GMO光アクセスでv6プラスを利用するための方法をわかりやすく解説!【IPv6接続】

最終更新日:2021年09月14日
GMO光アクセス IPv6のアイキャッチ

GMO光アクセスのv6プラス(IPv6)について説明します!

「v6プラスやIPv6って何?」「IPv6を使うと回線速度が速くなるって本当?」「どうしたら使えるの?」といった疑問に、分かりやすくお答えします!

GMO光アクセスはIPv6が利用可能です。GMO光アクセスは、契約後に設定済みの状態でWi-Fiルーターが届くので、面倒な設定をしなくても、すぐにIPv6の高速通信ができます。

この記事では、GMO光アクセスのIPv6を利用する方法について、わかりやすく解説します。GMO光アクセスを契約する際の参考にしてください!

佐山

ネットワークに強く、法人向けインターネット回線の障害オペレーターを3年経験。マイナーな光回線にも詳しい。スマホは格安SIMを使っている。

おすすめ人気記事
「GMO光アクセスの評判について」のアイキャッチ
GMO光アクセスの評判口コミなど全情報まとめ
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

GMO光アクセスで利用しているv6プラス(IPv6・IPoE)とは

IPv6とは?のイラスト

GMO光アクセスでは「v6プラス」という技術でIPv6を利用した高速回線サービスを提供しています。

IPv6とは、コンピュータ通信の際に使われる「Internet Protocol」(インターネット・プロトコル)という規格のうちの1つです。

これまではIPv4という通信規格が使われてきましたが、インターネットの通信量が増えたことで次世代規格のIPv6の利用が広まっています。

「IPv6に対応している光回線は速い」といわれていますが、IPoEという技術とIPv6を併用しないと高速通信は実現できません。

GMO光アクセスのv6プラスは、IPv6とIPoEを併用するので回線速度が速いです。なぜ、GMO光アクセスの光回線は速いのか、これから説明します!

さらに詳しい解説

▶IPv6の仕組みについての詳しい解説

GMO光アクセスのv6プラス(IPv6・IPoE)はスムーズに高速通信できる

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

GMO光アクセスのv6プラスは、回線の混雑箇所を回避することでいつでも安定して高速通信できる仕組みです。他社では「IPv4 over IPv6」といった名称で提供されているオプションと同じサービスです。

GMO光アクセスのv6プラスの具体的な効果

  1. ①Webページの読み込みが速くなる
  2. ②動画がスムーズに再生できる
  3. ③大容量データを高速ダウンロードできる

v6プラスで回線速度が速くなるのは、インターネット接続の際に「IPoE」という方法を使用するからです。

IPoEは、従来の「PPPoE」という通信方式と比べて、混雑に強い特徴があります。

IPoEとPPPoEの違いは、上記の図のように道路の幅で表現されることが多いです。GMO光アクセスのv6プラスはIPoE通信なので、データの通り道が広く、快適にインターネットを利用できます。

v6プラスを使うことで、平日の夜間や、休日など混雑しやすい時間帯でも快適に使えます。

IPv6接続に関する通信速度の向上は3パターンある

v6プラスは、単にIPv6・IPoEに対応しているだけよりも回線速度が速いです。IPv6接続に関する通信速度の向上には、以下の3パターンがあります。

通信方式 通信が速くなるWebサイトの量
v6プラス
または
IPv4 over IPv6
ほとんどのサイトで速くなる
IPoE
IPv6通信
一部のサイトのみ速度が速くなる
PPPoE
IPv6通信
IPv4と回線速度は変わらない

v6プラスは、通信方式のなかで、最も回線速度が向上する仕組みということが分かります。これは、IPv4とIPv6のどちらで接続した場合でもIPoE通信ができるからです。

一方、単に「IPv6・IPoE」に対応しているだけの回線の場合は、IPv6非対応のサイトにアクセスするとき、速度の遅いPPPoE通信になってしまいます。

GMO光アクセスは追加オプションなしでv6プラス(IPv6・IPoE)が利用できる

GMO光アクセスに申し込みをするとオプション追加なしでv6プラス(IPv6・IPoE)が利用可能です。

NTT回線を利用する他社の光回線は、IPv6オプションを別途申し込みする必要があります。

オプション申し込み
GMO光アクセス 申し込み不要
ほかの光回線 申し込み必要

GMO光アクセスは申し込みするだけで、IPv6とIPoEを使った高速サービス「v6プラス」を無料で使えます。

無料レンタルのWi-FiルーターでスグにIPv6を利用できる

コンセントに指すだけで簡単にルーター設定が完了するイラスト

GMO光アクセスは、開通して30分でIPv6を使って高速通信できます。無料でレンタルできるWi-Fiルーターを繋いで待つだけで、自動でv6プラスが設定されるからです。

