auひかりでオンラインゲームは快適に遊べる?利用者のPing値や速度から徹底解説!

最終更新日:2022年11月04日
auひかり×ゲームのアイキャッチ
解決できる疑問
  • auひかりでオンラインゲームは遊べる?
  • auひかりでゲームを遊んでいる人の評判は?
  • オンラインゲームに必要な速度の目安は?

auひかりはオンラインゲーム向きの光回線として人気があります。回線速度やPingの実測値が優秀であり、利用者からの評判も良いです。

しかし「実際にどれくらいの速度が出るの?」「他の光回線と比べて何が違うの?」など、本当にゲーム向けの回線なのか気になっている人も多いと思います。

そこで本記事では、auひかりがオンラインゲームにおすすめできる理由を詳しく解説しています。評判や注意点も掲載しているので、ゲームを快適に遊びたい人は参考にしてください!

西久保(ヒカリク編集部)

ゲーム攻略サイト「アルテマ」で5年間メディア運営に携わったゲーム好き。FF14とApexをこよなく愛すゲーム回線マニア。

おすすめ人気記事
ゲーム回線におすすめな光回線は?のアイキャッチ
オンラインゲームにおすすめの光回線8選!速度重視の最強ゲーム回線
記事を読む
"光回線ごとのお得なキャッシュバックキャンペーンを徹底解説!のアイキャッチ
】光回線のキャンペーンを比較!キャッシュバック金額やお得な乗り換え特典も大公開
記事を読む

目次

auひかりならオンラインゲームを快適にプレイできる

PCゲームをやっている人のイラスト

auひかりがオンラインゲームに向いている理由

  • ・利用者の平均速度が非常に速い
  • ・応答速度が優秀でラグが発生しにくい
  • ・パケットロスが発生しづらい

利用者の平均速度が非常に速い

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
auひかり
(独自回線)
474Mbps 432Mbps
NURO光
(独自回線)
471Mbps 448Mbps
ソフトバンク光
(光コラボ)
309Mbps 228Mbps
ドコモ光
(光コラボ)
269Mbps 223Mbps
ビッグローブ光
(光コラボ)
273Mbps 217Mbps

auひかりの平均速度は光回線の中でも最速クラスです。上表は、実際のユーザーが回線速度を投稿できる「みんなのネット回線速度」というサイトから引用しています。

比べてみると、auひかりの実測値は業界最速との呼び声高いNURO光と同じくらい優秀です。上り、下り共にほとんど差がありません。

速度が速いほど、オンラインゲームをより快適に楽しめます。快適にゲームをプレイしたいなら、auひかりを申し込むのがおすすめです。

関連記事

▶auひかりは速い?遅い?速度の評判まとめ

光コラボよりも独自回線の方が高速

一般的な回線と違い独自回線は速い

auひかりが高速な理由は、KDDIが構築する独自回線を利用しているからです。独自回線はユーザー数が少なく、遅延の原因である回線混雑が発生しにくいです。

一方で、ドコモ光やソフトバンク光といった光コラボは、NTT回線を共同で利用しています。多くの回線業者で1つの通信網を共有しているため、利用者が多く通信が混雑しやすいです。

光コラボとは
光コラボの例

光コラボとは、NTTの回線網に、プロバイダがセットになった光回線です。

NTTの設備を使いまわせるので、フレッツ光から工事不要で乗り換えられるのが特徴です。例えば、ドコモ光やソフトバンク光、楽天ひかりなどがあります。

IPv6通信はauひかりの速度に影響がない

auひかりは、最新の接続方式のIPv6に標準対応しています。IPv6とは回線の混雑箇所を避けて通信する方式で、従来のIPv4に比べて回線速度が速くなると言われています。

しかし、auひかりの速度はIPv6を利用しても変わりません。そもそも、混雑しにくい独自回線を利用しているサービスだからです。

IPv6で速度が改善するのは、回線が混雑しやすい光コラボに限った話です。

関連記事

▶auひかりでIPv6を利用する方法や仕組みの解説

応答速度が優秀でラグが発生しにくい

応答速度(Ping値)
auひかり 16.3ms
NURO光 16.2ms
ソフトバンク光 16.4ms
ドコモ光 19.3ms
ビッグローブ光 20.5ms

auひかりは、応答速度(Ping値)も主要他社と比較して優れています。応答速度の値が低いほど、ゲーム中のラグが発生しにくくなります。

とくにFPSやTPS、格闘ゲームなどのジャンルは応答速度が求められます。コンマ1秒の操作が勝敗を左右するからです。

「ラグのせいで負けたくない」「カクつく可能性をなるべく減らしたい」という人はauひかりを契約しましょう。

おすすめのプロバイダは?
FPSで有利になる回線速度とPing値の目安!のアイキャッチ
FPSなどのオンラインゲームで有利になる回線速度とPing値の目安!
記事を読む
おすすめのプロバイダは?
FPSで有利になる回線速度とPing値の目安!のアイキャッチ
FPSなどのオンラインゲームで有利になる回線速度とPing値の目安!
記事を読む

