暮らしを快適にするための情報メディア

【プロ監修】新築一戸建てを購入するときの注意点とは?注文住宅の流れも解説

新築一戸建てを購入するときの注意点とは?

「新築一戸建てを購入するときの注意点は?」

「注文住宅の流れを知りたい」

新築一戸建ては、人生で一番高い買い物であり、夢であった人も多いはずです。しかし、どのように購入するのかや、何に注意したらいいのか分かりませんよね。

そこでこの記事では、新築一戸建てを購入する際の注意点はもちろん、注文住宅の流れも紹介しています。新築一戸建ての購入時のポイントも記載しているので、新築一戸建てを購入するときの参考にしてください。

この記事の結論

家アイコン 注文住宅と建売住宅の2種類がある
家アイコン 支払いや内覧は慎重に行う
家アイコン 周辺環境にも重要なポイント

くらしプラス編集部が検証しました!

注文住宅の検証画像

注文住宅おすすめ
ハウスメーカーランキング18選

目次

新築一戸建ては注文住宅と建売住宅の2種類

新築一戸建ては注文住宅と建売住宅の2種類

新築一戸建てを購入する場合は、注文住宅と建売住宅の2種類から選択できます。

注文住宅は、土地選びから始まり、間取りや外観などを自由に設計してから作り始めるのに対し、建売住宅は、すでに完成された住宅と土地のセットで販売されています。

理想のマイホームを建てたい方へ
home4u

HOME4Uのココがおすすめ!

  • 無料でハウスメーカーの専門家に相談できる
  • NTTデータグループ運営で安心
  • 選び方や予算、段取りなどが分かる
  • 平日、夜でも相談可能

注文住宅のメリット・デメリット

メリット
  • ・設計の自由度が高い
  • ・建築の進行状況がチェックできる
  • ・設備ごとに予算の調整ができる
デメリット
  • ・費用がかかかる
  • ・入居までの期間が長い

注文住宅のメリットは「設計の自由度が高い」「建築の進行状況がチェックできる」「設備ごとに予算の調整ができる」の3点があげられます。また、デメリットは「費用がかかかる」「入居までの期間が長い」の2点です。

注文住宅は、建売住宅とは違い、一から全てをデザインするため、必然的に時間と費用が必要になります。しかし、世界に1つだけの家を作成できる点や、基礎工事・地盤などを前もって確認できるなど、見逃せない魅力も持ち合わせています。

建売住宅のメリット・デメリット

メリット
  • ・入居までがスピーディー
  • ・生活がイメージしやすい
  • ・注文住宅よりも低価格で購入できる
デメリット
  • ・基礎や土地の確認ができない
  • ・建てる前にデザインを変更できない

建売住宅のメリットは「入居までがスピーディー」「生活がイメージしやすい」「注文住宅よりも低価格で購入できる」の3点があげられます。また、デメリットは「基礎や土地の確認ができない」「建てる前にデザインを変更できない」の2点です。

建売住宅は、注文住宅と違い、実際に住む家を前もって内見できるため、より具体的な生活イメージがわきやすいです。支払いも、住宅と土地に別々に支払う必要もなく、入居までが早いのが魅力でしょう。

しかし、間取りや外壁をリフォーム以外で修正できないため、こだわりたいポイントがあるなら、ローコスト住宅も視野にいれて検討すべきです。

▶建売住宅のデメリットはこちら

新築一戸建てを購入するときの注意点4つ

新築一戸建てを購入するときの注意点4つ

支払いの内訳を確認する

新築一戸建てを購入する際は、支払いの内訳を確認しましょう。費用の内訳は、土地代・建築費・諸費用ですが、中にはオプション費用や、何か分からない費用が含まれている場合があります

内訳を確認せず支払ってしまうと、損してしまうため、特に諸経費がどの程度含まれているのかを確認しましょう。諸経費は、総費用の1割程なので、明らかに比率が異なれば担当者に確認するべきです。

