暮らしを快適にするための情報メディア

【2021】値段が安いウォーターサーバーおすすめランキング10選|一人暮らしやオフィス向けも紹介

値段が安いウォーターサーバー

「月額コストが安いウォーターサーバーはどれ?」

「ノルマはどれくらい?後悔したくない」

ウォーターサーバーは重い水を運ぶ手間なく、いつでも手軽においしい水が飲めることで、人気を集めています。しかし、ウォーターサーバーは高いイメージがあり、数も多くどこが安い値段なのかがわからない…

そこでこの記事では、ウォーターサーバーにかかる費用や選ぶポイントを解説し、おすすめの安いウォーターサーバー10選を紹介します。一人暮らしや赤ちゃんへのおすすめも紹介しているので、お得なウォーターサーバーを探す参考にしてください。

おすすめの安いウォーターサーバー

目次

ウォーターサーバーの値段は高い?安い?評判まとめ

ウォーターサーバーの値段は高い安い

値段が高いと感じる人の口コミ

値段に疑問を持った人

サーバーの水の量によっては、消費量が多いと値段が気になりだすという意見が見られました。単価の高い水だと、消費量が多い人は水代がかさみます。

利便性には満足しても水の高さが気になる人

利便性には満足していても、値段の高さが気になる人はいるようです。重い水の配送は便利ですが、その分の費用負担は必要になります。

値段が安いと感じる人の口コミ

値段と機能共に満足している人

値段の安さを含め、ウォーターサーバーの利便性に満足している人の意見です。家にウォーターサーバーを置けば、冷水・お湯の両方を手軽に使えます。

流れで契約した人

値段の安さだけでなく、コンパクトなサイズも気に入っている人もいました。粉末飲料を飲むときにも、ウォーターサーバーを活用できそうです。

子育て中の人

子育て中の人にはとても便利でお得という意見もありました。多くのウォーターサーバーにチャイルドロックが付いており、ミルク作りにも便利なので、子供がいる家庭にもウォーターサーバーはおすすめです。

評判まとめ:利便性を考えれば満足な値段という意見が複数

ウォーターサーバーの値段についての評判を調べたところ、コスパでは優れているという意見が多くありました。使い方や生活スタイル、使用しているウォーターサーバーによりますが、利便性を考えれば満足な値段のようです。

水の運ぶのが手間に感じていた人や、冷水・お湯を多く使う人には、特にウォーターサーバーはお得と言えます。

ウォーターサーバーにかかる費用

ウォーターサーバにかかる費用

サーバー関係の費用

  • サーバー代(1,000円程度)
  • 電気代(500~1,000円程度)
  • メンテナンス費用(500~1,000円程度)

ウォーターサーバーの設置などに対してかかる費用は、サーバーレンタル代や電気代、メンテナンス費用などです。省エネタイプのものや、サーバー代やメンテナンス費用が無料のサービスもあるので、契約前に確認しましょう。

水関係の費用

  • 水代(1Lあたり500円程度)
  • 水の配送料(0~500円程度)

水にかかる費用は、水代と水の配送料です。長期休暇で在宅時間が延びたり、夏場は消費量が増えたりなど、水の使用量に応じて費用が変わります。1ヶ月に必要な水の量を考え、平均値で大まかな費用を算出しましょう。

水の消費量の目安

家族数 月の平均の水の摂取量
(1日コップ2杯水を飲む場合)
1人暮らし 12L
2人暮らし 24L
ファミリー
(3人家族)
36L

1日コップ2杯の水を飲む場合、1人あたり月12リットルの水を消費します。コップ一杯が約200mlというのを目安に、消費量を考えましょう。料理や炊飯、赤ちゃんのミルク作りなどにも使う場合は、10~15Lはプラスして考える必要があります。

また、水の配送料は地域によって異なります。都内と地方では毎月500円以上違う場合もあるため、どれくらいの配送料がかかるのか、事前に確認することが大切です。

ただし、サーバーと水代を合わせた月額費用が安くても、初期費用や解約費用が高額なケースもあります。月額費用だけでなく、初期費用と解約費用を合わせたトータルコストも意識し、ウォーターサーバーを選びましょう。

安いウォーターサーバーを選ぶ5つのポイント

  • 水の注文ノルマの有無
  • 水代以外の月額費用や初期費用
  • 解約条件や費用の緩さ
  • 特典の有無
  • 最低契約期間の支払総額

水の注文ノルマの有無

水の注文ノルマがないウォーターサーバーは、費用を抑えやすいです。月ごとに水の注文ノルマがあると、必要以上に注文したり飲み切れなかったりなど、自分のペースで水を飲めない可能性があります。

アルピナウォーターアクアクララなどは、注文ノルマがなく、余計な水を注文する必要がありません。水の保管スペースも削減でき、余らせる心配も少ないので、一人暮らしには特におすすめです。

ただし、水の注文ノルマのないウォーターサーバーは少ないです。配達のスキップや一時停止が可能なもの、ノルマの緩いものも含めて検討するといいでしょう。ノルマの緩さは、1人の月使用量が12Lというのを目安にしてください。

水代以外の月額費用や初期費用

費用を抑えるためには、「初期費用」「サーバー代」「水の送料」のどれかは無料のサーバーを選びましょう。それぞれの料金が全てかかるウォーターサーバーだと、費用負担が大きくなります。

ただ、サーバー代が無料で注文ノルマもないサーバーはなく、どちらかの負担は必要です。自分の生活スタイルや飲み方を考えて、比較しましょう。配送料は地域ごとに異なり、特定エリアのみ無料のケースもあるので、居住地の配送料を確認が必要です。

一定以上の消費がある場合は、月額費用が不要のワンウェイウォーターが良いでしょう。また、規定以上の水を注文すると、サーバー代が無料になるケースもあります。

解約条件や費用の緩さ

ウォーターサーバーの契約前に、解約時の条件や費用の確認も重要です。サーバーによっては契約期間が2年と決まっており、2年以内の解約で違約金がかかるケースもあります。

転勤や長期出張の可能性があったり、引っ越しを検討していたりする場合には、解約費用や解約条件が特に重要です。配送エリアなどの関係で、転居先では別のサーバーに切り替えるべきケースもあります。

解約費用や違約金は、5,000円~20,000円程度が目安です。解約料がいつでも無料なら、解約のことを気にせず、気軽に契約できます。短期間での解約も考えて、条件と費用を事前にしっかり確認しましょう。

キャンペーンの有無

キャッシュバック

キャンペーンで、現金キャッシュバックを受けられるケースがあります。他社サーバーからの乗り換えを検討している場合、乗り換えキャンペーン利用を考えてみましょう。乗り換える際の、違約金相当額がキャッシュバックされます。

乗り換えキャンペーン利用の場合は、他社サーバー利用の証明書類などが必要です。注意点として、キャッシュバックの対象が、契約期間やプランが限定されているケースがあります。キャンペーン利用時は、特典条件を満たせるかチェックしましょう。

サーバーを無料プレゼント

購入前提のウォーターサーバーが無料プレゼントされるケースもあります。期間限定のキャンペーンのことが多いため、実施時には見逃さないようにしましょう。

プレゼントではありませんが、クリクラのように、本契約の前に無料でお試し設置できるウォーターサーバーもあります。無料で試せるウォーターサーバーの場合、事前に設置スペースや水を飲むペースを確認できるのが大きなメリットです。

商品券プレゼント

ウォーターサーバーを契約時に、商品券が貰えることもあります。魅力的なプレゼントですが、プレゼントをもらうための条件が厳しい場合も多いです。契約条件に応じて様々な特典があるため、費用と併せて確認しましょう。

初回の水を数本無料プレゼント

ウォーターサーバーをレンタルした際、初回の水を無料で数本もらえるキャンペーンもあります。最初の水代が浮くことはメリットですが、水の消費量を確認できるのも魅力です。購入ノルマがあるウォーターサーバーの場合には、特におすすめできます。

赤ちゃんがいる家庭向けキャンペーン

赤ちゃんのミルク用にウォーターサーバーを導入する家庭が多いことから、妊娠中や育児中の人を対象としたキャンペーンも多くあります。確実にお得になるキャンペーンなので、妊娠出産を控えている、予定がある場合には検討してみてください。

ウォーターサーバーの最低契約期間(2年)の使用金額合計で計算

2人暮らしの計算方法と目安
(24Lの水代+月の電気代)×24ヶ月
+
(メンテナンス費用など)
=2年間使った場合の費用(11~12万円程度)