auひかりはパケットロスが発生しづらい

オンラインゲームをする上で大事な指標にパケットロス(パケロス)があります。auひかりではパケロスが極端に発生しづらいです。

パケットロスが頻繁に発生すると、カクつきやラグのもとになります。快適にゲームをプレイするなら、できるだけロスが少ない光回線のほうが良いです。

ラグやカクつきの原因になるパケットロスとは
Apexのパケロス確認画面

パケットロスとは通信機器とサーバーでやり取りしているデータ(パケット)の一部がなくなってしまう現象です。

データの一部がなくなることで正しくゲームの情報が伝わらなくなります。例えば、いないはずの敵が画面に映ってしまったり、急に瞬間移動したりします。

パケットロスは%で表記され、0に近いほうが優秀だと判断されます。Apexのような一部のゲームでは計測されていて確認ができます。

auひかりおすすめ窓口ランキング
auひかり×NNコミュニケーションズのロゴ 最大66,000円最大76,000円キャッシュバック
最短1ヶ月後に現金が受け取れる
電話で簡単に手続きができる
利用者からの評価も高いキャンペーンページはこちら
GMOとくとくBBのロゴ 最大でキャッシュバック77,000円
WiFiルーターが無料でもらえる
現金全額を受け取るまで2年かかるキャンペーンページはこちら
代理店NEXTのロゴ 最大で現金62,000円がもらえる
最短翌月に現金受け取り可能
他社よりキャッシュバックが少ないキャンペーンページはこちら

auひかりでオンラインゲームを遊んでいる人の評判や口コミ

口コミをする人たちのイラスト

auひかり利用者の評判口コミまとめ

  • ・オンラインゲームが快適に遊べる
  • ・パケットロスが全くない
  • ・通信障害でまともに遊べない時がある

auひかりは快適にゲームを遊べる

auひかりのゲームに関する口コミで最も多かったのは快適にゲームが遊べるという評価です。

「auひかりの無線でプレイしているけどラグとかほぼない」「Ping1桁で回線が強い」「auひかりに替えて快適になった」という意見が数多く投稿されています。

ストレスなくゲームを遊びたい人にとって、文句なしにおすすめの光回線と言えます。

\最大66,000円キャッシュバック!/
\最大76,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

パケットロスが全くない

パケットロスに関しても「パケットロス0%」「1日計測してもパケロス確認できなかった」など、賞賛されている意見が多いです。

通信障害に困っている声もある

口コミの一部には「障害が多くてまともにゲームができない」「ゲーム中に通信障害が発生するのは困る」といったネガティブな意見もありました。

しかし、通信障害はauひかりに限った話ではありません。他社の光回線でも発生する可能性があります。

関連記事

▶auひかりの評判口コミなど全情報まとめ

西久保さん 西久保
auひかりは速度などのスペック、利用者からの評価どちらも高いおすすめの光回線です。ゲーム用の回線が欲しいなら真っ先に検討しましょう。

auひかりおすすめ窓口ランキング
auひかり×NNコミュニケーションズのロゴ 最大66,000円最大76,000円キャッシュバック
最短1ヶ月後に現金が受け取れる
電話で簡単に手続きができる
利用者からの評価も高いキャンペーンページはこちら
GMOとくとくBBのロゴ 最大でキャッシュバック77,000円
WiFiルーターが無料でもらえる
現金全額を受け取るまで2年かかるキャンペーンページはこちら
代理店NEXTのロゴ 最大で現金62,000円がもらえる
最短翌月に現金受け取り可能
他社よりキャッシュバックが少ないキャンペーンページはこちら

auひかりでApexなどのオンラインゲームを遊ぶ時の注意点

注意をうながす女の子のイラスト

  • ・プロバイダによって速度に差がある
  • ・マンションだと速度が出ない可能性がある

プロバイダによって速度に差がある

平均速度
(下り)
ユーザー投稿数
GMOとくとくBB 624Mbps 458件
DTI 513Mbps 241件
So-net 500Mbps 4,148件
BIGLOBE 483Mbps 2,197件
@nifty 458Mbps 1,046件
au one net 435Mbps 3,280件
ASAHIネット 430Mbps 115件
@TCOM 354Mbps 91件

みんなのネット回線速度

auひかりは複数のプロバイダを選択できますが、どれを選ぶかで回線速度が大きく変わります。遅いところと契約してしまうと、ラグに悩まされる可能性が高くなります。

また契約後にプロバイダを変更できません。利用後に不満があっても乗り換えられないので、慎重に選ぶ必要があります。

最もおすすめのプロバイダはSo-net

So-netバナー

auひかりのプロバイダ8社の中で最もおすすめなのはSo-netです。So-netの平均速度はプロバイダの中でTOP3にランクインしています。

また、ユーザーの投稿数が最も多いので、あらゆる環境で安定して速いことが分かります。auひかりでより良い通信品質を追求するならSo-netを選びましょう。

\最大66,000円キャッシュバック!/
\最大76,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

関連記事

▶auひかりのプロバイダ8社を徹底比較!
▶auひかり×So-netの評判口コミまとめ

マンションでは設備の影響で速度が出ない可能性がある

マンション内の配線方式のイラスト

マンションで利用する場合は建物の設備の影響で速度が出ない可能性があります。

たとえば、マンション内の設備が100Mbpsにしか対応していない場合、それ以上の速度は出ません。共用部分までは1Gbpsで届いても、建物内で遅くなってしまいます。

auひかりのマンションタイプと最大速度の早見表

タイプ 最大速度
(下り)
最大速度
(上り)
マンションギガ 1Gbps
(1,000Mbps)
1Gbps
(1,000Mbps)
マンション
ミニギガ
1Gbps
(1,000Mbps)
1Gbps
(1,000Mbps)
タイプG 664Mbps 166Mbps
タイプE 100Mbps 100Mbps
タイプF 100Mbps 100Mbps
タイプV 100Mbps 35Mbps
都市機構 100Mbps 35Mbps
都市機構G 664Mbps 166Mbps

