暮らしを快適にするための情報メディア

【2021年】スウェーデンハウスの坪単価はいくら?実際に建てた人の価格(総額)や他社比較

スウェーデンハウス アイキャッチ
くらし+プロフィール
くらしプラス@編集部
30代の注文住宅編集部。後悔を残したメンバー&これからマイホーム購入を考える選抜メンバーで、詳しさは業界トップ級だと自負してます。

「スウェーデンハウスの坪単価はどのくらい?」

「30坪の総額や40坪の総額はいくら?」

スウェーデンハウスは、自由度が高く、木のぬくもりを感じられる北欧スタイルのハウスメーカーです。しかし、デザインの自由度が高いぶん、価格が高くないのか心配ですよね。

この記事では、スウェーデンハウスの坪単価はもちろん、住まいを建てた方の坪単価に関する口コミ評判をまとめています。メリット・デメリット、どんな家を建てられるのかも解説しているため、スウェーデンハウスで建てれば良いか判断できます!

この記事の結論

家アイコン 坪単価は80〜90万円と高め
家アイコン 30坪:2,400〜2,700万円
家アイコン 40坪:3,200〜3,600万円

くらしプラス編集部が検証しました!

注文住宅の検証画像

注文住宅おすすめ
ハウスメーカーランキング18選

スウェーデンハウスの概要|デザインにこだわりがある人におすすめ

スウェーデンハウス 概要

坪単価 80〜90万円程度
構造 木造
居住タイプ 平屋、2~3階建て、二世帯住宅、賃貸住宅など
保証期間 初期保証10年、最長保証20年
新築引渡し実績数 3万棟以上(2021年8月時点)
会社設立 1984年

スウェーデンハウスは、木の暖かさを感じる北欧スタイルのハウスメーカーです。デザインへのこだわりや、生活スタイルに合わせた様々なコンセプト商品が用意されています。また規格商品のプランも多く、自由度の高い住宅を建てられるのも魅力です。

機能面にも優れ、高断熱・高気密の快適性や、柱ではなく面でつくる「モノボックス構造」の安全性など、高性能で長期間暮らせる家づくりを叶えられます。

スウェーデンハウスはこんな人におすすめ

  • 輸入住宅が好きな人
  • デザインにこだわりがある人
  • 高気密・高断熱の住宅に住みたい人

スウェーデンハウス公式はこちら

スウェーデンハウスの坪単価は80~90万円【総額目安】

建坪数 本体価格
25坪(約83平米) 2,000〜2,250万円
30坪(約99平米) 2,400〜2,700万円
35坪(約116平米) 2,800〜3,150万円
40坪(約132平米) 3,200〜3,600万円
50坪(約165平米) 4,000〜4,500万円

スウェーデンハウスの坪単価は80万円~90万円です(当社調べ)。スウェーデンハウスで30坪の家を建てた場合の金額は、2,400~2,700万円で、大手ハウスメーカーのなかでも坪単価は高い部類に入ります。

スウェーデンハウスは、高気密・高断熱のために木製サッシや、3層ガラスの窓などを取り入れているため、値段が高くなる傾向があります。

ハウスメーカーランキング|坪単価比較

人気ハウスメーカーとの坪単価比較

ハウスメーカー 坪単価 構造
スウェーデンハウススウェーデンハウス 約90万円 木造
一条工務店一条工務店 約60~65万円 木造
へーベルハウスへーベルハウス 約90万円 鉄骨
住友林業住友林業 約80万円 木造
ミサワホームミサワホーム 約80万円 木造
セキスイハイムセキスイハイム 約80万円 鉄骨、木造
住友不動産住友不動産 約80万円 木造
積水ハウス積水ハウス 約80万円 木造、鉄骨
パナソニックホームズパナソニックホームズ 約90万円 鉄骨
タマホームタマホーム 約50万円 木造
大和ハウス大和ハウス 約80万円 鉄骨、木造
日本ハウスHD日本ハウスHD 約70万円 木造
ヤマダホームズヤマダホームズ 約90万円 木造
三井ホーム三井ホーム 約80万円 木造
トヨタホームトヨタホーム 約80万円 鉄骨
クレバリーホームクレバリーホーム 約60万円 木造
ユニバーサルホームユニバーサルホーム 約60万円 木造
アキュラホームアキュラホーム 約80万円 木造