▶注文住宅の相場はこちら

支払いを家が建つ前に終わらせない

新築一戸建ての支払いは、料金の支払いフローを事前に確認し、家が建つ前にすべての支払いが必要な場合は注意しましょう。家が建つ前に支払いを終わらせると、対応が悪くなったり、雑になる場合もあります

完成した住宅を確認し、問題や不備等がないことがわかり次第、料金を支払えば無駄な心配事も少なくて済みます。

住宅ローンは返済できる額で決める

新築一戸建てを購入する際は、返済できる額を確認し、住宅ローンを決めましょう。新築一戸建てを購入する時は、住宅ローンを利用する人が多く、住宅ローンの借り入れは年収によって変動します。

同じ年収の人でも、ライフスタイルや家族形態の違いによって必要な出費は異なります。そのため、人によって毎月返済できる金額は異なることを考慮しておきましょう。

そのため、住宅ローンを利用する際は、借り入れが可能な金額を設定するのではなく、余裕のある返済額でプランを立てる必要があります。住宅を購入する際は自己資金も必要なため、総費用の10~20%は余分に用意しておきたいところです。

▶住宅ローンシミュレーションはこちら

内見をおざなりにしない

内見時に確認すべき場所

  • 点検口
  • 水回り
  • コンセントの位置
  • 換気扇の場所

住宅が完成し、引き渡しの際の内見は、しっかりと行いましょう。内見時に、発覚した施工ミスや不備等は補修依頼が可能です。特に点検口・水回り・コンセントの位置・換気扇などは注目すべきです。

また、自分で確認するのも重要ですが、第三者検査を依頼することも視野に入れておきましょう。第三者検査は、家を建てた業者と自分に全く関係がない検査業者が、住宅の確認を行ってくれます

費用は、約5~10万円発生しますが、夢のマイホームの万が一に備えて依頼を行えば、安心して住み始められるのでおすすめです。

【点検口とは】
床や天井などに設置されている建物内部の配線・配管を確認する入口

新築一戸建て購入時のポイント

新築一戸建て購入時のポイント

土地の地盤を確認する

新築一戸建て購入時は、土地の地盤を確認しましょう。土地の地盤を確認を怠ると、地震によって倒壊したり、土砂崩れで流されてしまう可能性があります。また、安全と思っていても、倒壊しやすいエリアが存在します。

そのため、インターネットや携帯のアプリで利用できる「地盤サポートマップ」を活用しましょう。また、図書館などで住む土地の古い地図を見に行き、川を埋め立てた土地ではないかなど、安全性を確認することを忘れてはいけません。

間取りや面積を確認する

間取りや面積も、新築戸建てを購入する際に見逃せないポイントです。

建売住宅の場合、家族が増えたときや、普段の生活スタイルに対応している間取りかがポイントです。また、注文住宅であれば、駐車場のスペースやBBQ、子供と遊べる空間や、面積があるかを把握しましょう。

面積がなければ、後々やりたいことがあっても実現できない可能性がでてくるため、新築一戸建てを購入する際の重要要素です。

▼駐車場に必要な大きさ(タップで開閉)
設計対象車両 長さ(m) 幅員(m)
軽自動車 3.6 2.0
小型乗用車 5.0 2.3
普通乗用車 6.0 2.5

出典:駐車場設計・施工指針|国土交通省

周辺環境を確認する

新築一戸建て購入時は、周辺環境の確認もポイントになります。実際の生活を想定することで、住む前と住んだ後のギャップを最小限にできます

住宅の周りにスーパーやコンビニがない場合は、前もって買い物を済ませる必要がありますし、治安が悪いところには住みたくありません。治安に関しては、警視庁が犯罪情報マップが参考になるでしょう。