上表のように、建物の設備に応じて最大速度が35~1,000Mbpsの範囲で変わります。

住んでいる建物がどのタイプに該当するかは公式サイトの「提供エリアの検索」ページで確認できます。簡単に調べられるので契約前にしっかり確認しておきましょう。

西久保さん 西久保
どのプランになるかは建物の規模や設備によって自動的に決まります。自分では選べない、という点を抑えておきましょう。
関連記事

▶auひかりのマンションタイプを詳細解説!

auひかりの速度低下やラグの改善方法

回線速度が遅くてイライラしている人

改善方法一覧

  • ・通信機器や端末の電源を入れ直す
  • ・端末とルーターを有線で接続する
  • ・ルーターやLANケーブルを買い替える
  • ・Wi-Fiを使っているなら接続先を見直す

通信機器や端末の電源を入れ直す

パソコンの電源をオフにしているイラスト

速度の低下やラグを改善したい時は、まず通信機器やゲーム端末の再起動を試しましょう。

端末の処理落ちのような症状が原因なら再起動するだけで改善するからです。内部でつまっている処理をクリアできます。

端末とルーターを有線で接続する

LANケーブル2つ持って比べているイラスト

オンラインゲームをプレイするなら可能な限り有線で接続するべきです。

有線をおすすめする理由は、電波を使った無線通信と比べて回線速度が速く、常に安定したネット環境を構築できるからです。

回線が安定するため、ネットが繋がりにくくなったり、動作がカクカクしたりすることがほとんどないです。ゲームをストレスなく楽しむなら有線に切り替えましょう。

ルーターやLANケーブルを買い替える

ルーターやLANケーブルが回線品質に悪影響を与えている可能性も考えられます。機器ごとに最大速度が決まっているからです。

例えば、最大速度が100Mbpsのルーターを使っている場合、それ以上の速度は絶対に出ません。何年も同じ機器を使っているなら、買い替えをおすすめします。

ルーターを購入するならWiFi6に対応したものがおすすめ

最大通信速度 開始年
WiFi 6 9.6Gbps 2019年
WiFi 5 6.9Gbps 2013年
WiFi 4 600Mbps 2009年

ルーターを買い替えるならWiFi6に対応している製品がおすすめです。一般に流通している最新規格であり、最大速度が一番速いからです。

ただし、WiFi6に対応していても、メーカーや製品ごとに性能差があります。失敗しないよう、必ず購入者のレビューも参考にしたうえで購入しましょう。

西久保さん 西久保
家電量販店のソフマップによると、ルーターの買い替えの目安は2~6年とされています。それくらいの周期で新しい通信規格が登場するからです。
参考サイト

▶Wi-Fi(無線LAN)ルーターの買い替え時は?(Sofmap.com)

LANケーブルは「CAT6e」と「CAT6A」がおすすめ

LANケーブルのカテゴリ

最大速度
CAT8 40Gbps
CAT7A 10Gbps
CAT7 10Gbps
CAT6A 10Gbps
CAT6e 10Gbps
CAT6 1Gbps
CAT5e 1Gbps
CAT5 100Mbps

LANケーブルにはカテゴリ(CAT)というスペックを表す基準が存在し、上表のように最大速度が変わります。もし、CTA5を使っているなら新しいものを購入しましょう。

特にゲーム向きなのは「CAT6e」「CAT6A」の2つです。もちろんCAT5eも使えますが、よりスペックの良い規格を選んだほうがコスパが良く、都度買い換える手間を省けます。

LANケーブルのカテゴリはケーブルに直接印字されているので、自分が使っているケーブルのカテゴリを確認してみてください。

西久保さん 西久保
CAT7以上は普段使いには不向きです。主に業務用で使われる規格であり、ケーブルの先端にあるコネクタの形状が、一般家庭に普及しているものと異なるからです。

WiFiを使っているなら接続先を変える

Wi-Fiの周波数の違いについての説明

WiFiを使っているなら、接続先を変更すると速度が改善する場合があります。

「2.4GHz」と「5GHz」という2種類の周波数を選べるなら電波干渉を起こしにくい5Ghzに切り替えてみましょう。

ただし、5GHzは障害物や距離には弱いので、ゲーム機やPCの近くにルーターを設置する必要があります。

使っているWiFi周波数の見分け方

周波数帯
ルーター名-ax 2.4Ghz/5Ghz
ルーター名-ac 5Ghz
ルーター名-n 2.4Ghz/5Ghz
ルーター名-a 5Ghz
ルーター名-b 2.4Ghz
ルーター名-g 2.4Ghz

電波の名前に周波数が書いてあれば簡単に見分けられますが、ルーターの種類によっては名前だけではわからない端末もあります。

見分けがつかない場合は、WiFiの表示名(SSID)を確認しましょう。WiFiの表示名に「ルーター名-a」や「ルーター名-n」のような表示があるなら、周波数が判別可能です。

