DTI光でIPv6を利用する方法をわかりやすく解説!【IPoE接続】

最終更新日:2021年08月19日
「DTI光のIPv6について」のアイキャッチ

DTI光のIPv6について説明します。

「IPv6って何?」「IPv6を使うと回線速度が速くなるって本当?」「追加料金はかかるの?」といった疑問に、分かりやすくお答えします!

DTI光はIPv6に対応しています。Webサイトから、申し込み手続きすると使えるようになります。

この記事では、DTI光のIPv6の特徴や利用する際の設定について、どこよりもわかりやすく解説しています。ぜひ参考にしてください!

石田

NTT系列のグループ会社で4年勤めたのち、当サイト「ヒカリク」のライターに転向。FPS系のオンラインゲームが好き。Apexのランクはマスター。

おすすめ人気記事
「DTI光の評判について」のアイキャッチ
DTI光の評判口コミなど全情報まとめ
記事を読む
おすすめの光回線6選
】おすすめの光回線6選を徹底解説!
記事を読む

DTI光のIPv6(IPoE)接続サービスとは

DTI光のIPv6(IPoE)接続サービス

DTI光のIPv6とは、混雑している回線を回避することでいつでも高速通信ができる仕組みです。IPv6(IPoE)接続サービスという名称で提供されています。

IPv6(IPoE)接続サービスと一般的な回線との違いは、下記のイラストのように道路の幅で表現されることが多いです。

「IPv6・IPoE」と「IPv4とPPPoE」の説明

これまで使われてきたIPv4には、利用者が多く通信速度が低下しやすいという弱点がありました。

一方、IPv6接続サービスでは、道路の幅が広いうえに利用者が少ないので、回線が混雑しにくくスムーズです。つまり、従来のIPv4より高速通信が可能です。

とくに平日の夜間や休日など、利用者が集中して回線が混雑しやすいタイミングに効果を発揮します。

DTI光のIPv6(IPoE)接続サービスの具体的な効果は、以下のものがあります。

IPv6(IPoE)接続サービスの具体的な効果

  • ・Webの読み込みが速くなる
  • ・動画がスムーズに見れる
  • ・ファイルのダウンロード時間が短くなる

IPv6とは新しい通信規格のこと

IPv6とは「Internet Protocol Version 6」の頭文字を取った略称です。「IPアドレス」というネット通信に用いられる規格の扱い方を表しています。