ウォーターサーバーの多くは最低契約期間が2年なので、2年間使った場合の合計費用を計算すると、お得なウォーターサーバーを探しやすいです。

1人暮らしなら12L、3人以上のファミリーなら36Lで計算してみてください。また、料理やミルク作りに使うなら、水の量を10~15L多めに考えましょう。

月額費用が安いウォーターサーバー10選

月学費が安いウォーターサーバー10選

ウォーターサーバー リンク 総合評価 2年総額 初期費用 月額費用 水の配送料 水の種類 購入ノルマ 1注文の料金 電気代/月 その他費用
(解約日・設置費など)
アルピナエコアルピナウォーター
エコサーバー
公式詳細 ★★★★★ 【1人暮らし】
約66,000円
【2人暮らし】
約93,000円
【3人暮らし】
約120,000円
0円 【レンタル代】
959円
0円 RO水 なし 【12Lボトル】
3,402円/3本~
約650円 【解約金】
設置後1年以内の解約
5,500円~11,000円
アクアファブアクアクララ
AQUA FAB
公式詳細 ★★★★★ 【1人暮らし】
約58,000円
【2人暮らし】
約91,000円
【3人暮らし】
約125,000円
※2年割プランで計算
0円 【サポート料】
2年割プラン:1,430円
通常プラン :1,650円
0円 RO水 なし 【レギュラーボトル(12L)2本~】
・2年割プラン
2,808円/本~
・通常プラン
3,024円/本~
【スリムボトル(7L)3本~】
・2年割プラン
3,240円/本~
・通常プラン
3,564円/本~
約1,000円 【途中解除料 】
・通常プランで1年未満の退会
6,600円
・2年割プランで2年未満の退会
11,000円
アクアセレクトアクアセレクト 公式詳細 ★★★★★ 【1人暮らし】
約97,000円
【2人暮らし】
約97,000円
【3人暮らし】
約162,000円
0円 【レンタル代】
0円
【本州・四国・九州】
0円
【北海道】
990円
【沖縄】
1,100円
※離島は実送料
天然水 1箱
(11.35L×2本)
【11.35Lボトル】
2,710円/箱(2本)~
※1箱目は3,132円
約750円 【早期解約手数料】
2年以内の解約
6,160円
【メンテナンス料】
3,520円
【サーバー返却送料】
約3,000円(関東の場合)
シンプルウォーターシンプルウォーター
エコパックサーバー
公式詳細 ★★★★☆ 【1人暮らし】
約81,000円
【2人暮らし】
約110,000円
【3人暮らし】
約140,000円
※2人暮らし1.5箱計算
【サーバー代】
15,180円
【レンタル代】
0円
【北海道】440円/箱
【東北】110円/箱
【関東/中部/近畿】0円/箱
【中国】220円/箱
【四国】330円/箱
【九州】440円/箱
【沖縄(離島含)】1,650円/箱
天然水 なし 【エコパック1箱】
6L×3パック~
2,430円~
約310円
信濃湧水スタンダード信濃湧水
エコサーバー
公式詳細 ★★★★☆ 【1人暮らし】
約101,000円
【2人暮らし】
約101,000円
【3人暮らし】
約179,000円
0円 【レンタル代】
330円
【本州】
0円
【本州以外】
504円/箱
天然水 直近3ヶ月
2箱(4本)
【3ガロン(11.4L)ボトル】
3,240円/箱(2本)~
※自社配送エリアは2箱/4本~
約1,000円 【事務手数料】
購入ノルマ未達
月額880円
【サーバー解約手数料】
1年以内に解約
11,000円
クリクラ省エネクリクラ
省エネサー バー
公式詳細 ★★★★☆ 【1人暮らし】
約72,000円
【2人暮らし】
約107,000円
【3人暮らし】
約142,000円
【初回金】
7,700円/台
【サポートパック】
460円
0円 RO水 なし 【クリクラボトル(12L)】
1,460円/1本~
【クリクラボトル(5.8L)】
1,720円/2本~
約756円 【サーバーレンタル代】
3ヶ月で6本未満の場合
1,100円/月
サントリーウォーターサーバーサントリー天然水
ウォーターサーバー
公式詳細 ★★★★☆ 【1人暮らし】
約133,000円
【2人暮らし】
約133,000円
【3人暮らし】
約230,000円
0円 【レンタル代】
0円
0円 天然水 3箱
(1箱7.8L)
【7.8Lパック】
4,050円/3パック~
約1,480円 【サーバー持ち戻り手数料】
取消期限後の申込み取消
6,710円
スノーアルプススタンダードスノーアルプス
スタンダード
公式詳細 ★★★☆☆ 【1人暮らし】
約100,000円
【2人暮らし】
約122,000円
【3人暮らし】
約196,000円
0円 【月額定額制】
1ヶ月1箱 :4,104円
1ヶ月2箱 :7,182円
2ヶ月1箱 :3,186円
0円 天然水 なし 【7.6Lボトル】
・1箱プラン/1ヶ月
4,104円/箱(3本)
・2箱プラン/1ヶ月
7,182円/2箱(6本)
・1箱プラン/2ヶ月
3,186円/箱(3本)
【追加】
3,510円/箱~
約1,000円 【解約金】
2年以内に解約の場合
16,500円
ワンウェイウォーターワンウェイウォーター
smartプラス
公式詳細 ★★★☆☆ 【1人暮らし】
約110,000円
【2人暮らし】
約110,000円
【3人暮らし】
約210,000円
※天然水&月2本で計算
【出荷手数料】
1,100円
【レンタル代】
0円
0円 RO水
天然水
【プレミアム】
月3本以上
【天然水】
月2本以上
【12Lボトル】
・プラスプレミアム
2,700円/2本~
・富士の銘水「彩(SAYA)」
4,104円/2本~
・京都三岳山麓「京の湧水」
4,104円/2本~
・九州日田「天寿の水」
4,104円/2本~
474円
(エコモード1日2回使用)
【サーバー引取手数料】
2年間以内の解約
9,900円
ハワイアンウォーターエコピュアハワイアン
エコサーバー
公式詳細 ★★★☆☆ 【1人暮らし】
約117,000円
【2人暮らし】
約117,000円
【3人暮らし】
約210,000円
0円 【レンタル代】
330円
【自社配送エリア】
0円
【宅配便利用】
・本州エリア
385円/箱
・本州エリア以外
660円/箱
RO水 直近3ヶ月
・45.6L
3ガロン×4
or
2ガロン×6
【自社配送エリア】
・3ガロン(11.4L)
7,776円/2箱(4本)
・2ガロン(7.6L)
8,874円/2箱(4本)
【自社配送エリア外】
・3ガロン(11.4L)
3,888円/1箱(2本)
・2ガロン(7.6L)
4,437円/1箱(3本)
約650円 【解約金】
1年以内に解約の場合
11,000円
【事務手数料】
ノルマ未達の場合
880円
▼ランキング評価基準の詳細(タップで開閉)
ランキング評価基準
・初期費用
・月額費用
・配送料
・注文量やノルマ
・電気代
・その他費用


おすすめの値段の安いウォーターサーバーについて、編集部が上記6項目を徹底比較し、口コミ等も参考に総合評価を算出しています。

アルピナウォーター エコサーバー高コスパのRO水エコサーバー

アルピナエコ

おすすめユーザー

  • 一人暮らしの人
  • 購入ノルマに縛られたくない人
  • アルピナ ボトル
  • アルピナ 細部
  • アルピナ 設置イメージ1
  • アルピナ 設置イメージ2
2年総額 【1人暮らし】
約66,000円
【2人暮らし】
約93,000円
【3人暮らし】
約120,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
【サーバーレンタル代】
959円
※設置月は0円
【水の送料】
2ガロンボトル
・本州:385円/箱
・北海道・四国・九州:660円/箱
12Lボトルは無料
1注文の料金 12Lボトル3本~:
3,402円~
2ガロン(7.6L)ボトル1箱(3本入)~:
2,526円~
電気代(月額) 約650円
その他費用 1年以内に解約する場合の解約金
・関東:11,000円/台
・その他:5,500円/台
水の種類 RO水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ 12L:リターナブル
2ガロン:ワンウェイ

アルピナウォーターのエコサーバーは、従来のサーバーから約35%消費電力をカットしています。省エネモードでは最大で42%の省エネを実現しており、電気代を抑えたい方に、おすすめのウォーターサーバーです。

アルピナウォーターの水は、北アルプスの天然水をろ過した純水です。味に癖がないため、万人が飲みやすい水を使っています。雑味のない純水は料理やコーヒー・紅茶の味を邪魔しません。

飲み水以外にも使いやすく、購入ノルマもないため、どのような家庭でも使いやすいウォーターサーバーです。

アルピナウォーター公式サイト

アクアクララ AQUA FAB高級感あるマットカラーのサーバー

アクアファブ

おすすめユーザー

  • 一人暮らしの人
  • 高級感あるウォーターサーバーを使いたい方
  • アクアファブ 外観1
  • アクアファブ 細部詳細
  • アクアファブ 設置イメージ
  • アクアファブ 設置イメージ2
2年総額 【1人暮らし】
約58,000円
【2人暮らし】
約91,000円
【3人暮らし】
約125,000円
※2年割プランの金額で計算
初期費用 0円
月額費用
配送料
あんしんサポート料
・2年割プラン:1,430円/月
・通常プラン :1,650円/月
水の送料:0円
1注文の料金 レギュラーボトル(12L)2本~
・2年割プラン:2,808円/本~
・通常プラン :3,024円/本~
スリムボトル(7L)3本~:
・2年割プラン:3,240円/本~
・通常プラン :3,564円/本~
電気代(月額) 約1,000円
その他費用 途中解除料
・通常プランで1年未満の退会:6,600円
・2年割プランで2年未満の退会:11,000円
水の種類 RO水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ リターナブル

アクアクララのAQUA FABは、グッドデザイン賞を受賞した、シンプルでスタイリッシュなウォーターサーバーです。どんなインテリアにもなじみやすいデザインで、おしゃれな空間を演出できます。

AQUA FABの月額費用は、専門スタッフの対応や定期メンテナンス、故障対応などを含めたあんしんサポート料と水代です。あんしんサポートで、メンテナンスや故障時の対応が無料のため、予想外の出費を抑えられます。