上表の通り「b」と「g」以外の周波数を選べば5GHzに接続できます。

電波の名前でも見分けがつかない場合は、最終手段としてルーターに貼ってあるシールを確認しましょう。

西久保さん 西久保
通信速度や安定性はWiFi接続より有線接続のほうが優れています。どうしても有線接続できない場合を除きWiFi接続はおすすめできません

auひかりにはより高速な5G・10Gプランがある

auひかり「ホーム10ギガ」「ホーム5ギガ」のイメージ画像

ゲームを極めたい人におすすめのプラン

auひかりには最大速度が5ギガ・10ギガに対応したプランが存在します。一般的な光回線の最大速度は1Gbpsなので、単純に5~10倍のスペックを誇っています。

大量のデータを瞬時にやりとりできるため、少しでも快適にゲームをプレイしたい、絶対にFPSで勝ちたい、という場合は検討する価値があります。

高速プランを利用している人の実測値

Twitterを見ると6Gbps以上の実測値を記録している投稿もありました。スペック通り、通常プランよりも圧倒的な速度が期待できます。

西久保さん 西久保
速さに注目しがちですが、実は通常プランよりも大きなデメリットがあります。契約する前に、次で紹介する内容を必ず確認しましょう。

5G・10Gプランのデメリット

もやもやしている人のイラスト

デメリット一覧

  • ・月額料金が高い
  • ・対応した機器を揃える必要がある
  • ・契約できるエリアと建物が限定されている

月額料金が高い

月額料金
通常プラン 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
5Gプラン 1年目:6,160円
2年目:6,050円
3年目:5,940円
10Gプラン 1年目:7,018円
2年目:6,908円
3年目:6,798円

5G・10Gの月額料金は通常プランよりも高いです。5Gは550円、10Gは1,708円の追加料金がかかります。

僅かな差でも、年間で考えると大きな出費につながります。1Gbpsを超える速度が本当に必要なのか、よく検討したうえで契約しましょう。

高速通信に対応した周辺機器を用意する必要がある

対応が必要な機器一覧

  • ・パソコンやゲーム端末
  • ・LANケーブル
  • ・ルーター

実は、5G・10Gプランを契約しただけでは実際の速度は速くなりません。PCやゲーム機、ルーターなどすべての周辺機器を高速通信に対応したものに変更しないといけないからです。

たとえば、通常のパソコンに搭載されているLANカードは10Gbpsに対応していません。LANケーブルも1Gbpsのものが一般的です。

すべての対応機器を揃えるには多額の出費がかかります。自身の金銭状況と相談してから申し込みを検討しましょう。

契約できるエリアと建物が限定されている

提供エリア 建物
5G/10G 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県 戸建てのみ

auひかりの上位プランは通常プランよりも提供エリアが限定されています。 現在、北関東の4県しか対応していません。

また、契約できるのは戸建てに住んでいる人だけです。マンションなどの集合住宅向けには提供されていません。

関連記事

▶auひかりの5G・10Gプランの詳細まとめ

西久保さん 西久保
ご紹介したように、高速プランは契約前後のハードルが非常に高いです。そのため、まずは通常プランを契約し、速度が物足りないと感じたら5Gや10Gを検討するのがおすすめです。

auひかりはNNコミュニケーションズから申し込むのが一番お得

auひかりに申し込むなら正規代理店のNNコミュニケーションズが一番おすすめです。

ほかの代理店と比べて手続きが簡単で、キャッシュバックの受け取り率が99%と高いからです。しかも最大6.6万円最大7.6万円のキャッシュバックがもらえます。

NNコミュニケーションズのメリット

  • キャッシュバック率が99%と非常に高い
  • 最大66,000円のキャッシュバック最大76,000円キャッシュバック
  • ③利用者からの評価が極めて高い
  • ④工事費が実質無料になる
  • ⑤KDDIから15期連続で表彰されている
  • ⑥キャッシュバック手続きが電話だけで完結

実際にキャッシュバック率を比較したデータを見ると、他の代理店より圧倒的に高いことがわかります。

NNコミュニケーションズのキャッシュバック率

どれだけキャッシュバック金額が多くても、実際にもらえなければ意味がありません。受け取れずに後悔しないためにも、NNコミュニケーションズから申し込みましょう!

\最大66,000円キャッシュバック!/
\最大76,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

オンラインゲームを快適に遊べる回線速度

オンラインゲームが快適にプレイできる回線速度の目安

オンラインゲームをするために必要な回線速度は約70Mbps

FPSやTPSゲームをプレイするなら70Mbpsあれば快適なイラスト

回線速度 回線速度による影響
70Mbps以上 ストレスなくプレイできる
フリーズやラグがない
50~70Mbps 問題なくプレイできる
稀にフリーズやラグが起きる
30~50Mbps プレイできるがストレスを感じる
フリーズやラグが起きやすい
0~30Mbps まともにプレイできない可能性が高い
フリーズやラグが頻繁
切断される

オンラインゲームをするために必要な回線速度は約70Mbpsほどあれば問題ありません。

ネットでは色々な憶測があり、100~200Mbps以上ないと無理と言われていることも多いです。しかし、実際は70Mbpsでも十分快適に遊べます

とくに100~200Mbps以上ないと難しいと言われているゲームジャンルはFPSやTPSで、大規模な人数とリアルタイムで戦うゲームです。

FPSジャンルは回線速度が速ければ有利と言われていますが、300Mbpsや500Mbpsといった高速な回線は必要ありません。単純に遊ぶだけであれば、70Mbpsでも十分です。

速度の単位「bps」とは
bpsは「毎秒どれくらいのデータを送受信できるか」を表している

回線速度の単位であるbpsは「bit per second」の略です。1秒間にどれくらいの容量をやり取りできるかを表しています。数値が大きいほうが優秀だと判断されます。