これまではIPv4という通信規格が使われてきましたが、インターネットの通信量が増えたことで、最新バージョンのIPv6が登場しました。

このIPv6という通信規格では、新たに「IPoE」という接続方式が使えることになり、従来よりも速い回線速度でネットを利用できるようになりました。

石田さん 石田

DTI光のIPv6は、回線速度が向上します。速度を向上するIPoE接続に対応しているからです。

速度の悩みがある人はIPv6接続サービスへ加入しましょう。

さらに詳しい解説

▶IPv6の役割についての詳しい解説

IPv6(IPoE)接続サービスは評判が良い

口コミをする人たちのイラスト

IPv6接続サービスの評判をTwitterで調べたところ、回線速度が速いと好評です。以下で、実際に利用している人の口コミをいくつか紹介します。

「回線速度に不満があったがIPv6を使うと改善された」という口コミが多く見られました。

IPv6(IPoE)接続サービスの利用方法

IPv6接続サービスを利用するには、あらかじめ申し込みと対応機器が必要です。DTIの会員ページ、MyDTIから簡単に申し込みができます。

初期費用や月額料金は掛からないので、DTI光の料金だけで利用できます。

こちらの記事もおすすめ

▶DTI光の評判口コミなど全情報まとめ
▶DTI光の回線速度や他回線との比較
▶DTI光の料金やプランの詳しい解説

IPv6対応の機器を用意する方法

電話ではなく対面で説明を受けたいなら「家電量販店」のイラスト

IPv6接続サービスを利用するためには、IPv6対応の接続機器が必要です。

DTI光の場合は、対応機器を用意する方法は以下の3通りあります。それぞれのケースがどんな人に向いているのかまとめたので、参考にしてください。

対応機器を用意する方法

  • ①市販のルーターを購入する
  • ②光電話に申し込む
  • ③DTI光からレンタルする

費用を最小限に抑えたい人は市販のルーターを購入し、固定電話を使いたい人は光電話に申し込むのがおすすめです。

①市販のルーターを購入

最も費用を抑えられるのは、市販のルーターを購入することです。初期費用は掛かりますが、長期的に見ると1番安く済みます。

購入するルーターは、アイ・オー・データの「WN-SX300FR」がおすすめです。DTI光が推奨する市販の機器の中でも非常に安く、約3000円で購入できます。

また、このルーターはWi-Fi(無線LAN)機能も搭載されているので、必要最低限の機能は備わっています。

②光電話に申し込む

光電話に申し込むと「光電話対応ルータ」という、IPv6に対応した機器をレンタルできます。

この方法は、固定電話の利用を考えている人に向いていますが、月額550円が掛かります。

年間で換算すると6,600円も掛かってしまうので、①の方法で安いルーターを買ったほうがお得です。

③DTI光からレンタルする

DTIからルーターをレンタルすることもできますが、月額330円が掛かるのでおすすめできません。

年間で3,960円の出費になるので、1年以上契約するのであれば、①の方法で購入したほうがお得だからです。

IPv6接続でIPv4のサイトにアクセスできる

手で〇マークを作っている人のイラスト

DTI光のIPv6接続サービスは、IPv6に非対応のサイトでもアクセスできます。本来、IPv6接続に対応しているだけでは、従来のIPv4接続のみに対応したサイトにアクセスできません。

ところが、IPv6接続サービスには接続方式を自動変換する「IPv4 over IPv6」という機能が搭載されています。

接続先のWebサイトがIPv4のみ対応でも、サイトに繋がる直前にIPv6からIPv4へ自動変換されます。

そのため、どのサイトでも特別な操作なしに閲覧できます。

石田さん 石田

IPv4 over IPv6は、他社では「V6プラス」や「IPv6オプション」など、違う名称が使われていることがあります。

名称は異なりますが、DTI光のIPv6接続サービスと同じ仕組みを利用しています。

フレッツやドコモ光でもIPv6が利用できる

注目ポイントを挙げている女の子

DTIは「DTI with フレッツ光」や「DTI with ドコモ光」の回線契約でもIPv6を利用できます。

これらは、フレッツ光やドコモ光を契約したうえで、プロバイダとしてDTIを選んだときに適用されるサービスです。

DTI光とは異なるサービスですが、DTIの提供する光回線サービスは、すべてIPv6に対応していると考えて問題ないです。

DTIトライアル光というサービスもある

DTIには、IPv6接続サービスを試せる「DTIトライアル光」というプランがあります。ただし、現在は新規受付を停止しています。

DTIトライアル光は、ほかのプロバイダと契約している人でも、DTIを通してIPv6接続サービスが利用できるサービスです。月額料金は495円です。

NTT回線を使っている「フレッツ光」や「光コラボ」なら、どの業者でも利用可能です。

ただし、ほとんどの光回線はIPv6に対応しているので、別料金を支払ってまでDTIトライアル光を使う理由はないです。

光コラボ(光コラボレーション)とは

光コラボとは、NTTの回線網とプロバイダがセットになった光回線サービスのことです。ドコモ光やソフトバンク光、DTI光などが該当します。

光回線とプロバイダを別々に契約するよりも、月額料金が500~1,000円安くなります。

DTI光でIPv6接続サービスが利用できているか確認する方法

IPv6に対応していない場合は「あなたは IPv6 のみのサイトに到達できません」と表示される

IPv6の利用状況は「test-IPv6.com」というサイトにアクセスすれば、簡単に確認できます。「きちんとIPv6が使えているか分からない」という人は、一度確認してみましょう。

もしアクセス後、画面上に「IPv6 アドレスが検出されませんでした」と表示された場合は、IPv6は利用できていません。

IPv6接続でネットにつながらない場合は、DTIに一度問い合わせてみましょう。

IPv6接続なのに速度が遅い原因

IPv6接続なのに速度が遅い原因

ネットの接続状況を確認するサイト「test-IPv6.com」で、IPv6接続ができているのに速度が出ないときは、次の可能性が考えられます。

IPv6接続なのに遅いときの原因
  1. ①機器の不調
  2. ②ネットワーク機器が古い
  3. ③パソコン側でIPv6が無効になっている
  4. ④マンションの設備の問題

IPv6接続なのに遅いときの原因と、対処法について詳しく解説します。

①機器の不調

ネットに繋がっている機器がどれか1つでも調子が悪くなると、通信速度が低下することがあります。

ネット周辺機器とは、主にモデム・ルーター・パソコンのような端末を指します。

とくに、モデムやルーターは365日24時間使い続けているものなので、調子が悪くなりやすいです。

これらの機器を再起動すると回線速度が改善されることがあります。

②ネットワーク機器が古い

ネットワーク機器が古いと、性能不足で速度が出ないことがあります。10年以上同じ機器を使っている人は、買い直しをおすすめします。

もし古い機器を使っていて速度が遅いと感じたら、ネットワーク機器の見直しも検討してみましょう。

③パソコン側でIPv6が無効になっている

パソコン側でIPv6が無効の設定になっていると、IPv6接続が利用できません。初期状態ではIPv6は有効になっていることがほとんどですが、まれに設定が無効になっているケースがあります。

