地域になっています。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
全国平均 346Mbps 300Mbps
北海道 321Mbps 233Mbps
東北 294Mbps 266Mbps
東京 382Mbps 324Mbps
神奈川 561Mbps 460Mbps
埼玉 389Mbps 364Mbps
その他関東 291Mbps 318Mbps
中部 338Mbps 257Mbps
近畿 361Mbps 339Mbps
中国 287Mbps 253Mbps
四国 450Mbps 302Mbps
九州 235Mbps 297Mbps

平均速度の「bps」とは

1秒間にどのくらいのデータを送れるかを表した値で、数値が大きいほど回線速度が速いです。「〇Gbps」や「〇Mbps」と表現します。「1Gbps=1,000Mbps」です。

平均速度の下り・上りとは

平均速度の下り・上りとは、ネット通信の向きを表す用語です。「下り速度=ダウンロード速度」「上り速度=アップロード速度」を意味しています。一般的には「下り速度」が重要視されます。Webサイトを開いたり、YouTube動画を再生するのは「ダウンロード」だからです。

どの地域でも、下りでだいたい300Mbps以上出ていることが分かります。

300Mbps以上あれば、テレワークやオンライン授業、ネットゲームなど、どんな用途でも快適です。

GMOとくとくBB光と主要な光回線5社との速度比較

GMO光アクセス・GMOとくとくBB光はほかの光回線と比べても速いほう

GMOとくとくBB光がどれくらい速いのか分かりやすいように、主要な光回線5社と平均速度を比較しました。

他社の平均速度は「みんなのネット回線速度」というユーザーの回線速度を収集しているサイトを参考にまとめました。2021年7月6日から過去3ヶ月間のデータで比較しています。

下り 上り
GMOとくとくBB光 346Mbps 300Mbps
NURO光 478Mbps 413Mbps
auひかり 375Mbps 268Mbps
ソフト
バンク光
299Mbps 192Mbps
フレッツ光 249Mbps 187Mbps
ドコモ光 243Mbps 185Mbps

平均速度はNURO光には劣りますが、そのほかの光回線と比べると速いほうだと分かります。

もちろん、比較したデータの違いがあるので、速さの順が前後する可能性はあります。それでも、実際の速度については、なかなか期待できるサービスだと言えます。

村野さん 村野
GMOとくとくBB光はv6プラスというIPv6を利用した接続方法に対応しているので高速通信ができます。詳しくは以下でわかりやすく解説します。

回線速度が速くなるv6プラスに対応

GMO光アクセス・GMOとくとくBB光はv6プラスに対応しているから通信速度が速い

GMOとくとくBB光は、安定して速い通信できる「v6プラス」という仕組みに対応しています。回線の混雑箇所を通らずに通信することで、安定した高速通信を実現しています。

従来の接続方法は、回線の利用者が多いと、通信速度が低下しやすい弱点がありました。

それぞれの仕組みの違いは、下図のように道路の幅で表現されることが多いです。「IPv6=v6プラス」「IPv4=従来の接続方法」だと考えてください。

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

IPv6は道路の幅が広く、利用者が少ないことから、回線が混雑しにくくデータの流れがスムーズです。

v6プラスに対応しているGMOとくとくBB光は、混雑が発生しやすい従来のルートを通らずに通信できるので、快適にネットができます。

さらに詳しい解説

▶GMOとくとくBB光のv6プラスについての解説

最速と最遅の光回線業者との比較

最速と最遅の光回線業者との比較

上記の平均速度を測定したのと同じ期間で、回線速度が1番速い光回線業者と、1番遅い光回線業者も併せてご紹介します。

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
GMOとくとくBB光 346Mbps 300Mbps
NURO光 478Mbps 413Mbps
レオネット 53Mbps 65Mbps