また、最寄り駅から歩いて何分なのか、朝と夜で雰囲気は違うのかなど、実際に歩くことでわかることもあります。

理想の注文住宅を手に入れる方法

  • 専門家からアドバイスをもらう
  • 複数社から見積もりと間取りプランを入手
  • 予算シミュレーションを行う

「予算内で家を建てられるのか不安…」「家づくりの進め方や段取りが分からない」など気になることがあると思いますが、この3つの方法を行うことで理想のマイホームにグッと近づけます。

特にハウスメーカーを決める際には、絶対に複数社から見積もりをもらいましょう。複数社から見積もりを取っただけで、数百万安くなったという口コミもあります。

専門家からアドバイスをもらう

home4u

「家づくりのとびら」利用のメリット
・利用料はすべて無料
NTTデータグループ運営で安心
・家づくりプラン作成サービスあり
・平日でも相談可能
オンライン相談で家でできる
・専門家の中立的な立場でアドバイス
営業は一切なし!
利用者が解決出来たこと
・自分に合うハウスメーカーの選び方が分かった
・予算内で家を建てられるかどうかが分かった
・家づくりの進め方や段取りが分かった

初めて家を建てるときは、誰もが分からないことばかりで、どの情報が正しいのか分からなく困りますよね。

家は「一生の買い物」なので、自分が納得できるように専門家からの意見をもらい、正しい知識を持って進めることが重要です。

HOME4U「家づくりのとびら」では、無料でハウスメーカーの専門家に相談ができ、希望を叶えるハウスメーカーが見つかるまでサポートしてくれます。オンラインで家から無料相談ができるので、ぜひ一度相談してみてください。

複数社から見積もりと間取りプランを入手

ハウスメーカー複数社から見積もりや間取りプランをもらうのは、正直大変です。しかし、home4uなら120社以上のハウスメーカーから、一括依頼で最大5社のプラン作成依頼が可能です。

【注文住宅】新築一戸建て購入時の流れ

【注文住宅】新築一戸建て購入時の流れ_

①予算決めと間取りイメージを立てる

ステップ1予算決めと間取りイメージを立てる

注文住宅を購入するには、まず予算を検討し、間取りイメージを立てましょう。予算決めの際は、住宅ローンを扱う金融機関の公式サイトやハウスメーカーの相談サイトなどで、返済シミュレーションができます。

雑誌やカタログ、モデルハウス見学などで情報収集は可能ですが、まとめるのが非常に大変なので、HOME4U「家づくりのとびら」など、注文住宅のプロに無料相談できるサイトの利用がおすすめです。住宅ローン減税やすまい給付金などに関しての相談も出来ます。

▼住宅取得におけるメリット(すまい給付金等)
住宅所得におけるメリット

②ハウスメーカーと土地探し

ステップ2ハウスメーカーと土地探し

予算や間取りイメージが掴めたら、ハウスメーカーと土地探しをします。モデルハウス見学での営業担当者の対応、木造にするか鉄骨にするかなどを参考に、ハウスメーカーの候補をいくつか出してみましょう。

ハウスメーカーによっては、土地探しもサポートしてくれるため、営業担当者に確認するのがおすすめです。一般的には、スーモHOME4Uなどの不動産情報サイト、不動産会社を活用して土地を探し購入します。

ハウスメーカー、土地探しをすべてサポートしてほしいならHOME4U「家づくりのとびら」で相談してみましょう。無料で専門家に相談ができ、自分の希望にあったプランやハウスメーカーを紹介してもらえます

③間取りプランと見積もりを確認する

ステップ3間取りプランと見積もりを確認する

ハウスメーカーが3社程度に絞れたら、各社に間取りイメージを伝えて、間取りプランと見積もりを出してもらいましょう。予算との兼ね合いを見て、より理想の家を実現できそうなハウスメーカーを選びます。

大手ハウスメーカーであれば、過去の実績からあらゆる要望に応えられるはずなので、最も重視したいのは営業担当者の力量です。知識と経験が豊富で、親身になってくれる担当者がいるハウスメーカーを選びましょう。