全部見る

スウェーデンハウスの坪単価は、80万円~90万円です。同じ木造をメインとしたハウスメーカーと比べると坪単価はやや高い水準です。

坪単価が高い分、デザインや素材にはこだわりがあり高気密・高断熱の家が実現できるなどメリットは多くあります。

スウェーデンハウスの坪単価に対する評判・口コミ


スウェーデンハウスの坪単価は、高いと感じるものの、北欧風の輸入住宅に満足している人が多くみられます。スウェーデンハウスのように高機密高断熱など、良い家は坪単価は高くなる傾向があります。

スウェーデンハウスの商品一覧

商品名 特徴
ミュークミューク ・ミュークとはスウェーデン語で「やわらかい」
・スウェーデンと日本を融合させた過ごし方を提案
・「ちょうどよい」を基本に、5つの暮らしのエッセンスを提案
スウェーデンハウス 平屋ビヨルク ・スウェーデンハウスの平屋商品
・バリアフリーの開放感あるワンフロアが魅力
・高気密、高断熱によって一年中春のような心地よさ
・最小限エネルギーで実現
サキタテサキタテ ・20代からのスウェーデンハウス
・若いうちに自分たちらしいアレンジを楽しめる
・SAKITATEローンという子育て時期に強みがある
サキタテ リニューアルサキタテ(リニューアル) ・サキタテのリニューアルバージョン
・おうち時間を快適に過ごすための工夫が提案されている
ZEH スウェーデンハウスヒュースエコゼロ ・スウェーデンハウスのZEH仕様は標準でクリア
・外観デザインをできるだけ保った状態でZEH仕様にできる
・わずかな太陽光発電でエネルギー収支ゼロが可能
レイディアンスレイディアンス ・これまで培った家づくりを結集した都市型邸宅
・プライバシーを確保しつつ日差し取り込める
ヒュースプレミエゴーデンヒュースプレミエゴーデン ・コンバーチブルガーデンという新しい外部空間の提案
・デザイナーが世界にひとつだけのデザインを提案
ボーラヴォーラボーラヴォーラ ・趣味を楽しむ家
・時を忘れて好きなことを楽しめる住宅を提案
・スウェーデン人から学んだ贅沢な時間を実現できる住宅
スウェディッシュメゾンスウェディッシュメゾン ・賃貸経営を目的とした商品
・二世帯住宅も可能なリバーシブル賃貸住宅
・賃貸経営サポートシステムも充実
ヘンマベストヘンマベスト ・スウェーデンハウスのセレクト型住宅
・セレクト型のためコストを抑えられる
・間取りやカラースタイルなど選べるバリエーションが多い
レットナードレットナード ・ワンフロア平屋住宅
・屋根付きアウトドアリビングが特徴
・全24プランからセレクトできる

スウェーデンハウスの商品は、それぞれにテーマが決まっているため、建てる住宅のイメージによって変更することが可能です。

また、色と間取りを選択して、住宅を形にしていく方法もあるので、こだわりのある方はおすすめです。

スウェーデンハウス公式はこちら

スウェーデンハウスのメリット

  1. 高断熱・高気密で快適
  2. バリアフリーに適している
  3. 北欧風など海外のデザインにできる
  4. 50年間の無料定期検診システム

高断熱・高気密で快適

断熱性能の計算と気密性能の測定を実施

高断熱・高気密で快適

スウェーデンハウスは、1999年から「全棟高性能保証表示システム CQ+24」を始めました。

スウェーデンハウスは、断熱性能を表すQ値と気密性能を表すC値、また断熱性能を新たに表すU値を、一邸ごとに測定しました。24という数字は「24時間熱交換型換気システム」を表しています。

断熱性・気密性を1棟ごとに数値で割り出し、目で見える形で引き渡しを行ってくれるので、安心できます。

高密度グラスウールを敷き詰めている

グラスウール

スウェーデンハウスは、標準仕様で高い断熱性能を生み出せます

スウェーデンハウスは、天井に300㎜、外壁に120㎜、床に200㎜の高密度のグラスウールを敷き詰めています。また、壁や床の継ぎ目にもグラスウールを挟み込んでいるので、少ないエネルギーでも部屋全体を暖かく保てます

【グラスウールとは】
ガラス繊維で作られている断熱材のこと

3層ガラスの窓を使用している

3層ガラスの窓

スウェーデンハウスは、木製の枠に3層のガラスを取り入れた窓を使っています。

日本の窓はアルミサッシが一般的ですが、木製にすることで約1,700倍もの断熱性能を生み出せます。また、ガラスを3層にすることで、ガラスとガラスの間に空気の層が多くなり、より暖かくできます。