実際の回線速度が1番速い回線業者は「NURO光」です。下りの平均速度が478Mbpsもあります。

最も遅いのは、レオパレスで提供されている「レオネット」です。同じ物件内の利用者が多い時間帯は、回線速度が10Mbpsまで低下することがあります。

快適な回線速度の目安

快適な回線速度の目安は「ネットで何をするか?」によって異なります。下表では「Googleのヘルプページ」を参考に、目的ごとに必要な通信速度の目安を紹介します。

何をするか 必要な回線速度
LINEやSNS 1Mbps
Webサイトの閲覧 3Mbps
YouTubeなどの動画を1本再生 5~10Mbps
複数のYouTube動画を同時再生 10~30Mbps
同時に複数端末でHD動画を再生 30~50Mbps
オンラインゲームやビデオ会議 50Mbps以上
4K動画再生や対人オンラインゲーム(FPSなど) 100Mbps以上

「LINEでメッセージを送る」「Webサイトを閲覧する」「YouTube動画を視聴する」といった、日常的なネットの使い方では100Mbpsもあれば十分な速度ということが分かります。

GMOとくとくBB光の平均通信速度は、下りが346Mbps、上り300Mbpsなので、ストレスなくインターネットを利用できます。

光回線の速度に影響を与える要因3つ

光回線の速度に影響を与える3つの要因

一般的に、光回線の速度に影響を与える要因は、主に以下の3つがあります。

  • ①NTT回線か独自回線か
  • ②IPoEに対応しているか
  • ③建物の配線方式(集合住宅のみ)

この3つの要素は契約後に利用者側で変更できません。契約前に全て決まるため、回線速度が気になる人は、必ず把握しておきましょう。

以下では、それぞれの項目が速度にどのような影響を与えるのか、詳しく解説します。

①NTT回線か独自回線か

光回線の速度は、使っている回線網が「NTT回線」か「独自回線」かによって大きく差が出ます。具体的には「NTT回線」のほうが「独自回線」よりも速度が遅くなりやすいです。

2つの回線で速度差が出る原因は、回線を利用するユーザーの数が影響しています。

総務省」および「MM総研」によると、日本における光回線契約のシェアは、NTT回線が約70%を占めています。この中には「光コラボ」の利用者も含まれています。

つまり、それだけ多くの人が同じNTT回線を利用しているため、回線が混雑して速度が遅延しやすくなります。特に、利用が集中する時間帯にガクッと速度が落ちる可能性が高いです。

一方、独自回線は、最もシェアの多い会社でも13%程度です。NTT回線と比べて、圧倒的にユーザー数が少なく回線が混雑しません。

速度遅延の原因である回線の混雑を回避できるため、常に快適な速度が期待できます。

②IPoEに対応しているか

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

光回線が「IPoE」に対応しているかによっても、回線速度は大きく変わります。なぜなら、IPoE通信を利用することで速度遅延の原因である回線の混雑を避けられるからです。

「IPoE」とはIPv6でのみ利用できる新しい接続方式です。一方で、従来のIPv4で使われてきた接続方式は「PPPoE」といいます。

IPoEとPPPoEとの違いは、上図のように道路の幅で表現されることが多いです。

IPoEは道路の幅が広く、回線が混雑しないので高速通信が可能です。

光回線を選ぶ際には、IPoEに対応しているかどうかも必ず確認しましょう。

さらに詳しい解説

▶IPv6とIPoEの詳しい仕組みの解説

③建物の配線方式(集合住宅のみ)

マンション内の配線方式の図

マンションやアパートなどの集合住宅に限り、各戸までどのような方法で光回線を引いているかによって、回線速度が変わります。

マンションやアパートでの光回線の引き方には、以下の4種類があります。それぞれの場合の最大通信速度への影響とあわせて表にまとめました。

最大速度 特徴
光配線
方式
回線業者の性能のまま 最も速い方式。各戸まで光ファイバーケーブルでつなげる。
G.fast
方式
上り下りの合計で1Gbps VDSL方式より速く、光配線方式より遅い。最新のモデムを使っている。
VDSL
方式
100Mbps 建物の入り口から各戸までを電話回線でつないでいる。
LAN配線
方式
100Mbps 建物の入り口から各戸までをLANケーブルでつないでいる。