計測の際は上りと下りで表示されます。上りはアップロード(送信)、下りはダウンロード(受信)のことで、ゲームをプレイする際は両方とも大事な指標です。

回線速度はプレイ中の情報処理に影響する

FPSやTPSで回線速度が速いほうが良いと言われているのは、プレイ中の情報処理に影響するからです。

例えば、50Mbpsでプレイしている人は、70Mbps以上で遊んでいる人と比較して情報処理が遅く、ラグやフリーズが起きる頻度が高くなります。

相手プレイヤーと対峙した瞬間にラグやフリーズが発生すると、撃ち負ける原因になるので、回線速度は速いに越したことはありません。

ただし、FPSやTPSで重要なのは回線速度よりも、後ほど詳しく説明する応答速度(Ping値)のほうが重要です。

▼応答速度について先に知りたい方はこちら

FPS以外のオンラインゲームの回線速度は30Mbpsあれば十分

オンラインゲームをプレイするなら30Mbpsあれば十分なイラスト

速度 快適さ
(FPS以外のゲーム)
30Mbps以上 とても快適
10~30Mbps 快適
5~10Mbps まあまあ快適
1~5Mbps 画面がカクつく
1Mbps以下 画面がカクつく
高画質表示できない

回線速度別のプレイ感覚を表にまとめました。FPSやTPS以外のオンラインゲームで遊ぶ場合の回線速度は約30Mbpsあれば十分です

育成やRPGといったジャンルは、シューティング系のゲームと比べて回線速度の要求ハードルが低いです。ゲームプレイに繊細な動きが求められないからです。

反対に、FPSや格闘ゲームなどはフレーム単位の変化が重要になるため、より速い通信速度が必要です。

auひかりの実測値ならどんなジャンルでも快適にゲームをプレイできる

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
auひかり 474Mbps 432Mbps

auひかりの実測値は下りで445Mbps、上りが432Mbpsもあります。快適に遊べる速度の目安よりも7倍以上速いです。

FPSやTPSといった、激しい操作が求められるジャンルでもストレスなく遊べます。少しでもゲームを快適に遊びたい人は、auひかりを選べば間違いありません。

オンラインゲームを快適に遊べる応答速度(Ping値)

オンラインゲームが快適にプレイできるPing値の目安

Ping値はなるべく低いほうが良い

pingの説明

応答速度を表すPing値とは、自分の端末から送ったデータに対して、相手のサーバーから反応が返ってくる速さを表す値です。主に、応答速度・Ping値・レイテンシと呼ばれています。

Ping値は「1回のデータ送受信に何秒かかったか」を表しています。そのためPing値はなるべく低いほうが優秀だと判断されます。

Ping値の単位「ms」とは

msとは

ミリセカンド(ミリ秒=1/1,000秒)
・1ms=0.001秒
・10ms=0.01秒
・100ms=0.1秒

Ping値の単位は「ms」と表記され、ミリセカンドと読みます。1000msで1秒を表します。

一般的な光回線では20ms程度が平均ですが、回線や環境が整っていると10ms以下になることもあります。

快適にゲームを遊ぶなら回線速度よりもPing値が大事

応答速度(Ping値) 快適さ
0~10ms とても快適
ラグがほぼない
10~15ms 快適にプレイできる
ごく稀にラグが起きる
15~30ms 問題なくプレイできる
稀にラグが起きる
30~50ms ストレスを感じる
ラグが起きる
サーバーから切断される
50ms以上 まともにプレイできない
ラグが頻繁に起きる
サーバーから切断される

上表はオンラインゲームが快適に利用できるPing値の目安をまとめた表です。

とくにオンラインゲームにおいては、回線速度よりもPing値が重視されます。例えば、ボタン入力した動作が、すぐに反映されないと負ける要因になります。

Ping値が低いほど、即座に行動が反映されるので、FPSやTPSなど繊細な動きをするゲームはPing値が重要です。

auひかりの平均Ping値ならどのジャンルでも快適に遊べる

auひかりを利用している人の平均Ping値は16.3msです。上のPing値の目安に当てはめると「問題なくプレイできる」程度です。

利用者の多い光回線の中でauひかりのPing値はとても優秀な部類です。「とても快適」「快適にプレイできる」環境を目指すなら、auひかりは第一候補と言えます。

ゲームタイトル別の回線速度目安

ゲームをやっている人のイラスト

快適な回線速度目安 快適な応答速度目安
Apex Legends
(PC/PS5/PS4/Switch)
70Mbps以上 15ms以下
VAROLANT
(PC)
Fortnite
(PC/PS5/PS4/Switch)
バトルフィールド
(PC/PS5/PS4/Xbox)
Call of Duty
(PC/PS5/PS4)
レインボーシックス
シージ
(PC/PS5/PS4/Xbox)
Dead by Daylight
(PC/PS5/PS4/Switch)
50Mbps以上 30ms以下
Minecraft
(PC/PS5/PS4/Switch)
30Mbps以上
モンスターハンター
ライズ
(Switch)
スプラトゥーン3
(Switch)
大乱闘
スマッシュブラザーズ
(Switch)
スーパーマリオ
ブラザーズ
(Switch)

FPS系ゲームは快適にプレイできる速度の水準が高い

Apex Legends(エーペックスレジェンズ)・VALORANT(ヴァロラント)・Fortnite(フォートナイト)などは、多くの人とリアルタイムで対人戦をするゲームです。

