暮らしを快適にするための情報メディア

モグニャンキャットフードの口コミ・評判|メリット・デメリットや安全性を徹底調査!

モグニャンキャットフード
くらし+プロフィール
くらしプラス@編集部
ニャンちゃん大好き編集部。猫好き仲間と協力し、安価なものからプレミアムフードまで徹底比較。食いつきはもちろん、毛艶や健康状態までチェック。

「モグニャンキャットフードの口コミ評判はどう?」

「値段に見合ったキャットフードなの?」

モグニャンは、愛猫家が選ぶNo.1キャットフードに選ばれた実績があり、獣医師の92%が推奨する栄養満点のフードです。しかし、本当に評判が良いキャットフードなのか、コスパは良いのか気になりますよね。

そこで、モグニャンキャットフード利用者の口コミを集め、メリット・デメリットをまとめました。値段や原材料・成分を掲載し、人気キャットフードとの比較もしているため、モグニャンを購入する参考にしてください。

この記事の結論

  • 人も食べられる品質で安心安全
  • 高タンパクで栄養満点
  • レシピリニューアルで食いつき率3.2倍

くらしプラス編集部が検証しました!

キャットフードの検証画像

【総合】キャットフード
おすすめランキング16選

モグニャンキャットフードの特徴|最高品質で食いつきも抜群

モグニャンキャットフード

サイズ/値段 1.5kg / 4,356円
値段 290円 (100gあたり)
対象年齢 2ヶ月~
カロリー 379kcal (100gあたり)
主原料 白身魚
原産国 イギリス
購入方法 通販
サンプル有無 100円 (ランダム広告)

モグニャンキャットフードは、最高品質で食いつきも抜群の人気フードです。原材料はすべて人間も食べられるヒューマングレードで、着色料や香料などの人工添加物も使っていません。愛猫の健康や成長に欠かせないタンパク質も豊富に含まれています。

2021年1月にレシピリニューアルされ、食いつきが従来の3.2倍になりました。モグニャンは、猫の消化に悪い穀物を使っていないグレインフリーなので、小麦アレルギーやお腹を壊しやすい猫でも安心して食べさせられるキャットフードです。

モグニャンキャットフード
公式サイトはこちら

モグニャンキャットフードの良い口コミ・評判

モグニャンの良い口コミ

  • 食いつきが良い
  • お腹の調子が良い
  • 原材料が安心できる

食いつきが良い

モグニャンは、食いつきが良いとの口コミが多いです。モグニャン公式が行ったアンケートでも、90.2%のユーザーが完食orほぼ完食したと答えています。

お腹の調子が良い


モグニャンは、お腹の調子が良くなったという口コミも見られます。猫の消化に悪い穀物は不使用のグレインフリーで、着色料と香料も使っておらず、猫のお腹や体調ケアを第一に考えられたキャットフードです。

原材料が安心できる


モグニャンは、ペット先進国であるイギリスが原産国であり、その中でもとくに高い評価と信頼を得ている専門工場で作られています。1つ1つの製造番号から、生産日と原材料をトラッキングできるため、万が一不良品があっても原因追求が可能です。

モグニャンキャットフード
公式サイトはこちら

モグニャンキャットフードの悪い口コミ・評判

モグニャンの悪い口コミ

  • 値段が高い
  • 食いつきの持続性が悪い
  • ニオイがキツい

値段が高い


モグニャンは値段が高いという口コミが多いです。市販のキャットフードに比べると高価ですが、アカナやジャガーなど他の人気キャットフードに比べると安く購入できます。

食いつきの持続性が悪い

モグニャンは、食いつきの持続性が悪いとの口コミがありました。他のキャットフードと混ぜれば食べてくれるという方もいるため、食いつきが悪くなったら混ぜて与えてみるのもおすすめです。

ニオイがキツい


モグニャンは、ニオイがキツいという口コミもあります。とくに魚臭い・スルメ臭いとの口コミが多いですが、魚好きの猫であれば、むしろ食いつきが期待できる可能性は高いでしょう。

モグニャンキャットフード
公式サイトはこちら

モグニャンキャットフードのメリット3つ

  • ヒューマングレードで安心安全
  • 高タンパクで栄養満点
  • レシピリニューアルで食いつき率3.2倍

ヒューマングレードで安心安全

ヒューマングレードで安心安全

モグニャンキャットフードは、ヒューマングレードなので安全性が高いです。ヒューマングレードとは、人間も食べられる食材を使い、高品質で高い衛生基準で作られたキャットフードのことです。

また、モグニャンは、着色料や香料などの添加物を一切使っていません。添加物を使っているキャットフードが危険というわけではないものの、天然由来の食材だけを使っているほうが、愛猫の身体に優しいのは間違いないでしょう。

さらに、モグニャンは、FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の厳しい安全基準をクリアした工場で作られています。生産ラインが常にモニタリングされ、品質管理官が最新設備でチェックにあたっている最高水準のペットフード工場です。