もっとも望ましい光回線の引き方は「光配線方式」です。唯一、回線業者の最大通信速度がそのまま適用される方式だからです。

VDSL方式やLAN配線方式の場合は、最大通信速度が100Mbpsまで下がります。たとえ通信速度の速い回線業者を契約したとしても、意味がありません。

光回線を契約する前には「どの方式で部屋までつなげるのか」を必ず確認しましょう。

さらに詳しい解説

▶配線方式ごとの特徴と実際の回線速度の解説

GMOとくとくBB光は当サイト限定ページから申し込むのが最もお得

GMOとくとくBB光の限定LP

当サイト限定特典

  • 他社違約金を2万円分負担(9/30まで)
  • ・工事費が実質無料になる
  • ・月額料金が110円安くなる
  • ・契約期間の縛りなしで契約できる

GMOとくとくBB光は、当サイト限定の特設サイト経由で工事費が実質無料になります!

通常の工事費はマンションなら25,300円、戸建てなら26,400円なので、初期費用をグッと抑えられます。

また、特設サイトから申し込んだ場合は、ほかの窓口よりも月額料金が110円安くなります。わずかな金額ですが、継続して使うほど差が広がります。

さらに9月21日~9月30日の10日間限定で、抽選で200名にAmazonギフト5,000円が当たるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中

さらに9月1日~30日までの期間限定で、他社から乗り換える際の解約違約金を2万円分キャッシュバックしてくれるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBB光は期間限定キャンペーンを実施中

お得にGMOとくとくBB光を利用するなら、当サイト限定ページ経由で申し込みましょう。

ヒカリク限定キャンペーン!
\工事費が実質無料&月額料金が110円安くなる!/
8月25日~31日までの期間限定!
\抽選で200名にAmazonギフト5千円分が当たる/
9月1日~30日までの期間限定!
\他社違約金を2万円分キャッシュバック!/
とくとくBB光の公式サイトはこちら

速度にこだわらないなら料金が安い光回線を選ぶべき

通信速度にこだわらないなら料金が安い光回線を選ぶべき

ここまで通信の速さについて様々な角度から解説してきました。ただ「あまり速度にこだわらない」という人は料金の安さを優先すると良いでしょう。

大手の回線業者であれば、速度面でストレスを感じることはほとんどないからです。

ドコモ光やauひかりといった大手の光回線業者は、スマホセット割が適用できるので、費用を抑えられます。そのため自分の使っているスマホと同じ光回線にするのがおすすめです。

ただ「回線速度の速さが最重要!」という人は、NURO光を選びましょう。最大通信速度が2Gbpsもあり、実際の平均通信速度も他社より速いです。

ちなみに、NURO光はソフトバンクのスマホセット割にも対応しています。

ソフトバンクのスマホを使っていて、NURO光の対応エリアに住んでいる人は「セット割で安くなるうえに回線速度が最高峰に速い」という黄金パターンを実現できます。

光回線 詳細解説
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で43,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える9月30日までの限定キャンペーン実施中一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる
一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック最大7.6万円がもらえる
独自回線なので通信品質がとても良い
一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
他社違約金を2万円分還元(9/30まで) 一番お得なキャンペーン窓口
NURO光 速度重視なら最もおすすめの光回線
最大速度2Gbpsで他の光回線より速い
無条件で45,000円のキャッシュバック
一番お得なキャンペーン窓口