水の購入ノルマがなく追加費用もかからないため、月額費用を一定金額に抑えたい方におすすめです。

アクアクララ公式サイト

アクアセレクト消費量が多い家庭におすすめの格安サーバー

アクアセレクト

おすすめユーザー

  • 水の使用量が多い人
  • 水の安さを気にする人
  • アクアセレクト 外観イメージ1
  • アクアセレクト 外観イメージ2
  • アクアセレクト 水 ボトル
  • アクアセレクト イメージ
2年総額 【1人暮らし】
約97,000円
【2人暮らし】
約97,000円
【3人暮らし】
約162,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
【サーバーレンタル代】
0円
【水の送料】
0円
※北海道990円、沖縄1,100円、離島は実送料が必要
1注文の料金 1箱(11.35L×2)
2,710円/箱~
※1箱目は3,132円、2箱目からは2,710円
電気代(月額) 750円
その他費用 【早期解約手数料】
6,160円
【メンテナンス料】
3,520円
水の種類 天然水
購入ノルマ 1箱(11.35L2本)
ボトルタイプ ワンウェイ

アクアセレクトのウォーターサーバーは、水質日本一に16回輝いた「宮川」上流の湧き水を自宅で楽しめます。天然水としては水の価格が安いのが、アクアセレクトの大きなメリットです。

初期費用やレンタル代が不要で、月額費用は水代だけで済みます。水は1ヶ月2本(22.7L)という注文ノルマがあり、1人の平均消費量の倍近いので、2人以上の家庭におすすめです。

1箱目は3,132円ですが、2箱目からの追加のお水は1箱2,710円とお得になります。追加の水が安いので、消費量が多い家庭にとっては魅力的です。

アクアセレクト公式サイト

シンプルウォーター エコパックサーバーシンプルな使用方法と料金体系

シンプルウォーター

おすすめユーザー

  • ウォーターサーバーが初めての人
  • 女性の人
  • 電気代を抑えたい人
  • エコパック 設置イメージ1
  • エコパック 細部1
  • エコパック 細部2
  • エコパック パック 水
2年総額 【1人暮らし】
約81,000円
【2人暮らし】
約110,000円
【3人暮らし】
約140,000円
※2人暮らしは1.5箱で計算
初期費用 ウォーターサーバー:15,180円
月額費用
配送料
月額費用:0円
水の送料(1箱あたり)
・北海道:440円
・東北:110円
・関東、中部、近畿:0円
・中国:220円
・四国:330円
・九州:440円
・沖縄(離島含):1,650円
1注文の料金 【エコパック1箱】
6L×3パック~
2,430円~
電気代(月額) 約310円
その他費用 なし
水の種類 天然水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ ワンウェイ

シンプルウォーターは使い方も料金プランも分かりやすく、初めてのウォーターサーバーにおすすめです。6.2Lエコバック式の水は、使い終わったら自分で処分できるので、ボトル回収の必要がありません。非力な女性でも交換しやすいのも、メリットの1つです。

水代と電気代の他に、サーバー購入代金が15,180円必要ですが、定期開催のキャンペーンで無料で使えます。2021年5月末にキャンペーンは終了していますが、夏ごろに再開予定ですので、上手く利用してお得にウォーターサーバーを使いましょう。

シンプルウォーター公式サイト

信濃湧水 エコサーバー幅広く使える超軟水

信濃湧水スタンダード

おすすめユーザー

  • 赤ちゃんがいる人
  • シンプルな料金体系に魅力を感じる人
  • 信濃湧水 外観イメージ1
  • 信濃湧水 細部1
  • 信濃湧水 細部2
  • 信濃湧水 細部2
2年総額 【1人暮らし】
約101,000円
【2人暮らし】
約101,000円
【3人暮らし】
約179,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:330円
水の送料:0円
※北海道、四国、九州は別途配送料504円/箱が必要
1注文の料金 【3ガロン(11.4L)ボトル】
3,240円/2本~
※自社配送エリアは2箱(4本)~、宅配便エリアは1箱(2本)~
電気代(月額) 約650円
その他費用 【事務手数料】
月額880円/台
※直近3ヶ月間の購入本数2箱(4本)未満
【サーバー解約手数料】
11,000円/台
※サーバー設置後1年以内の解約
水の種類 天然水
購入ノルマ 直近3ヶ月間の購入本数2箱(4本)
ボトルタイプ ワンウェイ
(自社配送エリアは回収も可)

信濃湧水エコサーバーは、スタンダードサーバーと比べ、最大42%消費電力をカットしています。スタンダードサーバーの月額電気代が800円~なのに比べ、エコサーバーは最安470円~の料金です。ECOモード搭載の、電気代が気になる方におすすめの一台です。

温水をサーバー内に循環させて殺菌する自動クリーニング機能と、定期メンテナンスで、サーバーを清潔に保てるのも魅力です。4年に1回の定期メンテナンスは、無料で受けられるので、メンテナンス費用も必要ありません。

水は自分の好きなタイミングで注文可能です。ただし、注文数が直近3ヶ月間で4本未満の場合は、手数料がかかるため注意しましょう。また、本州以外は配送費用がかかることにも注意が必要です。

信濃湧水公式サイト

クリクラ 省エネサーバー注文ノルマのない省エネサーバー

クリクラ省エネ

おすすめユーザー

  • 子育て世帯の人
  • サーバー代を気にしたくない人
  • クリクラ 外観 詳細
  • クリクラ 細部
  • クリクラ 細部詳細2
  • クリクラ 細部詳細2
2年総額 【1人暮らし】
約72,000円
【2人暮らし】
約107,000円
【3人暮らし】
約142,000円
初期費用 7,700円/台
月額費用
配送料
あんしんサポートパック:460円
水の送料:0円
1注文の料金 【クリクラボトル(12L)】
1,460円/1本~
【クリクラボトル(5.8L)】
1,720円/2本~
電気代(月額) 約756円
その他費用 【サーバーレンタル代】
3ヶ月で利用本数6本未満の場合
1,100円/月
水の種類 RO水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ リターナブル

クリクラ省エネサーバーは、これまでのクリクラサーバーと比較して、電気代を約55%削減しています。従来品の電気代が、平均月1,000円~1,300円のところ約535円で済む省エネ性です。毎月の電気代を抑え、長期的に費用を大きく削減できます。

通常の12Lサイズに加え、5.8Lのコンパクトボトルもあるので、ボトル交換が楽に行えます。月額460円で加入できるサポートで、無償修理や定期メンテナンスなど、5つのサポートを受けられます。メンテナンスや故障時に出費の心配がないのはメリットです。

クリクラ公式サイト

サントリー天然水 ウォーターサーバーサントリー天然水をウォーターサーバーでも

サントリーウォーターサーバー

おすすめユーザー

  • 赤ちゃんがいる人
  • サントリーの天然水を良く飲む人
  • サントリー パック
  • サントリー 細部
  • サントリー 設置イメージ1
  • サントリー設置詳細2
2年総額 【1人暮らし】
約133,000円
【2人暮らし】
約133,000円
【3人暮らし】
約230,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:0円
水の送料:0円
1注文の料金 1箱7.8L
4,050円/3箱~
※最低3箱から、3箱・6箱・9箱単位で注文可能
電気代(月額) 弱温・弱冷モード時:約1,350円
通常モード時:約1,480円
その他費用 【サーバー持ち戻り手数料】
期限後に申込み取消し:6,710円/台
※期限は設置3営業日前
水の種類 天然水
購入ノルマ 3箱(1箱7.8L)
ボトルタイプ ワンウェイ

サントリーのウォーターサーバーは、サントリー天然水をサーバーで楽しめるのが最大のメリットです。サントリーの天然水をペットボトルでよく飲んでいる人は、ウォーターサーバーへの切り替えを検討しましょう。

サントリーのウォーターサーバーは、冷水と温水をそれぞれ通常モードと弱冷・弱温モードに切り替えられます。季節や体調に合わせて、水の温度を調整できるのは大きなメリットです。

「冷水が飲みたい」「常温の水が飲みたい」「赤ちゃんのミルクをサーバーのお湯で作りたい」など、家族で飲みたい温度が違う場合は、サントリーのウォーターサーバーが便利です。

サントリー公式サイト

スノーアルプス スタンダードサーバーLongあらゆる家族構成に対応したプラン

スノーアルプススタンダード

おすすめユーザー

  • 女性の人
  • ボトル質が気になる人
  • スノーアルプススタンダード 外観
  • スノーアルプススタンダード外観2
  • スノーアルプススタンダード細部
  • スノーアルプススタンダード 詳細
2年総額 【1人暮らし】
約100,000円
【2人暮らし】
約122,000円
【3人暮らし】
約196,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
月額費用
・1ヶ月1箱 :4,104円
・1ヶ月2箱 :7,182円
・2ヶ月1箱 :3,186円
水の送料:0円
1注文の料金 定期配送
・1ヶ月1箱(7.6L3本) :4,104円
・1ヶ月2箱(7.6L3本×2) :7,182円
・2ヶ月1箱 (7.6L3本) :3,186円
追加
・7.6L3本セット~:3,510円~
電気代(月額) 約1,000円
その他費用 【解約金】
16,500円
※契約期間(2年)内に解約
水の種類 天然水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ ワンウェイ