GMO光アクセスは初期設定が苦手な人でも、Wi-Fiルーターをレンタルするだけで安心してすぐに使えます。

現在、GMO光アクセスを契約するとWi-Fiルーターが無料でレンタルできます。

GMO光アクセスでレンタルできるWi-Fiルーター一覧

GMO光アクセスでレンタルできるWi-Fiルーターは以下のとおりです。

メーカー Wi-Fi最大速度
(5GHz)
型番
BUFFALO 1,733Mbps WSR-2533DHP2-CB
BUFFALO 1,733Mbps WSR-2533DHP3-BK
ELECOM 1,733Mbps WRC-2533GST2
NEC 1,733Mbps WG2600HS
NEC 1,733Mbps WG2600HS2

利用できるWi-Fiルーターは5種類あります。

レンタルする機種は自由に選べませんが、主なスペックはどれも同じです。また、届いた端末に不満があったとしても、変更はできません。

レンタルのWi-Fiルーターでしかv6プラスは使えない

GMO光アクセスはレンタルWi-Fiルーターでしかv6プラスを利用できません。自分で用意したWi-Fiルーターを取りつけて通信できますが、v6プラスは使えません。

実際にGMO光アクセスへ問い合わせてみたところ「レンタルWi-Fiルーターを使って光回線を開通・設定するので、v6プラスを利用するにはレンタルWi-Fiルーターが必須です」と回答がありました。

光回線は速く利用できたほうがいいので、GMO光アクセスは実質Wi-Fiルーターを選べないに等しいです。

しかし、GMO光アクセスのWi-Fiルーターのレンタルは無料かつ37ヶ月の利用でWi-FiルーターをもらえるのでWi-Fiルーターを買わなくていいという大きなメリットがあります。

3年間利用すればレンタルWi-Fiルーターがそのままもらえる

ポイントを示す女の子のイラスト

GMO光アクセスを37ヶ月利用するとWi-Fiルーターがもらえます。37ヶ月以降に解約しても借りたWi-Fiルーターの返却は不要です。

GMO光アクセスの利用期間は、Wi-Fiルーターの発送月を1ヶ月目と数えます。Wi-Fiルーターの発送が開通工事の1週間前なので、人によって1ヶ月目のカウントが変わります。

GMO光アクセスを36ヶ月未満で解約する場合は、解約月の翌月20日までに返送費用を負担してWi-Fiルーターを必ず返却しないといけません。

レンタルしたWi-Fiルーターを解約月の翌月20日までに返却しないと、解約月の翌々月に11,000円の請求をされます。

GMO光アクセスでIPv6が利用できているか確認する方法

回線速度を計測しているイラスト

GMO光アクセスを利用していて「自分がIPv6を使えているか分からない!」という人は、以下の方法のどちらかで、IPv6の利用状況を確認してみてください。

GMO光アクセスは、設定済みのレンタルWi-Fiルーターを使うので、基本的にはIPv6で接続されています。

もし、IPv6で接続されていない場合は、以下でパソコンの設定を確認の上、GMO光アクセスに問い合わせてみましょう。

IPv6確認サイトにアクセスして確認する

IPv6に対応していない場合は「あなたは IPv6 のみのサイトに到達できません」と表示される

IPv6の利用状況は「test-IPv6.com」というサイトにアクセスすれば、簡単に確認できます。

アクセス後、画面上に「IPv6 アドレスが検出されませんでした」と表示された場合は、IPv6は利用できていません。

もし、IPv6接続できていない場合は、パソコン側で設定が必要です。以下の設定方法を試してみてください。

IPv6接続なのに速度が遅い原因

IPv6接続なのに速度が遅い原因

ネットの接続状況を確認するサイト「test-IPv6.com」で、IPv6接続できているのに速度が出ないときは、次の可能性が考えられます。

IPv6接続なのに遅いときの原因
  1. ②機器の不調
  2. ①ネットワーク機器が古い
  3. ③パソコン側でIPv6が無効になっている
  4. ④マンションの設備の問題

IPv6接続なのに遅いときの原因と、対処法について詳しく解説します。

①機器の不調

インターネットに繋がっている機器が、どれか1つでも調子が悪くなると、通信速度が低下することがあります。

インターネットに繋がっている機器とは、主にモデムやWi-Fiルーター、パソコンなどを指します。

とくに、モデムやWi-Fiルーターは365日24時間使い続けているものなので、調子が悪くなることがあります。

モデム・Wi-Fiルーターなどを再起動すると回線速度が改善されることがよくあります。

②ネットワーク機器が古い

ネットワーク機器が古いと、性能不足で速度が出ないことがあります。ネットに繋がっている機器が、1つでも性能が悪いものが混じっていると速度がでないことがあります。

自分で用意したネットワーク機器を使っている場合は、ネットワーク機器を取り外し・交換して速度が変わっているか確認しましょう。

長年利用している機器は、新しい規格に対応していない可能性があります。

③パソコン側でIPv6が無効になっている

パソコン側でIPv6が無効の設定になっていると、IPv6接続が利用できません。初期状態ではIPv6は有効になっていることがほとんどですが、まれに設定が無効になっているケースがあります。