速度が遅いときに試したい3つの方法

通信速度が遅いときに試したい3つの方法

光回線の速度は、自宅内のインターネット利用環境によって大幅に変動します。回線網や通信方式といった要因とは異なり、環境は利用者側で改善ができます。

もし「思ったような速度が出ない!」「急に速度が遅くなった」という場合は、以下の方法を試してみて下さい。

①ルーターを再起動する

ルーターを再起動する

最も簡単かつ改善が見られる方法は、ONUやルーターの再起動です。

ONUとは、光回線の開通工事をしたときに設置された「NTT」と書かれている機器のことです。この機器のコンセントを抜いて差し直すと、速度が向上することがあります。

ONUとルーターの違いがわからない場合は、とにかくつながっている機器のコンセントを全部抜いてみましょう。そして、少し時間をおいてから差し直してみてください。

1回だけでは改善しないこともあるので、2~3回は試しましょう。

②使っていない機器の電源を落とす

使っていないPCやスマホがネットにつながっているのであれば、電源を落とすか、ネット接続をオフにしてください。

複数の端末を同時にネットにつなぐと、回線に負荷が掛かって速度が遅くなることがあります。なるべく、使いたい端末だけをネットにつなぐようにしてみましょう。

③LANケーブルやルーターを買い替える

LANケーブルやルーターを買い替える

使用中の「LANケーブル」や「ルーター」の性能が悪い場合も、速度低下の原因となります。

光回線の性能をフルに生かすためには、ネットワーク機器も高速通信に対応しているものを用意しましょう。

以下の内容を参考に、LANケーブルやルーターの規格を確認してみてください。

LANケーブルの規格

LANケーブルには、対応する速度に応じて「カテゴリ(CAT)」という区分があります。下表にカテゴリー別の性能を比較してみました。

最大速度
CAT8 40Gbps
CAT7 10Gbps
CAT7A 10Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT6e 10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

光回線の性能を発揮するには「CAT5e」以上のLANケーブルが必要です。

もし、購入する場合は「CAT6」「CAT6e」「CAT6A」の中から選びましょう。

「CTA7」以上のケーブルは、普段使いには不向きです。主に業務用で使われる規格であり、ケーブルの先端にあるコネクタの形状が、一般家庭に普及しているものと異なるからです。

ルーターの規格

Wi-Fiルーターを使っている場合は、無線LANの規格が重要です。無線LAN規格とそれぞれの最大速度、およびリリース時期について、下表にまとめてみました。

最大速度 リリース
時期
IEEE
802.11ax
9.6Gbps 2019年
IEEE
802.11ad
6.7Gbps 2016年
IEEE
802.11ac
6.9Gbps 2012年
IEEE
802.11n
300Mbps 2009年
IEEE
802.11g
54Mbps 2003年
IEEE
802.11a
54Mbps 1999年
IEEE
802.11b
54Mbps 1999年

光回線の速度を生かしたいなら「IEEE802.11n」以上のWiFiルーターを用意しましょう。もし、2008年以前のルーターを使い続けている場合は、買い替えることを強く推奨します。

通信品質が良いのはNURO光

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!

NURO光は、最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

総合評価 総合評価は良い
戸建て月額料金 5,200円
マンション月額料金 基本は5,200円
まれに2,090~2,750円
スマホセット割 おうち割光セット
最大1,100円引
10台まで適用可
(ソフトバンク)
最大速度 下り:2Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:459Mbps
上り:436Mbps
対応エリア 北海道・関東・関西・東海・中国・九州
特徴 ・回線速度が最速レベル
・工事費実質無料
・キャッシュバック特典あり
・月額料金割引制度あり
関連記事 ▶NURO光の全情報まとめ

NURO光の回線速度が速いのは、独自の技術を回線網に用いているからです。

NTTの回線を共同利用しているフレッツ光や光コラボと比べると、実測値でも2倍以上の回線速度が出ます。アクセス数の多い夜間帯でも快適です!

また、公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

欠点は、工事が2回あって開通までに時間がかかることと、そもそもの提供エリアが狭いことです。提供エリアについては、下記の記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。

関連記事

▶NURO光の詳細対応エリア一覧

NURO光の申し込み窓口は公式サイトが一番おすすめ

NURO光の公式キャンペーンがおすすめな理由

  • ①オプション不要で4.5万円キャッシュバック
  • ②他社の解約金を20,000円まで還元
  • ③44,000円分の工事費が実質無料になる
  • ④ネットや光電話の設定サポートが無料

NURO光に申し込むなら公式のキャンペーンページを窓口にするのが一番おすすめです!