スノーアルプススタンダードサーバーLongは、女性が使いやすいウォーターサーバーです。軽量7.6Lボトルはしぼまないタイプで持ちやすく、水を余さず使えます。また、使い捨て型のため保管の必要がなく、部屋にゆとりがなくても安心です。

定期配送の水は、1ヶ月1箱・1ヶ月2箱・2ヶ月1箱の3コースから選べるため、どのよう家族構成でも丁度良い量を注文できます。

月額定額コース制ですが、水が余っている場合は配送をストップできます。ただし配送ストップは、保管スペースを空けるためで、月額費用は変わらないのでご注意ください。水は追加注文できるので、定期配送は最小限の量からスタートするのがおすすめです。

スノーアルプス公式サイト

ワンウェイウォーター Smartプラス静音・コンパクト設計のスマートなデザイン

ワンウェイウォーター

おすすめユーザー

  • 水の種類の選択肢が欲しい人
  • 3人以上の家族の人
  • 電気代を抑えたい人
  • スマートプラス 外観1
  • スマートプラス細部
  • スマートプラス 設置イメージ1
  • スマートプラス 設置イメージ2
2年総額 プラスプレミアム
【1人暮らし】
約142,000円
【2人暮らし】
約142,000円
【3人暮らし】
約142,000円
※最低本数4本で計算
天然水
【1人暮らし】
約110,000円
【2人暮らし】
約110,000円
【3人暮らし】
約210,000円
※月2本の注文で計算
初期費用 出荷手数料:1,100円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:0円
水の送料:0円
※プラスプレミアムは月3本以上、天然水は月2本以上の契約
1注文の料金 【1セット(12L/2本)】
・プラスプレミアム
2,700円~
・富士の銘水「彩(SAYA)」
4,104円~
・京都三岳山麓「京の湧水」
4,104円~
・九州日田「天寿の水」
4,104円~
電気代(月額) 474円(エコモード1日2回使用時)
その他費用 【サーバー引取手数料】
規定利用期間(2年間)満了前の解約:9,900円
水の種類 RO水
天然水
購入ノルマ 【プラスプレミアム】
月3本以上
【天然水】
月2本以上
ボトルタイプ ワンウェイ

ワンウェイウォーターのsmartプラスは、スマートなデザインとコンパクトな設計が魅力です。消費電力を最大60%カットした省エネタイプで、月々の電気代を抑えられます。また、静音モデルなので、どのような部屋にも設置しやすいです。

水はRO水と3種類の天然水を扱っており、色々な水を楽しめるのも魅力です。RO水が頼めるプラスプレミアムは月3本以上、天然水は月2本以上の契約で、配送は2本単位なので3人以上の家庭におすすめします。

ワンウェイウォーター公式サイト

ピュアハワイアンウォーター
エコサーバー数少ないハワイの水を使ったサーバー

ハワイアンウォーターエコ

おすすめユーザー

  • 海外の水が気になる人
  • 電気代を抑えたい人
  • ピュアハワイアン 外観
  • ピュアハワイアン ボトル
  • ピュアハワイアン パッケージ
  • ピュアハワイアン イメージ
2年総額 【1人暮らし】
約117,000円
【2人暮らし】
約117,000円
【3人暮らし】
約210,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:330円
水の送料
・自社配送エリア:0円
※宅配便利用は、別途送料385円/箱
・本州:385円/箱
・北海道・四国・九州:660円/箱
1注文の料金 自社配送エリア
・3ガロン(11.4L)
7,776円/2箱(4本)~
・2ガロン(7.6L)
8,874円/2箱(6本)~
本州エリア
北海道・四国・九州エリア
・3ガロン(11.4L)
3,888円/1箱(2本)~
・2ガロン(7.6L)
4,437円/1箱(3本)~
電気代(月額) 約650円
その他費用 【解約金】
11,000円/台
※1年以内に解約の場合
【事務手数料】
月880円/台
※ノルマ未達の場合
水の種類 RO水
購入ノルマ 直近3ヶ月間で3ガロンボトル4本
または2ガロンボトル6本
ボトルタイプ ワンウェイ

ピュアハワイアンウォーターは、ハワイの天然水を細かなフィルターでろ過しており、雑味がないのが特徴です。

エコサーバーは、スタンダードサーバーと比べて約35%消費電力をカットしており、月々の電気代を大きく抑えられます。ECOモード使用で最大42%の省エネを実現しているため、月々の電気代が気になる方におすすめです。

ただし、スタンダードサーバーと異なり、エコサーバーはレンタル代が毎月330円かかることはご留意ください。居住地によって、水の最低配送数や送料が異なるため、しっかり確認しましょう。

ピュアハワイアンウォーター公式サイト

【一人暮らしにおすすめ】値段の安いウォーターサーバー3選

一人暮らしにおすすめ安いウォーターサーバー3選

ウォーターサーバー リンク 総合評価 購入ノルマ 2年総額 初期費用 月額費用 水の配送料 水の種類 1注文の料金 電気代/月 その他費用
(解約日・設置費など)
アルピナエコアルピナウォーター
エコサーバー
公式詳細 ★★★★★ なし 【1人暮らし】
約66,000円
0円 【レンタル代】
959円
0円 RO水 【12Lボトル】
3,402円/3本~
約650円 【解約金】
設置後1年以内の解約
5,500円~11,000円
アクアファブアクアクララ
AQUA FAB
公式詳細 ★★★★★ なし 【1人暮らし】
約58,000円
※2年割プランで計算
0円 【サポート料】
2年割プラン:1,430円
通常プラン :1,650円
0円 RO水 【レギュラーボトル(12L)2本~】
・2年割プラン
2,808円/本~
・通常プラン
3,024円/本~
【スリムボトル(7L)3本~】
・2年割プラン
3,240円/本~
・通常プラン
3,564円/本~
約1,000円 【途中解除料 】
・通常プランで1年未満の退会
6,600円
・2年割プランで2年未満の退会
11,000円
クリクラ省エネクリクラ
省エネサー バー
公式詳細 ★★★★☆ なし 【1人暮らし】
約72,000円
【初回金】
7,700円/台
【サポートパック】
460円
0円 RO水 【クリクラボトル(12L)】
1,460円/1本~
【クリクラボトル(5.8L)】
1,720円/2本~
約756円 【サーバーレンタル代】
3ヶ月で6本未満の場合
1,100円/月

アルピナウォーター エコサーバー

アルピナエコ

おすすめユーザー

  • 水代の安さを重要視する人
2年総額 【1人暮らし】
約66,000円
購入ノルマ なし
初期費用 0円
月額費用
配送料
【サーバーレンタル代】
959円
※設置月は0円
【水の送料】
2ガロンボトル
・本州:385円/箱
・北海道・四国・九州:660円/箱
12Lボトルは無料
1注文の料金 12Lボトル3本~:
3,402円~
2ガロン(7.6L)ボトル1箱(3本入)~:
2,526円~
電気代(月額) 約650円
その他費用 1年以内に解約する場合の解約金
・関東:11,000円/台
・その他:5,500円/台
水の種類 RO水
ボトルタイプ 12L:リターナブル
2ガロン:ワンウェイ

アルピナウォーターは水代が安く、購入ノルマもないため、一人暮らしに向いています。初期費用が無料で、電気代も比較的安いため、割高になりがちな一人暮らしでも月額費用を抑えて利用可能です。

アルピナウォーター公式サイト

アクアクララ AQUA FAB

アクアファブ

おすすめユーザー

  • 高級感あるサーバーを使いたい人
  • 月額費用を一定に抑えたい人
2年総額 【1人暮らし】
約58,000円
※2年割プランの金額で計算
購入ノルマ なし
初期費用 0円
月額費用
配送料
あんしんサポート料
・2年割プラン:1,430円/月
・通常プラン :1,650円/月
水の送料:0円
1注文の料金 レギュラーボトル(12L)2本~
・2年割プラン:2,808円/本~
・通常プラン :3,024円/本~
スリムボトル(7L)3本~:
・2年割プラン:3,240円/本~
・通常プラン :3,564円/本~
電気代(月額) 約1,000円
その他費用 途中解除料
・通常プランで1年未満の退会:6,600円
・2年割プランで2年未満の退会:11,000円
水の種類 RO水
ボトルタイプ リターナブル

AQUA FABは購入ノルマがなく、一人暮らしに向いたウォーターサーバーです。

「あんしんサポート料」(2年割プラン:月額1,430円、通常プラン:月額1,650円)が必要ですが、サーバー代が無料で使えます。使用する分の水代とサポート料、電気代のみのシンプルな料金体系も魅力的です。

アクアクララ公式サイト

クリクラ 省エネサーバー

クリクラ省エネ

おすすめユーザー

  • 軽いボトルが良い人
2年総額 【1人暮らし】
約72,000円
購入ノルマ なし
初期費用 7,700円/台
月額費用
配送料
【あんしんサポートパック】
460円
【水の送料】
0円
1注文の料金 【クリクラボトル(12L)】
1,460円/1本~
【クリクラボトル(5.8L)】
1,720円/2本~
電気代(月額) 約756円
その他費用 【サーバーレンタル代】
1,100円/月
※3ヶ月で利用本数6本未満の場合
水の種類 RO水
ボトルタイプ リターナブル

クリクラはサーバー代がかかりますが、購入ノルマはないため、一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーと言えます。ボトルも5.8Lの軽量ボトルの選択も可能なため、一人暮らしの女性でも比較的楽に交換が行えることもメリットです。