24時間熱交換型換気システムが備わっている

24時間熱交換型換気システム

スウェーデンハウスの24時間計画換気システムでは、1日で12回も家全体の空気が入れ替わるように設計されています。また、フィルターにも力を入れており、PM2.5にも対応できる微小粒子用フィルターを採用してるため、お子様がいる方にもおすすめです。

バリアフリーに適している

バリアフリー

スウェーデンハウスは、高齢者や障がい者に配慮した機能を備えた住宅です。スウェーデンハウスではゆとりのある1,200㎜モジュールを採用しており、車椅子でもスムーズに通れるのでバリアフリーに適しています。

スウェーデンハウスは約1.3倍のゆとりあるモジュールを採用することで、廊下や階段などにゆとりを持たせられます。また階段は勾配を緩やかにした有効幅920㎜、蹴上げ195㎜以下、踏面210㎜以上と日本の基準を上回る安全設計仕様です。

北欧風など海外のデザインにできる

スウェーデンハウスでは、ほかのハウスメーカーにはできないような本格的な北欧住宅ができるので、海外のデザインに憧れを持っている人に向いているハウスメーカーです。

50年間の無料定期検診システム

50年間検診

スウェーデンハウスは、日本にはあまり無い50年間無料定期検診システムを行っています。

50年間無料定期検診システムは、建物に不具合がないかなど、都度アドバイスをもらえるシステムです。引き渡しから10年目までの定期点検はチェックシートを使用した細部にいたるまでの点検を実施し、10年目以降は要望に応じて5年ごとの定期検診が行なわれます。

スウェーデンハウスのデメリット

  1. 輸入住宅なので金額が高い
  2. 価格が高騰する可能性がある
  3. 初期保証が10年と他メーカーに比べて短い

輸入住宅なので金額が高い

スウェーデンハウスは、輸入住宅なので、コンセプト商品だと坪単価が高くなります。スウェーデンの工場でプレカット(原材料の切断や接合部の加工を施しておくこと)したうえで輸入しているため、安く販売することが難しいです。

しかし、スウェーデンハウスは高断熱・高気密や24時間熱交換型換気システムなど機能性に優れています。また、他では建てられない北欧デザインも魅力の住宅です。口コミにあった「高い分、満足できる住宅」という意見も参考にして検討しましょう。

価格が高騰する可能性がある

スウェーデンハウスは、木造商品が主流なので、ウッドショックによりスウェーデンハウスの価格に影響が出る可能性があります。

ウッドショックはアメリカの住宅需要の高まりなどが原因となり外国産の木材が値上がりしたとされています。木造系の注文住宅メーカーではコスト負担が増加しているため、木造をメインとしているハウスメーカーへの影響が懸念されています。

木造に住みたいなら、可能な限り早めの決断をしたほうが、余計なコストを抑えられる可能性が高いです。

初期保証が10年と他メーカーに比べて短い

スウェーデンハウスの初期保証は10年と、ほかの大手メーカーと比べると短いのもデメリットです。大手メーカーの多くは、初期保証を20〜30年としています。

また最長保証も60年など、長期に渡り延長できるハウスメーカーも珍しくありません。スウェーデンハウスは最長保証も20年と短く設定されています。しかし、50年間無料定期検診システムなど、独自のアフターサービスでカバーしているのは魅力です。

【失敗しない】ハウスメーカー選びの重要なポイント

  • 複数社から見積もりを取る
  • オリジナルの間取りプランをもらう
  • 土地情報も一緒に探してもらう

「総額どのくらいの金額なの?」「実際の間取りプランが見たい!」など気になることがあると思いますが、この3つの方法を行うことで理想のマイホームにグッと近づけます。

特にハウスメーカーを決める際には、絶対に複数社から見積もりをもらいましょう。複数社から見積もりを取っただけで、数百万安くなったという口コミもあります。

無料で複数社の間取りが貰える「タウンライフ」

タウンライフ

ハウスメーカー複数社から見積もりや間取りプランをもらうのは、正直大変です。

一括資料請求サイト「タウンライフ」なら、大手含む約600社から任意で選び「見積もり」「間取りプラン」「土地情報」が無料でもらえます。

間取りについての要望は細かく設定できるので、理想のマイホームにあわせたプランをもらうことができます。

※筆者は電話営業などを受けませんでした

▶土地探しのアドバイスを受けたい方はこちら

スウェーデンハウスでどんな家が建つ?