高額キャッシュバックをはじめ、さまざまなメリットを受けられるからです。

NURO光のキャンペーンページを窓口にすると無条件で45,000円のキャッシュバックをもらえます!しかも、追加オプションの加入といった条件は一切ありません!

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら

他社の解約金を20,000円キャッシュバック

キャッシュバックがもらえて嬉しい女性のイラスト

NURO光は、あんしんのりかえサポートを実施しているので、他社の解約金が最大で20,000円キャッシュバックされます。

キャンペーン窓口から申し込みの45,000円+解約金負担の20,000円で合計65,000円分の特典を受け取れます。

44,000円の工事費が実質無料になる

「工事費無料」なイラスト

NURO光は、公式サイトのキャンペーンページから申し込むことで、開通工事費が実質無料になります!

本来なら、NURO光の工事費は44,000円と高額です。3年契約の場合は1,222円の36回払い、2年契約は1,833円の24回払いです。

キャンペーンを利用することで負担をゼロにできるのは、大きなメリットです。

\開通工事費が実質無料になる!/
NURO光の公式サイトはこちら

結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/

私たちが厳選する優良光回線
光回線 おすすめ理由
ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で43,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える9月30日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光 ソフトバンクなら最安クラスの光回線
無条件で37,000円のキャッシュバック
ワイモバイルの料金も安くなる 一番お得なキャンペーン窓口
auひかり auユーザーなら最安クラスの光回線
最大52,000円のキャッシュバック最大7.6万円がもらえる
独自回線なので通信品質がとても良い 一番お得なキャンペーン窓口
楽天ひかり 楽天モバイルユーザーなら最安の光回線
スマホと同時利用で1年間無料になる
楽天市場のポイント還元率が1%UPする
4月5日までの限定キャンペーン実施中 一番お得なキャンペーン窓口
GMOとくとくBB光 格安スマホなら最安クラスの光回線
月額基本料が相場より約1,000円安い
高性能WiFiルーターが無料レンタル可能
他社違約金を2万円分還元(9/30まで) 一番お得なキャンペーン窓口
使っているスマホキャリアに合わせて選ぶのがおすすめ

スマホセット割でお得になることを表現したイラスト

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台あたり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、楽天ひかりは楽天モバイルと組み合わせれば光回線の料金が1年間無料になります。

もし、セット割がないキャリアを利用中なら、基本料金がとにかく安いGMOとくとくBB光がおすすめです。

速度を重視するならNURO光がおすすめ

光回線 NURO光

快適なネット環境が欲しいならNURO光が断トツでおすすめです!最大回線速度は2Gbpsで、平均速度も459Mbpsと速いです!

YouTubeや映画配信を頻繁に見る人、オンラインゲームを遊びたい人、リモートワークでデータのやり取りが多い人には、とくにおすすめの光回線です。

NURO光公式のキャンペーンページから申し込むと45,000円のキャッシュバックをもらえるのも大きな魅力です。

\オプション不要!45,000円キャッシュバック/
NURO光の公式サイトはこちら
「光回線が使えない」または「工事なし」でネットを使いたいならhome5G

ドコモhome 5Gのロゴ

対応エリア外で光回線を契約できない場合は、ホームルーターのhome5Gがおすすめです。ドコモのスマホと同じ回線を使っているので、日本全国どこでも利用できます。

また、工事なしで使えるお手軽さも魅力です。Webから申し込んで本体が届いたら、コンセントに挿すだけでWiFi環境を整えられます。

さらに、5G対応で最大通信速度は4.2Gbpsと速いです。実測値の平均も200Mbpsあり、光回線と同じくらい快適に使えます!

\当サイト限定!18,000円分の特典還元!/
home5Gの一番お得な窓口はこちら
GMOとくとくBB光の記事
  • 光回線の評判口コミ