クリクラ公式サイト

一人暮らしでウォーターサーバーを選ぶ基準

  1. 1人の1ヶ月の平均消費量は12L
  2. 場所を取らないスリムなものがおすすめ

1人暮らしだと、月の平均消費量は約12Lなので、購入ノルマのないものを選ぶべきです。購入ノルマのあるものだと、一人暮らしでは消費しきれず、余らせる可能性があります。

水代の単価が安くても、購入ノルマで余分な水を頼んでは、結果的には月額費用が高くついてしまいます。購入ノルマがある場合や定期配送のものは、配送をスキップできるかも注目しましょう。

また、一人暮らしだと部屋にゆとりがないことも多いでしょうから、スペースを取らないスリムなタイプのウォーターサーバーがおすすめです。

【家族におすすめ】値段の安いウォーターサーバー4選

家族におすすめ値段の安いウォーターサーバー4選

ウォーターサーバー リンク 総合評価 2年総額 初期費用 月額費用 水の配送料 水の種類 1注文の料金 電気代/月 その他費用
(解約日・設置費など)
チャイルドロック
アクアファブアクアクララ
AQUA FAB
公式詳細 ★★★★★ 【2人暮らし】
約91,000円
【3人暮らし】
約125,000円
※2年割プランで計算
0円 【サポート料】
2年割プラン:1,430円
通常プラン :1,650円
0円 RO水 【レギュラーボトル(12L)2本~】
・2年割プラン
2,808円/本~
・通常プラン
3,024円/本~
【スリムボトル(7L)3本~】
・2年割プラン
3,240円/本~
・通常プラン
3,564円/本~
約1,000円 【途中解除料 】
・通常プランで1年未満の退会
6,600円
・2年割プランで2年未満の退会
11,000円
クリクラ省エネクリクラ
省エネサー バー
公式詳細 ★★★★☆ 【2人暮らし】
約107,000円
【3人暮らし】
約142,000円
【初回金】
7,700円/台
【サポートパック】
460円
0円 RO水 【クリクラボトル(12L)】
1,460円/1本~
【クリクラボトル(5.8L)】
1,720円/2本~
約756円 【サーバーレンタル代】
3ヶ月で6本未満の場合
1,100円/月
ワンウェイウォーターワンウェイウォーター
smartプラス
公式詳細 ★★★☆☆ 【2人暮らし】
約110,000円
【3人暮らし】
約210,000円
※天然水&月2本で計算
【出荷手数料】
1,100円
【レンタル代】
0円
0円 RO水
天然水
【12Lボトル】
・プラスプレミアム
2,700円/2本~
・富士の銘水「彩(SAYA)」
4,104円/2本~
・京都三岳山麓「京の湧水」
4,104円/2本~
・九州日田「天寿の水」
4,104円/2本~
474円
(エコモード1日2回使用)
【サーバー引取手数料】
2年間以内の解約
9,900円
アクアセレクトアクアセレクト 公式詳細 ★★★★★ 【2人暮らし】
約97,000円
【3人暮らし】
約162,000円
0円 【レンタル代】
0円
【本州・四国・九州】
0円
【北海道】
990円
【沖縄】
1,100円
※離島は実送料
天然水 【11.35Lボトル】
2,710円/箱(2本)~
※1箱目は3,132円
約750円 【早期解約手数料】
2年以内の解約
6,160円
【メンテナンス料】
3,520円
【サーバー返却送料】
約3,000円(関東の場合)

アクアクララ AQUA FAB

アクアファブ

おすすめユーザー

  • 予想外の出費を避けたい人
  • 高級感あるウォーターサーバーを使いたい人
2年総額 【2人暮らし】
約91,000円
【3人暮らし】
約125,000円
※2年割プランの金額で計算
初期費用 0円
月額費用
配送料
あんしんサポート料
・2年割プラン:1,430円/月
・通常プラン :1,650円/月
水の送料:0円
1注文の料金 レギュラーボトル(12L)2本~
・2年割プラン:2,808円/本~
・通常プラン :3,024円/本~
スリムボトル(7L)3本~:
・2年割プラン:3,240円/本~
・通常プラン :3,564円/本~
電気代(月額) 約1,000円
その他費用 途中解除料
・通常プランで1年未満の退会:6,600円
・2年割プランで2年未満の退会:11,000円
水の種類 RO水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ リターナブル
チャイルドロック

アクアクララのAQUA FABは、2年割プランでリーズナブルに水を購入でき、購入ノルマもないため月額費用を抑えられます。また、月々の安心サポートで、故障やメンテナンスといったサポート費用が計算できるのも魅力です。

ウォーターサーバーの故障・破損の際の費用の心配がないため、元気な子供がいる家庭でも安心です。もちろんチャイルドロックも付いているため、家族におすすめのウォーターサーバーと言えます。

アクアクララ公式サイト

クリクラ 省エネサーバー

クリクラ省エネ

おすすめユーザー

  • 子育て世帯の人
  • 購入ノルマが気になる人
2年総額 【2人暮らし】
約107,000円
【3人暮らし】
約142,000円
初期費用 7,700円/台
月額費用
配送料
あんしんサポートパック:460円
水の送料:0円
1注文の料金 【クリクラボトル(12L)】
1,460円/1本~
【クリクラボトル(5.8L)】
1,720円/2本~
電気代(月額) 約756円
その他費用 【サーバーレンタル代】
3ヶ月で利用本数6本未満の場合
1,100円/月
水の種類 RO水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ リターナブル
チャイルド
ロック

クリクラの省エネサーバーは水代の単価も電気代も安く、平均的な消費量の家族なら、サーバーレンタル代も不要で安く使えるウォーターサーバーです。

月460円で加入できるサポートで、無償修理や定期メンテナンスなど、5つのサービスを受けることができます。子供がウォーターサーバーを壊してしまった時などの、余計な出費の心配がないのもクリクラの魅力です。

クリクラ公式サイト

ワンウェイウォーター Smartプラス

ワンウェイウォーター

おすすめユーザー

  • 水の種類の選択肢が欲しい人
  • 電気代を抑えたい人
2年総額 プラスプレミアム
【2人暮らし】
約142,000円
【3人暮らし】
約142,000円
※最低本数4本で計算
天然水
【2人暮らし】
約110,000円
【3人暮らし】
約210,000円
※月2本の注文で計算
初期費用 【出荷手数料】
1,100円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:0円
水の送料:0円
※プラスプレミアムは月3本以上、天然水は月2本以上の契約
1注文の料金 【1セット(12L/2本)】
・プラスプレミアム
2,700円~
・富士の銘水「彩(SAYA)」
4,104円~
・京都三岳山麓「京の湧水」
4,104円~
・九州日田「天寿の水」
4,104円~
電気代(月額) 474円(エコモード1日2回使用時)
その他費用 【サーバー引取手数料】
規定利用期間(2年間)満了前の解約:9,900円
水の種類 RO水
天然水
購入ノルマ 【プラスプレミアム】
月3本以上
【天然水】
月2本以上
ボトルタイプ ワンウェイ
チャイルド
ロック

ワンウェイウォーターのSmartプラスは、3人以上の家族ならお得なプラスプレミアムのノルマを無理なくクリアできるため、安く使えるウォーターサーバーです。

また、月々の電気代も500円切る安さで、長期的には大きな費用削減になります。温水・冷水ともにチャイルドロック付きで、コンパクトな設計のため、子供でも使いやすい大きさです。

ワンウェイウォーター公式サイト

アクアセレクト

アクアセレクト

おすすめユーザー

  • 水の使用量が多い人
  • 水の安さを気にする人
2年総額 【2人暮らし】
約97,000円
【3人暮らし】
約162,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:0円
水の送料:0円
※北海道990円、沖縄1,100円、離島は実送料が必要
1注文の料金 1箱(11.35L×2)
2,710円/箱~
※1箱目は3,132円、2箱目からは2,710円
電気代(月額) 750円
その他費用 早期解約手数料:6,160円
メンテナンス料:3,520円
水の種類 天然水
購入ノルマ 1箱(11.35L2本)
ボトルタイプ ワンウェイ
チャイルド
ロック

アクアセレクトは上質な水を、お得な値段で楽しめるのが魅力のウォーターサーバーです。購入ノルマはありますが、2人以上の家族なら、低単価で上質な水を使えます

さらに、2箱目の注文からは割引が適用されるので、消費量が多い人や大家族の人にもおすすめできるウォーターサーバーです。

アクアセレクト公式サイト

家族暮らしでウォーターサーバーを選ぶ基準

  1. 家族(3人想定)での1ヶ月の消費量は36L程度
  2. ノルマは気にする必要なし
  3. チャイルドロック機能の有無

3人家族が毎月消費する平均的な水の量は、36L程です。小さな子どもよりも、運動部に所属する中高生のいる家庭で消費量が多くなる傾向にあります。

水の消費量が多くなるので、購入ノルマの有無を気にする必要はあまりなく、単純に水代が安いメーカーがおすすめです。小さな子どものいる家庭では、いたずらや事故を防止するチャイルドロック機能にも注目しましょう。