実例1|子供を安心して見守れる1年中快適な家

子供を安心して見守れる1年じゅう快適な家

こちらの家のこだわりは、リビングに吹抜け空間をつくったことです。2階の天井まで広がる空間が開放感を与えてくれます。子どもの学習机をリビングに置いているのも、子どもが勉強する様子をいつでも見守れる安心感が理由のようです。

吹抜けのある開放的なリビングに家族が自然に集まり、それぞれがゆったりと楽しめる環境がある住宅です。

参照:スウェーデンハウス公式サイト 北海道 H様邸

実例2|薪ストーブが心身を癒す家

スウェーデンハウス 実例2

こちらの家は、開放感がある広々としたリビングに薪ストーブを設置し、ぬくもりを感じられる住宅です。リビングの大きな窓はウッドデッキとつながっているため、自然に囲まれた景観を楽しみめるアウトドアリビングとしても利用できます。

リビングに隣接するダイニングにも大きな窓が設置されているので、多くの光を室内空間に取り入れられます。大開口の窓スペースをリビングとダイニングそれぞれに設置するのは、丈夫なモノボックス構造だからこそ実現できることです。

参照:スウェーデンハウス公式サイト 岐阜県 K様邸

実例3|異なる文化が織りなすデザイン性が光る家

スウェーデンハウス 実例3

こちらの部屋は、スウェーデンハウスの北欧デザインと、オーナーが好むフレンチ・アンティークを融合させたインテリアが特徴です。ダイニングテーブルなどアンティーク家具が自然に溶け込んでいます。

第3の人生を歩むときに、ファッショナブルな空間にできることや、断熱性能が決め手となったようです。お洒落が好きで、家の外観や部屋の中までこだわりたい人におすすめです。

参照:スウェーデンハウス公式サイト 愛知県 O様邸

スウェーデンハウスの展示場と対応エリア

エリア 都道府県
北海道・東北 北海道・宮城
北陸 石川・富山・福井・新潟
関東 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・群馬・栃木・山梨・長野
東海 愛知・静岡
近畿 大阪・兵庫・滋賀
中国 広島
九州 大分・長崎

スウェーデンハウスの展示場は全国各地にあります。展示場を体験すれば具体的なマイホームづくりをイメージできるので、ぜひ足を運んでみましょう。水曜日は定休なので、注意してください。

スウェーデンハウスの展示場はこちら

宿泊体験ができる

スウェーデンハウスでは、家を決める前に、実際に宿泊できます。宿泊することにより、断熱性能や、木のぬくもりなどを体験できるので、イメージがより膨らみます。

体験できる施設は、全国に20ヶ所あるので、ぜひ足を運んでみてください。

スウェーデンハウスの宿泊体験はこちら

間取りシミュレーションができる

間取りシミュレーション

スウェーデンハウスでは、ホームページから間取りシミュレーションをが行えます。今考えている条件を選択するだけで、おすすめの商品から面積までを提示してくれます。条件がある程度定まっている人は、活用してみてください。

スウェーデンハウスのシミュレーションはこちら

スウェーデンハウスの坪単価まとめ

スウェーデンハウスの坪単価は80〜90万円で、ほかの人気ハウスメーカーと比較するとやや高い価格帯です。しかし、実際に購入したユーザーの口コミから「高い分、満足できる住宅」と評価されていることもわかりました。

スウェーデンハウスは、木のぬくもりを感じられる北欧スタイルにこだわったハウスメーカーです。高断熱・高気密の快適性、モノボックス構造の安全性など高性能な家づくりや、デザインを重視するなら、ぜひスウェーデンハウスを検討してみてはいかがでしょうか。

スウェーデンハウス公式はこちら

無料一括見積もりなら「タウンライフ」がおすすめ

タウンライフ

一括資料請求サイト「タウンライフ」なら、大手含む約600社から任意で選び「見積もり」「間取りプラン」「土地情報」が無料でもらえます。

間取りについての要望は細かく設定できるので、理想のマイホームにあわせたプランをもらうことができるので使ってみてください。

※筆者は電話営業などを受けませんでした

▶土地探しのアドバイスを受けたい方はこちら

関連記事
注文住宅おすすめランキング18選
セキスイハイムの評判 住友林業の評判
住友不動産の評判 積水ハウスの評判
ミサワホームの評判 パナソニックホームズ
の評判
一条工務店の評判 タマホームの評判
大和ハウスの評判 ヘーベルハウスの評判
スウェーデンハウス
の評判
三井ホームの評判
トヨタホームの評判 クレバリーホームの評判
アキュラホームの評判 アイダ設計の評判
アイフルホームの評判 桧家住宅の評判
坪単価一覧
ミサワホーム 住友林業
へーベルハウス 積水ハウス
タマホーム 一条工務店
三井ホーム トヨタホーム
パナソニックホームズ 大和ハウス
スウェーデンハウス -

目次