パソコン側のIPv6の有効化手順について説明します。

はじめに、画面左下の「スタートボタン」を右クリックします。

PCのIPv6設定方法手順①

「ネットワーク接続」(W)をクリックしてください。

PCのIPv6設定方法手順②

「アダプターのオプションを変更する」をクリックしてください。

アダプタのオプションを変更するをクリックする

「イーサネット」のアイコンを右クリックし「プロパティ」をクリックします。

「イーサネット」のアイコンを右クリックし「プロパティ」をクリック

※Wi-Fi接続の場合は「Wi-Fi」のアイコンを右クリックして「プロパティ」をクリックしてください。

PCのIPv6設定方法手順④-2

「ネットワーク」タブを選択し「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」にレ点が入っていなければチェックを入れてください。

PCのIPv6設定方法手順⑤

設定は以上で完了です。

最初からチェックがついている場合は、既にIPv6が利用可能な状態です。

④マンションの設備の問題

マンションによっては、建物内の配線が光配線でないことがあります。「VDSL配線方式」と呼ばれる銅線ケーブルでの配線がされていた場合は、最高速度が100Mbpsです。

口コミで見るような600Mbpsの速度がでることは、まずありえません。

ただし「IPv6」の効果が全くないわけではありません。例えば、回線速度が5Mbpsを下回っているような人ならば、効果が出やすいです。

VDSLのマンションでも速ければ90Mbps以上でることがあります。100Mbps近く速度がでれば、日常的な用途なら快適に通信できます。

関連記事

▶配線方式ごとの実際の回線速度まとめ

GMO光アクセスは格安スマホを使っている人におすすめの光回線

格安スマホユーザーにはGMO光アクセスがおすすめ

GMO光アクセスは、ahamoやpovo、LINEMOといった格安スマホプランを使っている人、または、IIJmioやmineoなどの格安SIMのユーザーにおすすめの光回線です。

月額料金が光回線の相場よりも1,000円近く安いため、費用をグッと抑えられます。

「スマホセット割がない」という欠点はありますが、格安スマホユーザーなら、そもそも影響がありません。

GMO光アクセスが選ばれる理由について、以下にまとめました。

GMO光アクセスが選ばれる理由
  • ・とにかく月額料金が安い
  • ・マンションは驚きの月額3,498円
  • ・戸建ても月額4,488円の安さ
  • 回線速度が速くて快適!
  • ・v6プラス対応で速度が安定している
  • ・高性能なルーターを無料レンタル

GMO光アクセスを契約すると安い費用で快適なネット環境が手に入ります。そのため、高画質な動画の視聴や、オンラインゲームでもストレスなく楽しめます。

また、快適な通信環境を提供するために、高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできます。しかも、Wi-Fiルーターは設定済みの状態で届くので、誰でも最適な通信環境を構築できます。

格安スマホを使う人で、費用を抑えたいけど快適性も妥協したくない人はGMO光アクセスを申し込みましょう。

\マンション円3,498円、戸建て4,488円/

ドコモのスマホユーザーならドコモ光のほうがおすすめ

ドコモ光のロゴ

ドコモのスマホユーザーなら、ドコモ光セット割が使えるドコモ光がおすすめです。

ドコモ光の月額料金はGMO光アクセスより高いですが、スマホセット割を適用することで、割安で使えます。

下表は、スマホセット割が適用された場合のマンション実質料金を比べたものです。

月額料金 セット割 実質料金
GMO
光アクセス
3,498円 なし 3,498円
ドコモ光 4,400円 1,100円 3,300円

ドコモ光は、スマホセット割を適用すると実質料金が3,300円になり、GMO光アクセスの月額3,498円より200円ほど安いです。

また、ドコモ光は 現在、工事費無料キャンペーン実施中です。

GMO光アクセスの工事費用はマンションで16,500円、戸建てだと19,500円かかります。

さらに、ドコモ光はGMOとくとくBBから申し込むと無条件で20,000円の高額キャッシュバックがあります。

ドコモ光についての詳しい情報は別の記事にまとめています。ぜひ、参考にしてください。

関連記事

▶ドコモ光の評判口コミなど全情報まとめ

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

GMO光アクセスの記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