【赤ちゃんにもおすすめ】値段の安いウォーターサーバー4選

赤ちゃんにもおすすめ値段の安いウォーターサーバー4選

ウォーターサーバー リンク 総合評価 2年総額 初期費用 月額費用 水の配送料 水の種類 購入ノルマ 1注文の料金 電気代/月 その他費用
(解約日・設置費など)
チャイルドロック
アルピナエコアルピナウォーター
エコサーバー
公式詳細 ★★★★★ 【1人暮らし】
約66,000円
【2人暮らし】
約93,000円
【3人暮らし】
約120,000円
0円 【レンタル代】
959円
0円 RO水 なし 【12Lボトル】
3,402円/3本~
約650円 【解約金】
設置後1年以内の解約
5,500円~11,000円
アクアファブアクアクララ
AQUA FAB
公式詳細 ★★★★★ 【1人暮らし】
約58,000円
【2人暮らし】
約91,000円
【3人暮らし】
約125,000円
※2年割プランで計算
0円 【サポート料】
2年割プラン:1,430円
通常プラン :1,650円
0円 RO水 なし 【レギュラーボトル(12L)2本~】
・2年割プラン
2,808円/本~
・通常プラン
3,024円/本~
【スリムボトル(7L)3本~】
・2年割プラン
3,240円/本~
・通常プラン
3,564円/本~
約1,000円 【途中解除料 】
・通常プランで1年未満の退会
6,600円
・2年割プランで2年未満の退会
11,000円
信濃湧水スタンダード信濃湧水
エコサーバー
公式詳細 ★★★★☆ 【1人暮らし】
約101,000円
【2人暮らし】
約101,000円
【3人暮らし】
約179,000円
0円 【レンタル代】
330円
【本州】
0円
【本州以外】
504円/箱
天然水 直近3ヶ月
2箱(4本)
【3ガロン(11.4L)ボトル】
3,240円/箱(2本)~
※自社配送エリアは2箱/4本~
約1,000円 【事務手数料】
購入ノルマ未達
月額880円
【サーバー解約手数料】
1年以内に解約
11,000円
サントリーウォーターサーバーサントリー天然水
ウォーターサーバー
公式詳細 ★★★★☆ 【1人暮らし】
約133,000円
【2人暮らし】
約133,000円
【3人暮らし】
約230,000円
0円 【レンタル代】
0円
0円 天然水 3箱
(1箱7.8L)
【7.8Lパック】
4,050円/3パック~
約1,480円 【サーバー持ち戻り手数料】
取消期限後の申込み取消
6,710円

アルピナウォーター エコサーバー

アルピナエコ

おすすめユーザー

  • 特に水の安さを求める人
2年総額 【1人暮らし】
約66,000円
【2人暮らし】
約93,000円
【3人暮らし】
約120,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
【サーバーレンタル代】
959円
※設置月は0円
【水の送料】
2ガロンボトル
・本州:385円/箱
・北海道・四国・九州:660円/箱
12Lボトルは無料
1注文の料金 【12Lボトル】
3,402円/3本~
【2ガロン(7.6L)ボトル】
2,526円/1箱(3本)~
電気代(月額) 約650円
その他費用 1年以内に解約する場合の解約金
・関東:11,000円/台
・その他:5,500円/台
水の種類 RO水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ 12L:リターナブル
2ガロン:ワンウェイ
チャイルド
ロック

アルピナウォーターは北アルプスの純水で、硬度1未満の超軟水で、赤ちゃんにも安心して飲ませられます。超軟水のため、粉ミルクが溶けやすく、サーバー内部に汚れが付きにくいのが特徴です。

加えて、エコサーバーには自動クリーニング機能がついているため、お手入れをする必要がありません。4年に1度、無償で定期メンテナンスを受けられるのも嬉しいポイントです。

また、温水ロックボタンとスライド式ロックの二重チャイルドロックで、子どもがいる家庭でも安心して使えます。赤ちゃんでも安心の品質と、忙しい子育てでも手入れが不要なことが、子育て家庭に大きなメリットです。

アルピナウォーター公式サイト

アクアクララ AQUA FAB

アクアファブ

2年総額 【1人暮らし】
約58,000円
【2人暮らし】
約91,000円
【3人暮らし】
約125,000円
※2年割プランの金額で計算
※さらに子育てアクアプランで2年計13,200円引き
初期費用 0円
月額費用
配送料
あんしんサポート料
・2年割プラン:1,430円/月
・通常プラン :1,650円/月
水の送料:0円
1注文の料金 レギュラーボトル(12L)2本~
・2年割プラン:2,808円/本~
・通常プラン :3,024円/本~
スリムボトル(7L)3本~:
・2年割プラン:3,240円/本~
・通常プラン :3,564円/本~
電気代(月額) 約1,000円
その他費用 途中解除料
・通常プランで1年未満の退会:6,600円
・2年割プランで2年未満の退会:11,000円
水の種類 RO水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ リターナブル
チャイルド
ロック

AQUA FABは通常でもお得なウォーターサーバーですが、「子育てアクアプラン」で、未就学児がいる家庭ではもっとお得に使えます。

アクアクララの「子育てアクアプラン」というプランは、妊産婦から6歳以下の未就学児がいる家庭は、月額利用料が550円引きになるものです。2年の計算だと合計13,200円お得になります。

2年ごとの更新で、対象期間は自動更新です。サーバーとボトル5本を2,700円で最大3ヶ月使える、「子育てアクアお試しセット」もあるので、気になる人は是非試してみましょう。

アクアクララ公式サイト

信濃湧水 エコサーバー

信濃湧水スタンダード

おすすめユーザー

  • 赤ちゃんに安心な天然水を使いたい人
2年総額 【1人暮らし】
約101,000円
【2人暮らし】
約101,000円
【3人暮らし】
約179,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:330円
水の送料:0円
※北海道、四国、九州は別途配送料504円/箱が必要
1注文の料金 【3ガロン(11.4L)ボトル】
3,240円/2本~
※自社配送エリアは2箱(4本)~、宅配便エリアは1箱(2本)~
電気代(月額) 約650円
その他費用 【事務手数料】
直近3ヶ月間の購入本数2箱(4本)未満
月額880円/台
【サーバー解約手数料】
サーバー設置後1年以内の解約
11,000円/台
水の種類 天然水
購入ノルマ 直近3ヶ月間の購入本数2箱(4本)
ボトルタイプ ワンウェイ
(自社配送エリアは回収も可)
チャイルド
ロック

信濃湧水の水は、北アルプスの硬度16の超軟水なので、赤ちゃんのミルク作りにも安心して使用可能です。ボトルの製造工程は、開始から密閉まで人の手が一切触れることなく、全てロボットが行っています。

水は無菌の半導体産業レベルのクリーンルームで充填されており、安心・安全の品質管理を徹底しています。

信濃湧水公式サイト

サントリー天然水 ウォーターサーバー

サントリーウォーターサーバー

おすすめユーザー

  • ミルク作りにウォーターサーバーを活用したい人
2年総額 【1人暮らし】
約133,000円
【2人暮らし】
約133,000円
【3人暮らし】
約230,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:0円
水の送料:0円
1注文の料金 1箱7.8L
4,050円/3箱~
※最低3箱から、3箱・6箱・9箱単位で注文可能
電気代(月額) 弱温・弱冷モード時:約1,350円
通常モード時:約1,480円
その他費用 【サーバー持ち戻り手数料】
期限後に申込み取消し:6,710円/台
※期限は設置3営業日前
水の種類 天然水
購入ノルマ 3箱(1箱7.8L)
ボトルタイプ ワンウェイ
チャイルド
ロック

サントリーのウォーターサーバーの水は、赤ちゃんのミルクにも使いやすいナチュラルミネラルウォーターです。温度も4段階で調整可能で、弱温モードなら、ミルクを冷ましやすい70℃ほどに設定できます

業界最高水準のオートクリーンシステムが、1日1回の熱水循環でサーバーを清潔に保ち、赤ちゃんに使う際の安心感も高いです。注水ロックと全操作ロックの二重チャイルドロック付きなので、他に子供がいる家庭にもおすすめできます。

サントリー公式サイト

赤ちゃん向けのウォーターサーバーを選ぶ基準

  1. RO水か低硬度の天然水のサーバー
  2. ミルク作りに使える温度に調整できるか

ミネラルを多く含む硬水だと、赤ちゃんは消化が難しく、体調を崩してしまう場合があります。また、粉ミルクには必要量のミネラルが含まれているため、ミネラル過多を防ぐためにRO水か軟水を使いましょう

温度についても、ウォーターサーバーの温水は80~90℃が一般的です。70℃程度の温度に調整できるウォーターサーバーもあり、ミルクを冷ます時間を短縮できるので、温度調整の機能についてもチェックしましょう。

【オフィスにおすすめ】値段の安いおすすめのウォーターサーバー3選

オフィスにおすすめウォーターサーバー3選

ウォーターサーバー リンク 総合評価 2年総額 初期費用 月額費用 水の配送料 水の種類 購入ノルマ 1注文の料金 電気代/月 その他費用
(解約日・設置費など)
amadanaスタンダードプレミアムウォーター
amadanaスタンダード
公式詳細 ★★★★★ 【法人プラン】
154,000円
3,300円 【月額基本料金】
5,280円
【北海道・北東北・沖縄】
220円/1セット
【石垣・宮古島エリア】
715円/1セット
【上記以外】
0円
天然水 なし 【12Lボトル】
・セット分
0円/4本まで
・追加分
2,160円/2本~
約1,000円 【解約金】
15,000円
※2年以内の解約
サントリーウォーターサーバーサントリー天然水
ウォーターサーバー
公式詳細 ★★★★☆ 【スマートプラン】
132,720円
※月3箱で計算
【バリュープラン】
198,816円
※月6箱で計算
0円 【レンタル代】
0円
0円 天然水 3箱
(1箱7.8L)
【7.8Lパック】
・バリュープラン
6,804円/6パック~
・スマートプラン
4,050円/3パック~
約1,480円 【サーバー持ち戻り手数料】
6,710円
※取消期限後の申込み取消
ウォータースタンドL2ウォータースタンド
プレミアムL2
公式詳細 ★★★☆☆ 【通常プラン】
184,272円
【長得プラン】
182,600円
※いずれも別途水道料金が必要
0円 【レンタル代】
・通常プラン
7,678円/月
・長得プラン
7,150円/月
登録料11,000円
なし 水道水
(RO膜浄水)
なし なし 約500円~
※1日10L使用での計算
【解約費】
11,000円
※1年未満の解約や機種変更