一般的にFPS・TPSと呼ばれるゲームジャンルは、フレーム単位で求められる速度水準が高いです。そのため、快適に遊ぶために必要な回線速度は70Mbps以上になります。

また、応答速度(Ping値)も低ければ低いほど、ゲームプレイは有利になります。

FPSやTPSゲームの回線速度目安は70Mbps以上で応答速度は15ms以下

上述した中にある、エーペックスレジェンズや、フォートナイトといったFPSやTPSジャンルを快適に遊ぶためには、回線速度が70Mbps以上あると良いです。

さらに、撃ち負けないプレイとなると、応答速度(Ping値)も低くないと難しいです。Ping値の目安は15ms以下が望ましいです。

もちろん20ms以上でも問題なく遊べますが、15msと比べると、ラグやフリーズ、サーバーの切断などが起こりやすくなります。

FPSジャンルの快適な応答速度(Ping値)の目安
応答速度(Ping値) 快適さ
0~10ms とても快適
ラグがほぼない
10~15ms 快適にプレイできる
ごく稀にラグが起きる
15~30ms 問題なくプレイできる
稀にラグが起きる
30~50ms ストレスを感じる
ラグが起きる
サーバーから切断される
50ms以上 まともにプレイできない
ラグが頻繁に起きる
サーバーから切断される

上表のとおり、Ping値が一桁台だと快適にプレイできるのが分かります。Ping値が低いほどラグが起きにくくなるので、撃ち負けることも少なくなります。

例えば、プロゲーマーや、ストリーマーのPing値は一桁の場合がほとんどです。それほど、FPSジャンルにおけるPing値は重要です。

アクション系ゲームは多少遅くても平気

テレビゲームで遊ぶ人のイラスト

逆にモンハンやスプラトゥーン、スマブラといったアクション系のオンラインゲームは、そこまで速度を重視しなくても問題ありません。

少人数規模でのオンラインプレイになるため、求められる回線速度や応答速度もFPSとは違い、多少遅くても問題なくプレイできます。

アクションゲームなどの回線速度目安は30Mbps以上で応答速度は30ms以下

アクションゲーム・MMO系・RPGなどのゲームジャンルの快適な回線速度の目安は30Mbps以上です。

応答速度(Ping値)はゲームタイトルにもよりますが、30ms以下であれば基本的なプレイに支障はありません。

実際の応答速度が50~100ms前後だったとしても遊べます。ただし、50ms以上だと、ラグ・フリーズ・サーバー切断が頻繁に起こりやすいため、30ms以下が望ましいです。

ゲームジャンル別の応答速度(Ping値)目安まとめ

ゲームジャンル 応答速度(Ping値)目安
FPS・TPS系 15ms以下
格闘系 20ms以下
MOBA・MMO系 30ms以下
アクション系 50ms以下
RPG系 50~100ms前後
TCG系

上表にゲームジャンル別に必要な応答速度をまとめました。50msほどのPing値でもオンラインゲームを遊べることが分かります。

ただ、Ping値は小さいに越したことはないです。さまざまなゲームを遊びたいなら20ms以下を目安にすると良いでしょう。

\最大66,000円キャッシュバック!/
\最大76,000円キャッシュバック!/
NNコミュニケーションズの窓口

auひかり以外におすすめのゲーム回線

光回線 おすすめ理由
GameWith光のロゴ▼GameWith光 オンラインゲームに特化した光回線
公式のテストでPing値が平均10以下
専用帯域の利用でラグを防止
月額料金が1ヶ月間無料 一番お得なキャンペーン窓口
ドコモ光のロゴ▼ドコモ光 ドコモユーザーにとって最安の光回線
無条件で40,000円還元(当サイト限定)
ドコモのセット割に唯一対応している
開通までモバイルWi-Fiが無料で使える10月31日まで限定キャンペーン実施中11月は抽選でPayPay5千円分が当たる 一番お得なキャンペーン窓口
西久保さん 西久保
auひかりは対応エリアが限定されています。エリア外で契約できない、という場合は全国対応の光コラボから選びましょう。

オンラインゲーム向けのGameWith光

GameWith光のロゴ

GameWith光の特徴

  • ・公式のテストでPing値が平均10以下
  • ・専用帯域の利用でラグを防止
  • ・月額料金が1ヶ月間無料
  • ・クロスパス対応
  • ・15日間お試し利用可能
おすすめ度評価 総合評価はとても良い
マンション月額料金 4,840円
戸建て月額料金 6,160円
スマホセット割 なし
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 425Mbps
開通工事費 立ち会い工事あり:19,800円
立ち会い工事なし:2,200円
対応エリア 全国
高速プラン なし
IPv6 対応
(クロスパス)
1番お得な
キャンペーンサイト
▶公式サイト
関連記事 ▶GameWith光の評判など全情報

2022年3月にリリースされたオンラインゲーム向けの光回線

GameWith光の特徴解説図

GameWith光は、2022年3月18日にリリースされたゲーム向けの回線です。ドコモ光やとくとくBB光のv6プラス接続と同じように、通信を高速化する仕組みに対応しています。