▶注文住宅の見積もりの詳細はこちら

見積もりと間取りプランを一括で入手

home4u

ハウスメーカー複数社から見積もりや間取りプランをもらうのは、正直大変です。home4uなら、120社以上のハウスメーカーから最大5社のプラン作成依頼が可能です。

④住宅ローンの審査と仮契約

ステップ4住宅ローンの審査と仮契約

見積もりの概算をもとに住宅ローンの事前審査を受けましょう。住宅ローンに通らなければ、家を建てること自体が難しくなってしまうため、無理のない返済プランで審査を受けることが大切です。

住宅ローンの事前審査に通ったら、ハウスメーカーと仮契約をし、詳細な間取りの打ち合わせや見積もり修正を行います。

⑤工事請負契約を結び着工する

ステップ5工事請負契約を結び着工する

間取りプランや見積もりが確定したら、工事請負契約を結び、正式な契約が完了します。建築プランに問題が無いかを確認してもらう「建築確認申請」を役所で行い、通過したら住宅ローンの本審査を受けましょう。

契約から住宅ローン審査まで完了したら、着工します。着工後も営業担当者が監督してくれるハウスメーカーだと、施工中に認識のズレが起きる可能性を減らせるのでおすすめです。

⑥竣工検査と引き渡しで完了

ステップ6竣工検査と引き渡しで完了

住居が完成したら、竣工検査に立ち会い、不具合が無いか確認しましょう。コンセントの位置やドアの開閉、水が流れるかなど、実際に住んでからの行動を想定して確認します。

不具合があれば手直しが行われますが、内容によっては入居後に簡単な工事が行われることもあります。竣工検査が終わったら登記を行い、引き渡されて完了です。

竣工検査とは

工事終了時、工事責任者などと一緒に、建物の不具合が無いか確認する作業のことです。不具合があれば、修正工事や手直しが行われます。

【建売住宅】新築一戸建て購入時の流れ

【建売住宅】新築一戸建て購入時の流れ

①予算決めと情報集め

建売住宅を購入するには、まず予算を検討しましょう。予算決めの際は、住宅ローンを扱う金融機関の公式サイトやハウスメーカーの相談サイトなどで、返済シミュレーションができます。

雑誌やカタログ、モデルハウス見学などで情報収集は可能ですが、まとめるのが非常に大変なので、HOME4U「家づくりのとびら」など、注文住宅のプロに無料相談できるサイトの利用がおすすめです。住宅ローン減税やすまい給付金などに関しての相談も出来ます。

▼住宅取得におけるメリット(すまい給付金等)
住宅所得におけるメリット

②物件の見学

予算がある程度決まり、気になる住宅が見つかったら、実際に足を運びましょう。モデルハウス見学での営業担当者の対応、構造や間取りなどを確認し、建売住宅の候補をいくつか出してみましょう。

すでに完成されている住宅であれば、メジャーや間取りを持参することで、より具体的な生活イメージがつかめます。

③購入申し込みと住宅ローンの審査

購入したい住宅が決まり次第、購入申し込みを行います。購入申し込みは、一般的には無料で、住宅を買いたいですと相手に伝えるためのものです。

しかしながら、購入申し込みをする際に3~10万円程度の申請金が必要な場合もあるので注意しましょう。

また、購入申し込みとあわせて、住宅ローンの事前審査を受けましょう。住宅ローンに通らなければ、家を購入すること自体が難しくなってしまうため、無理のない返済プランで審査を受けることが大切です。

④重要事項説明と売買契約

まずは、重要事項説明を受けましょう。重要事項説明は、契約時に必ず必要な作業で、契約上重要な内容を説明してもらいます。もし、契約内容を事前に確認したい場合は、不動産会社などに依頼すれば、前もって貰えます

内容に問題がなければ、重要事項説明に署名・捺印を行った後、手付金を支払い、住宅ローンの本審査を受けます。

⑤残代金の支払いと引き渡し

住宅ローンの本審査に無事通過した後は、残代金の支払いと引き渡しです。残代金は、仲介手数料など物件の購入に必要な金銭のことです。事前に支払っている手付金は、残代金の決済時に使われます

残代金の支払いが済み、内覧でも特に問題がなければ、住宅の引き渡しを行い完了です。

新築一戸建て購入時によくある質問

よくある質問 目次

坪単価とは?