PREMIUM WATER(プレミアムウォーター)
amadanaスタンダードサーバー

amadanaスタンダード

おすすめユーザー

  • 人気ブランドコラボのデザインが気になる人
  • レトロな雰囲気のサーバーを探している人
  • 味にこだわる人
2年総額 【法人プラン】
154,000円
初期費用 3,300円
月額費用
配送料
【月額基本料金】
5,280円
1注文の料金 【12Lボトル】
・セット分
0円/4本まで
・追加分
2,160円/2本~
電気代(月額) 約1,000円
その他費用 【解約金】
15,000円
※2年以内の解約
水の種類 天然水
購入ノルマ なし
ボトルタイプ ワンウェイ

プレミアムウォーターの法人向けプランは、月5,280円の基本料金で、初回設置サービスと12Lボトル4本が毎月無料のサービスです。基本の水で足りない場合は、1セット(12L×2本)2,160円のお得な値段で注文できます。

水が余った月は定期配送をスキップすることもできるので、社員の出社状況や季節に合わせて調整できます。

PREMIUM WATER公式サイト

サントリー天然水 ウォーターサーバー

サントリーウォーターサーバー

おすすめユーザー

  • サントリーの天然水をよく飲む人
  • オフィス人数4人以上向け
2年総額 【1人暮らし】
約133,000円
【2人暮らし】
約133,000円
【3人暮らし】
約230,000円
初期費用 0円
月額費用
配送料
サーバーレンタル代:0円
水の送料:0円
1注文の料金 1箱7.8L
4,050円/3箱~
※最低3箱から、3箱・6箱・9箱単位で注文可能
電気代(月額) 【弱温・弱冷モード時】
約1,350円
【通常モード時】
約1,480円
その他費用 【サーバー持ち戻り手数料】
期限後に申込み取消し:6,710円/台
※期限は設置3営業日前
水の種類 天然水
購入ノルマ 3箱(1箱7.8L)
ボトルタイプ ワンウェイ

サントリーは法人向けのスマートプランがあり、口座引落での支払いや領収書の発行が可能です。また月会費はかかりますが、月6箱(約47L)以上使用する人向けのバリュープランがあり、16%割引の値段で使えます。

サントリー公式サイト

ウォータースタンド プレミアムシリーズL2

ウォータースタンドL2

おすすめユーザー

  • 水道直結のサーバーが欲しい人
  • 水の使用量が多い人
2年総額 【通常プラン】
184,272円
【長得プラン】
182,600円
※いずれも別途水道料金が必要
初期費用 0円
月額費用
配送料
【レンタル代】
・通常プラン
7,678円/月
・長得プラン
7,150円/月
・登録料
11,000円
1注文の料金 なし
電気代(月額) 約500円~
※1日10L使用での計算
その他費用 【解約費】
11,000円
※1年未満の解約や機種変更
水の種類 水道水
(RO膜浄水)
購入ノルマ なし
ボトルタイプ なし

ウォータースタンドは、水道管と直結させてサーバー内に直接水道水を取り込み、浄水した水を楽しめるサーバーです。ボトル交換の手間がなく、定額で水が使えるので、オフィス利用には適したサーバーといえます。

中でも、総容量12Lの大容量タンクに加え、冷温水と常温水も利用できる「プレミアムシリーズL2」は、オフィス利用にも最適です。

ただし、水道管と直結させるため水栓の近くに設置する必要があり、置き場所が限られるというデメリットがあります。

ウォータースタンド公式サイト

オフィス(大人数)でウォーターサーバーを選ぶ基準

  1. ワンウェイタイプのボトルがおすすめ
  2. 法人向けプランを利用する
  3. 水道水利用のサーバーも検討

ウォーターサーバーをオフィスで利用する場合は、水代をいかに安く抑えるかがポイントです。オフィスは家庭より人数が多いため、水代が月額費用の大きなウェイトを占めます

水代重視で考えると、水道水利用のウォーターサーバーが安いです。水道直結型と補充型の2種類がありますが、オフィスで使うなら、補充の手間が発生しない直結型がより便利でしょう。

ボトルタイプは、回収不要のワンウェイタイプがおすすめです。リターナブルボトルは、空ボトルを保管するスペースの用意が必要になります。また、中には「法人向けプラン」でお得に利用できるサーバーもあります。

安く水を飲むために知っておきたい選択肢2つ

安く水を飲むための2つの方法

水を多く飲むなら水道直結や補充型もあり

タイプ 特徴
水道直結型 ・水道管にサーバーをつなぐ
・ボトル交換や保管が不要
・レンタル代や電気代は高め
補充型 ・水道水を自分で補充する
・設置する場所を選ばない
・その都度、補充するのが面倒

水道直結型|ボトル交換の手間が不要

水道水を利用するウォーターサーバーは、ボトルの交換や保管の手間が不要です。月のサーバーレンタル費用や電気代は少々高めですが、月30L以上使用するならお得な選択肢と言えます。

水道管にウォーターサーバーをつなぐ直結型は、水道管近くにしか設置できないというデメリットがあります。その代わり、水を補充する手間がなく、使い勝手の良い点がメリットです。

補充型|場所を問わず設置可能

水道水を自分で補充する補充型は、電源さえ確保できればどこでも設置できます。ただし、水は自分で補充する必要があるため、水道から離れすぎると面倒でしょう。また、使用量に関わらず、一定の月額費用は必ずかかるのでご注意ください。

安さならペットボトル型浄水器なども考慮

浄水器 特徴
ボトル型浄水器 ・持ち運びしやすい
・外でも水道水をろ過して飲める
浄水ポット ・日常使いしやすい
・容量が大きく料理に使いやすい
ビルトイン浄水器 ・工事すれば水道をひねるだけ
・シンク周りをすっきりできる

ボトル型浄水器|持ち運びが可能

ボトル型浄水器は、浄水フィルターをボトルに付けることで、水を入れるだけでろ過されたおいしい水が飲めるものです。持ち運びしやすいボトル型は、家の中だけでなく、外出先でも活躍します。

費用は1,000円~5,000円程度で、定期的な交換が必要なカートリッジやフィルターも、1,000円~3,000円程度で購入できます。安価ですが、浄水カートリッジの定期交換や、容器洗浄など日々のメンテナンスが必要です。

浄水ポット|日常使いに便利

ポット型浄水器は、容器自体に浄水フィルターがついています。水道水を注ぐだけで、浄水フィルターでろ過されたおいしい水を手軽に楽しめるのがメリットです。

水道水をろ過したおいしい水は、お茶やコーヒーを入れるのにも使えます。冷蔵庫にそのまま入れられる浄水ポットは、日常使いにぴったりです。手軽で注ぎやすいので、料理にも楽に使えます。

費用に関しては、ボトル型浄水器と同程度です。安ければ2,000円以下で購入できるため、安く水を飲みたいときは選択肢に加えてみましょう。

ビルトイン浄水器|水道水がそのまま浄水に

大掛かりな工事が必要ですが、シンクの下に浄水器を設置するビルトイン浄水器も選択肢の1つです。一度工事すれば、蛇口をひねるだけで綺麗な水が使えます。浄水器を使っているように見えず、シンク周りをすっきりできるのもメリットです。

ウォーターサーバーの種類と基礎知識

  1. 水の種類
  2. 水の交換方法
  3. 使い終わった容器の回収方法
  4. 機能性
  5. サイズ
  6. デザイン
  7. 水の産地
  8. メンテナンスやサポート

水の種類

水の種類 特徴
天然水 地下水に最低限の処理を加えた水
水源によって味が異なる
RO水 RO膜で不純物を取り除いた水
純水に近く、雑味がない

天然水|水源ごとに異なる味

天然水は、汲み上げた地下水に、ろ過・沈殿・加熱殺菌など、最低限の処理しか加えていません。天然ミネラルが含まれており、水源によって微妙に味が異なります。様々な味を楽しめるのは、天然水のメリットと言えます。

RO水|雑味のない純粋な味

RO水は、水をRO膜というとても細かなフィルターでろ過しています。水中の不純物はもちろんミネラル分やイオン、ウィルスなども除去したRO水は純水に近く、雑味がないのが特徴です。サーバーによっては、RO水にミネラルを加えています。

水の交換方法

タイプ 特徴
上置きタイプ 水の音が小さい
停電時にも使えるサーバーがある
ボトル交換に力がいる
(女性や子供が交換しにくい)
下置きタイプ ボトル交換が楽
(女性や子供でも簡単にできる)
ポンプの音が気になることがある
停電時に使用できない