高タンパクで栄養満点

高タンパクで栄養満点

モグニャンキャットフードは、高タンパクで栄養満点です。原材料の65%が白身魚なので、とくに魚好きの猫におすすめのキャットフードです。

成分としてのタンパク質は27%以上で、猫が必要とするタンパク質量26%以上を満たしています。タンパク質は、愛猫の成長や体調管理に欠かせない栄養素なので、モグニャンは愛猫の健康維持にも有用です。

さらに、モグニャンは、猫の消化に悪い穀物は使っていないグレインフリーです。代わりに、タピオカやジャガイモなどの原材料を採用し、栄養が不足しないよう細かく調整されています。

レシピリニューアルで食いつき率3.2倍

モグニャン レシピリニューアルで食いつき率3.2倍

モグニャンキャットフードは、2021年1月にレシピがリニューアルされ、従来の3.2倍食いつきが良くなったという結果(販売会社レティシアン調べ)が出ています。

具体的な変更点としては、味わい改善のため白身魚の配合量を増やし、食感追求のため水分量や原材料が調整されました。また、猫の健康ケアに有効なタウリン、オリゴ糖、乳酸菌なども追加されています。

モグニャンキャットフード
公式サイトはこちら

モグニャンキャットフードのデメリット3つ

  • 値段が市販キャットフードに比べると高い
  • お試しサンプルがランダム広告のみ
  • 購入方法が通販のみ

値段が市販キャットフードに比べると高い

キャット
フード
モグニャンキャットフードモグニャン 銀のスプーン キャットフード銀のスプーン
(市販)
レガリエ キャットフードレガリエ
(高級)
100gの値段 290円 63円 402円

モグニャンキャットフードは、市販のキャットフードに比べると値段が高いです。銀のスプーンやねこ元気など、100gあたり100円未満で購入できるキャットフードもありますが、モグニャンは100gあたり290円です。

しかし、比較的高級な人気キャットフードの中では、モグニャンは平均的な値段です。中には100gあたり400円を超えるキャットフードもあるため、栄養面や品質の良さを考えれば、モグニャンはコスパの良いキャットフードと言えます。

お試しサンプルがランダム広告のみ

モグニャンキャットフードは、お試しサンプルがランダム広告のみでしか購入できません。ランダム広告とは、あるWebサイトを閲覧した時に、ランダムで出現する広告のことです。

ランダム広告では、欲しいと思ったタイミングで購入できないのがデメリットです。仮に、モグニャンのランダム広告に出会っても、利用はおすすめしません

ランダム広告では、モグニャンのお試しサンプルを100円で購入できますが、1回分程度の量しか入っていません。1回分では、愛猫の食いつきや体調変化が確認しにくいため、サンプルではなく通常パッケージを購入するのがおすすめです。

購入方法が通販のみ

モグニャンキャットフードは、通販でしか購入できません。スーパーなどに売っている市販キャットフードと異なり、必要な時にすぐ手に入らないのはデメリットと言えます。

ただし、モグニャンには定期コースがあります。定期コースなら買い忘れ防止ができ、通常の単品購入より安いのでおすすめです。

モグニャンキャットフード
公式サイトはこちら

モグニャンキャットフードの値段|定期コースがお得

モグニャン 定期コース

購入コース 個数 値段(税込) 割引
通常 1個 4,356円
定期 1個 3,920円 10%OFF
2個以上 3,702円 15%OFF
6個以上 3,484円 20%OFF

モグニャンキャットフードは、定期コースで注文すると、最大20%オフでお得に購入可能です。定期コースで6個注文すれば、普通に購入するよりも5千円以上も安く手に入ります。

定期コースは、愛猫の食事ペースに合わせて1週間~13週間ごとに購入できます。商品が溜まってしまったら、いつでも解約と再開が可能です。

モグニャンキャットフード
公式サイトはこちら

モグニャンキャットフードの原材料と成分

主原料は白身魚が65%

主原料
白身魚65%
その他原材料
タピオカ、ジャガイモ、エンドウ豆タンパク、ビール酵母、サツマイモ、ココナッツオイル、セルロース、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、銅、ヨウ素)、ビタミン類(ビタミンA、D3、E)、サーモンオイル、フィッシュスープ、タウリン、バナナ、リンゴ、クランベリー、カボチャ、セイヨウタンポポ、フラクトオリゴ糖、マンナンオリゴ糖、酸化防止剤(ローズマリー抽出物)、乳酸菌

モグニャンキャットフードの原材料は、白身魚を65%使用しているため、猫の食欲をそそります。実際に、販売会社のレティシアンユーザーに行った調査では、90%以上が完食orほぼ完食したと回答しています。

さらに、猫の体に負担をかけやすい穀物は不使用のグレインフリーです。代わりに、良質な炭水化物源であるタピオカやジャガイモを使用しているため、栄養バランスも整っています。

タンパク質が27%以上と豊富

タンパク質 27%以上 オメガ3脂肪酸 2.5%
脂質 11%以上 オメガ6脂肪酸 1.3%
粗繊維 5.25%以下 リン 1.1%
粗灰分 9.5%以下 カルシウム 1.3%
水分 5%以下 エネルギー
(100gあたり)
379kcal
NFE 41%

モグニャンキャットフードは、27%以上のタンパク質が含まれています。AAFCOが定める猫に必要なタンパク質量は26%以上なので、モグニャンは基準を満たしたタンパク質を摂取可能です。