そのため、ゲーム実況や大規模アップデートもスムーズに実行できます。

さらに、ゲームタイトルがあるクラウドやプロバイダと直接接続するため、ラグが起きにくいのが特徴です。公式のテストではPing値が夜間でも10msでした。

利用者の平均速度が速い

GameWith光と光回線全体の平均速度比較

GameWith光は実際の利用者の平均速度がかなり速いです。始まって間もないサービスなので、サンプル数が少ないですが平均425Mbpsです。

光回線全体の平均速度より90Mbpsも速く、ゲームの大型アップデートがあっても短時間で済むケースが多いです。

月額料金が1ヶ月間無料

GameWith光ゲーマー応援キャンペーンの概要

GameWith光は月額料金が初月無料で利用できます。GameWith光ゲーマー応援キャンペーンを実施中だからです。

キャンペーンは2022年6月1日から無期限で実施しています。ただし、光回線のキャンペーンは利用者が増えたら突然終了するケースがあります。

ちなみに利用開始日から15日以内なら違約金、月額料金、手数料なしで解約できます。開始から間もないサービスですが、お試し感覚で利用できるので安心して契約できます。

もし、GameWith光を契約するなら、なるべく早めに申し込みましょう!

FPSやTPSに最適!
\オンラインゲーム向けの光回線!/
GameWith光の公式サイトはこちら

ドコモ光はv6プラス対応でかなり速い

ドコモ光の特徴

  • ・ドコモユーザーなら最安
  • ・工事費完全無料
  • ・国内シェア率No.1の光回線
  • ・v6プラス対応のプロバイダを選べる
おすすめ度評価 ドコモ光の総合評価はとても良い
マンション月額料金 4,400円
戸建て月額料金 5,720円
スマホセット割 ドコモ回線
最大1,100円割引/月
最大速度 下り:1Gbps
上り:1Gbps
平均速度 下り:269Mbps
上り:210Mbps
開通工事費 マンション:16,500円
戸建て:19,800円
※キャンペーンで完全無料
対応エリア 全国
一番お得な
キャンペーンサイト
(GMOとくとくBB)
当サイト限定!
オプション不要で40,000円還元▶こちらをタップ
関連記事 ▶ドコモ光の評判など全情報
▶キャンペーン情報はこちら

v6プラスオプションで回線が速くなる

ドコモ光の全体の平均速度とv6プラス接続の平均速度比較(2022年5月10日時点)

全体の平均速度 v6プラス
平均速度
(下り)
269Mbps 315Mbps
平均速度
(上り)
210Mbps 221Mbps

ドコモ光は高速化オプションの「v6プラス」を使えば回線速度が安定して速くなります。全体の平均速度は269Mbpsですが、v6プラス利用者の平均速度は315Mbpsもでます。

v6オプションは、回線が混雑しやすいルートとば別の経路で通信する仕組みです。そのため、ゲームプレイヤーが集中しやすい夕方以降でも安定した速度で通信できます。

ドコモ光はv6プラスを使えば、ゲーム回線として快適に利用できます。

ヒカリク限定特典!
\オプション不要で40,000円キャッシュバック!/
10月31日までの限定キャンペーン実施中!
\抽選で200名にAmazonギフト5千円分が当たる/
ヒカリク限定特典!
\オプション不要で40,000円キャッシュバック!/
GMOとくとくBBはこちら

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

GMOとくとくBBのロゴ

平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
GMOとくとくBB 319Mbps 237Mbps
OCN 312Mbps 209Mbps
@nifty 298Mbps 216Mbps
 タイガースネット 292Mbps 226Mbps
楽天ブロードバンド 256Mbps 208Mbps
WAKWAK 236Mbps 211Mbps
hi-ho 96Mbps 214Mbps

GMOとくとくBBがおすすめの理由

  • 利用者の平均速度が速い
  • v6プラス対応の高性能ルーターが無料
  • ・月額料金が安いタイプAのプロバイダ
  • ・v6プラスに標準対応(申し込み不要)

ドコモ光のプロバイダはGMOとくとくBBが一番おすすめです。利用者の平均速度が比較的速いからです。

しかも、月額料金は一番安いタイプAなので、タイプBのOCNより220円安く済みます。またv6プラス対応の高性能ルーターが無料でレンタルできます。

性能が悪いルーターを使うとラグが頻発することがあるので、オンラインゲーマーには嬉しい特典です。ゲーム環境を安く構築したいなら、プロバイダはGMOとくとくBBにしましょう。

ドコモ光は「GMOとくとくBB」からの申し込みが一番おすすめ

ヒカリクを使えばドコモ光のキャッシュバックがオプション不要で40,000円になる

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 無条件で40,000円キャッシュバック
  • ②高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ③開通工事費が無料になる
  • 無条件で40,000円キャッシュバック
  • 10/31まで限定キャンペーン実施中
  • ③高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ④開通工事費が無料になる
  • 無条件で40,000円キャッシュバック
  • 開通してから最短1ヶ月後に受け取れる
  • 11/30まで期間限定キャンペーン実施中
  • ④申し込み時の電話で手続きが完結
  • ⑤高性能Wi-Fiルーターが無料レンタルできる
  • ⑥開通工事費が無料になる

ドコモ光へ申し込むなら「GMOとくとくBB」の当サイト専用窓口が一番おすすめです。

通常キャッシュバック金額が5,500円のところ、40,000円になるので他の窓口よりお得に申し込めます。

さらに10月25日~31日の7日間限定で、抽選で200名にAmazonギフト5,000円が当たるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBBは期間限定キャンペーンを実施中

さらに11月1日~30日の期間限定で、抽選で200名にPayPayポイント5,000円分が当たるキャンペーンを実施中です!