上置きタイプ|静音で災害時にも便利

上置きタイプは、水ボトルの位置が高いため、小さな子どもやペットが悪戯しにくいのがメリットです。

上置きタイプの場合、つまみ式やレバー式なら停電時に水を飲めるのが特徴です。ただし、給水に電気が必要なボタン式は、停電時には使えません。動作音は下置き型の半分ほどで、音が気になる人には上置き型がおすすめです。

また、ウォーターサーバーによっては、軽量タイプのボトルを扱っています。軽量タイプなら持ち上げる負担が少ないため、上置きタイプでも交換の負担を軽減可能です。

下置きタイプ|ボトル交換が簡単

下置きタイプは、ボトルを持ち上げる必要がないため、手軽に交換できます。力の弱い女性や子どもが水ボトルを交換する機会が多いなら、交換が楽な下置きタイプを選ぶのがおすすめです。

下置きタイプは、下から給水位置まで水を汲み上げるのに電気を使うため、停電時は使えません。下から水を汲み上げるため、動作音は大きめで、60db(普通の会話)ほどです。

ただしサーバー下部に水があることで、重心が低く安定しており、子供の悪戯や地震時に転倒しにくいのはメリットと言えます。

使い終わった容器の回収方法

回収方法 特徴
リターナブルボトル 空ボトルを回収して再利用
回収まで空ボトルの保管が必要
費用を抑えられる
使い捨て型 空ボトルは自分で処理
ごみを捨てる手間がかかる
新品のボトルのため衛生的

リターナブルボトル|エコなボトル

空になった容器を回収するリターナブルボトルは、ごみが出ないため環境に優しいのが特徴です。容器を再利用するため、使い捨て型よりも費用を抑えられます

ただし、回収に来るまでボトルを自宅で保管するため、水を飲むペースによってはかなりのスペースが必要です。

使い捨て型|衛生的にも処分の手間も優秀

使い捨て型は、毎回新品のボトルが届くため、衛生面で優れています。

自分で資源ごみとして処分できるため、空ボトルを保管する必要はありません。ごみを捨てる手間はかかりますが、保管スペースを必要としないため、1人暮らしや賃貸でスペースが限られている場合におすすめです。

パック式など、しぼむタイプのものだとパックに水が残り、水を最後まで使い切れないことが多いのがデメリットです。

機能性

機能 概要
チャイルドロック 子どものためのロック機能
コーヒー抽出機能 コーヒーなどを抽出できる機能
クリーニング機能 サーバーの衛生面を保つ機能

チャイルドロック

小さな子どもがいるご家庭では、いたずらやけが防止のためにチャイルドロック機能が必須です。

レバーをひねるタイプやボタンを押すタイプなど、様々なロック方法があります。温水ロックに加え、操作をすべてロックできる二重チャイルドロックだとさらに安心です。

コーヒー抽出機能

温水や冷水に加えて、コーヒーの抽出ができるコーヒー機能付きのウォーターサーバーもあります。

おいしい水でコーヒーを入れることができるため、日常的にコーヒーを飲む人にはおすすめの機能です。サーバーによっては、カフェラテやカプチーノも楽しめます

クリーニング機能

サーバーの衛生面を保つ、クリーニング機能もおすすめです。おいしい水を飲むために、定期的なメンテナンスに加えて、サーバー自体のクリーニング機能も考えましょう。

クリーニング機能には、「サーバー内部に熱湯を循環させて殺菌するタイプ」「紫外線ランプで除菌するタイプ」「フィルターで空気中のほこりや雑菌を除去するタイプ」などがあります。

サイズ

ウォーターサーバーのサイズも検討条件の1つです。ウォーターサーバーは、排熱や騒音防止のため、壁から10cmほど離す必要があります。電源を取るコンセントが近くにあるかも考えましょう。

間取りや家具・家電の置き方によっては、ウォーターサーバーの設置スペースが確保できないこともあります。余裕を持って設置できるか、事前に確かめましょう。

床に設置スペースを確保できない場合は、卓上タイプも検討しましょう。卓上タイプならキッチンカウンターやテーブル、棚など、ちょっとしたスペースに設置できます。台を使って高さ調節しやすいのも、卓上タイプのメリットです。

卓上ウォーターサーバーの詳細

デザイン

ウォーターサーバーはそれなりの大きさがあるため、設置した部屋の印象に大きく影響します。インテリアにこだわっているなら、サーバーのデザイン性で選ぶのもおすすめです。

ボトルが見えないウォーターサーバーなら、スタイリッシュなデザインでインテリアに馴染みやすいです。デザイン重視で販売しているウォーターサーバーもあり、好みのデザインやカラーのサーバーを使えます。

おしゃれさと機能性を両立した、メーカーコラボ製品もあり、キャラクターとコラボしたウォーターサーバーもあります。子どもがいる家庭やかわいいデザインが好きな人は、キャラクターモデルも検討してみましょう。

おしゃれなウォーターサーバーの詳細

水の産地

天然水のウォーターサーバーなら、水の産地にもこだわれます。水の舌触りや味は、ミネラル分やイオンなどの水に含まれる成分で異なり、産地ごとで味は様々です。

ワンウェイウォーターなど、水の産地を複数から選べるウォーターサーバーもあります。産地に迷う場合は、複数の産地を選べるウォーターサーバーを契約し、各産地の水を試してみるのもおすすめです。

メンテナンスやサポート

ウォーターサーバーは、基本的に定期メンテナンスが必要です。メンテナンスフリーのウォーターサーバーも一部ありますが、多くのウォーターサーバーは、サポートとして1~数年に1度メンテナンスを行います。

メンテナンスは本体を新品に交換したり、パーツを分解・交換・洗浄したりします。メンテナンスやサポートは無料のところと有料のところがあるので、契約時にサポートを確認しましょう。

ウォーターサーバー契約前に確認すべきこと

契約前に確認すべきこと

月額費用と総額

ウォーターサーバーの契約前に、月額費用と総額を確認しましょう。月々の費用は、水代だけでなく配送料やサーバーレンタル代、電気代なども含まれます。購入ノルマも月々の固定費になるので、確認が必要です。

水は、1人当たりの月消費量は12Lを目安に、必要な量と費用を確認しましょう。月額費用と、初期費用なども含めた契約期間の総額を確認して、比較すべきです。

解約方法や費用

契約前には、月額費用だけでなく、解約時のことも確認しましょう。最低利用期間内の解約は、違約金の支払いが必要です。違約金の額や、解約時のウォーターサーバーの撤去作業を誰がやるかなど、解約の条件や方法を契約前にしっかり確認しましょう。

ウォーターサーバー利用開始までの流れ

※一般的な流れを紹介しており、詳細は各ウォーターサーバーで異なります

  • STEP1

    料金プランを選択

    初めに、料金プランを選びましょう。プランごとに水の量やサーバーレンタル代、選べるウォーターサーバーが異なることがあります。

  • STEP2

    ウォーターサーバーを選択

    会社によっては豊富な種類のウォーターサーバーを取り扱っています。この記事を参考に、自分にあったウォーターサーバーを選んでください。

  • STEP3

    申込み情報の入力

    名前や配送先、支払い方法を入力します。

  • STEP4

    ウォーターサーバーと水の配送

    指定した日にちにウォーターサーバーと水が届き、以降は定期的に水が配送されます。ウォーターサーバーの設置は自身で行うか、設置サービスの利用かを選択可能です。

上記はネット申し込みの流れですが、電話や家電量販店などで申し込むことも可能です。スタッフに相談して決めたい人は、電話や店頭での申し込みも検討してみましょう。

ウォーターサーバーのよくある質問

レンタルにかかる月額費用は?

サーバーのレンタル代は1,000円程度のものが多いです。その他、ノルマの水や電気代を合わせて5,000円程になります。水を一定量頼むと、サーバーレンタル代が無料になるものもあるので、上手に活用しましょう。

電気代は1ヶ月いくらかかる?

電気代は平均で500~1,000円程です。電源のオンオフ切り替えや、温度差のある場所への設置は、余計な電力を消費してしまいます。省エネモードなど、電気代を削減できる機能も含めて選びましょう。
▶ウォーターサーバーの電気代の詳細

一人暮らしで使う場合の月額費用は?

注文ノルマがあるため、月額費用は3,000円程度で、一人暮らしでも家族でも大差ありません。1人暮らしの場合消費しきれないこともあるので、ノルマのないものや、定期配送をスキップできるものを選ぶべきです。
▶一人暮らしのウォーターサーバー詳細

まとめ:月額費用だけでなく総額を考える

ウォーターサーバーは様々な種類のものが、多数販売されており、料金もウォーターサーバーによって大きく異なります。安いウォーターサーバーを探すときは、つい月額費用に目が行ってしまいがちですが、契約期間の総額で考えることが重要です。

生活スタイルによって、どれが自分にとって一番お得なウォーターサーバーか、この記事を参考に探してください。

おすすめの安いウォーターサーバー

関連記事
ウォーターサーバーおすすめ比較15社
一人暮らし向け
ウォーターサーバー11選
赤ちゃん・子育て向け
ウォーターサーバー11選
値段が安い
ウォーターサーバー10選
おしゃれな
ウォーターサーバー13選
卓上限定
ウォーターサーバー10選
炭酸水が作れる
ウォーターサーバー4選
ウォーターサーバー
の電気代はいくら?
厳選口コミ
ウォーターサーバー11選
目次