また、皮膚や被毛の健康を促すオメガ脂肪酸も入っています。オメガ脂肪酸は体内で生成できない栄養素のため、キャットフードで補えるのは魅力的です。

AAFCOとは

米国飼料検査官協会のことで、ペットフードの品質や安全性の基準を決定している非営利団体。

モグニャンキャットフード
公式サイトはこちら

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーを比較

キャットフード モグニャンキャットフードモグニャン カナガンキャットフードカナガン シンプリーキャットフードシンプリー ジャガーキャットフードジャガー
値段 4,356円 4,356円 4,356円 4,708円
サイズ 1.5kg 1.5kg 1.5kg 1.5kg
カロリー 379kcal 405kcal 約380kcal 383.5kcal
タンパク質 27%以上 34%以上 37.00% 40.0%
主原料 白身魚 鶏肉 サーモン
ニシン
鶏肉
鴨肉
サーモン
おすすめな猫 成猫~シニア猫
魚好き
運動量少ない
子猫~成猫
肉好き
運動量多い
子猫~成猫
魚好き
子猫~成猫
好き嫌い無し

※カロリーは100gあたり

モグニャン・カナガン・シンプリー・ジャガーの4商品は、すべて同じ会社が販売する姉妹商品です。いずれも品質・安全性・栄養面のどれを取っても最高水準なので、愛猫にどれがおすすめなのかよく比較されます。

成長期の子猫なら、モグニャン以外の3商品がよりおすすめです。モグニャンも全年齢に対応したキャットフードではありますが、タンパク質は猫の成長に重要な栄養素なので、子猫ならタンパク質30%以上が好ましいです。

モグニャンとカナガンの比較

モグニャンとカナガンの大きな違いは「主原料」「カロリー」です。モグニャンは白身魚が主原料で、カナガンは鶏肉が主原料です。魚好きの猫ならモグニャン、肉好きの猫ならカナガンをおすすめします。

また、100gあたりのカロリーが26kcal異なります。そのため、運動量の少ない猫ならモグニャン、運動量の多い猫ならカナガンが向いているでしょう。

モグニャンとシンプリーの比較

モグニャンとシンプリーの大きな違いは「タンパク質」です。シンプリーはタンパク質が37%と高いので、とくに成長期の子猫に向いています。逆に、腎臓病を持つ猫や内臓の弱いシニア猫なら、内臓に負担をかけにくいモグニャンがおすすめです。

主原料はどちらも魚肉なので、魚好きの猫なら食いつきが良いでしょう。ただし、モグニャンは主原料が「白身魚」としか記載されておらず、何の魚を使っているかは不明です。詳細まで明記されていたほうが安心という方は、シンプリーが良いでしょう。

モグニャンとジャガーの比較

モグニャンとジャガーの大きな違いは「タンパク質」「主原料」です。ジャガーはシンプリー以上にタンパク質が豊富なので、成長期の子猫や活発な猫に与えましょう。逆に、シニア猫などは、ジャガーだと内臓への負担が大きい可能性があります。

モグニャンは原材料に肉を含みませんが、ジャガーは肉も魚肉も含みます。好き嫌いの無い猫や、鶏肉や魚肉をバランス良く与えたいという方は、ジャガーがおすすめです。愛猫が魚好きなら、モグニャンのほうが良いでしょう。

モグニャンキャットフードのよくある質問

子猫に食べさせても大丈夫?

モグニャンは子猫に食べさせても大丈夫です。公式サイトの給餌量表は、生後2ヶ月以降の量が記載されているため、2ヶ月目以降に食べさせましょう。

店頭販売はしてる?

モグニャンは、店頭販売をしていません。ネット通販のみ対応しており、イギリスの工場から直輸入し、直接購入者のもとへ届けられます。

モグニャンにいきなり変えても問題ない?

キャットフードをモグニャンに変える場合、従来のキャットフードに混ぜて与え、少しずつ比率を大きくしていきましょう。モグニャンに限らず、いきなりフードを変えると、愛猫の体に負担をかけてしまいます。

賞味期限はどれくらい?

モグニャンの賞味期限は、製造から18ヶ月です。開封後は、賞味期限に関わらず、1ヶ月以内を目安に早めに消費しましょう。

モグニャンキャットフードの評判まとめ

モグニャンキャットフード

  • ヒューマングレードで安心安全
  • 高タンパクで栄養満点
  • レシピリニューアルで食いつき率3.2倍

モグニャンキャットフードは、安心安全かつ栄養満点のおすすめキャットフードです。白身魚を主原料としているため、とくに魚好きの猫なら食いつきの良さが期待できます。

定期コースで購入すれば、通常の単品購入に比べ最大20%オフで購入できます。定期コースはいつでも停止・再開ができるため、まずはモグニャンキャットフードを試してみるのがおすすめです。

モグニャンキャットフード
公式サイトはこちら

キャットフード関連記事
キャットフードおすすめランキング16選
モグニャンの評判 カナガンの評判
シンプリーの評判 ジャガーの評判
アカナの評判 -
目次