GMOとくとくBB大感謝際!抽選で200名にPayPayポイント5,000円分プレゼント

ドコモ光を利用するならGMOとくとくBBから申し込みましょう!

ヒカリク限定特典!
\オプション不要で40,000円キャッシュバック!/
10月31日までの限定キャンペーン実施中!
\抽選で200名にAmazonギフト5千円分が当たる/
11月30日までの限定キャンペーン実施中!
\抽選で200名にPayPayポイント5千円分が当たる/
GMOとくとくBBはこちら

工事不要のゲーム回線で最もおすすめはドコモhome5G

ドコモhome5Gロゴマーク

ドコモhome5Gの特徴

  • 下り最大4.2Gbpsで通信できる
  • 工事不要でコンセントに挿すだけで使える
  • ・ドコモのスマホ利用料が安くなる
  • ・端末費用が実質無料
  • ・契約期間の縛りなし
おすすめ度評価 総合評価は良い
月額料金 4,950円
端末代金 39,600円
(月々サポートで実質無料)
スマホセット割 home5Gセット割
最大1,100円引き
(ドコモ)
契約事務手数料 3,300円
5G最大速度 下り:4.2Gbps
上り:218Mbps
4G最大速度 下り:1.7Gbps
上り:131.3Mbps
平均速度 下り:191Mbps
上り:20Mbps
平均応答速度
(Ping値)
52.3ms
データ量の上限 無制限
契約期間 縛りなし
対応エリア 全国
(5G対応は一部エリア)
1番お得な
キャンペーンサイト
(公式サイト)
18,000円キャッシュバック
▶こちらをタップ
関連記事 ▶ドコモhome5Gの評判や口コミ

コンセントを挿すだけでネットを使える

ドコモhome5Gは、コンセントを挿すだけでネット環境を整えられます。光回線と違って開通工事が不要です。

固定回線の開通工事ができないマンションに住んでいる人や、開通工事までの待期期間がイヤな人におすすめです。

他社ホームルーターよりも最大速度が速い

最大速度
(下り)
最大速度
(上り)
ドコモ home5G
(HR01)
4.2Gbps 218Mbps
auホームルーター5G
(L11)
2.7Gbps 183Mbps
auスマートポート
(L02)
1,237Mbps 75Mbps
ソフトバンクエアー
(Air ターミナル4)
962Mbps 非公開
UQWiMAXギガ放題プラス
(L11)
2.7Gbps 183Mbps
UQWiMAXギガ放題
(L02)
1,237Mbps 75Mbps

LANケーブルで有線接続できる

ドコモhome5Gの端末であるHR01には、LANケーブルを接続できる有線ポートがついています。有線接続ができるため、ある程度の安定性を確保できます。

FPSなどのオンラインゲームはWi-Fi環境で遊ぶとラグが発生しやすいです。home5Gを使う際には、内容物に含まれているLANケーブルで有線接続するのがおすすめです。

home5Gの一番お得な申し込み窓口

「ドコモhome 5Gは申し込み窓口によってキャッシュバック額が変わる」のイメージイラスト

ドコモhome5Gは、申し込みに利用する窓口によってキャッシュバックの金額が変わります。

どの窓口から申し込んでもサービス自体は変わらないので、公式サイトや家電量販店よりも還元額が多いお得な代理店を経由して契約するのがおすすめです!

ドコモhome 5Gの窓口別キャッシュバック額

GMOとくとくBB NN
コミュニケーションズ
ITX
還元額 18,000円分 15,000円 15,000円
受け取り期間 4ヶ月後 1ヶ月後 2ヶ月後
申請方法 メール 電話 電話

ドコモhome 5Gは申し込みに利用する窓口によってキャッシュバック額が変わります。

最もおすすめな窓口はGMOとくとくBBという代理店です。オプション加入不要で18,000円分のAmazonギフト券がもらえます。

Amazonギフト券ではなく現金で還元してほしい人は、NNコミュニケーションズがおすすめです。home 5Gの利用開始翌月に、15,000円のキャッシュバックがもらえます。

ドコモhome5Gおすすめ窓口ランキング
ドコモhome 5Gのお得な窓口のGMOとくとくBB 最高額の18,000円キャッシュバック
Amazonギフト券での受け取り
メールだけで申請可能キャンペーンページはこちら
お得な窓口__NN 15,000円を現金で還元
最短で翌月末に受け取れる
キャンペーンは電話で申請キャンペーンページはこちら
ITX ロゴ 15,000円を現金で還元
受取時期は2ヶ月後
キャンペーンは電話で申請キャンペーンページはこちら
結局どの光回線がいいの?と迷ったら
結局どの回線がいいの?と悩んでいる女の子のイラスト

「自分にとって一番安い光回線は?」
「調べて比較するのがめんどくさい」

迷った人は、私たち「ヒカリク」の電話相談窓口を使ってみてください。お住まいのエリアやなんとなくの要望に合わせて一番お得で快適な光回線をご提案します。

電話で相談するメリット

  • ・その人に合った最安の光回線が分かる
  • ・質問に答えるだけで提案してくれる
  • ・電話ですぐに無料相談できる
  • ・面倒な会員登録は一切不要

限定キャッシュバックが受け取れます。いちいち自分で調べて比較するのが面倒な人にも向いています。

\今すぐ無料で相談してみる/
auひかりの記事
  • 光回線の評判口コミ
    ドコモhome5G(GMOとくとくBB)のバナー