パソコン側のIPv6の有効化手順について説明します。

①はじめに、画面左下の「スタートボタン」を右クリックします。

PCのIPv6設定方法手順①

②ネットワーク接続(W)をクリックしてください。

PCのIPv6設定方法手順②

③アダプターのオプションを変更するをクリックしてください。

アダプタのオプションを変更するをクリックする

④イーサネットのアイコンを右クリックし「プロパティ」をクリックします。

「イーサネット」のアイコンを右クリックし「プロパティ」をクリック

※Wi-Fi接続の場合は「Wi-Fi」のアイコンを右クリックして「プロパティ」をクリックしてください。

PCのIPv6設定方法手順④-2

⑤ネットワークタブを選択し「インターネット プロトコル バージョン6(TCP/IPv6)」にレ点が入っていなければチェックを入れてください。

PCのIPv6設定方法手順⑤

設定は以上で完了です。

最初からチェックがついている場合は、既にIPv6が利用可能な状態です。

④マンションの設備の問題

マンションによっては、建物内の配線が光配線でないことがあります。これは「VDSL」と呼ばれる配線方式で、この場合は最高速度が100Mbpsになります。

つまり口コミで見かけるような、500Mbps以上の速度をだすことは不可能です。

ただし「IPv6接続サービス」の効果が全くないわけではありません。例えば、速度が10Mbpsを下回っているような人ならば、回線速度の向上が見込めます。

VDSLのマンションだとしても、環境によっては90Mbps以上でることもあります。100Mbpsくらいの速度であれば、日常的なインターネットは快適に使えます。

DTI光の最もお得な窓口は公式サイト

メモ帳を持った女の子のイラスト

DTI光は公式サイトから申し込むのがもっともお得です。最大19,000円のキャッシュバックを受けられます。

キャッシュバックを活用することで、開通時の初期費用を5,000円前後に抑えられます!

また、公式サイトは、キャッシュバックを受け取るのにオプション加入が不要です。無条件で適用されるキャンペーンなので利用しやすいです。

代理店や家電量販店から申し込むと、キャッシュバックを受けられない場合があります。そのため、DTI光は必ず公式サイトから申し込みましょう。

\新規開通で19,000円キャッシュバック!/

私たちがおすすめしている光回線3選

3人家族でスマホセット割を適用した場合の2年間の割引額

現在、100社以上ある光回線の中で私たちがおすすめしているのは、ドコモ光ソフトバンク光auひかりの3社です。

お使いのスマホキャリアにあった光回線を選ぶことでスマホ料金が1台当たり1,100円安くなります。例えば、家族3人で同じキャリアを使っているなら毎月3,300円、2年間で約8万円の割引です!

また、大手企業が運営しているため、回線速度やサポート体制、キャッシュバック特典なども充実しています!

光回線 おすすめ理由
ドコモ光のロゴ ドコモユーザーなら最安の光回線
ドコモのセット割に唯一対応している
無条件で2万円のキャッシュバック
解約費用の補助がある(最大2万円) お得なキャンペーン窓口
ソフトバンク光のロゴ ソフトバンク・ワイモバイルがセット割
無条件で3.7万円キャッシュバック
乗り換え費用を最大10万円まで還元
回線速度が平均300Mbpsに大幅改善 お得なキャンペーン窓口
auひかりのロゴ auユーザーなら最安クラスの光回線
auのセット割が使えてお得
最大61,000円のキャッシュバック
独自回線で平均速度が375Mbpsと高速 お得なキャンペーン窓口

工事なしでネットを使うならhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

光回線の工事なしでインターネットを利用したいならドコモhome5Gがおすすめです。

オンライン申し込みが可能で、ドコモhome5Gが手元に届いた日からすぐにインターネットが使えます。

通信速度も最大4.2Gbpsと、光回線に負けない性能で、契約期間の縛りも一切ありません!

\最大通信速度4.2Gbps!工事不要のホームルーター/

DTI光の記事

  • 一番お得なキャンペーン窓口

    ドコモスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!

    auスマホならスマホ料金も安くなる!GMOとくとくBBからの申し込みが一番お得!!

    ソフトバンクやワイモバイルのスマホ料金が安くなる!エヌズカンパニーからの申し込みが一番お得!

    人気の光回線6選
    人気の光回線6選

    光回線ごとの記事一覧