坪単価とは、建物本体の建築費用を坪数で割った価格のことを言います。建物本体が3,000万円で、坪数が40坪なら、坪単価は3,000万÷40=75万円です。

着工から完成までどれくらいかかる?

着工から完成までは、約3~6ヶ月かかるのが一般的です。家の規模や天候によっても左右される場合があるため、担当者に確認すると良いでしょう。

土地探しもお願いすると手数料がかかる?

ハウスメーカーに土地探しを頼むと、土地代の3~5%手数料が発生します。ただし、その土地で注文住宅を建てれば、手数料が割引されたり無料になる場合が多いです。

工事費には何が含まれる?

工事費は、大きく本体工事費(約70%)・外構工事費(約20%)・諸費用(約10%)の3つがかかります。外構工事は、庭・門・駐車場など建物本体以外にかかる費用で、諸費用は契約手数料・税金・家具購入等のことです。

1坪の広さはどの程度?

1坪の広さは、畳約2枚程度(約3.3㎡)の広さです。

注文住宅の相場は?

注文住宅の相場は、約3,000万円です。住宅ローンサービスを提供する住宅金融支援機構の調査によると、2019年度の全国平均は3,454万円、首都圏では3,772万円という結果でした。

【必見】希望にあったハウスメーカーを探したい方

home4u

初めての家づくりだと、「何から進めていいのか」「専門用語ばかりで分からない」など困りますよね。そんな方におすすめなのがHOME4U「家づくりのとびら」の無料オンライン相談サービスです。

HOME4U「家づくりのとびら」に相談すれば、ハウスメーカーと関係ない立ち位置で、専門家の中立的な意見がもらえるので、利用者に最適なプランを紹介してもらえます。

さらに、ユーザーにとってメリットがある「住宅ローン減税緩和」や「すまい給付金増額」など、税制優遇に関しても無料相談できるので、注文住宅を考えているなら必ず相談しましょう。

利用手順
1.相談予約する(日時指定)
2.事前アンケートの記入
3.専門アドバイザーとの相談・要望整理
4.【必要に応じて】ハウスメーカーと打合せ


※筆者は電話営業などを受けませんでした

まとめ

この記事の結論

  • 支払いと内見に特に注意する
  • 注文住宅と建売住宅で購入の流れは違う
  • 自分だけでなくプロに相談

新築一戸建てを購入する際は、特に支払いにと内見に注意すれば、大きな問題はないです。しかし、初めての新築一戸建ては知識もなければ、失敗もしたくないです。

そのため、後悔をなるべくしないためにも、第三者検査やプロに相談するのをおすすめします。

HOME4U「家づくりのとびら」に相談すれば、ハウスメーカーや不動産と関係ない立ち位置で、専門家の中立的な意見がもらえます。夢のマイホームを失敗しないためにも、よく比較・検討して、満足する決断をしましょう。

理想のマイホームを建てたい方へ
home4u

HOME4Uのココがおすすめ!

  • 無料でハウスメーカーの専門家に相談できる
  • NTTデータグループ運営で安心
  • 選び方や予算、段取りなどが分かる
  • 平日、夜でも相談可能
関連記事
新築一戸建て 購入新築一戸建て
購入時の注意点は?
注文住宅 流れ注文住宅の
流れや期間は?
安っぽい家安っぽい家の特徴とは? 建売住宅 注意点建売住宅の注意点7選
ハウスメーカー選び 疲れたハウスメーカー選びに
疲れた人の特徴と対処法法
注文住宅 後悔注文住宅で
後悔したこと11選

目次